現在の閲覧者数:

【うんこ通信】チョンゾエ、一発AUTOの大ウソ発覚!!!!

.
舛添要一都知事、過去にも政治資金でホテル 「家族サービス」とのツイートも
http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/23/masuzoe-youichi_n_10111672.html

news舛添要一都知事、過去にも政治資金でホテル 「家族サービス」とのツイートも


舛添都知事、盆正月にホテル宿泊 「家族で」つぶやきも

東京都の舛添要一知事の政治資金問題への対応について、朝日新聞の全国世論調査では8割超が「適切ではない」と回答した。「クリーンなイメージ」に期待していた支援者からは、辞任を求める声があがる。一方、問題となった2013年と14年の宿泊費だけでなく、以前から正月やお盆の時期のホテル代金が、毎年のように政治資金で賄われていた

正月やお盆の時期の宿泊費は、舛添氏が代表の新党改革支部など四つの政治団体の政治資金収支報告書に記載されていた。宿泊前後の舛添氏のツイートやブログには、「家族サービス」などの記載もあった。

例えば11年1月3日、横浜市のホテルに宿泊費約19万5千円を支払った。舛添氏は同日のツイートで「2日は家族サービスで水族館で終日過ごしました。魚やいるかなど海の生き物を見ていると、心が和みます。何のために政治家をやっているのか分からない愚劣な連中と好対照です」とつぶやいていた。

10年8月20日には、山口県下関市の温泉観光ホテルに約7万6千円を支出。同日のブログには同市に滞在していたと投稿。初代首相・伊藤博文が愛したとされる同市のふぐ料理店に触れ、「フグを食べることができるのも伊藤のおかげです」。同じ投稿で、翌日に約130キロ離れた福岡市に本社がある民放の番組に生出演するとも書いていた。

12年8月13日には栃木県日光市の温泉旅館(約8万4千円)、知事就任後の14年8月18日にも東京都港区のホテル(約9万3千円)に宿泊費の支払いがあった。




舛添都知事、盆正月にホテル宿泊 「家族で」つぶやきも
http://digital.asahi.com/articles/ASJ5R5G6LJ5RUTIL05R.html?_requesturl=articles%2FASJ5R5G6LJ5RUTIL05R.html&rm=634

news舛添都知事、盆正月にホテル宿泊 「家族で」つぶやきも


 東京都の舛添要一知事の政治資金問題への対応について、朝日新聞の全国世論調査では8割超が「適切ではない」と回答した。「クリーンなイメージ」に期待していた支援者からは、辞任を求める声があがる。一方、問題となった2013年と14年の宿泊費だけでなく、以前から正月やお盆の時期のホテル代金が、毎年のように政治資金で賄われていた

舛添都知事の政治資金問題

 正月やお盆の時期の宿泊費は、舛添氏が代表の新党改革支部など四つの政治団体の政治資金収支報告書に記載されていた。宿泊前後の舛添氏のツイートやブログには、「家族サービス」などの記載もあった。

 例えば11年1月3日、横浜市のホテルに宿泊費約19万5千円を支払った。舛添氏は同日のツイートで「2日は家族サービスで水族館で終日過ごしました。魚やいるかなど海の生き物を見ていると、心が和みます。何のために政治家をやっているのか分からない愚劣な連中と好対照です」とつぶやいていた。

 10年8月20日には、山口県下関市の温泉観光ホテルに約7万6千円を支出。同日のブログには同市に滞在していたと投稿。初代首相・伊藤博文が愛したとされる同市のふぐ料理店に触れ、「フグを食べることができるのも伊藤のおかげです」。同じ投稿で、翌日に約130キロ離れた福岡市に本社がある民放の番組に生出演するとも書いていた。

 12年8月13日には栃木県日光市の温泉旅館(約8万4千円)、知事就任後の14年8月18日にも東京都港区のホテル(約9万3千円)に宿泊費の支払いがあった。

 舛添氏は13、14年の正月に千葉県木更津市のホテルに支払った計約37万円について、家族が宿泊する客室で、選挙関連の会議をしたと説明。「誤解を与えた」として返金すると述べたが、会議に参加した人数などの具体的な説明はないままだ。

 12年12月の衆院選当時、新党改革の幹事長だった荒井広幸氏(現・代表)は取材に、「(13年の正月に)ホテルに行った記憶はない。年末年始に選挙の反省会をしたことはあったが、三が日はない」。14年2月の都知事選で選挙対策の担当幹部だった自民党関係者も「家族と一緒にいる千葉のホテルまで党の関係者が出向くとは考えにくい」と話す

 収支報告書には、宿泊のほかに、東京・渋谷にある有名シェフのフランス料理店(約11万7千円)や銀座のフランス料理店(約17万6千円)などでの飲食代も計上されている。これらの支出の名目は、「意見交換の経費」だった。(伊藤あずさ、小林恵士)

■支援者「辞めた方がいい」「信頼裏切った」

 舛添氏を支援してきた人たちは複雑な思いを抱く。

 「けしからん。辞めた方がいい」。舛添氏の政治団体に献金したこともある東京都多摩地方の農業の男性(67)は言う。2年半前、猪瀬直樹・前知事が徳洲会からの5千万円受領問題で辞任した際、舛添氏は「都政への信頼を裏切った」と批判し、立候補した。男性はクリーンなイメージに期待し、選挙事務所にも応援に行った。

 長年の自民党員で、地元市議の会計責任者。市議が持参する全ての領収書をチェックし、時に「そんなものは政治資金ではない」と突き返す。それだけに、裏切られた気持ちだという。

 長年支援してきた都内の70代男性も「『全て私の不徳の致すところでした』ときちんと謝って、すっぱり辞めてしまえばいい」。政治資金だけでなく、知事就任後の高額な海外出張費、公用車での別荘通い……。「非常識の一言につきる。大半の都民の信頼を失っている。早く辞めなければ再起の芽もなくなる」

 自民のベテラン都議は、猪瀬前知事の辞任を受け、「お金の部分では大丈夫」と、知事選で舛添氏を全面支援した。なのに再び「政治とカネ」の問題に。「ブーメラン状態になってしまうとは。がっかりなんてもんじゃない。恥ずかしい」

 一方、「せこくてケチと言われても仕方がないが、都政にかける情熱は本物。何とかこの難局を乗り切って欲しい」と言うのは高校時代の同級生だ。舛添氏の政治的な能力は高く評価しているといい、「都民もマスコミも、もう少し冷静になって問題の軽重を考えた方がいいのでは」と話す。


愚劣なのはキサマだチョンゾエ!!!!

終日遊んでただ?


そのカネは政治資金だろが!!!!

毎年毎年政治資金で遊びほうけてたクズが


立候補前だけ会議してましたで通用すると

思ってんのかクズ野郎が!!!!



これが崩れれば美術品もホームセンターも

ヤフオクも車2台も家賃も何一つ言い訳不可能


だな!!!!

使い込んだカネは全額返還だ!!!!


キサマにそのカネはあるのか?(縛w


類は友を呼ぶというが、キサマの同級生もたいがい


クズだなぁ!!!!

何が事の軽重だ!!!!


わかってないのはキサマだ!!!!


政治資金規正法ってのは政治家の資質を


問うための法律だろが!!!!

これで有罪確実な不正をやった人間には


政治家の資格なんかねぇんだよ!!!!


奇痴害せんべいBBAは真摯な反省の欠片もなく


「何一つ間違ってないニダ!」

と喚いてたが、間違いだらけだろが!!!!


新井も自民も正月に懐疑なんかしてねぇって

よ!!!!


じゃあ誰と会議したんだ!!!!

誰に立候補の相談をしたんだ!!!!


言ってみろ!!!!


この件一つで充分辞職だ!!!!


第三者に発注する必要なんかねぇ!!!!

今すぐ辞めろ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR