現在の閲覧者数:

【支那地区通信】偽造されたカリスマ 他

.
カーター国防長官がASEAN各国防相と「対中結束」を確認 距離を置くドゥテルテ氏の手綱はどう締めるのか?
http://www.sankei.com/world/news/161001/wor1610010056-n1.html

newsカーター国防長官がASEAN各国防相と「対中結束」を確認 距離を置くドゥテルテ氏の手綱はどう締めるのか?


 【シンガポール=吉村英輝】カーター米国防長官は9月30日、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国の国防相とハワイで会談し、中国が進出圧力を強める南シナ海を念頭に、海洋安保の協力強化を確認。米海軍と沿岸警備隊幹部に、南シナ海での航行の自由維持へ、来年にASEAN各国と会合を開催するよう指示したことを明らかにした。AP通信が伝えた。

 シンガポールのウン国防相によると、漁船どうしの摩擦回避の方策などが話し合われた。南シナ海では、領有権を争うベトナムやフィリピンのほか、インドネシアも中国の漁船や監視船と衝突を繰り返している。

 南シナ海での中国の主権主張を全面否定した仲裁裁定後、米ASEANの国防相が一堂に会するのは初めて。カーター氏は会談に先立ち、米国と距離を置くドゥテルテ大統領を念頭に、フィリピンとの同盟関係の重要性にも言及した。




南シナ海の法の支配主張…シンガポールに中国いらだち 友好国へ「恥を知れ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00000055-san-asia

news南シナ海の法の支配主張…シンガポールに中国いらだち 友好国へ「恥を知れ」


 【シンガポール=吉村英輝】東南アジアの都市国家シンガポールに中国が圧力を強めている。中国は、今年7月に仲裁裁判所の裁定で南シナ海での主権主張を全面否定されて以降、東南アジア諸国連合(ASEAN)の切り崩しを進め、仲裁裁判所に提訴したフィリピンをも懐柔。一方、シンガポールは、日米などと同調して「法の支配」を訴え続けており、中国はいらだちを深めている

 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報の胡錫進・編集長は9月27日、「仲裁裁定に対するASEANの大半の国の反応を見て、シンガポールは恥じ入るべきだ。最大の貿易国である中国をつまずかせようとしている」と述べた。

 同紙は21日、ベネズエラで17~18日に開かれた非同盟諸国会議で「シンガポールが南シナ海の仲裁裁定の問題を取り上げた」と報じ、駐中国シンガポール大使から記事の訂正を求められていた。

 大使は、同会議での南シナ海問題提起はASEANの総意で、シンガポールは個別に言及していないと事実関係をただしたが、胡氏は「取材源は信頼できる」と答えるにとどまった。

 シンガポール住民の大半は中国系で、文化的にも経済的にもつながりが深い。胡氏はシンガポールを「友好国とみてきた」とし、「南シナ海問題でのシンガポールの言動は度を越している」と批判。「フィリピンやベトナムに加担し、米国や日本に呼応している」と「反省」を促した。

 環球時報は、8月に訪米しオバマ大統領と仲裁裁定の重要性で一致したリー・シェンロン首相への批判も繰り返している。

 東南アジア研究所(シンガポール)マルコム・クック上級研究員は、ASEAN各国の中で、シンガポールが「仲裁裁定順守」の立場を最も明確にしているとし、「圧力は続くだろう」と指摘した。




「中国人民元経済圏へいずれ日本を引き込む」 中国、「金融工作会議」前倒し開催か 改革への外圧利用に権力闘争の影
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-00000502-san-cn

news「中国人民元経済圏へいずれ日本を引き込む」 中国、「金融工作会議」前倒し開催か 改革への外圧利用に権力闘争の影


 証券取引所のほか、銀行や保険など、世界を代表する金融機関のビル群が林立する上海市内の国際金融センター。中国人民銀行(中央銀行)の幹部はテラスでウイスキーのグラスを傾けながら、「67歳の誕生日にふさわしい日になりそうだな」とつぶやいた。

 1949年に毛沢東が北京で「中華人民共和国」成立を宣言して、1日で67年を迎える。中国経済を象徴する通貨「人民元」がこの日、米ドルに並ぶ国際通貨になったことに幹部は深い感慨を抱いていた。ドル、ユーロ、日本円、英ポンドに続く国際通貨基金(IMF)5番目の特別引き出し権(SDR)構成通貨に正式に組み込まれたのだ。

 2010年に日本を追い抜き国内総生産(GDP)で米国に次ぐ世界第2位に台頭した中国。国慶節と呼ばれる1日、通貨でも世界の中心に躍り出たとして、「SDR」の3文字が国威発揚につながる文脈で喧伝(けんでん)されることになる。

 そこには深遠な野望も見え隠れしている。「最終目標は中国経済の規模に相当する通貨の地位を得ることだ」。中国人民大学の国際通貨研究所は、「2016年版人民元国際化報告」をまとめ、こんな目標を掲げた。一方で、人民元のSDR組み込みは「一里塚に過ぎない」と戒めた。

 人民元のSDR構成通貨入りは、貿易量や通貨の取引自由度などからIMFが人民元に国際通貨との「お墨付き」を与えた形だ。それでも、報告書は、君臨する米ドル経済圏に対抗しうるパワーを人民元が得るまでは気を抜くなと警告したのだ。

 中国には「東南アジア諸国連合(ASEAN)や欧州などドル離れを起こす地域と『人民元経済圏』を構築し、いずれ日本もそこに引き込む」(上海の大学教授)との思惑がある。日本を含む米ドル経済圏に、中国が改めて挑戦状を突き付けることになる。

 貿易や金融取引の大半で使われるドルを発行する米国は為替変動の影響が少なく、ドルを世界各国が外貨準備に取り入れることなどで、国際経済の中心的な役割をほぼ独占してきた。

 そのドルを追う人民元は急速に力をつけてきた。新興勢力としてまだまだ安定感に欠く面もある。だが、中国の貿易総額に占める人民元建て決済比率は30%になった。その実力は着実についてきている。

 ただ、人民元を外貨準備に加えた国はまだ10カ国。貿易で人民元が使える直接取引が可能な国は16カ国。通貨を融通し合うスワップ協定を中国と結んだ国も33カ国に過ぎない。それでも英国やドイツなど欧州諸国の中には、ドルと人民元をてんびんにかける先進国も増えている

 欧州や東南アジア、アフリカなどをチャイナマネーで引き付けながら、白と黒の石が繰り広げる囲碁のような戦いが、ドルと人民元との間の陣取り合戦で火花を散らし始めている。

 1998年公開の米ディズニー映画「ムーラン」がいま、上海や香港の金融市場で話題に上っている。

 世界銀行が9月2日、国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)建て債券を中国で発行し、その愛称が「ムーラン債」と名付けられたからだ。従来も日本円建て債券が「サムライ債」、香港で発行された人民元建て債券が「点心債」と呼ばれ、通貨にかかわる国の歴史や文化のイメージが投影されてきた。

 映画は、老病の父に代わって男装して戦いに出た娘の「木蘭(ムーラン)」が異民族を相手に勝利を収めた、という古代中国の物語に基づく。ムーランは「名誉」を映画の中で歌い上げた。SDR入りはいわば人民元が国際通貨として「名誉ある信認」を得るための一歩だ。金融市場ではムーランと印象が重なった。

 人民元の10月1日のSDR入りに先行した総額5億SDR(約700億円)の債券は、中国の国有商業銀行や三菱東京UFJ銀行などが争って引き受けた。

 米ドル、ユーロ、日本円と英ポンド。従来のSDR構成4通貨は(1)貿易規模と代金決済で使われる通貨の比率の高さ(2)金融市場で自由に交換や売買ができる-との条件が整っていた。

 だが、人民元は貿易で条件を満たすが、「外貨との交換や海外送金で規制が強く、国際通貨と呼べる水準に至っていない」(大手商社幹部)と指摘される。

 日本円や米ドルで投資した中国でのプロジェクトで人民元ベースの収益を上げても、その資金を自由には持ち出せないため、「収益の大半は中国内で内部留保するか再投資に回すしかない」(同)のが実情だ。

 さらに、SDR本来の目的であるIMFからの緊急融資の際、外貨不足に陥った国がSDRをIMFから受け取っても、中国当局の為替管理の壁で自由な交換ができなければ、人民元の構成比率10・9%分は使えないとの問題が生じる

 それでもIMFが人民元のSDR入りを認めたのは中国との経済的な結びつきを深めたい英独など欧州勢の圧力に加え、SDR組み入れを条件に中国に金融改革を迫る狙いがあった。

 匿名を条件に取材に応じた中国の銀行首脳は、「5年に1度の中国共産党と政府による『全国金融工作会議』が、次回予定の2017年から1年前倒しし、この10月か11月にも開かれる見通しだ」と明かした。

 同会議では、人民元の為替市場と資本取引の大幅な自由化のほか、タテ割りが続く銀行・保険・証券の3つの監督当局と人民銀行を一体化させる“スーパー金融庁”の創設と、そのトップ人事が決まるという。

 中国が、金融改革を国際社会が望む方向に一歩進めれば朗報といえる。

 ただ、「いわばSDRという外圧を使って金融政策を仕切る既得権益層や国内の政敵のクビを切るのではないか」(関係筋)と、権力闘争激化を予想する声も聞こえる。最高首脳部の入れ替えもある5年に1度の党大会を来年秋に控え、党や政府は「人事の季節」に大きく揺れ動いている。

 加えて、「国際法を無視して海洋進出による覇権主義をむき出しにする国家の通貨への『信認』が、国際社会から得られるか」(日中関係筋)との根本的な疑念も残る。今年7月、南シナ海をめぐるハーグの仲裁裁判所の裁定で主張が全面否定された中国は、国際法に基づく裁定を「ただの紙くずだ」と切り捨てた。

 国際通貨の地位は国際社会からの信認なくして成り立たない。海洋進出など国際社会との摩擦を引き起こす姿勢と矛盾する。人民元がいつ「名誉ある信認」を得られるか。ムーランのようなハッピーエンドが迎えられるのか。なお予断を許さない。



追い詰められる支那地区(縛w

シンガポール相手に必死杉(縛w


まあASEANは大国からカネせびろうと口を

開けて待ってるだけのカスばっかりだから


分断させとくだけで十分(縛w


前にも書いた通りドテドテのように麻薬組織を


地祭りに上げようとすれば、普通は反撃されて

暗殺されるのがオチなわけでつね。


にも拘らずそれができるのは、麻薬組織のバック

と裏でつながってるからでつね。



そのバックとは?

いうまでもなく支那地区&エ下劣。


支那地区はジジィが支那地区のドテドテにわざと

麻薬組織を地祭りに上げさせる事によって


カリスマ化したわけでつね。


そして支那地区のイヌを大統領にすれば


一丁上がり、ってことでつね。


「フィリピンのヒトラーに、ウリはなるニダ!」


と喚いたのは勿怪の幸い、世界中でドテドテを

叩きカリスマ性を剥奪するいい口実でつね。




マヌケな支那地区はSDRに入ったぐらいで

有頂天になってるが、日本なんかずっと前から


入っとるっつーの。

「サムライ債」もとっくに出しとるっつーの。


それで「円経済圏」ができたか?(縛w


今年はどんどん元が安くなり続け、もはや


為替操作して元を切り下げなきゃ輸出を維持でき

ないほど弱体化した通貨を誰がまともに扱うと


いうのか(縛w


3兆2千億ドルの外貨準備のうち使えるのは


2千億ドル、それも国外への持ち出しを禁止

したりしてようやく維持してるブザマ(縛w



なんちゃら会議を前倒ししても、実は支那地区は

針を一刺しすれば破裂する国家存亡の危機を


免れることはできないわけなんでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





北朝鮮の核開発を支援した中国人美人企業家は「優秀な共産党員」として毎年表彰されていた…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00000507-san-cn

news北朝鮮の核開発を支援した中国人美人企業家は「優秀な共産党員」として毎年表彰されていた…


 中国の治安当局は9月中旬、北朝鮮の核開発を支援した疑いで女性実業家、馬暁紅氏を拘束した。遼寧省丹東で創業した企業グループ「鴻祥実業発展有言公司」(丹東鴻祥)が、遠心分離機に使用可能なアルミニウムなどを北朝鮮に輸出したことが原因だと報じられた。

 しかし、中国は国内安定維持のため武器関連物質の管理を徹底的に行っている。包丁を買うのに実名登録を必要とする地域さえあるのに、民間企業が政府の許可なしに核兵器の関連部品を輸出することは考えられない。馬氏の正体をめぐり、北京の外国メディア関係者の間でさまざまな臆測が飛び交っている。

 中国メディアなどの報道によると、丹東のデパートの店員だった馬氏は1996年ごろから対北朝鮮貿易に従事するようになり、2000年に丹東鴻祥を創業。十数年で社員約700人の中堅商社に育て上げた。北朝鮮への衣類、食糧の輸出のほか、同国の鉱山採掘権を確保するなど経営分野は多岐にわたる。

 一方、水面下では核開発関連物資のほか、通常兵器の関連部品も大量に輸出し、今年3月には戦車用バッテリーをリンゴの箱に入れ、税関検査をくぐり抜けて北朝鮮に輸出したとの報道もある。

 近年の国際社会による北朝鮮への制裁は馬氏の企業にとって荒稼ぎのチャンスとなったようで、米韓の研究機関が発表した報告書によると、丹東鴻祥1社だけで、11年から15年の間の北朝鮮との貿易額が5億3200万ドル(約530億円)に達したという。

 中国で貿易会社を経営する場合、工商局や税務局、質量検査局など多くの官庁に業務内容を報告し、定期的に検査を受けなければならない。対外貿易を行うなら、税関だけでなく国家安全省、公安局からもマークされる。国連による北朝鮮への制裁には中国も参加しており、馬氏の企業が北朝鮮に禁輸品を輸出するためには、国内で一連の検査にパスしなければならない。

 強力な後ろ盾があることは想像に難くない。

 馬氏をめぐっては、武器関連部品を取り扱っていたことから、軍の関係者だと指摘する声がある。また、地元の共産党組織から「優秀な共産党員」として毎年のように表彰されていたことから、共産党の対外組織、中央対外連絡部(中連部)の北朝鮮支援の代理人だとの指摘も聞かれる。

 中国の対北朝鮮外交には、軍、党(中連部)、外務省の3ルートがあるといわれている。最近、中朝関係の悪化で、外務省ルートはほぼ閉ざされたといわれているが、軍と党のルートはほとんど影響を受けていないとの指摘もある。

 馬氏がこの時期に突然、中国の治安当局に摘発された理由についても複数の説がある。(1)北朝鮮との取引が米国はじめ国際社会にばれてしまったから(2)北朝鮮の5度目の核実験実施に中国が激怒し、制裁に本腰を入れ始めたから(3)馬氏が遼寧省の選挙違反事件に巻き込まれたため、中国側が“代理人”を代えようとしたから-などだ。

 真相は定かではないが、これだけはいえる。馬氏の事件は、「国連決議に従って北朝鮮を厳しく制裁している」という中国の主張が、まったくの嘘だったということを示したのだ。(矢板明夫)



支那地区高官の愛人になってそれを商売に利用

する、という、お約束のチャイナドリーム(縛w


どっかで聞いたような話だなぁ、R4!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


こいつのタイーホの理由が北チョンの5回目の核実験

ってことはねぇよなぁ、それなら、もっと関係が


悪化してた今年初めの水爆実験の時にタイーホしてる

はずだからなぁ(縛w



支那地区でのし上がるためには党とのつながりが

必要不可欠なんだから、逮捕直前まで北チョンと


取引してたのも支那地区の意思であることは、

どうやったって言い逃れできないんでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





バッキンガム宮殿で収賄=元管理責任者に禁錮5年―英
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00000018-jij-eurp

newsバッキンガム宮殿で収賄=元管理責任者に禁錮5年―英


 【ロンドンAFP=時事】エリザベス英女王の公邸、バッキンガム宮殿の元管理責任者に対し、業者から10万ポンド(約1300万円)以上を収賄していたとして、裁判所が禁錮5年の判決を言い渡した

 王室は「この事件に限ったことで、既に管理面の強化が広く施されている」と強調。問題が明るみに出て以来、警察の捜査に協力してきたと説明している。

 判決はロンドンのサザーク刑事法院で9月28日に言い渡された。検察によると、王室の施設管理部に勤務していたロナルド・ハーパー被告(64)は「実入りの良い電気工事契約を結ばせる見返りに」業者から賄賂を受け取っていた。裁判長は「勤勉で職場の和を大切にしていると装いながら、同僚の信頼を裏切り続け、しかも全く反省していない」と批判した。

 贈賄側の社長2人には、それぞれ1年半の禁錮刑が言い渡されている。 



こないだ支那地区が侵入したのは

これが原因か?(縛w





マスコミ、100年前にすでにガジェットによる社会崩壊を警告(写真)
https://jp.sputniknews.com/science/20160928/2832649.html

newsマスコミ、100年前にすでにガジェットによる社会崩壊を警告


ニュースメディアQuartz は、1906年の英国の雑誌にある絵に注目した。そこには無線ガジェットへのアクセスが理由で個人が社会で孤立すると予測していた。 ?絵には無線電信を手に持った女性と男性が背を向け合って座っている。絵の作者は、次の年、1907年の予測をした。 絵の下には「無線電信の発展。ハイド・パークにて。この2人はお互いに交流していない。貴婦人は恋文を、男性はレースの結果を受け取っている。」 先に伝えられたところによると、中国広東省で、和式便所に落ちた携帯を拾おうとした男性を消防隊員が救助した。



携帯が普及したら社会が崩壊する(縛w

まあそれを狙ってエ下劣は「ボーダフォン」


とかを作ったんでせうなぁ(縛w

目論見は外れたようだがな、


ポケモンGOで(縛w


で、ボーダフォンといえばハゲバンク。


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





雅子さま 異例の4日間で3つの外での公務
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161001-00000049-nnn-soci

news雅子さま 異例の4日間で3つの外での公務


 皇太子ご夫妻が、日本の伝統芸能を鑑賞された。雅子さまが4日間で3つの公務に出席されるのは異例のこと。

 皇太子さまと雅子さまは1日、国立劇場で、伝統芸能による公演「日本の四季」を鑑賞された。

 雅子さまにとっては、「国立劇場開場50周年記念式典」、「国際青年交流会議」に続いてこの4日間で3つ目の外での公務となったが、療養に入られて以降の公務のペースとしては異例のこと。

 ご夫妻は、邦楽、琉球芸能、雅楽、日本舞踊がそれぞれ春夏秋冬を表現する舞台を時にオペラグラスを使いながら鑑賞し、出演者たちとの懇談では、「おいくつの時から始められたんですか」などと尋ねられていたという。



何が異例だ、寝言を抜かすな!!!!

当然のことだろがボケ!!!!



支那地区&エ下劣といえばシノギを潰され

まくってるせんべい(縛w



働かざるを得なくなったんでせうか?

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

このフィリピンの新しい大統領、わかり松。さんが指摘している事柄で問題ある大統領だというのもわかりますけれど、それ以前に人間の尊厳に関して最低限のものさえないわけで、その時点で人格に相当大きな障害があるでしょ。人間は動物じゃあないのですよ。おいフィリピン人の方々、このドテドテとかいうのが麻薬中毒者や麻薬販売者というレッテルをそうでない者にはって都合の悪い人物を葬りさる、という事をやり兼ねないのわかっていますか?このフィリピンの新しい大統領を良く言うネトウヨさん達が結構いますけど、肝心な物事を忘れてるってものですよ。

支那マネー(笑)に関しては、誰がそんな危険な似非紙幣欲しがるか、と言ったところですかね(笑)。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR