現在の閲覧者数:

【アメリカ通信】TPPやらせていただきます、という意思表示

.
私用メール問題で偽証の疑い、共和党がクリントン氏捜査求め書簡
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160712-00000075-reut-n_ame

news私用メール問題で偽証の疑い、共和党がクリントン氏捜査求め書簡


[ワシントン 11日 ロイター] - 米民主党の大統領選候補指名が確実となったヒラリー・クリントン前国務長官が、私用メール問題をめぐって議会証言で偽りを述べた疑いがあるとして、共和党のチェイフェッツ下院監視・政府改革委員長とグッドラット司法委員長が11日、司法省のチャニング・フィリップス判事に捜査を要請する書簡を送付した。

書簡は「国務長官時代のクリントン氏による電子メールシステム使用状況について、連邦捜査局(FBI)が捜査で収集した証拠は、一部の証言内容と矛盾する」と述べた。

1年にわたる捜査の結果、FBIはクリントン氏は「極めて軽率」だったとしながらも訴追見送りを勧告。リンチ司法長官がこれを受け入れた。

イライジャ・カミングス下院議員(民主党)は今回の書簡について「共和党はこの問題を長引かせ、クリントン氏の得票率低下を狙う絶望的な試みのために、税金をさらに無駄遣いしている」と反発した。




訴追見送り、過半数不支持=クリントン氏メール問題―米
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160712-00000015-jij-n_ame

news訴追見送り、過半数不支持=クリントン氏メール問題―米


 【ワシントン時事】米紙ワシントン・ポストが11日発表した世論調査によると、連邦捜査局(FBI)などが私用メール問題で民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(68)の訴追を見送ったことを「支持しない」と答えた人は56%に上り、「支持する」の35%を大きく上回った。

 
 不支持は民主党員の間でも31%に達した。不訴追によりクリントン氏は大統領選撤退に追い込まれる最悪のシナリオは免れたものの、米国民がメール問題に依然として厳しい目を向けていることがうかがえる。

 メール問題が「クリントン大統領」の仕事ぶりに懸念を抱かせるかを尋ねた質問では、57%が「心配させられる」と回答。大統領職とは関係ないとした人は39%にとどまった。 




「TPP阻止」盛り込まず=米民主党の政策綱領
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160710-00000016-jij-n_ame

news「TPP阻止」盛り込まず=米民主党の政策綱領


 【ワシントン時事】米民主党は9日、大統領選に向けた政策綱領に「環太平洋連携協定(TPP)の議会採決阻止」を盛り込まないことを決定した。

 早期批准を目指すオバマ大統領の要望を受け入れ、議会承認の可能性を残した。25~28日の党大会で正式に綱領を採択する。

 採決阻止案は「民主党は現在および将来の連邦議会でTPP承認の採決を阻止する」という内容で、大統領選の指名争いに敗れたバーニー・サンダース上院議員が提案。綱領起草委員会が8、9日にフロリダ州で開いた会合で否決した。

 大統領選でTPP批判の声が強まり、議会の承認審議開始は不透明になっている。ただオバマ政権は、11月の大統領選から来年1月の退任までの「レームダック(死に体)セッション」の間に承認を得たい考え。

 民主党の指名を確実にしたヒラリー・クリントン前国務長官はTPP反対を表明しているものの、サンダース陣営によると、採決阻止案には反対した。 




支持率40%で並ぶ=クリントン、トランプ氏―米紙世論調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160715-00000084-jij-n_ame

news支持率40%で並ぶ=クリントン、トランプ氏―米紙世論調査


 【ワシントン時事】米紙ニューヨーク・タイムズが14日発表した世論調査によると、大統領選で民主、共和両党の指名獲得を確実にしているヒラリー・クリントン前国務長官(68)と実業家ドナルド・トランプ氏(70)の支持率が、ともに40%で並んだ

 6月の前回調査ではクリントン氏が6ポイント上回っていた。

 クリントン氏は私用メール問題で訴追を免れる一方、コミー連邦捜査局(FBI)長官から「極めて不適切に機密を扱った」と異例の厳しい批判を受けており、これが支持率低下につながったとみられる。ただ、調査には民主党の指名を争ったバーニー・サンダース上院議員(74)の支持表明は反映されておらず、同紙は「党大会を成功させれば持ち直す可能性がある」とも指摘している。 




<米大統領選>副大統領候補にペンス氏起用発表 トランプ氏
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160717-00000008-mai-n_ame

news<米大統領選>副大統領候補にペンス氏起用発表 トランプ氏


 【ワシントン西田進一郎】米大統領選で共和党候補指名が確実な実業家ドナルド・トランプ氏(70)は16日、副大統領候補に中西部インディアナ州のマイク・ペンス知事(57)を起用することを正式に発表した。党内主流派とのパイプや保守層の支持固めを重視した起用だが、トランプ氏が批判し続けてきた「既存政治家」であり、知名度も低い。無党派層や「弱点」とされる女性やヒスパニック系への支持拡大につながるかは不透明だ。

 トランプ氏は会見で、ペンス氏を「不正な(米国社会の)仕組みをただし、米国を再び安全に、偉大にする」ためのパートナーだと紹介。続いて登壇したペンス氏は「副大統領の打診を受け入れる」と表明した。

 11月の本選に向けたトランプ氏の課題は、議会対策など政策実現能力の証明▽党主流派との関係構築--など。舌鋒(ぜっぽう)の鋭さで知られるニュート・ギングリッジ元下院議長(73)らの起用も検討したが、党内保守派の評価が低いことなどから見送った。ペンス氏は、下院議員時代は指導部の一翼を担ったこともある。党主流派とのパイプ構築が期待できる。

 また、トランプ氏は3回の結婚歴があり、人工妊娠中絶を容認する発言をしていたことで、保守的な価値観を持つ共和党支持者は反発していた。これに対し、ペンス氏は同性婚や人工妊娠中絶に強固に反対してきた筋金入りの保守派だ。

 ただ、米CBSテレビの世論調査では、ペンス氏の好感度について「判断できない」または「十分知らない」との回答が86%に達した。トランプ氏の「イスラム教徒の入国禁止」の提案を非難したり、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を支持してきたことなど、政策の食い違いも少なくない。

 ◇【マイク・ペンス氏】

 1959年6月7日生まれ。弁護士出身で、ラジオ番組の司会者などを経て、2001年から6期12年間にわたって連邦下院議員、09年から2年間は下院共和党指導部の一員として議員総会議長を務めた。13年から現職。保守的なキリスト教福音派。カレン夫人との間に成人した1男2女。




【社説】ペンス氏というトランプ氏の選択、退屈感に新鮮味
http://jp.wsj.com/articles/SB10303455128254834561504582190474121963672

news【社説】ペンス氏というトランプ氏の選択、退屈感に新鮮味


 米大統領選で共和党の候補指名を確実にしているドナルド・トランプ氏の選挙戦には何ひとつ当たり前のことがない。だからこそ、ランニングメート(副大統領候補)としてインディアナ州のマイク・ペンス知事の名前が急浮上したことに、とても新鮮味のある「マンネリ感」を覚える。トランプ氏が一晩で心変わりしなければの話だが、ペンス氏は「退屈な人物」という意味で正しい選択と言えよう。

 副大統領候補として有力視されていたマルコ・ルビオ上院議員やオハイオ州のジョン・ケーシック知事らは、候補者として検討してほしくないと話していた。となれば、残っているのはメディアの洗礼を受けていない無名の人物か、もしくはニュート・ギングリッチ元下院議長のような百戦錬磨の強者くらいだ。本選に向けて共和党員を安心させ、メディアの厳しい目をかわす能力を備え、かつ候補者になれる人材のなかで、ペンス氏は最高の選択かもしれない。

 1期目の知事であるペンス氏は、トランプ氏が伝統的な価値観を変えかねないとの疑念を抱いている社会保守派を安心させるだろう。ペンス氏は自由貿易主義者であり、連邦議会議員として在職中(12年間)にはメディケア(高齢者・障害者向けの公的医療保険)の給付対象とする薬剤を拡大する法案に反対票を投じた。インディアナ州の所得税と法人税の税率を引き下げた実績もある。

レーガン氏に近い外交姿勢

 ペンス氏の外交政策に関する姿勢はトランプ氏よりも、レーガン元大統領に近い。米国が世界で強い役割を果たすことを好み、イスラエルの断固たる支持者としても知られている。自由貿易主義者として一貫性があり、中米、オーストラリア、シンガポール、チリ、ペルー、オマーン、コロンビア、そして韓国との自由貿易協定に賛成票を投じてきた。

 ペンス氏は昨年、インディアナ州の連邦議会議員に対し、オバマ大統領が欧州と太平洋地域でそれぞれ推進している環大西洋貿易投資連携協定(TTIP)および環太平洋経済連携協定(TPP)を支持すると書面で伝えた。そこには「私はTPPとTTIPがインディアナ州の企業に膨大な商機を提供するうえ、州内の雇用を拡大する一助になると自分の経験から言える」と記されていた。トランプ氏はTPPに反対する姿勢を表明しているため、ペンス氏は立場の違いを有権者に説明せねばならない――とはいえ、トランプ氏が貿易戦争を始めるのではないかと心配している我々にとっては安心材料となる。

 ペンス氏の国政と地方政治における経験を踏まえると、政権運営上でも妥当な選択である。ポール・ライアン下院議長は親しい同僚であったし、連邦議会との調整役としても適任だ。トランプ氏と連邦議会の共和党議員との関係は未熟で警戒感の強いものだ。そのため、立法機関の中に仲間が必要だという明確な自己認識を持っているペンス氏を有権者は歓迎するかもしれない。

 ただ、現在57歳のペンス氏にリスクがないわけではない。全国規模の選挙で厳しい洗礼を受けた経験がないうえ、メディアは彼をまた別の張り切りすぎのおべっか使いとして描こうとするだろう。民主党候補として指名が確実なヒラリー・クリントン氏の調査担当者らは、長きにわたってトークラジオに出演してきたペンス氏の入手可能な録音テープを一つ残らず聴き、政治的な攻撃材料を探すだろうことは疑いの余地がない。彼らが仮に何も見つけられなかったら、それこそ驚きだ。

政治的な失敗も

 2015年にペンス氏はインディアナ州で、宗教的自由と同性愛者の権利を巡る騒動の扱いでしくじった。その結果、中道派と右派からの支持を失う羽目になった。この政治的な失敗が尾を引き、再選を目指す今年の選挙活動はあまり芳しく運んでいない。選挙で負けるリスクがあるため、トランプ氏のランニングメートになりたいのかもしれないと考える同州の友人も少なくない。仮に副大統領候補になれば、ペンス氏は知事選から撤退しなければならない。

 ペンス氏が批判を浴びても持ちこたえることができ、共和党の支持を結集させることができるのであれば、こうしたリスクをとる価値は恐らくある。米連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー長官が先週、クリントン氏の電子メールを巡るうその概要を示して以降、世論調査でトランプ氏の支持率が少し上がった。だが、トランプ氏はまだ劣勢である。大半の世論調査で、共和党員の支持率が80%か、もしくはそれを下回っていることも一因だ。

 本選で勝つためには、トランプ氏は共和党内で90%を十分に上回る支持率を得る必要がある。民主党がクリントン氏支持で結束しているとすればなおさらだ。トランプ氏は特に、彼の露骨なポピュリズム(大衆迎合主義)や即興の侮辱コメディー、政策に関する知識不足を毛嫌いしている共和党員や、大卒で無党派の有権者から支持を勝ち取る必要がある。

 ペンス氏は強い信念を持った保守派であり、ナイスガイでもある。トランプ氏が今週、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)に語ったように、「攻撃犬」としての資質を副大統領候補に求めたいのであれば、ペンス氏は自分の役割を調整しなければならないかもしれない。トランプ氏の代理という意味では、ギングリッチ氏やニュージャージー州のクリスティー知事のほうがはまり役だ。

 副大統領候補が本選の行方に影響を与えることは滅多にない。たとえ、その人選が議論を呼ぶものであり、政権運営上は次第に大きな問題になるにしてもだ。トランプ氏ほど政治ドラマを必要としていない候補者は滅多にいない。共和党候補の指名を確実なものにした以降のトランプ氏の問題は、彼がこの選挙を「自分自身を問うもの」としていることだ。これは有権者の否定的な見方が60%を超えている場合には負けるのが確実な戦略だ。

 トランプ氏は過去8年の政治とクリントン王朝の復活への有権者の不満に対して、楽観的な代替案を提示する必要がある。より安全な副大統領候補のほうが、この目的にかなうはずだ。




トランプ陣営、ロゴが話題に TとPをあしらったが…
http://digital.asahi.com/articles/ASJ7K1VVZJ7KUHBI001.html?rm=189

newsトランプ陣営、ロゴが話題に TとPをあしらったが…


■ウォッチ 米大統領選2016

 共和党のトランプ氏(70)が副大統領候補にインディアナ州のペンス知事(57)を指名し、選挙の片側の陣容が決まった。しかし、波乱を感じさせる動きもあった。

 指名が15日に公表されてすぐ、陣営は支持者向けに献金依頼のメールを流した。米政治では一般的なことだが、ツイッターなどでは2人の名字の頭文字の「T」と「P」をあしらったロゴに話題が集中した。

 「PがTをハグしている」という解釈もあったが、多かったのは「TがPを貫いている」。AP通信は「笑いを招いた」「性的な内容を連想する人も」と報じた。陣営も再考したのか、16日に2人が正式に会見した時に流れたメールでは、名字だけのロゴに変わっていた。

 指名をめぐっても、複数の米メディアはトランプ氏が15日夜まで側近に「代えられないか」と相談していたと報じている。真相は不明だが、会見でも並んだ時間はごく短く、互いに遠慮している様子だった。

 少なくとも通常の大統領選のように練られた発表でなかったのは間違いない。異例ずくめのトランプ氏の選挙は、今後もサプライズが続きそうだ。(中井大助)



ちょwwwwwwwwwwwwww

トランプマンwwwwwwwwwwww

うちらを嵌めるのはやめろwwwwwwww


TPP支持者のペンスを副大統領候補(縛w

tenガガさんとダライ・ラマ14世が会見、中国ネットユーザーは激怒

newsインディアナ州
こちら


リアルドピンポーン♪

リアルドピンポーン♪


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


新しいロゴは「TがPを貫いてる」って、

TimcoがPussyに刺さってるって


ことかぁぁぁあああ!!!!

。。。おっと日本語が混じってた(縛w



じゃなくて「PがTを抱いてる」(縛w

つまりペンスの主張がトランプマンを覆う


ってこと(縛w

どう見ても


「TPPやります!」

じゃねーか!!!!(縛w



嘔自慰と乳自慰を外して二国間でやるなら

それでもいいかと思ったのに、ここにきて


うちを欺き掌返しかよ!!!!(縛w


逆に言えば、うちがそう切り返したから


嘔自慰と乳自慰というくさびを打っておきたい

エ下劣が慌てて掌返したってことでつね。


高々いち組織に振り回されるエ下劣って(縛w


うちの働きって、金額に換算したら何百兆円の


効果を叩き出してんの?(縛w

カネよこせとは言わんが、おカネ頂戴!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


まあ嘔自慰と乳自慰は後からでも叩き出せ(縛w



で、メールBBA訴追見送りに過半数が疑念、


これは検察審査会行きだwwwwwwwwww

強制起訴しろ!!!!

小沢の恨みを思い知れ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


共和党からは「偽証じゃね?」と鉄槌(縛w

トランプマン大学の方はさほど炎上してない


ようだがメール問題はプロミネンスレベルに

燃え盛り杉!!!!(縛w



で、結局TPPは阻止しないんだそうで(縛w


メール問題が祟って、支持率がまた拮抗(縛w


拮抗マン(縛w

まだ支那地区マネー問題とか本丸が残ってるのに


今の時点で拮抗してるようじゃ

お先真っ暗だろ(縛w


メール問題ぐらいで足腰立たなくなってたら

支那地区マネーに点火したら選挙やるまでも


なくなるぞ(縛w



抱えてる問題の大きさ、そしてTPPに対する


姿勢、どう見てもメールBBAに勝ち目はない

ようでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

まいったな...まさかこの自分がトランプを支持する事になろうとは(笑)。
うちのレストランでキッコーマンの醤油をこれからは使わせて頂きますね(笑)。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR