現在の閲覧者数:

下手人の風岡を斬種せよ!!!!

.
宮内庁長官「第三者の推測適当でない」、生前退位めぐり
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160714-00000067-jnn-soci

news宮内庁長官「第三者の推測適当でない」、生前退位めぐり


 天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を示されていることが明らかになりました。これについて宮内庁の長官は14日、「第三者が推測をしたり、解説をしたりすることは適当ではない」と述べ、事実関係についての説明を避けました。

 14日まで神奈川県葉山町で静養されていた天皇皇后両陛下は、午後4時半ごろ、沿道の人々に窓を開けて笑顔で手を振りながら御用邸を後にされました。

 天皇陛下が「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されているという、13日からの報道を受けて、宮内庁のトップである風岡典之長官は14日の定例会見で、陛下のお気持ちについて、こう述べました。

 「憲法上のお立ち場から、制度について具体的な言及は控えられている。宮内庁の幹部を含めて第三者が推測をしたり、解説をしたりすることは適当ではない」(風岡典之長官)

 その上で、「お務めの状況からも明らかなように、健康上の問題があるわけではまったくない」と述べました。両陛下には、すでに報道があったことについての報告は行われたということです。

 一方、政府は、今後時間をかけて慎重に対応を検討するものとみられます。

 「報道に対して事柄の性格上、コメントすることは差し控えさせていただきたい」(安倍晋三 首相)

 「報道は承知していますが、政府としてコメントすることは控えたい」(菅義偉 官房長官)


 安倍総理と菅官房長官は、記者の質問に対しこのように答えましたが、政府部内では、皇室典範の改正を検討する動きが水面下で始まっていて、天皇陛下の「生前退位」についても議論となる可能性があります。

 「陛下のご内心のことを他者が推し量って判断するというのは畏れ多いことだ」(政府関係者)
 「天皇のお言葉で何も発信されていない段階でコメントするのは失礼にあたる」(政府関係者)

 「これは時間がかかる話だ」(政府関係者)

 政府関係者からはこのような声が聞かれます。

 「天皇皇后両陛下を乗せられた御用車が今、葉山の御用邸を後にします」(記者)

 天皇皇后両陛下が静養されていた葉山の御用邸の周辺では、両陛下と会話を交わした人も少なくありません。

 「ゆっくりされて、今まで大変だったから、自分の好きなことを美智子さまとおやりになったらいい」(女性)

 また、葉山で代々薬局を営むこちらの女性は、両陛下との最近のエピソードについて次のように話しました。

 「今年の2月8日。『お母さま元気でいらっしゃいますか』と入っていらして、(両陛下に)20年前の写真の話したら、『ああ、あのときは』と覚えてらっしゃいました。驚くというか、いいご決断」(女性)

 仮に実現すればおよそ200年ぶりとなる天皇陛下の「生前退位」。今後の議論の行方が注目されます。(14日18:45)




陛下自身、お気持ち公表も=退位意向、数年前から―宮内庁長官、改めて否定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160714-00000125-jij-soci

news陛下自身、お気持ち公表も=退位意向、数年前から―宮内庁長官、改めて否定


 天皇陛下の生前退位に関し、宮内庁が何らかの方法で陛下の意向を公表するため、水面下の検討を続けていることが14日、関係者への取材で分かった。

 陛下自身が内外にお気持ちを直接伝えられることも検討されているという。

 政府関係者によると、陛下は数年前から、天皇の生前退位について、周辺の近い関係者に、光格天皇を最後に約200年行われていないことなどに言及していた。生前退位に関する規定がない皇室典範についても理解しているという。

 政府は世論を見極めながら、典範改正や新法制定の検討準備を慎重に進めるとみられる。

 一方、宮内庁の風岡典之長官は14日午後の定例会見で、陛下が退位の意向を同庁関係者に示したことを改めて否定。意向の公表についても「具体的な予定はない」としたが、「ご活動をされる中で、いろいろなお考えをお持ちになることは自然でありうることだ」とも述べた。

 風岡長官は会見で、陛下は憲法上の象徴天皇として、国政に関する権能を有しないとの立場にあり、「これまでも制度に関わることは国会の議論に委ねたいと説明されており、生前退位という制度について言及されたという事実はない」と明言。陛下がどのようなお気持ちを持っているかについては「第三者が推測したり、解説したりすることは適当ではない」と述べた。

 また、陛下が心臓の冠動脈バイパス手術を受けた2012年の春ごろから定期的に続いている陛下皇太子さま、秋篠宮さまの会談では、天皇の「定年制」に関するような議論はされていないと説明。首相官邸とは普段から皇室問題について相談しているものの、生前退位に関してすりあわせをしてきた事実もないと話した。 




宮内庁長官 生前退位「コメント差し控えたい」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160714/k10010595901000.html

news宮内庁長官 生前退位「コメント差し控えたい」


宮内庁の風岡典之長官は14日の定例の記者会見で、天皇陛下が退位の意向を宮内庁関係者に示されたという報道について見解を問われ、それを否定したうえで、「おつとめを行っていかれる中でいろんな考えをお持ちになることはありえるがコメントを差し控えたい」と話しました。

また、天皇陛下の生前退位は国の制度の問題だとして「天皇陛下は憲法上の立場から、制度については具体的な言及を控えられている」と説明しました。
一方で、「天皇陛下も毎年お年を召すわけで、将来のことを考えると今までどおりおつとめを果たすことが難しくなるということが一般的にはありえることなのでそれを踏まえて幅広く考える事は必要なことだ」と述べました。




<生前退位意向>5月から検討加速 宮内庁幹部ら5人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160714-00000055-mai-soci

news<生前退位意向>5月から検討加速 宮内庁幹部ら5人


 明治時代以降初となる天皇の「生前退位」に関し、天皇陛下のご意向を受け、宮内庁の一部の幹部が水面下で検討を進めていたことが分かった。今年月半ばから会合を重ねて検討が本格化。首相官邸にも連絡してすり合わせてきた。こうした動きは内々に進められてきたが、天皇制に関する転換点であることを踏まえ、今後、公表のタイミングを計り、広く国民の理解を図る考えだ。

 宮内庁関係者によると、検討を進めていたのは、風岡典之長官ら「オモテ」と呼ばれる同庁の官庁機構トップ2人と、「オク」と呼ばれ、陛下の私的活動も支える侍従職のトップ2人。皇室制度に詳しいOB1人が加わり、皇室制度の重要事項について検討。「4+1」会合とも呼ばれている。

 陛下は年前から、皇太子さま、秋篠宮さまと3人でお会いする機会を月1回程度設けてきた。この中で、今後の皇室に関する話題も出ることがあったという。

 「4+1」会合はそれを受けて開かれることもあり、5月半ばから、早朝に会合を行うなど活動が加速。生前退位に伴う手続きの検討とみられ、午前8時過ぎに同庁長官室に集まることもあった。頻繁に会合を重ね、皇室典範の改正や新法、元号の問題、退位後の呼称なども検討。結果を首相官邸の杉田和博官房副長官とすり合わせ、方向性が定まったことについては両陛下に河相周夫侍従長らが報告してきた。

 最近では、両陛下が静養のため神奈川県の葉山御用邸に出発した今月11日の前日にも報告しており、風岡長官は参院選の最中にも官邸に足を運んでいた。【大久保和夫、高島博之】




政府 極秘に皇室典範の改正を準備
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160714-00000015-nnn-pol

news政府 極秘に皇室典範の改正を準備


 天皇陛下が、生前に天皇の位を皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を持たれていることが明らかになった。一方で、首相官邸の皇室典範改正準備室がひそかに必要な法改正などの準備に入っていることも明らかになった。

 政府関係者によると、宮内庁や内閣法制局の勤務経験がある10人ほどの官僚からなる皇室典範改正準備室の態勢が強化され、すでに法改正などの準備に入っていたという。政府内でもこの動きは極秘とされ、限られた人しか知らされていなかったという。

 政府高官は、皇室典範の改正など生前退位に向けた法改正について「そんなに簡単な話ではない。戦後の議論がすべてひっくり返ることになる」と述べ、難しい調整になるとの認識を示している。




生前退位「コメント控える」=安倍首相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160714-00000054-jij-pol

news生前退位「コメント控える」=安倍首相


 安倍晋三首相は14日午前、天皇陛下が生前退位の意向を示されていることについて「さまざまな報道があることは承知している。事柄の性格上、コメントすることは差し控えたい」と述べた。

 羽田空港で記者団の質問に答えた。

 菅義偉官房長官も同日午前の記者会見で、「政府としてコメントは控えたい」と述べた。その上で「皇族の減少にどう対応するか、杉田和博官房副長官の下、内閣官房の皇室典範改正準備室を中心に検討はしている」と説明。ただ、準備室での退位制度の検討については、「考えていない」と否定した。

 公明党の山口那津男代表は記者会見で「今後の推移がどうなるか定かでもないので冷静に見ていきたい」と述べた上で、「天皇の地位は憲法を踏まえ、皇室典範の規定で置かれているわけで極めて重要だ。慎重に考えていくべきことだと思う」と語った。 




官房長官 生前退位に向けた皇室典範改正考えてない
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160714/k10010595181000.html

news官房長官 生前退位に向けた皇室典範改正考えてない


菅官房長官は午前の記者会見で、天皇陛下が数年内に天皇の位を皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示され、天皇陛下自身が広く内外にお気持ちを表す方向で調整が進められていることについて、政府としてコメントは控えるとしたうえで、現段階で生前退位に向けた皇室典範の改正などは考えていないと述べました。

天皇陛下は、数年内に天皇の位を皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示され、天皇陛下自身が広く内外にお気持ちを表す方向で調整が進められています。

これについて、菅官房長官は午前の記者会見で、「報道は承知しているが、政府としてコメントすることは控えたい」と述べました。また、菅官房長官は、記者団が「天皇陛下の意向を事前に把握していたのか」と質問したのに対し、「全く承知していない」と述べたほか、事実関係を宮内庁に確認する考えはないという認識を示しました。

さらに、菅官房長官は、記者団が生前退位に向けた皇室典範の改正などを政府内で検討しているのか質問したのに対し、皇族の減少の問題にどう対応するか、杉田官房副長官の下に設けた内閣官房皇室典範改正準備室を中心に検討を行っているものの、現段階で生前退位に向けた皇室典範の改正などは、考えていないと述べました。



ガリガリ君戦法のクズ宮内庁!!!!

「そのような事実はないニダ!」
「コメントは控えるニダ!」
「”第三者”の推測は適当じゃないニダ!」
「健康上の問題はないニダ!」
「擦り合わせもしてないニダ!」
「色々お考えはお持ちになるニダ!」 ←ココカラ
「お歳をお召しなので幅広く考えるニダ!」
「4+1ニダ!」
「擦り合わせてるニダ!」
「11日にも報告したニダ!」


会見で生前退位を否定しながらも、

「幅広く」「いろいろと」


と喚き実は何かあるかのような言い回しで

事態を混乱させる宮内庁長官・風岡!!!!


NHKと組んで騒動を起こしたのはキサマ

だろが!!!!



sea風岡 創価




風岡典之宮内庁次長と公明党・創価学会
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0803/080331-07.html

風岡典之宮内庁次長と公明党・創価学会


論壇編集部様 

 私はある中央官庁の課長の職にある者ですが、最近国土交通省勤務の友人から由々しきことを聞きました。 本来ならば陛下に直接申し上げたいくらいですが、是非とも論談関係者に知っておいていただきたいと思う次第です。

それは、羽毛田長官ともども 「 のーぱんしゃぶしゃぶ官僚 」 として有名な風岡典之宮内庁次長と坂根東宮侍従に関することです。

これは友人の目撃談ですが、風岡次長が国土交通省の事務次官であったとき、友人がたまたま当時の北側大臣 ( 現公明党幹事長 ) に説明することがあり大臣室に行ったところ、何と風岡次官と北側大臣が風岡次官の宮内庁次長就任が内定したと言って、「 歓声を上げ抱き合っており 」、驚いたそうです。 異様な光景ではないでしょうか。

風岡次長については、かつて週刊現代が隠れ創価学会員と報じたことがありますが、この目撃談は、風岡次長の疑惑に関する重要な傍証ではないでしょうか。

また、坂根東宮侍従は、建設省61年入省で、今まで若い年次で旧建設省から東宮侍従に出向した者は皆無であったのに、前例を破って東宮侍従に就任した人物ですが、風岡次長と以前から非常に親しいそうですから、やはり隠れ創価学会員であるか少なくとも風岡の意を受けた東宮工作員である可能性が大です。

また、風岡 ( 旧建設省出身 ) の宮内庁次長就任は、旧自治省、旧厚生省又は旧警察庁出身者に限るという慣例を破るものでしたが、この人事は、当時の北側大臣との喜びようから見て、創価学会の対皇室戦略 ( 侵略作戦 ) ではないでしょうか。

なお、風岡については、明治以降に半島から佐渡ヶ島にやってきた朝鮮人の血筋で、そのために統一教会とも関係があるという噂も聞きます。 また、羽毛田長官は同和出身と言われております。

陛下、皇太子殿下に近侍する要職にこのような胡散臭い連中がいるのは由々しきことです。 それもNo.1、No.2なのですから。

そのような品性劣悪な 「 のーぱんしゃぶしゃぶ 」 長官が恐れ多くも皇太子殿下を叱り飛ばし、風岡と2人で女系天皇を実現しようと企んでいるのです。 皇室はまさに危機に瀕しています。 保守本流の人たちが立ち上がるべきです。

なお、身の安全上匿名にすることをお許し願いたいと思います。 内容に嘘偽りはございません。 一度、警察の公安関係者が出自をはじめとして徹底した身辺調査をすることを望みます。

 平成20年3月30日投稿




風岡典之って今度宮内庁長官になる人が創価学
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1087715290

chie風岡典之って今度宮内庁長官になる人が創価学


憂慮すべき事態が宮内庁に生じています。それば四月一日に宮内庁次長に就任した風岡典之(前国土交通省事務次官)に関するものです。なんと彼は隠れ池田学会員で旧建設省の学会支部長(ただし秘密)のであった人物です。




せんべいの牙城、国交省出身の

宮内庁長官・風岡は札付きのせんべい!!!!


【支那地区通信】支那地区滅亡のリアル分析(後編)

で書いた通り、エ下劣・支那地区の意を受けて

この騒動を起こしてるわけで、エ下劣・支那地区


といえば実行犯はせんべい、自明の理でつね。


上記で一つ出し忘れたんだが、

ten平野達男元復興相が自民入党へ 参院で自民単独過半数、改憲4党で3分の2も

ten平野達男元復興相が自民入党へ 参院で自民単独過半数、改憲4党で3分の2も2
【国内】(??ω??)ピーカーピーカwwwwwwwwwww⇒こちら


これも当然動機の一つでつね。

うちが書いてから2時間後にイヌHKが虚報、


モロバレでつね。


で、「5月から検討してたニダ!」と喚きだすのが


変態新聞!!!!

もはやトリプル満願でつね。



「皇室典範改正準備室が検討してたニダ!」

と喚くゴミウリ@ダメリカの闇がそこにジョイン。


しかしがースーが

「退位の検討なんざしてねぇ!」


と一刀両断で瞬殺!!!!


要するにこの騒動は


・エ下劣EU離脱での攪乱攻撃
・支那地区南シナ海大敗北の報復
・憲法改正の妨害

を狙って起こされたわけでつね。

ならばまともに取り合う必要はない。


「皇室典範を改正する予定はない!」

と一蹴すればいいだけの話でつね。



参院選も終わったばっかりだし、

支持率を気にする必要はない。


。。。おっと、都知事選があった(縛w

しかし自民党公認候補はチョン田(縛w


生前退位問題で強硬姿勢をとればとるほど

チョン田に不利、そしてコイケ屋に有利!!!!


都知事選、都知事選、自民都議連の秘密はね♪

都知事選、都知事選、生前退位の秘密はね♪


。。。教えてあげないよ!!!! ジャン♪

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


生前退位をゴミンスが喚き散らせば喚き散らす

ほど胡散臭くなってきて国民が嫌気する(縛w


安倍もガースーも、むしろ騒動を起こしたヤツを

糾弾する方に神経を使った方がいいでつね。


神聖不可侵たるべき皇位継承で騒乱を起こした

宮内庁長官・風岡を主犯なり監督不行き届きなり


で斬種に追い込めばいいわけでつね。

そして同時にせんべいも地祭り!!!!



昨日書いた通りすでにエ下支那とはすでに

戦争状態、何ら遠慮する必要はないでつね。


もはや早々に跡形もなく信濃一味を斬種して

国を浄化しなければならないんでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

・エ下劣EU離脱での攪乱攻撃
・支那地区南シナ海大敗北の報復
・憲法改正の妨害
なるほどねー(棒
うん、しょーもない理由ですねw
これで我が国にどんだけのダメージがあるんでしょーねーwww
ところで売国奴風岡典之、覚えましたw
ついでにまさこパパもw

No title

日本国民としてこの風岡とかいう方、どうにかして頂きたいですよ。いくらなんでもこんな事やらかしてお咎め無しですまされるべきでは無い。本当に無礼を通り越して気狂い沙汰だと思いますよ。風岡って方は「絶対にやってはならない事を起こした」と思います。
自分もこの風岡という方を検索しましたけれど、なんだかトンデモレベルの方だと感じますね。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR