現在の閲覧者数:

【国内】説明のつかない面々

.
<熊本地震>半月 地震、やまぬ連鎖 回数は1000回超 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160430-00000012-mai-sctch

news<熊本地震>半月 地震、やまぬ連鎖 回数は1000回超 


 ◇M5可能性、今後も

 熊本地震から半月。地震回数は既に1000回を超え、29日には大分県で震度5強の地震があり、被災者は不安を募らせている。地震はいつまで続くのか、さらに広域化するのか、阿蘇山噴火への影響は--。専門家によるこれまでの調査から「連鎖地震」の姿を追った。【藤野基文、岡田英、五十嵐和大】

 「徐々に地震の回数は減っており、終息する方向にあると思う。ただし、少し大きな地震と小さな地震が起きながら収まっていくので、今回よりもう少し大きい地震が発生することはあり得る」。佐藤比呂志・東京大地震研究所教授(構造地質学)は、大分県側の地震について説明する。

 熊本地震は14日に日奈久(ひなぐ)断層帯でマグニチュード(M)6.5、16日には隣接する布田川(ふたがわ)断層帯でM7.3の地震が起き、いずれも最大震度7を観測した。その後、阿蘇地方や大分県側にも「飛び火」のように拡大し、16日に同県中部でM5.4、最大震度5弱の地震が起きた。

 大分側の地震について産業技術総合研究所の石川有三・招聘(しょうへい)研究員(地震学)は、別府-万年山(はねやま)断層帯の一部の由布院断層で起きた可能性が高いと指摘。その上で「29日の地震でも震源域は広がっていないようだ。新たな地震活動の誘発を心配することはない」と話し、M7級の地震が起きる可能性は低いとみる。

 熊本、阿蘇地方を含めた今回の震源域全体の地震活動は今後どうなるのか。石川研究員は「2004年の新潟県中越地震では本震の2カ月後にもM5級の地震が起きている。現在の震源域内でもM5級の地震が起きるかもしれない」と警戒を呼びかける。

 一方、日奈久断層帯について、林愛明・京都大教授(地震地質学)は「南西区間約30キロが割れ残っている」と説明。全体で長さ約81キロとされる同断層帯の南西部分で、今後も大きな地震の可能性があると注意を促している。

 ◇震源域の広域化 「沖縄トラフ」に注意

 地震の震源域がさらに広域化することはあるのか。西日本に甚大な被害が想定される南海トラフ地震との関連には、多くの専門家が懐疑的だ。山岡耕春(こうしゅん)・名古屋大教授(地震学)は「(南海トラフ地震の前に)内陸で地震が活発化するのは、西は中国地方まで」と、熊本地震が南海トラフ地震の前兆との見方を否定する。

 むしろ、関連が指摘されるのは、九州西方沖から台湾の北方に広がる海底盆地「沖縄トラフ」だ。トラフの地盤には南北に引っ張られる力がかかっており、熊本地震が起きた別府-島原地溝帯はその延長線上にある。昨年11月14日には、同トラフ領域の薩摩半島西沖でM7.0の地震が発生。鹿児島・佐賀両県で最大震度4を観測した。

 古村孝志・東大地震研教授(地震学)はこの地震を「一連の地震活動と捉えられる」として、熊本地震の「前触れ」だった可能性に言及。松島健・九州大准教授(固体地球物理学)も「熊本地震と地盤のずれ方が似ている。同じ別府-島原地溝帯に位置する島原半島をはじめ、沖縄トラフにかけての広い地域で大きな地震が起きる可能性がある」と指摘する。一方、中村衛・琉球大教授(地震学)は「熊本に近い領域での影響はあり得るが、遠い沖縄には及ばない」とみている。

 九州東部には四国から近畿に及ぶ国内最大級の断層群「中央構造線断層帯」が伸びる。16世紀末に別府湾で起きた大地震の4日後に近畿でも大地震があり、関連性が指摘されているが、熊本地震の影響が中央構造線に及ぶかについては、専門家の間でも意見が分かれている。松島准教授は「一連の地震は中央構造線の延長線上で起きており、連鎖してもおかしくない」と指摘。これに対し、古村教授は「別府-島原地溝帯は中央構造線と力のかかり方やできた経緯が異なり、力は及ばないのではないか」と連鎖に否定的な見解を示す。

 ◇阿蘇山への影響 マグマ圧力低下か

 阿蘇山への影響はあるのか。防災科学技術研究所の藤田英輔・総括主任研究員(火山物理学)の解析により、本震を引き起こした布田川断層帯に最も近い火口直下のマグマだまりが、南西方向に40センチほど引っ張られて「ラグビーボール状」に変形した可能性があると分かった。中岳火口周囲の地盤が最大約30センチ沈下したとする国土地理院の解析結果とも一致し、マグマだまり内部にかかる圧力が地震前に比べ数%下がった可能性があるという。

 阿蘇山は一昨年、21年ぶりにマグマ噴火が起きるなど近年、活発な火山活動が続いている。本震後の16日には小規模噴火があった。だが、火山噴火予知連絡会副会長の石原和弘・京都大名誉教授(火山物理学)は「地表近くのマグマだまりが伸びて内部の圧力が下がったのなら、火山活動の勢いがそがれる可能性が高いのではないか」と指摘する。

 一方、阿蘇、大分の両震源域間の「空白域」に位置する活火山の九重山(くじゅうさん)について、東大地震研の中田節也教授(火山学)は「熊本地震により、熱水がたまった浅い地盤の強度に影響が及んだ可能性がある。過去にも水蒸気噴火が起きており、今後の火山活動に注意が必要だ」と注視する。




〔桜島〕爆発的噴火で火口縁上4100mまで噴煙上昇 降灰予報発表(1日16時30分現在)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160501-00000003-rescuenow-soci

news〔桜島〕爆発的噴火で火口縁上4100mまで噴煙上昇 降灰予報発表(1日16時30分現在)


気象庁の観測によると、鹿児島県の桜島では、きょう1日15:36に昭和火口で爆発的噴火が発生し、噴煙が火口縁上4100mまで上昇しました。桜島の噴火で噴煙が火口縁上4000m以上に達したのは、昨年5月21日10:20発生の爆発的噴火(火口縁上4300m)以来となります。
気象庁では、桜島に降灰予報を発表し、鹿児島市(桜島)では多量の降灰のほか、風下側に当たる東側の鹿児島県や宮崎県でも降灰が予想されるとして注意を呼びかけています。

■降灰が予想される地域(気象庁、1日22:00まで)
多量   鹿児島県:鹿児島市(桜島)
少量   鹿児島県:鹿屋市、垂水市、曽於市、霧島市、志布志市、姶良市、大崎町
     宮崎県 :都城市、三股町




報ステ 歴史から学ぶ熊本地震①
http://twi.koip.net/twimg/726041531036000256

報ステ 歴史から学ぶ熊本地震①


江戸初期と酷似 1596年9月1日慶長伊予地震 1596年9月4日慶長豊後地震 1596年9月5日慶長伏見地震 そして 1611年慶長三陸沖地震甚大な津波 1619年熊本八代地震数時間後大分地震


報ステ 歴史から学ぶ熊本地震②
http://twi.koip.net/twimg/726043214222749696

報ステ 歴史から学ぶ熊本地震②


1625年 3ヶ月毎に広島、愛媛、熊本で地震 1633年小田原地震、津波も 磯田氏 気象庁は前例がないと言うが400年遡ればそっくりな状況が 地震は起こる。忘れずに対策をすること。歴史に学ぶこと



熊本地震が大規模地震につながるのかつながら

ないのか、喧々諤々でつね。



ten連続する地震 東の活断層や南海トラフへの影響は
【国内】地震兵器の痕跡⇒こちら


中央構造線断層帯は活動周期が千年ということ

なので、4百年で動くのはおかしいでつね。



しかし、報ステでやってたのを見てたら、古文書

には4百年前に集中的に大地震が起きてた時期が


あり、それが阪神淡路や熊本・大分辺りの地震と

一致してる、という話が出てたわけでつね。



まだ4百年しかたってないのに本当に構造的に

地震が起きてるとすれば、その異常を説明できる


何かが起きてないとおかしいでつね。

まあ何にも起きてないでせうな。



慶長大地震-Wikipedia

wiki慶長大地震


慶長大地震(けいちょうおおじしん)は慶長年間(1596年-1615年)に日本列島で起こった地震。慶長の大地震(けいちょうのおおじしん)ともいう。ただし、正確には慶長伊予地震、慶長豊後地震、慶長伏見地震発生は文禄5年であり、その後、これらの天変地異を期に文禄から慶長に改元されている

1596年の3つの地震は記録の日付が錯綜しており、豊後地震を9月1日とするものもある。1605年慶長地震は定説であった南海トラフが震源ではないという異論も出され、従来三陸沖が震源とされた1611年の地震も北海道太平洋沖に震源を持つ超巨大地震との説が出される等、震源域に諸説あって不明なものが多い。

慶長伊予地震 - 1596年9月1日、伊予国をおそった地震。M 7.0、寺社倒壊等。中央構造線沿いと推定される地震。
慶長豊後地震(大分地震) - 1596年9月4日、豊後国をおそった地震。M 7.0~7.8、死者710人。中央構造線と連続している可能性がある別府湾-日出生断層帯で発生した(上記地震との)連動型地震とされる。
慶長伏見地震 - 1596年9月5日、近畿地方をおそった地震。M 7.0~7.1、京都や堺で死者合計1,000人以上。伏見城の天守や石垣が損壊、余震が翌年春まで続く。有馬-高槻断層帯、あるいは六甲-淡路島断層帯における地震とされる。上記二つの地震に誘発されて発生した可能性がある。
慶長地震 - 1605年2月3日、南海トラフ巨大地震の一つとされてきたが、伊豆小笠原海溝付近震源説や遠地津波説など異論もある。M 7.9~8.0。紀伊半島沖と房総沖が連動したとする説もあり、M 8.4~8.5ともされる。津波地震と考えられており、地震動による被害は少なかったが、現在の千葉県から九州に至る広範囲の太平洋岸に津波が襲来し、死者1~2万人を数えた。
会津地震(慶長会津地震) - 1611年9月27日、会津地方をおそった直下型地震。M 6.9。寺社損壊、死者3,700人。
慶長三陸地震(慶長三陸地震津波) - 1611年12月2日に三陸沖を震源として発生した地震でM8.1(8.1-8.7の諸説あり)。ただし、津波の痕跡の範囲などから、この従来の定説に疑義があるとされ、千島・色丹沖の震源と連動した大地震・津波だったとする説もある。この大津波による北海道・三陸の死者・被害甚大。地震被害の記録はほとんど無い。
慶長十九年十月二十五日の地震 - 1614年11月26日に起こった地震。従来高田領大地震とされたが、会津から松山に至る日本各地に被害記録があり、震源は不明。



別にテレビで仰々しく古文書どうこう言わなく

たってウィキペに書いてあるわけでつね。



それどころか、報ステでは言ってなかった

「慶長地震」や「三陸地震」までセットになって


書いてある。

阪神淡路大震災から東日本大震災、そして


熊本地震と、400年前に起きた地震のセットと

瓜二つでつね。



これに沿って地震を起こそうと思えばいくらでも

起こせるし、屁理屈こねることもできる。


しかし「何で千年じゃなくて4百年なのか」、

その説明はできないでせうな(縛w



人為的に起こしてるからたった4百年で起きてる

わけでつね。


逆に、起きる起きるといわれてる関東大震災が

起きてないのもいい意味で怪しさ満点でつね。



平成になってからの一連の大地震の始まりは

25年前の阪神淡路だが、その時からこの策謀は


始まってたってことなんでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





西川史子 舛添都知事をバッサリ「資格ない 優秀じゃない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160501-00000115-spnannex-ent

news西川史子 舛添都知事をバッサリ「資格ない 優秀じゃない」


 女医でタレントの西川史子(45)が1日、TBS系「サンデージャポン」(日曜前10・00)に生出演。東京都の舛添要一知事が、公用車でほぼ毎週のように神奈川県湯河原町の別荘に通っていたことについて「知事になる資格がない」と斬り捨てた。

 西川は、都知事の別荘通いを「行くことはいい。リフレッシュもできる」と話したテリー伊藤(66)に真っ向反論。万が一、テロなど有事があった際には「ヘリコプターで戻ればいい」というテリーに「政治家としてそれは姿勢が違う」とかみついた

 「都知事は私たちの代理人。やってほしいことをやってくれないのなら、やってほしくないことをやってはダメ」と話し「覚悟をもってやっているなら、行っては駄目。知事になる資格がない」とバッサリ。「西川さんみたいなことを言っていたら優秀な人が知事になれない」と指摘されても「(舛添知事は)優秀じゃないから」と、最後まで否定の立場を譲らなかった。



JOY西川はうちの読者か?(縛w

これ以外にもこのところの発言が軒並みうちで


書いてることと被ってるが(縛w

「叩いてたら優秀な人間がなれないニダ!」


とか喚いてるカスがいるが、政治は戦争なんだから

攻撃される隙を作ったら終わりなんだよボケ。



有事の時のヘリコプター代は誰が出すんだ?

チョンゾエが自腹で出すのか?


それも税金で出すんだろが!!!!


昨日夜のミヤネ屋でも必死に叩いてたが、


宮根に叩かれてるようじゃチョンゾエも

もうおしまいでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





橋桁が崩落、横河ブリッジに何があったのか
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160501-00116326-toyo-bus_all

news橋桁が崩落、横河ブリッジに何があったのか


 熊本地震が引き起こした土石流によって跡形もなく消え去った阿蘇大橋。天災の猛威を改めて思い知らされた。

 その6日後の4月22日、今度は遠く離れた神戸市で橋梁の「人災」が起きた。建設中の新名神高速道路で長さ120メートル、重さ1350トンの橋桁が崩落。作業員2人が亡くなり、8人が重軽傷を負う大事故となった。新名神の事故現場の下を国道176号線が走っている。一般車は巻き込まれなかったが、そのリスクも十分にあった。

 工事を担当していたのは橋梁最大手、横河ブリッジホールディングス。前2016年3月期に25年ぶりの最高益更新を確実にしていた中で起こった最悪の事故である。

 橋桁は橋脚に定置するために、いったんジャッキで支えた上で、上部に「セッティングビーム」という構造物を取り付けて吊り上げる。事故の原因については、セッティングビームと橋桁の重量に耐えかねてジャッキがバランスを崩し、続いて橋桁が落下した、と報じられている。しかし、ジャッキの荷重限界などは予め計算され尽くしているはずだろう。会社側は「原因は分からない」と言うのみだ。

■ 人員抑制策が事故の誘因ではないのか

 実は、横河ブリッジHDは18年前の1997年にも北海道千歳市で橋桁の崩落事故を起こしている。この時は、橋桁の形状がカーブしており、橋桁を押し出す過程で計算外の力が掛かったのではないか、と推定されるが、原因はいまだ特定されていない。

 今回の橋桁の形状は直線であり、しかも、押し出し=移動が完了した後に起きた。「(千歳の事故があったから)冒険はしない。二重三重の安全措置を講じ、フェイル・セーフにしている」(横河ブリッジHD)。にもかかわらず、事故は起きてしまった。

 同業者が指摘するのは、作業員市場の逼迫が影を落とした可能性だ。「ただでさえ人がいない。一般論だが、連休前に工事を終えねばならないとか、与えられた制約の中で作業者が二交代、三交代でやっていたのだとしたら、厳しい」。

 横河ブリッジHDは「それは違う」と言う。「3人でやるところを2人、1人に絞るというようなことはしていない。スーパーバイザーが何人も現場に常駐している。全然、下請け任せではなかった」。


 ただ、作業員不足の一方、横河ブリッジHDはこの間、正社員数を抑制する方針を採ってきた。2011年3月期~2015年3月期の5年間、売上高は754億円から1027億円へ36%伸びたのに、社員数は4%増えただけだ。

 2015年10月、同社は子会社の横河ブリッジと横河工事を合併させたが、技術者の相互融通を円滑にし、人を増やさずに応札力を高めるのが狙い。今年2月に発表した「第4次中期経営計画」でも、3年後の売上高目標を1250億円に設定しながら、人員は「現状の約1600人程度の水準を維持」するとしている。

 橋梁業界は2005年に"業界ぐるみ"の談合が発覚し、軒並み赤字に転落したが、横河ブリッジHDはそこから体制を立て直し、2015年3月期の純益は42億円と四半世紀前の最高益44億円に肉薄した。その原動力は2つ。物流倉庫向けなどシステム建築を橋梁に並ぶ収益事業に育てたこと、そして体質のスリム化だ。だが、もし、人員抑制策が事故の誘因の1つとすれば、好決算も台無しになってしまう。

■ 修繕・改修が必要な2109キロ

 事故後、横河ブリッジHDは4~5班のチームを現地に派遣し、警察の捜査協力や復旧作業に当たっている。原因解明は警察と、施主のNEXCO西日本(西日本高速道路)の技術検討委員会に委ねられるが、まな板に載ったのは横河ブリッジHDだけではない。

 NEXCOによれば、全国9000キロメートルの高速道路のうち4割、橋梁やトンネルの2割が供用開始から30年が経過している。経年劣化が進み、橋梁の床版や橋桁の取り替えなど大規模修繕・改修が必要な箇所は2109キロメートル、その事業費は3兆円に上る。

 橋梁業界にとって巨大な新市場だが、整地され隔離された場所で施工される新設橋梁と違い、大規模改修は市民が日常生活を営むただ中での工事になる。安全や環境、地元社会への配慮の必要性はそれこそケタ違いに高くなる。

 そのための人員、技術の備えは整っているのか。今回の橋桁崩落事故は改めて、業界全体の覚悟を迫る「啓示」と言えるかも知れない。



せんべいマンセーの東洋経済が三井住友建設を

完全スルーして必死に横河ブリッジに責任転嫁


工作!!!!

せんべい汚染のクズマスゴミが!!!!



現場の要員は足りてるっつってんのに正社員数が

減ってるもクソも関係あるかクズマスゴミ!!!!


あたかも手抜きしてるかのような印象操作してん

じゃねーぞ!!!!



せんべいサマナのクズマスゴミは徹底的に

叩きのめしてやるからな!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR