現在の閲覧者数:

池に絵はお茶屋銀行? 他

.
NYダウ反発、133ドル高=「クリントン優勢」好感
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000016-jij-n_ame

newsNYダウ反発、133ドル高=「クリントン優勢」好感


 【ニューヨーク時事】27日のニューヨーク株式相場は、前日の米大統領選の第1回テレビ討論会などを材料に3営業日ぶりに反発した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比133.47ドル高の1万8228.30ドル、ハイテク株中心のナスダック総合指数は48.22ポイント高の5305.71で引けた。

 多くのメディアはテレビ討論会について、民主党候補のヒラリー・クリントン氏が共和党候補のドナルド・トランプ氏より優勢だったと報道。市場では「『トランプ大統領』の誕生で経済や外交がどうなるか分からないという不安」(日系証券)が後退し、買い安心感が広がった。




日経平均は反発、円弱含みや9月期末の需給要因で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160927-00000055-reut-bus_all

news日経平均は反発、円弱含みや9月期末の需給要因で


[東京 27日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反発。ドイツ銀行<DBKGn.DE>をめぐる懸念が欧米の金融株全般を圧迫し、前日の欧米株が軒並み安となったことを受け、序盤は銀行株を中心に売りが先行。

ただ、米大統領選候補者によるテレビ討論会を受けた円相場の弱含みや、9月期末にからんだ需給要因などを背景にプラス圏に切り返し、引けにかけて堅調に推移。日経平均、TOPIXともこの日の高値で引けた。

前日の海外市場では、独メルケル首相がドイツ銀行に対する政府支援を否定したと独誌が伝えたことをきっかけに、同行を中心とする欧米金融株が軒並み安。この流れを引き継ぎ、東京市場でも三菱UFJ<8306.T>が一時4%超安となるなど金融株が売り優勢となり、日経平均は一時259円安となった。

ただ、日本時間の午前10時から始まった米大統領選候補者の討論会で、ヒラリー・クリントン氏が優位に討論を進めているとの見方が広がると為替市場でドル高/円安が進行。下落して始まったトヨタ<7203.T>など主力輸出株が反転し、後場には日経平均がプラス転換した。

その後も指数は堅調な展開。日銀による上場投資信託(ETF)買い入れへの期待感が支援材料となったほか、9月期末の配当権利取りの動きや配当の再投資分の先回り買いなど需給面の思惑が後押しした。警戒されていた40年利付国債の入札結果がしっかりだったことも市場心理の安定化につながったという。

東洋証券ストラテジストの檜和田浩昭氏は「きょうは反発したが、上値を買い上がる投資家が見当たらない。前日から始まった臨時国会で経済対策などが出れば、海外投資家の関心を呼び戻す可能性はあるが、現時点では期待は乏しい」とみていた。

個別銘柄では、大日本住友製薬<4506.T>が年初来高値を更新。27日付の日本経済新聞朝刊は、大日本住友が2017年度にがんの再発や転移の原因とされる「がん幹細胞」を治療する新薬を発売すると報じた。大型新薬への期待から買いが先行した。

半面、松屋<8237.T>が続落。26日、2017年2月期の連結業績予想の下方修正を発表。増収増益予想が一転、減収減益予想となったことを嫌気した。訪日外国人の客単価が前年の7割程度になっており、免税売上高が期初見通しに対し下振れているという。

東証1部騰落数は、値上がり1557銘柄に対し、値下がりが315銘柄、変わらずが105銘柄だった。




ドイツ銀行の株価急落は何を意味しているか? ユーロ圏を覆った暗雲 金融緩和と銀行経営の関係
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160919-00049752-gendaibiz-bus_all

newsドイツ銀行の株価急落は何を意味しているか? ユーロ圏を覆った暗雲 金融緩和と銀行経営の関係


ユーロ圏の景気は依然として不安定

 9月16日、欧州株式市場で、世界有数の金融機関であるドイツ銀行の株価は8%超下落した。これは、米国の司法省が巨額の賠償を同行に要求したことを受けた株価下落だ。

 この日、不良債権問題の動向に関心が集まるイタリアの銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナも取引の序盤から大幅に下落し、年初来の最安値を更新した。

 それぞれの銀行の経営状態に加え、ユーロ圏の銀行セクターの株価は欧州中央銀行(ECB)の金融政策にも影響されてきた。本年2月には、マイナス金利の影響によって収益が低下し、債券利払いへの懸念が高まったことからドイツ銀行の株価が急落した。それが世界同時株安につながったことは記憶に新しい。

 今後の景気、金融政策の動向次第では、再度、欧州地域の金融機関を巡るショックが発生する懸念は払拭しきれない。9月の理事会でECBは様子見姿勢を取っているが、ユーロ圏の景気は不安定であり、追加緩和観測は高まるだろう。

 さらに金利低下が進んだ場合、ユーロ圏の銀行株に対する売り圧力は高まりやすく、それが先行きへの懸念に波及する可能性がある。

不安定な動向を示すユーロ圏の銀行株

 6月23日、予想外に英国のEU離脱が決定した後、ユーロ圏の銀行株は急落し、年初来の安値を付けた。その後、市場の混乱が短期間で収束すると世界的な株価の上昇に支えられて、ドイツ、イタリアなどの銀行株も持ち直した。おおむね8月下旬まではユーロ圏の銀行株は堅調に推移してきた。

 9月に入ると状況は一転し、銀行株は下落基調で推移している。その一因は、2月の利払い懸念に続き、ドイツ銀行の経営に対する不安が高まったことだ。

 8月31日、ドイツ銀行が独大手行のコメルツ銀行との合併の可能性を検証していたことが報道された。ドイツ銀行の経営陣はこの報道への言及を避けたものの、経営規模の縮小を検討していると説明した。

 市場に大きなショックには至らなかったものの、この報道を境にユーロ圏の銀行セクターの株価は下落し始めた。その背景には、ドイツ銀行が自力で経営を再建することが困難になっているとの懸念がある。2008年9月15日に経営破綻したリーマンブラザーズが、他行との合併交渉に失敗し、最終的に破綻したことを思い出した投資家もいたのではないか。

 世界の大手行の中でも、ドイツ銀行はシステミックリスクに与える影響が最も大きいと指摘されている。それだけに、合併をも含む事業再編が検討されていたことは、ユーロ圏全体の銀行システムの再編が迫っているとの不安を高めたとも考えられる。

 そして16日、米司法省は過去にドイツ銀行が取り扱った証券化商品の販売に不正があったとして140億ドル(約1.4兆円)の和解金を要求した。この問題がどう解決するかは不透明だが、一部アナリストの予想に比べ、請求された額は3倍程度多かったとみられている。これを受けて、投資家はドイツ銀行の業績悪化を懸念し、株価が大きく下落した。

 このように考えると、ドイツ銀行の株価下落は同行固有の要因に影響されていると思われるかもしれない。しかし、銀行株の下落に影響しているのは個別要因だけではないはずだ。

銀行経営を圧迫する金融政策

 注意したいのが、2014年6月からECBがマイナス金利政策を導入した結果、国債の利回りが大きく低下し、ユーロ圏全体の銀行の収益力が弱まってきたことだ。

 9月8日のECB理事会では、ドラギ総裁が今後の追加緩和に対する明確な指針を示さなかった。それが市場の失望を呼びドイツなどの国債利回りを急上昇させた。この時、ユーロ圏の銀行株は反発した。そこには、マイナス金利の深掘りや量的緩和の強化など、さらなる金利低下=銀行の収益減につながる金融政策が当面は見送られたという、投資家の安堵があったと考えられる。

 しかし、依然としてユーロ圏の景気動向は不安定だ。銀行の経営状態が悪化し、企業の景況感や消費者心理が後退すれば、ECBは何らかの追加緩和を打ち出すだろう。

 それは国債の利回りを低下させ、銀行の収益を追加的に圧迫する可能性がある。
その結果、投資家のリスク許容度は低下し、民間投資家の協力を得て不良債権処理を進めるイタリア政府の取り組みも行き詰るかもしれない。

 そうしたリスクがユーロ圏、そしてグローバルな金融システムに与える影響は軽視すべきではない。ドイツ銀行を筆頭に世界の大手行は、相互の資金取引などを介して密接につながりあっている。つまり、単一国の金融システム不安は、短期間のうちに世界経済全体の問題に発展する恐れがある。

 このように、景気支援のために進められてきた金融緩和が行き過ぎると、銀行の経営が悪化し、経済に悪影響が及ぶ懸念がある。これはユーロ圏に限らず、わが国などにも当てはまる。

 本来であれば経済・金融システムの安定を司る金融政策が、個別行の経営リスクを高め、間接的に経済の混乱につながるリスクを孕みつつあることは冷静に考えるべきだ。




「史上最悪のバブル崩壊迫る」米著名アナリスト、ペント氏が警告
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00000012-zuuonline-bus_all

news「史上最悪のバブル崩壊迫る」米著名アナリスト、ペント氏が警告


ウォールストリートの米著名アナリスト、マイケル・ペント氏が「史上最悪のバブル崩壊」を警告した。

2008年のリーマンショック後、強引な景気押しあげを狙った中央銀行が作りだした巨大なバブルが弾け、「すべての資産価値が暴落する」「リーマンショックがただの予兆であった」と悲観的な見解を示した。

■「市場の自己回復力をねじ曲げた」中央銀行を非難

25年の株式市場経験をもち、米投資アドバイス会社、ペント・ポートフォリオ・ストラテジーズ(PPS)の社長でもあるペント氏は、現在の世界経済が「かつて目撃したことがないほど緊迫したレベルに達している」と、9月17日に配信された米インターネット経済番組で発言した。

ペント氏の懸念は、2007年には6兆ドル(約603兆6600億円)だった中央銀行のバランス総額が過去9年間で21兆ドル(約2112 8100億円)にまで膨れあがっており、今後も毎月2000億ドル(約20兆1220億円)のペースで増え続けると予測されている点に起因する。

世界的な金融緩和政策で大量の紙幣が循環し、政府や企業の債券あるいは債務が膨張。低金利によってますます値上がりする債券価格とは対照的に、利回りは最低水準にまで落ちこんでいる。

この状態で「買い」に歯止めがかかれば、当然ながら債券価格の上昇は頭打ちする。その先に待ち受けているのは、リーマンショックをはるかに上回る規模の経済危機だ。

「今度のバブルはすべてを一掃する。あらゆる債券は勿論、ダイアモンド、車、REIT(不動産投資信託)まで、安全な資産など存在しなくなる」というペント氏は、これほどまでに危険なリスクを生みだした各国の中央銀行を厳しく非難。

リーマンショック後、強引に景気を回復させるために住宅価格や株価格を意図的に吊りあげ、「市場の自己回復力をねじ曲げた」結果、一時的な好景気に恵まれたものの、過去数年にわたるバブルは債券・住宅・低金利といった変動しやすい要素でかためられた虚像でしかない。

コモディティ価格の下落、企業収益の低迷、資本の不安定性など、ペント氏はこれまでに何度か同様の警告を発してきた。

しかしブレーキがかかるどころか崩壊に向かって加速しているとしか思えない世界経済を目の当たりにし、「悲観的な状況だ。持ちなおすのは不可能だろう」と、秒読みにはいったバブル崩壊に最後の警鐘を鳴らしている。(ZUU online 編集部)



メールBBAが優勢だったから株価が上昇(縛w

じゃあトランプマンが優勢だったら株価は


どうなるの?(縛w


ここのところ株価が下がり気味だったのは


ドイツ銀行という名のお茶屋銀行のせいだとか。

こないだ巨額賠償を請求されて、ただでさえ


嘔臭もマイナス金利で銀行の収益性に不安がある

ところなのに追い打ちを喰らった形。



さしてよくもない経済状況の中、この2年ぐらい

ダウは史上最高値圏で頭打ち。


バブルは膨らんだまま行き場なく破裂の時を

待ってるわけでつね。



その額はサブプライムショック前の2.5倍。

崩壊する時も2.5倍ということでつね。



しかし、これまた騒ぎ始めるタイミングが

アレでつね。


「リーマンショックは前座」というリアル分析を

パクんなよ(縛w


騒いでる内容も、こないだお茶屋が喚いてたのと

方向性が同じ(縛w


ならば崩壊の引き金を引くのもお茶屋、と考える

のはそうおかしなことではないでせう。


ちょうど引き金になりそうなお茶屋の下僕が

いるのだから。。。





そんなささいなこと…=「反エルドアン詩」忘れて―英外相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000015-jij-eurp

newsそんなささいなこと…=「反エルドアン詩」忘れて―英外相


 【アンカラAFP=時事】トルコを訪問したジョンソン英外相が、英保守系誌スペクテーターに5月、トルコのエルドアン大統領を批判する詩を発表していた点を記者から尋ねられ「そんなささいなことは、君が持ち出すまで今回の訪問で誰も話題にしていない」と食ってかかる場面があった。

 首都アンカラで27日に行われたトルコのチャブシオール外相との共同記者会見で飛び出した。

 痛いところを突かれたジョンソン氏は、7月のクーデター未遂を経てトルコの人々が今最も聞きたいのは「英トルコ関係は非常に強力」という点だと力説。エルドアン大統領がクーデター首謀者として敵視する在米イスラム指導者ギュレン師の活動についても「今回の訪問で話を聞いてカルトの側面が多いと思った」とトルコの主張に理解を示した。

 先祖にトルコ人がいるというジョンソン氏は、トルコを「父祖の地だ」と表現。親族が今もトルコ外務省で働いていると親近感を振りまいた。 




不祥事発覚のアラダイス、わずか1試合で辞任…今後4試合はU-21監督サウスゲートが指揮
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000029-goal-socc

news不祥事発覚のアラダイス、わずか1試合で辞任…今後4試合はU-21監督サウスゲートが指揮


イングランド代表を率いるサム・アラダイス監督が辞任を発表した。FA(イングランド・サッカー協会)が伝えている。

アラダイスのイングランド代表での挑戦はわずか67日で終えることとなった。7月にイングランド代表の監督に就任したアラダイスだが、今月の27日に不祥事が発覚。サッカー界では禁じられている第三者の選手保有を促進する発言をしていたことがイギリス紙『テレグラフ』の取材によって明らかにされ、40万ポンド(約5230万円)で架空の代理人会社とクラブの間を取り持つ約束もしていたことを暴露された。

これら一連の事件により、アラダイスとFAは双方の合意のもと、契約を解除。FAは今後4試合でU-21イングランド代表監督であるガレス・サウスゲートが指揮することを発表している。その間に新監督を探すこととなるようだ。

7月に就任したアラダイスは初陣となったスロバキア戦に1-0で勝利。この1勝のみでイングランド代表を去ることとなった。




A・ジョリーの野望!英国へ移住し王室入り目標?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000007-nksports-ent

newsA・ジョリーの野望!英国へ移住し王室入り目標?


 米俳優ブラッド・ピット(52)との離婚を申請した女優アンジェリーナ・ジョリー(41)が、英国に移住して王室入りする壮大な野望を描いていると報じられた。

 伝記作家のイアン・ハルペリン氏が、ジョリーはダイアナ元妃のような存在になりたいと思っていると英デイリー・メール紙に語ったもの。同氏によると、ジョリーは映画の仕事を続けるためにロサンゼルスに住み続けることを望んだピットに対し、英国と米国での別居婚を提案。さらに離れて生活する中で互いに別の相手と恋に落ちたり、性関係を持つことを認める「オープ・マリッジ」を持ちかけたというが、一蹴されたという。

 同氏によると、ジョリーは映画の仕事にはもはや興味はなく、96年に亡くなったダイアナ元妃が生前に熱心に取り組んできた地雷廃絶運動やエイズ患者支援などについても学び、その跡を引き継ぎ、ダイアナ元妃とマザー・テレサの中間のような存在になれると確信しているという。「これまで欲しい物をすべて手にしてきたジョリーは、次はハリウッドからモナコの王室に嫁いだ女優グレース・ケリーを目指している。

 ジョリーの目標は政治家として名を残すか、英国王室入りすることで、アンドルー王子は自分にお似合いだと注目している」と、同氏は語っている。(ロサンゼルス=千歳香奈子)



エ下劣外相はトルコ人(縛w

エ下劣とトルコは強固な関係(縛w


そういえばついこないだトルコ人による

銃乱射事件がありましたなぁ!!!!(縛w


アメリカが引き渡しを拒否してる宗教家を

disったりしてるしなぁ!!!!(縛w


テロの下手人が誰なのか

モロバレでんなぁ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


サッカーエ下劣代表監督は不祥事で地祭り(縛w

何をやってもお粗末でんなぁ(縛w



チョンジョリーナは

「国連トップにウリはなるニダ!」


と喚いたと思ったら、今度は

「エ下劣嘔族にウリはなるニダ!」


とかwwwwwwwwwwwwwwwww


何が「お似合いニダ!」だボケ!!!!

誰がお前みたいなエラBBAを欲しがるんだ


よ!!!!(縛w

分を弁えろ!!!!(縛w



まあ日本の敵同士がドッキングでまとめて地獄に

堕ちやがれ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





東京五輪3施設、建設中止含め見直し提案へ
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160927-00000120-jnn-soci

news東京五輪3施設、建設中止含め見直し提案へ


 東京オリンピックの予算などを検証している東京都の都政改革本部が、建設予定の3つの競技場について、抜本的見直しを提案する方針であることがわかりました。

 建設中止を含めた抜本的な見直しが提案されるのは、東京オリンピックに向けて建設が予定されているボート会場の「海の森水上競技場」、バレーボール会場の「有明アリーナ」、水泳会場の「オリンピックアクアティクスセンター」の3つの施設です。これは、29日開かれる都政改革本部の第2回の会議で、提案される予定です。

 「海の森水上競技場」は、整備費用が招致の段階での69億円から491億円に膨らんだことなどから以前から問題が指摘されていて、小池知事は今月1日、3つの施設の予定地を視察していました。

 大会組織委員会は、IOC=国際オリンピック委員会に対し年内に予算計画を提出する予定でしたが、こうしたスケジュールにも影響が出る可能性があります。(27日22:59)




車椅子の男性、43年後に誤診と判明 いまは歩いてカフェにも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00000007-jij_afp-int

news車椅子の男性、43年後に誤診と判明 いまは歩いてカフェにも


【AFP=時事】43年間車椅子の生活を送っていたポルトガル人男性が、後になって誤診が判明し、50代でようやく歩行訓練を始められるようになったと、ポルトガルの新聞が25日に伝えた。

 ジョルナル・デ・ノティシアス(Jornal de Noticias)紙によると、同国南東部アランドロアル(Alandroal)に住むルフィーノ・ボレーゴ(Rufino Borrego)さん(61)は13歳の時、リスボン(Lisbon)の病院で筋ジストロフィーと診断され、その後40年以上にわたり、車椅子の生活を余儀なくされた

 ところが2010年、ある神経学者によって、ボレーゴさんが実際に患っているのは筋肉が弱くなる「筋無力症」という別の病気であることが判明。

 まれな病気ではあるが、ぜんそく薬での治療が可能なため、ボレーゴさんはこの診断からわずか1年後、近所の行きつけのカフェに歩いて行けるまでになった。同紙によれば、カフェのオーナーは「奇跡と思った」という。

 ボレーゴさんは現在、年に2回の理学療法を受ける以外は通常の生活を送っている。

 無筋力症は1960年代、医療専門家の間でほとんど知られていなかった。ボレーゴさんはそのことを認識しており、最初に診断した病院に対して不信感は抱いていないと断言。「とにかく人生を満喫したい」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News



可汗一味のシノギが地祭りwwwwwwwwww

豊洲から玉突き的に連鎖地祭り(縛w

せっかく膨らませた400億は水の泡(縛w


既存施設にちょっと手を入れるぐらいで

安上がりに済ませろ!!!!(縛w


もちろん森元らの息がかかってないところを

使え!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


43年間、日本で言えば障害者1級と「誤診」

とか、どう見ても詐欺!!!!


誤診した医者に全ての費用を賠償させろ!!!!


当然のことながら、外国のことだからでは


済まされないわけでつね。

国内の「偽装誤診」を摘発し、国に与えた損害を


すべて賠償させろ!!!!

もちろん信濃一味にな!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

...ハゲバンのプラピさんなんかどうでもいいけれど、それにしてもここのジョリーの記事が本当ならばそんな女御免でしょう。まともに相手していられないでしょうに。考えるにジョリーの言いつけに従っていただけなのかもしれませんね、ブラピさんは。この際、ブラピは思いっきり反イングランドになれば良いのでは(笑)?TOYOTAとか任天堂のCMに出たりとか(笑)。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR