現在の閲覧者数:

×盛ってる ○持ってる これが現実

.
中国空軍、西太平洋で訓練 宮古海峡飛行し偵察哨戒 東シナ海で警戒巡視も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000531-san-cn

news中国空軍、西太平洋で訓練 宮古海峡飛行し偵察哨戒 東シナ海で警戒巡視も


 【北京=西見由章】中国国防省は25日、中国空軍の爆撃機や戦闘機、空中給油機など40機余りが同日、西太平洋で訓練を実施し、一部は沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡上空を通過したことを明らかにした。

 一方、防衛省統合幕僚監部は25日、中国空軍の戦闘機とみられる航空機など計8機が宮古海峡上空を通過したと発表した。戦闘機が同海峡を通過したのは初めて。航空自衛隊の南西航空混成団と西部航空方面隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)した。

 中国空軍の申進科報道官によると、訓練に参加したのは核ミサイルを搭載できるH6K爆撃機のほか、SU30戦闘機、空中給油機など。西太平洋に出た後、哨戒や戦闘、空中給油などの訓練を行った。また、この訓練と同時に、東シナ海上空の防空識別圏で爆撃機と戦闘機による「定期的な哨戒飛行」を実施した。




人民元、国際通貨入り=IMFが10月に採用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000038-jij-int

news人民元、国際通貨入り=IMFが10月に採用


 【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)は10月1日付で加盟国(189カ国)に配分する仮想通貨「特別引き出し権(SDR)」に中国の通貨、人民元を加える。

 経済規模で世界2位となり、貿易量と取引の自由度が一定水準に達したことで、ドルや円などに続く5番目の国際決済通貨としての「お墨付き」を得る。

 SDRはIMF加盟国に出資額に応じて配られ、通貨危機に陥った国は外貨と交換できる。IMFは、元の信用力向上を目指す中国の要請を受け入れ、昨年11月にSDRへの採用を決めた。

 新たなSDRの構成比率で元は10.92%を占め、ドル(41.73%)とユーロ(30.93%)に次ぐ3位。円(8.33%)と英ポンド(8.09%)を上回る。10月1日はちょうど中国の建国記念日「国慶節」で、習近平政権は国威発揚につなげるとみられる。

 ただSDRへの組み入れにより、元の流通が国際的に急拡大することはなさそうだ。バーナンキ前米連邦準備制度理事会(FRB)議長は中国経済や国際金融への影響は小さく、「象徴的な出来事」にとどまるとの見方を示している。 




<ワシントン条約会議>ウナギ取引を調査へ EU提案
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000091-mai-m_est

news<ワシントン条約会議>ウナギ取引を調査へ EU提案


 【ヨハネスブルク小泉大士】ヨハネスブルクで開かれている野生生物の国際取引に関するワシントン条約締約国会議は、25日の第1委員会で、欧州連合(EU)が提案した世界各地に生息するウナギの国際取引に関する実態調査を求める決議案を採択した。10月4日の全体会合で正式に承認される見通し。

 調査の結果は今後の取引規制に関する議論を左右するとみられ、3年後の次回会議で日本で大量に消費されているニホンウナギが規制対象となる懸念もある。

 市場に流通するニホンウナギの大半は、天然の稚魚を捕獲して育てたもの。ワシントン条約の規制対象となれば、稚魚も製品も輸出入は難しくなり、日本の食卓にも大きな影響が出る

 今回のEU提案は、さまざまなウナギの漁獲量や流通のデータを集め、違法取引防止策を検討するよう呼びかけた。次回会議で調査結果などを報告するよう求めている。背景には、ヨーロッパウナギが稚魚の乱獲により生息数が大幅に減少し、2009年からワシントン条約で取引が制限されていることがある。

 危機感を強めるEUは、ある種のウナギの取引が規制されると需要は別の種に向かうと指摘。「ウナギの管理と保全に関する情報が不足している」として、国際的な取引の実態調査を求めていた。

 日本政府の代表は25日の委員会審議で「日本はウナギ資源の持続的利用に努めており、EUと懸念を共有する」と述べ、EUの提案を支持した。

 ニホンウナギは14年6月、個体数の減少が激しいとして、国際自然保護連合(IUCN)から絶滅危惧種に分類された。今回の会議に提出された議案には、ニホンウナギの取引規制は含まれていない。




中国、キューバと協力強化=李首相訪問、日米けん制
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000032-jij-cn

news中国、キューバと協力強化=李首相訪問、日米けん制


キューバを訪問した中国の李克強首相(左)は24日、ハバナでラウル・カストロ国家評議会議長と会談した。両首脳は約30の協定の調印式に出席し、経済を中心とした協力を強化していく姿勢をアピールした。

 【北京時事】キューバを訪問した中国の李克強首相は24日、ハバナでラウル・カストロ国家評議会議長と会談した。

 両首脳はエネルギーや科学、農業などに関する約30の協定の調印式に出席し、経済を中心とした協力を強化していく姿勢をアピールした。ロイター通信がキューバ国営メディアの報道として伝えた。

 中国とキューバは同じ社会主義国として友好関係を維持しており、習近平国家主席が2014年に訪問。ただ中国首相がキューバを公式訪問するのは1960年の国交樹立以来初めてという。

 キューバが昨年7月に敵対関係にあった米国と国交を回復して以降、各国首脳によるハバナ訪問が相次いでおり、今年3月のオバマ大統領に続き、安倍晋三首相も今月、日本の首相として初めてキューバを訪れ、カストロ議長と会談した。

 中国はキューバにとって第2の貿易相手国で、貿易額も急増。各国がキューバとの関係強化を進める中、中国は将来的な発展が見込まれるキューバとの関係強化を誇示し、存在感を示すことで、日米などをけん制したい考えだ。

 李首相は滞在中、同議長の兄フィデル・カストロ前議長とも会談する見通し。 




不明マレーシア機 中国、捜索せず豪海軍を偵察?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000063-san-asia

news不明マレーシア機 中国、捜索せず豪海軍を偵察?


 ■豪紙「救助船探査は30日のみ」

 【シンガポール=吉村英輝】インド洋南部に墜落したとみられるクアラルンプール発北京行きマレーシア航空機(乗客乗員239人)の捜索で、豪有力紙オーストラリアン(電子版)は23日、捜索に参加している中国船が捜索活動をほとんど行わず、豪海軍への「スパイ活動」に専念していると指摘した。

 マレーシア機は2014年3月に消息を絶ち、オーストラリア西部沖のインド洋に墜落したとみられている。

 捜索は豪州が中心となり、当事国のマレーシアと最も多くの乗客が乗っていた中国も参加している。

 中国からは今年2月、捜索救助船が西オーストラリア州フリーマントルの港に到着した。ただ同紙は、救助船の実際の探査活動は7カ月のうち17~30日だったと指摘。豪州など西側諸国の海中探査技術や機器に関心が向けられ、対潜水艦探査技術を試していたとの専門家の見方を伝えた。

 救助船は、「天候」を理由に沖合に停泊し、周辺に集中する豪州の潜水艦基地などの情報収集を行っていたとみられるが、豪海軍関係者は「驚くに値しない」と冷静に見ている。

 不明機は、翼の一部などが見つかったが、機体本体は見つからないまま。3カ国は現在実施中の海底探索を終えても機体が見つからない場合、捜索を「一時停止」する方針。



行方不明になったマレーシア機の乗客はほとんど

が支那地区で、事故後被害者ヅラして散々喚き散


らしてたくせに、捜索をせず自国民を池に絵に

してスパイ活動か!!!!


どんだけクズ根性なんだ!!!!


そこまで必死にスパイ活動するのは、世界大戦を


起こす気満々だからだよなぁ、クズ支那地区

が!!!!


日本近海で軍事挑発を繰り返し情報収集してる

のも同じだろが!!!!




10月にSDR組み込みが完了すれば、支那地区

経済の崩壊を口実にSDRを売り捲り、円やドル


に換金できる(縛w

支那地区元を直接売ろうとすれば支那地区政府が


為替操作するが、SDRとして売れば操作し様が

ないな(縛w



EUはウナギ取引の制限を持ち出し、日本はそれ

に賛意(縛w


ウナギの稚魚を乱獲して暴利を貪ってるのは支那

地区、つまり規制されて打撃を受けるのは当然


支那地区(縛w


支那地区を引き込んで日本からカネをせしめる


パイプ役をやってるのはいつも書く通りお茶屋の

下僕、つまり
信濃一味。


ウナギ調査決議の実態は、EUを使って信濃一味

のシノギを叩き潰す日本の計略ってことでつね。



だから「日本への輸入が懸念ニダ!」と喚き散ら

してるのが変態新聞だってことなんでつね。




土曜夜のたけしの番組によるとキューバと

北チョンはかなり密接な関係だったようで、


それを今回安倍の訪問で北チョンの核に否定的

姿勢を見せたのは相当な意味を持ってるとのこと


だが、支那地区は必死にキューバに擦り寄るも

結局いつも通りの経済協力でカネをバラ撒く


だけ(縛w


EUもキューバも結局はカネでつながってるだけ


の関係。

エ下劣の姿勢が確定した今、世界秩序を蹂躙し


カネを貪るだけの諸悪の根源は、

世界から切り離され滅亡するしかないってこと


なんでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





有名実業家にバッシング=多額寄付、虚偽の疑惑―権力闘争と関連か・中国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000040-jij-cn

news有名実業家にバッシング=多額寄付、虚偽の疑惑―権力闘争と関連か・中国


 【北京時事】慈善活動で有名な中国の実業家、陳光標氏(48)に、これまで行ってきた多額の寄付が虚偽だったのではないかという疑惑が浮上している。

 激しい批判にさらされている陳氏は、有力政治家との密接な関係も指摘されており、今回の騒動は権力闘争と関連があるとの見方が広がっている。

 貧しい家庭に生まれた陳氏は、幼い頃から商売を始め、企業家として成功を収めたとされる。派手なパフォーマンスを交えた活動で知られ、沖縄県・尖閣諸島について「中国の領土」と主張する広告を米有力紙に掲載したこともある。

 中国のニュースサイトは20日、陳氏が慈善団体などの170以上の公印を偽造し、寄付金の領収書を捏造(ねつぞう)した疑いがあると報じた。また、収賄罪などで7月に無期懲役の判決を受けた令計画・前共産党中央弁公庁主任の事件に関連して、当局が陳氏の調査を行ったという情報も伝えた。陳氏は疑惑を否定し、名誉を傷つけられたとして損害賠償を求める訴訟を起こした。

 今回、特に注目を集めているのは、李源潮国家副主席、令前主任ら共産主義青年団(共青団)出身の政治家との関係だ。陳氏は、李副主席の地盤である江蘇省で育った。陳氏が李副主席、令前主任と一緒に撮影されたとする写真も報じられており、李副主席のイメージダウンは避けられそうにない。 




仏潜水艦に不信感=豪で採用見直し論浮上
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000033-jij-asia

news仏潜水艦に不信感=豪で採用見直し論浮上


 【シドニー時事】仏造船大手DCNSの機密情報漏えい問題が、波紋を広げている。

 オーストラリア政府は次期潜水艦の共同開発相手にDCNSを選定したが、情報管理の甘さに不信感が強まり、採用見直しを求める声も上がっている。


 情報漏えいは8月下旬、オーストラリアン紙の報道で発覚。インド海軍に供与したスコルペヌ型潜水艦に関する2万ページを超える機密文書が、アジア企業に流出していた。同型潜水艦はマレーシアやチリが採用し、ブラジルも導入予定で、各国が対応に追われた。

 豪紙デーリー・テレグラフは論説記事で、「漏えいでインド海軍は深刻な打撃を受けた。豪政府はDCNS採用を見直すべきだ」と訴えた。著名実業家らも豪紙に意見広告を出し、DCNS提案は技術的リスクが大きいと指摘し、採用断念を要望。入札で落選となった日本かドイツの採用が望ましかったと主張した。

 政界からも「DCNSとの交渉を一時凍結する必要がある」(無所属議員)との声が上がる。

 豪政府は火消しに躍起だ。ターンブル首相は「豪州が建造する潜水艦(バラクーダ型)はリーク対象とタイプが異なる」と強調し、採用見直し論を否定した。 



支那地区のエア慈善活動サマナの件、

そして嘔自慰の潜水艦の件、


うちが書いた直後に時事が後追い(縛w

イスカラオチテ来たわけでつね。



もうここまで事態が緊迫してきた現状、的中

しまくりのリアル分析に追随する道を選んだと


いうことでつね。


持ってるブログにはメディアが追随し、


カスブログにはマスゴミが追随する、

ということなんでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





古舘伊知郎、ANNで26年ぶりにラジオレギュラー復帰 報ステ裏で生放送「ヤバイ!!」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160923-00000368-oric-ent

news古舘伊知郎、ANNで26年ぶりにラジオレギュラー復帰 報ステ裏で生放送「ヤバイ!!」


 フリーアナウンサーの古舘伊知郎が、10月21日にスタートするニッポン放送『古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD』(毎月1回、金曜 後10:00~深0:00)で、26年ぶりにラジオのレギュラーパーソナリティに復帰することが、わかった。「CMの間もしゃべります。曲も一曲もかけません。これぞ逆JASRACだぁ!! この2時間はニュースネタ~下ネタまでいっちゃいまっせー。ラジオの古舘。26年ぶりにここに解禁!!」と意気込む。

 1967年10月に番組がスタートして以来、今年10月で放送50年目に突入する『オールナイトニッポン』。“50周年イヤー”という節目に、同局が古舘に「ニッポン放送帰ってきてください!」とレギュラー復帰を熱烈オファーし、これに古舘も快諾した。

 同局での古舘のレギュラー番組といえば、1984年10月スタートの『古舘伊知郎 フルタッチ歌謡曲』を皮切りに、『不二家歌謡ベストテン』、『古舘伊知郎の独占!オールニッポンヒット歌謡曲』、『フルフルサタデー 古舘伊知郎のどきどきモンスター』、そして1990年4月に終了するまで約5年間続いた『古舘伊知郎 パワフルタッチまるごと遊ビジョン』が最後。

 26年ぶりの復帰に「久々のニッポン放送のレギュラーは、なんと金曜夜10時から生放送!! ヤバイ!! 報道ステーションの裏だ」と、今年3月末に降板した報道番組の名を挙げ「ならば、ラジオブースの小さなモニター画面で生放送中の報ステを観ながら、ニュースを伝えることから始めよう!! 『今、TVを観ている人は、音声多重でオレのラジオ聴いて!!』『今、ニッポン放送を聴いているリスナーは報ステの画面だけつけて!!(音声なしで!!)。富川アナごめん!』これこそ、ラジオ・テレビの融合。ウィンウィンの関係だ」とラジオスタート前から“絶口調”だ。

 番組では、古舘のラジオならではの一人しゃべりや、リスナーとのコミュニケーション、時には古舘が会いたいゲストとの聴きごたえたっぷりの対談も予定。ニッポン放送をキーステーションに全国19局ネット生放送で届ける。



フルタテ売国体制から脱却しつつある報ステに

火病を発症し、裏でチマチマ寄生虫向けのラジオ


をぶつけてテリマンジョするフルタテ(縛w


こないだ


「報ステがこっち側にイスカラオチテ来た」

と書いたのは盛ってるわけでも何でもないという

ことなんでつね。



どうやらクズ共がもはや命運尽きようとしてる

ことにやっと気付いて火病を発症し始めてるが、


もはや持ってるのか盛ってるのか現実を直視

できないほど追い詰められてるようでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

う〜ん...自分は殆どわかり松。さんの書かれる事を信じられるのですが、数箇所だけ疑問に思うところがあるのです。そのひとつが中国がイングランドに対して味方を演じている、という箇所です。正直、李克強さんならギリギリわからないでもないですが、習近平なんか信用出来ないですよ。はっきり言って今の中国は昔のナチスそのものに感じます。
言っておきますが、中国人の嫌われかたって半端じゃないですからね?それを中国人はわかっていて台湾人のフリをしますがね(笑)。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR