現在の閲覧者数:
FC2ブログ

【大型記事】ハーン(最終回直前スペシャル)

.
【大型記事】ハーン(後編)

のつづきでつね。



さて、ルーシ・カガン国の滅亡の後の

黴菌愚の動きだが、860年代に追い出されて、


どこかに行ったのであればその記録が残ってる

はずだが、残ってないのであれば、


「記録が残らない場所に行った」わけでつね。

(後編)で書いた通り、黴菌愚は9世紀ですら


独自の歴史書を持ってないほど土人だったので、

黴菌愚集団の中に戻ったのなら記録は


残らないわけでつね。



そもそも黴菌愚とは。。。


ウィキペはよっぽど頭の悪いヤツが書いたらしく

まとまりのない書き方で引用しづらいんだが、



ヴァイキング-Wikipedia

wikiヴァイキング1

wikiヴァイキング2

wikiヴァイキング3

wikiヴァイキング4

wikiヴァイキング5

wikiヴァイキング6


ヴァイキング時代(Viking Age、800年 - 1050年)と呼ばれる約250年間に西ヨーロッパ沿海部を侵略したスカンディナヴィア、バルト海沿岸地域の武装船団(海賊)を指す言葉。

7.1 デンマークおよびノルウェー
7.2 ノース人の北方進出
7.3 スウェーデン


ノース人はまた、独自に北方へと進出していた。8世紀にはオークニー諸島やシェトランド諸島、9世紀にはフェロー諸島やヘブリディーズ諸島、東アイルランドに進出した。ノース人のヨーロッパ航路は、オークニー諸島・シェトランド諸島からアイルランド海峡を経て南下するものが主だった。9世紀半ばごろには、拠点としてアイルランド東岸にダブリンが建設された。

フローキ・ビリガルズソンらの航海によってアイスランドの存在が知られると、874年には、インゴールヴル・アルナルソンがアイスランドへと入植し、レイキャヴィークに農場を開いた。

985年に赤毛のエイリークがグリーンランドを発見し、ここでもただちに入植がはじまった。


スウェーデンのヴァイキングは、しばしばスヴェア人と呼ばれる。北方ドイツやフィンランド、東スラヴ地域へも進出した。東スラヴの地へ初期の進出は、8世紀後半から9世紀半ばにかけてあったとされる都市国家群のルーシ・カガン国の建国であった(国家群の民族構成には、ノース人の他、バルト人、スラヴ人、フィン人、テュルク系民族も含まれている)。彼らはフランク王国の「サンベルタン年代記」などでノース人、あるいはスウェーデン人であったと伝えられている。このルーシ・カガン国が最期、発展してキエフ・ルーシとなったのか、あるいは単にキエフ・ルーシに吸収されたのかは不明である。


セーヌ川 (Seine) 河口に大軍の集結地を作り、そこから繰り返し北フランス各地へと出撃した。851年にはイングランド本土へ侵攻して東部イングランドを蹂躙し、865年にはふたたびイングランドに来襲してノーサンブリアからイースト・アングリア一帯を占領し、さらにイングランド南部をうかがった。これに対し、ウェセックス王国のアルフレッド大王は877年にデーン人を撃退し、翌878年のウェドモーアの和議によってイングランドは北東部と南西部に二分され、南西部をウェセックス王国が、北東部をデーン人の領域(デーンロウ)とすることが取り決められた。これ以後、150年にわたってイングランドの歴史はアングロサクソン諸王国とヴァイキングの闘争に支配される。911年にはセーヌ河の「ノースマン」(北の人=ヴァイキング)は首長ロロの下に恒久的に定住し、ノルマンディー公国を形成することになる。

ノルマンディー公国成立後も、デーン人の進出は続いた。11世紀のデンマーク王族カヌートは父がヴァイキングを先祖とするデーン人で母が西スラヴのポーランド人の王族であるがイングランドとデンマークを結ぶ北海帝国の主となり、カヌート大王(在位1016年 - 1035年)と呼ばれる。しかしその後、1035年にカヌートが死去するとすぐにこの帝国にはほころびが生じ、1042年にはエドワード懺悔王がイングランド王位に就く。しかし彼の死後、ノルマンディー公ギョームは1066年にアングロサクソン・イングランドを征服(ノルマン・コンクエスト)し、ノルマン王朝を築いた。


ノルマンディー公国-Wikipedia

wikiノルマンディー公国


ノルマン人が9世紀にフランスに侵入し、その後、次第に地歩を固めて成立したノルマンディー公の公国である。

ノルマン人(ノースマン、ないしはラテン語のNormanni)は、デンマーク人、ノルウェー人、ノルマン・ゲール人、オークニーヴァイキングおよび デーンロウから来たアングロ・デーン人といった様々な民族からなる。

レーエン関係の設定は、おそらくは伯領として、911年にサン・クレール・シュル・エプト協定によりなされたものである。これは西フランク国王シャルル3世単純王の譲歩によるもので、ノルマン人の首長であるロロに対して与えられた。


ウィリアム1世 (イングランド王)-Wikipedia

wikiウィリアム1世 (イングランド王)


1066年12月25日、ギヨームはウェストミンスター寺院でイングランド王ウィリアム1世として戴冠した。こうしてウィリアム1世はフランス王臣下にしてイングランド王の地位を得た。



・黴菌愚は北嘔のノース人、スウェーデン人、
 デーン人を指す。
・ノース人はアイスランドやグリーンランドを、
 スウェーデン人は現ドイツからロシア西部を、
 デーン人はエ下劣とフランス北部を侵略。
・デーン人の血を引く黴菌愚の首領が
 11世紀にエ下劣を征服し、乗っ取る。

つまりエ下劣の黴菌愚は「デーン人」な

わけでつね。


デーン人はいまでいうデンマーク人。

(後編)で既出でつね。

tenデンマークを盟主としたカルマル同盟からの独立によって成立
【大型記事】ハーン(後編)⇒こちら



時系列から言えば、ルーシ・カガン国の滅亡後、

ハザールと密接な関係があった支配層は逃亡し、


デーン人らと合流してエ下劣やフランス北部を

侵略したと考えられるわけでつね。



そのハザールも、滅亡後に支配層がどうなったか

不明。



世界の歴史上、「可汗+ユダヤ」の組み合わせは

ハザールしかなく、「ハーンとしてのお茶屋」


やカガノビッチはハザール支配層の末裔であり、

だからこそエ下劣との親和性が高いと


考えられるわけでつね。



さて、エ下劣を乗っ取った、現デンマーク人。



デンマーク人の一覧-Wikipedia

1ビレ・アウグスト 2トーマス・グラベセン 3ティム・クリステンセン 4ミッケル・ケスラー 5ピーター・シュマイケル 6ビャーネ・ストロヴストルップ 7ニールス・ラン・ドーキー 8ヨン・ダール・トマソン 9ラース・フォン・トリアー 10コニー・ニールセン 11ブリジット・ニールセン 12ニコラス・ペタス 13ヤン・マグヌッセン 14マッツ・ミケルセン 15イーベン・ヤイレ 16ビャルヌ・リース


ビレ・アウグスト - 映画監督
トーマス・グラベセン - サッカー選手
ティム・クリステンセン - ミュージシャン・元ディジー・ミズ・リジーのヴォーカリスト
ミッケル・ケスラー - プロボクサー(現WBA, WBC統一世界スーパーミドル級チャンピオン)
ピーター・シュマイケル - サッカー選手
ビャーネ・ストロヴストルップ - 情報科学者
ニールス・ラン・ドーキー - ジャズピアニスト、レコードプロデューサー
ヨン・ダール・トマソン - サッカー選手
ラース・フォン・トリアー - 映画監督
コニー・ニールセン - 女優
ブリジット・ニールセン - モデル・女優
ニコラス・ペタス - 空手家
ヤン・マグヌッセン - 元F1ドライバー
マッツ・ミケルセン - 俳優
イーベン・ヤイレ - 女優
ビャルヌ・リース - 自転車選手



スマホでの読者の方は見にくくてごめんなちい。

これはウィキペの中から写真がある程度残っている


人物をピックアップしただけで、「特定の意図」

をもって選んだわけではないでつね。



もう一瞬でお分かりだと思うが、すさまじい

エラ率の高さでつね。


そう、エラ人間ってのはエ下劣を乗っ取った、

ハザールと関係が深いと思われるデーン人の


特徴なんでつね。


ウィキペから探してもらえばわかるが、


スウェーデン人もデンマーク人ほどではないが

エラ感がある。


ドイツ人にもエラ感のある人間が若干いる。

しかしノルウェー人にはほとんどエラ感がない。


(有名人が少ないせいもあるかもしれないが)


これがエラ人間の正体でつね。


モンゴル人は頬骨が出てて目が細いが、

エラが張ってるわけではない。


満州人も、写真は少ないが、エラ張りが

特徴というわけでもない。


エラ人間ってのはデーン人発でエ下劣・ダメリカ、

そして世界中に散らばって行ったわけでつね。



エ下劣人がみんなエラ人間ってわけではないのは

先住のケルト人やアングロサクソンの方が


絶対数が多かったからでつね。



デンマークといえば過去にいろいろ


ありましたなぁ。。。

tenイルカ追い込み漁
巧妙に偽装されたうんこ?⇒こちら


このときデンマークのイルカ漁を叩いたら

途端に「イルカガー!」「世界で問題ガー!」

と喚くのをピタリとやめたよなぁ!!!!(縛w


tenデンマーク政府「さあ皆、もっとSEXしよう」
食用負け犬もその飼い主も下衆の極み⇒こちら


ルーシ・カガン国は乱交好きのド変態

だったなぁ!!!!(縛w


ten韓国社会に失望、北欧への移民を希望1
ten韓国社会に失望、北欧への移民を希望2
安定のチョン⇒こちら


奇痴害バカチョンが大量に移住(縛w

tenデンマーク女王「南京館」参観
流動する勢力図(前篇)⇒こちら


この時点で既に支那地区と黴菌愚のつながりが

表面化(縛w


tenフレイ1

tenフレイ2

tenフレイ3

tenフレイ4

tenフレイ5

tenフレイ6
フレェェェエエエイ!!!!(´;ω;`)ブワッ⇒こちら


この時点で徹底的に粉砕済み(縛w

ten消えた7億円@かわでん
ウソもごまかしも印象操作も通じなくなって記事数が激減(縛w⇒こちら


ten両陛下、デンマーク皇太子夫妻1

ten両陛下、デンマーク皇太子夫妻2

ten両陛下、デンマーク皇太子夫妻3
神のお裁き⇒こちら


陛下がパラオで「二度と戦争のないように」

と仰せられてるのは黴菌愚に対する温情でつね。



。。。ということで、とっくにロックオン済み

だったわけでつね。




さてそもそもの話である「ハーン」に話を

戻しませう。


初代はもちろんアノ方でつね。



マイアー・アムシェル・ロートシルト

マイアー・アムシェル・ロートシルト


絵ではあるが、立派なエラでつね。

ハーンと黴菌愚はエラでつながってるわけでつね。



。。。ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん(縛w

エラといえば。。。





つづく。


さて、大型記事はここで終わりではありません。

明日の記事がシリーズ最終回。

驚愕の展開、衝撃のラストをお見逃しなく。

記事は既に完成済み。

もう投稿予約をセットしてあります。。。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!

スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

自分が今まで読んできたインターネット上のブログや記事の数々のなかで、ここのブログの様に自分が「次は?次は?」と心待ちするものはなかったですよ。

ここまでリアル分析...いや、それ以上だ...何かの真実を語る者がいるとは!

本当に期待します。

ここのブログには魂を感じる。凄い!

プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR