現在の閲覧者数:

必死にフランスに罪を擦り付けるも結局は飼い主に直撃させるバカイヌ

.
>イロコイ族に拷問されてぶっ殺されたとされる汚腐乱巣系イエズス会の聖人、ジャン・ドゥ・ブレハブも日本では禁句
>http://tokumei10.blogspot.com/2016/07/blog-post_975.html


>”ジャン・ドゥ・ブレハブ” - Google 検索 via kwout
>日本語WIKIは見当たらないようで・・・

>で、汚腐乱巣系イエズス会の聖人、ジャン・ドゥ・ブレハブですが・・・

>まあコレは一方的な汚腐乱巣系イエズス会と汚腐乱巣系毛皮派側の主張なわけで、イロコイ族側にもそれなりの言い分があったと思われるわけで・・

>と、いろいろあるわけですが重要なのは・・・

tokIroquois.jpg



>要するに汚腐乱巣系イエズス会の聖人をぶっ殺し、白人の権力者の面々にも
>リスペクトされ、独立と権利を勝ち取った彼らのバックは英国系毛皮派なんです
>よ。

>・・・ってか英国系毛皮派の後ろ盾と入れ知恵があったから白人と取引できたんですよ

必死にしょうもない昔話を喚いて誤魔化せた

つもりか?(縛w


そのエ下劣毛皮派が今ブッヒ頁されようとして

号泣脱糞悶絶卒倒憤タヒ火病なのが


下等生物ぱよペドキムなんですよwwwwwww

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


大体キサマは英語もできない癖に何喚いてんだ?

キサマが強調表示したところの意味が分かんねぇ


のか?(縛w

「French, Dutch and British」って書いてんだろ


がボケが!!!!


しかも。。。


>While they participated in French raids on Dutch and later English settlements, where some Mohawk and other Iroquois settled, in general the Iroquois resisted attacking their own peoples.
(リアル和訳:仏独蘭、そして遅れやってきたエ下劣
による侵略にイロクォイ族は抵抗した。)



を完全スルー!!!!

何が「バックはエ下劣ニダ!」だクズが!!!!


さらにキサマはこの後の文章を意図的にカット

したよなぁ!!!!



Iroquois-Wikipedia

wikiIroquois2


The Iroquois remained a politically unique, undivided, large Native American polity up until the American Revolution. The League kept its treaty promises to the British Crown. But when the British were defeated, they ceded the Iroquois territory without consultation; many Iroquois had to abandon their lands in the Mohawk Valley and elsewhere and relocate in the northern lands retained by the British.
(リアル和訳:イロクォイ族はエ下劣に対して協定を守ったにもかかわらずエ下劣がアメリカ独立戦争で負けると勝手にイロクォイ族の領地をアメリカに割譲した。)



エ下劣はイロクォイ族にとって疫病神以外の

何物でもねぇだろが!!!!


印象操作に都合のいい部分だけ切り抜き

ツギハギするクズ野郎が!!!!



ダメリカは所詮インディアンに国家とは何ぞや

ってことを教わった劣等種族なの


だよ!!!!(縛w


ちなみに日本には大昔から憲法も合議制も連邦制


も信教の自由も選挙もありましたが何か?(縛w

まあ自由をカサに着て人身売買したり内乱を扇動


したりしたクズ共は地祭りに上がったけどな。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


キサマが何を喚こうがもうとっくにキサマらの

末路は決まってんだよ!!!!

命乞いの仕方も知らないクズは。。。

ten3年目の浮気
せんべい家族にも最終警告⇒こちら


ryoute.jpg
捏造ブログが捏造を白状(縛w⇒こちら


こうなるとな!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





>モロッコとチュニジアとヴェロニカ派こと汚腐乱巣ライン
>http://tokumei10.blogspot.com/2016/07/blog-post_160.html


>で、小沢一郎さんの頭に立てなくてもよかった致命的D‐Flagをおったてられた平野貞夫さん・・・やっぱConfessionですか

3年前の話の何がConfession

なんだ?(縛w



まるで昨日出た話のように喚いてるその3年前の

ウソは一瞬で粉砕してあげましたが何か?


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





>cosa bella mortal passa e non dura
>http://tokumei10.blogspot.com/2016/07/cosa-bella-mortal-passa-e-non-dura.html


>cosa bella mortal passa e non dura - Google Search via kwout
>またまた容赦なく無慈悲なConfirmationが・・

Confirmation?

ウソつくなボケ!!!!

seacosa bella mortal passa e non dura Cambridge


Cambridge=ケンブリッジ(縛w


ただのマッチポンプオナニーでしたwwwwww

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!



>The annals of Mont Blanc: a monograph, with a chapter on the geology of the ... - Charles Edward Mathews - Google Books via kwout

>因みにこの本家モンブランさんと小沢一郎さんに血の繋がりは無いのでそこんとこ宜しく。日本の「近代化」に貢献されたモンブランさんはモンブラン本家の血統じゃないんですよ

本家だろうが分家だろうが、その話はウソですが

何か?(縛w



本家の話なのに、オマエが勝手に

「Confirmationニダ!」


と喚いて赤っ恥掻いてるだけの話でつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





>小沢一郎マンセーな鳥越俊太郎と言えばサイゼリヤ、サイゼリアと言えばBNPパリバ
>http://tokumei10.blogspot.com/2016/07/bnp.html


> 【2016都知事選】「サイゼリヤで晩飯喰ってワイン飲む貧困層の気持ちが分かるのは鳥越俊太郎だけ」発言に対しサイゼリヤ関係者?「非常に不愉快。営業妨害」
http://birthofblues.livedoor.biz/archives/51633871.html

>site://tokumei10.blogspot.com BNPパリバ 東京都民 - Google 検索 via kwout

>BNPパリバ(日本)といふ導火線にも火が!(爆w via kwout

BNPパリバがどうしたって?(縛w

オマエ、バレてないとでも思ってたのか?(縛w



Paribas-Wikipedia

wikiParibas.jpg


In the early 1820s, Louis-Raphael Bischoffsheim founded a private banking establishment in Amsterdam in his own name. His brother Jonathan-Raphael created a branch in Antwerp in 1827 before settling in Brussels in 1836. Having married Henriette Goldschmidt, the daughter of Frankfurt banker Hayum-Salomon Goldschmidt, Louis-Raphael Bischoffsheim established the Bischoffsheim, Goldschmidt & Cie bank in Paris in 1846, then in London in 1860. In 1863 he merged these banks with the Banque de Credit et de Depot des Pays-Bas, which he had founded in Amsterdam: the Bischoffsheim family thereby established a powerful multinational banking conglomerate.[1][2]
(リアル和訳:ルイ・ラファエル・ビショムスハイムはGS(ハゲの方)と共同で設立した銀行などを統合してアムステルダムにペイ=バ銀行とし、金融コングロマリットとなった。)
※注:ペイ=バっていうのはフランス語でオランダを表す呼び方。のちにパリ銀行とペイ=バ銀行が合併して「パリ+バ=パリバ銀行」となった。


Louis-Raphael Bischoffsheim-Wikipedia

wikiLouis-Raphael Bischoffsheim


Louis-Raphael was the son of Nathan-Raphael Bischoffsheim (1773?1814), who was considered the founder of the banking dynasty. The father settled in Mainz in 1790, quickly becoming the French army supplier and an important member of the Jewish community there. When he died in 1814, his four children were orphans. Louis-Raphael, the oldest, forced to abandon his studies at age 14 and began working for, Hayum Salomon Goldschmidt (1772?1843), who owned a bank in Frankfurt. He became friends with his son Benedict-Hayum Goldschmidt who was his own age.

In 1820 Louis-Raphael left Frankfurt and moved to Amsterdam, at the time a major financial center, to create a bank in his name. The following year, he got his brother Jonathan-Raphael Bischoffsheim to form a financial management company.

In 1822 Louis-Raphael married Amelie Goldschimidt (1804?1887), daughter of Hayum-Salomon Goldschmidt, whom he knew from an early age.
(リアル和訳:ルイ・ラファエル・ビショムスハイムは「14」歳の時からGSの下で働かされた。GSの息子と親しくなった。GSの娘と結婚した。)


Bischoffsheim family-Wikipedia

wikiBischoffsheim family


Raphael Nathan Bischoffsheim (1773?1814), army contractor of the Electorate of Mainz

Louis-Raphael Bischoffsheim (1800?1873), banker, founder of Bischoffsheim, Goldschmidt & Cie married to Amalie Goldschmidt (1804?1887), daughter of Hayum-Salomon Goldschmidt (1772?1843), banker
Raphael Louis Bischoffsheim (1823?1906), banker, politician, patron
Henri Louis Bischoffsheim (1829?1908), banker, married to Clarissa Biedermann (1837?1922), daughter of Josef Biedermann (1809?1867), Habsburg court jeweler
Ellen Bischoffsheim (1857?1933), politician, married to William Cuffe (1845?1898), the 4th Earl of Desart
Amelie Bischoffsheim (1858?1947), married to Maurice FitzGerald (1844?1916), 2nd Baronet of Valentia
Amalia Bischoffsheim (1802?1877), married to August Bamberger (1790?1858), cloth merchant and banker
Rudolph Bamberger (de) (1821?1900), banker, married to Bertha Seligmann (1827?1915)
Franz Bamberger (de) (1855?1926), banker, married to Anna Klara Levino (1865?1942), pianist, studied under Clara Schumann
Ludwig Bamberger (1892?1969), film director
Ludwig Bamberger (1823?1899), banker, co-founder of Deutsche Bank
Henri Bamberger (1826?1908), banker, co-founder of Banque de Paris et des Pays-Bas, married to Amalie von Hirsch, sister of Moritz von Hirsch (1831?1896).
Eugenie Bamberger (1828??), married to Benjamin Levy (1817?1884)
Raphael-Georges Levy (fr) (1853?1933), politician, married to Marguerite Halphen (1861?1929)
Clara Bamberger (1833?1907), married to Elias Landsberg (1820?1888)
Ernst Landsberg (1860?1927), jurist, married to Anna Silverberg (1878?1938)
Paul Ludwig Landsberg (1901?1944), philosopher
Henriette Bamberger (1841?1894), married to Michel Breal (1832?1915), philologist
Jonathan-Raphael Bischoffsheim (1808?1883), banker, married to Henriette Goldschmidt, daughter of Hayum-Salomon Goldschmidt (1772?1843), banker
Clara Bischoffsheim (1833?1899), married to Maurice de Hirsch (1831?1896), banker, founder of the Jewish Colonization Association
adopted Maurice Arnold de Forest-Bischoffsheim (1879?1968), English aviator, politician
Regine Bischoffsheim (1834?1905), married to Leopold Benedict Goldschmidt (1830?1904), banker, grandson of Hayum-Salomon Goldschmidt (1772?1843), banker
Ferdinand-Raphael Bischoffsheim (1837?1909), banker, married to Mary Paine (1859?1900)
Maurice Bischoffsheim (1875?1904), banker, married to Marie-Therese de Chevigne (1880??)
Marie-Laure Bischoffsheim (1902?1970), philanthropist, married to Charles de Noailles (1891?1981)
Hortense Bischoffsheim (fr) (1843?1901), married to Georges Montefiore-Levi (1832?1906), industrialist
Clara Bischoffsheim (1810?1876), married to Meyer Joseph Cahen d'Anvers (1804?1881), banker
Louis Raphael Cahen d'Anvers (1837?1922), banker, married to Louise de Morpurgo (1845?1926)
Robert Cahen d'Anvers (1871?1931), banker, married to Sonia Warshawsky
Yvonne Cahen d'Anvers (1899?1977), married to Anthony Gustav de Rothschild (1887?1961), banker
See Rothschild banking family of England

Irene Cahen d'Anvers (1872?1963), married to Moise de Camondo (1860?1935), banker
See Camondo family




あちこちに銀行を設立し、GSとも組んで

金融マフィアに(縛w


それがバリバ銀行になり、BNPパリバになり

今に至る(縛w



血縁は。。。

いうまでもなくGS(縛w
ハプスブルクの出入り宝石商(縛w
ドイツ銀行(縛w
フィッツジェラルド(縛w
お茶屋(縛w


で。。。

seaビショフスハイム


「ビショムスハイム」は日本では禁句のようです

なぁ
wwwwwwwwwwwwwwwwwww

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


オマエバカじゃねーの?

おまエラクズ共の方が「禁句」がはるかに多いにも


拘らず「禁句ニダ!」と喚き始めて反撃を喰らい、

飼い主が必死に隠してきた「禁句」が次々に明らか


になって全てをブチ壊す役立たずの

バカイヌめ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!



>オリンピックに向けての東京都知事といふ名の罰ゲーム。

罰を喰らうのはオマエの飼い主、

GS共だろが!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!



>因みにサイゼリアは反創価のあのカルトですよね

「だからウリは鳥越とは関係ないニダ!」

か?(縛w



内田@せんべいは斬種、森元は風前の灯火、

もはやそんな段階じゃねーだろが(縛w


オマエテメェらの立場わかってんのか?

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





>フランスパンは上級国民の証
>http://tokumei10.blogspot.com/2016/07/blog-post_824.html


>上級国民 佐野研二郎 フランスパン - Google 検索 via kwout

佐野といえば富山(縛w

富山といえば岩屋(縛w



>秀才領域 by悲しき秀才: フランスパン via kwout
>→ジャンヌ・ダルク

鳥越んところのフランスパンが

「ジャンヌダルク」に喜ばれて?



>白山ラインことキリスト教内ユダヤ派ことヴェロニカ派こと汚腐乱巣ラインが神に背く悪魔崇拝認定されてしまった件 via kwout

悪魔崇拝と認定された?

自称ジャンヌダルクが勝利しましたけど何か?


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

ここ最近のトランプ関連で見落としていた古めの記事を貼っときます

共和党全国大会、有名女性キャスターがドナルドトランプ候補に対してナチ式敬礼
Posted 15 days ago, by Norman Rose
http://business.newsln.jp/news/201607221239550000.html

こちらは最近の記事
米世論調査、クリントン候補のリードは15ポイント差にまで拡大・共和党有力支持者の一部もクリントン支持に
Posted Yesterday, by Samuel White
http://business.newsln.jp/news/201608051048370000.html

上と似た内容ですが下はロイター
2016年 8月 6日 9:01 AM JST
アングル:米共和党の一部資産家、クリントン氏支援の輪広げる
http://jp.mobile.reuters.com/article/topNews/idJPKCN10G0BV

とにかくトランプは明確な大攻勢にさらされています
トランプ自身の舌禍(コレも意図的なものなんでしょうね)によって起こった一連の反トランプ旋風は勢いを増しています
個人的にはクリントン候補に対して嫌な印象しかないのでトランプの方がマシかなあと思っていたのですがね

No title

海外FX、8億円超被害か
http://jp.reuters.com/article/idJP2016073101001330

リアル分析の通り追いつめられてるんですね

No title

だから匿名党さん、もう一度書きますけれど「貴方の書かれる物事の殆どにまともな人間なら興味無い」のですよ、わかります?もっと言うなら、何を言っているかまるでわからない。第三者が読んでも殆どがガイキチ文章にしか読めない。
そんなものだからわかり松。さんが通訳?して下さってやっと読めるレベルになっている。
つまりわかり松。さんがいなかったら匿名党さんの存在価値なんて無いに等しいって事になっちゃうわけです。
匿名党さんはわかり松。さんに感謝した方が良いですよ。じゃなきゃ誰があんな気色悪いブログ読みますか?あんな馬鹿くさいナンセンス、一体何処のアホが信じるんだよ。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR