現在の閲覧者数:

【アメリカ通信】トランプマンの公約(後)

.
オバマケア「修正も」 トランプ氏、撤廃の公約見直し表明
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161112-00000002-jij_afp-int

newsオバマケア「修正も」 トランプ氏、撤廃の公約見直し表明


【AFP=時事】米国の次期大統領に選出されたドナルド・トランプ(Donald Trump)氏は、バラク・オバマ(Barack Obama)大統領が成立させた医療保険制度、通称「オバマケア(Obamacare)」について、内容の修正を検討する意向を表明した。選挙戦では同制度の撤廃を繰り返し公約として掲げていたが、方針を転換した形だ。

 トランプ氏は米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が11日に掲載したインタビューで、前日の10日にホワイトハウス(White House)でオバマ大統領と会談した際、「医療費負担適正化法(Affordable Care Act)」の一部を維持するよう要請されたと説明。

「私は彼の提案について検討すると答えた。(オバマ氏に)敬意を払い、検討する」、「オバマケアは修正するか、撤廃するか、置き換えるかのいずれかだ」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News




ムスリム入国禁止の公約、トランプ氏サイトで復活
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161112-00000003-jij_afp-int

newsムスリム入国禁止の公約、トランプ氏サイトで復活


【AFP=時事】米大統領選で勝利した共和党候補ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏の選挙運動サイトから一時消えていた、イスラム教徒の入国を禁止するとの公約について説明した文章が10日、再び同サイトに掲載された

 文章がサイト上から消えたことを受け、メディア関係者らから疑問の声が上がっていた。トランプ陣営は米メディアに対し、技術的問題が原因で文章が削除されたと説明している

 この文章は、昨年12月にカリフォルニア(California)州サンバーナディーノ(San Bernardino)で銃乱射事件が発生した後、同サイトに掲載された。

 トランプ氏は当時、イスラム教徒の移民は米国の安全保障に脅威をもたらすとして、「何が起こっているのか理解するまで、イスラム教徒の入国を全面的に禁止する」よう提案。その後、この方針を修正し、「テロリズムにむしばまれた」あらゆる国からの移民の受け入れを一時的に中断するべきだと主張していた。【翻訳編集】 AFPBB News




トランプ氏公約変えた? 公式サイトにTPP記載なし
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161112-00000064-san-n_ame

newsトランプ氏公約変えた? 公式サイトにTPP記載なし


 ■「イスラム教徒入国」の質問無視

 次期米大統領に決まった共和党のドナルド・トランプ氏(70)が報道陣に対する過激な発言を控えるなど、変化の兆しが見えつつある。トランプ氏の政権移行チームは政府公式サイトを開設したが、選挙戦で言及したのにサイトに含まれていない政策も目立つ。いずれも来年1月の大統領就任に向け、これまでの批判を踏まえて軌道修正を図っている可能性がうかがえる。(ワシントン 小雲規生)

                  ◇

 記者団「イスラム教徒の入国禁止を求めるか」

 トランプ氏「ありがとう。みなさん」

 連邦議会議事堂で10日、ライアン下院議長(共和党)やマコネル共和党上院院内総務と会ったトランプ氏はその後、記者団とこんなやり取りを交わし、質問は無視して立ち去った。過激な発言を封印する姿勢とも受け取れる。

 10日までに立ち上げられた公式サイトでも、同様の傾向が見て取れる。選挙戦で繰り返してきた「過激なイスラム主義のテロリスト」という言葉が使われていない。

 トランプ氏の言い回しに対しては、「イスラム教徒とテロリストを同一視している」との批判が寄せられていた。

 公式サイトは次期トランプ政権の方向性などを説明しているが、有権者に強くアピールした「北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉」や「環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)からの撤退」などの公約も見当たらない

 トランプ氏は10月22日に発表した「100日計画」でも、この2つの政策を強調したばかり。しかし内向きな通商政策は米国経済を悪化させるとの懸念もあり、次期大統領としての政策に幅をもたせようとしているかのようだ。

 一方、異論が多いにもかかわらずサイトで改めて宣言されている公約もある。

 移民制度については「メキシコ国境に壁を築く」など10の政策を列挙。また、「医療保険制度改革(オバマケア)を廃止し、別の制度に置き換える」とも強調している。

 さらに、欠員1人が生じている最高裁判事の後任指名については、「憲法を本来の意味通りに解釈する判事を指名する」と言及。その上で信教の自由や銃所持の権利などを守るとして、保守層への配慮をみせた。

 公式サイトは通商政策の理念を、「雇用を米国外に流出させた数十年にわたる政策を反転させる」と打ち出した。過去の政権が追求してきた自由貿易体制の拡大が、製造業流出につながったとみる有権者の不満をくんだ政策理念といえる。

 サイトでは今後、TPP撤退などの公約が追加される可能性はあるものの、早くも表れた「変わり身」の兆しは、公約を信じた支持者からの反発を招くおそれもありそうだ。

 サイトのアドレスは大統領選でのスローガン「米国を再び偉大にする(メーク・アメリカ・グレート・アゲイン)」にちなみ、「greatagain.gov」とされた。



公約を変えたとか変えないとか。

オバマがトランプマンに依頼したのはTPPでも


日米同盟でもなく社会保障。

「所詮自分の手柄だけか!」とか思っちゃ


いけないわけでつね。


TPPをやるにあたって日本に不利でISD条項


で提訴されそうなのは医療保険制度だといわれて

きたわけでつね。


しかしアメリカにも同じような医療保険制度が

あれば当然提訴することはできない。



オバマケアの存続はTPPをやるにあたって

外せない「日本にとっての保険」なわけで、


これを存続させるってことはTPPか同等のもの

をやる気があるというメッセージなわけでつね。




TPP離脱の記載が消えたとかいう話だが、選挙

期間中使ってたHPに「まだ批准してなければ」


と書いてある以上、新しい方に書いてなくても

言い逃れはできないでつね。



イスラム教徒入国禁止みたいに、一時的に消えて

ただけとか、あとからいくらでも誤魔化せるわけ


でつね。


TPPのようなものをやる気があるなら、就任


当日にTPP離脱宣言してメンツを立てさせて

やらんでもないでつね。


もちろん支那地区為替操作国認定とセットだが

な(縛w



石原がディーゼル規制のパフォーマンスで都知事

に3選したように、現代ポピュリズム政治では


最初に実績を上げて印象操作しておくのが定石。


トランプマンがこっち側でメールBBAがあっち


側というのはもうとっくに明らかなわけで、就任

早々ある程度実績を立てさせてやって後顧の憂い


を絶っておく方がいいでつね。


日本の真の目的は関税云々ではなく、支那地区と


可汗一味を叩き潰すことだからでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





日本の役割拡大要請か=トランプ氏、安倍首相との会談で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161112-00000036-jij-n_ame

news日本の役割拡大要請か=トランプ氏、安倍首相との会談で


 【ワシントン時事】米国の次期大統領に就任する共和党のドナルド・トランプ氏の安全保障顧問は、トランプ氏が日本に対し「アジアでより積極的な役割を果たすこと」を期待していると語った

 ロイター通信が11日、東京発で報じた。

 同通信は、トランプ氏が17日の安倍晋三首相との会談でこうした立場を伝える可能性を指摘しつつ、「日本への役割拡大要求は首相のタカ派的な政策と合致するだろう」と分析している。

 同通信によると、この顧問はトランプ氏の安保政策について、就任後100日間で国防予算の削減を停止し、新たな軍艦の建造に予算を投じるだろうと説明。「米国はアジアに長期間関与する決意だというメッセージを、同盟国の日韓両国だけでなく中国に送ることになるだろう」と語った。 

 また、トランプ氏は17日の会談で日米同盟をめぐる自身の姿勢に対する首相の懸念を和らげ、同盟上の義務を確認したい考えだと指摘した。(了)




<トランプ氏>亀井静香議員との会談中止
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161112-00000019-mai-int

news<トランプ氏>亀井静香議員との会談中止


 【ロサンゼルス長野宏美】次期米大統領に決まったドナルド・トランプ氏(70)と会談するため、東部ニューヨークを訪れていた亀井静香衆議院議員(無所属)は11日(日本時間12日)、会談が実現せず帰路についた。

 当初は大統領選の投開票日前日の7日に面会する方向で調整していた。亀井事務所によると、日程が流動的なため現地で待機していたが、トランプ氏が多忙になったため中止の連絡を受けたという。




米著名投資家バフェット氏「頼まれればトランプ次期大統領に手を貸す」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161112-00000014-jij_afp-int

news米著名投資家バフェット氏「頼まれればトランプ次期大統領に手を貸す」


【AFP=時事】米著名投資家で富豪のウォーレン・バフェット(Warren Buffett)氏は11日、米CNNテレビに出演し、激しい大統領選の後も米国は前進するだろうし、頼まれればドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領に喜んでアドバイスすると述べた。

 トランプ氏の対立候補ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏を熱心に支持していたバフェット氏だが「大統領が誰であろうと何らかの助けを求められれば、私は手を貸すつもりだ。それが市民であることの一部だ」と語った。さらに米国について「100%」の自信があると述べ、米国は最終的に激烈な大統領選を乗り越えることができると語った。

 またバフェット氏は、トランプ氏が選挙戦中に物議を醸した数々の公約を推し進めるとの見方に疑念を呈した。メキシコや中国からの輸入品に35%の関税を課すという公約については「とてもひどいアイデアだが、景気後退要因になると言うつもりはない」と述べ「報復的な貿易措置を取ると、相手側も同様の措置を取るものだ」と忠告した。

 バフェット氏はトランプ氏が約束する年間成長率4%は「非現実的」だと評し「可能性としてはあっても、数字があまりに法外だ」と語り、より実現可能な目標は年間成長率2%だと述べた。【翻訳編集】 AFPBB News



荒ら屋さん、情報ありがとうございます。

何が頼まれればだバーカ(縛w

お茶屋のイヌでメールBBAマンセーしてた


金融詐欺師がいまさら擦り寄ってんじゃねー

ぞ!!!!(縛w



負けイヌのお茶屋がトランプマン政権に介入

しようと必死杉(縛w


キサマらは排除されたんだという現実を直視

しやがれ!!!!(縛w




亀井はとりあえず行くだけ行って売名、結局

パフォーマンス大失敗(縛w



と思いきや。。。



トランプとパイプ作りへ渡米の亀井静香氏 自民党に電撃復帰?
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/615882/

newsトランプとパイプ作りへ渡米の亀井静香氏 自民党に電撃復帰?


花札を手にトランプ氏との会談に向かった亀井氏

 トランプ氏が勝利したことで日本の“政界の暴れん坊”こと亀井静香氏(80)が、自民党に電撃復党するシナリオが急浮上している。

 6日、亀井氏はトランプ氏に面会するため日本の政治家としていち早く渡米した。

 出発前「(トランプ氏が)大統領になった場合に、今の世界情勢にどう対応するのか、日米関係にどういう考え方で臨むのかについて、率直な意見交換をしたい」と渡米の目的を説明。さらに「簡単に言うと、トランプへ花札勝負に行くということですよ。日本人の魂で、ヤンキーの魂に触れてくるということです。桜、日本だ」と“亀井節”を披露した。

 一方、トランプ氏に祝意を伝えた安倍晋三首相(62)は、外務省の米国大統領選挙への対応に強い不満を表した。

 政府関係者は「安倍首相は去年の段階で、外務省幹部に『トランプ氏とパイプを持つように』と指示していた。しかし、外務省は『トランプ氏は泡沫候補。勝つのはヒラリー氏』と報告を続けた。安倍首相はトランプ氏が新大統領に決まると、外務省幹部を『一体、何をやってきたんだ!』と珍しく怒鳴りつけた」と打ち明けた。

 自民党内では外務省より先にトランプ陣営と接触した亀井氏の行動を高く評価する声が上がった。そのため、次の解散・総選挙までに復党するシナリオがささやかれ始めた。

「亀井氏と一緒に離党した綿貫民輔氏は、新たな復党基準をクリアし、11年ぶりに復党した。二階俊博幹事長と亀井氏は同じ派閥出身。党内にはトランプ氏とパイプを持つ代議士がゼロに等しい。亀井氏が米国から手ぶらで帰国するはずがない。二階幹事長は選挙も強い亀井氏を復党リストに入れた」(同党の大臣経験者)

 各国政府は米国大統領選期間中、トランプ氏の勝利も想定して陣営に接触した。これでは安倍政権の出遅れ感は否めない。亀井氏はトランプ新大統領と関係を築き、帰国の途につけるか。



せんべい塗れの害務省よりマシでポイントゲット

とか(縛w


80なんだからもう引退しろよ(縛w


っつーか、せんべい塗れの害務省は腐敗臭が


止め処ねぇな!!!!

命令されてんのにテメェらの飼い主筋のメール


BBAに肩入れしてサボタージュ。

全匹タヒ刑にしろ!!!!



まあこれで外務次官か担当局長は即刻更迭

だな(縛w


命令無視して独断専行、処罰は当然、

クズ局長はラインごとパージ(縛w


そうやってせんべいを地祭りに上げろ(縛w



トランプマンは安倍と会談して日本の役割拡大


とかいうつもりらしいが、支那地区に媚びてる

連中に対して何してやることもねぇだろ。


アメリカが支那地区にカネを流さなきゃ、勝手に

弱体化して見切りをつけられるだけ(縛w



全ての問題はアメリカの対支那地区政策なんです

よ。


軍艦なんか作んなくても、カネを与えなきゃ

何もできなくなるんですよ。


トランプマンが公約通り支那地区を為替操作国

認定すりゃいいんですよ。


そして支那地区にある工場をTPP加盟国に

移せばいいんですよ。



アップルが支那地区経由でiPhoneを売って

くるせいで、年間3兆円近いカネが日本からも


流れてるわけで、そういうカネの流れが親日国に

切り替わるだけで「日本の役割が拡大」される


わけなんでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

自分もトランプ氏がオバマケアを存続させると聞いて「これは間違いなくTPPやるんだな」って思いましたよ。逆にヒラリーだったら絶対にやらなかったと思いますね。まぁヒラリーはこれから罰ゲームでしょうねぇ。

それにしても...良い意味でトランプ氏には騙されましたね(笑)。彼が立候補した時は本当にヤバいって思いましたもの。しかし今じゃかなり期待してます。マルコ・ルビオさんでもと思いましたが、唯一気になったのが...ロシアを良く言っていなかった事ですね。自分なんかはルビオ氏は嫌いではないので、彼には是非日米露路線に近づいて欲しいものです。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR