現在の閲覧者数:

米支那外相会談に北チョンが祝砲(縛w

.
北制裁「強力な決議に」 外相会談、米中一致も具体策に溝
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160128-00000077-san-cn

news北制裁「強力な決議に」 外相会談、米中一致も具体策に溝


 【北京=川越一】中国を訪問しているケリー米国務長官と中国の王毅外相は27日、4回目の核実験を強行した北朝鮮への対応について北京で協議した。国連安全保障理事会の制裁決議に向け、ケリー氏は会談後の共同記者会見で、「強力な決議」を目指すことで一致したが、具体的措置をめぐり相違があると指摘した。

 米国務省によると、ケリー氏は会談の冒頭、「われわれには前に進む道を見つけなければならない重要な問題がある」と述べ、北朝鮮の核問題について切り出した。ケリー氏は「北朝鮮の核問題は世界の安全に対する挑戦だ」と強調。会談では、オバマ米政権が関係国に打診している石油禁輸や北朝鮮船舶の寄港制限などを盛り込んだ追加制裁決議草案への賛同を、中国側に求めたとみられる。

 一方、国営新華社通信によると、王氏は、「最大の先進国の米国と最大の発展途上国である中国は、多くの問題について意見の一致のために努力すべきだ」と主張した。

 中国は「北朝鮮に挑発行為に相応する対価を払わせる」との原則に立っていると伝えられる。王氏は会談後の会見で国連安保理の制裁を支持する考えを示しつつ、「朝鮮半島を不安定化させてはならない」と強調。会談で厳しい制裁に難色を示した可能性が高い

 南シナ海問題についても、中国側は「主権の範囲内」とする従来の主張を繰り返したとみられる。

 ケリー氏は27日、習近平国家主席、楊潔●国務委員とも会談した。




<米国務長官>「北朝鮮の制裁解除も」 核兵器放棄を条件に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160128-00000030-mai-int

news<米国務長官>「北朝鮮の制裁解除も」 核兵器放棄を条件に


 【ワシントン和田浩明】ケリー米国務長官は27日、中国の王毅外相との会談後、核実験を強行した北朝鮮に対する国連安保理制裁の強化について、「制裁とは別の側面も必要だと一致した。北朝鮮が別の道を選べば、制裁解除や経済協力、エネルギー・食料援助への扉が開く」と述べた。

 ケリー氏の発言は、制裁という「ムチ」だけでなく経済協力などの「アメ」も示すことで、北朝鮮が核兵器や弾道ミサイル開発を放棄する方向にかじを切るよう改めて促したものだ。対話を重視し、北朝鮮の不安定化を懸念する中国側の意向に配慮した部分もあるとみられる。

 一方でケリー氏は、対イラン制裁が中国などの協力も得て、ウラン濃縮活動の大幅削減を含む核合意に至ったことにも言及。北朝鮮に対する新たな安保理制裁は「核計画の終結に向けた交渉が目的だ」と述べ、北朝鮮を交渉のテーブルに戻すための「行動」の必要性を強調した。

 ケリー氏は、新たな制裁に北朝鮮の核・ミサイル活動を抑止する「相当の新しい措置」を含むため、国連での協議を加速することで中国側と一致したと説明した。制裁対象として、中朝間でやり取りされるモノやサービス、船舶や港湾、航空機、石炭や燃料などに言及し、「北朝鮮国民を罰することなく効果が出せる方法は多数ある」と述べた。

 ケリー氏はまた、米国が自国民や日本、韓国などの同盟国を守るため、「必要な全ての措置を取る」とも述べ、北朝鮮の脅威に対処する軍事的な構えも維持していることを示した。一方で「軍事的緊張を高めようとはしていない」と述べ、安保理決議の採択と関係国との交渉再開が主要目標であることを強調した。




北朝鮮、ミサイル発射準備か 米衛星が機材搬入など確認
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160128-35076979-cnn-int

news北朝鮮、ミサイル発射準備か 米衛星が機材搬入など確認


(CNN) 北朝鮮北部の東倉里(トンチャンリ)にある西海衛星発射場を監視している米国の偵察衛星で、同施設への機材搬入や人の出入りが加速している様子がとらえられ、米軍や国際社会が警戒を強めている。

米当局者によると、ここ数日で人の動きがあり、ミサイル関連機器や燃料が同施設に運び込まれていることが、衛星画像で確認された。

北朝鮮は、同施設から打ち上げられるのはあくまで人工衛星だと主張する見通し。ただ米当局者は、発射されるのは大陸間弾道ミサイルだと見ている。

北朝鮮は2012年にもこの施設から人工衛星を積んだロケットを打ち上げたと発表し、平和目的の打ち上げだったと強調。これに対して米国や日本や韓国は、人工衛星を装った長距離弾道ミサイル実験だったとして非難していた。

北朝鮮は今月に入り、初の水爆実験を成功させたと発表している。



ケツケリー訪支那直後に北チョンが

ミサイル発射準備と
かwwwwwwwww

完全にコケにされとるやないけwwwwwwww

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


「水爆完成したニダ!」と言って、

その半月後に核実験やったわけなので、

「アメリカに届くミサイル作ったニダ!」


と言ったら、やっぱり長距離ミサイルの実験を

するんでせうなぁ(縛w




経済協力とか喚き始めて譲歩とか(縛w

そんな譲歩するぐらいならさっさと2カ国間協議


やった方がええんちゃうの?(縛w

あっごめん、できないの知ってて言ったわ(縛w



アメでもないしな。

経済協力なんか結んだら必ずお茶屋が入ってくる


んだから北チョン的にはむしろムチだろ(縛w



結局会談は物別れ、石油パイプラインの遮断は


できなかったようでつね。

そうするとまだまだ支那地区に対する圧力は続く


ということ。

つまり新年早々立て続けに起こってることが


今後も続くということでつね。


そして支那地区による強力な反撃へと続く


ルートが開かれてしまったわけでつね。

まあ去年の8月以降のチャート的に見て


こっちのルートしかなかったわけだが。



そうするとまた超円高や就職氷河期が来るかも


しれないわけで、その備えはしっかりしとかな

ければならないわけでつね。



例えばちゃんと為替予約をしておくとか。

例えば今のうちの正社員になっておくとか。


訪日外国人が減った時の備えをしておくとか。


ちなみに個人の現物株はガッツリ売られてる


んでつね。


そんな折に合わせて出てきたのがこの話。



東大大学院の伊藤教授:1ドル=100円は容認を、購買力向上もたらす
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160127-00000052-bloom_st-bus_all

news東大大学院の伊藤教授:1ドル=100円は容認を、購買力向上もたらす


    (ブルームバーグ):経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)民間議員である東京大学大学院の伊藤元重教授は、1ドル=100円程度の円高は容認すべきだとの見方を示した。購買力向上などの効果が日本経済にもたらされるとしている。

伊藤教授は「今の120円程度から仮に1ドル=100円くらいになったとしても受け入れなければならない」と述べた。長期トレンドで見た過去の過度な円高・円安を踏まえ、穏やかな円高ならば「真ん中くらいの方に徐々にいくのは悪い話ではない」と語った。

年明けの世界同時株安で為替相場は20日、一時1ドル=115円台まで円が上昇して約1年ぶりの円高水準を付けた。伊藤教授は円高のメリットとして「日本経済全体で見ると購買力が上がっていく」と述べると同時に、日本企業の海外投資の拡大を促す効果もあるとの見解を示した。

今週末の日銀金融政策決定会合での追加緩和については「今、やることに対してメリット・デメリットがある。市場が非常に荒れている時にやるのがいいのかどうか、タイミングが重要だ」と語った。金融政策だけがデフレ脱却の手段ではないともし、賃上げ企業にインセンティブを与える政策や人材育成などの人的投資を増やして将来の賃金上昇につなげる策を示した。



円高になってもいいようにしておけということ

でつね。


この先生はWBSなんか見ててもちゃんとした人

のようなので、うちと意見が合ってしまうのは


致し方ないでつね。



さあしかし、こうなるのがわかってて、いや、


こうなるようにケツケリーも支那地区もやってる

とすれば、ターゲットは日本なわけでつね。



今ここで超円高&デフレ復活になれば日本は

潰れるだろうと踏んでるんでせうか?


それとも超円高になればシナチョンの貿易が

有利になるとでも思ってるんでせうか?


おそらく両方でせうな。

まあマヌケな可汗一味が考えそうなことでつね。



じゃあマヌケな可汗一味共に教えてやろう。

サブプライムショック以降円高になって経済が


急落したのは日銀総裁が反日だったから

なのだよ(縛w



白川は超円高で企業が苦しんでるさ中にも何も

対策せず放置して日本を潰そうとしたから


ああいう風になったのだよ。


しかし今の日銀は同じ状況になったら迷わず


金融緩和するぞ?

ずっとそうしてきたわけだからな(縛w



キサマらの安直で浅薄な企みなんざ

とっくにお見通しだということなんでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR