現在の閲覧者数:

人工知能から人類削減計画まで芋づる式に

.
人工知能が進歩するほど「格差」が拡大する理由 AIに仕事を奪われる人が急増
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160410-00048355-gendaibiz-bus_all

news人工知能が進歩するほど「格差」が拡大する理由 AIに仕事を奪われる人が急増


 人工知能(AI)の周辺が騒がしい。ロボットが人間のように考え、「心」までも持つ時代がまもなく到来するとあって、新規参入する企業が続出するほどの盛り上がりを見せている。

 AIはこれからの時代を牽引する新産業の代表格のように扱われているが、AIによってもたらされるのは輝かしい未来ばかりではない。実は、すでに世界全体を覆っている「格差社会化」を拡大させるリスクをはらんでいることをご存じだろうか。

 AIの進歩は日々、目覚ましい。最近では囲碁の人工知能が世界のトップ棋士であるイ・セドル九段を圧倒した。

 AIについては、自動運転技術も急速に技術発展を遂げている。現段階でも高速道路なら自動運転は可能。気になる交通事故のリスクについても、海外の自動運転の実験では人間による運転より事故率が低い結果が出た

 かつて飛行機で、自動操縦と人の操縦のどちらが信頼できるのかという議論があったが、現在ではほぼすべてが自動操縦で済むようになっている。いずれ、自動車も同じようになっていくだろう。

 こうしたAIの発展にともなって、海外ではシェアード・エコノミー(共有型経済)という考え方も広がっている。一例をあげれば、ネットで配車を申し込むと、現地までドライバーが車で迎えに来てくれて、目的地まで連れて行ってくれるというもの。

 日本ではまだタクシーが主流だが、海外では一般人のマイカーを活用した配車サービスを行う「Uber(ウーバー)」や「Lyft(リフト)」という会社が急成長している。

失業率は増えるが、GDPは変わらない

 こうしたAIとシェアード・エコノミーの融合が進むことによって、2030年には4億人が利用する「自動運転によるシェアード・カー時代」が到来すると言われている。これは2030年には、総人口の約30%が65歳以上となるなど、高齢化が進む日本にとっても朗報。病院への通院や、要介護者の移動などが格段に便利になるだろう。

 なんというバラ色の世界か、と思われるかもしれないが、ここに一つの「落とし穴」がある。こうした先端技術が普及すればするほど、職を失う人が急増するからである。

 実際、自動運転車によるタクシーサービスが普及すれば、現在のタクシー運転手はほとんどが職を失う当局発表モノなどであれば、人工知能は記事を書くこともできるので、そうした単純作業しかできない記者たちも仕事を奪われる可能性が高い。実際に一部のメディアではすでに、「AI記者」が実用化されている。

 人間の仕事がAIに奪われることで、失業率は当然増える。だがGDP(国内総生産)が低下するかというと、実はそれほど変わらない。なぜなら人工知能を利用する会社はどんどん儲けるからだ。AIに取って代わられる仕事の人には酷な言い方かもしれないが、「儲ける人が変わるだけ」。そして、貧富の差がますます大きくなっていく。

 では仕事を失わないためにはどうするべきか。これからは人工知能を管理する技術を身に着けることが必要とされる。人間がAIを監視する役割につき、共存共栄を図っていければ、人工知能も自動運転も、日本がこれから迎える人口減少社会のために役立つだろう。



1年以上前には「コーヒーブレイク」記事を

書いてたもんだが、最近めっきり余裕がなく


なって(縛w


最近、トランプマン・EU離脱・チョンゾエ、の


繰り返しになってたので、たまにはお新香も

食いたいよね、ということで、ずっと溜めといた


科学系の話でも。


「ウリは世界最強ニダ!」と喚いた挙句に愚グルの


AlphaGoにボロ負けして世界中に赤っ恥を

晒した下等生物(縛w


対局をチェックしてたが、当然AIを応援(縛w


名前の「Go」というのは囲碁の「碁」を


指してるというのはまあわかりそうなもんだが、

「碁」を「ゴ」と読むのは日本だけ。


シナチョンは「キ」と発音するわけでつね。

つまりAlphaGoってのは日本語を含んでる


名前ってことなんでつね。

なのでAlphaGoを応援するのは当然(縛w



何で日本語を含んでるかといえば、囲碁を世界中

に普及させたのが日本だから。


ルールも日本のルールが世界標準なんでつね。



さて、AIが普及すると人間の仕事がなくなる、


ってのは、ずっと前に書いた「グローバル化が

アフリカに到達したら経済成長の余地がなく


なる、だからエ下劣は世界経済を潰そうとして

いる」と書いた話の延長でつね。



後進国の原価で作って先進国の売価で売ることで

利ザヤを稼いできたのがグローバル化。


今や支那地区や東南アジアといった低コスト国

までグローバル化が行きわたり、もう利ザヤを


稼ぐ余地がほとんどない段階に来た巨大資本が

この先どうやって利ザヤを稼ぐか、という強欲を


満たすための手口がAI、ということでつね。


ロボット+AIなら、制作費用・燃料費の変動は


あっても賃金は一定、永遠のゼロでつね。

当然競争にならないから人間は脱落、


メシが食えなくなってのたれタヒぬわけでつね。

要するに人類削減計画。


「延長線上」と言ったのはそういうことでつね。


まあだからと言ってAIを潰すわけにもいかない


し便利になることにも違いはないでつね。

引用記事には「AIを管理すればいいニダ!」


と書いてあるが、AIの数だけ人間が付くなら

コストダウンなんかできるわけない。


そんな仕事をゲットできるのはほんの一握り

でつね。



それなら先に日本が独占するしかない。

知的所有権をタテにカネを吸い上げればいい。


可汗一味から(縛w

人類削減計画を逆手に取って


可汗一味を削減しなければならないんでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





DNAを高密度データストレージに!マイクロソフトが実用化研究
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160430-00010008-newswitch-sctch

newsDNAを高密度データストレージに!マイクロソフトが実用化研究


 人間などの遺伝情報が書き込まれたDNAをデジタルデータの記録媒体に使う「DNAストレージ」について、マイクロソフト(MS)が実用化研究を本格化させている。バイオベンチャーの米ツイスト・バイオサイエンス(Twist Bioscience、サンフランシスコ)の発表によれば、同社はMSから1000万本の合成DNAの製造と、それらDNAを構成する核酸塩基の配列の書き込み業務を受注した。

 「情報爆発」とも言われるように、デジタル時代の現代社会では大量のデータが日々生み出されている。それらのデータを長期間保管するストレージの需要もうなぎ上りに伸び、2017年で16ゼタバイト(1ギガバイトの1兆倍)の需要が見込まれているという。ただ、大きな問題は、それらを蓄えるデータストレージの容量が追いついていないことにある。

 そこで注目されているストレージの代替技術の一つがDNA。わずか1グラムに1ゼタバイトもの情報量を蓄えられ、米化学会での発表によれば、DNAは堅牢性に優れ、最大2000年もの間、そのまま無キズの状態を保てるとも言われている。たとえばスペインの洞窟で発見された7000年前の人骨のDNAの解析結果から、この人物が青い目を持ち、おそらく牛乳に含まれる酪酸を消化できなかったことがわかっている。

 こうしたことからDNAを高密度かつ長期間のデータ記録媒体として実用化する試みが各研究機関で行われている。2012年にはハーバード大学のジョージ・チャーチ教授(遺伝学)らがDNAに5万3000語で構成された本1冊の情報を書き込み、読み出すことに成功したとサイエンス誌に論文発表した。

 MSの研究開発部門であるMSリサーチも、シアトルのワシントン大学と共同で、以前から研究を進めている有力研究機関の一つ。今回は、合成DNAを大量生産する自社開発の装置を持つツイスト・バイオサインスに対し、ストレージ向けの研究に使う1000万本もの合成DNAの製造業務を委託した。

 IEEEスペクトラムの取材によれば、両社の契約では、MSがデジタルデータをA(アデニン)、C(シトシン)、G(グアニン)、T(チミン)の塩基配列に符号化し、その配列に従ってツイストが合成DNAを作製してMSに配送する。ツイストが知らさせるのは塩基配列だけで、元のデータが何であるかはわからない。次にMSは長期間のデータストレージとして使えるかどうか、(加速劣化試験などの)シミュレーションを行い、塩基配列からデータを読み出す、という手順を取る。

 ここでDNAストレージを実用化する上での壁は、コストとエラー率。コストについては、DNAから人間1人のゲノム(全遺伝情報)を読み解くのに、2001年には10億ドルかかっていたのが、現在は1000ドル程度にまで劇的に下がってきた。ツイストのエミリー・レプラウストCEOはIEEEスペクトラムに対し、「(ストレージ用には)現在の1万分の1程度までコストを下げる必要がある」としているが、技術革新により今後もコストダウンが見込まれそうだ。

 読み書きでのエラー率の低下も技術革新待ちと言えるかもしれない。ツイストのニュースリリースの中で、MSリサーチのダグ・カーミーン氏は、ツイストと行った初期段階のテストで、合成DNAに書き込んだデジタルデータを100%読み出すことができたという。その上で「有望な製品としての商品化するにはあと何年もかかる見通しだが、将来はデータストレージとして記録密度と堅牢性をともに向上させることができるだろう」(カーミーン氏)としている。

<解説>
 『ゲノムの敗北』にも書かれている通り、DNAシーケンサーの開発で日本には(それこそiPhoneのように)要素技術と構想はあったものの、対応が後手に回り、今や米国企業が市場を席巻している。しかも生命科学研究分野だけでなく、読み取りコストの低下から臨床応用や遺伝子検査の現場でも大きな需要が見込まれている。それに加え、ICTのデータストレージでも生命科学の関連技術が役立つとは驚きだ。

 先の『ゲノムの敗北』では、既存の専門分野以外の新しい学問を邪道とする頭のカタイ大先生たちがプロジェクトを潰す要因となったが(つまりサイロ化)、日本の研究者ももっと先を見て、融合分野の融合技術にあるイノベーションを追求すべきだ。



神をも畏れぬ暴挙とはこのことだな。

別にDNAじゃなくてもいいだろ。


「1gで1ZB」とか喚いてるが、ブルーレイの

中に塗ってある記憶素材だって0.1gもない


重さで50GBぐらいの容量があるんだから

そのうち追いつく。



7000年もつってったって、7000年後には

もっと高度な記録方法ができてるだろ(縛w


人工のDNAといえどもまかり間違ってどんな

ことになるかもしれねーんだから、


生物機能と互換性があるものを道具にするな、

と言いたいでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

これって、人間がやっていい事なのですかね?
そういえば確か二十年近く前に当時アメリカ大統領だったクリントンが遺伝子研究において「我々は神の領域に近づいた」とか言ってましたね。当時まだ学生だった自分でも傲慢な奴だ、と思ったものです。
そういえばその頃知ったのが、アメリカだかの遺伝子研究においてアイスランド全国民のDNAがアメリカ政府だかに提供されたって話ですね。

ここまで人間が入り込んでいいのか、戸惑います。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR