現在の閲覧者数:

よほど都合の悪いパナマ文書

.
「パナマ文書」に楽天・三木谷会長の名前
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160509-00000019-nnn-bus_all

news「パナマ文書」に楽天・三木谷会長の名前


 いわゆる「パナマ文書」に、日本人の著名人としては楽天の三木谷会長兼社長の名前が載っていることが分かった。楽天では、楽天を起業する前の投資で、本人は租税回避を否定していると強調している。

 「パナマ文書」に載っている企業名などは日本時間10日午前3時に、多くの人に分析してもらうことを目的に公開される。

 この「パナマ文書」には楽天の三木谷会長兼社長の名前もタックスヘイブン(=租税回避地)に設立された法人の株主として載っていることが分かった。ただし、楽天では三木谷氏の話として「楽天を起業する前の純粋な投資で、外国人から投資を持ちかけられ80万円ほどを出資したが一部しか戻らず、逆に損をした」「租税回避の認識など全く無い」と説明している。




堀江貴文氏、パナマ文書報道に「無駄な税金納めないのは普通」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160509-00000051-dal-ent

news堀江貴文氏、パナマ文書報道に「無駄な税金納めないのは普通」


 実業家のホリエモンこと堀江貴文氏が9日、世界を騒がせているパナマ文書で高額所得者たちの所得逃れが次々と明らかになっていることについて、ツイッターで「無駄な税金納めないのは普通」と持論を述べた。

 堀江氏は、パナマ文書の分析で、楽天の三木谷会長が1995年に英領バージン諸島の法人の株主になっていたことが明らかになったという報道に噛みついた。

 「この報道に意味あんの?こいつら馬鹿?」と口撃した堀江氏。続くツイートでは三木谷会長の報道から離れて「パナマ文書のどこにニュースバリューがあるのかさっぱりわからん。普通に個人として無駄な税金納めないのって普通じゃね?」と、世界を騒がせている文書報道自体に疑問を投げかけた。

 「納税は国民の義務」などと反論したリプライには「ロクに納税してねー奴がほざくな笑」と反撃。さらには税金対策について「みんなやろうと思えばできるやろ。単に馬鹿なだけだろ笑」と徹底した持論を展開した。





ニュージーランド、パナマ文書で課税逃れの有力拠点に=報告書
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160509-00000028-reut-asia

newsニュージーランド、パナマ文書で課税逃れの有力拠点に=報告書


ウェリントン 9日 ロイター] - タックスヘイブン(租税回避地)に関する内部文書「パナマ文書」問題で、ニュージーランドが中南米富裕層の課税逃れの有力拠点として利用されていたことが明らかになった。

ラジオ・ニュージーランド、TVNZ、ジャーナリストのニッキー・ヘイガー氏が同文書でニュージーランドに関連する6万1000以上の案件を分析し報告書を作成した。

パナマ文書を作成した法律事務所、モサック・フォンセカは2013年、ニュージーランドを新たな法域の1つとして活用する利点を紹介。非課税や高度の機密保持、法的安全性の見地から同国を事業展開に有利な場所として積極的に推奨した。

報告書によると、モサック・フォンセカのニュージーランドにおける主要コンタクト先は会計事務所ベントレーズ・ニュージーランドの共同創業者でディレクターのロバート・トンプソン氏とされている。ベントレーズ・ニュージーランドは、モサック・フォンセカ・ニュージーランドの登記上の事務所。

トンプソン氏は、経験上信託を課税逃れに活用することはあまりなく、自身の事務所は違法な資産隠しの手助けをしていないと発言。

ラジオ・ニュージーランドに「ニュージーランドのすべての外国信託が違法な目的に使われているとの推測は根拠がない」と語ったという。




「パナマ文書」最大の被害者が英キャメロン首相である理由
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160509-00017937-president-bus_all

news「パナマ文書」最大の被害者が英キャメロン首相である理由


■イギリスとアメリカとの関係が険悪に

 パナマ文書が世界を揺るがせている。両大洋をつなぐ運河で知られる中米の小国パナマにある法律事務所モサック&フォンセカの内部資料がリークされたのだが、この法律事務所、世界中の顧客のためにタックスヘイブン(租税回避地)にペーパーカンパニーを作ることを主たる業務としていたのだ。

 リークされたのは顧客リストで、つまりは国際的な法網の抜け穴を利用して課税を逃れようとしていた大金持ちのリストということになる。そこに中国の習近平国家主席の親族、ロシアのプーチン大統領の「友人」そしてキャメロン英首相などが登場したことで、国際的な大スキャンダルに発展したというわけである。

 このリーク事件、それ自体としても十分に面白いのだが、ここに国際政治の底流ともいうべき、ある事実を加えると、さらに面白くなって来る。

 少し遠回りになるが、説明しよう。世界のマスコミはまったくと言ってよいほど触れようとしないのだが、オバマ政権になってから、イギリスとアメリカとの関係が急速に疎遠になって来ているのだ。疎遠どころか、時に険悪なやりとりさえ見られる。

 日本の読者には、これは意外に思われよう。英米は話す言葉も同じだし、アメリカの主流はホワイト(白人)、アングロ=サクソン、プロテスタントのいわゆるWASPつまりはイギリス系だから、両国は同胞のようなものではないのか。

 確かに、英米の軍事、諜報の分野での協力関係は緊密だ。「特別な関係(スペシャル・リレーションシップ)」という言葉も、英米両国で人口に膾炙している。だが、そうはいってもイギリスとアメリカはどちらも大国であり、独自の利害を有している。決して一枚岩とはいかないのである。

 しかも、実はアメリカ人の多数が親英派というわけでもない。まず、アメリカの白人で最も人口が多いのは、ドイツ系だという現実がある。ドイツが統一されてヨーロッパの大国となったのは明治維新の3年後、1871年のことだが、それまでは分裂状態であり、ドイツ人の多くは小国の悲哀を経験していた。それを嫌って膨大な数のドイツ人がアメリカに移住し、新天地で大家族を築いていったのである。そして当然ながら、ドイツ系アメリカ人は2度の世界大戦でアメリカがイギリスに味方してドイツと戦ったことを恨みに思っている。

■石油の争奪戦でアメリカがイギリスに勝利

 一方、アメリカで最大の信者数を誇る教派は、実はカトリックだ。そしてこれまた日本ではあまり気にする人がいないのだが、フランス革命をはじめ近代ヨーロッパの歴史というのは、つまるところカトリック教会とイギリスの抗争の歴史であり、ナチス・ドイツもこの点を抜きにしては理解しえない。というのも、ナチスを支持したのは主にカトリック教徒なのだ。アメリカのカトリック信者もこの抗争の歴史を引きずっており、イギリスに対して悪感情を抱く者も少なくないのだ。

 この、アメリカにおける反イギリスの伝統は、これまでも時たま表に顔を出して来た。そもそも、アメリカが2度の世界大戦でイギリス側に立って参戦したのも、アメリカ国内での親英派と親独派の暗闘があり、たまたま親英派が2回とも勝利したということでしかない。冷戦時代にも、CIAはイギリスのMI6と密接に協力しつつ、元ナチスを大勢雇い入れてもいた。親英派と親独派の間でバランスをとっていたのである。

 冷戦が終わり、9.11に始まるテロとの戦争もビン・ラディンが殺されていちおうの決着を見たオバマ時代になって、アメリカはイギリスとの距離を拡げていった。戦争状態が終息するとともに、イギリス嫌いの多数意見が力を得て来たというわけである。たとえばオバマ政権はヨーロッパの様々なトラブルに対してはいっさい口をつぐんで来たが、それは結果としてイギリスを弱め、ドイツの立場を強くしている

 あるいはアメリカとイラン、アメリカとキューバという2つの劇的な和解も、詳細は省くが世界の石油資源の争奪戦でアメリカがイギリスに勝利した結果だという解釈も可能なのである。一方、アメリカに見捨てられると海外権益を維持できないイギリスは、あの手この手でオバマ攻撃をしてきた。アメリカとイギリスは今や表向きこそ緊密な同盟国であっても、テーブルの下ではお互いを蹴飛ばし合っているのだ。

 この、ドイツ系・カトリック系が強くなってドイツに傾斜するアメリカとイギリスとの対立という背景を念頭に、パナマ文書事件を見直してみよう。事件の中心となっているのは、およそ40年前に創業したパナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」だ。創業メンバーの1人ユルゲン・モサック弁護士はドイツ人なのだが、その父親は武装SSの隊員で、その元同僚たちの多数と同じく、戦後はCIAに協力していた

 もう1人のラモン・フォンセカは生粋のパナマ人だが、つい最近までパナマの名門政党パナメニスタ党の重鎮でもあった。このパナメニスタ党は、パナマにおけるアメリカの強大過ぎる影響力に反発して生まれた政党で、第二次大戦前夜の1939年、同党の前身の政党の党首アルヌルフォ・アリアスがパナマの大統領に就任して、親ナチス・ドイツ路線を打ち出していた。つまり「モサック・フォンセカ」法律事務所には、強烈な「ナチス・コネクション」があるのだ。しかも、間接的とはいえCIAともつながりがある。

■イギリス経済が壊滅的な打撃を受けるEU脱退

 ここで、これまでのところパナマ文書との関係で名前が出てきた政治指導者たちの名前をもう一度、見てみよう。プーチンと習近平、あるいはシリアのアサドなどは、確かに恥をかいたであろうが、しかし彼らがこれで失脚する可能性は極めて低い。それぞれの国の民衆は(シリアの場合、ニュースがそもそも国内に入っていない可能性もあるのだが)、幻滅はするだろうが、それで暴動を起こすということはないだろう。選挙による政権交代というのも、民主制をとるロシアでさえも考えにくいことだ。

 ところが、これがイギリスとなると、事情がまるで異なって来る。実はキャメロン首相は、税金逃れを厳しく批判してきた。世界金融危機以後、イギリスも財政難で苦しんでいるわけで、税金逃れを少しでも減らすことは国家的課題なのだ。それがパナマ文書騒ぎのおかげで、キャメロン氏が首相に就任する前に証券仲買業の亡父がタックス・ヘイブンに設立したファンドに投資していたことがばれてしまったのである。

 2008年の世界金融危機以後、恒常的な引き締め政策に喘いできたイギリス国民は、当然ながら激怒した。この6月に予定されているイギリスのEU脱退・残留を決める国民投票においても、キャメロン政権が主張する残留も(それがキャメロン首相の望む結果であるということだけで)大幅に不利になるものと思われる。そして万一イギリスの有権者がEU脱退を決めれば、世界経済が大混乱に陥ることはもちろんだが、イギリス経済は壊滅的な打撃を蒙るであろう。

 いったい誰が何の意図でパナマ文書をリークしたのか、その真相はわからずじまいになる可能性が高い。だがリーク情報が持ち込まれた先は、アメリカの非営利団体のICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)とドイツの新聞である。ここでも、アメリカとドイツという組み合わせが顔を出す。米英関係が急速に疎遠になる中で、CIAとつながりのある「ナチス系」の法律事務所が震源地となった国際的スキャンダルの最大の被害者が、イギリスの首相であるという図式を面白いと感じるのは、筆者だけではないはずだ。



三木チョンがチョンバレ(縛w

必死に三木チョンをマンセーしてた。。。

tok01ジョン・シュロスバーグ氏@楽天0

tok01ジョン・シュロスバーグ氏@楽天1

tokジョン・シュロスバーグ氏@楽天2
見苦しく足掻いて誤魔化したつもりがブーメラン直撃⇒こちら


下等生物ぱよペドキムにパナマ文書が直撃!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


必死に

「アバディーンガー!」
「チャーチルガー!」

と喚いて誤魔化しを画策するも一瞬で崩壊(縛w

後に残ったのは三木チョンをマンセーした証拠


のみ(縛w


そして同じくその三木チョンを必死にマンセー


してるのがミサイルエモン(縛w

つまり3匹は同じ穴の狢(縛w



「何の意味があるニカ?」
「ニュースバリューガー!」

と喚き散らして同じように必死に誤魔化しを

画策(縛w



「ムダな税金は払わないニダ!」

と喚き、脱税したカネでミサイル開発(縛w


「想定内ニダ!」が口癖のキサマはライブドア

詐欺で賠償請求された時に、保有資産の少なさが


想定外だったよなぁ!!!!


差額はどこにやったんだ!!!!


あ゛あ゛!!!?

無一文で出所したくせにのうのうとぜいたくな


暮らしをしてるようだが、有料ブログとショボい

Web番組の収入だけじゃミサイル開発なんか


できねぇよなぁ!!!!(縛w


まさか租税回避地の匿名口座に隠してなんか

いませんよねぇ
wwwwwwwwwwwwwww

ほじくられると非常に都合が悪かったりするん

じゃないですよねぇ
wwwwwwwwwwwww

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


こりゃ、モサフォン以外も強制捜査必至!!!!

すべて暴いてこのクズ共の詐話虚言を


暴き出せ!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


使うときにムダな税金はあっても

払うときにムダな税金はねぇんだよ!!!!


決まった税率、決まった控除、それを合計して

払うだけの税金のどこにムダがあるんだ!!!!



租税を回避してっから「租税回避地」

っつーんだろが!!!!


ムダな税金じゃなくて払うべき税金を誤魔化して

んだろが!!!!



違法性の問題じゃなく姿勢を問われてるにも

拘らず、


「チョッパリは大した税金払ってないニダ!」

と話を「額」に擦り替えれば逃げられると思った


か!!!!

税金ってのはなぁ「率」なんだよ!!!!


きっちりと収入に見合った「率」を払ってるヤツ

が偉いんだよ!!!!


1億払ってても100億の収入の1%でしかない

ならそいつはクズなんだよ!!!!


そしてそれがわからない上に

「租税回避しないチョパーリはバカニダ!」


と喚くミサイルエモン、キサマはクズだ!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


ああいうところはな、億単位のカネを預けとか

ないと管理手数料だけで赤字になんだよ!!!!


そんなカネを普通の人間が出せるわけねーだろが

ボケ!!!!



奇しくも三木チョンの「80万入れといたら

ほとんどなくなったニダ!」という言い訳が


それを如実に証明してんじゃねーか(縛w


下痢下痢君ことキャメロン断腸はな、身内が


作った投資会社経由だったから数百万の出資金

でも利益が出てんだよ!!!!




プレジデント@集英社@信濃一味がその

下痢下痢君を「被害者ニダ!」と喚いて


激しくマンセー(縛w


ドイツがエ下劣を離脱させたがってるのなんざ


2年以上前にリアル分析済み(縛w

しかしエ下劣がそれに乗っかってるのも


また事実(縛w

下痢下痢君は被害者でも何でもないどころか


テメェをイバラのムチでシバいて感じてる

ド変態でつね。



そして「エ下劣vsドイツ」の対立構造に矮小化

してミスリード。


これだけでは日本やロシアやシナチョンや中東の

動きは説明できないでつね。




下等生物ぱよペドキムからミサイルエモンから

信濃一味雑誌まで、みんなして必死に事実を歪曲


しようと画策するところを見ると、パナマ文書の

公表がよほど都合が悪いようでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR