現在の閲覧者数:

【うんこ通信】祝・潜水艦売却拒否!!!!

.
豪次期潜水艦 共同開発相手はフランスに決定 日本の「そうりゅう型」は落選 中国の圧力に日和る?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160426-00000526-san-asia

news豪次期潜水艦 共同開発相手はフランスに決定 日本の「そうりゅう型」は落選 中国の圧力に日和る?


 【シンガポール=吉村英輝】オーストラリアのターンブル首相は26日、記者会見し、日本、ドイツ、フランスが受注を争っていた次期潜水艦の共同開発相手について、フランス企業に決定したと発表した。日本は、官民を挙げて、通常動力型潜水艦では世界最高レベルとされる「そうりゅう型」を売り込んだが、選ばれなかった

 ターンブル氏は、造船業が集積する南部アデレードで会見し「フランスからの提案が豪州の独特なニーズに最もふさわしかった」と選考理由を述べた。さらに、海軍装備品の中でも最も技術レベルが必要とされる潜水艦が「ここ豪州で、豪州の労働者により、豪州の鉄鋼で、豪州の技術により造られるだろう」とし、豪州国内建造を優先した姿勢を強調。7月に実施する総選挙に向けてアピールした。

 地元メディアによると、ターンブル氏は25日夜、フランスのオランド大統領に電話をし、結果を伝えたという。

 日本は受注競争で、「そうりゅう型」の実績や性能の高さ、日米豪の安保協力深化を訴えた。一方、フランス政府系造船会社「DCNS」は潜水艦の輸出経験が豊富で、現地建造による2900人雇用確保など地元経済への波及効果を早くからアピールしてきた。

 次期潜水艦は建造費だけで500億豪ドル(約4兆3千億円)で、オーストラリア史上最高額の防衛装備品調達。アボット前首相は日本の潜水艦を求めたが、支持率低迷で昨年9月にターンブル氏に政権を追われて交代。ターンブル氏が経済連携を重視する中国は、豪州側に日本から潜水艦を調達しないよう、圧力をかけていた。




豪潜水艦の共同開発、仏が受注 日本は落選
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160426-00000015-jij_afp-bus_all

news豪潜水艦の共同開発、仏が受注 日本は落選


【AFP=時事】(更新)オーストラリアのマルコム・ターンブル(Malcolm Turnbull)首相は26日、同国の次期潜水艦の共同開発事業の相手に、フランスの造船会社DCNSを選定したと発表した。フランスと受注を競っていた日本とドイツは落選した。

 老朽化が進み2026年をめどに退役予定のコリンズ級潜水艦を新潜水艦に切り替える同事業は、数年にわたり計画が進められてきた。総事業費は390億ドル(約4兆3000億円)で、オーストラリア史上最大の国防物資調達計画となる。

 同計画の受注競争には、日本政府と三菱重工業(Mitsubishi Heavy Industries)で作る官民連合と、ドイツの造船会社ティッセンクルップ・マリン・システムズ(ThyssenKrupp Marine Systems)が参加していた。

 日本の受注の可能性については豪紙オーストラリアン(Australian)が先週、3か国の中で最も低いと報じていた。また、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)も、日本が事実上の選考外となったと報道。海軍物資を海外で製造した経験が少ないことから「かなりのリスク」があるとみなされていると指摘していた。




豪潜水艦の共同開発相手は仏に軍配、日本敗れる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160426-00000039-reut-asia

enws豪潜水艦の共同開発相手は仏に軍配、日本敗れる


[シドニー/東京 26日 ロイター] - オーストラリア政府は26日、400億ドルに上る次期潜水艦の共同開発相手に、フランスの政府系造船企業DCNS社を選定したと発表した。初の大型武器輸出を目指した日本は敗れた

ターンブル首相が同日発表した。

ディーゼルエンジンを動力とする「コリンズ級」潜水艦6隻を保有するオーストラリアは、2030年ごろから世代交代を計画。最大12隻の潜水艦を調達する予定で、共同開発相手を求めていた。

入札にはDCNSのほか、日本の防衛省・三菱重工業<7011.T>・川崎重工業<7012.T>で作る官民連合と、ドイツのティッセンクルップ<TKAG.DE>が参加していた。

DCNSは5000トンの原子力潜水艦「バラクーダ級」の動力をディーゼルに変更した艦を、日本は海上自衛隊が運用する4000トンの「そうりゅう型」をベースにした艦を、ティッセンクルップは2000トン級の「214型」を大型化することを提案していた。

豪政府は当初、技術的なリスクが最も低いとして日本国内で建造することを検討していた。しかし、豪経済と雇用にメリットがないとの反発が強まり、昨年2月にドイツとフランスを含めた入札に切り替えた




<豪>仏が潜水艦受注 共同開発 日本敗れる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160426-00000037-mai-int

news<豪>仏が潜水艦受注 共同開発 日本敗れる


 【ジャカルタ平野光芳】オーストラリアのターンブル首相は26日、同国が2030年代初めに運用を開始する次世代潜水艦(通常動力型)について、フランスと共同開発すると発表した。海上自衛隊の「そうりゅう」型をベースにした案を官民で売り込んでいた日本は敗れた

 日本は高い技術力を持つ半面、武器の輸出・共同開発の経験に乏しいことが不安視されたとみられる。

 オーストラリアは今後、500億豪ドル(約4兆円)以上をかけて現有6隻の潜水艦を順次更新し、新型艦12隻を建造する。海洋進出を強める中国をけん制する狙いがある。日独仏3カ国が共同開発の相手に名乗りを上げていた。

 日本は長年「武器輸出三原則」で武器輸出を事実上禁止してきたが、14年に制度を見直した。その後、政府の国家安全保障会議(NSC)が豪州への潜水艦技術提供を承認した。受注すれば過去最大規模の軍事技術提供となり、政府やメーカーの三菱重工が、独仏と激しい受注競争を展開していた。

 日本は通常動力型の潜水艦としては世界最高水準の性能と技術をアピール。「準同盟国」とも位置づける豪州との安全保障関係を強化する狙いもあった。

 ただ、日本は経験不足に加え、技術移転や生産拠点を豪州へ移すことにも独仏に比べて慎重で、地元からは軍事産業や雇用の維持を不安視する声が上がっていた。

 さらに昨年9月、安倍晋三首相と関係が深く、日本案採用に積極的だったアボット首相(当時)が与党内の政変で降板したこともマイナスに作用した

 米政府は、日米豪の同盟関係を強化し、軍事力を伸ばす中国に対抗する観点から、水面下で日本案の採択を働きかけていたとみられる。ただ、豪国内では「経済や貿易で依存度が高い中国との関係が必要以上に悪化する」と、日本案採用のリスクを指摘する意見も多く、世論が割れていた。



畜生!!!!

また支那地区のせいか!!!!


支那地区許せねぇ!!!!

支那地区に鉄槌を!!!!


支那地区には報復あるのみ!!!!

支那地区には経済制裁だ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


「日本が負けたニダ!」「落選ニダ!」

と喚くマスゴミ共。


マードックのイヌに変わった時から

売らねぇっつってんだろがボケ!!!!



さて、理由としてここで挙がってるのは

1.豪経済と雇用にメリットがないとの反発
2.海軍物資を海外で製造した経験が少ない
3.日本案採用に積極的だったアボット首相(当時)が与党内の政変で降板
4.中国は、豪州側に日本から潜水艦を調達しないよう、圧力

だが、2.ならばそもそも最初っから日本に

声をかけること自体がおかしいでつね。


わかっててしょうもない茶番劇に付き合わされた

事に対する謝罪と賠償が必要でつね。



3.と4.は、日本を採用しない口実。

ほんとに他国の干渉で防衛戦略を売り渡した


なんて国があるなら世界の笑いものでつね。


1.については全権大使が嘔自慰で建造すると


明言したわけなので、いまさらこれを理由にする

ならケンカを売ってるも同然でつね。




しかし前にも書いたが、日本にとって最悪の

シナリオだったのは


「2隻ぐらい作ったところで難癖つけられて

契約を破棄され2隻分しかカネが入らない上に


技術を盗まれ、支那地区に流される」

というパティーンでつね。



それをしなかったってことは、日本が出した条件

では嘔自慰が手に入れたかったものが入ってなか


ったか、手に入れても制限がつけられていたか、

それ以外の策謀があったか。。。



技術は1回盗んでもまた新しい技術が開発されれ

ば苦労して盗んでも陳腐化してしまうし、


それだけで日本を潰せるわけでもない。


むしろ、支那地区に横流ししたことがバレれば


二度と日本の技術を手に入れることはできない。

本当の目的はそこじゃなかったという事でつね。



じゃあ「それ以外の策謀」とは何か?

それは日本の軍需産業を膨張させて、アメリカの


ように「戦争しないと維持できない国」にする

こと、でつね。



元寇や原爆やバブル崩壊などでわかるように、

可汗一味の狙いは日本を完全に叩き潰すこと。


ならば経済構造自体を捻じ曲げて内部崩壊を起こ

させれば、二度と立ち直れないようにしつつ


テメェの手も汚さずにすむ。



しかし武器輸出でも安保法制でも日本はそれに


乗らなかった。

だからわざとらしく「政変」を起こしてアボット


を潰して誰がどう見てもエ下劣+支那地区のイヌ

に挿げ替えることで日本からの調達を撤回した、


ということでつね。


インドネシアと嘔自慰は根源的な対立があるよう


で、日本にとってはシーレーン的にどうでもいい

嘔自慰と敵対すればインドネシアとの関係は


自動的に強化され、その向こう側は切り捨てても

OK(縛w



むしろ日本・台湾・フィリピン・マレーシア・

インドネシアを敵に回せば支那地区との間の海路


を寸断されることになる(縛w


支那地区包囲網の外側にある巨大市場といえば


アメリカとEUだが、今回アメリカの意向を袖に

して日本を採用しなかった以上、


その報復を受けることになるでせうな(縛w


頼みの綱はEUだけ(縛w


だからフランスの潜水艦を採用(縛w

しかしEU経済は沈没気味(縛w


エ下劣サマナを国内から排除できなかったのが

運の尽き、エ下劣と一緒に世界を敵に回して


滅亡しろ、ということでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ははぁ...成る程こういう事でしたか。戦争しないとやっていけない国家にしようと企んでいたと。可汗一味はえらく悪知恵がはたらくのですね(笑)。小泉さんといい、内部からという点でもここの記事には納得がいきますね。
というかもはやオーストラリアなんてどうでもいいですね。色んな意味で嫌気がさしました。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR