現在の閲覧者数:

【うんこ通信】ウリナラの国技

.
韓国、監視対象の性犯罪前科者が急増で管理に限界=「去勢を」の声も
http://news.goo.ne.jp/article/recordchina/world/recordchina-RC_142228.html

news韓国、監視対象の性犯罪前科者が急増で管理に限界=「去勢を」の声も


2016年6月20日、韓国で24時間のGPS監視対象となっていた特殊強盗強姦(ごうかん)の前科者が殺人容疑で逮捕された事件を受け、SBSなど複数の韓国メディアが、監視対象者の人数が管理の限界を超えてしまっていると報じた。

韓国では08年、重大な性犯罪などの前科者による再犯を防ぐため、対象者に24時間位置確認が可能な電子足輪(GPSアンクレット)を装着させる策を導入した。しかし対象者の移動は基本的に制限されない。このほど殺人事件の容疑者として逮捕された男も、自宅のあるソウルだけでなく全国を自由に巡り、先月には足輪を着けたまま中国にも行っていたことが分かっている。管理する法務部は、位置追跡を行いながらも犯行自体を防止することはできていないのが実情だ。

要因の一つに、監視対象者の急増がある。08年に151人だった対象者は今年6月現在2501人、制度導入から実に16倍に増えている。これに対し保護観察の専任要員は119人で、1人が同時に約20人を監視している状態だ。

法務部はこうした点を考慮し、目下、乱闘や悲鳴など犯罪につながる情報を感知できる「外部情報センサー付き電子足輪」の開発に取り組んでいる。

これについて、韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられた。

「ほとんどアクセサリー状態じゃないか」
「まったくの強姦王国だな。この際、犯罪者の人権など考慮する必要はない」
「体の中にチップを埋め込んで、地下鉄やスーパーを利用するたびに『前科何犯です』と言ってくれるような仕組みはどうかな」

「物理的な去勢を望む」
「再犯の可能性のある性犯罪者がそんなに多いの?」
「電子足輪の導入で再犯は減ったのかな」
「被害者より加害者の面倒をよく見る変な国」

「足輪は意味がない。首輪にすべき。それなら周りの人も分かって避けるようになるはず」
「顔に『性犯罪者』と入れ墨をすればいい」
「額か頬に焼き印でもすれば管理しやすい」
(翻訳・編集/吉金)




オーストラリア軍、訓練兵同士にレイプ強制の過去 公式調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00000039-jij_afp-int

newsオーストラリア軍、訓練兵同士にレイプ強制の過去 公式調査


【AFP=時事】1960年代から80年代にかけてオーストラリア軍に所属した10代の訓練兵たちが、入隊の際の「通過儀礼」的な習わしとして互いを強制的にレイプさせられていたことが、児童の性的虐待に関する公式調査の結果として21日、明らかにされた。

 豪政府が児童に対する性的虐待疑惑を調査するため2013年に設置した「児童性的虐待への機関の対応を調査する王立委員会(Royal Commission into Institutional Responses to Child Sexual Abuse)」は、これまでに教会やスポーツ団体、エンターテインメント産業などにおける児童への性的虐待を調査してきたが、現在は焦点を豪軍に当てている。

 調査対象となっているのは、1960~80年代に海軍と陸軍がそれぞれ使用していた2か所の訓練施設。調査を補佐するアンガス・スチュアート(Angus Stewart)弁護士によれば、オーストラリア軍内の児童性的虐待について委員会と接触した111人のうち50人が、この2か所のどちらかに関わりがあった。

 海軍の訓練生だった証言者らは、15~16歳で入隊した最初の6か月間、性的に虐待されていたことを暴露。スチュアート氏は「王立委員会の聴取によると、虐待の大半は非公式な上下関係の一部として年上の訓練生によって行われ、海軍の新兵を「調教」し、屈辱を与えるように考案され儀式化した「弱者いじめ」の行為として、上級生が身体的・性的に下級生を虐待していた」と述べた。

 こうしたいじめには、新入生を押さえつけ、性器にブーツ磨き用のクリームや歯磨き粉、時にはブラシをこすりつける「ブラックボーリング」や「ナゲッティング」と呼ばれる行為や、シャワーを浴びている最中に性器をつかむ「ゴッチャ」と呼ばれた行為も含まれていた。また「ロイヤルフラッシュ」と呼ばれ、下級生が同級生の頭を使用済みのトイレの便器内に押さえさせられ、水を流すといった行為もあった。

 さらにスチュアート氏は「性器に触れることやマスターベーション、オーラルセックス、肛門への性器やその他の物の挿入といった深刻な性的虐待を受けていた証拠が提示されるだろう」と述べた。被害者の多くは恥や恐怖を感じて犯罪を報告することがほとんどなかったという。また報告をしても信じてもらえなかったり、そうした経験は「通過儀礼だ」と言われたりしたという。

 豪軍は過去5年の間、1940年代までさかのぼった虐待に関する2度にわたる大規模調査の対象となっており、軍内部の習わしへの改革に乗り出している。【翻訳編集】 AFPBB News



「強姦はウリナラの国技ニダ!」(縛w

「強姦魔を監視しようと思ったら多杉て


監視できなくなったニダ!」(縛w

「みんなで足輪つければ怖くないニダ!」(縛w


「足輪の効果は全く分からないニダ!」(縛w

これが下等生物(縛w



去勢とか入れ墨にしたら、下等生物は全員

ちんこなしか入れ墨人間だな!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


その下等生物と同レベルなのが。。。

「入隊少年を調教するニダ!」


「ちんこにワックス塗れニダ!」

「うんこの臭い嗅がせろニダ!」


「少年のちんこはフェラが捗るニダ!」

「少年にアナルファック、サイコーニダ!」


「報告は受けたけどシカトニダ!」

と喚く嘔自慰(縛w


エ下劣連邦最高杉ワロタ!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





今日の吉祥寺駅前。安倍晋三がはなしてた。カウンター、多かった。
https://twitter.com/_natsukik/status/744451462277660673?lang=ja

twt今日の吉祥寺駅前。安倍晋三がはなしてた。カウンター、多かった。




またキムか!!!!

なりすましがプラカード持って


ヘイトスピーチ!!!!

全匹捕獲して処分しろ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





【外信コラム】韓国では自転車不要の生活 「日本の子供はみんな自転車に乗れる」に驚き
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00000509-san-kr

news【外信コラム】韓国では自転車不要の生活 「日本の子供はみんな自転車に乗れる」に驚き


 自宅付近で、小学生の女の子と母親の会話が耳に入ってきた。

 「お母さん、日本の子供はみんな自転車に乗れるそうだよ」

 「そうなの? すごいねえ」

 日本で小学生が普通に自転車に乗ることが、韓国の子供の間で話題になっているようだ。母娘の話から、日常生活と自転車の関わりの日韓の差を感じた。

 小学校に入学したころ、「乗れないと恥ずかしい」と思い、倒れつつも一生懸命、自転車の練習を繰り返した記憶がある。中学と高校も自転車通学だった。日本で自転車は生活に必要な道具であり、買い物や通勤、通学に当然のように使われる。

 ところが、ソウルの街中ではほとんど自転車を見かけない。地方の中高生が自転車通学しているという話も聞かない。韓国で一昔前まで、配達などの運搬手段とみなされていた自転車は、今や川辺や公園の中で楽しむ余暇の道具となっている。

 ソウルに初めて赴任した日本人駐在員の家族は自転車を持ってこようとしたが、韓国人の説得で諦めたという。当地で暮らしてみて事故の危険を実感し納得したそうだ。知人の韓国人警察官は日本との交通秩序の差を認めつつ、「自転車が街中を走らないことで事故は抑制されている」と苦笑しながら語っていた。(名村隆寛)



「自転車は国技じゃないニダ。。。」

日本では子供でも自転車に乗れる、じゃなくて


子供でも「一輪車に乗れる」だぞ(縛w


おっと、勘違いすんなよ?


キサマらチョンが二車輪を作れなくて使ってた

一輪車とは違うからな!!!!(縛w



「ウリナラには自転車ないから事故が少ないニダ!」

と喚くなら、自動車全て禁止しろや!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

かの国は水車さえなかったとか...車輪を作る技術が存在しなかったらしいですね。
そういえば以前、かの国の百年前と検索したことがあったのですが...あれは凄かった。ソウルの百年前なんて、あれスラムそのもの。歪な掘っ建て小屋みたいなのが延々と広がってましたね。そして全員白い服着てましたね。見事全員でしたね。
その中の写真に、白い服を着ていないオッサンがこれまた歪な一輪車に棒をくっ付けて台をおいた様な乗り物?を白い服を着た連中数人で押させているものがありました。あれはたまげたなぁ。本当に車輪さえ作れなかったのですね。
そんな国の車なんか絶対に乗りたくないですね(笑)。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR