現在の閲覧者数:

無理なダイエット

.
愛子さま 頑固で完璧主義な性格が「激ヤセ」につながったか
http://www.news-postseven.com/archives/20161208_473695.html

news愛子さま 頑固で完璧主義な性格が「激ヤセ」につながったか


 12月1日に15才の誕生日を迎えられた愛子さま。カメラの前に向けられた愛子さまの笑顔は、以前に比べてほっそりと感じられ、“激ヤセ”と心配する声もあがった。

 宮内庁関係者によると、愛子さまは9月上旬から炭水化物を抜くダイエットを始められたという。白米はほとんど召し上がらず、朝食はヨーグルトやジュースだけ、夕食もサラダや煮ものが中心だったとのこと。さらに愛子さまは、食事量を減らすだけでなく、おやつや間食もほとんどとられなくなったという。

「アイスクリームやマドレーヌなど、あれほどお菓子がお好きだった愛子さまが間食をやめられた。さらに食事コントロールの影響からか、熱心に読みふけっていることが多かった読書もしなくなってしまったといいます。多くの大人たちが周囲にいながら早い段階で手を打てなかったのでしょうか」(皇室ジャーナリスト)

 数多くの職員が働く宮中において、両陛下と皇太子ご一家の食生活を一手に担っているのが「宮内庁大膳課」という部署だ。

「和食、洋食やお菓子作りを専門にするスタッフが揃い、侍医やご本人たちの希望も聞きながら栄養バランスのとれた食事を提供しています。皇族方の健康管理は宮内庁の大事な仕事のひとつ。お食事を残されるのは仕方がない部分もありますが、あまりにも召し上がらないとか、残すのが続くといったことがあると、大膳課から侍医に報告も上がります」(前出・宮内庁関係者)

 もし食事を残されることがあれば、その分量を計測して不足した栄養まで計算する。それでも今回の事態は防げなかった。

「愛子さまは“やり始めたらやる”という性格で、頑固な面をお持ちです。雅子さまに似て完璧主義な部分もあり、結果が出るまでやらないと気が済まない。皇太子ご夫妻はそんな愛子さまの性格をよく理解されているので、直接厳しい言葉をかけたりされなかったそうです」(前出・宮内庁関係者)

 別の宮内庁関係者が憤るように続ける。

「本来であれば、職員の側から愛子さまにお声をかけることもできるのでしょうが、残念ながら幹部も含めてサラリーマン化が進む宮内庁では、そういった気骨のある人が減ってしまっている。かといって、ご夫妻にもなかなか難しいことですし、そもそもご夫妻に進言する人間もいなかった。結果的に、明らかに異常なことが進行しているにもかかわらず、防ぐ手立てを講ずることができなかったのでしょう」

“すこしほっそりとされた”で済む問題ではない。



ten無理なダイエットによる拒食症
【国内】歴史の教科書に書いてある 他⇒こちら


やはり図星だったようでつね。


間食をやめて炭水化物を抜いただけであんなに


なるなら、世間のダイエッターは高いカネ払って

ブーッチブーッチとかに行くような苦労はしない


だろ(縛w


見た感じ、歯と歯茎の状態までおかしいよう


なので、今の状態はダイエットで痩せたっていう

レベルじゃなくて病気の範疇でつね。



っつーか、宮内庁は「運動会と中間テストで」

と喚いてたくせに、全然ウソじゃねーか!!!!



何でウソ吐いてまで隠す必要があるのか?

それは。。。

tenその様に貧弱・病弱じゃ○○にはなれませんね。
【国内】「胃腸の調子ガー!」 ←ピクッ⇒こちら


きっと女系天皇の論調を潰すためでつね。


昨日出てきたこの件で。。。



一代限り、典範改正で対応も=天皇退位、世論に配慮―政府
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00000169-jij-pol

news一代限り、典範改正で対応も=天皇退位、世論に配慮―政府


 政府が天皇陛下の退位に関し、皇室典範に今の陛下に限り認める根拠規定を置いた上で、特例法を制定する案の検討に入ったことが分かった。

 典範改正を求める世論が多いことを踏まえたものだが、あくまで「一代限り」とし、恒久的な制度化には踏み込まない。政府関係者が8日、明らかにした。

 陛下が82歳と高齢であることから、政府は詳細な制度設計に踏み込まずに済む特例法での対応が望ましいという基本的な考えは崩していない。

 一方、政府の有識者会議がこれまで行った計3回の専門家へのヒアリングの中では、5人が特例法による一代限りの退位に理解を示す一方、3人は「皇位の不安定化を招く」などの理由で典範改正による恒久制度化を主張。意見が割れた。 



そういう話が一切出てきてないので

きっとそういうことでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





愛子さま、悠仁さまも出品=宮内庁で職員文化祭美術展
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016120800338&g=soc

news愛子さま、悠仁さまも出品=宮内庁で職員文化祭美術展


 宮内庁では8日から、職員や関係者の作品を展示する職員組合文化祭美術展が始まり、天皇、皇后両陛下や皇族方も書や写真など25点を出品された。美術展は10日までで、一般には非公開。

宮内庁職員組合文化祭美術展に出品された秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さまの粘土模型=8日午前、宮内庁(代表撮影)

 皇太子ご夫妻の長女愛子さま(15)の作品は、中学校の課題で書いた「大志」という書やオルゴールなど4点。秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さま(10)は、粘土と針金で作った小さな信号機の模型や切り絵を出品した。
 悠仁さまはほかに「昔の暮らし」という題で、ご家族や同庁職員と協力して作った古い民家のミニチュアも出品。図鑑で調べたり、周囲の人に聞いたりしながら、昔の家の間取りを自分で考え、台所の道具や井戸などを丁寧に制作したという。(2016/12/08-11:14)



「大志」といえば。。。

sea大志を抱け


これでつね。

しかし。。。

sea大志


「大志」を必死に否定してたクズ野郎が

おりましたなぁ!!!!(縛w



この世に悪の栄えたためしなし!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





中国の外貨準備、節目割り込む目前の窮地
http://jp.wsj.com/articles/SB10133893654180563918204582483931232483256

news中国の外貨準備、節目割り込む目前の窮地


 中国では11月に外貨準備高が5カ月連続で減少し、さらに減少幅が700億ドル近くに上ったことから、外為当局が再び窮地に立たされている。

 中国人民銀行(中央銀行)が7日発表した11月末の外貨準備高は前月末から690億6000万ドル減少し、3兆0520億ドル(約348兆7000億円)となった。減少幅は、人民元安が世界市場を震撼(しんかん)させた1月以来の大きさだ。外貨準備高は3兆ドル目前まで減り、2011年以来の低水準となった。

 11月の落ち込みは、ドル高の影響でそれ以外の通貨建て資産のドル換算額が目減りしたという面もある。中国は外貨準備の構成を公表していないが、約6割はドル建てで残りはユーロや円などの主要通貨建て、というのがアナリストの見方だ。11月のようにドルが主要通貨に対して上昇すると、ドル建ての外貨準備高は目減りする。

 もっとも、キャピタル・エコノミクスのジュリアン・エバンズプリチャード氏によると、11月はドル換算による減少分が200億ドル程度だったもようだ。つまり、外貨準備売却による正味の減少額は500億ドル程度と考えられる。11月は元がドルに対して1.6%安と、やや大幅な元安となったため、中国当局が元売り圧力の緩和に動いた。ただ人民銀はこの数週間、元安を抑えるために大規模な介入を行っている。中国は、ドナルド・トランプ次期米大統領の反感を買うような為替政策を実施する一方、元の一段安を防ぐことでトランプ氏や米経済に配慮していると言える。

 中国が資本流出対策を強化していることを考えると、資本流出の勢いに歯止めが掛かっていないのは間違いない。中国の公式メディアに6日掲載された記事によると、当局は「根拠のない」海外投資について厳重な監視に当たっている。

 外貨準備が3兆ドルを超えていること自体は何も重要ではないかもしれない。だが市場はこうした点を心配しがちだ。中国は外貨準備がさらに500億ドル減れば、外貨準備が2兆ドル台の国の日常とはどういうものかを再び味わうことになるだろう。




中国の外貨準備高3兆516億ドル 5年8カ月ぶり低水準
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM07H93_X01C16A2FF1000/

news中国の外貨準備高3兆516億ドル 5年8カ月ぶり低水準


 【北京=原田逸策】中国人民銀行(中央銀行)が7日発表した11月末の外貨準備高は前月末より691億ドル少ない3兆516億ドル(約348兆円)だった。2011年3月から5年8カ月ぶりの低水準となる。減少幅は人民元が急落した今年1月以来の大きさ。人民銀が対ドルでの人民元急落を防ぐために為替介入をしたほか、米長期金利の上昇も響いた。

 中国の外貨準備高は14年のピーク時には4兆ドル弱に達したが、3兆ドル割れが目前となった。外貨準備の減少は為替介入の余力が落ちることを意味し、投機筋などによる人民元の売り圧力がさらに高まる可能性がある。

 国家外貨管理局は7日、通常は公表しない外貨準備高の減少要因の分析を発表した。

 それによると1つ目の要因は人民銀による為替介入。トランプ氏が米大統領選に当選してから元は他の新興国通貨と同様に対ドルで下落した。人民銀はドル売り・元買いの為替介入を実施しており、外貨準備で保有する米国債などが売却で減少したとみられる。

 次に米国債の価格下落だ。トランプ氏の当選後、米長期金利が大幅に上昇し、外貨準備で保有する米国債の価値が目減りした。ほかに響いたのがドル独歩高。ドルは元以外の円やユーロに対しても大幅に上昇した。このため、中国が外貨準備で保有する円建てやユーロ建ての債券がドル換算では価値が減少した。

 中国の通貨当局は元急落による国内の金融市場の混乱を避けるため、海外との資本取引の管理を厳しくした。中国から流出する資金を少しでも抑えるためだ。具体的には500万ドルを超える海外送金や両替は事前に当局が事前に審査する。

 企業による配当の送金などに支障が出かねない。訪中したみずほ銀行の林信秀頭取は7日の北京の記者会見で「海外送金で事前に当局と相談しなければいけない。長く続くようだと(企業活動などにも)影響が出てくる」と語った




中国、金の輸入と人民元の流出を制限
外貨準備高がピークから約25%減少、資本流出に警戒感強める当局
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48578

news中国、金の輸入と人民元の流出を制限


(英フィナンシャル・タイムズ紙?2016年12月2日付)
中国主導のAIIB、創設メンバー57か国に

中国安徽省の銀行で行員が数える100元紙幣の束(2010年10月20日撮影、資料写真)。(c)AFP〔AFPBB News〕

?中国が人民元流出の抑制と金(ゴールド)の輸入制限を同時に実施し、世界第2位の経済大国からの資本逃避を阻止する措置を強化した。

?外国への人民元の支払いと金の輸入の抑制は、人民元の下落圧力の緩和と、減少している外貨準備高の保護を目的とした最新の資本規制策である。

?この数日前、中国の内閣に当たる国務院は高額な外国資産の購入を制限するルールの草案を示しており、外国為替管理当局も外国送金の届け出が必要な金額をこれまでの5000万ドル以上から500万ドル以上に引き下げ始めていた。

?本紙(フィナンシャル・タイムズ)が入手した資料によれば、中国人民銀行(中央銀行)はこれから、中国を本拠地とする企業による人民元の外国送金を、純額ベースで株主資本の30%以下に制限する。これまでは、このような送金の額に上限はなかった。むしろ中国政府は、広い意味での人民元国際化の一環として送金を奨励していた。

?中国人民銀行のデータによれば、国外への人民元の支払額は、第3四半期に1兆7000億元という過去最高の水準に到達した。一方、国外からの流入額は9700億元にとどまった。当局は、以前は人民元の流出に寛大なアプローチを取っていた。外国で人民元が蓄積されれば、中国国外での貿易や投資に人民元を使うことが可能になるためだ。

?これと並行して銀行や貿易会社からは、人民元安を受けて金への関心が中国人投資家の間で高まるにつれ、金の輸入業者の一部が輸入許可を得るのに苦労するようになったとの指摘が出ている。

?人民元は今年に入って対ドルで5.8%下落しており、過去最高の下落率を記録しそうな勢いだ。

「こうした措置はすべて、資本流出に対する規制の強化と、元安期待の増大に歯止めをかけることを目指したものだ」。中国国際経済交流センター(CCIEE)の王軍氏はこう指摘する。「現状では、こうするよりほかに手がない。中国は多額の外貨準備を失いつつある」

?中国の外貨準備高は2014年の初めにほぼ4兆ドルという水準に達したものの、現在はそれより約25%少なくなっている。北京在勤のあるファンドマネジャーに言わせれば、当局は「(水漏れを止めようと)堤防のひび割れにすべての指を突っ込んでいる」ような状況だという。香港在勤の通貨ストラテジストも、「流出を減らそうと、細かいところまでチェックしている気がする」と語っている。

?香港、スイス、オーストラリアおよび英国から得たデータによれば、中国は今年の1月から9月にかけて約905トンの金を輸入した。大半は宝飾品として再輸出される。

?2013年にはHSBC、スタンダード・チャータード銀行、オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の外国銀行3行に金の輸入免許が交付された。中国政府は、四半期ごとに輸入量を割り当てて金の輸入をコントロールしている。その1年後には、中国人民銀行が上海黄金交易所(商品取引所)に「国際板」の設置を認め、外国人投資家に市場を開いた。

?上海黄金交易所は今年に入り、金価格を決定するオークションを毎日行うようになった。ロンドンの銀行間で行われているものに似た仕組みだ。「1歩進んで3歩下がるというところだ」。今回の輸入規制について、ある国際的な銀行の幹部はそう語った。

?中国の資本規制策は以前から、中国国内のオンショア市場で人民元を米ドルに替えてその米ドルを外国に送る取引の認可を厳格化することに焦点を当ててきた。

?国家外為管理局(SAFE)はここ数日、外国銀行に口頭で指導を行っているという。この件に詳しい情報筋によれば、配当金の支払いや株主からの借り入れの返済を行う必要のある法人顧客のために外貨を購入する際は、当局の許可を得るようにと指示している。

?しかし、中国人民銀行による今回の行動は、国境を越える人民元送金に関するものだ。人民元のオフショア市場は2010年以降、中国が人民元の国際化を推し進める中で立ち上がってきたが、中国本土を出てこのオフショア市場に入った人民元については、外貨への転換が規制されていない。

?人民元流出に対する新たな抑制策は、流動性がすでに引き締められているオフショア人民元市場にも強烈な一撃をもたらすことになるだろう。HSBCによれば、香港、シンガポール、韓国および台湾における人民元預金は2015年8月から今年9月末にかけて30%減ったという。

?投資家や法人が人民元を売って米ドルに替えようとオフショア市場に出向いても、中国本土からの外貨流出の引き金を即座に引くことにはならない。しかし、流出を促す間接的な圧力は間違いなく生じる。

?オフショア人民元が大量に売られれば、オンショア市場とオフショア市場の間で為替レートに乖離が生じる可能性も出てくる。ただ、両方の市場にアクセスできる銀行や法人が裁定取引を行うため、そのギャップは最終的には縮小する。この取引では、米ドルがオンショア市場から持ち出されることになる。

?香港在勤の別の通貨ストラテジストは「(SAFEによる口頭での指導は)取引チャネルの継続的監視と、文書化についての要求強化の一環だ」と述べている。



支那地区の外貨準備がついに3兆ドル割れ

目前
wwwwwwwwwwwwwwwwwww

3兆ドルはすでに各種金融商品を買ったりしてる

という話なので、3兆ドルかどうかは別としても


現金が底を突けばそれらを叩き売って換金しな

ければならないわけでつね。


そうするとそういう金融商品の相場が崩れる

わけでつね。



ケツに火が付いた支那地区当局はドル買いとか

金取引を締め付け、銀行に圧力をかけるという、


およそ取り得る中で最低の手段を選ぶ愚策(縛w

ドル買いしたいのにできなければ、我慢した分が


積み重なりいずれ一気に爆発するわけでつね。


自由に取引できない体制、
資本流出への備えの甘さ、
カネが切れると見限られる日頃の行い、

こんな体たらくでは危機を招くのは当然でつね。


トランプマンが大統領になれば支那地区から撤退


してアメリカに回帰する流れが一気に起きるわけ

で、そうなったとき、もはや3兆ドルの外貨準備


など露と消えるわけでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR