現在の閲覧者数:

【アメリカ通信】”トランプマン大統領”のリアル分析(前編)

.
“トランプ大統領”なら中韓「大凶」 韓国は困窮、日本は対応次第で好機も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160507-00000004-ykf-int

news“トランプ大統領”なら中韓「大凶」 韓国は困窮、日本は対応次第で好機も


 米大統領選の共和党指名争いで、不動産王のドナルド・トランプ氏(69)が指名獲得を確実にした。民主党はヒラリー・クリントン前国務長官(68)の指名が濃厚で、11月の本選は、両氏が激突する見通しとなった。トランプ氏は、大統領に就任すれば、米軍が日本防衛のために支出している国防費の全額負担を求める考えを示したが、東アジアは大丈夫なのか。専門家の分析では、韓国は困窮するが、安倍晋三政権の対応次第で、日本は中国を出し抜くことも可能だという。

 「私は日本と非常に良い関係を持っている」「米国は(日本防衛に)莫大な労力、エネルギー、兵器を投じている。日本にはかかった費用を返済してもらいたい」「北朝鮮には狂ったヤツがいる。もし、(日本や韓国が)米国に(防衛費などで)適切に対処しなければ、どうなるか分かるだろう。自力で防衛しなければならなくなる」

 トランプ氏は4日、米CNNのインタビューにこう答えた。同氏の十八番である「ディール」(deal=取引)や、恫喝すら感じさせる発言だ。その影響は後述するとして、トランプ氏の勢いは止まらない。

 米FOXニュースのインタビューでも、「(分裂状態に陥った共和党を統一し)人々を団結させる」「ヒラリー・クリントンには勝てるだろう」と語った。AFP通信が5日配信した。

 反トランプ色が強い共和党主流への融和の呼びかけであり、民主党やヒラリー氏への宣戦布告といえそうだ。本選は党と党の総力戦になるため、通商政策や外交・安保政策などで距離がある共和党主流派との調整が不可欠となる。同時に、ヒラリー攻撃は過激さを増しそうだ。

 CNNの最新世論調査では、ヒラリー氏の支持率は54%で、トランプ氏は41%。その差は昨年7月以降で最大というが、ヒラリー氏は「私用メール問題」や「ウォール街からの巨額献金」を抱えており、本選でのアキレス腱(けん)となるのは必至といえる。

 トランプ氏はすでに、ヒラリー氏に「不正なヒラリー」とレッテルを貼り、「彼女は偉大な大統領にはなれない」と言い切っている。今後のヒラリー攻撃次第で、トランプ氏の本選逆転もあり得る状況なのだ。

 これには、中国や韓国が身構えているとみられる。

 トランプ氏は4年前の大統領選に出馬しなかったが、途中まで「アンチ・チャイナ」の過激な言動で注目された。今年1月には、核・ミサイル開発を繰り返す北朝鮮を糾弾し、「北朝鮮問題を解決しないならば、中国を潰してしまえ」「貿易関税を引き上げるか、貿易そのものを中止してしまえば、2分以内に中国は崩壊する」などとブチ上げている。

 習近平国家主席率いる中国が軍事的覇権を強める南シナ海問題でも、オバマ政権が避け続けた強硬姿勢に踏み切る可能性がある。

 韓国については、同盟国と認めているのか疑わしい。

 前出のCNNインタビューでも、韓国が負担している駐留経費についてトランプ氏は司会者に「何%だ」と尋ね、「5割」と教えられると、「なぜ100%ではないのか。全額負担するべきだ」と発言した。米韓の軍事協力に絡み、「米国は韓国を守る必要がない」と繰り返している。

 日本も無傷では済みそうにない。

 日本防衛費の負担要求に加え、今年3月には、日本の核保有を容認する発言もした。先のインタビューでも「(日本と韓国の核武装容認論は)敏感な問題ではない」と言い切っている。

 選挙演説では、中国やメキシコとともに日本に触れ、「米国民の雇用を奪っている」と批判してきた。日米が主導し、日本経済の起爆剤に期待されるTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)にも反対している。「日本にとっては憂慮すべき選挙戦(=本選)になるかもしれない」(住友商事グローバルリサーチの足立正彦シニアアナリスト)という指摘もある。

 安倍首相は、夕刊フジGW特別号(2日発行)のインタビューで、米大統領選について触れ、「私も関心を持って、情勢をフォローしている。なぜなら、日米同盟は、日本の外交・安全保障政策の基軸であり、米国は世界の平和と安定に大きな責任を負っているからだ。次期米大統領が誰になるにせよ、日本にとって米国の重要性は変わらないし、米国にとっても日本の重要性は変わらない」と語った。

 政府高官は「政府内にトランプ陣営とのパイプを持つ人がいない」として、外務省などに情報の収集と分析、人脈づくりを指示している。

 トランプ大統領の誕生は、日本をはじめ、東アジアを激震させるのか。

 米国政治に精通する徳島文理大学の八幡和郎教授は「現時点では、ヒラリー氏が有利だが、(1)トランプ氏が発言のトーンを抑えるなど変身する(2)副大統領候補に、マルコ・ルビオ上院議員など、共和党主流が納得する人物にする(3)ヒラリー氏の自滅-などで逆転の可能性はある」といい、続けた。

 「トランプ氏が大統領になれば、韓国は最も困るだろう。韓国をあれほど軽視する人物はいない。世界中に兵士を送り出して歓心を買うぐらいしか手が無くなる。日中は微妙だが、(安全保障法制を成立させた)安倍首相は、トランプ氏とうまく関係を築ける可能性がある。トランプ氏と安倍首相、ロシアのプーチン大統領で『日米ロ連携』という道もある。トランプ氏は中国は大嫌いだが、ディールの相手と見るだろう。安倍政権は『中国は、米国をたたき落としてナンバーワンを狙っている。極めて危険だ』と、トランプ氏周辺に説明すべきだ」




米韓同盟揺るがす…韓国、トランプ氏警戒論拡大
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160506-00050065-yom-int

news米韓同盟揺るがす…韓国、トランプ氏警戒論拡大


 【ソウル=宮崎健雄】在韓米軍の駐留費用の負担増を求め、撤退もちらつかせるドナルド・トランプ氏に対し、韓国では「米韓安全保障同盟を根本から揺るがす可能性が現実化した」(聯合ニュース)と警戒論が広がっている。

 最大手紙・朝鮮日報は6日付社説で、「トランプには安保戦略がなく、すべてを『カネ』で考えるだけだ」と批判。北朝鮮の脅威を念頭に「在韓米軍が撤収し、米韓同盟が崩壊すれば、我々は核武装を考慮するしかない」と主張した。

 韓国政府によると、昨年は約9320億ウォン(約855億円)を負担した。韓国外交省は4月28日の記者会見で、「在韓米軍の安定的駐留を提供するため、多大な貢献をしており、米政府と議会は私たちの役割と貢献を十分評価している」とトランプ氏の主張に反論している。



ちょwwwwwwwwwwwwwwww

夕刊フジwwwwwwwwwwwwww

日米露路線とかwwwwww

リアル分析に乗っかり杉だろwwwwwwww

うちの記事の約5時間後とかwwwwwwww

別に全然いいよ(縛w


ただ、産経にしても読売にしても、何ら具体的な

論拠を示さず下等生物がうろたえてる様だけを


見て安易に「下等生物に不利」とか喚いてんじゃ

ねーよ。



トランプマンの過去の発言を比較対照して

何がどう不利なのかをちゃんと示せ。



お前らができないなら

後編でリアル分析が示してやるよ。


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





トランプ氏、また地元受け狙い日本批判 牛肉関税にかみつき「自動車へ38%関税かける」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160507-00000534-san-n_ame

newsトランプ氏、また地元受け狙い日本批判 牛肉関税にかみつき「自動車へ38%関税かける」


 【ワシントン=小雲規生】11月の米大統領選で共和党の候補者指名を確実にした不動産王のドナルド・トランプ氏は6日、ネブラスカ州での政治集会で演説し、日本が輸入牛肉にかけている高関税への対抗措置として、日本が米国に輸出する自動車に高関税をかけるべきだと主張した。

 トランプ氏は日本が米国産牛肉に約38%の関税をかける一方、日本が米国に輸出する自動車にかかる関税は「事実上ゼロだ」と不満を表明。「日本が牛肉に38%の関税をかけたいなら、われわれは日本の自動車に38%の関税をかける」と述べて喝采を浴びた。

 日米など12カ国が2月に署名した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)では、日本が牛肉にかける関税を段階的に9%まで引き下げ、米国は自動車にかける関税をより長い期間をかけて撤廃する内容が盛り込まれた。また、日本の自動車各社は米国での現地生産を進めており、日本からの輸出台数は1980年代半ばから半減している。

 トランプ氏はかつての日本製輸入自動車の脅威の記憶を呼び起こすとともに、肉牛飼育規模が全米2位であるネブラスカ州の有権者の不公平感をあおることで、支持を拡大したい考えとみられる。



インタビューではやっぱり経費負担率を知らな

かったことが露呈したわけだが、


日本の牛肉関税率を知ってるのになんで

アメリカに有利な自動車関税率を知らないんで


せうか?(縛w


まあ自動車に38%関税をかけたら、アメリカ産


小麦や大豆やスマホやOSやCPUにも38%の

関税をかけますがそれは?(縛w



在米日本企業を撤収させて雇用を悪化させますが

それは?(縛w



テメェらがどれだけ配慮してもらってるか知ら

ないで喚くとすべてブーメランになるだけですが


それは?

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





米大統領選 オバマ氏がトランプ氏を批判「大統領職はリアリティ番組ではない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160507-00000509-san-n_ame

news米大統領選 オバマ氏がトランプ氏を批判「大統領職はリアリティ番組ではない」


 【ワシントン=加納宏幸】オバマ米大統領は6日、大統領選で共和党の不動産王、トランプ氏が党指名獲得を確実にしたことを受け、「(大統領職は)真剣に取り組むべき仕事であり、エンターテインメントでもリアリティー番組でもない」と述べた。トランプ氏が人気リアリティー番組「アプレンティス」で知名度を上げたことを当てこすった発言だ。ホワイトハウスでの記者会見で語った。

 オバマ氏は、11月の本選に向けてトランプ氏の過去の発言を「深刻に受け止めることが重要だ」と指摘。米大統領選をサーカスなどの見せ物のように伝えているとして、報道のあり方にも懸念を表明した。

 一方、民主党の候補指名争いに関しては指名獲得が有力なクリントン前国務長官、サンダース上院議員のどちらかに肩入れするか明らかにせず、「ある時期にクリントン、サンダース両氏が話し合いをすることになる」との見方を示した。



リアリティ番組にしては各種数字がリアルじゃ

ねーな(縛w



「ある時期に」!!!!(縛w

「話し合いをすることになる」!!!!(縛w



圧倒的に勝ってるメールBBAがいまさら

話し合う必要はないはずですが!!!!(縛w


何の話し合いでせうか!!!!(縛w


追い詰められてカーネルに負けてくれと頼むか、


タイーホ待ったなしでカーネルに譲ると宣言するか、

メールの捜査で話し合わざるを得なくなるほど


追い詰められるってことでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





トランプ氏、大統領就任ならFRB議長交代も視野=米誌
http://jp.wsj.com/articles/SB12626246813375924472204582018594001551810

newsトランプ氏、大統領就任ならFRB議長交代も視野=米誌


 米大統領選の共和党候補指名を目指すドナルド・トランプ氏は、大統領に選出されれば連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長を交代させる公算が大きい。米経済誌フォーチュンとのインタビューで明らかになった。

 オンラインで公開されたインタビューの抜粋によると、トランプ氏は「再任についてコメントすることは控えたい。だがどちらかといえば、別の人物の起用に傾くだろう」と述べた。

 一方で、「(イエレン議長は)有用な仕事を果たしていると思う」との見方も示した。

 さらに、FRBの権限を「断固として」取り除き、米議会がFRBの政策判断を監査することも容認すると語った。

 フォーチュンとのインタビューは19日に行われ、トランプ氏は現行の低金利策への支持を表明した。その上で、今FRBが利上げすれば、米国の債務に一段と負荷がかかりかねないと指摘した。

 「われわれにとって最高なのは、現在の金利が極めて低いことだ」と述べた。

 同誌によると、トランプ氏は「人々はFRBが利上げすべきだと考えている」とし、「金利が3%や4%になれば、生産面ですでにある程度身動きが取れなくなっている経済にそのような数字がのしかかり始めることになる。とても恐ろしい数字だ」と語った。




<トランプ氏>「貿易協定の再交渉」「FRB議長再任せず」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160506-00000052-mai-n_ame

news<トランプ氏>「貿易協定の再交渉」「FRB議長再任せず」


 【ワシントン清水憲司】米大統領選で共和党の指名獲得が確定した実業家ドナルド・トランプ氏は5日、米CNBCの番組に出演し、大統領に就任した場合に最初に取り組む課題として「貿易協定の再交渉を行わないといけない」と述べた。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に直接言及しなかったものの、反対を繰り返し表明している。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長を再任しない考えも明らかにした。

 トランプ氏は「とんでもない人物が中国や日本、メキシコとの交渉を行ってきた。貿易協定は米国にとってひどいものになっている」と述べ、相手国からより有利な条件を引き出すため再交渉を求める考えを表明した。

 イエレン議長については「不可とする理由はない。有能な人物だ」と指摘。ただ、「共和党員ではない」として、2018年2月の任期切れの時点で「他の人物に置き換えるのが適切だ」と述べた

 また、トランプ氏は「『強いドル』との考え方は好きだ」と語りつつも、「通貨安は他国が米国を痛めつける唯一最大の道具。中国は名人中の名人だ」との見解を示した。



トランプマンが「利上げをするな」とか喚いてる

が。。。



トランプ氏がFRBを批判、「オバマ大統領の要請で低金利維持」
http://jp.reuters.com/article/usa-election-trump-fed-idJPKCN0SS2FZ20151103

newsトランプ氏がFRBを批判、「オバマ大統領の要請で低金利維持」


[ニューヨーク 3日 ロイター] - 2016年米大統領選の共和党候補の指名獲得を目指すドナルド・トランプ氏は3日、米連邦準備理事会(FRB)はオバマ大統領を助けるために金利を低水準に維持していると主張した。

FRBが利上げに踏み切るべきかとの質問に対し、トランプ氏は記者会見で、FRBは利上げを実施すべきだが、「政治的な理由」であるべきでないと応じた。

「FRBが利上げを実施していないのは、オバマ大統領が利上げをしないよう要請しているからだ」と主張。「オバマ大統領は在職中にバブル崩壊を目の当たりにしたなくないため、イエレンFRB議長に利上げをしないよう要請した」とし、イエレンFRB議長は「極めて政治的だ」と批判した。

FRBはトランプ氏の発言に関するコメントを差し控えた

米ホワイトハウスのアーネスト報道官は、トランプ氏の主張を否定。米国と米経済の利益となる金融政策の運営を確実にするため、オバマ政権は尽力していると述べた。

トランプ氏はまた、ドルの競争力が弱いとの見方をあらためて示した。「中国や日本など、他の多くの国の通貨切り下げによって、米企業が渡り合っていくことが不可能になっている」とし、こうした中国の行動に対処できるリーダーがいないことが理由だと強調した。



半年前には

「オバマに言われて利上げしないニダ!」


と喚いてましたが?


利上げしなけりゃ難癖をつけ、


利上げしても難癖をつける、

一貫性のカケラもないカス野郎(縛w





さて、上からずっと記事に対して論評してきた

わけだが、ここからドキドキのリアル分析が


始まり始まり。



ドキドキの後編につづく。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR