現在の閲覧者数:

【支那地区通信】「喚く」もあるよ?【うんこ通信】

.
THAAD配備で本性むき出しにした中国にビビりあがった韓国 手のひら返しで日本にすり寄り始めたが…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160820-00000531-san-kr

newsTHAAD配備で本性むき出しにした中国にビビりあがった韓国 手のひら返しで日本にすり寄り始めたが…


 韓国が中国の態度に困惑し、うろたえ始めて1カ月が過ぎた。北朝鮮の核・ミサイルに対処する米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に対する中国の猛反発や圧力を受けてのことだ。韓国自身が「大国」と称する中国の脅しまがいの動向に、韓国メディアは、かつて列強に囲まれて右往左往していた李氏朝鮮時代末期の朝鮮半島情勢を、現在に重ね合わせている。勢力が強い者に付き従った当時の「事大主義」の再現の是非が論議されるなか、韓国は中国から距離を置き、あれほど嫌っていた日本にまたすり寄り始めている。(名村隆寛)

 ■中国にビビり続けて1カ月半

 中国からの圧力について、韓国ではTHAADの配備決定(7月上旬)の前から懸念が渦巻いていた。心配は的中し、中国は強く反発。中国国内での韓流スターのイベント中止をはじめ、韓国がお得意様としてきた中国での文化コンテンツ拒否のほか、商用の数次査証(マルチビザ)の審査強化など“報復”の開始を示唆する動きにも出ている。

 中国は韓国にとって最大の貿易相手国であり、輸出相手国だ。韓流に限らず、中国からの経済的な圧力は、ただでさえ低迷を続ける韓国経済に、さらに大打撃を加える。韓国の政界やメディアの間では、この1カ月余りにわたり、連日そうした危機感がくすぶり、動揺が続いている。

 そんななか、今月上旬にはTHAAD配備に反対する野党「共に民主党」の議員団がわざわざ北京にまで出向き、中国側の主張を聞き、脅されて戻ってきた。韓国国内では「中国への事大主義」との批判を受け、失笑を買った

 THAAD配備について最近の世論調査では「賛成」が「反対」を上回っている。しかし、反対世論も根強く、いまだに対立は続いている。韓民求国防相は17日、配備予定地の南部、慶尚北道星州を再訪問し、反発を続ける地元住民らと星州内の別の配備地検討など、妥協案について話し合った。

 ■韓国分裂?! 中国は歓迎

 こうしたおなじみのダラダラ続く韓国国内の対立、国論分裂を、中国は黄海の西側から含み笑いをしながら眺めているようだ。韓国メディア自らがそう指摘している。

 韓国紙、朝鮮日報は、北朝鮮による2010年の韓国艦船撃沈や延坪島砲撃の際に中国が対北制裁に組みせず、高慢な態度を貫いたのは、「韓国国内の分裂という“信じるに足るところ”があったためだ」と指摘。「中国としてみれば、自分たち同士で殴り合う韓国ほど“もてあそびやすい国”もなかっただろう」と振り返った元外交当局者の話も紹介している。

 また、中央日報の北京特派員は、「中国は理由を説明せずに、韓国がおのずと『THAAD配備に対する報復措置が始まったな』と感じさせている」と分析している。

 中国の圧力に動揺し、分裂や対立が続く韓国でも、中国の腹の中、手口を分かっている者はいる。こうした韓国国内の分裂を歓迎しているのは中国だけではない。国際社会からの経済制裁に直面している北朝鮮の金正恩体制も同じで、“棚からボタモチ”の心境だろう。

 ■取り沙汰される「旧韓末」の再現

 中国の不気味な圧力を受けるなか、韓国メディアに最近、ひんぱんに現れているのが「旧韓末の再現」という言葉だ。

 「旧韓末」とは、朝鮮が日本の圧力を受け開国(1876年)し、朝鮮半島をめぐる日清戦争(94年)などが起きた李氏朝鮮王朝末期と、日露戦争(1904年)を経て日韓併合(10年)まで続いた大韓帝国の時期を指す。

 「旧韓末」の時期、朝鮮半島は日本、清(現在の中国)、ロシアなどの列強に囲まれ、大国の圧力を受けた。こうした環境のなか、朝鮮の内部では対立が起こり、日本側に付いたり、清になびいたり、ロシアの後ろ盾を求めたりして、国の上層部が分裂した。強い側につくという「事大主義」だ。

 中国の圧力という現実に直面し、その事大主義がはびこったかつての朝鮮半島の状況が再現されていると、韓国の分かっている者は受け止めている。

 「旧韓末」の朝鮮の姿、当時の状況は、現在の韓国歴史観では内部の分裂で自ら“亡国”を招いた屈辱の歴史である。「朝鮮王朝は(中国が絶対的な中心であるという)中華秩序の地場に、最も積極的に溶け込んだ例だ」(尹平重・韓神大学教授が朝鮮日報に寄稿)との見方が妥当だろう。尹教授は「THAADを口実にして中国が韓国を圧迫するのは、中華秩序への新たな組み込みへの国家的野心があるためだ」と分析している。

 ■内部で対立し、強い者にすり寄る

 その中国の19世紀末を思わせる大国意識について、朝鮮日報の論説主幹は「大国病」と切り捨てた。

 最近の中国の韓国への態度を「傲慢」「無礼」などとも形容し、「どんなに(韓国が)うまくやっても、この“大国病にかかった大国”を変えることはできなかった。中国が最後まで「誰が大国で、誰が小国かを教えてやろう」という姿勢で来るならば、『今の韓国は事大をしていた国とは違う』と示すほかない」と主張する。

 一方、事大主義の繰り返しへの懸念のなかで、内部の分裂・対立で自滅を招いたことを自戒する意見もある。同紙の論説委員はコラムで、朝鮮の内情を清に密告していた者や、朝鮮王朝の閔妃が暗殺された乙未事変(1895年)で、日本に加担した朝鮮人がいたことをあげ、「同族の身内同士が敵」となり妨害し合あった120年ほど前の出来事を嘆いた。

 そして、「日本に牙をむいていた親清、親露の(朝鮮人の)勢力が、時代が変わるや顔色を変えて(日本に)走り寄った」とした。コラムは、「そんな歴史を十分知りながらも、韓国社会はTHAADをめぐって再び分裂している」と現状を問題視した。

 このコラムが指摘した通りだろう。ただ、1年ほど前のことを振り返ってみたい。昨年9月に北京の天安門の楼上で、中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領という超大国の首脳と並んで「抗日戦勝70年」の記念軍事パレードを観閲したのは韓国の朴槿恵大統領ではなかったか。

 ■事大を重ねた3年半

 あの“歴史的に残る出来事”から1年もたっていない。朴大統領は日本や米国などの懸念を黙殺し、中露首脳らと派手な国際舞台で目立ってしまった。北朝鮮への牽制(けんせい)や北朝鮮をめぐっての中国への協力要請といった朴政権なりの事情もあったのだろうが、どう振り返ってみても、大国への“事大主義”の感は現在も否めない。

 現に、当時の朴大統領の行動について、韓国内部では反対意見や疑念もあった。大統領自らが進んで“事大していた”わけだが、幸いなことに、やばくなる寸前で気付いた。これが、現在の状況だ。

 中露韓首脳の勢ぞろいだけではない。朴大統領は就任から3年半、中国詣でを繰り返し、対日本の歴史認識で中国と認識を共にし、慰安婦問題では米国をはじめとする世界の各地で日本を暗に批判し続けた。

 これも、慰安婦問題をめぐる日本追い詰めのための大国への取り入り、すり寄り、“事大的な行い”と言われても仕方がない。日本非難キャンペーンをしつこく続けた韓国メディアも同様だ。事実がそれを物語っている。


 ただ、ここに来て、韓国で奇妙な動きが起きている。あれほどあれほど嫌っていた日本との関係を改善しようという主張が韓国で出始めているのだ。

 ■ついに出た! 対日関係改善論

 「日本との関係を改善させよう」という意見が出始めた理由は簡単。慰安婦問題をめぐる日韓合意(昨年12月)に従い、元慰安婦の女性を支援する韓国の「和解・癒やし財団」が7月に発足し、財団に日本政府が間もなく10億円を拠出することが確定したためだ。

 韓国では合意自体への反対世論は今も根強く、“問題蒸し返し”への動きは続いている。しかし、韓国にとって関係改善のタイミングとしてはいい状況にある。

 韓国紙、東亜日報は社説で「大局的な見地から、もはや(日本との)歴史的和解を模索するときになった」「疎遠になっていた中朝関係が修復し、これにロシアまでが手を握り、韓米日の安保協力が切実なものとなった」と主張。中央日報の社説は朴槿恵大統領に対し「就任後に接触がない日本に向け、より積極的な言及と立場」の表明を促している。

 表現はよろしくないが、薄気味悪いほどだ。ただし、これまで日本非難を続けてきた韓国メディアだが、バツの悪さはみじんも見せない。論調が、日本よりも上に立ちたがるいつもの“上から目線”であることに変わりはない。

 中国からの圧力のせいだけかは分からないが、韓国としては日本と関係を改善しないと、よほど困ることがあるのだろう。それほど、韓国を取り巻く環境、いや韓国自体がまずい状況に向かっているのかもしれない。

 ■日本はお手軽な存在

 朴槿恵政権の3年半、日本は韓国から慰安婦問題を蒸し返され、悪者扱いされ世界にその“悪業”を宣伝されまくった。過ぎてしまったことだが、いったん国際社会で広められたイメージは、それが真実ではなくとも、いつの間にか定着してしまう。日本がこの間、韓国から受け続けた執拗(しつよう)な攻撃のダメージは小さくなく、今後も残る。

 慰安婦問題をめぐる合意や、韓国政府の対日改善の姿勢について、日本では政府などが肯定的に受け止め、歓迎しているという。あれほど、非難を受けてきたにもかかわらず、現在もソウルの日本大使館前の慰安婦像が撤去されず不法に居座り続けているというのに、元慰安婦支援財団に10億円をすんなりと拠出する。

 日本政府は誠実に韓国との合意に従っているわけで、韓国側はこのように日本が約束事をきちんと守ることを最初から十分承知している。韓国からすれば、中国とは違って日本はゴネれば要求を受け入れてくれる“お手軽”な国なのだ。過去の日韓関係を振り返ってみればよく分かる。

 日韓関係は韓国側が「歴史認識問題」で騒ぎ回った末、韓国側の事情で元の鞘に収まろうとしている。ただ、韓国の姿を嫌というほど見せつけられた日本では、韓国に関心のなかった多くの人々も、ここ数年間で韓国の本性をしっかり認識したはずだ。でも、これで終わりではない。韓国は日本にこれからも韓国らしい生々しい姿を見せ、同じようなことを繰り返し続けるような気がする。




韓国・朴大統領、11月来日 就任後初、首脳会談検討
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160820-00000045-san-pol

news韓国・朴大統領、11月来日 就任後初、首脳会談検討


 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が、11月に日本を訪問する方向で検討に入ったことが19日、分かった。日韓外交筋が明らかにした。朴氏の訪日が実現すれば2013年2月の大統領就任後、初となる。

 朴氏は日中韓3カ国の首脳会談に合わせて訪日する。安倍晋三首相との会談も設定される見通しで、北朝鮮の核・ミサイル問題への対処や経済分野での協力関係などを確認するとみられる。ただ、中国公船の尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺への領海侵入などで日中韓首脳会談の前提となる3カ国の外相会談の最終調整も難航している。中国の動向次第では、首脳会談の開催や朴氏の訪日にも影響が出る可能性もある。

 昨年末の慰安婦問題をめぐる日韓合意以降、日韓関係は「改善の傾向」(外務省幹部)にある。日韓両政府は朴氏の訪日を機に両国関係を強化したい考えだ。

 朴氏は政権発足後、慰安婦問題の解決に向けて日本側が譲歩することを日韓首脳会談をはじめ両国関係改善の前提条件に掲げてきた。しかし、早期改善を求める国内世論にも押される形で昨年11月、ソウルで安倍首相と初会談。韓国側が設立した「和解・癒やし財団」に対し、日本側が今月12日、ソウルの日本大使館前の慰安婦像の撤去問題とは関係なく10億円を拠出する方針を表明し、両国関係はさらに前進した。また、米軍の最新鋭迎撃システム、高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に中国が猛反発し、朴政権が進めてきた中国重視外交が挫折。北朝鮮による弾道ミサイル発射も相次ぎ、日本との協力体制強化の必要性もある。こうした中、朴氏は15日、日本統治からの解放を祝う「光復節」記念式典での演説で、過去のように慰安婦問題に言及することなく、日韓関係について「歴史を直視し未来志向的な関係をつくっていかねばならない」と強調、注目されていた。



ちょwwwwwwwwwwwwwwwwww

産経wwwwwwwwwwwwwwwwww

口調wwwwwwwwwwwwwwwwww


ビビり上がって
掌返し
擦り寄り

トリプル役満!!!!(縛w

どっかで見たことある
wwwwwwwwww

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


うちは楽しいけど大丈夫か?(縛w

ま、いっか、夏休みだし(縛w


。。。「喚く」もあるよ?

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!



さて中身だが、

クズチョンはタヒね!!!!

クズ共の罪はタヒんで贖え!!!!


誰がバカチョンなんざ

助けるか!!!!


支那地区に蹂躙されとけ!!!!

うんこ塗れの下等半島に


脳髄とハラワタをブチまけ

とけ!!!!


666時間悶え苦しんだ挙句に

タヒね!!!!


BBAなんざ追い返せ!!!!

昼メシは食わせるな!!!!


徹底的に恥をかかせろ!!!!

取りつく島なんざ1ヨクトも


与えるな!!!!

1億度の水爆に焼かれて


この世から消滅しろ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





中国海軍、日本海で演習=安倍政権けん制か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160819-00000133-jij-cn

news中国海軍、日本海で演習=安倍政権けん制か


 【北京時事】中国海軍は18日、日本海で軍事演習を実施した。

 19日付の人民解放軍機関紙・解放軍報が伝えた。同紙は「定例の訓練で特定の国を対象としていない」と説明しているが、海洋進出を強め、沖縄県・尖閣諸島をめぐり対立する安倍政権をけん制する意図もありそうだ。

 今回の演習が行われた具体的な海域は不明。実戦を想定して、ミサイル護衛艦や艦載ヘリコプターなどが訓練を実施。6月末から8月初旬に米海軍が主催した多国間海上演習「環太平洋合同演習(リムパック)」に参加したミサイル駆逐艦も中国への帰途に加わった。

 同紙によると、海空兵力の連携の下、偵察や情報分析などに重点が置かれた。演習を指揮した駆逐艦支隊長は「訓練の目的は遠海での作戦能力向上だ」と語った。

 中国は日本との対話を続ける姿勢を維持しているものの、南シナ海問題で対日批判を強めているほか、尖閣諸島周辺海域には今月、大量の中国公船や漁船が航行。両国間で緊張は続いている。 




中国公船、日本の経済水域で漁船検査か 尖閣諸島沖
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160819-00000065-asahi-pol

news中国公船、日本の経済水域で漁船検査か 尖閣諸島沖


 沖縄県・尖閣諸島沖の排他的経済水域(EEZ)で19日、中国海警局に所属する公船「海警」に中国漁船1隻が横付けし、乗組員が公船側へ乗り移るのを海上保安庁の巡視船が確認した。日本のEEZ内で漁業管轄権を行使した可能性もあるとみて警戒している。

 海保によると、この海域では日中漁業協定により、中国漁船が漁をすることは問題がない。ただ漁業行為を取り締まる漁業管轄権は中国側には認められておらず、海保の巡視船は「我が国の排他的経済水域で漁業に関する管轄権の行使は認められない」と警告した。

 こうした動きは2012年から昨年7月までに15回確認され、今年は今月9日~10日に相次いだ。



支那地区が管轄権とかwwwwwwwwwwww

自国の撃沈漁船を放置して日本に救助させ、

世界中に赤っ恥を晒しておきながら

管轄権とか
wwwwwwwwwwwwwwwww

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


溺れてんのを放置しといて漁船には立ち入るとか

どんな管轄権だよ!!!!(縛w


人間は管轄しないが船は管轄するのかよ!!!!

じゃあクズ民兵共は皆ヒ頁しするから船だけ


処理しとけ!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!



日本海で軍事演習やって、

また情報ダダ漏れか?(縛w


実際に開戦したとき、キサマらは日本海にたどり

着けるのか?(縛w



日本海で軍事演習する前に、日本海に入る訓練を

しろや!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





米爆撃機3機種が同時展開 中国牽制か 五輪閉会式前後の尖閣強奪懸念
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160820-00000000-ykf-int

news米爆撃機3機種が同時展開 中国牽制か 五輪閉会式前後の尖閣強奪懸念


 米太平洋軍が、戦略爆撃機のB52、B1、B2の3機種を同時にアジア太平洋地域に展開している。東シナ海や南シナ海で軍事的覇権を強める中国が、リオデジャネイロ五輪の閉会式(21日)前後に暴発することを牽制する狙いとみられる。安倍晋三首相が日本を留守にする「重要警戒Xデー」とは。沖縄県・尖閣諸島に、中国の海上民兵が強行上陸する暴挙だけは、日米の絆で断固阻止しなければならない。

 「地球規模での安全保障への米国の関与と、信頼性のある戦略防衛能力を示した」

 米太平洋軍は17日、3機種の爆撃機展開を発表し、こうコメントした。爆撃機は米領グアムのアンダーセン空軍基地を離陸し、南シナ海や北東アジアで活動したという。同じ空域で同時に活動するのは初めてだ。

 B52は「ストラトフォートレス(成層圏の要塞)」との愛称を持つ長距離戦略爆撃機。全長48・5メートル、全幅56・4メートルと巨大で、航続距離は約1万6000キロ。核爆弾や巡行ミサイルなどを大量に搭載でき、「死の鳥」と恐れられている。

 B1は、低空を超高速で敵地に侵入する戦略爆撃機で、全長44・8メートル、全幅41・6メートル、最大速度はマッハ1・2。可変後退翼を採用する。愛称は「ランサー(やり)」だ。

 B2は、全翼機という特殊な形状で、高いステルス性能を持つ。全長21メートル、全幅52・4メートル。大ヒット中の映画「シン・ゴジラ」にも登場した。

 習近平国家主席率いる中国は今月に入って、尖閣周辺の接続水域や領海に大量の公船や漁船を侵入させている。漁船には、軍事訓練を受けた100人以上の海上民兵が乗り込んでいるという。

 安倍首相は、リオ五輪の閉会式に出席するため、20日に政府専用機で出発し、23日まで日本を留守にする。自衛隊の最高指揮官が不在のスキを狙って、中国の海上民兵が尖閣強奪に着手する危険性はあり得る。


 当然、海上保安庁や陸海空自衛隊が最高レベルの警戒態勢を敷いているが、同盟を組む米軍も黙ってはいない。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「米軍が3機種の爆撃機を同時展開するのは異例だ。中国に対して『場合によって空爆も辞さない』という明確なメッセージを伝えるものだろう」といい、続けた。

 「中国は『平和の祭典』であるリオ五輪の最中も、東・南シナ海での挑発をやめていない。米国としては、『リオ五輪が終わり、習氏が議長を務める中国・杭州でのG20(20カ国・地域)首脳会議が始まる前が危ない』と分析したのではないか。そもそも、昨年の米中首脳会談で、習氏は『南シナ海の埋め立てはやめる』と約束したが守っていない。オバマ米大統領がケジメを付けるため、空爆を決断する可能性はある」



KOEEEEEEEEEEEEEEEE(縛w

マジじゃないですかぁ
wwwwwwwwwww


ちょっと追っ払う程度しかやってくれないかと

思いきや、尖閣防衛のために支那地区空爆まで


視野に入れてんのか米軍は!!!!


こんなもん、B-52の対艦ミサイルと巡航ミサ


イルだけで支那地区軍は沈黙やろwwwwwww

支那地区逝ったwwwwwwwwwwwwwww

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


今頃支那地区はションベンちびってんだろう

なぁ
wwwwwwwwwwwwwwww

GKBRなんだろうなぁwwwwwwwwwww


もうめんどくさいから、やっておしまい!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

金正恩金正恩氏の通貨基金統括者、欧州で行方不明に © REUTERS/ KCNA
2016年08月20日 20:26(アップデート 2016年08月21日 04:04)
http://jp.sputniknews.com/politics/20160820/2667768.html

中国で再び軍高官が自殺中国で再び軍高官が自殺 © AP Photo/ Andy Wong
2016年08月20日 17:57(アップデート 2016年08月21日 03:04)
http://jp.sputniknews.com/incidents/20160820/2667123.html

サウジアラビアを国連人権理事会から排除することを求める動議サウジアラビアを国連人権理事会から排除することを求める動議 © AFP 2016/ Carl Court
2016年08月20日 17:29(アップデート 2016年08月21日 03:00)
http://jp.sputniknews.com/politics/20160820/2667079.html

欧州原子核研究機構で悪魔教の生贄の儀式、CERNは調査委員会を組織して本格捜査に着手
Posted Yesterday, by Norman Rose
http://business.newsln.jp/news/201608201216520000.html
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR