現在の閲覧者数:

【国内】態度の悪いマスゴミ共は徹底的な鉄槌が必要

.
「陛下の公務軽減難しい」=認証官や大使増で―宮内庁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161107-00000087-jij-soci

news「陛下の公務軽減難しい」=認証官や大使増で―宮内庁


 天皇陛下の公務が増えているとの指摘があることについて、宮内庁の西村泰彦次長は7日の定例記者会見で、副大臣などの認証官や接見する外国大使が増加したとして「客観的に見ても公務は増える状況下にあるが、陛下のご意向もあり、宮内庁として減らすのは難しいと考えている」と説明した。

 西村次長は、両陛下が大規模自然災害による被災地のお見舞いや戦後の節目で太平洋戦争の激戦地を慰霊訪問されてきたことにも言及。その上で、「国民に現状を正しく理解してほしいとの思いから説明した」と述べた。 




【譲位】有識者会議ヒアリングで各氏が意見「摂政で公務負担軽減」「ご存続の継続、統合の要」「『特別法』は第一段階」
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/sankei-plt1611070047.html

news【譲位】有識者会議ヒアリングで各氏が意見「摂政で公務負担軽減」「ご存続の継続、統合の要」「『特別法』は第一段階」


 天皇陛下のご譲位への対応などを検討する「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の第3回会合が7日首相官邸で開かれ、専門家らからのヒアリング後に座長代理の御厨(みくりや)貴・東大名誉教授が記者会見し、各氏の意見や有識者会議メンバーとの質疑応答について紹介した。専門からとの主なやりとりは次の通り。

     ◇

 【平川●(=示へんに右)弘(すけひろ)・東大名誉教授】

 「天皇は『続くこと』と『祈ること』に意味がある。世襲制の天皇に能力主義的価値観を持ち込むと皇室制度の維持は困難になる。退位(譲位)せずとも高齢化の問題への対処は可能で、ご高齢の場合にも摂政の設置を認めればよい」

 ??戦後の天皇は祈る一方で国民と苦楽をともにし、国民の信頼を得ることが重要であると考え、国民の9割もそれを支持している状況だが、どう考えるか

 平川氏「休んでもらっても象徴としての意義は後退しない」

 ??現代の天皇はメディアを通じてその行動を国民から常に見られているという点で、過去の天皇と同一に考えることはできないと思うが、どう考えるか

 平川氏「イギリスのように皇族方による公務の代行を考えていけばよいのではないか」

 【古川隆久・日大教授】

 「公務負担の軽減については国事行為は臨時代行を活用し、公的行為は他の皇族が代行すればよい。退位は皇位継承の安定性確保のためには避けるべきであるが、国民の意思として認めるのであれば否定する理由はない。退位を認める場合、皇室典範改正により恒久制度化すべきである」

 ??皇室典範改正では時間がかかるので特例法で対応できないか

 古川氏「高齢のみを要件として退位を制度化すればよく、あまり急ぐことばかりを優先すべきではない

 ??今の国民は象徴天皇のあり方について、天皇陛下を通じて認識、経験をしてきており、能力は問わないという天皇のあり方は、このような国民の感覚との間にギャップがあると思われる。どう考えるか

 古川氏「天皇は世襲であり、代(だい)によって代わることは避けられないことから、それを国民に分かってもらう必要がある」

 【ジャーナリストの保阪正康氏】

 「人間的、人道的観点からこの問題を考える必要があるのではないか。摂政設置について、大正時代においてさまざまな問題があったほか、天皇という存在の二重性が明らかになり、天皇の存在があいまいな形になっている。特例法によって退位を認めるにしても、現在の皇室典範の改正を前提としての法律でなければならない」

 ??天皇の役割は、国事行為以外に自らのお考えに基づき行うご公務があり、それは個々の天皇によって違っていてもよいか

 保阪氏「公的、政治的に決まっている国事行為と異なり、それ以外の公務については、その時々の天皇によって違いがあって当然である」

 ??今後、皇室典範の見直しを行う際には退位もできるように改正するべきか

 保阪氏「80とか85とかの年齢で切って、その時々の国民が判断すべきであり、『辞めたいから、辞める』ということではなく、天皇の意思と国民や政治を踏まえた第三者機関の調整を行う、といった限定的な枠組みを設ける必要がある

 【大原康男・国学院大名誉教授】

 「同じ天皇がいつまでもいらっしゃるという、ご存在の継続そのものが、国民統合の要となっている。公務負担の軽減については各皇族方により分担し、量的な軽減を図り、方式も随時改めるべきである」「生前退位の制度を導入するのではなく、皇室典範を改正し、高齢を理由とする場合にも摂政を置けるようにするべきである」

 ??摂政ではなく臨時代行ではどうか

 大原氏「臨時代行の要件に高齢の要件を加え、法律から『臨時』という言葉を外すことにより対応することも立法策としてありうる」

 ??国民世論は公的行為を行うことが象徴天皇の役割ととらえ、退位を支持しているが、どう考えるか

 大原氏「終身在位の制度となっている理由をメディアも学校も教えていない現状において、『陛下を楽にして差し上げたい』という心情が先行しているが、このような空気だけで判断してよいのか疑問である」

 ??人道的側面から考えるべきではないかという見解もあるが、どう考えるか

 大原氏「天皇の制度自体が基本的人権の例外であり、その例外の中で考える必要がある」

 【所功・京都産業大名誉教授】

 「公務負担の軽減については、実行方法の工夫次第で相当に軽減可能と思われる。何より陛下のご意向を尊重する必要がある。今上陛下が象徴、世襲という天皇制度の役割を末永く継承するため、高齢化のみを理由に決心された『高齢譲位』の問題提起を真摯(しんし)に受け止める」「ご意向に沿った現実的な法整備のため、単行の特別法を迅速に制定すべきである」「時間的に可能ならば、皇室典範第4条などを改正することが望ましい」

 ??天皇陛下がお考えのような公的行為を今後の天皇も代々行っていくべきと考えるか

 所氏「それぞれの天皇のお考えで、違ってよい」

 ??「高齢譲位」を一般的に認めるべきか

 所氏「終身在位以外に退位も可能とすることが重要だと考えており、将来的には『高齢』以外の事由もあると考えられることから、それぞれの個別の判断について、皇室会議の議を経るべき」

 ??退位が、皇統の継続に影響があるという意見もあるが、どう考えるか

 所氏「『高齢譲位』の制度が万全かは分からない。しかし、後継者の年齢も考えれば、『今、身を引くことが世代後継の大事なあり方』という考えに賛同したい」



K札から来たとかいうNGワード、「泰」は

AUTOでつね。


ご負担軽減という選択肢を潰して退位を強要

しようという魂胆でつね。


風岡と同じ末路を辿りてーのか?

数か月でクビになったら赤っ恥だな(縛w




産経の記事には東大のジィさんの

「拡大された公務を理由に退位というのはおかしい」


という重要な発言がないのはなぜでせうか?


陛下に責任があるかのような言い方は許されない


が、東大と國學院ののジィさんの言ってることは

もっともでつね。



行幸されたいというお気持ちがおありでも、重要

な式典を除いては、70~80歳を超えられた


場合には皇位継承順第一位の方にお譲りになって

負担軽減される方がよいでせう。



反対を表明してる人間には「このような形では

世が乱れる」というのが根底にあるわけで、


これが平成5年ぐらいの話で、いくつになられた

ら譲位を、ということなら誰も反対はしなかった


はずでつね。


6年前からお考えだったとのことだが、去年、


こういう世界情勢になるのは遅くとも9年前から

計画されてただろう、と書いたが、その計画が


進行するにつれて退位強要の圧力がかかり始めた

んでせう。



だから、即位後の煩忙が過ぎて落ち着かれたから

さあ先々のことを決めておこう、という必要も


なかったわけでつね。



さて、皆さん気付いたでせうか?


産経の記事、「生前退位」ではなく「譲位」に

なってるわけでつね。


10月28日に是正宣言したようでつね。

アカヒ・イヌHK・TBSは「退位」に変更し、


売国日経・変態新聞・ゴミウリは相変わらず不敬罪

でつね。



うちの鉄槌を皇后さまが後押ししてくださった

ので慌てて変えたんでせう。



これだけ見ても、メディアとマスゴミの差が

明白でつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





「新しい電通を」と社長が呼びかけ 残業「過少申告が常態化」か、厚労省が書類送検へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161107-00010005-bfj-soci

news「新しい電通を」と社長が呼びかけ 残業「過少申告が常態化」か、厚労省が書類送検へ


国内最大の広告代理店・電通の新入社員だった女性が、過労で自殺した問題。厚生労働省は労働基準法違反の疑いで電通の捜索に入り、強制捜査に乗り出した。複数の社員がBuzzFeed Newsの取材に「残業時間を少なく調整していた」と証言している。過少申告が常態化していたと見られる。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

厚労省によると、今回の捜索対象は東京本社や大阪、名古屋、京都の支社。総勢88人体制、「異例」とも言える大規模な捜査だという。

書類送検へ

捜査を指導調整する厚労省労働基準局監督課の担当者は、BuzzFeed Newsの取材に対し、強制捜査の目的をこう語る。

「先月実施した『臨検監督』の結果、労働時間に関して労働基準法に違反しているのではないかという疑いが強まったため、強制捜査に切り替えました」

「労使交渉で決められた労働時間を超えた実態があったのかを含め、強制捜査でしっかりと入手した資料から分析していきたい」

同省はこれまで任意で捜査を続け、10月14日には「臨検」と呼ばれる立ち入り調査を実施していた。日経新聞などによると、押収した資料を分析し、書類送検する方針だ。

実態とかけ離れた労働時間

一連の捜査の発端は、昨年12月に自殺した、新入社員の高橋まつりさん(当時24)が、労災認定を受けたことだった。高橋さんは長時間労働やパワハラなどに苦しんでいたとされている。

高橋さんの残業時間は、昨年10月に「69.9時間」、11月に「69.5時間」と、上限だった70時間ギリギリに申請されていた。しかし、労災認定された昨年10月9日~11月7日の労働時間は約105時間だった。遺族側は「会社が過少申告をさせていた」と主張している。

そもそも電通では、社員がゲートを出入りする時間を管理している。1991年、入社2年目の男性社員が過労自殺した「電通事件」を受け、再発防止策として導入された仕組みだ。

同社によると、管理されている退館時刻と、申請された終業時刻との間に1時間以上(現在は30分以上)の差があると、社員それぞれが理由を「私事在館」として申請するシステムになっているという。

常態化していた過少申告

この制度を使った残業時間の過少申告が、同社では常態化していたとみられる。

BuzzFeed Newsの取材に応じた複数の社員は「決められた残業時間以上がつけられなくなったときのために利用している」と証言する。

食事していた、本を読んでいた、勉強をしていた、私用で電話やインターネットを利用していた……。「自己研鑽」「自己啓発」などのための時間という名目だったが、実態は残業時間を基準内に調整するためだったという。

同社は先月末から、長時間労働対策として、残業時間の上限を削減したり、22時に全館を消灯したりするなどのルールを策定。これに際し、私事在館も禁止された。
BuzzFeed Newsが入手した社内メールでは、人事局からこんな呼びかけがされている。

「『自己啓発』『私的情報収集』『私的電話・私的メールのやりとり・SNS』による私事在館を禁止とします」

厚労省も問題視

ブラック企業被害対策弁護団代表の佐々木亮弁護士は、BuzzFeed Newsのメール取材に対し、「私事在館」の制度をこう批判する。

「この制度は最悪の制度だと思います。実態をみないで、一律にこのようなやり方をすること自体に企業としての甘さ、狡猾さが見えます。禁止されることは、当然といえるでしょう」

厚労省もこの制度の存在をこれまでの調査や報道により把握しており、問題視しているようだ。先出の担当者は言う。

「私事在館が実際どう運用されていたのかを含め、捜査をしています。長時間労働の実態を明らかにしていきたい」

BuzzFeed Newsは同社に対し、「残業時間の調整に使われていた、などの問題点はなかったのでしょうか」という質問をしたが、明確な回答はなかった。

社長は何を語ったのか

強制捜査のあった11月7日、再び同社に今後の対応を問うと、FAXでこう回答があった。

「捜索が入ったことは事実です。調査には全面的に協力してまいります」

奇しくもこの日の午後1時からは、石井直社長が全社員に向けて、「我々の働き方の進化に向けて」と、1時間にわたって自らの考えを示している

会合自体は「社内向けのため」として公開されなかったが、報道向けに「要旨」を発表した。

それによると、石井社長は先月末から実施している長時間労働対策を改めて説明。「労働時間が長くなってきた背景」として、以下の理由をあげた。

・仕事量の増大(環境の変化、課題の変化、難易度の高まり)
・いかなる仕事も引き受ける気質(期待に極力応えたいという姿勢)
・現場主義の尊重(真摯な使命感)


また、「仕事量に関する見直しの3つの視点」として、こんなことも提示した。

・業務量自体の削減と業務の分散化
・業務プロセスの見直し
・時間の使い方自体の改善


その上で石井社長は「電通においては人が唯一にして最大の財産、経営資源」とも語り、最後にこう呼びかけたという。

“「世の中に活気やよろこびをもたらす仕事に関わりたい」「時代を動かす仕事に挑戦したい」「自らが時代の変化を創り上げたい」といった想い、志に立ち返り、それを大切にしてほしい。

チーム力を結集し、社が直面する課題を共に克服し、新しい電通を作り上げていこう“





電通強制捜査に88人、異例の規模 全国から動員
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161107-00000061-asahi-soci

news電通強制捜査に88人、異例の規模 全国から動員


 過労自殺問題に揺れる広告大手、電通の東京・汐留の本社と3支社に7日午前、厚生労働省が労働基準法違反の疑いで一斉に強制捜査に入った。全国で90人近くを動員する異例の大規模捜査となった。

 電通の本社ビルには午前9時半ごろ、青色の紙袋などを手にした東京労働局の職員ら約30人が到着。「労働局の方ですか」という報道陣の問いかけにほとんど表情を変えず、本社に入っていった。

 社員が出勤してくる時間帯に労働局の職員らが入るタイミングが重なり、電通の社員が受付の前で、労働局の職員の動きをけげんそうに見つめていた。会社側の案内で、労働局の職員らに一人ずつ黄色いひもにかかった入館証が手渡され、「フラッパーゲート」と呼ばれる出入り口から次々と入っていった。

 関西支社(大阪市)や中部支社(名古屋市)、京都支社(京都市)にも、同時刻に各地の労働局職員らが強制捜査に入った。

 東京、大阪の各労働局に加え、各地の労働基準監督署から職員を動員。先月の立ち入り調査は約30人態勢だったが、今回は計88人と異例の大規模な捜査態勢を組んだ。強制捜査は長時間に及ぶ見込みで、刑事事件としての立件を視野に全容解明を進める方針だ。



エヌさん、荒ら屋さん、情報ありがとうございます。

TEN電通@GE@お茶屋だけ生きながらえられる保証なんてない
【国内】タイーホされてねーよ!!!! 他⇒こちら


と書いた途端強制捜査(縛w

リクルート事件を思い出しますなぁ(縛w



そしてパルパルメッセージ(縛w

「徹底的にやれ」と言ったらガチのヤツキタ(縛w


社員を使い潰すブラック企業共は今頃GKBR

でせうな(縛w


震えて眠れ(縛w


そういえばパルパルメッセージの大口病院の下手人


はまだ捕まらんのかいのぅ?(縛w


本来必要な人員をカットして過大な負荷を押し


付けた挙句に、残業代放棄を要求するのは

奴隷商人も同然でつね。



タレント崩れのツイッターや他の社員の証言でも

あったように、そんなに残業しなくてもいい部署


もあるわけで、奴隷にする人間とそうでない人間

を選別してたんでせうな。



「生まれ変わるニダ!」と喚いてるが「鬼十則」

なる物を撤回するとは一言も言ってないでつね。


あれこそが今回こういう事態になった要因なわけ

で、スルーするなら抵抗の意志ありということ


でつね。

まあまだまだ続くでせうな(縛w



そもそも電通を叩く目的は、マスゴミを汚染して

るなりすまし寄生虫を地祭りに上げる事でつね。


空気を読んで変更したところが続出なのに、

いつまでも「生前退位」とか喚き続けてる


クズマスゴミはせいぜい首を洗って待っておく

ことでつね。



そしてそのマスゴミにクズを供給してるKO広研

のタイーホはどうなってる?


早くKOにも強制捜査入れ!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

【電通に強制捜査】
「この件はわれわれに判断できるレベルでなくなった」と厚労省幹部 安倍政権、高橋まつりさん過労自殺に重大関心
http://www.sankei.com/affairs/news/161108/afr1611080019-n1.html
徹底的に叩く模様

No title

アメリカ大統領選で使う電子投票システムはWindows XPマシンで動いておりハッキングされる可能性が指摘されている
http://gigazine.net/news/20161107-hacking-an-election/


No title

なんか産経新聞さんがこれから日本のトップ新聞社になるような気がします。他の新聞社には反省が殆ど見受けられない。じゃあ産経新聞にしよう、となりますね。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR