現在の閲覧者数:

新世界秩序で変化の兆し

.
オスプレイ、空中給油中にプロペラ損傷 「最善の決断」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00000001-asahi-soci

newsオスプレイ、空中給油中にプロペラ損傷 「最善の決断」


 沖縄県名護市沿岸で13日夜、米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属の垂直離着陸機オスプレイが不時着を試みて浅瀬に着水し、大破したのは、空中給油の訓練中のトラブルでプロペラを損傷したためだ、と米海兵隊が14日発表した。米軍はオスプレイの飛行停止を表明する一方、オスプレイ自体が原因ではないと強調した。

 在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官が、記者会見して明らかにした。

 ニコルソン氏によると、事故機は沖縄本島の東方約30キロ付近を飛行しながら空中給油機から給油を受ける際、給油ホースが切れてオスプレイのプロペラが損傷した。機体は不安定な状態になり、普天間への帰還を試みたが、パイロットの判断で、目的地を、市街地に囲まれた普天間ではなく、東海岸沿いのキャンプ・シュワブ(名護市)に変更した。しかし、たどりつけず、午後9時半ごろ不時着水を試みたという。

 ニコルソン氏は県民に「謝罪します」と述べつつ「パイロットが沖縄の上空を飛ばず、沖縄の人々の多くの命を守り、乗組員を守った。最悪の事態で最善の決断をくだせたのは誇りに思う」と話した。オスプレイを当面飛行停止とする一方、事故はオスプレイの構造や設計が原因ではなく、プロペラがホースを切り、そのときに損傷した可能性が高いとの見方を示した。

 これに対し、オスプレイの配備に反対し続けている沖縄県は猛反発。翁長雄志(おながたけし)知事は「県民の不安が現実のものとなり、大きな衝撃を受けている」と述べ、政府に抗議文を提出したほか、急きょ上京して、15日に政府に対し、普天間飛行場に配備されているオスプレイの撤去を求める。

 第11管区海上保安本部(那覇市)などによると、事故現場は名護市安部(あぶ)の海岸から数十メートルの浅瀬で、最も近い民家から300メートルほど。機体は翼や機首などがばらばらになった。乗員5人は米軍の別のヘリに救助されたが、2人がけが。

 現場は海域のため、11管は14日未明、米軍に事故の捜査を申し入れたが、14日夕までに回答はないという。ただ、航空危険行為処罰法違反の疑いで独自に捜査を始め、米軍の協力が得られれば、パイロットらから任意で事情を聴く方針。日米地位協定は、米軍関係の事件・事故には基地の外でも米軍による警察権を認めている。

 不時着現場について、沖縄県警や11管には当初、在沖米軍から「うるま市沖」との連絡が入り、パトカーや巡視船艇が向かった。実際の着水現場は20キロ以上、北側だった。




オスプレイの飛行停止要請=在日米軍司令官に防衛相―沖縄本島浅瀬で大破
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000013-jij-pol

newsオスプレイの飛行停止要請=在日米軍司令官に防衛相―沖縄本島浅瀬で大破


 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の海兵隊の新型輸送機MV22オスプレイ1機が13日午後9時半ごろ、沖縄本島東海岸沖の浅瀬に不時着し、大破した。

 現場は名護市の東約1キロの沖合で、乗員5人全員が米軍ヘリに救助された。県警によると、このうち2人が負傷し、米海軍病院に搬送された。

 日本国内でのオスプレイの重大事故は初めて。安倍晋三首相は14日午前、「重大な事故を起こしたことは大変遺憾だ。オスプレイ飛行の安全確保が大前提だ」と述べた。

 稲田朋美防衛相は14日未明、在日米軍のマルティネス司令官に原因究明や情報提供とともに、安全が確認されるまでオスプレイの飛行停止を申し入れた。司令官は「今回の事故が沖縄で起きたことについて、その重大性は受け止めている。地元の懸念を払拭(ふっしょく)するべく、最大限努力をしたい」と答えたという。

 オスプレイは海岸から約80メートル離れた浅瀬で発見された。第11管区海上保安本部(那覇)は在日米軍に対し、事後原因の調査と捜査協力に応じるよう口頭で申し入れた。

 オスプレイは国外で相次いで事故を起こしており、沖縄県の翁長雄志知事は配備に反対している。知事は14日、事故について、「本当にとんでもない出来事だ」と述べ、沖縄防衛局長と外務省の沖縄担当大使を呼び、県民の気持ちを強く伝える考えを示した。

 オスプレイは岩国基地(山口県岩国市)や米軍キャンプ富士(静岡県御殿場市)など本土にも飛来。2017年には横田基地(東京)に低空飛行訓練などを行う米空軍の特殊作戦用のCV22オスプレイが配備される予定で、安全性に対する懸念が高まりそうだ。

 普天間飛行場のオスプレイは12年10月から順次配備され、現在24機態勢。オスプレイの定期整備が来年から陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉)で始まる。陸自も導入を決め、佐賀空港(佐賀市)への配備計画が進められている。

 MV22オスプレイをめぐっては15年5月にハワイで着陸失敗事故を起こし、2人が死亡。12年4月にはモロッコで墜落し、2人が死亡した。 




沖縄・名護で訓練中のオスプレイが墜落・大破、2人けが
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20161214-00000047-jnn-soci

news沖縄・名護で訓練中のオスプレイが墜落・大破、2人けが


 13日夜、アメリカ軍の輸送機オスプレイが、沖縄県名護市の浅瀬に墜落し大破しました。

 現場からおよそ2キロ離れた場所は、普段は静かな住宅街ですが、片側の車線を埋めるように警察の車両が500メートルほど続いて並んでいます。

 海上保安庁などによりますと、13日午後10時ごろ、名護市のキャンプシュワブ近くの浅瀬に、オスプレイ1機が不時着しました。オスプレイは普天間基地所属で訓練中だったということです。

 搭乗していた5人は救助されましたが、このうち2人がけがをして、沖縄県内にあるアメリカ軍の病院に運ばれたということです。

 「集落の人たちはもう怖いじゃないですか。2度と事故を起こしてほしくない」(住民)

 日本国内で初めて起きた墜落事故に、今後、大きな反発がひろがるのは必至です。




米軍高官「被害与えず、感謝されるべき」 沖縄副知事に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000072-asahi-soci

news米軍高官「被害与えず、感謝されるべき」 沖縄副知事に


 沖縄県名護市沖に米軍輸送機オスプレイが不時着して大破した事故で、沖縄県の安慶田(あげだ)光男副知事は14日、在沖米海兵隊トップのニコルソン四軍調整官に対し抗議した。安慶田副知事によると、ニコルソン氏は「パイロットは住宅、住民に被害を与えなかった。感謝されるべきだ」と抗議に不満を示したという。

 安慶田副知事によると、オスプレイの飛行停止と配備撤回を求める抗議文をニコルソン氏に手渡し、抗議したが、ニコルソン氏はかなり興奮した様子で「(事故を)政治問題にするのか」と言ったという。安慶田副知事は「県民はオスプレイの配備も訓練も認めていない」と述べたが、ニコルソン氏は最後まで怒りが収まらない様子だったという。

 安慶田副知事は面会後、報道陣に「謝罪は全くなかった。本当に植民地意識丸出しだなと感じた」と述べた。

 沖縄には2012年10月から米軍普天間飛行場(宜野湾市)に順次24機のオスプレイが配備されたが、県や宜野湾市などは一貫して配備撤回を求めている。




普天間飛行場に胴体着陸=事故機と別のオスプレイ―不安と反発一段と・沖縄
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000102-jij-soci

news普天間飛行場に胴体着陸=事故機と別のオスプレイ―不安と反発一段と・沖縄


 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の米海兵隊の新型輸送機オスプレイが不時着した事故で、事故機とは別のオスプレイが13日夜に普天間飛行場に胴体着陸していたことが14日、在日米軍への取材で分かった。

 普天間飛行場は住宅密集地に囲まれ、小学校や中学校にも隣接。「世界一危険な飛行場」と呼ばれる。オスプレイは24機配備されており、名護市沿岸での不時着事故に続いて事故が発覚したことで、住民の不安と反発が一段と高まるのは必至だ。

 在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官は14日の記者会見で、「装置に問題があったが、安全に着陸した」と述べた。

 在日米軍によると、機体の不具合で前輪が出ず、胴体着陸になったという。在沖米軍が詳しい原因を調べている。

 宜野湾市によると、同飛行場に着陸した機体の装置に不具合があったことについては、防衛省沖縄防衛局から14日に「前輪が壊れた機体が1機ある」と連絡があったという。重大事故につながりかねないトラブルだけに、日米両政府は情報開示の面でも批判を浴びそうだ。

 隣接する同市立普天間中学校の仲村美恵子教頭は胴体着陸について知らされてなかったといい、取材に「本当ですか」と絶句。13日は夕方には生徒全員が下校したが、一歩間違えば危険が及ぶ可能性もあった。「米軍はしっかりと情報を伝えてくれないと子供たちの安全を守れない」と憤った。

 普天間飛行場では授業中も航空機が離着陸を繰り返し、屋外では教師の声が聞き取れないこともあるという。「その状況に慣れてしまっている子供たちがかわいそう。静かな環境で勉強させてあげたい」とこぼした。 



機体の欠陥ではなく空中給油訓練中に給油ホース

を切ってプロペラが損傷。


そもそも30km沖の海上でやってたんだから

民家に落ちる可能性もない。


別にオスプレイがどうのという話ではない

でつね。




しかし対応には問題アリ。

「いかにも米軍の軍人」という風体のヤツが


必死に言い訳してて滑稽でつね。


米軍はなんでも緻密に調査・研究してるので、


日本でこういうことが起きた時に「感謝しろ」

と喚いてはいけないことぐらい先刻承知のはず


でつね。

つまり、わざとでせうな。



わざわざ「アメリカが自粛を要求してた日露首脳

会談」直前に「ブサヨが手ぐすね引いて待ち構え


てたオスプレイの事故」を起こした挙句に喚く

わけだから、わざと以外の何物でもないでつね。



ten在日米軍 ダメリカの闇

ten沖縄 覚醒剤


在日米軍といえばダメリカの闇(縛w

広島土下座以降、これまでの悪行を地祭りに上げ


てる真っ最中なわけで、こういうことを起こす

クズがいても何の不思議もないでつね。




そしてこれは米軍撤退にも利用できる。

これで反基地感情が高まらなくても


また事故を起こしてくるでせう。

っつーか、同じ日に胴体着陸とか、


念入りに事故を起こし杉(縛w

今後も時間をかけて念入りに米軍基地に対する


嫌気を煽るでせう。


米軍基地の存在自体がダメリカの闇の象徴で、


そのダメリカの闇が広島土下座した以上、

1年2年ではないだろうが、そう遠くないうちに


出て行ってもらうことになるでせう。


今回の事故はオスプレイ特融というわけではない


が、オスプレイはもうフラグ化してるので、

そういう象徴的な意味として使ったわけでつね。




軍事だけではないでつね。

ちょうどFOMCの金融政策が発表される直前。


0.25%の利上げが決定したが、これで日銀が

マイナス金利を維持したまま何もしなければ


アメリカは攻撃してくるでせう。


アメリカの金融政策もまたフラグ化してるわけ


でつね。


今月の会合は19~20日、


来年最初の会合は1月29~30日、

つまりトランプマン就任後でつね。


トランプマンが喚く前に対応するのか、

喚かれてから対応するのか、重要な判断でつね。




トランプマン就任直前にオスプレイの事故と

米利上げ、どう転ぶかはともかくとして、


変化の兆しはきっちりつかんでおかなければ

ならないでつね。



まあ新世界秩序は日本のための秩序なので

否定的な方向にとらえる必要はないでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

わかり松。さま。
一味の命が年内保たないなら、暴落はできないのでは?
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR