現在の閲覧者数:

【うんこ通信】チョンゾエは犯罪者、で押し通す予定(縛w

.
「いつか要一は…」 疑惑だらけの舛添都知事の亡き姉の予言〈AERA〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160530-00000184-sasahi-pol

news「いつか要一は…」 疑惑だらけの舛添都知事の亡き姉の予言〈AERA〉


 東大法学部で鳩山邦夫と首席を争った、天才政治学者の政治資金流用疑惑。ドケチ、タカリの人物像はいかにして形成されたのか。

 すでに「釈明会見」も3回目。記者からの追及にも慣れた様子で、5月27日の会見では、舛添要一東京都知事(67)にはかつてのプライドの高さが戻っていた。

「疑惑のすべてが黒という訳ではない。今にでも言いたいことはありますよ

 先週の会見では声に弱々しさをにじませていた。しかし、政治資金の私的流用疑惑などについて元検事の弁護士2人へ調査依頼を済ませたことで安堵したのか、受け答えにはどこか自信が見受けられた。とくに、回答を引き延ばしているのではないかとの追及に対しては、

「まったく違います! 集中して(調査を)やることが最大の目的であって、厳正にやらないといけない。一日も早く結果を出すために(弁護士名を明かさないという)判断をした」

 自身の能力に絶対的な自信を持ち、人を見下さんばかりの高いプライドを持つ舛添氏。外遊の往復はファーストクラス、宿泊は最高級ホテルのスイートルーム。部屋で要人と会うこともあるから仕方ないのだそうだ。

●生活保護の姉の扶養要請を断る

 他者への比類なき攻撃性と、自分の欲望を満たすことにかける絶対的な情熱の源流を辿った。

「あんなにウソばっかりついて他人を傷つけて、いつか要一は手痛いしっぺ返しを食らう。5年前にそう言い残して膵臓がんで亡くなった、母の予言通りになりましたね。ずっと詐欺のようなことをしてきたのですから、同情の余地はありません」

 舛添氏の姪がそう語る母とは、11歳年長の長姉のこと。4人の姉を持つ末っ子として八幡市(現在の北九州市)で生まれ育った舛添氏は、中学2年で父・弥次郎さんを亡くした。戦前は炭鉱を持ち、戦後は市場で八百屋を経営していたという父が死んでから、舛添家は教員資格を持つ長姉と、長姉と結婚した会社員の夫が大黒柱になった。成績優秀な舛添氏を東大進学で東京に送り出した長姉夫妻は、年の離れた舛添氏を我が子のように可愛がった。東大の体質を批判して1989年に教員を退官、国際政治学者としてテレビの討論番組に出演するようになると欠かさずビデオ録画して応援していたという。

 母親のユキノさんの面倒を長年見てきたのも、長姉夫妻だった。ところが舛添氏は98年に出版した『母に襁褓をあてるとき─介護 闘いの日々』を出版、認知症が進む母の介護を巡って長姉夫妻を悪しざまに罵った。その後もあらゆるメディアで介護体験を自慢して名を売り、「母」「介護」「痴呆」などのキーワードのタイトル本を少なくとも9冊も著し、2007年の第1次安倍政権で厚生労働大臣の座を射止めた。

 長姉夫妻は長年沈黙を守っていたが、同年、週刊文春が3回にわたって掲載した「舛添要一『消せない過去』」で重い口を開き、「要一が本で書いている内容は、全部反対の話だと理解してもらったらいい」と当時、取材した筆者(大平)に語った。

 このシリーズでは、長年生活保護を受給していた4番目の姉を扶養するよう北九州市が要請したにもかかわらず、断ったことも報じた。92年ごろのことだ。当時、売れっ子の国際政治学者だった舛添氏は、バブルを謳歌していた。講演だけで一日300万円、多い年で年間3億円を稼いだ北海道白老町に建てた別荘で女優たちと温泉に入ったり乗馬を楽しんだり、都内にも複数のマンションを所有して、世田谷の自宅は3億円で購入したなどと、インタビューで臆面もなく語っていた。その一方で、実の姉に救いの手を差し伸べようとしない理由が、「冷血」以外奈辺にあるのか問い質そうとしたが、舛添氏は「ダメです。不愉快です」と意味不明の対応で取り付く島もなかった。

 さらに、片山さつき参院議員や、フランス人女性との結婚だけでなく、片山氏と結婚していた88年当時に愛人Xさんに男児を産ませて後に認知、さらに91年と95年には別の女性Yさんに2女を産ませた後、96年に現在の妻と結婚したことなども報じた。Yさんは婚約不履行を理由に訴訟で慰謝料を請求、Xさんも出産した男児が重度の障害を抱え、ここまでの生活は並大抵の苦労ではなかったという。

●お金出ない人と付き合わない

 これだけではない。県立八幡高校時代からの親友だったFさんには四つ年下の妹Zさんがいて、舛添氏は彼女との結婚をほのめかして土建業のF家からも多額のカネを引っ張った。それでもFさんは舛添氏を支援したが、母の介護を巡って実情を知るF家とは疎遠になった。Fさんは6年前に亡くなり、Zさんも現在末期がんの床に伏せっている。

 長姉にも、後を追うように同じ年に亡くなった義兄にも、Fさんに対しても、舛添氏からは何のお悔やみもなかったという。

「あの人は、お金が出ない人とはお付き合いしません。私は、もう関わりたくありません」

 2年前の都知事就任時、そう落胆していたZさんは今回、舛添氏が政治資金で「龍宮城スパホテル三日月」に2年連続で正月家族旅行に興じていた週刊文春報道を受けた記者会見のテレビ中継を見て、筆者にこうメールしてきた。

「テレビみました。すっきりしました。私は、がんの末期であと少ししか生きませんがよくぞやってくれました」


 これまで数々の疑惑を報じられながら、運良く切り抜けてきたが、今回ばかりは外堀を埋められ浮かぶ瀬が見つかりそうもない。

 舛添氏はかつて、中学時代に死んだ父のルーツを求め、『花と龍』『麦と兵隊』などで知られる芥川賞作家、火野葦平の旧居「河伯洞」(北九州市若松区)を訪れたことがある。00年の初夏。手には1930年に若松市議選を戦ったという父の選挙ビラがあった。「舛添弥次郎」の右横には片仮名で、左横にはハングルでルビが振ってある。その謎を解くために、当時の選挙戦の様子を『花と龍』などで描いた葦平に、縁を求めてやってきたのだ。

●火野葦平の掛け軸を「購入」

 葦平の三男で河伯洞管理人の玉井史太郎さん(79)が振り返る。

「そのハングルの選挙ビラを持って、臨月でおなかの大きな奥さんと一緒に来ました。昭和16年に出版されて絶版になっている葦平の『美しき地図』の中で、選挙協力を求められていた主人公の朝鮮人の友人が『入れられなくなりました。こらへて下さい。今度、朝鮮のひと、候補に出る。仕方ありません』との記述を見つけ、喜んでいました」

 舛添氏は「現代」01年1月号でこのエピソードを「参政権が朝鮮人にあった『戦前』を考える 立候補した父親とハングルの選挙ビラ」で書き残している。

 そんな縁もあり、舛添氏はその後も2度ほど河伯洞を訪れ、玉井さんも毎月「河伯洞だより」を欠かさず舛添氏に郵送してきた。10年12月に発刊した記念誌「あしへい13」には舛添氏がこんな寄稿をしている。

<先日、懇意にしている東京本郷の古本屋が葦平の掛け軸を持ってきた>

 河童の絵をあしらった葦平の軸を額装し、背景にして舛添氏が一緒に写真に収まっている。玉井さんは嘆息した。

「掛け軸も政治資金で購入されてたりしたら目も当てられません。みみっちいと言うか、あれがあの人の本質やったんかな。厚労大臣のときはSP5人に若松警察署長まで連れて嬉しそうに来てましたけどね。河伯洞だよりも今月から送るのやめます」(編集部・大平誠、作田裕史、宮下直之)



東京ではなく平昌?舛添都知事が向ける”五輪”への熱視線
http://www.excite.co.jp/News/society_clm/20160528/DailyNews_1136345.html

news東京ではなく平昌?舛添都知事が向ける”五輪”への熱視線


 恐れていた事態が迫ってきた──。

「(平昌五輪は)韓日関係に肯定的な影響を与えると考えている。ちょうど2020年の東京五輪もあるので、日本と緊密に協議していく」

 こう語ったのは、新たに2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック・パラリンピック組織委員会の委員長に就任した李煕範(イ・ヒボム)氏。元韓国産業資源部(現・産業通商資源部)長官だけに、

「私は韓日財界会議のメンバーとして活動して、韓日間の協力の必要性を強調してきた」

 ……そもそも平昌五輪は、数々の懸念と不安を指摘されてきた。降雪量の少なさ、資金・スポンサー不足、競技場などインフラ整備の遅れ。あげく建設業者が記者会見に乱入し、「金も払わないで何が世界の祭りだ!」と未払いを告発して世界に恥を曝したこともあった。今回、開催まで630日と迫った段階で趙亮鎬(チョ・ヤンホ)氏が電撃辞任(注1)して組織委員長が交代したことにも、動揺が広がっている。

 これまでも施設建設の資金やノウハウが無い競技について、「日本と共同開催(分催)すべき」と主張した韓国メディアはあった(注2)。しかし遂に、五輪組織委員長というトップが日本密着を宣言したというわけだ。あれだけ反発や怨嗟をぶつけてきて、困った時だけ日本頼みというのも理解に苦しむが、実際にそれが可能なのだろうか。

「さすがに、今から日本国内での分催は現実的じゃない。平昌五輪五輪委員会からは主にスポンサー面、資金面での協力要請が来ると思われます。なりふり構わず政治ルートも使ってくるでしょう」(スポーツジャーナリスト)

 そこで浮上してくるのが、いま渦中の<あの男>だ。 

■韓国のために辞任できない?

 <あの男>とは常々、「わが家は先祖代々朝鮮半島とはゆかりが深く」「韓国に恩返ししたい」と発言してきた舛添要一都知事のことだ。 

 保育所転用案を無視して都有地に韓国学校増設を決めたのに始まり、毎日のように金銭疑惑が露見し、弁明のたびに「辞任しろ!」の罵声が強まっている舛添氏。平昌五輪については、どういうスタンスなのか?

「長野で平昌五輪のボブスレー競技をやったとして、誰がカネを払うの?」と、さすがの親韓・舛添都知事も分催には否定的だった。だが一方では朴槿恵大統領と会談した際に、「オリンピックは2018年に平昌、2020年に東京で開かれる。ともにアジアの国なので協力して成功させようということで一致した」と発表している。

 東京で開けない分催には消極的だが、何らかの協力には意欲満々、といったところか。いま安倍総理は韓国との間に適度な距離を保ち、<密着>とは言い難い状態だ。韓国としては、都内だけでGDP 92兆円(注3)を超え、世界的大企業が本社を置く東京の協力は、喉から手が出るほど欲しいだろう。

 これだけバッシングを浴びながら、頑なに辞任を否定する舛添都知事。その踏ん張りは<韓国に恩返し>したい一心か? どちらにしろ今まで以上に、税金の使われ方に目を光らせなくてはいけない。




舛添氏 上海の土産物店で14万円購入、政治資金“消耗品”で支出
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160526-00000085-jnn-soci

news舛添氏 上海の土産物店で14万円購入、政治資金“消耗品”で支出


 政治資金の使い道をめぐり、疑惑が噴出している東京都の舛添知事ですが、5年前、東日本大震災が起きた日の翌日、上海の土産物店で政治資金を使っておよそ14万円の買い物をしていました。いったい何を購入したのでしょうか。

 26日朝、IOCの会合に出席しメンバーらと笑顔で挨拶を交わす舛添都知事。政治資金の私的利用の問題をめぐり、新たな疑惑が浮上しました。

 中国の上海国際空港。たくさんの土産店が並んでいます。このなかの、ある土産店で舛添知事が買い物をしていました。日付は2011年3月12日。舛添知事は東日本大震災のあった3月11日に中国・上海で講演。

 「上海を訪れた舛添知事は、政治資金の中からおよそ14万円を消耗品として支出していますが、使用した先は空港の中の店舗でした」(記者)

 政治資金収支報告書によると、舛添知事は空港内の土産店で13万9178円を支出。名目は「消耗品」で、中国の当時のレートで換算すると、およそ1万1000人民元。何を購入したのでしょうか。

 「(工芸品の)最も高いもの?数千元のものもありますよ。(1万1000人民元なら)高額な服を2、3着分くらい」(中国の土産店店員)

 この土産店は、中国の民族衣装や伝統工芸品を扱っているといいます。

 「パンダは中国の国宝です。パンダの文房具やお土産もあります。自分用でもいいし、人にプレゼントしてもいいですよ」(中国の土産店店員)

 土産店で購入した「消耗品」。政治資金から支出したのは適切だったのでしょうか。先週の記者会見では。

 「東日本大震災の翌日なんですが、上海で13万円も何を購入したのか?」(記者)
 「これも今、記憶にありません」(舛添要一都知事)


 舛添知事の過去の政治資金収支報告書には、「消耗品」として数多くの支出が記載されています。舛添知事の別荘がある神奈川県湯河原町。町にある衣料品店では、こんなものも消耗品として購入されていました。

 「(自分の)肌着と子どものパジャマ。レシート式の領収書で宛名は書かないです」(衣料品店の店員)

 都内の文具店でも消耗品として支出が。

 「書道の勉強がしたいので何から勉強したらいいかなと。その時は領収書なんて何も言わなかった」(文房具店の店員)

 15年ほど前から書道の勉強をしたいと言って、この文具店をよく訪れ筆などを購入。最初の数年は領収書をもらっていなかったといいます。政治活動と関係があったのでしょうか。

 6日後に都議会が迫り、民進党会派は舛添知事の疑惑について調査チームを設置。政治資金が使われた様々な支出。消耗品も適切だったのでしょうか。都議会での追及も厳しさを増しそうです。(26日16:48)




舛添氏、ベッキー語で揶揄される「第三者で押し通す予定!笑」「ありがとう文春!」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160521-00000096-dal-ent

news舛添氏、ベッキー語で揶揄される「第三者で押し通す予定!笑」「ありがとう文春!」


 政治資金の私的流用疑惑が噴出している東京都の舛添要一知事が20日の定例会見で、数々の疑惑に関して「第三者の厳しい目で調べてもらう」と繰り返して説明を避け続けたことに、ネット上ではタレント・ベッキーの不倫騒動に引っかけ「第三者で押し通す予定!笑」などと揶揄する投稿が相次いでいる。

 舛添氏は、今後、弁護士などに調査依頼する方針をタテに、2時間15分の会見で「第三者-」を約70回も連発し、回答を避けた。

 これにはネット上でも批判と同時に失笑も広がった様子で、ベッキーが1月の釈明会見前日にLINEで「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音と交わした「友達で押し通す予定!笑」をもじり、ツイッターには「厳しい第三者の目で押し通す予定!笑」「弁護士に一任で押し通す予定 笑」「精査しますで押し通す予定!笑」との書き込みが相次いだ。

 またベッキーの発言に川谷が返した文言なども引用し「逆に堂々とできるキッカケになるかも」「私はそう思っているよ」「ありがとう文春!」「センテンススプリング!」との投稿も。

 今回の舛添氏問題に関して、週刊文春は公用車問題や、政党交付金ネコババ疑惑などを報じている。



ついに親族からも地祭りに上げられる

チョンゾエ(縛w


チョンゾエがチョンなら親族もチョンのはず

なんだが、そのチョンでも許せないようでつね。



今でも喚きたいことがあるなら喚けばいい。

「公判中なので発言できない」ならまだしも、


弁護士に依頼したぐらいで発言できないと喚く

のは、全く法的根拠のカケラもないでつね。



弁護士に聞かれるであろうことを記者に聞かれて

も答えねぇのは、自称第三者に密室で大ウソを


つき、それだけの根拠で「問題ないニダ!」と

喚いた挙句に、質疑応答の内容は非公表にして


逃げ切ろうという姑息な魂胆ってことでつね。


親の介護はすべてテメェの手柄にし、3億稼いで


も姉にナマポを流してたクズが厚労大臣とか

笑止千万!!!!


ナマポ芸人とやってることが同じだろが!!!!



さらに、五輪でチョンにカネを流そうとするのも


テメェの個人的趣味趣向!!!!

チョンに恩返ししたいならテメェのカネで


破産するまでやれ!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

あ、本当だ...河本純一とかいう方とそのまんま同じだったわけですね、これ。
随分とさもしい輩ですね。ここまでだとかなしいモノがありますねぇ...。こんなのがトップって、異常事態そのものにしか考えられない。どケチな税金浪費のスペシャリスト。最低にも程がある。
自分は千葉県民なのですが、何か出来る事ないですかね?

余談ですが、こいつはジョジョのスタンドのキングクリムゾンだかににそっくり...正に吐き気をもよおす邪悪だかですね(笑)。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR