現在の閲覧者数:

小型飛行機のように墜落か?(縛w

.
米共和党指名争い、トランプ氏の勝率が急低下=ブックメーカー予想
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160402-00000014-reut-n_ame

news米共和党指名争い、トランプ氏の勝率が急低下=ブックメーカー予想


[ニューヨーク 1日 ロイター] - オンライン賭けサイトでは、米大統領選の共和党候補指名争いで首位を走る不動産王ドナルド・トランプ氏の勝率が前週の67%から44%に大幅低下する一方、ライバルのテッド・クルーズ氏の勝率は当初の14%から34%に急上昇した。

トランプ氏が過半数の代議員を獲得できない場合、党の主流派が7月の全国大会で別候補を立てて、決選投票を行うことが可能になるが、決選投票にもつれこむ確率は前週の43%から69%に大幅上昇した。

オンライン賭けサイト「プレディクトイット」はニュージーランドのビクトリア大学が運営している。




「トランプ氏指名なら支持しません」米・共和党高まる不協和音
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160401-00000062-jnn-int

news「トランプ氏指名なら支持しません」米・共和党高まる不協和音


 アメリカ大統領選でトランプ氏が共和党内でますます孤立しているようです。対立候補たちは、トランプ氏が指名を獲得しても支持しない考えを示しています。勝ち馬に乗ろうという候補すらいないようなのです。

 トランプ氏は31日、首都ワシントンにある共和党全国委員会に異例の訪問をし、プリーバス委員長と会談しました。トランプ氏は去年9月、自分以外が指名を獲得した場合でも、その候補を支持すると誓約したものの、29日になってこれを撤回しており、その真意をめぐって説明したものとみられます。

 直後のツイッターには「非常に良い会談だった。党を融和させる」と自信をみせました。

 「トランプ氏は米大統領、米軍の最高司令官、自由主義の世界のリーダーとして、明らかに準備不足だ」(共和党 ケーシック候補)

 一方、共和党の対抗馬であるオハイオ州のケーシック知事はこのように述べて、誰が指名を獲得しても支持をするという誓約を事実上撤回。2位を走るクルーズ上院議員もトランプ氏を支持しないことを示唆しており、融和とはほど遠い、共和党の混乱ぶりが改めて鮮明になっています。(01日15:38)




トランプ氏、「中絶した女性に刑罰を」発言 批判受け修正
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160331-35080424-cnn-int

newsトランプ氏、「中絶した女性に刑罰を」発言 批判受け修正


ウィスコンシン州アップルトン(CNN) 米大統領選に向けた共和党の候補者指名を目指す実業家、ドナルド・トランプ氏が「妊娠中絶を受けた女性は刑罰の対象にすべきだ」と発言して物議を醸している。同氏はライバルの民主党ばかりか同じ共和党の政治家、そして一部の中絶反対団体からも強い非難を浴び、数時間後に発言の修正を迫られた。

トランプ氏は30日、MSNBCのインタビューで、「妊娠中絶は刑罰の対象とすべきか」と問われ、「何らかの形で罰せられるべきだ」と述べた。刑罰の種類については触れなかった。

これに対し、民主党の大統領候補指名を目指すヒラリー・クリントン前国務長官はツイッターで「恐ろしいし、(トランプ氏の資質が)よく分かる」と批判

共和党のトランプ氏のライバルであるテッド・クルーズ上院議員も「トランプ氏が問題について真剣に考え抜いていないことが露見した」と声明で述べた

オハイオ州のジョン・ケーシック知事(共和党)はMSNBCに対し「女性が中絶したことで罰せられるべきでないのは当然だ」と述べた。

中絶反対派の団体からも「トランプ氏の発言は的外れだ」「中絶反対派の中で中絶を選んだ女性を罰したいと考える人はいないだろう」と批判が相次いだ。

数時間後、トランプ氏は声明を出し、中絶が非合法化された場合には「法的責任を負うのは女性ではなく、違法行為を女性に対して行った医師などになるだろう。この場合、女性は子宮内の生命と同じ被害者だ」と発言を修正。「私の立場は変わっていない。私はレーガン元大統領と同じで例外を認める中絶反対派だ」とも述べた。

トランプ氏はかつては中絶支持派だったが、現在では非合法化すべきとの立場を取っている。




トランプ氏側近、女性記者への暴行で逮捕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000000-jij_afp-int

newsトランプ氏側近、女性記者への暴行で逮捕


【AFP=時事】米大統領選の共和党候補者指名争いで首位に立つドナルド・トランプ(Donald Trump)氏の選挙対策責任者を務めるコーリー・ルワンドウスキ(Corey Lewandowski)容疑者(42)が29日、女性記者を乱暴につかんだとして、暴行の疑いで逮捕・訴追された。フロリダ(Florida)州の警察当局が発表した。

米の外交政策、「トランプ大統領」実現でどう変わる?

 同州ジュピター(Jupiter)の警察当局はAFPに対し、ルワンドウスキ容疑者が「今朝逮捕され、出廷命令を受けて釈放された」ことを明らかにした。同容疑者は今月8日、同州でトランプ氏が記者会見場を去りながら質問に答えていた際、ミシェル・フィールズ(Michelle Fields)さんの腕をあざが残るほど乱暴につかんだとされる。

 これについて同容疑者とトランプ氏はいずれも否定しており、トランプ陣営は即座に、同容疑者の逮捕を否定する声明を発表。「ルワンドウスキ氏は出廷命令とその期日の通知を受けただけで、逮捕はされていない」とした上で、「同氏は紛れもなく無実だ。本人は無罪を主張する意向で、出廷の日を心待ちにし、身の潔白が証明されると確信している」と述べた。

 フィールズさんはこの一件が起こった後に保守系ニュースサイトのブライトバート・ニュース(Breitbart News)を退職。AFPが入手した警察の報告書には、フィールズさんが「強く握られて負傷したことを示す指の痕とみられるあざ」を見せたと書かれている。

 警察はこれまでの捜査で、ルワンドウスキ容疑者が「ミシェル・フィールズさんの意思に反して故意に触れた」ことによる軽微な単純暴行罪で同容疑者を訴追するに足る「相当の根拠」が見つかったとしている。

 またジュピター警察は先に、フィールズさんの説明を裏付けるとみられる防犯カメラの映像も公開している。【翻訳編集】 AFPBB News



さて、バカが自爆してくれてるわけだが、今まで

何度もこんなことがあっても全然支持率が低下せ


ず、こんなとこまで来てしまったわけでつね。


支持してる連中自体がバカなんだからどうしよう


もない。

トランプマンを大統領にすればテメェも大金持ち


になれる、とか、どこからも献金を受けてない

から信用できるとか、イスラム教徒の移民を入れ


なければテロは起きないとか、そんな程度の理由

で支持してるバカ共でつね。



しかし、世論調査ではないがブックメーカーでは

勝率が急低下。


中絶反対派すら敵に回すほどの大失態(縛w

中絶したら罰するとか、お前が大嫌いなイスラム


教世界と思考回路がおんなじじゃねーか(縛w


中絶の問題はたびたびアメリカで騒ぎになるわけ


だが、キリスト教世界ではローマ法王が世界中で

説いて回るほど重要な問題らしいので効果が


大きかったようでつね。


ここへきてようやくトランプも小型飛行機


ように墜落か?(縛w


ただ残念ながら次の大規模な投票は2週間以上先


なので、この状態が続くかどうかは不明でつね。


気になるのは、共和党有力者との「密談」では


何やらうまく話がついてるようだということ

でつね。



今後も自分はどんどん過激発言を続けて最終的

には潰れるつもりだ、というようなリアル分析


通りの作戦でも話してるんでせうか?(縛w


そうであることを願いたいが、たとえそれが


トランプマンの思惑だとしても、本人もろとも

バカ共が作る濁流に飲み込まれてしまうとしたら


たまったもんじゃないでつね。


もしかしたらその濁流も、飼い主に逆らう


トランプマンの思惑を察知して可汗一味が

作り出しているのかもしれないでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





3月米雇用21.5万人増、賃金プラスに
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160401-00000074-reut-bus_all

news3月米雇用21.5万人増、賃金プラスに


[ワシントン 1日 ロイター] - 米労働省が発表した3月の米雇用統計は非農業部門雇用者数が21万5000人増となり、予想の20万5000人増を幾分上回った。時間当たり賃金も前月比0.3%増と、プラスに転じた。

労働市場が底堅く推移していることで、連邦準備理事会(FRB)が緩やかな利上げを実施できる可能性があることが示された

1月と2月分は1000人下方修正された。

失業率は5.0%と、8年ぶりの低水準だった前月の4.9%から悪化したものの、労働参加率の上昇を反映しており、心強い兆候となる。市場予想は4.9%だった。

労働参加率は63%と、前月の62.9%から上昇し、2014年3月以来の高水準となった。

時間当たり賃金は前月比0.3%、前年同月比2.3%それぞれ増加した。エコノミストによると、インフレ率がFRBの目標である2%に到達するには、時間当たり賃金が3─3.5%の伸びとなる必要がある。

3月の雇用は幅広い業種で増加したものの、製造業は2万9000人減少し、2009年12月以来の大幅減となった。製造業部門で安定化の兆しがみられる中での減少となった。

鉱業は1万2000人減。ピークをつけた2014年9月以降、18万5000人の雇用が失われている。

建設は9カ月連続で増加し、3万7000人増。小売も4万7700人増と好調。

政府は2万人増だった。




米GDP確定値、1.4%増=2回連続で上方修正―昨年10~12月
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160325-00000197-jij-n_ame

news米GDP確定値、1.4%増=2回連続で上方修正―昨年10~12月


 【ワシントン時事】米商務省が25日発表した2015年10~12月期の実質GDP(国内総生産)確定値は、季節調整済み年率換算で前期比1.4%増となった。

 1月発表の速報値は0.7%増、2月発表の改定値は1.0%増で、2回連続の上方修正。米景気の減速懸念が当初ほど大きくないことが示された。



アメリカ経済は統計上は順調そのもの。

これで利上げしないとしたら、もはやケンカを


売ってるも同然でつね。

まあ既にケンカを売ってるって話もあるが(縛w


今月終り頃のFOMCで、きっちり誠意を見せて

もらいませう。


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR