現在の閲覧者数:

【うんこ通信】上手く立ち回れば、色々なことに片がつく

.
モスル奪還へ総力戦=対ISで異例の協調―イラク
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00000105-jij-m_est


newsモスル奪還へ総力戦=対ISで異例の協調―イラク




 【カイロ時事】過激派組織「イスラム国」(IS)がイラク国内で最大の拠点とする北部モスルの奪還作戦は、イラク軍部隊が1日に市内に突入し、正念場を迎えた。

 イラクからの報道によると、軍幹部は「(1日が)モスルの本当の解放の始まりだ」と述べ、IS掃討へ総力戦で臨む考えを強調した。

 モスル市内には同日、軍部隊が南方から、米軍の訓練を受けた精鋭の対テロ部隊が東方からそれぞれ突入した。市の周辺には、警察部隊やクルド人治安部隊「ペシュメルガ」、イスラム教スンニ派部族兵なども展開。市の西方には、モスルのIS戦闘員が隣国シリアに脱出するのを防ぐため、イスラム教シーア派民兵が送り込まれた。

 抗争を続けてきたイラクのシーア派、スンニ派、クルド人など各勢力の部隊がこうした共同作戦を行うのは異例。
アバディ首相は「われわれは一つにならなければならない」と国内各派に団結を呼び掛けた。 




「モスル奪還作戦はクリントン支援のため」トランプ氏、イラン軍高官と同じ発言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00010003-bfj-int


news「モスル奪還作戦はクリントン支援のため」トランプ氏、イラン軍高官と同じ発言




米大統領選投開票日が11月8日に迫っている。ドナルド・トランプ大統領候補は10月19日にあった最後の討論会で、オバマ政権がモスルからIS(イスラム国)を一掃するための攻撃を開始したのは、ヒラリー・クリントン陣営支援のためだと主張した。この発言の背後には意外な支持者がいた。イランだ。
【Borzou Daragahi / BuzzFeed Japan】
「モスル奪還作戦はクリントン支援のため」トランプ氏、イラン軍高官と同じ発言

イラク主導によるモスル奪還作戦のタイミングは民主党政権の維持を後押しするものだ、とトランプ氏が討論会で非難した、ほんの数時間前。あるイラン軍の高官が同様の発言を行っていたのだ。

イラン国営のイスラム共和国通信(IRNA)をはじめとする複数の報道機関が、「米民主党がこの作戦を必要としているのは、大統領選挙に勝利するためだ」というヤフヤー・ラヒーム・サファビー少将の発言を引用している。ラヒーム・サファビー少将はイランのエリート部隊「イスラム革命防衛隊」の元司令官で、現在は最高指導者であるセイエド・アリー・ハメネイ師の上級軍事顧問を務める。

ISは2014年6月、モスルを占領し、支配下においた。このことは世界中に衝撃を与えた。イラク軍は10月17日からモスルを奪還すべく攻撃を開始したが、討論会でトランプ氏は、モスル奪還作戦のタイミングはクリントン陣営を助けるものだと非難した。

「彼らが作戦を実行したのは、彼女が大統領選挙に立候補しているからであり、自らをタフな存在として見せたいからだ」とトランプ氏は主張した。

クリントン氏はこれに対し、トランプ氏の発言は、同氏が「ずいぶん前からまき散らしてきた」数々の「陰謀説」の一つにすぎないと反論した。

イラクがモスル奪還作戦の決行を選択した背景には、クリントン氏の勝算を高めなければならないというプレッシャーがあったという主張は、SNS上でも飛び交っていた。しかし、トランプ氏であれラヒーム・サファビー少将であれ、ほかの誰かであれ、主張を裏付ける事実を示してはいない。

欧米諸国の外交官たちは、モスル奪還作戦はクリントン陣営にとって大きなリスクでもあると語る。不利な状況に陥ったり、多数の犠牲者を出したりしたならば、元国務長官であるクリントン氏の外交政策の失敗が強調されるからだ。

イラク当局は、今回の作戦に関して、じっくり準備を進めてきた。そして、作戦のタイミングを計る際に、米大統領選挙のスケジュールを考慮に入れたわけではない。11月と12月は夜間の気温が5度を下回るため、作戦の開始を遅らせれば、人道的な影響が大きくなるかもしれないと懸念したのだ。複数の援助機関が、モスルの戦闘によって数十万人の難民が出ると予測している。

オバマ政権がクリントン陣営のためにイラクを操っているというトランプ氏の主張は、トランプ氏自身が展開してきた、米国のイラク政策に対する激しい批判とも矛盾する。つまり、米国政府はイラクをイランに差し出したという批判だ。

「イランはわれわれに感謝状を書くべきだ」とトランプ氏は述べていた。「われわれはモスルを掌握しようとしている。恩恵を受けるのは? もちろんイランだ」

「イラクはワシントンを喜ばせるためにモスル奪還作戦を開始した」というイランの主張も、イランとイラクの関係を壊してしまう可能性がある。ラヒーム・サファビー少将はイラクを米国の傀儡と呼んだが、そうした発言は、ISから自国を守るために命をささげているイラクの若い兵士たちへの侮辱ととらえられるかもしれないのだ。




激震・朴政権 元側近「すべて大統領の指示でやった」 首相ら更迭
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00000514-san-kr


news激震・朴政権 元側近「すべて大統領の指示でやった」 首相ら更迭




 【ソウル=名村隆寛】韓国大統領府は2日、朴槿恵(パククネ)大統領が黄教安(ファンギョアン)首相ら3閣僚の交代を決めたことを発表した。後任には、盧武鉉(ノムヒョン)政権で副首相兼教育人的資源相や大統領府政策室長を歴任した金秉準(キムビョンジュン)国民大学教授を指名した。

 首相の交代は事実上の更迭。経済副首相と国民安全相も同時に交代する。大統領との私的関係を通じた女性実業家、崔順実(チェスンシル)氏の国政介入疑惑による混乱を人事刷新で収拾したいとの意図がうかがえる。

 一方、韓国紙、東亜日報は2日、崔氏の私物化が指摘される2つの財団に関与した疑惑で、更迭された大統領府の安鍾範(アンジョンボム)前政策調整首席秘書官が、「財団設立などはすべて大統領の指示を受けてやったことだ」と自らの責任を否定していると報じた。

 同紙は法曹関係者の話として、安氏が「崔氏と朴大統領の間で直接の取引があったことを知っている」と語った、とも報じている

 安氏は出国禁止状態にあり、検察は2日午後、安氏を容疑者として事情聴取する。

 一方、ソウル中央地検は2日も、崔氏の取り調べを継続。同日午後に逮捕状を裁判所に請求する。裁判所は本人を審問するなどし、逮捕状発付の可否を判断する。




前首席秘書官、朴大統領親友関連の財団に約7億円追加支援を財閥と議論の疑惑浮上
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00000084-wow-int


news前首席秘書官、朴大統領親友関連の財団に約7億円追加支援を財閥と議論の疑惑浮上




韓国の安鍾範(アン・ジョンボム)前大統領府政策調整首席秘書官(57)が、富栄(プヨン)グループ会長のイ・ジュングン氏に会い、Kスポーツ財団への追加支援を議論していたという疑惑が浮上した。

 複数のメディアは2日、Kスポーツ財団の会議録と見られる文献を公開し、このような疑惑を明かした。

 メディアによると、アン前首席秘書官、Kスポーツ財団のチョン・ヒョンシク前事務総長、パク課長は、ことし2月26にソウル市内にあるロッテホテルで富栄グループのイ会長、キム社長に会い、Kスポーツ財団が推進していたポスコバドミントン団の創団について議論したという。アン前首席秘書官とKスポーツ財団側と、イ会長が会った時期は、Kスポーツ財団が設立されて2か月後のことだ。

 この議論で、チョン前事務総長は体育人材育成5大拠点のうちの1か所である河南(ハナム)施設建設に70~80億ウォン(約6億3000万~7億2000万円)ほどを支援するようイ会長に要請した。

 しかしイ会長は施設建設を助けるとし、財務調査を見逃すよう要請したという。当時、富栄グループは域外脱税などの疑惑で税務当局の調査を受けていた。


 またこの内容は朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友の民間人女性、崔順実(チェ・スンシル)氏に伝えられ、チェ氏はそのような要求をするなら投資を受けるなという趣旨の指示をして、支援の話はなくなった

 アン前首席秘書官は、これ以外にも検察の捜査を控えていたロッテに追加資金を要求した疑惑、SKに80億ウォン(約7億2000万円)を追加で要求するよう指示した疑惑がもたれている。

 またミル財団・Kスポーツ財団の設立過程において大企業に資金出捐の圧迫を与えた疑惑で2日午後2時に検察に被疑者として出頭し、調査を受けている。

 イ会長は夫人名義の会社を通じて数十億円(およそ数億円)代の脱税をした容疑で国税庁から検察に告発された。この事件は現在、ソウル中央地検が捜査を進めている。




朴大統領 韓中日首脳会談の日程決まれば出席へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00000051-yonh-kr


news朴大統領 韓中日首脳会談の日程決まれば出席へ




【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が、年内に日本での開催が予定されている韓中日首脳会談に出席する見通しであることが分かった。

 青瓦台(大統領府)の金奎顕(キム・ギュヒョン)外交安保首席秘書官は2日、国会運営委員会の全体会議で、朴大統領の会談出席について「日程が決まれば出席すると承知している」と述べた

 金氏は先月30日に更迭された大統領秘書室長の職務代行として同会議に出席した。朴大統領の親友の民間人女性、崔順実(チェ・スンシル)氏の国政介入疑惑については、「われわれが大統領を補佐する立場の者としてきちんとサポートできなかった。国民に申し訳ない」と陳謝した。



バカチョンが音を立てて崩れゆくと同時に

アメリカではメールBBAが撃沈、


さらに同時にISが壊滅寸前(縛w

何で同時に起きるんでしょね?(縛w


上手く立ち回れば、色々なことに片がつく(縛w


トランプマンが喚いてんのはただの難癖だが、


今まで散々その手のウソをついてきてるので

どうでもいいか(縛w



「不人気対決」とか言われてるが、それは

裏を返せばまともなヤツは出たくないってこと


でつね。

キッコーマンなライアンがそうだったように。


なので、端っからまともな戦いじゃないわけで、

だからウソでもなんでもつきまくって泥仕合を


演じてるわけでつね。



口封じに消されそうでビビり上がった角野卓造、


じゃなかったバカチョン秘書官が出頭、

「ウリじゃないニダ、BBAの指示ニダ!」


と必死の責任逃れ(縛w


責任があってもなくても地祭りに上げられる国、


それがバカチョンだろが(縛w

無罪で逃げられるとでも思ってんのかバカチョン


が!!!!(縛w


まあ実際にバカチョンBBAの指図で財団を設立


し、なんちゃって財閥共にカネの無心をしたと

いうのが正しいとしても、


それは私物化BBAがバカチョンBBAに言って

作らせた財団で私物化BBAのバックは統一教会


でそのバックがダメリカの闇、という構図には

何ら変わりないでつね。



ダメリカの闇が広島土下座したから日本でも

バカチョンでもその下僕共が地祭りに上がってる


というだけの簡単なお話なんでつね。


両財団ともなんちゃって財閥からカネをゲット


できなかったと喚いてるのばかり取り上げてるが


147805462536_20161102.jpg




結構な金額をかき集めてんじゃねーか(縛w



バカチョンBBAは日本に来るとか喚いてるが、


どのツラ下げて来るんでせうか?(縛w

最大の礼儀は土下座なんだよな?(縛w


来たらまずは土下座しろ(縛w


っつーか、日本に来てるうちにクーデターでも


起きたらどうすんだ?

来ねー方がいいんじゃねーか?


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

何か News U.S.さんのところの記事を読んだのですが、やっぱりあそこおかしいですよ。ホラリーに大統領になってもらいたいらしいですよ(笑)。あそこは意図的にそういう記事を書いているのか、ただ単に無知だからそういう記事を書いてしまうのか判別がつきにくいです。

No title

以下さとしゅんさんも指摘されている、News ウーエス・メール婆マンセー記事中の管理人のコメント↓

・マルコ・ルビオが落ちた時点で共和党の目はなくなった

・(ヒラリー叩き=パヨクという図式…あとは分かるな?)

・(トランプ優勢を煽って株ダダ下がり=バフェ爺が大喜びの展開だな)

・(選挙人が多い州を押さえれば勝ち…ヒラリー勝利は揺るがないと)

・(期日前投票も加味しないと…ザイニチは愚者だから歴史から学ばないよね)

引用しているこのレスも在日のカキコ扱い↓
10 :名無しさん@1周年:2016/11/04(金) 06:05:19.05
ヒラリーの周辺が腐りすぎてる
FBIがクリントン財団つつけば
いわゆる田中金脈問題のアメリカ版だよ
政治不信が極まって
今までの政治プロセス無視した
市民革命運動が盛り上がるかも
ヒラリー大統領誕生に手を貸した奴らが
革命の火に焼かれるのを見るのが楽しみだわ

ーーー引用終了ーーー

リアル分析の読者からすると大分違和感ありますねw 

Re: No title

> 梅ちゃん

いつもコメントありがとうございます。


> リアル分析の読者からすると大分違和感ありますねw 

その違和感の根源は、便所の落書きが「希望的観測」でしかないところにあると思います。
希望的観測はあくまで希望なのでメールBBAの勝利を希望してるんでしょう。

大統領選のリアル分析は金融不正地祭りから繋がってるわけですが、
金融不正地祭りの延長線上にいるのはメールBBAではない、
というちゃんとした分析をもとに書いてるので納得感があるんだと思います。

No title

>わかり松。さん

返信ありがとうございます。

そうですね、Newsウーエスは以前から希望的観測で書かれた記事が多いように感じていました。とくにリアル分析を読むようになってからは、ロシアに関することでそれを強く感じました。現実がリアル分析寄りの日米露路線になっていくのに対して、あそこは未だに「露助がぁ!プーチン涙目ざまぁああ!!」ですからねw

トランプを叩くのもプーチン(ロシア=反日)がトランプ褒めてるのが理由の一つでしょうね。露助と繋がってる奴はアカの手先っていう。まぁ報道の裏を読むのはすごく難しいことですし自分も全然自力では読めていませんから、色物臭プンプンのトランプを叩きたくなるのも分かるんですが、せめて「ヒラリーもトランプもどちらも大統領になれない!?非常事態宣言でオバマが任期延長に!!?」とかトンデモでもいいから面白い記事を書いてほしいですねw最近内容がツマらなくなったと感じます。変にマジメぶってる感が。しかもあれだけ煽っても読者アンケートでもトランプ大統領にかけてる人のほうが多いですしw

そういえば最近は、以前はよくネタにしてた「死にそうなタイトルのブログ」やKO強姦事件はネタにしないですねぇ・・・USさんが好きそうな在日のクズのゲスい学校ぐるみの闇の深い犯罪なのに・・・今覗いたら消えてましたが、以前は諭吉の脱亜論を理念のように掲げていましたね。もしかしてホモパヨペドキムさんと同じ穴の狢?
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR