現在の閲覧者数:

ヤバくなったら世界大戦を起こして生き残りを図るのがアメリカ

.
ウクライナ東部は衛星国? =ロシアが「影の政府」樹立―独紙
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160331-00000012-jij-eurp

newsウクライナ東部は衛星国? =ロシアが「影の政府」樹立―独紙


 【ベルリン時事】ドイツ紙ビルト(電子版)は29日、親ロシア派が支配するウクライナ東部で、ロシアが「影の政府」を樹立し、この地域がロシアの「衛星国」と化していると報じた。

 ロシアは軍事介入を否定してきたが、衛星国化が事実なら和平プロセスの大きな障害になりそうだ。

 ビルトは、東部地域運営に関するロシアの計画を含む非公開文書を基に伝えた。それによると、ロシアの5省の高官らが六つの作業部会に分かれ、同地域の税制や産業、交通基盤を管理してきた。ロシア連邦保安局(FSB)が全体を統括。コザク副首相が報告を受けているという。 




ロシアが北方領土に海軍基地設置を検討 安倍首相の訪露計画をにらみ牽制か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160325-00000584-san-eurp

newsロシアが北方領土に海軍基地設置を検討 安倍首相の訪露計画をにらみ牽制か


 【モスクワ=遠藤良介】ロシアのショイグ国防相は25日、北方領土の択捉島と国後島を含む「大クリール諸島」での海軍基地の設置を検討すると述べた。4月から3カ月にわたり、専門家を派遣して現地を調査させるという。イタル・タス通信が省内会議での発言内容を伝えた。安倍晋三首相が5月前半の訪露を計画している中、北方領土問題をめぐって日本を強く牽制(けんせい)する狙いがありそうだ。

 ショイグ氏は会議で、北極圏とクリール諸島(北方領土と千島列島)で軍インフラを整備すると強調。同諸島に太平洋艦隊の艦艇を配備するため、基地の設置に関する調査を行うと述べた。現地には2種類の地対艦ミサイル「バル」と「バスチオン」を配備し、新型の無人機を導入する方針も明らかにした。実戦部隊が配備されている北方領土が念頭に置かれているとみられる。

 ロシアは2020年までの長期的な軍備刷新計画を進めており、北方領土は重点の一つとされる。ラブロフ露外相らは最近、日本との平和条約交渉は北方領土問題解決と「同義でない」と述べるなど、領土問題の存在を否定するかのような発言を繰り返している。




南シナ海に中国が対艦ミサイル配備 パラセル諸島の軍事拠点化加速
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160331-00000100-san-cn

news南シナ海に中国が対艦ミサイル配備 パラセル諸島の軍事拠点化加速


 【ワシントン=青木伸行】国際軍事情報大手IHSジェーンズは30日までに、中国が南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島にあるウッディー(永興)島に、射程400キロの対艦巡航ミサイルを配備したとの分析を明らかにした。ウッディー島では2月、長距離地対空ミサイルの配備が確認されており、南シナ海の軍事拠点化を加速させている現状を、改めて浮き彫りにしている。

 対艦巡航ミサイルは地上配備型の「鷹撃(YJ)62」。中国の短文投稿サイト「微博」に今月20日、ウッディー島での発射の模様をとらえた写真が掲載され、ジェーンズの分析はこれに基づいている。中国の軍事月刊誌にこれまで掲載されたYJ62の写真と、一致したとしている。

 配備された時期については、長距離地対空ミサイル「紅旗(HQ)9」が確認された2月と、ほぼ同時期だとの見方を示した。ジェーンズによると、中国軍は2008年から地上配備型のYJ62の運用を開始した。写真には、ウッディー島のドーム形のレーダーも写っていた。

 米国防総省のクック報道官は29日の記者会見で、配備の確認を避けつつ「係争中の岩礁や島を軍事拠点化する動きは、いかなるものであれ懸念の対象だ」と批判した。

 ベトナムと台湾もウッディー島の領有権を主張しており、さらなる反発を招くことは必至だ。

 一方、南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島では、クアテロン(華陽)礁など中国が造成した7つの人工島のうち、4島でレーダー施設が建設されていることが確認されている

 パラセル、スプラトリー両諸島での中国の動向はリンクしている。

 米戦略国際問題研究所のマイケル・グリーン上級副所長は「人工島は、ウッディー島をモデルに軍事施設の整備が進められており、いずれ対艦ミサイルなどが運用されるだろう」との見方を示す。

 オバマ米大統領は31日、ワシントンで中国の習近平国家主席と会談し、一連の軍事拠点化の動きを中止するよう求めるとみられる。

                   ◇

 菅義偉官房長官は30日の記者会見で、「中国による南シナ海での大規模で急速な埋め立て、拠点構築、その軍事目的の利用など、一方的に現状を変更し、緊張を高める行為は国際社会共通の懸念事項だ」と指摘。その上で「こうした行為の既成事実化は絶対に認められない」と強調した。




日本に自主防衛促す=核保有「時間の問題」―トランプ氏
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000057-jij-n_ame

news日本に自主防衛促す=核保有「時間の問題」―トランプ氏


29日、CNNテレビの番組で自説を述べるドナルド・トランプ氏(左)。日本は米国の軍事力に依拠するのではなく、核兵器の保有も含めて自衛隊の機能を強化し、自主防衛にかじを切ることが望ましいとの考えを示した

 【ワシントン時事】米大統領選の共和党指名争いの首位を走る実業家ドナルド・トランプ氏(69)は29日、CNNテレビの番組で、日本は米国の軍事力に依拠するのではなく、核兵器の保有も含めて自衛隊の機能を強化し、自主防衛にかじを切ることが望ましいとの考えを示した

 トランプ氏は、大統領に就任した場合に在日米軍を撤退させるかは日本が駐留経費の負担を大幅に増額するかどうかに懸かっていると改めて強調した。一方で「私たちは引き金を引きたくない。私はむしろ日本が北朝鮮に対する防衛力、攻撃力を持つところを見たい」と語った。

 司会者から「欧州やアジアの安定は米国にとっても利益があるのではないか」とただされると、「(巨額の負担により)米国を破産させる。これに値するほど大きな利益ではない」と反論。「日本と韓国が自力で自国を防衛するようになれば、私たちはより裕福になれる」と強調した。

 日韓両国の核武装に関しては「(保有させないのが)米国の政策だったかもしれないが、変えなければならない時がくるだろう」と主張。「(両国は)いずれにせよ(核兵器を)保有し始める。時間の問題にすぎない。彼らは北朝鮮におびえている」と独自の主張を展開した。 




フィリピン大統領、潜水艦隊の調達を検討 南シナ海問題で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000030-jij_afp-int

newsフィリピン大統領、潜水艦隊の調達を検討 南シナ海問題で


【AFP=時事】フィリピンのベニグノ・アキノ(Benigno Aquino)大統領は30日、領有権をめぐって複数の国が対立する南シナ海(South China Sea)における自国の海域を守るために、同国初となる潜水艦隊の調達・運用を行う可能性があると示唆した。

 貧困にあえぐフィリピンは今まで一度も潜水艦を運用したことがなく、これまでは米軍払い下げの艦艇に大きく頼ってきた。だが、中国の軍備拡張に対応するため、フィリピンも最近は国防費を増やしている。

 南シナ海をめぐってはフィリピン、ベトナム、マレーシア、台湾、ブルネイなどがそれぞれ異なる領有権を主張しており、また中国は南シナ海のほぼ全域に対する領有権を主張している。

 アキノ大統領は、中国が領有権の主張に強制的に成功してしまえば、フィリピンは自国西岸の全域の支配を失うことになると語った。




中国艦艇の寄港受け入れへ=要衝カムラン湾に―ベトナム
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000085-jij-asia

news中国艦艇の寄港受け入れへ=要衝カムラン湾に―ベトナム


 【ハノイ時事】ベトナムのグエン・チ・ビン国防次官は29日、中国との軍事交流の一環として、中国海軍艦艇の寄港を受け入れる考えを示した。

 ビン次官はメディアの取材に対し「(寄港地には)カムラン湾も含まれる」と語り、南シナ海に面するベトナム南部の軍事要衝であるカムラン湾の軍港にも迎えることを示した。

 中国の常万全国防相とベトナムのフン・クアン・タイン国防相は27日、ハノイで会談し、両国が領有権を争う南シナ海問題で対話による解決を図る方針を確認した。ビン次官によると、軍事交流・協力も話題に上った。 



ロシアがウクライナ東部を傀儡国家にしようと

してるとか。


そもそもロシアにとってウクライナ自体が

緩衝地帯だったわけだが、それを引き剥がされた


わけでつね。


そして東側では北方領土にミサイル配備を検討。



支那地区は南シナ海にとうとうミサイルを配備。


ベトナムは結局支那地区の下僕になる道を選んだ


ようでつね。


フィリピンは潜水艦を複数保有を計画。


さてどこから買う気か?


そしてトランプマンは日本の防衛を放棄しようと


画策。



世界中がこれだけワサワサと動いているのは、


なぜでせうか?


ウクライナが寝返った上にNATOにも加盟


しようかという状況。

そうすると、NATO勢力はモスクワの


目と鼻の先まで迫ることになる。


NATO加盟国となったポーランドとロシアの間


には、まだベラルーシなどがあるが、その南側が

ガラ空きになれば、世界大戦が起こったとき、


モスクワの陥落は一瞬でつね。


そのための盾としてウクライナ東部に傀儡国家を


作ろうとしてるわけでつね。

そしてあわよくばそれをさらに西側に広げ、


ウクライナをもとのような緩衝地帯にしようと

考えてるかもしれないでつね。



日本はNATOとは関係ないが、アメリカと同盟

を結んでるので、緩衝地帯どころか、米軍は日本


の領海をスルーしてロシアに攻撃できるわけで、

北方領土にミサイルを配備しようとしてるのも、


NATOに対する防衛ラインをできるだけ遠く

しておくためでつね。




ロシアや支那地区がなりふり構わず勢力圏を

広げようとしてるのは、それによって受ける


不利益、たとえばアメリカや嘔臭との経済面での

関係悪化を招いてでもやらなければならない


理由があるからでつね。


それは世界大戦でつね。


世界大戦が起きれば、経済がどうこうなどとは

言ってられないわけでつね。


原油暴落や株価暴落・資本流出でどれだけ経済が

悪化しようとも、日本から経済協力が得られなく


なろうとも、国が亡べば意味はない、と考えてる

ということでつね。


それだけ世界大戦を現実的なシナリオとして

考えてるということでつね。




そしてそんな中、テメェだけ逃亡しようとしてる

のがアメリカ。


嘔臭・ロシア・支那地区を不安定にした下手人

であるにも拘らず、その結果起きる世界大戦は


スルーしようという魂胆でつね。

そうすれば支那地区に有利になる、というのも


計算のうちでせうな。


トランプマンが喚いてることはウッドロー・


ウィルソンが引き起こした結果と同じことになる

というのは前から言ってる通り。



テメェがヤバくなったら世界を不安定化させ、

世界大戦を起こして火事場泥棒で生き残りを図る


ってのが、昔からのアメリカのビジネスモデル。


6月7日にトランプマンが過半数を獲るような


ことになれば、世界大戦がまた一歩現実味が

帯びる、ということなんでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

でも、世界大戦が起きれば、シナのはともかくロシアのICBMが飛んでくる可能性はアメとしては否定できないのでは。それにどう対応するんですかね?空、高速化、宇宙これらを使ったところがWW2の頃と違っているのですが

No title

やれやれ...ベトナムの方向性、これが本当ならば残念極まりないですよね。かなり残念に感じます。呆れるというか。
アメリカ...いかなアメリカであっても世界大戦が起こればおそらくはアメリカ本土も無傷ですむわけないでしょうに。70年前とは科学や機械技術のレベルが余りにも桁違いなわけで。毎度なやり方自体が通用しないと思いますね。
そこで日米露路線、これがものを言うのでは。日米露路線が世界大戦を食い止めるのでは?もしそうならば、日米露路線を応援せずにはいられないですよ。

プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR