現在の閲覧者数:

【支那地区通信】新世界秩序が直撃して撃沈確定の支那地区

.
<トランプ氏・蔡氏>米中関係の緊張必至…断交後初の協議
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00000077-mai-int

news<トランプ氏・蔡氏>米中関係の緊張必至…断交後初の協議


 【ワシントン会川晴之、台北・鈴木玲子、北京・石原聖】トランプ次期米大統領は2日、台湾の蔡英文総統と電話協議し、安全保障などの「緊密な結びつき」を確認した。政権移行チームが発表した。中国は台湾を主権国家とは認めておらず、台湾を中国の一部と主張する「一つの中国」原則の順守を米国に求めてきた。トランプ氏が台湾独立志向の強い民進党の蔡氏と安全保障問題を協議したことで米中関係の緊張は必至だ。

 米メディアによると、就任前を含めて米大統領が台湾総統と電話で協議したことが公になったのは、米台が国交を断絶した1979年以降では初めて

 中国外務省の耿爽(こう・そう)副報道局長は3日、「米国の関係方面に厳粛な申し入れを行った」との談話を発表し、抗議したことを明らかにした。その上で「一つの中国は中米関係の政治的基礎。中米関係が不必要な妨害を受けないよう促す」として、歴代米政権の「一つの中国」政策を継承するようトランプ氏に求めた。

 政権移行チームによると、トランプ氏と蔡氏は「台湾と米国の経済や政治、安全保障の緊密な結びつき」を確認。台湾総統府によると、蔡氏には総統府直属の国家安全会議トップの秘書長らが同席した。蔡氏は米台関係強化への期待や台湾の国際社会への参画に理解を求めた。

 トランプ氏は11月14日に中国の習近平国家主席と電話協議し、中国側によると、米中の協力拡大で一致していた。




中国、トランプ氏側に抗議=台湾問題で「戦略」見極め
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00000076-jij-cn

news中国、トランプ氏側に抗議=台湾問題で「戦略」見極め


 【北京時事】トランプ次期米大統領と台湾の蔡英文総統の電話会談について、中国外務省は3日、トランプ氏側に抗議したことを明らかにした。

 王毅外相も「(台湾は中国の一部であるという)『一つの中国』原則は、中米関係の健全な発展の礎だ」と述べ、同原則の厳守を求めた。中国にとって、政権発足前から関係悪化を招くことは得策でなく、習近平政権はトランプ氏の「戦略」を見極める必要に迫られている。

 中国メディアによると、王外相はトランプ氏と蔡総統の電話について「米政府が長年堅持してきた『一つの中国』原則を変えることはできない。この(米中の)政治的基礎が干渉を受けたり損なわれたりすることを望まない」とけん制した。

 また、外務省の耿爽・副報道局長は「慎重、適切に台湾問題を処理し、中米関係の大局が不必要な干渉を受けない」よう求めた。

 王外相の発言には「台湾側の小細工」に応じたトランプ氏への強い不満がにじむが、台湾問題でくぎを刺しつつ、米中の良好な「大局」維持を重視する姿勢を示した形だ。

 習国家主席は11月にトランプ氏と電話会談し、協力の強化で一致。「衝突、対抗せず」「相互の尊重」を原則とし、共通の利益を前面に打ち出した「新型大国関係」構築を目指している。一方で、台湾問題は国家主権や領土といった中国の「核心的利益」に関わり、米中間の「最も重要で敏感な問題」(中国外務省)だ。

 台湾では近年、自らを「台湾人」と認識する若年層の拡大など「脱中国化」が進み、独立志向の民進党の蔡政権発足に中国は危機感を強めている。 

 専門家は「蔡政権が『一つの中国』原則を認めない限り、(中国としては)台湾を国際社会の入り口でとどめざるを得ない」と話し、台湾の「外交空間」を圧迫することは、中国の蔡政権に対する基本的な圧力となっている。

 トランプ氏の対中政策はまだ明確になっていないが、米台の接近はこの圧力を台無しにしかねない。
同氏と蔡総統は電話会談では安保問題についても意見交換したとされ、米中間では今後、台湾への武器売却問題などが摩擦要因として浮上する可能性もある。




「一つの中国」変えられず=台湾の「小細工」と中国外相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00000044-jij-cn

news「一つの中国」変えられず=台湾の「小細工」と中国外相


 【北京時事】トランプ次期米大統領と台湾の蔡英文総統の電話会談について、中国の王毅外相は3日、「台湾側の小細工にすぎず、米政府が長年堅持してきた『一つの中国』政策を変えることはできない」と述べた。

 香港・フェニックステレビ(電子版)の取材に答えた。

 同テレビによると、王外相は「『一つの中国』原則は中米関係の健全な発展の礎であり、この政治的基礎が損なわれることを望まない」と指摘した。

 中国政府はこれまで「中国と国交を持つ国と台湾との公的往来は、いかなる形であれ断固反対する」(外務省報道官)と繰り返しており、米台の接近阻止に全力を挙げるとみられる。 

 習近平国家主席は2日、訪中したキッシンジャー元米国務長官との会談で「中米間に共通する利益は意見の相違より大きい」と指摘。トランプ新政権とも安定的な関係発展を目指す考えを示したばかりだった。

 トランプ氏は「為替操作国」への認定など、経済面で中国に厳しい姿勢を見せているが、台湾問題で中国が妥協することはあり得ない。蔡政権の独立志向に神経をとがらせる中国は、トランプ氏の動向に警戒を強めざるを得ない状況となった。



トランプ・蔡会談 習氏のメンツ丸潰れ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161204-00000045-san-cn

newsトランプ・蔡会談 習氏のメンツ丸潰れ


 【北京=藤本欣也】中国がトランプ氏と蔡氏の電話協議に衝撃を受けているのは間違いない。王毅外相は3日、「(電話をかけた)台湾側の小細工にすぎない」と批判の矛先を台湾に向ける一方、「一つの中国の原則は中米関係の健全な発展の基礎だ」と述べ、トランプ氏にくぎを刺すのも忘れなかった。

 台湾問題は中国共産党大会を来年に控える習近平政権にとり、決して弱腰を見せられない核心的問題だ。

 習氏は米大統領に当選したトランプ氏への祝電で、米中両国が「衝突や対抗をせず相互尊重する」ことを呼びかけ、トランプ氏との初の電話協議でも「協力こそが両国にとって唯一の正しい選択」と強調していた。今回の電話協議は習氏のメンツを潰すものだ。

 タイミングも悪かった。3日付の共産党機関紙、人民日報は1面に、習氏が笑顔でキッシンジャー元米国務長官と握手する写真を掲載。習氏は「(トランプ次期政権と)安定した発展を継続させたい」と表明し、11月17日にトランプ氏と会談したキッシンジャー氏も「米中関係の安定的な発展を米新政権も期待していると信じる」と語っていた

 中国の消息筋によると、キッシンジャー氏はトランプ氏に、対中政策は「対立ではなく協力から始めよ」と助言したとされる。

 米中関係正常化以降、キッシンジャー氏の影響を受けてきた米国の対中政策が変わるのではないか-。
「米国第一」を掲げるトランプ氏の中台政策に、習政権は疑心を募らせている。




トランプ流外交、内外に波紋=オバマ政権の助言聞かず-米
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00000078-jij-n_ame

newsトランプ流外交、内外に波紋=オバマ政権の助言聞かず-米


 【ワシントン時事】トランプ次期米大統領が外国首脳らと連日行っている電話会談が、内外で波紋を呼んでいる。

 オバマ大統領が深入りを避けてきたパキスタンやフィリピンの首脳らに往来を打診したほか、2日には国交のない台湾の蔡英文総統と電話で会談。オバマ政権高官は「国務省の専門家の助言に耳を傾けるべきだ」と懸念を表明している。

 政権移行チームがトランプ氏と蔡総統の電話会談を発表したのは2日夕方(日本時間3日朝)。発表文に「世界の4首脳と話した」と記されてあり、米主要メディアは至急報で伝えた。ただ、トランプ氏による米台関係の変更の意図の有無については、「不透明」との分析が多かった。

 外交専門家が指摘しているのは、トランプ氏が外国首脳と接触する際に現政権から過去の経緯や助言などを聞いていない事実だ。米メディアによると、オバマ政権はトランプ氏と蔡総統の電話会談を発表まで知らなかった。

 国務省当局者によると、11月17日に行われたトランプ氏と安倍晋三首相の会談の前も、トランプ氏側からの連絡は一切なかったという。その上、事前調整なしに長女イバンカさん夫妻が会談に同席したことは、日本側を戸惑わせた。

 トランプ氏の選対本部長だった側近のコンウェイ氏は2日、CNNテレビに対し、トランプ氏が外国首脳と電話で話す前には背景説明を聞いていると強調した。

 トランプ氏は同日、自身のツイッターで、米国が台湾へ巨額の軍備を売却しているのに「(蔡氏から)私が祝福の電話を受けるべきでないというのは興味深い」と反発。台湾の首脳と公に直接やりとりしないという35年以上続いた「ルールを破った」(米メディア)ことを意に介していないようだった。



キタwwwwwwwww

wwwwwwwwww


トランプマン「カネくれるヤツと電話して何が悪い!」(縛w

新世界秩序通り、支那地区に無慈悲な鉄槌!!!!

「台湾許せないニダ!」「高貴な血筋ニダ!」と喚いてた支那地区マンセーのクズ野郎、号泣脱糞脱肛悶絶卒倒憤タヒ火病wwwwwwwww


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


「一つの支那地区」(笑)

何が「変えることはできないアル!」だ


ボケが!!!!

台湾は明確に拒否してんじゃねーか(縛w



台湾がそういう態度を取れるのも、

すぐ近くに日本があるからでつね。


そしてトランプマンはそれに追随(縛w

新世界秩序なんですよ(縛w



11月17日といえば安倍と会談した日(縛w

お茶屋の下僕、支那地区のパシリの


クッソンジャーは赤っ恥!!!!(縛w

そもそもクッソンジャーは


「次の大統領はブッシュニダ!」

と喚いて大外れした役立たず(縛w

お茶屋の意向なんざ何一つ通らないのが


新世界秩序!!!!(縛w


支那地区を封じ込めていれば新自由主義も崩壊


せずに済んだものを、クッソンジャー@お茶屋の

せいでアメリカはグレートの座から引き摺り下ろ


され支那地区がのさばる事になったわけでつね。


トランプマン当選で支那地区はその報いを受ける


時が来たわけでつね。

支那地区の自誤苦はこれからだということなんでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





最新鋭ステルス戦闘機に見る中国のジレンマとコンプレックス
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161201-00010006-wedge-cn

news最新鋭ステルス戦闘機に見る中国のジレンマとコンプレックス


 2016年11月1日、中国の広東省珠海市で開催された航空ショー「国際航空宇宙博覧会」で、ひときわ外国メディアの目を引く航空機が公開された。近々、中国人民解放軍空軍に配備が予定されているJ-20戦闘機である。J-20は、中国が「米空軍のF-22に匹敵する」と豪語する、中国国産の最新鋭戦闘機であり、「ステルス性能を有する第5世代の戦闘機である」とされる。

技術の違法コピーでロシアと交渉決裂

 J-20が注目されるのは、中国が自力で開発した高性能戦闘機である可能性があるからだ。中国が現在、主力として使用している戦闘機は、ロシア製のSu-27とそのライセンス生産機であるJ-11である。しかし、ロシアは、中国がJ-11をライセンス生産するにあたって、多くの違法な技術のコピーを行ったとして、中国が空母艦載機として導入を希望していたSu-33の輸出を拒否した。両国間で、技術提供や価格などについて折り合いがつかずに交渉が決裂したとされているが、ロシアが拒否したのは、中国が少数の機体しか購入せず、後は違法にコピーするということを実際に行なってきたからだ。

 このため、中国は、ウクライナからSu-33の試作機を購入してコピーし、J-15戦闘機を製造してきた。ところが、この時、中国は設計図を入手できなかったと言われている。J-15の艦載機としての能力が著しく劣るのは、当然の帰結と言えるだろう。エンジンの出力が足りないために、艦上で運用する際の燃料や弾薬が、陸上から運用する際の6分の1の量しか搭載できないとするものもある。

 中国がコピーしたJ-15は使い物にならなかった。2016年5月現在、J-15の製造は16機で止まったままだ。航空機や艦艇といった武器装備品は、いくら部品を正確にコピーしても、完成品の性能はオリジナルにははるかに及ばない。航空機であれば、時には、まともに飛ぶことさえできない。航空機の開発・製造は、それだけ難しいのである。それでも、中国はメンツにかけて「自国の技術」で問題を解決したいのだろうか。

中ロ間のパワー・バランスに関わる軍事技術

 しかし中国には、メンツにこだわっている時間はない。少なくとも2隻の建造中の空母を運用する準備を進めなければならないのだ。その準備の中でも最も難しいのが、空母艦載機部隊の養成である。艦載機となる機体すらないのでは、訓練どころの話ではない。中国は、早急にロシアに援助を求めなければならないだろう。

 ロシアは、これも違法コピーを理由に渋っていた、中国に対するSu-35の輸出に同意し、2015年11月、24機の同機を中国に輸出する契約を結んでいる。ロシアが気にしていたのは、中国が戦闘機を違法コピーしてロシアに金を落とさないことである。24機というまとまった機数の契約であったので、ということはある程度の金額の契約になったので、ロシア側も中国の要望に応じたということだろう。Su-33にしても、中国が違法コピーを認めて金を積めば、ロシアは技術支援するということでもある。

 J-15の問題は、それで解決できるかもしれない。しかし、外国から武器装備品を導入するということは、輸入元の国と常に良好な関係を維持していなければならないということである。しかも、輸入元の国の意図次第で、いつでも輸出を止められる可能性がある。理不尽だろうが何だろうが、その理由などいくらでもつけられる。

 この意味においても、中国にとってロシアとの関係は、常に頭の痛い問題である。いくら信頼できないからと言って、あからさまにロシアを不愉快にさせられないのだ。中国が自国で高性能戦闘機の開発・製造ができるようになれば、中ロ間のパワー・バランスに変化が生まれる。「その行使がなければ採らないであろう行為を相手に採らせる力」が「パワー」であることを考えれば、中国が自国開発できない軍事技術は、ロシアにとって、正にパワーの重要な構成要素であるのだ。

戦闘機としての飛行能力に問題ありか

 もちろん、米国という共通の敵がいる限り、中ロ両国は、なにがしかの形で協力しなければならないが、ロシアは、中国に言うことを聞かせる切り札を1枚失うことになる。実際のところ、中国は、軍事技術供与というロシアのくびきからのがれることができるのだろうか。

 どうも、そう簡単にはいかないようだ。2011年に初めての試験飛行に成功し、その動画を流出させてその存在を明らかにして以降も、J-20の開発は順調に進んできたように見えない。特に中国が技術的に弱いのが、高性能航空エンジンである。先に述べた、空母艦載機J-15の最大の欠点もエンジンであると言われる。自国開発できないために、ロシアから購入したSu-27等に用いるためのエンジンを拝借しているという。

 J-20の状況も似たようなものなのだ。2011年に初飛行した2機のJ-20の内、1機には中国国産エンジンが、もう1機にはロシア製エンジンが搭載されていたと言われる。この国産エンジンは、1980年代から中国航空産業が開発を進めてきたものである。このエンジン開発がある程度の成果を収めたので、90年代からさらに高性能の航空エンジンを開始したとされている。

 この新しい航空エンジンの開発も難航しているようだ。現在に至ってもまだ、中国空軍が納得する性能を有したエンジンは開発できていないということである。J-20には、国産エンジンではなく、ロシア製エンジンを搭載することになるだろうとも言われている。

 また、J-20の全長及び全幅は米空軍のF-22と変わらないものの、翼形を含む機体の形状が、そのステルス性を疑わせる。敵の防空レーダーに容易く探知されてしまうのではないかということだ。さらに、珠海航空ショーで初めてデモ・フライトを行った際、高い動力性能や運動性能を示すような飛行形態を一切見せなかった。戦闘機としての飛行能力に問題があるのかもしれない。J-20が、米国のF-22に挑戦する能力があるという見方には、常に疑問符が付きまとうのだ。

外交カードとしての意義

 しかし、J-20の性能は、そもそも問題ではないのかもしれない。2011年に初飛行の様子を撮影した動画が流出した時には、中国が新戦闘機を開発中であることは既に周知の事実であったので、その存在自体に衝撃を受けた訳ではない。問題は、中国がJ-20の開発を外交の道具として使用したことである。

 J-20の初飛行の動画流出は、ゲーツ国防長官(当時)の訪中の最中であった。さらに、胡錦濤総書記(当時)の訪米直前というタイミングでもあったことから、米中関係に微妙な影響を与えた。中国が米国に軍事的に対抗する意図を見せたようなものだからだ。また、日本及び台湾などに対する心理的影響もあっただろう。もちろん、中国に対する脅威認識を高めたのである。

 仮にJ-20がF-22に対抗する能力を持たないとしても、中国は少なくともミサイルや実弾を搭載して飛行することができるステルス機らしい航空機を自国開発できることを示したのだ。J-20は、日本や米国、さらにはロシアに対する外交カードの一枚として大きな意義を持っているということである。

最新技術や最高速力にこだわる中国

 そもそも、全ての戦闘機にステルス性能が求められるかどうかも考えなければならない。ステルス性能とは、簡単に言えば見つかりにくい能力のことである。レーダー波が反射しにくい機体の外形や電波を吸収する塗装などによって、主として敵のレーダーに探知されないことを目的としている。しかし、このステルス性が第5世代の戦闘機の条件であると定義されている訳ではない。実のところ、ステルス性だけでなく、どのような性能を持てば第5世代なのかという明確な定義はないのだ。

 2015年2月、米海軍作戦部長のグリナード大将(当時)は、海軍の次期戦闘機にはステルス性も過度の高速飛行能力も必要ないと述べている。レーダーの性能がますます高くなる中で、全く探知されない航空機は存在しない。さらに、航空機は、エンジンを回さなければ飛ぶことはできず、どんなに抑え込んでも熱は発する。センサー技術は、航空機技術と同様に、著しく進歩しているのだ。さらに、ミサイルを速度で振り切ることができる戦闘機の開発も難しい。

 しかし、米海軍はすでにステルス性を有するF-35の導入を決めている。グリナード作戦部長の発言と矛盾していると思われるかも知れないが、海軍は、F-35を、前方に展開するセンサー・ノードとして使用することを考えているようだ。

 空母打撃群が展開する、いわゆるNIFC-CA (Naval Integrated Fire Control Counter Air)コンセプトの一部として使用するということである。どのような目的でどのように使用するかによって、航空機に求められる性能は異なるのだ。

 ならば、米海軍が考える戦闘機の必要条件とは何か。それは、武器・弾薬の搭載量が大きいことである。戦闘機に求められるのは、航空優勢の確保である。そのためには、搭載する武器・弾薬が多いに越したことはない。大きな機体が必要なのだ。米海軍は、次期戦闘機F/A-XXを、2030年にF/A-18E/Fスーパーホーネットの後継機として採用する予定である。

 米海軍は、武器装備品に関する技術の推移と、技術発展による戦闘様相の変化を踏まえ、自らのオペレーションのために、どのような戦闘機が必要となるのかを考えている。むやみに、ステルス性能や無駄な高速飛行性能を追求することに意味はないのだ。戦闘機の速度にしても、以前は米ソの間で「最高速力」が競われたが、現在では、瞬間の最高速力ではなく、巡航時の超音速飛行の方が重要であると考えられている。

 航空機だけでなく、レーダー等のセンサーを含む武器装備品の在り方は、時代とともに変化するのである。中国は、一般的に、最新技術や最高速力等にこだわりがちだ。それは、自らが遅れているというコンプレックスの現れでもある。もし、中国が、戦闘様相の変化や自らの作戦行動を分析することなく、最新技術や性能要目だけを追求すれば、永遠に米国に追いつくことはできないだろう。



旧式戦闘機一つ自力で作れないくせにステルスだ

最強だと喚くハリボテポンコツ国家、それが


支那地区!!!!(縛w


先進国がうち捨てた無意味なものに血道を上げる


周回遅れの劣等国家、それが

支那地区!!!!(縛w



ロシアに愛想笑いしてないと生きていけない

役立たず、それが支那地区!!!!(縛w



J-15だJ-20だと喚く前に、J-10が

墜落して女パイロットがタヒなないようにしてから


デカい口叩くことでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR