現在の閲覧者数:

そもそも土下座してEUに入れてもらったのはエ下劣

.
<EU>英離脱回避の改革案合意 英国民投票の結果に焦点
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160220-00000021-mai-eurp

news<EU>英離脱回避の改革案合意 英国民投票の結果に焦点


 【ブリュッセル斎藤義彦】欧州連合(EU)は19日の首脳会議でEUからの離脱を問う英国民投票を巡るEU改革案に合意した。EU加盟国からの移民への福祉サービス制限など英国の要求を大幅に受け入れた首脳宣言を採択した。これで、6月にも予定される国民投票でキャメロン英首相がEU残留への賛成票をどこまで得られるかに焦点が移る。

 キャメロン首相は記者会見で「英国に特別な地位が与えられた」と強調。改革案は国民投票で残留を呼びかけるのに「十分だ」と述べ、他の閣僚にも残留賛成に回るよう促す意向を示した。首相は20日に緊急閣議を開いて国民投票の日程を明らかにする。22日に議会にも報告する。

 改革案は、国民投票で残留が決まった場合に発効する。離脱の場合は再利用されないよう破棄される。

 EUからの移民により福祉制度に過度な圧力がかかるような「例外的な状況」が発生した場合、EUは各国が福祉サービスの受給を最長4年制限することを認める。また、英国への移民の子供が母国などに住んでいる場合、子供の在住国の物価に合わせて児童手当の支給額を減額する制度を欧州委が提案する。2020年から適用する。

 さらに、統合深化を英国に適用しないことで合意。EUの大枠を規定する基本条約の将来の改正に盛り込む。ほかに英国の主張を認め、EUの決定権限を弱め、各国議会に事実上の法案拒否権を認めた。具体的にはEUの法案を各国の議会に送付。12週間以内に加盟国議会の計55%が反対すれば法案を破棄する。

 経済政策では、ユーロ圏と英国など非ユーロ圏が相互に干渉しないことを明確化。ユーロ圏内で危機が起こっても、非ユーロ圏加盟国は救済措置には参加しないこととした。これらを次回の基本条約改正に盛り込む。

 EUからの移民への福祉サービス制限については、英国への移民が多いポーランドなどの東欧諸国が既にサービスを受けている移民の受給権を阻害しないよう要求。英国が受け入れて妥協が成立した。

 トゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)は「EUと英国のつながりを断つことは相互利益に反する」と述べ、英国民に残留賛成を呼びかけた。

 EUの改革は、EU懐疑派の多い英与党・保守党の圧力を受けたキャメロン首相が国民投票の前提として昨年11月にEU側に要求。今月初めにトゥスク大統領が妥協案を提示。細部について詰めの協議が続いていた。




英首相、「EUと合意」 残留に向けた条件で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160220-35078205-cnn-int

news英首相、「EUと合意」 残留に向けた条件で


(CNN) 英国のキャメロン首相は19日夜、記者会見を開き、英国がEU残留のために求めていた条件で欧州連合(EU)の首脳陣と合意したと明らかにした。

合意内容について内閣の承認を得られれば、今後の焦点はEU残留の是非をめぐる国民投票に移る。キャメロン首相は国民投票について、「われわれの未来を決める一世一代の機会」と述べた。

キャメロン首相はまた、「EU内での特別の地位を英国に与える合意を交渉で勝ち取った」とも述べた。ロンドンに空路で帰国し、翌朝にも内閣に結果を報告する見通し。

キャメロン首相は、自身が求めていた譲歩案をEUが提示したと主張。英国は「欧州超大国」の一部には決してならないと述べたほか、焦点となっていたEU域内移民への福祉受給制限については「福祉制度へのアクセスをめぐり厳格な制限を新たに設けていく」とした。

また、英国は今後もユーロ圏に加入しない意向を表明。「われわれの経済に不可欠な保護措置を取り付けた。ユーロ圏外にいながら単一自由市場の規則策定をめぐり全面的な発言権を確保することに成功した」と述べた

キャメロン首相はテロの脅威を念頭に、EUに残留することで英国はより安全になるとも指摘。「今は各国が協力し、数を結集させることが力になる時代だというのが私の見方だ」と述べた。

世界の指導者たちは今回の合意を歓迎。ドイツのメルケル首相は「われわれは英国が国内でEU残留への支持を得られるよう、キャメロン首相にパッケージを付与した」と述べるなど、EU首脳陣は英国の残留を明確に望んでいるとの見方を示した。




EU、大幅譲歩で改革案合意 英国、残留問う国民投票へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160220-00000030-asahi-int

newsEU、大幅譲歩で改革案合意 英国、残留問う国民投票へ


 欧州連合(EU)は19日、ブリュッセルで開いた首脳会議で、英国がEU残留の条件として求めた改革案で合意した。金融規制や移民労働者への対応で英国の要求をのみ、大幅に譲歩した内容だ。英国のキャメロン首相は、この合意を踏まえ、EU離脱か残留かを問う国民投票を6月下旬にも設定する見通しだ。

 首脳会議の声明によると、移民労働者の流入が例外的に増えた場合、緊急措置として、低所得者向けの税控除などの社会保障を入国後最大4年間制限できる。この措置は最長7年間続けられる。共通通貨ユーロを採用する国々の金融関連の政策について、英国など「非ユーロ圏」が1カ国でも反対すればEUの加盟国で協議するとした。

 また、EUに対してさらに主権を委譲するなど政治的な統合の深化に、英国はこれ以上加わらない。これは次のEU基本条約改正に盛り込まれるという。

 フランスやベルギーなどが、ユーロ圏の決定に非ユーロ圏を関与させることは、EUの経済統合のブレーキになると反発。移民への社会保障の制限には、移民を英国などに送り出してきた東欧諸国から不満が続出したが、最後は、EUの分裂回避を優先させるために大幅に譲歩した模様だ。




EU改革に首脳合意 英首相、残留訴え国民投票へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160220-00000533-san-eurp

newsEU改革に首脳合意 英首相、残留訴え国民投票へ


 【ベルリン=宮下日出男】欧州連合(EU)は19日、ブリュッセルで開催した首脳会議で、英国が求めるEU改革について合意に到達した。キャメロン首相はこれを受け、EU残留を訴えて6月下旬にも国民投票を実施する。移民抑制策などをめぐって協議は難航したが、EU離脱を回避したい英国側と他の27加盟国の首脳らが歩み寄った。

 キャメロン氏は会議終了後の記者会見で、合意について「英国のEU内での特別の地位」を認めるものと評した上、「EU残留を国民に勧めるのに十分だ」と述べた。EU残留の是非を問う国民投票に向け、「残留に向けて全力で国民を説得する」と述べた。

 ただ、投票実施日については言明せず、今後、投票に向けた駆け引きが本格化するものとみられる。

 英国が求めたのは、域内移民の抑制▽各国の主権の尊重▽経済競争力の強化▽英国など非ユーロ導入国がユーロ圏の決定で不利益を受けない保証-の4項目。合意では、移民の大量流入時に社会保障給付を最大4年間制限する緊急措置、ユーロ圏の救済で非ユーロ国が負担を受けないことなどが盛り込まれた。

 議論では英国に多くの移民を送る東欧諸国が移民抑制策に反発したが、最終的に緊急措置を認める期間を7年間とする英国の要求なども受け入れた。これに対してフランスは、英国がユーロ圏の金融規制の対象外となることで生じる不利益を懸念。合意にはEU全体として公正さを重視することが示された。

 合意は国民投票で英国がEU残留を決めた際に効力を持つ。EUのトゥスク大統領は「英国の懸念にすべて対処し、かつEUの基本的価値も損なわない解決策だ」と強調した。




英国「EU残留」是非へ “離脱派イベント大盛況”
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160220-00000011-ann-int

news英国「EU残留」是非へ “離脱派イベント大盛況”


 イギリスで、EU(ヨーロッパ連合)に残留するか、離脱するかを問う国民投票が6月に行われることがほぼ確実になりました。

 EU残留を訴えているキャメロン首相は20日にも閣議を開き、国民投票を6月に行うと明らかにする方針です。イギリスが求めていたEUの改革案が19日に認められたため、EU残留の世論が高まることが予想されるため、早い時期に国民投票を行いたい考えです。
 離脱派「イギリス独立党」・ファラージ党首:「(EUは)まるで炎上中のビルのようだ。我々は非常口を使い、出ていくべきだ」
 離脱派の議員らが開いたイベントには1000人以上が詰め掛けました。最新の世論調査では離脱派が残留派を3ポイント上回り、勢いを増しています。



一つの合意なのに、合意内容や関連情報が

1本にちゃんとまとまって書いてある記事がない


のはどういうことかね?マスゴミ諸君。

めんどくさいことこの上ねーよ(縛w



難民へのナマポを4年間停止できる権利を

7年続けられる、「47」のメッセージ(縛w


8年後に大量に難民が流入したらどうするんで

せうか?(縛w


8年後にはEUは存在しないんでせうか?(縛w


それよりも問題なのは今まで表に出てなかった


部分でつね。


ユーロ圏が危機でも非ユーロ圏は支援しない?


非ユーロ圏ってのはエ下劣・スウェーデン・

デンマーク、つまり黴菌愚だろが(縛w



ユーロ圏と黴菌愚の利害が分断すれば

お互いに足の引っ張り合いが始まるでせうな、


なぜなら毛唐だから(縛w

現状ですら足を引っ張り合ってるのに(縛w



そして「EUの加盟国55%が反対すれば廃案」

とか(縛w


EUの加盟国には経済大国より経済弱国の方が

多いんだから、経済大国に有利な法案は


すべて否決されることになる。

もうこれは足の引っ張り合いを促進するだけ


でつね。



要するに今回の合意は将来的にEUを崩壊させる


為の種をまいたということでつね。

PIIGS問題を見ても、EU内の経済大国に


とってEUのスキームはお荷物でしかないという

ことがわかってしまったわけでつね。



しかしそもそもEUは世界大戦が起きないように

作られたもの。


それが崩壊するということは、また世界大戦に

向かって坂を転げ落ちるということなんでつね。




そもそもエ下劣は。。。



欧州連合加盟国-Wikipedia

wiki欧州連合加盟国


フランス大統領シャルル・ド・ゴールはイギリスの加盟がアメリカのトロイアの木馬となることを恐れ、イギリスの加盟に拒否権を行使した。ド・ゴールが大統領を退任したことにより、ようやくイギリスは3度目の加盟申請が認められた。


必死に土下座してやっと入れてもらったくせに

結局今になってゴネてEUを崩壊させようと


してるわけで、ドゴールの読みは当たってた

ということでつね。


まあ「アメリカのトロイの木馬」じゃなくて

可汗一味の本丸だけどな(縛w



「嘔臭大陸の安定」という当初の目的からすれば

エ下劣は排除するべきところだが、


いつの間にか、離脱すると喚くエ下劣と引き留め

る嘔臭、立場が逆転してしまったわけでつね。



こういう経緯がありながらそれが逆転するのは

まさに本末転倒、こういうことが起きるときは


もうダメだということでつね。


不平等な規定で残留させるぐらいならとっとと


排除した方が安定するはずなんだが、それを

しないということは、皆さんEUを崩壊させ


たがっているということでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR