現在の閲覧者数:

バックはカルト宗教だろ?(縛w

.
SMAP楽曲 ゲスの極み乙女。を採用したのは元マネジャー
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160124-00000012-pseven-ent

newsSMAP楽曲 ゲスの極み乙女。を採用したのは元マネジャー


 SMAP解散報道で一気に注目の的となったのが、元チーフマネージャーのI氏(58才)だ。彼女は、ジャニーズ事務所のなかでさまざまな新機軸を打ち出し、SMAPを国民的アイドルにまで成長させた。その功績は、SMAPの楽曲の秀逸さにも現れている。

「SMAPの楽曲は他のジャニーズとは全く違います。Iさんがその時々で波に乗っているアーティストに作詞作曲を依頼するからです。『セロリ』は山崎まさよしの作詞作曲、『夜空ノムコウ』はスガシカオ。『らいおんハート』は脚本家の野島伸司が初めて作詞した曲です。それまでのアイドルの楽曲のイメージを覆すような斬新な試みを続けてきました」(音楽関係者)

 最新曲の『愛が止まるまでは』は「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音が作詞作曲を担当。これもI氏の提案だったという。

 木村拓哉(43才)はラジオ番組で「“あっ、これいいわ”と思った瞬間、確実にそれをゲットするみたいな人」だとI氏を評している。

「彼女はとにかく常識にとらわれない。薄毛に効果があるといわれるシャンプー『スカルプD』のCMに、アイドルの中居正広(43才)と草なぎ剛(41才)を自ら売り込んだ時は業界が驚いた。彼女はマネジャーではなく、プロデューサー的な存在なんです」(大手広告代理店関係者)

 体を張ってメンバーを守ってきたことも強固な信頼につながった。

 2001年夏に稲垣吾郎(42才)が道交法違反と公務執行妨害で逮捕され2009年には草なぎ剛が公然わいせつ罪で逮捕された。クビにすべきという声も上がった。

「Iさんのお詫び行脚はすごかった。復帰会見で会場の隅でIさんが涙を流していたことが印象に残っています」(芸能関係者)

 仕事ができて、独身を貫いていたI氏だが、男勝りで女傑というキャラクターではない。メンバーがラジオで「Iさんは仕事でニューヨークに行ったのに、ぼくらを放ったらかして買い物三昧だった」と明かしていたが、

「Iさんはさりげなく人気ブランドの新作を身につけているハイセンスな人。ものすごい華奢なのに仕事はとにかくパワフル」(I氏の知人)

 SMAPの躍進とともに、I氏も影響力を増していく。メンバーのキャスティングの決定権を持つI氏の誕生日には、テレビ局や広告代理店担当者がプレゼントを持って行列を作る“I氏詣で”が名物になった。

事務所の中でも、Iさんが担当するグループには誰も口を出せず、“聖域”になってきていた。SMAPも特別扱い。大晦日のカウントダウンライブにも出なくていいし、自由裁量が多くなりすぎていた」(前出・芸能関係者)

 そうして、彼女のことをいつしか“女帝”と呼ぶようになった芸能関係者も少なくないという。

「彼女はいつも斬新なアイディアや企画を求めていて、そうした提案がないとSMAPの仕事はさせてもらえないという緊張感から、彼女に対し“怖い人”“厳しい人”というイメージを持つ人も多かった」(キー局女性スタッフ)




年収は「中居5億」「キムタク3億」……SMAPを売り上げ250億円グループに育てた敏腕マネージャー
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160121-00504990-shincho-ent

news年収は「中居5億」「キムタク3億」……SMAPを売り上げ250億円グループに育てた敏腕マネージャー


 ジャニーズ事務所を中核に、10社を超える関連会社から成る“ジャニーズ帝国”。その一大勢力の振り出しは、1962年に遡る。ジャニー氏が「ジャニーズ」というアイドルグループを結成し、芸能ビジネスに乗り出したのである。

 事務所の知名度を一躍高めたのは、68年にデビューしたフォーリーブスのブレイクだった。以来、たのきんトリオ、少年隊、光GENJI、SMAP、嵐などキラ星の如きスターたちを次々と輩出。今やグループ全体の売上げは1000億円を超えると言われる。

 なかでも90年代以降、ジャニーズのエースとして事務所に最も貢献してきたのがSMAPだ。たとえば2014年の彼らの売上げを推計すると、

○ファンクラブ収入 会員約99万人×年会費4000円=約40億円

○コンサート収入 動員数約100万人×チケット代9500円=約95億円

○音楽収入 CDシングル2枚とアルバム1枚、ライブDVD1枚で計約23億円

○CM、ドラマ、バラエティ等のテレビ収入 約60億円

 しめて約220億円。実態が判然としないグッズ収入も加えれば、優に250億円は突破するに違いない。
ここ数年、人気に翳りが見え始め、エースの座を嵐に奪われた感が強いとはいえ、依然、ドル箱スターである。むろんメンバー個人の収入も大きい。

「昨年のメンバーの推定年収は中居正広がトップで、約5億円。キムタクが約3億円で、草なぎ剛と香取慎吾は1億~2億円。稲垣吾郎は1億円を切っていますが、皆、高給取りですよ」(民放テレビ局幹部)

■事務所のタブーを次々と破る

 そんなSMAPも、結成当初は鳴かず飛ばずだった。

「あのSMAPもすぐに人気が出たわけではなく、最初は苦労した。その頃から飯島さんはマネージャーを務め、緻密な戦略で彼らをスターダムに押し上げたのです。だからメンバーは“育ての親”に感謝し、事務所内では飯島さんの言うことしか聞かないと言われていました」(芸能記者)

“飯島さん”とは、この度の分裂騒動の当事者の1人である、飯島三智氏のこと。ジャニーズ事務所に入社して40年近くなるベテランで、肩書きはマネジメント室長だという。

 飯島室長の関係者はこう言う。

「メンバーは88年に結成されたが、CDデビューまで3年かかりました。当初はマネージャーもつかず、スケジュールはリーダーの中居君が皆に連絡していたのです。デスク(事務員)の飯島さんが見かね、現場を覗くようになり、いつしかマネージャーになった

 そこで飯島室長は、ジャニーズではご法度だったバラエティ番組への出演に活路を見出していく。

「コントなど異例のお笑い路線は大いにウケ、一躍人気が沸騰したのです。またドラマでも、事務所の方針として、主役でなければ引き受けていませんでしたが、キムタクを二番手の役でも出演させた(93年のフジテレビ系『あすなろ白書』)。さらにキムタクには、女性誌『an・an』でヌードまで披露させるなど、事務所のタブーを次々と破りました。もっともジャニーさんは飯島さんのプロデュース能力を大いに評価していた」(同)

 この時すでに綻びの萌芽は生じていたのかもしれない。国民的アイドルのスケジュールを押さえたいテレビ局の担当者による“飯島詣で”が始まり、彼女は巨大な優越的交渉権を手にしたからである。

■後継争い

 しかしSMAPのブッキングを一手に取り仕切る彼女とジャニーズ事務所本体に軋轢が生じるのに時間は余りかからなかった。ちなみにジャニーズ事務所には、ジャニー社長とメリー副社長の他に、もう一人、代表権を持つ人物がいる。メリー氏の実娘である藤島ジュリー景子副社長だ。

 ジュリー副社長は事務所内で嵐のマネジメントを担当し、大ブレイクさせた実績を持つ。他にTOKIOや関ジャニ∞なども管轄下に置いている。一方、飯島室長は、SMAPの他にKis―My―Ft2などを担当。彼女らがライバル意識を燃やしていると見た一部メディアは、事務所内にジュリー派と飯島派があり、派閥争いが行われていると報道。2人が次期社長候補として、後継争いを展開しているとまで書き立てた。

 その内紛の存在を明確に炙り出したのが、昨年の「週刊文春」のスクープ記事「ジャニーズ女帝 メリー喜多川 怒りの独白5時間」(1月29日号)だった。メリー副社長がインタビューに応じ、胸の内を洗いざらい明かしたものだ。曰く、

「派閥があるなら、それは私の管理不足(中略)今日、(飯島氏を)辞めさせますよ」「私の娘が(会社を)継いで何がおかしいの? (中略)次期社長ですよ」

 しかもインタビュー中に事務所に飯島室長を呼びつけ、こう詰問した。

「飯島、私はこう言いますよ。『(中略)対立するならSMAPを連れていっても今日から出て行ってもらう。あなたは辞めなさい』と」

 平身低頭の飯島室長に辞職を迫る勢いだった。この時以降、飯島室長は自身が役員を務める関連会社を拠点に現場を飛び回り、本社には一度も顔を出さないようになったという。

■弁護士を立てて協議

〈時にRiskyもSafe

Dive乗っていたWave

Thrill感じてOK

切り開いて!  Our way Go〉

 これは昨年9月、リリースされたSMAPの新曲『Otherside』の歌詞の一節だ。タイトルを併せて訳せば、「向こう側に向かって、道を突き進もう」となる。まるでこの時期の飯島室長とメンバーの心境を綴った詩のようではないか。彼女の関係者が飯島室長の心中を代弁する。

「飯島さんはメリーさんから、“辞めろ、辞めろ”とパワハラを受けたようなものです。追い詰められ、退職の決意を余儀なくされた」

 むろん事務所側の言い分は異なる。今後は勝手にSMAPのブッキングを行わず、事務所に決裁を仰ぐように指示したが、彼女は仕事のスタイルを変えなかった。社内には、メリー副社長に詫びを入れたらどうかと勧める者もいたという。確かにこの時点なら、まだ両者の関係は修復できたかもしれない。しかし飯島室長にも意地があったのか、2人は顔を合わせることなく、謝罪は行われなかった。

 当事者同士の意思疎通が不可能となった結果、9月に入り、双方が弁護士に依頼。仕事の進め方を巡り、協議するようになったわけだ。先の事務所関係者の話。

「事務所としては、当初は命令違反となる仕事の入れ方を改めるよう、申し入れました。しかし飯島さん側は“メリーさんの指揮、承諾を受けてのビジネスはできない”と切り返してきた。これで協議の内容は一気に彼女とSMAPの独立問題に転じて行った」

 その決着は、ご存知のとおり――飯島氏は事務所を退社し、SMAPは引き続き、“ジャニーズ預かり”となったわけである。




SMAP極秘会合 草なぎ「香取と行動」で香取「中居に任せた」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160121-00000019-pseven-ent&pos=3

newsSMAP極秘会合 草なぎ「香取と行動」で香取「中居に任せた」


 日本中の注目の的となっているSMAPの解散報道。発端となったのは“育ての親”と言われる女性マネジャー・I氏(58才)のジャニーズ事務所からの独立問題だ。中居正広(43才)、稲垣吾郎(42才)、草なぎ剛(41才)、香取慎吾(38才)の4人が、I氏とともに独立する意向を示したのに対し、木村拓哉(43才)1人がジャニーズ事務所残留を表明。その結果、円満独立が果たせなかったというのだ。

 タレントの上下関係やスタッフとの結束を重視し、「鉄の掟」で知られるジャニーズ事務所サイドからしてみればI氏や中居の行動は“反逆”に映った。SMAPと事務所の契約は基本1年契約で、9月に更新の予定だったが、「そんな画策をするなら契約更新を待たずにさっさと出て行って!」とジャニーズ事務所の副社長メリー喜多川氏(89才)も態度を決めたという。

“SMAPの解散もまったく構わない”という状況にI氏や中居は慌てた。事態を重く見た芸能界の重鎮が4人を事務所に戻すよう調停に動いたが、一度は独立の意思を固めた4人に対し、メリー氏はあまりにも虫がよすぎると“絶対に戻さない”と態度を硬化させた。

 メリー氏の状況を知り、マスコミは「解散」を報じたが、I氏や中居らはすぐさまその翌日に「SMAPの解散はない」という記者会見を開こうとした。ちょうどその日が『SMAP×SMAP』の収録日だったこともあり、会見の情報がスポーツ紙や週刊誌を駆け巡った。

 しかし、それも数時間後には「会見は開けない」と急転。それは、SMAPの活動を続けたいという4人の希望を、メリー氏が受け入れなかったからだったと噂された。

「その時点では解散は不可避と見られていて、万が一可能性があるとすれば、4人が直接ジャニーさんとメリーさんに謝罪することしかなかった。しかし、リーダーの中居はもちろん一度反旗を翻したと見られてしまった香取や草なぎ、稲垣にとっては“行くも地獄”“戻るも地獄”の選択です。4人のメンバーとIさんは土壇場でとことん話し合ったそうです」(芸能関係者)

 そして、1月14日に4人とI氏による極秘会合が行われた。その場でI氏は、「迷惑をかけた」と芸能界からの引退を宣言し、「SMAPを続けてほしい」と4人に話した。動揺する稲垣、草なぎ、香取を、リーダーの中居がまとめた。

「草なぎは香取と一緒に行動すると言った。香取はもともと年の離れた中居に意見を言える関係ではないので、中居に任せた。中居のいちばんの思いは他のメンバーのためにもファンのためにも“SMAPを続けたい”ということ。そして木村に許しを請う電話をかけたんです」(前出・芸能関係者)

 何度もかけ直し、ようやく電話に出た木村に中居は「もう一度、5人でSMAPをやりたい」と伝えた。木村は何も言わず中居の言葉にうなずいたという。

「木村の胸中は複雑だった。一度はIさんや4人と別れることを覚悟していたからです。それでも気持ちを反転させ、4人のために動くことに決めました」(前出・芸能関係者)

 1月17日、『SMAP×SMAP』での生放送会見前日、主演する時代劇映画『無限の住人』のロケで京都に滞在していた木村はロケ現場からメリー氏に電話をかけ、「4人をグループに戻してほしい」と直談判した。

 木村の働きかけで、17日夜に4人とメリー氏の会談が実現した。4人のメンバーはメリー氏に「どうしても戻りたい」と直接謝罪の思いをぶつけた。これで、SMAPは“再生”した。だが、激動の一年は今、始まったばかりだ。



まだまだ終わらないでつね。

ゲス川を採用したのがジャーマネ飯島と発覚(縛w


みんな空気を読んで「I氏」と書いてたのに、

新潮が名前書いちゃったよ(縛w



どうせゲス川も下等生物なんだろ?(縛w

下等生物が図に乗って日本の中でテメェらに


都合のいいスキームを作り上げてのさばってた

ところに鉄槌(縛w



この騒動、人間関係のドタバタのように書かれて

いるが、カネが絡んでたんじゃねーのかと思う


わけでつね。


ジャーマネ飯島に擦り寄ってくるヤツが大量に


いれば、利権が生まれるわけでつね。

SMAP出演を取り付けるために袖の下を渡す


ヤツがいても何らおかしくないでつね。

カネに汚い下等サマナがそうやって私腹を


肥やしてる様は想像に難くないでつね。


表の部分を見ても、SMAPのコンテンツだけ


を扱う子会社があったり、会社にタテついて

勝手にマネジメントしてたというのは


そういうことでつね。



売上額は250億かそれ以上だということだが、


ギャラの方は多めに見積もっても

5+3+2+2+1=13億円。


全額印税だったとしても1割の25億円ぐらいは

もらってもよさそうだが、実際はその半分。



ジャニーズはギャラがコスっ辛いので有名だが、

独立して事務所にに吸い取られてる分をテメェら


で分配したいと思うのは無理からぬところ。


「実態がわからない」とかいうグッズの売り上げ


も私腹を肥やす温床になりがちでつね。


カネを握っているから権力も握れる。


権力を握っているから会社にタテつく。

会社にタテつくからさらにカネを握れる。


そんなスパイラルが出来上がってたと思われる

わけでつね。



そもそもその「プロデュース力」とやらも、

例えば「なんちゃら文明」みたいに、


どこぞのカルト宗教と結託して信者を動員すれば

いくらでも「人為的に」作り上げることができる


わけで、それこそが「飯島スキーム」だという

ことでつね。



そのスキームに乗っかってゲス川みたいのが取り

立てられて表に出てくる。


そうするとそっちの売り上げも増える。

またカネを握れる。


実際JEの代表取締役はゲス川に繋がってるわけ

だし(縛w



過去に楽曲を提供してる連中も「SMAPに採用

された」ということで脚光を浴びたヤツが何人も


いるしな(縛w


そして図に乗ったジャーマネ飯島がカルト宗教を


バックにジャニーズの乗っ取りを図り、それに

対して堪忍袋の緒が切れたのが去年1月の


記事だったんじゃないでせうか?

それから1年、クーデターを画策してたが、


結局失敗。


その現実を直視できなかったヤツが


「べきニダ!」とゲス川のスキャンダルを潰す

ためにネタを週刊誌に提供。



これがこの騒動の顛末のリアル分析でつね。

こういう話にカネが絡まないはずがないわけで、


それを抜きに語ってるゴシップ記事は、

ゴシップ記事としての価値すらないということ


なんでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR