現在の閲覧者数:

【新年特集】ハーン2 (1)

.
【追悼2015】女優・原節子さん 最期まで貫いた伝説 生涯独身 隠とん生活
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151229-00000140-sph-ent


news【追悼2015】女優・原節子さん 最期まで貫いた伝説 生涯独身 隠とん生活101_result



 2015年も残すところあとわずか。今年もスポーツ、芸能界では多くの方が、その生涯に終止符を打ちました。スポーツ報知では、知られざるエピソードとともに故人をしのびます。

 95歳で逝った昭和の大女優・原節子さん。訃報が流れたのは9月5日の死去から3か月近くも過ぎた11月25日だった。42歳で引退後は隠とん生活。伝説が伝説を生み、人生最後の旅立ちまで伝説を残した。ある喪中はがきがきっかけで情報が駆けめぐり、マスコミが混乱する中、遺族が認めるという異例の形だった。

 テレビプロデューサーの石井ふく子さん(89)は65年前の「あの日」以来、チョコレートを食べていない。新東宝の女優だった石井さん。「女医の診察室」(50年、吉村廉監督)で医師役の原さんと看護師役で共演した。

 「原さんと聞き、何としても配役してもらおうと売り込みました」と振り返る。いつ呼ばれてもいいよう常に衣装を着て待機した。が、憧れの人との共演は過度の緊張を生む。体調を崩し、ある日、医務室で休んでいた。

 すると自分の名前を呼ぶ声が。原さんが立っていた。「大丈夫? 無理しないでね」。そう言うと「口を開けて。これ食べるといいわ」。チョコレートだった。「そのときの味を、一生大事にしておきたくて。チョコを断(た)ったの。あれから本当に口にしてないんですよ」

 打ち上げでは男装の麗人姿で登場し、共演者やスタッフを驚かせた。「あれほど美しく、明るく、すてきな方はもう出てこない。自分の生き方をきちっと全うされて。お邪魔をしてはいけないと思い、ご連絡することはありませんでした」

 時代とともにスター像は変わり、時代の影響を受けないスターもいない。戦後。原さんが役で演じた献身的で耐え忍ぶ姿に、国民は「究極の理想の女性像」を見た。生前の言葉を読めば、もっといろんな役がしたかったのが分かる。個性の強い役をすれば酷評され、活動の幅は限られていった。

 最後の作品「忠臣蔵 花の巻 雪の巻」(62年、稲垣浩監督)では大石内蔵助の妻・りくを演じた。あらかじめ42歳での引退を決めていたわけではないだろう。「忠臣蔵―」予告編を見ても東宝30年記念のオールスター作品であることはうたっているが、原さんのことは出てこない。

 撮影で強いライトを浴び、痛めた目がつらかった時期でもある。引退には諸説あるが、結果として今作を最後に、多くが抱くイメージを守り通した。生涯独身だったが、昭和26年「平凡」には「男性にもの申す」の題で載った原さん司会の女優座談会が“出色”だ。そこには「太ってる男(ひと)の方がいい。おじいさんは困るけれど、最低十ぐらい違う人(年上)がいいわ」と結婚願望まで明かしていた。

 十数年前、原さんが住んだ鎌倉の家を初めて見に行ったとき、リスが横切り、駆けていった。自然が残るこの付近では珍しくないという。原さんもリスを見て心を和ませたのだろうか…。(内野 小百美)




縄文人は「胴長短足」=南方起源ではない? ―渡来系弥生人と変わらず・国立科博
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151114-00000010-jij-sctch


news縄文人は「胴長短足」=南方起源ではない? ―渡来系弥生人と変わらず・国立科博



 北海道から九州の20遺跡で出土した縄文人の人骨を分析したところ、北東アジアから朝鮮半島経由で日本に渡来した弥生人と同様に「胴長短足」だったとみられることが分かった。国立科学博物館の海部陽介人類史研究グループ長と東京大大学院の元院生田原郁美さんが14日までに、日本人類学会の専門誌に発表した。
 縄文人は顔の彫りが深く、上腕骨や大腿(だいたい)骨に対して肘や膝から先の骨が相対的に長いため、これまでは南方が起源との説が有力だった。しかし、近年は遺伝学的研究などで北方起源説も提唱されている。海部さんは「今回の研究成果は北方起源説と合うが、これで決着ではない。縄文人が一つの集団ではない可能性もある」と話している。
 海部さんらは、寒冷地では体温の放出を防ぐため、胴体に対して腕や脚が短くなるという考え方に注目した。
 6000~3000年前を中心とする縄文人の人骨63体と、山陰から九州北部の4遺跡で発掘された約2000年前の渡来系弥生人27体について、胴体の長さと腰の幅、腕と脚の長さを調べた。その結果、縄文人と弥生人の体形には差がなかった。
 さらに東京都台東区にある江戸時代の遺跡から出土した人骨94体を調べると、胴長短足の傾向が強まっていた。これは身長が低くなった影響と考えられるという。



平成二十八年の新年特集、それは前回の大型記事

「ハーン」の続きでつね。


去年の6月か7月にやりたかったんだが、

なんやかんやでのびのびになって新年特集に


なってしまったわけでつね。


予告など一切してないのにスポーツ報知が


絶妙なタイミングで原節子のネタを出してくる。

うちの内部にスパイが。。。いるわけでは


ないと思うが、今回の話の導入は原節子で行くと

決めてたわけでつね。



原節子が「ハーン」。。。ではないんだが、

本題に入っていきませう。




死去のニュースの時にさんざん写真や映像が

出たので皆さん何度も見たでせう。


外人顔でつね。



原節子-Wikipedia


wiki原節子102_result

wiki原節子203_result



神奈川県橘樹郡保土ヶ谷町帷子(現在の横浜市保土ケ谷区月見台)で父:藤之助、母:ナミの間に生まれた。

1936年、第7回出演作品『河内山宗俊』撮影中に見学にきたドイツのアーノルド・ファンク監督の目にとまり、初の日独合作映画『新しき土』のヒロイン役に抜擢される。


「ナミ」とか。。。

チョン臭い漫画に出てきそうな名前でつね。



しかもナチスドイツでヒロイン(獏w


名前でしか判別できないが、親は外人では


なさそうでつね。


日本人なのに何で外人顔なんでせうか?



アイヌ哀史104_result




有名なアイヌの写真でつね。

ロシア人みたいな顔でつね。




wiki琉球民族105_result




こちらは琉球人。

日本人とは見分けはつかないでつね。






wikiハプログループD1b (Y染色体)106_result

wikiハプログループD1b (Y染色体)206_result



3万年ほど前に日本列島で誕生したと考えられ、現在日本人の3割ないし4割[2]がこのハプログループに属している。

ハプログループD1b(D-M64.1)は、日本列島で観察される。日本人の約35%にみられ、大和民族だけでなくアイヌの80%以上[3]もこれに属する。沖縄や奄美大島や日本全土で大多数を占める。ハプログループD1bは、日本で誕生してから3.8-3.7万年ほど経過していると考えられている。




両方とも縄文人の子孫と考えられてるわけだが、

共通するDNAのY染色体、ハプログループ


D1bというのは「父系」の遺伝なので、

母系が違うことによって顔の感じが違うのかも


しれないでつね。


北のほうが外人っぽいわけだが、


mapjapan_result.png



北のほうがよっぽど大陸と近いわけでつね。

元日本の領土、樺太と大陸との間は7km。


泳いでも渡れるぐらいでつね。

その7kmの名は間宮海峡。



今では国内のアイヌは1.5万人ぐらい

だそうだが、アイヌというのは日本にだけ


いるわけではなく、樺太やロシアにも

いるんでつね。



そういう外人っぽい古代人のことを

「プロトEU」と呼んでるようでつね。



プロトEU(スキタイの親戚?)の額から目~鼻の流れの特徴はこんな感じです。
http://blogs.yahoo.co.jp/manase8775/44370175.html


プロトEU(スキタイの親戚?)の額から目~鼻の流れの特徴はこんな感じです。107_result






山形の内陸にもいいたプロトEU-a2 Jの子孫たち
http://blogs.yahoo.co.jp/manase8775/folder/992171.html


山形の内陸にもいいたプロトEU-a2 Jの子孫たち108_result



①proto-eu C 東北シベリア・アイヌ(道南)②proto-eu b ヨーロッパ・地中海沿岸
③proto-eu a1 (arc)東北シベリア・北米北極圏
proto-eu a2(JK)日本(東北地方日本海側と一部韓国)
proto-eu a3 ヨーロッパ・地中海沿岸
proto-eu a4 ヨーロッパ・地中海沿岸
proto-eu a… その他



検索結果が少ないので、一部の研究者が

そう呼んでるだけかもしれないが。



昔は外人っぽい顔の日本人はたくさんいた

ようだが、いまはあんまりいないでつね。



江戸時代までは「藩」があったわけだが、

「一国一城の主」「山城国」「甲斐国」とかいう


ように、「県」と違って藩とは「国」であり、

勝手に他の藩に入り込むことは許されなかった


わけでつね。


時代劇なんかで関所を通るときに通行手形を


見せてるのは、いまでいえば空港でパスポートを

出してるのとおんなじことだったんでつね。



しかも交通手段もたいていは徒歩。

そうそう遠くには行けなかったわけでつね。



だから外人っぽい顔の日本人は長い間、

大体1か所に固まってて、そのまま近代まで


来てたわけでつね。


しかし明治になって「廃藩置県」により


「藩」はなくなり、「国」の境界は崩れ、

すべての藩を統合して一つの国になった


わけでつね。


それによって交雑が進んで外人っぽい顔の


日本人はだんだんいなくなっていったわけ

でつね。




で、先ほどの間宮海峡。



間宮海峡-Wikpedia


wiki間宮海峡109_result

wiki間宮海峡209_result

wiki間宮海峡309_result



樺太(サハリン島) とユーラシア大陸(北満州・沿海地方、ハバロフスク地方)との間にある海峡。北はオホーツク海、南は日本海に通じ、長さはおおよそ660km。最狭部の幅は約7.3km[1]、深さは最浅部で約8m。冬の間は凍結し、徒歩で横断することも可能である。

日本においてはこの海峡の名称を間宮海峡としているが、ロシア、アメリカ合衆国、イギリス、中国をはじめとして諸外国ではこの海峡の名称をタタール海峡(ロシア語:Татарский пролив、英語:Strait of Tartary or Tatar Strait、中国語:韃靼海峡)[2]としている。日本でも、タタール海峡、ダッタン海峡と記された地図が存在する。

樺太や対岸の沿海州には古来からアイヌ、ニヴフ、ウィルタ、女真(満洲民族)などの民族が居住・往来していた



はい来ました「タタール」(縛w

最初原節子から始まったときは、皆さん、


なんのこっちゃと思ったでせう。

安心してください、新年特集は間違いなく


「ハーン2」ですよ!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!



ここで言ってる「タタール」はこないだ出てきた


tenタタールとタタルは厳密には別物
【日米露vs嘔支 通信】可汗一味から気象兵器経由で世界経済縮退計画まで芋づる式に⇒こちら


このタタールとは別、というか、世界中すべての

「タタール」の語源となったタタールでつね。


この過去記事で書いた通り、以降は「タタル」と

呼ぶことにしませう。



タタル部-Wikpedia


wikiタタル部110_result

wikiタタル部210_result

wikiタタル部310_result

wikiタタル部410_result



モンゴル帝国以前にモンゴル高原東部に存在したモンゴル系遊牧民族。『元史』などでは塔塔児、『集史』ではQaum T?t?rと記される。チンギス・カンによって滅ぼされたが、その名は遊牧騎馬民族の代名詞となり、ヨーロッパに広まってタタールと呼ばれるようになる。

タタルの起源はモンゴル同様、6世紀から10世紀にかけて中国東北部に存在した室韋族であり、8世紀に突厥によって刻まれた『オルホン碑文』にある「三十姓(オトゥズ)タタル Otuz Tatar」もこれにあたる。

チンギス・カン自身もイェスルンとイェスゲンという2人の妃を娶ったし、チンギス・カンの兄であるジョチ・カサルもタタル部人の妻を娶っていた。チンギス・カンはジョチ・カサルにタタル部人1千人を殺すよう命じたが、ジョチ・カサルは妻のこともあり、半分の500人を殺して500人は匿った。こういうこともあって何人かのタタル部人は生き残ることができ、後の時代にはモンゴル帝国の譜代家人(オテグ・ボコル)に準ずる地位になる者もあらわれた。


チンギスハーンに「半」ヒ頁し(縛w

どの辺にいたかというと。。。



ボルジギン氏-Wikpedia


wikiボルジギン氏112_result



モンゴルの系譜においてカイドゥの曾孫に位置付けられるカブルのとき、ボルジギン氏は全モンゴル部族を統一することに成功した。『元朝秘史』によれば、カブルは「すべてのモンゴル人を統べた」といい、モンゴルの歴史上初めてモンゴル部族を統一する王(カン)に即位したとみなされる。

この頃には、モンゴル部族の居住地はオノン川流域からアルグン川流域にかけてのモンゴル高原北東部に広がっていた。中国側の記録によれば、ちょうどカブルが在位していた頃とみなされる12世紀前半にモンゴル部族はたびたび金の領土に侵攻し、その北辺を脅かした。

カブル・カンの死後、カン位はカブルの又従兄弟にあたるアンバガイに受け継がれた。この2人のカンの後、西方のオノン川上流に遊牧するカブルの子孫がキヤト(単数形キヤン)氏、東方のオノン川下流に遊牧するアンバガイの子孫がタイチウト氏と呼ばれる同族集団を形成し、モンゴル部族の東西の二大集団となる。



カイドゥとかチョン臭い漫画に出てきそうな

名前でつね。




ボルジギン氏-Wikpedia


wikiチンギス・カン111_result



ボドンチャルから7代目とされるカブルがモンゴル諸部族で最初のカン(ハン、ハーン)の称号を名乗り、カブル・カンの子孫はキヤト氏を称するモンゴル部の有力家系となった。チンギス・カンの父イェスゲイ・バアトルは、カブル・カンの孫で第3代カンとなったクトラ・カンの甥である。


googleMap:アルグン川


mapアルグン川114_result




googleMap:オノン川


mapオノン川113_result



満州とロシアの国境地帯を流れるアルグン川、

その400kmほど西に流れるのがオノン川。


そこがチンギスハーンの出身地だということ

でつね。



パンピーは「モンゴル」というと今のモンゴルが

ある真ん中辺りをイメージするわけだが、


「モンゴル帝国」のモンゴルは現ロシア領、

わりと日本に近い満州付近だったわけでつね。



つまり「外人っぽい顔の日本人」の根源は

タタルだということなんでつね。




その後チンギスハーンがモンゴル帝国を作り、

フビライが元寇として日本に攻めてくることに


なるわけだが、それはまた次回で。


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR