現在の閲覧者数:

【アメリカ通信】メールBBA・メソジスト・ウェルズリー、リアル分析的中

.
トランプ氏が「ゲティスバーグ演説」、就任後100日の計画を発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161023-00000005-jij_afp-int

newsトランプ氏が「ゲティスバーグ演説」、就任後100日の計画を発表


【AFP=時事】米大統領選共和党候補のドナルド・トランプ(Donald Trump)氏は22日、同国東部ペンシルベニア(Pennsylvania)州ゲティスバーグ(Gettysburg)で演説を行い、大統領就任当初100日間の計画について言及し、今後10年間で2500万人の雇用創出や中間層の減税を公約した。

 この他にトランプ氏は不法入国者の抑制、米議会での任期制限の導入、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉、そしてバラク・オバマ(Barack Obama)大統領の目玉政策だった健康保険制度改革の廃止などを行うと述べた。

 トランプ氏は、大統領就任後の具体的な政策を打ち出すとともに、同氏を批判する人々を攻撃し、性的嫌がらせと受けたと名乗り出た女性たちを「うそつき」と呼んで訴訟を起こすと脅した。また民主党候補のヒラリー・クリントン(Hilary Clinton)前国務長官は大統領選出馬を禁止されるべきだったと述べた。

 ゲティスバーグはエーブラハム・リンカーン(Abraham Lincoln)大統領が米国統合を目指し南北戦争の重要な演説を行った地。トランプ氏陣営は、米大統領選を17日後に控えた22日、そのゲティスバーグでトランプ氏が行った45分間の演説を同氏の「最終弁論」と位置付けた。

 トランプ氏は、支持者数百人を前にした演説で、「変革は、崩壊したシステムの外部から行わなければならない」と述べ、米国に存在する深い亀裂はリンカーンの功績を参考にして癒すべきだと主張し、「われわれの選挙運動は人生に1度あるかないかの変化を象徴している」と付け加えた。

 来月8日の米大統領選における激戦州、ペンシルベニア州で展開される今週末の選挙活動合戦はトランプ氏の演説でスタートを切った。クリントン氏も22日、同州ピッツバーグ(Pittsburgh)で選挙集会を行った。

 米政治情報サイト「リアルクリア・ポリティクス(RealClearPolitics)によると、クリントン氏とトランプ氏の2人、または小政党の候補者も加えた4人の候補の中で比較した最新の全国世論調査で、クリントン氏はトランプ氏を支持率で平均5.3%リードしている。【翻訳編集】 AFPBB News




TPP、就任初日に離脱=大型メディア買収は阻止-トランプ氏
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161023-00000022-jij-n_ame

newsTPP、就任初日に離脱=大型メディア買収は阻止-トランプ氏


 【ワシントン時事】米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏は22日、ペンシルベニア州ゲティスバーグで演説し、当選した場合、来年1月20日の就任初日に「環太平洋連携協定(TPP)の枠組みからの離脱を表明する」と断言した。

 就任後100日間に実施する政策案を発表し、「米国の雇用保護のための行動」と説明した。

 トランプ氏は演説で、米国の通信大手AT&Tによるメディア大手タイム・ワーナーの買収合意に言及。ワーナーがCNNテレビを傘下に抱えることから影響力が強くなり過ぎると訴え、「わが政権では買収を承認しない」と宣言した。トランプ氏は従来、CNNの報道姿勢を「民主党のヒラリー・クリントン候補寄り」と批判している。 

 「100日政策」では、中国を為替操作国に認定することや、オバマ政権の医療保険制度改革を廃止することなども掲げた。減税や税制簡素化などで消費や投資を喚起し、年4%の経済成長を目指すと改めて表明した。(了)




米AT&T、タイム・ワーナーを買収へ 8.8兆円規模
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161023-35090954-cnn-int

news米AT&T、タイム・ワーナーを買収へ 8.8兆円規模


ニューヨーク(CNNMoney) 米通信大手AT&Tが、CNNなどを傘下に持つ米メディア大手タイム・ワーナーを買収するとの合意が22日、発表された。買収金額は850億ドル(約8兆8000億円)と、メディア業界の買収案件では史上最大級の規模になる。

事情に詳しい関係者によると、22日午後に両社の取締役会が承認した。ただしこの後、規制当局の審査に1年以上かかることもあり得る。

タイム・ワーナーはCNNやTNT、HBOなどのテレビ局や映画会社ワーナー・ブラザーズの親会社。AT&Tは1800年代末に電話会社の先駆けとして創業したのがルーツで、現在は無線通信とインターネット接続のサービスで米国最大級の規模を誇る。

AT&Tは最近、米衛星放送大手「ディレクTV」も買収している。タイム・ワーナーの買収により、コンテンツ事業と通信事業の統合がさらに進むことになる。

AT&Tがタイム・ワーナーに支払う金額は一株当たり107.50ドルと、先週の終値を大幅に上回る。タイム・ワーナーの負債分を含めた買収金額は1090億ドルに上る。

両社の幹部は数カ月前から交渉を続けてきた。買収成立の可能性は20日に報じられた。AT&Tの幹部は、週明けの市場再開までに交渉を終わらせたい意向と伝えられていた。




クリントン氏、トランプ氏を12ポイントリード 最新世論調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161024-00000000-jij_afp-int

newsクリントン氏、トランプ氏を12ポイントリード 最新世論調査


【AFP=時事】11月8日の米大統領選に向けて米ABCニュース(ABC News)が23日発表した世論調査で、民主党候補ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏(68)は共和党候補ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏(70)に対する支持率のリードを12ポイント差に広げた。

 クリントン氏は23日、態度を決めていない共和党員や無党派層らに支持を訴え、今後は上下両院選挙での民主党候補の支持押し上げに力を注いでいくと表明した。

 ABCニュースの全米調査によると、支持率はクリントン氏の50%に対してトランプ氏は38%。クリントン氏の支持率は10日前に行われたABCニュースと米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)の世論調査から4ポイント上昇した。

 白人の支持率ではトランプ氏が47%と、クリントン氏の43%をわずかに上回った。ただ、前回の大統領選ではこの有権者層で共和党候補が20ポイントの差をつけていた。

 女性の支持率はクリントン氏の55%に対してトランプ氏は35%で、さらに白人の大卒女性ではクリントン氏支持がトランプ氏に対して32ポイント上回っている。

 トランプ氏陣営の選対本部長ケリーアン・コンウェイ(Kellyanne Conway)氏は23日、FOXニュース(Fox News)に対し、選挙戦が終わったわけではないと発言。「彼(トランプ氏)もわれわれもあきらめない。勝利できるのは分かっている」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News




クリントン大統領誕生なら「第3次世界大戦」 トランプ氏
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161026-35091166-cnn-int

newsクリントン大統領誕生なら「第3次世界大戦」 トランプ氏


(CNN) 米大統領選の共和党候補、ドナルド・トランプ氏は25日、民主党候補のヒラリー・クリントン氏が大統領になった場合、同氏の対シリア政策は「第3次世界大戦」を招くことになると主張した。ロイター通信とのインタビューで指摘した。

トランプ氏はフロリダ州でのインタビューで、米国が注目すべきなのはシリアではなく、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」だと主張。シリア内戦の終結とISIS掃討に向け、飛行禁止区域の設定など強硬路線を掲げるクリントン氏の政策を批判した。

トランプ氏は「クリントン氏の言う通りにしていたら、シリアをめぐって第3次世界大戦が起きる」と警告。米国はシリアのアサド政権だけでなく、アサド政権を支援するロシアやイランとも戦うことになると述べ、さらに「ロシアは核保有国だ」と強調した。

トランプ氏自身はこれまで、ISISやシリアに対する具体的な戦略を示していない。最近はもっぱら、ロシアと力を合わせてISISを倒すべきだと主張している。

トランプ氏の発言を受け、クリントン陣営の報道官は「今回もそうだが、トランプ氏はプーチン・ロシア大統領の口まねを繰り返し、米国民の不安につけこむばかりで、ISISを打倒しシリアの人権状況を改善する独自の計画を何一つ示そうとしていない」と批判した。

トランプ氏はインタビューで、「党内が団結していればクリントン氏に負けることはない」と述べ、共和党の分裂状態に不満をにじませた。一方で、自身が大統領となった場合に民主党から閣僚を任命するつもりはないと断言し、歩み寄りの意思はないことを強調した。



う~ん、さすがうちの読者、トランプマン(縛w

まあ世界大戦の勃発はトランプマンが当選した方


が起きる思うが。


こっち側であるトランプマンが当選すればこっち


が圧倒的に有利。

クズ共は必死に戦争を起こそうとするでせう。




さて、大統領は絶対君主じゃないので、法律の

枠内で大統領権限が適用できる範囲のことしか


実行できないわけでつね。


「あれをやらない、これをやめる」といくら喚い


ても議会を通らなければ思い通りにならないわけ

で、共和党議員との関係が最悪のトランプマンが


やりたいことをやるのはまずムリでつね。


まあ、トランプマンにとっても「議会のせいで


できない」という言い訳ができて責任を議会に

押し付けられるので、そこまで読んでるでせう。


トランプマンは対日貿易のウソと同様、百も承知

で言ってるわけでつね。



ただしTPPはまだ議会を通ってないので、

大統領就任前に議会を通せなければいくらでも


反故にできてしまうわけでつね。

なので、やりたいならとっとと議会を通せって


ことなんでつね。



同じ運命にあるのがタイム・ワーナー買収(縛w


ワーナーといえば。。。

tenタイムワーナーシティバンク
岩屋の追い込み漁⇒こちら


岩屋(縛w


AT&Tといえば。。。

tenグラハム・ベルといえばAT&T
バカチョンコス好きにマスコミから無慈悲な鉄槌(縛w⇒こちら


モルガン(縛w


モンサントといい、岩屋は手持ちの資産を


ずいぶん慌てて売却してるわけでつね。

当然、この後何が起きるのか、いや何を起こす


のかわかってるからでせう。

CNNはお茶屋の下僕なのでえんがちょしたい


ってのもあるでせうな(縛w


高値売り抜けできれば笑いが止まらんでせう


な(縛w

しかしトランプマンが大統領になれば許可され


なさそうでつね。


CNNがどうとか書いてあるが、それ以外に、


トランプマン叩きの急先鋒がNYT@岩屋

だから、そして、買収金額がパルパルだから


でつね。



このパルパルなタイミングでパルパルを出してくる


ってことは、トランプマンに反対を表明しろと

言ってるようなもんでつね。



そもそもAT&Tは過去に、巨大すぎるという

理由で分割命令を食らって分社して今に至る


わけでつね。

アメリカンならそんなこと誰でも知ってるわけ


でつね。


にも拘らず巨額買収によってまた巨大化する気


か?という懸念が真っ先に湧くわけでつね。

早々に反対を表明したトランプマンはアメリカン


に対して「真っ当な判断力のある人間」だと証明

して見せたわけでつね。



だから。。。



ネバダ紙がトランプ氏支持=有力紙で初めて-米大統領選
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161025-00000011-jij-n_ame

newsネバダ紙がトランプ氏支持=有力紙で初めて-米大統領選


 【ワシントン時事】米ネバダ州の最大紙ラスベガス・レビュー・ジャーナルは23日、大統領選で共和党候補ドナルド・トランプ氏(70)を支持するとした社説を1面トップに掲載した。

 米メディアによると、トランプ氏支持を打ち出した有力紙は初めてだ。

 同紙は「トランプ氏は魔法の万能薬ではないが、特権的な政治エリートに混乱と不快をもたらすことを約束している」と支持の理由を説明した。

 政治専門紙「ザ・ヒル」の23日時点の集計では、発行部数上位100位以内の米紙のうち、民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官(68)を支持する社は52社。小政党リバタリアン党のゲーリー・ジョンソン候補(63)は、トランプ氏を上回る3社の支持を得ている。大統領選まで約2週間となったが、態度を決めかねている社も多い。 (了)




クリントン氏に近い団体、FBI幹部の妻に5200万円献金
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161025-00000008-jij_afp-int

newsクリントン氏に近い団体、FBI幹部の妻に5200万円献金


【AFP=時事】米大統領選の投票日が2週間後に迫る中、民主党候補ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏(68)に近い団体が、米連邦捜査局(FBI)の幹部を夫に持つ女性に選挙活動資金として50万ドル(約5200万円)を献金していたことが分かった。この幹部はその後、クリントン氏の私用メール問題の捜査を監督する立場になった。米紙ウォールストリート・ジャーナル(Wall Street Journal)が報じた。

 この報道を受け、共和党候補ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏(70)は24日、フロリダ(Florida)州セントオーガスティン(St. Augustine)で開いた集会で「彼女は一度も有罪判決を受けなかった。だが、ここにいる聴衆の誰もが彼女は100%有罪だと分かっている」と批判。クリントン氏は説明責任を果たすべきだと述べ、この問題を追及する考えを示した。

 女性に対する数々のわいせつ行為が暴露されて勝利への道が狭まるトランプ氏だが、この日の集会では米国の選挙システムに「不正」があると主張。世論調査が不当にクリントン氏寄りになっているだけで、選挙本番では自身が勝利すると支持者に重ねて訴えた。【翻訳編集】 AFPBB News




WikiLeaks Show Rothschilds Grooming Clinton for Presidency ? Months Before She Launched Candidacy
http://thefreethoughtproject.com/wikileaks-rothschilds-clinton-presidency/#wltZQ5mj2XG6Xede.01

newsWikiLeaks Show Rothschilds Grooming Clinton for Presidency Months Before She Launched Candidacy


Months before Hillary Clinton officially announced her bid for the presidency, the Rothschild family was hard at work helping craft her future economic policy.

As Wikileaks reveals in the ongoing hugely-damaging release of John Podesta’s files, Lynn Forester de Rothschild, who maintains an incredibly cozy personal relationship with the Clintons, was already forming Hillary’s economic policy in January 2015 ? long before the former secretary of state announced her candidacy.

On January 7, 2015, Lady Rothschild wrote to top Clinton aide, Cheryl Mills, under the subject heading “FW: Elizabeth Warren”:

“I think this blog overstates what Warren was doing, but we need to craft the economic message for Hillary so that Warren’s common inaccurate conclusions are addressed. Xoxo Lynn.”

In the blog Rothschild refers to, Warren attacks Clinton’s close association with Big Banks and Wall Street, by highlighting how enormous free trade deals and banking deregulation line the wallets of the elite at the expense of the working class.

Rothschild’s brief message tells of the upcoming predictably negative public perception Clinton would incur for her fealty to bankers ? as clearly evidenced in the transcripts of highly-paid speeches for Goldman Sachs, Morgan Stanley, and others ? also recently released by WikiLeaks.

Of course, the irony of both Lady Rothschild’s concern and her heralding the “need to craft” Hillary’s “economic message” cannot be overstated.

Heading an elite global banking empire, the notorious ? or, more aptly, nefarious ? Rothschild family collectively shapes the planet’s economic and, thus, political policies. Lynn Forester de Rothschild, who married billionaire financier Sir Evelyn de Rothschild in 2000, plays prominently throughout Clinton’s political career ? including her tenure at the State Department.

In fact, it could easily be argued Clinton’s Big Bank loyalty more accurately lies specifically with the Rothschild family.

Wikileaks’ previous release of Hillary Clinton’s emails disclosed an April 2010 exchange in which Rothschild tells Clinton under the subject heading “Miss you” that she “would love to catch up” and “I remain your loyal adoring pal.” Clinton responds in kind, “let’s make that happen,” and signs off, “Much love, H.”

Then in September 2010, Clinton messaged Rothschild, “I was trying to reach you to tell you and Teddy that I asked Tony Blair to go to Israel as part of our full court press on keeping the Middle East negotiations going.” She also asks, “Let me know what penance I owe you.”

Rothschild thanks Clinton for “personally reaching out to us,” and notes, “You are the best, and we remain your biggest fans. Sweet dreams and Godspeed with everything you are doing.”

In January 2012, Clinton emailed aides, reminding them about an upcoming “conference in England about climate change … sponsored by Jacob Rothschild at his historic estate, Waddesdon.”

And the Rothschild influence obviously continues ? on May 12 this year, Clinton showed her true colors by attending a $100,000-per-plate fundraising dinner hosted by none other than Lynn Forester de Rothschild.

Despite their insidious and overwhelming influence in global geopolitics and finance, the Rothschild dynasty manages to shield themselves from public scrutiny ? an estimated trillion-dollar fortune makes such evasion simple. When snippets of their intimate relationships with the political and financial elite do surface, it only adds to the all-but-proven theory the Rothschilds essentially rule the globe through puppet politicians.

Considering Lynn Forester de Rothschild’s apparent hand in potential President Hillary Clinton’s economic policy, such theories don’t appear so far from the truth ? and only further prove the United States has strayed from its democratically-based roots to become a banking and corporate plutocracy.
(リアル和訳:ウィキリークスの暴露でメールBBAの経済政策立案を支援してるのがお茶屋だと発覚した。金融規制の緩和を要求していた。)



急に風向きが変わったわけでつね。


巨額の講演料で20億円以上荒稼ぎした上に、


メール問題をもみ消すために5000万以上の

賄賂、どこまでも銭ゲバでんなぁ(縛w



しかも、お茶屋と繋がってることがここにきて

バレてリアル分析的中!!!!(縛w



メールBBAはメソジストだと

はっきりテメェで宣言しとりましたなぁ、


下等生物ホモぱよペドゾンビキム!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


メソジストを創始したのがウェスレーこと

ウェズリー、ウェズリーはウェルズリーの通名、

ウェルズリー大学出身のメールBBA、


そして「ハーン」、全てリアル分析通りだって

ことなんですよ(縛w



ここからが本番、メールBBAの悪行を徹底的に

暴き立て、大統領候補の座から引きずり下ろさな


ければならないんでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ビル・クリントンとヒラリー・クリントンの過去。
ホワイトウォーター事件で自殺扱いされたものの死体には数々の不審な点が存在し他殺の線が疑われる人物が居る。次席法律 顧問のヴィンセント・フォスター。彼はクリントン夫妻とは親密な関係にあったが当該事件の重要参考人でもあった。
当時FBIに政治的圧力を加えて、正式な捜査を妨害したのがクリントンである。
NSA側のリークによりウィキリークス幹部とディレクターの暗殺関与も判明してる。(NSAは実行犯で飼い主がクリントン。残念ながらウィキリークスは柱を失っているので今後追加発表されるメールの内容は期待出来ないかもしれない。)
米国人はこの事実を考慮した上で大統領選に投票すべきだがメディアはトランプのくだらん更衣室での下ネタ話は穿り返すが、クリントンの過去には一向に触れない。米国民の知性が問われる瞬間であろう。

No title

トランプ氏はまともな判断が実際に出来てますね。
それにしてもヒラリーはねぇ...蓮舫並の胡散臭さですね。実際とんでもない輩でしょこれじゃ。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR