現在の閲覧者数:

【アメリカ通信】追いつめられるダメリカ(前編)

.
トランプ氏、日本の核保有容認を示唆 在日米軍撤退論も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160327-00000023-asahi-int

newsトランプ氏、日本の核保有容認を示唆 在日米軍撤退論も


 米大統領選の共和党候補者指名争いで首位のドナルド・トランプ氏(69)が、日本の核兵器保有を容認する考えを示唆した。米紙ニューヨーク・タイムズが26日に掲載した同氏のインタビューで、在日米軍などの大幅削減を主張する一方、核兵器開発を進める北朝鮮に対抗するため、日本の核保有もありうるとの見通しを示した。

 同氏はインタビューで、「もし日本に(北朝鮮による)核の脅威があるならば、(日本の核保有は)米国にとっても悪いことだとは限らない」と語った。

 また、「我々が攻撃されても日本は何もする必要がないのに、日本が攻撃されれば米国は全力で防衛しないといけない。これは極めて一方的な合意だ」と日米安保協力に不満を示した。




日本でじわり広がる”トランプ大統領”待望論―対米自立か隷属か―
http://bylines.news.yahoo.co.jp/furuyatsunehira/20160327-00055887/

news日本でじわり広がる”トランプ大統領”待望論


数々の暴言・奇言・珍言(?)で当初「泡沫」扱いされてきたドナルド・トランプが、共和党予備選挙で過半数を獲得する可能性が日増しに高まってきた。そしてここにきて、日本でも、特に保守層からじわりと「トランプ大統領待望論」が広がりを見せている。その背景と構造を探る。

・「対米追従からの脱却」としてのトランプ待望論

3月23日、元大阪市長の橋下徹氏は、ツイッターで以下のように発言したことがにわかに注目された。

沖縄の米軍基地をなくしたい人たちへ。トランプ氏が大統領になればすぐに沖縄米軍基地はなくなるよ。朝日新聞、毎日新聞、沖縄米軍基地反対派はトランプ氏を熱烈応援すべきだ。

無論この発言は、リベラルメディアへの揶揄を含んでいるが、橋下氏の見解には一理どころか二理も三理も、四理もある。ジャーナリストの冷泉彰彦氏によれば、「(トランプの姿勢は)強いて言えば、不介入主義とか、孤立主義と言えるもの」(Newsweek日本語版 2016年2月16日)という。特にトランプの対日姿勢に関する発言を聞いていれば、この分析は正鵠を得ている。

トランプは「在日米軍の駐留経費を(日本が)大幅増額せねば撤退」と発言しているし、「日本がアメリカの防衛義務を負わないのに、なぜアメリカが日本を守る必要があるのか」と言った主旨の発言(その事実認識はともかく)を繰り返している。この発言を額面通りとれば、このまま共和党予備選挙でトランプが指名され、本戦でも勝ったならば確実に日米同盟は後退する。あるいは辺野古移転問題が進展しないのならば、いっそのこと米軍はグアムまで後退し、日本防衛の必要なし、という流れになるかもしれない。

そうなると、逆説的には「対米従属」から日本は「強制的に脱却」する、という流れが強まる。中国の海洋進出や北朝鮮の核の脅威に、日本はアメリカの援護なしに自主防衛の道を余儀なくされるだろう。

ここに注目しているのが「民族派」「自主独立派」の流れをくむ日本国内の右派である。

現在のところ、日本の保守論客からは、トランプが白人ブルーカラー層から支持をされている点に着目して、民主党候補のサンダースと同様に反グローバリズムの視点から評価を下しているもの(三橋貴明氏)、既存メディアのタブーを突破して過激な言説が受けている姿勢そのものを評価するべき(田母神俊雄氏)などといった声が上がっている。

特に後者の、「トランプが既存メディアのタブーに果敢に挑戦する姿勢」を日本の国内状況に重ねあわせ、リベラルの姿勢を糾弾するもの(馬渕睦夫氏)など、「反メディア」の観点からトランプを評価する視点が多数であり、日本国内の「ネット右翼(ネット保守とも)」にもそのような風潮は根強くある。つまり反メディア、反リベラルとしてのトランプ評価(そしてそれを日本国内の状況に援用する)が圧倒的であり、いずれも「対米従属からの脱却」という視点での声は鈍かった。

が、前述の橋下氏のように「対米従属からの脱却」という視点からトランプを「逆張り」で評価する声も出始め、例えば憲政史家の倉山満氏は自身の動画番組で「(トランプが大統領になった場合)日本が自主独立を果たす最後のチャンスになる」(2016年3月13日)と肯定的な見解が保守正面から出始めている。

・トランプをめぐり三分される日本の保守層

親米保守的傾向が強い産経新聞は、筋論でいえば共和党主流派が推したルビオへの支持が順当であったが、彼が地元フロリダで敗北し予備選から撤退すると、にわかに「トランプ準備論」とも言うべき論調が目立ってきた。

福井県立大学教授の島田洋一氏は、3月24日付の産経新聞で「日本は”トランプ政権”を視野に入れつつ、安全保障問題を中心に、より自律的姿勢を強めていくべきだろう」とコメント、トランプの姿勢を基本的には批判しつつも「自律的姿勢」という言葉を用いて対米自立の姿勢を匂わし、「トランプ準備論」ともいうべき主張を展開している。

旧来型の親米保守は-そしてこれが現在の保守層のマジョリティであるが-、いまだにトランプへの嫌悪感を引きずっている。例えば保守派の論客で知られる神奈川大学教授の小山和伸氏は、CS放送内で「(トランプがアメリカ大統領になった場合)日本はアメリカ無しでチャイナと戦う。それでいいんでしょうか」(2016年3月23日)と述べ、露骨なトランプ批判を隠さない。

親米保守にとってトランプは「日米同盟の強力な靭帯」破壊の害悪であると認識されているが、と同時に自主独立を目指すある種の右派・保守にとっては逆説的に「またとない機会」と受け止められ始めている。

つまりトランプへの評価を巡って、日本国内の保守層は「三分」されていると観て良い。

この構造を図示すると下記のようになる。

1)は「反メディア」「反リベラル・左派」としてのトランプ支持で、所謂「ネット保守層」の大きな部分を占める。ここに該当するのが前述した田母神氏や馬渕氏、といった論客の論調だ。

2)は古典的な親米保守の立場からトランプを批判するもので、前述の島田氏はこの中でも3)のベクトルに近い、より柔軟な立場であり、逆に小山氏はど真ん中、ということになる。

最後の3)は1)と2)のほぼ何処にも属さない民族主義的な対米自立志向の保守主義者であり、前述の例を用いれば倉山氏、ということになる。あるいは改憲論者である橋下氏にもこの傾向は顕著に現れていよう。

たったひとりの大統領候補(しかも予備選)の段階で、こうも保守層からの評価が分裂する現象は珍しい。

・”トランプ大統領”実際には難しいか?が、しかし…

ニューヨーク・タイムズによると、現時点(2016年3月27日午前)でトランプの共和党代議員(Delegates)の獲得数は738名、2位のテッド・クルーズは463名、主流派として孤軍奮闘するケーシックが143名である。残された代議員は848名、共和党の代議員の過半数は1,237名なので、トランプはちょうどあと500名弱の代議員を獲得すれば有無をいわず共和党大統領候補に指名されるが、ことはそう簡単にも行きそうにない。

同紙の予測によれば、6月7日に行われるカリフォルニア州予備選挙(代議員数172名)でトランプが勝てば過半数の可能性があるが、ここでクルーズに負けると過半数には一歩届かない、という風になる。そうなると候補者のいずれも過半数には届かないので共和党党大会で決選投票が行なわれる。

冒頭の冷泉彰彦氏によれば、「いずれの候補も過半数に届かない場合は、共和党党大会で1回~3回にわたって決選投票が実施される可能性が高まっている」(Newsweek日本語版 2016年3月15日)という主旨の分析を行っている。このシナリオが現実化すれば、トランプが共和党党大会で指名される可能性は遠退き、ロス・ペロー(1992年)のように民主・共和でもない第三の独自候補として脚光を浴びる可能性もある。国際政治学者の藤原帰一氏もこの可能性に言及している。いずれにせよ、6月7日の大票田・カリフォルニア州の結果を見極めるまで、トランプの周辺は予断を許さない状況が続く。

ちなみに最後に筆者の見解を述べると、前述の「保守の三分」分類で、私と最も親和性が高いのは3)である。私は、憲法9条2項を改正して対米従属によらない、自主防衛の道が日本の進むべき路線であると常日頃から思っているが、一方でトランプの反知性的な物言いには辟易して、とても彼を政治家として評価できる立場にはなかった。

しかしながら、事ここに至って、180度考え方を転換し、「日本の対米従属脱却」という視点で考えれば、日本の保守派からトランプ大統領待望論が沸き起こっている事実は、彼のレイシスト的発言は看過できないにせよ、筋論としては肯定するべきかなとも思いはじめている自分を偽ることが出来ない。真に「日本の対米追従」を終焉させるのは、もしかするとトランプ大統領が最適なのかもしれない可能性がある。

無論この場合は、かわぐちかいじ氏の『沈黙の艦隊』のように、日本が能動的に「対米追従からの脱却」を果たすのではなく、どちらかといえば「日本がアメリカから一方的に見放される」状況に陥るのだが、どちらにせよ「対米自立」が加速するのは間違いはない。まるで作家・村上龍氏が描いた『希望の国のエクソダス』や『愛と幻想のファシズム』といった世界に近い、「日本人自らが考え、選択する自主自立の国・社会」の可能性が開けるのかもしれない。そこへ、わずかにでも希望を見出す私が居る。

いずれにせよ今後の動静から目が離せない。今年は参院選も含め、興味深い”夏”になりそうだ。




「謝罪なければ軍事行動」=北朝鮮軍、韓国に「最後通告状」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160326-00000097-jij-kr

news「謝罪なければ軍事行動」=北朝鮮軍、韓国に「最後通告状」


 【ソウル時事】北朝鮮軍前線大連合部隊の長距離砲兵隊は26日、韓国の朴槿恵政権に対する「最後通告状」を発表し、金正恩第1書記ら首脳部への攻撃を想定した演習について「公式謝罪」や責任者の「公開処刑」を要求した。

 その上で、応じなければ「軍事行動に移る」と威嚇した。朝鮮中央通信が伝えた。

 北朝鮮の祖国平和統一委員会は23日、朴大統領を「除去」するための「報復戦」に入ると警告。25日には青瓦台(韓国大統領府)などを標的に想定した砲兵隊の大規模演習が行われたと伝えられており、脅迫の度合いをさらに強めた格好だ。 



米国が偉大な時代、20世紀初頭と2次大戦後 トランプ氏
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160327-35080201-cnn-int

newz米国が偉大な時代、20世紀初頭と2次大戦後 トランプ氏


(CNN) 米大統領選の共和党指名候補争いで首位を走る実業家ドナルド・トランプ氏は26日、「米国を再び偉大な国に」との自らの選挙戦の標語に関連し、米国が偉大だった時期は20世紀初頭と第2次世界大戦終結後の数年間だったと受け止めていることを明らかにした。

米紙ニューヨーク・タイムズとの会見で述べた。記者の質問に応じ、20世紀初頭は軍事的能力や工業生産が拡大する時期だったと指摘。大変な騒乱の時期だったが米国は成長を成し遂げていたとし、国家機関の整備はまさに起業家精神に基づいていたとも主張した。

1940年代後半と50年代については、米国は振り回されることなく、誰もが尊敬の対象にしていたと強調。「戦争に勝ったばかりで、米国はしなければならないことをやっていた」と評した。



偉大なアメリカの時代、短っ!!!!(縛w

そんな短い時間に戻してどうすんだよ(縛w



偉大な国になりたければ簡単だろが!!!!

戦争がないと偉大になれないのは、可汗一味が


戦争をネタにカネを貪ってるからだろが!!!!


富を吸い尽くす可汗一味を徹底排除すれば


自然とまっとうな経済運営ができるようになる

んだよ!!!!


そのためには、お前みたいな可汗一味のイヌが

大統領になるなんざ言語道断なんだよ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!



そんなトランプマンに「待望論ニダ!」とか

大ウソを喚いてるゴミ野郎がいるようでつね。


誰が待望してんだよ、下等生物か?(縛w


「対米従属ガー!」「親米保守ガー!」


とか時代遅れの分類分けで喚いてるが、うちの

読者各位はアメリカをひとまとめに考えては


いけないことをよくご存知のはずでつね。


「親米」なるものなんざ存在せず、あるのは


「親アメ」と「親ダメ」の二つ。

そして日本は「親ダメ」じゃなくて「親アメ」


じゃないとダメなわけでつね。

(ややこしい)



「トランプマンが大統領になれば対米従属から

脱却できるニダ!」とかいうおためごかしを


喚いてるのは、日本と「アメリカ」を分断しよう

としてるゴミ野郎に他ならないわけでつね。



ten非主流派売国奴外国勢力と結びつくしかない
歴史的瞬間を目の当たりにする読者⇒こちら


そもそも論として、自国のブサヨが他国の極右と

相性がいいのは前に書いた通りでつね。


ブサヨってのは売国奴と同義なわけで、

「直接国益主義(回りくどい理屈で国益を図るの


ではなく、政策がそのまま国益になるように動く

こと)」である他国の極右がテメェの国益のため


にこちらの売国奴と結託するのは至極当然のこと

なんでつね。



今まで何度も

「ダメリカ+ブサヨ+チョン」
「エ下劣+ブサヨ+チョン」

と書いてきたのはまさにそのまんまなんでつね。


世界中のどこにも手を組む相手がいないなら


いざ知らず、反エ下劣なアメリカの保守穏健派、

つまり保守本流と日本は利害が一致してるにも


拘らず、「自主独立」とかいう欺瞞のもとに

他国の親日勢力との連携を分断しようとして


売国奴と利害が一致してるようなカス野郎は

保守でも何でもないわけでつね。



世界中にほんとの意味で「自主独立」してる国は

誰からも相手にされてないような国だけで、


小沢・鳩山がアメリカを脅して態度を変えさせた

ように、また、日本が支那地区から一斉にカネを


引き揚げることによって支那地区経済が崩壊を

始めたように、自主独立できる国なんてないわけ


でつね。


「外国勢力の排除」ってのは「可汗一味の排除」


であり、「自主独立」とは全く別の話なわけで、

いま「自主独立」と喚いてるヤツは


「自称自主独立」でしかないんでつね。


「対米従属」というのもウソ。


日本はアメリカに従属なんかしてないし、だから

こそアメリカを脅せるわけだし、米国債だって


買わないという選択は今まで何度もやってきてる

わけでつね。



「自主独立」に世界で最も近い国は、実は、

四方を可汗一味に包囲された状態で、今まで


何十年も「ダメリカ」と互角以上に戦ってきた、

世界最大の債権国である日本なんでつね。


「番犬」在日米軍がいるぐらいで勘違いしては

いけないわけなんでつね。




さて「自称自主独立派」期待の星、トランプマン

が「日本は核武装しろニダ!」だと(縛w


「ダメリカン」が最も恐れてるのは、日本が

広島と長崎の報復として「ダメリカ」に核を


撃ち込むことじゃなかったのか?(縛w


トランプマンが「米軍撤退、核保有勝手にしろ」


と喚くのと同時に北チョンが最後通告(縛w

たいようさん、情報ありがとうございます。

まさに火病、トランプマンが(縛w



つづく

(アメブロは長いと文字数制限に引っかかりやすいのです)

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

まさにここに書かれておられる様に、確かトランプ待望論とかいう文をかつてチャンネル桜だかにいた古谷とかいうあんちゃんが書いていましたね(笑)。それがYahooニュースで記事になっていましたよ。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR