現在の閲覧者数:

「備えよ」というお気持ち

.
天皇陛下が「生前退位」に強いご意向 「象徴の務め困難に」 摂政には否定的 ビデオメッセージに「お気持ち」込められ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160808-00000603-san-soci

news天皇陛下が「生前退位」に強いご意向 「象徴の務め困難に」 摂政には否定的 ビデオメッセージに「お気持ち」込められ


 天皇陛下は8日午後3時から、象徴としてのお務めについての「お気持ち」をビデオメッセージで表明された。お言葉は以下の通り。

     ◇

 戦後七十年という大きな節目を過ぎ、二年後には、平成三十年を迎えます。

 私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました。

 本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話したいと思います。

 即位以来、私は国事行為を行うと共に、日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として、これを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって、日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応えていくかを考えつつ、今日に至っています。

 そのような中、何年か前のことになりますが、二度の外科手術を受け、加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から、これから先、従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが、国にとり、国民にとり、また、私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき、考えるようになりました。既に八十を越え、幸いに健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています。

 私が天皇の位についてから、ほぼ二十八年、この間(かん)私は、我が国における多くの喜びの時、また悲しみの時を、人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには、天皇が国民に、天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において、日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め、これまで私が皇后と共に行(おこな)って来たほぼ全国に及ぶ旅は、国内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井(しせい)の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもって、天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした。

 天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます。また、天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

 天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして、天皇の終焉に当たっては、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ二ヶ月にわたって続き、その後喪儀(そうぎ)に関連する行事が、一年間続きます。その様々な行事と、新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが、胸に去来することもあります。

 始めにも述べましたように、憲法の下(もと)、天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。

 国民の理解を得られることを、切に願っています。




切実な不安、11分に込め=「国民の理解、切に願う」―天皇陛下、穏やかな表情で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160808-00000164-jij-soci

news切実な不安、11分に込め=「国民の理解、切に願う」―天皇陛下、穏やかな表情で


 8日午後3時に公開された11分間のビデオメッセージ。

 天皇陛下がカメラの前で国民に明かされたのは、自らが「全身全霊」で果たしてきた象徴天皇の務めが、このままではいつか途切れてしまうのではないかという切実な不安だった。

 「戦後70年という大きな節目を過ぎ、2年後には、平成30年を迎えます」。東日本大震災直後に公開したビデオと同様に、皇居・御所の応接室に腰掛けた陛下は、黒いスーツ姿でカメラをじっと見詰め、ゆっくりとした口調で語り始めた。

 「これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないか」。2度の手術を経験し、加齢に伴う体の衰えを感じるようになった数年前から、そうした不安を抱くようになったと胸中を吐露。手元の原稿に目を落としながら、高齢化社会の中で自らも高齢化した天皇がどうあるべきか、一語一語かみしめるように思いを語った。

 皇太子の時代も含め、日本の全国各地を皇后さまと共に訪ねた旅。そこで出会った地域の人々との触れ合いが、天皇としての国民への理解と、常に国民と共にある自覚を育んだと説明し、加齢に伴い国事行為や象徴としての活動を縮小することに否定的な考えを表明。天皇が深刻な状況に陥った場合に、社会や国民の暮らしに大きな影響を与えることにも懸念を示した。

 即位後の歩みに思いをはせながら、普段と変わらない穏やかな表情でお気持ちを語り終えた陛下。最後に天皇が国政に関わる権能を持たないことに改めて触れた上で、「国民の理解を得られることを、切に願っています」と結ぶと、テーブルに原稿を置いてゆっくりと一礼。平成が始まって以来の歴史的なスピーチを終えた。 




天皇陛下のお気持ち、首相「重く受け止める」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160808-00050182-yom-pol

news天皇陛下のお気持ち、首相「重く受け止める」


 天皇陛下のお気持ちの発表を受け、安倍首相は8日、「天皇陛下が国民に向けてご発言されたということを重く受け止めている」と首相官邸で記者団に語った。

 その上で、「ご公務のあり方などについては、天皇陛下のご年齢やご公務の負担の現状にかんがみる時、天皇陛下のご心労に思いを致し、どのようなことが出来るのか、しっかりと考えていかなければいけない」と述べた。




「生前退位」に特別立法案…政府内で浮上
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160807-00050045-yom-pol

news「生前退位」に特別立法案…政府内で浮上


 天皇陛下が「生前退位」の意向を持たれていることに関連し、現在の天皇陛下に限って退位を可能にする特別法を制定する案が、政府内で浮上してきた。

 皇室典範を改正して退位を制度化するには難しい課題が多く、天皇の地位を不安定にさせかねないとの懸念が払拭できないためだ。

 皇室典範は「天皇が崩じた(亡くなった)ときは、皇嗣(皇位継承順位1位の皇族)が、直ちに即位する」(第4条)と定めており、この規定を変更しない限り生前退位を実現することはできない。

 皇室典範を改正して生前退位を制度化する場合、どういう状況の場合に認められるのかという条件と手続きを明確に規定できるかどうかが大きなポイントになる。将来の天皇が政治の圧力で退位させられる可能性や、逆に天皇が恣意(しい)的に退位する可能性を排除しなければならないためだ。




天皇陛下“お気持ち”表明、街の人は・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160808-00000102-jnn-soci

news天皇陛下“お気持ち”表明、街の人は・・・


 天皇陛下のお気持ち公表を受けて、皇居前などで聞きました。

 「残念な気持ちはあるが、年齢も年齢なのでゆっくり休んでいただきたい」 (女性)

 「年代からいって大変だと思うので、元気なうちに交代してもらった方がいい」(皇居を訪れた人)

 「ちゃんと私たちのことを考えてくれて、お辞めになられるんだなと」(皇居を訪れた人)


 「心に響きました。悲しくなりました。天皇がかわるかなと思ったら、自分たちが次を作っていかなければと」 (女性)

 「天皇陛下の体調が悪いというのもあって、重い話をされていたんだと思いました」(男性)



まずはお言葉の内容からリアル分析しませう。



○二年後には、平成三十年を迎えます。


譲位すれば元号も変わるので「平成三十年」に

なることはないわけで、「平成三十年」と明言


されたということは少なくとも2年後までは

譲位するつもりはない、ということでつね。


「平成三十年」を潰そうとするクズは逆賊という

ことでつね。




○何年か前のことになりますが、二度の外科手術を受け、加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から、これから先、従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが、国にとり、国民にとり、また、私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき、考えるようになりました。


譲位についてお考えになったのは少なくとも

2回目の手術=平成24年以降のことで、


「震災の年ニダ!」とか喚くクズ野郎はまたもや

生き恥晒したってことでつね。



「皇太子」ではなく「私のあとを歩む皇族」と

仰せになったのもカス共に鉄槌を下すお言葉


でつね。



○天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。


陛下がご自身のお勤めを「機能」と仰せになる

のは「天皇機関説」のようでなかなか寂しい


でつね。

それはさておき、「重病など」との仰せだが、


それ以外の不測の事態も含んでるわけでつね。



○天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして、天皇の終焉に当たっては、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ二ヶ月にわたって続き、その後喪儀(そうぎ)に関連する行事が、一年間続きます。その様々な行事と、新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。

象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。



先帝陛下がご病気になった時に起きたのが

「自粛」でつね。


有名なのは井上陽水が「皆さんお元気ですか?」

というセリフを言うCMがけしからんということ


で放映中止になったりしたわけでつね。


それは先帝陛下が崩じられたあと1年程度、通算


2~3年間続いたが、それのことを仰せなわけ

でつね。



ご健康に関係なく譲位すれば「不謹慎」と糾弾

されることもなく経済活動に影響することもない


というお考えでつね。


それに、崩御と即位が別々になることにより


「後の皇族」が両方を同時に対応する負担を

軽減したい、ということでつね。




全体を通してみるに、マスゴミは

「退位の意思ニダ!」と喚き散らしてるが、


実際はご高齢により不安があるというだけで、

退位したいというご意思は読み取れないでつね。



むしろ最も強調されていることは

「不測の事態により天皇にもしものことがあった


場合のことを規定せよ」

ということでつね。



なぜ「今」このようなことを仰せられるのか?

「11分」


でつね。

まぎれもない、エ下劣・可汗一味から脅迫を


受けていることを示唆されてるわけでつね。


お言葉の中には「国民に心を寄せてきた」という


ような国民誰しも存じ上げてることなど、

省いてもいい部分もあるわけで、「11分」に


するために嵩増ししたわけでつね。



当初「生前退位ニダ!」と喚き散らして陛下を


脅迫したが、クーデターは大失敗、それを逆手に

とって脅迫されている事実を国民に


「理解が得られる」ようなお言葉にされた

わけでつね。



マスゴミは「街の声」と称して

「休んでもらいたいニダ!」
「交代してもらいたいニダ!」
「ウリ達のことを考えてるニダ!」

と必死に世論誘導しているが、なぜか全く

「不測の事態」について仰せられた部分が入って


いない(縛w


テレビなどでも


「ご高齢ニダ!」
「生前退位のご意向ニダ!」

と喚いてるが、どのお言葉を取ったら退位を

望まれてるか全く示してないでつね。



そりゃそうだ、

「象徴天皇の務めが常に途切れることなく、


安定的に続いていくこと」

を望まれてるのであって、退位を望まれてる


わけではないからでつね。



そんな事実に反するところではなく、我々は、


クーデターは大失敗したものの、まだまだ皇室が

危機にさらされていることを直視し、


皇室をお護りしなければならない、

ということなんでつね。




で、安倍はうちが書いた通り玉虫色のコメント。

クズ共は陛下を脅迫することはできても安倍政権


には大敗北してるわけで、「天皇&将軍」という

日本古来の二元外交で誤魔化したらいいでつね。



可汗一味の脅迫で皇室典範が永遠に捻じ曲げられ

ないように特別立法で対応、という話もあるが、


国民の納得をもって譲位をお望みなら

「マスゴミへのリーク」などという姑息な手段は


お取りにならないはず。

前に書いた通り、マスゴミに退位させられる


ようなことがあってはならないんでつね。


「平成三十年」「あと2年」、まさに安倍の任期


と重なるわけで、これもうちが書いた通り。

安倍が任期延長されればさらに伸びるでせう。


その間に可汗一味が二度と

立ち上がれないほど叩きのめし退位の脅迫を


粉砕するため、

我々は結束しなければならないんでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

一応メモしときます。

<天皇陛下お気持ち>穏やかな表情 11分間で7回「務め」
http://news.goo.ne.jp/topstories/nation/31/81ee192f8653b77737e077ed121188a9.html

陛下が「3」時から「11」分間のビデオメッセージを発表されていた時、最近地震が多く強風吹き荒れる房総半島東側では・・・

釣り船不明
大会参加の4人乗り 銚子沖
http://mainichi.jp/articles/20160808/k00/00m/040/061000c

「ボートは7日午前7時に銚子マリーナを出港。午後3時10分ごろ「南東5マイル(約9キロ)付近を航行中」との無線連絡があったがその後に音信不通となり」「 このボートが参加していたのはカジキマグロを釣り上げる大会。25隻117人が参加し」
---------------------------------------------------

「7」「311」「117」なんかてんこもりですね。

No title

すいません、前のコメントでとんでもない勘違いをしていました。銚子沖でボートが行方不明になった事件は陛下のビデオメッセージの前日の話でしたm(_ _)m
船の名前が書かれた浮輪が見つかったが8日だったようです。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2840194.html

「高橋英造,光岡孝,山口敏雄,福田博明」
被害者の皆さんの名前がアレです・・・

あと船長はどうやらかつて布団の押し売りをやってたような痕跡が・・・

整理屋まがいの悪質布団販売  『コンチネンタル』社 都が改善指示 (東京新聞)
http://news.a902.net/a1/2003/0819-20.html

株式会社シーエフ
本社 神奈川県愛甲郡愛川町中津4017-2
http://www.e-continental.com/company.html

---------------------------------------------------
失礼しました!

No title

記事をお待ちしておりました。
ますます結束せねばなりませんねこれは。
昨日は店を昼間一時休業にしてテレビをみておりました...マスコミの誘導には吃驚でした。コメンテーターだかの「専門家」とやも湧き出てましたね。
マスコミをどうすれば浄化出来るのかも大問題ですよ。日本に住む日本人全てがマスコミに対する疑問でいっぱいになりつつあるのでは。皆マスコミが公平な機関ではないとわかってはきていますが...それでも朝日新聞は潰れませんし、民進党が第二勢力ですし。

そういや早速イングランドの女王様だかが「生涯現役宣言」だか発表しただか。だれがこの騒動の原因かが良くわかります。

No title

>そういや早速イングランドの女王様だかが「生涯現役宣言」だか発表した
チャールズが少しかわいそうになってきたw
こっちの皇太子夫妻もアレで、そのせいで今上陛下が老骨に鞭打って大部分の公務をこなさざるをえないんで、秋篠宮殿下ご夫妻に譲位してもらいたい。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR