現在の閲覧者数:

いま明かされるすべての繋がり

.
プーチン大統領、オバマ氏に不快感 サイバー攻撃問題で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00000063-asahi-int

newsプーチン大統領、オバマ氏に不快感 サイバー攻撃問題で


 ロシアのプーチン大統領は23日、モスクワで、内外の記者を集めて年末恒例の記者会見を開いた。オバマ米大統領が、サイバー攻撃で米大統領選に介入したとしてプーチン氏を名指しで批判していることについては「敗者はいつも、それを誰かのせいにしようとするが、原因は自分たちの中で探すべきだ」と、強い不快感を示した。

 オバマ氏が、9月に中国で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議の際に、直接プーチン氏に選挙への介入をやめるよう警告したと話していることについては、プーチン氏は「首脳同士の会話は明らかにできない」として、確認を避けた。

 サイバー攻撃が選挙に与えた影響について、プーチン氏は、米民主党の全国委員長が今年7月に、情報暴露騒動の中で辞任した経緯を指摘。「つまり暴露された情報は事実だったということだ。本質を見ることが大事だ」と述べ、サイバー攻撃の意図よりも、情報の真偽が重要だという見方を示した。プーチン氏は、米大統領選と同時に行われた上下両院でも民主党が敗北したことを指摘し「それも私がやったことだと言うのか」と述べた。




<プーチン大統領>「我々はいかなる侵略者よりも強い」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00000053-mai-int

news<プーチン大統領>「我々はいかなる侵略者よりも強い」


 ◇年に1度の内外記者会見

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアのプーチン大統領は23日、年に1度の内外記者会見を開き、「我々は今、我々を侵略する可能性があるいかなる侵略者よりも強い」と述べた。シリア空爆で示したロシアの軍事力や中国など親露的な国々が周囲に存在する地政学的な情勢、プーチン氏への国民の高い支持率などを念頭に述べた。

 2012年に「3期目」の大統領に返り咲いたプーチン氏は18年に任期満了を迎える。「最強」の発言は、18年大統領選に向け、これまでの成果をアピールするねらいがあるとみられる。17年に前倒し選挙が実施される可能性については「理由がない」と否定した。

 プーチン氏は22日に「戦略核の強化」をロシア軍に命令。これを受けトランプ米次期大統領も「核戦力の強化」に言及した。プーチン氏は23日の記者会見でトランプ氏の発言に「何も新味はない」と述べる一方、「新たな核軍拡競争は、米国が02年に弾道弾迎撃ミサイル(ABM)制限条約から一方的に離脱したときに始まった」と、米側を非難した。プーチン氏は、軍に命じた「戦略核の強化」には、米国が欧州で稼働を開始したミサイル防衛(MD)システムを無力化するための攻撃兵器も含まれると説明した。



追い詰められたプーチンが必死でんなぁ(縛w

1万4千発も核ミサイルをはべらせて


「最強ニダ!」もねぇだろ(縛w


アレッポを占拠できたのもアメリカが引いた


だけの話(縛w


わざとらしく遅刻したり必死に強がってみせる


のは追い詰められてる証拠でしかないんでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





エフゲニー・ジュガシビリ氏死去=スターリンの孫
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161222-00000189-jij-int

newsエフゲニー・ジュガシビリ氏死去=スターリンの孫


 エフゲニー・ジュガシビリ氏(旧ソ連の独裁者スターリンの孫)タス通信などによると、22日、モスクワで死去、80歳。
 自宅近くで倒れているのを発見された。


 1936年にスターリンの長男ヤコフ氏の息子として生まれ、旧ソ連崩壊後はスターリンの名誉を守る活動に取り組んだ。第2次大戦中に旧ソ連でポーランド人将校多数が殺害された「カチンの森事件」はスターリンが命じたという報道などで名誉を傷つけられたとして、ロシア紙ノーバヤ・ガゼータを相手取り提訴したが、2009年に敗訴した。 



スターリンの孫がタヒ亡(縛w

自宅で友愛(縛w


名誉棄損訴訟で敗北(縛w

スターリンといえば。。。

tenスターリン


このブログが始まる前から叩き続けてる

クズ野郎(縛w


そんなスターリンをマンセーしてるのが。。。



プーチン大統領がレーニン批判、「彼の思想がソ連崩壊させた」 大統領府、分裂招く事態懸念し火消しに躍起
http://www.sankei.com/world/news/160124/wor1601240019-n1.html

newsプーチン大統領がレーニン批判、「彼の思想がソ連崩壊させた」 大統領府、分裂招く事態懸念し火消しに躍起


 ロシアのプーチン大統領が、ロシア革命の指導者レーニンを「彼の思想がソ連を崩壊させた」と強く批判、賛否両論の波紋が広がっている。大統領府は発言が経済悪化に不満を募らせる国民の分裂を招く事態を懸念し、火消しに躍起だ。

 レーニンは年配者の尊敬を集め、ソ連崩壊後も遺体はモスクワの赤の広場で公開されている。プーチン氏は21日、学術に関する諮問会議を開催。詩人パステルナークがレーニンを批判した詩を引用した学者の発言を受け「(レーニンは)ロシアという名の建物の下に核爆弾を仕掛けた」「世界革命はわれわれには必要なかった」などと述べた。

 ロシア共産党のラシキン中央委員は「大統領はレーニンの生涯に関する本を読んでいないようだ」と批判。極右自由民主党のフジャコフ下院議員は「赤の広場は墓場ではない」として、遺体を別の場に埋葬するよう求めた。21日はレーニンの命日だが、プーチン氏は言及しなかった。(共同)




プーチン氏“強権”の陰で高まるスターリン再評価の気運… ロシアの国民性反映?
http://www.sankei.com/world/news/160406/wor1604060057-n1.html

newsプーチン氏“強権”の陰で高まるスターリン再評価の気運… ロシアの国民性反映?


 【モスクワ=遠藤良介】ロシアのプーチン大統領が直属の「国家親衛隊」創設を決めるなど、強権統治をいっそう推し進める姿勢を見せている。経済の悪化にもかかわらず、ロシアでは「強い国家指導者」を歓迎する世論が根強く、プーチン氏はそれに乗じて着々と治安機関の掌握強化に動いている形だ。旧ソ連の血塗られた独裁者、スターリンを評価する国民の増加が、今日のロシア社会の風潮を象徴する一例だといえる。

粛清正当化26%に

 ロシアの独立系世論調査機関「レバダ・センター」によると、1937~38年だけで70万人が銃殺されたスターリン期の大粛清について、「正当化される」とした回答は、2007年の9%から今年3月の26%に増加。反対の回答は72%から45%へと減少した。18~24歳の若年層では、大弾圧について「何も知らない」「評価できない」とした人が45%にのぼった。

 07年と昨年12月の調査を比べても、「過ちにかかわらず、第二次大戦を勝利に導いたことが最重要だ」との回答が28%から34%に増加。「ソ連を強国にした賢明な指導者だ」という人も14%から20%に増えた。

 同センターのピピヤ研究員によると、スターリンに対する肯定的評価は14年3月、ウクライナ危機を背景に「記録的水準」に達し、その状態が続いている。プーチン政権がウクライナの親欧米派を「ファシスト」呼ばわりして敵視するなどし、ロシアが「外敵」に囲まれている感覚を浸透させたことが大きい。

「大国意識」に直結

 第二次大戦の対ドイツ戦勝記念日(5月9日)を盛大に祝うことで、政権がスターリン時代の暗部を矮小(わいしょう)化し、「戦勝国」の地位を国民団結の手段としてきた側面も強い。政権は、同様の方向性で歴史教育の統一化に動いており、13年11月に策定された指導要領に基づく歴史教科書が学校現場に投入され始めている。

 昨年12月には、西部ペンザに「スターリン・センター」が開館し、地元関係者は「スターリンの業績を研究し、全国に広げるのが目的だ」と説明している。

 一方、前出のピピヤ研究員は、スターリン評価が抽象的な印象や大国のアイデンティティーに結びついたものであり、「人々がその時代に生きたいと思っているわけではない」とも強調する。「ロシア人には強い権力を好む国民性があるが、同時に歴史の評価は変わりやすいものでもある」と同研究員は話している。




ロシアでようやく固まったスターリンへの評価
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/3484

newsロシアでようやく固まったスターリンへの評価


 ロシアにおいて、旧ソ連時代の社会主義とスターリンへの評価がようやく固まったようだ。いずれに対しても、その評価は否定的なものである。

 5月9日、モスクワでドイツとの戦争(独ソ戦争)の戦勝65周年を祝う式典が挙行された。正確な数字は今でも不明だが、ソ連はあの戦争で大変な犠牲を払った。独ソ戦争の勝利を祝う式典は、ロシアにとって極めて神聖なものである。

 当時のソ連の指導者はスターリンだった。独ソ戦をどう評価するか、そして戦時中のスターリンの役割をどう評価するか。それは単に歴史的な認識だけにとどまらず、今のロシアのあり方と今後の民主主義の将来を左右する重要な問題である。

スターリンの功績を評価していたプーチン

 1991年の反共革命とソ連崩壊後、ロシア人の過去の歴史に対する心境は矛盾に満ちたものだった。政府の立場も固定することはなく、揺れ続けていた。エリツィンの時代は社会主義とスターリンを全面的に否定していたが、プーチン時代になって、もっと「バランスの取れた」立場に変わってきた。

 その背景には、プーチンが縦割りの権力システムを強化し、「強いロシア」の実現を目指したことがある。

 プーチンはスターリンの中に「悪」と「善」の両方を見出そうとして、独ソ戦に勝利したスターリンの功績を評価していた。

 また、プーチンは欧米を挑発するかのように、スターリンの偉大さをほのめかす発言を繰り返した。NATO(北大西洋条約機構)本部のロシア代表としてプーチンに任命された国粋主義者のドミトリー・ロゴージン氏は、自分の書斎の壁にスターリンの写真を掲げていた。

メドベージェフは「国民に対して罪を犯した」と糾弾

 メドベージェフ大統領の立場は、プーチンとは違うように見える。彼は過去の歴史を「悪」と「善」で単純に色分けする人間ではないが、社会主義とスターリンに対しての評価は厳しく、否定的である。

 5月7日、メドベージェフは新聞のインタビューで、「ロシア大統領」の立場として次のように答えていた。

 「率直に言って、旧ソ連は全体主義に染まっていたと言わざるを得ない。残念なことだが、全体主義の制度の下で国民の基本的人権と自由が押しつぶされた。この圧迫はソ連人だけではなく、社会主義陣営の他の国に対しても行われていた。この事実を歴史から消し去ることはできない」

 メドベージェフはスターリンに対しても、次のように批判する。

 「戦争中にスターリンが果たした役割がどうあれ、現在のロシアから見ると、スターリンは当時の国民に対して山ほどの罪を犯した。彼がよく働き、彼の指導の下で国家が発展したことは事実だが、彼の国民に対する犯罪を容赦することはできない・・・スターリンへの評価は人それぞれであってもいいと思うが、ロシアとして、そしてロシア大統領としては否定的な評価をせざるを得ない



The Last Resistance、

略してTLRのプーチン(縛w



ウラジーミル・レーニン-Wikipedia

wikiウラジーミル・レーニン


レーニンは1921年末から健康状態を悪化させ、1922年には何度か発作を起こして職務から離れた。その間、各ソヴィエト共和国をどのように構成するかが問題となり、とりわけグルジアをめぐって党内に対立が起こっていた。1921年2月にグルジア社会主義ソビエト共和国が成立して以来、ロシア共産党中央委員会カフカース局がグルジアをアゼルバイジャン・アルメニアとともにザカフカース連邦として構成しようとする計画を進めたのに対し、グルジア共産党がグルジアの独立性を主張して抵抗していた。

1922年8月、ヨシフ・スターリンは、各ソヴィエト共和国が自治共和国としてロシア連邦共和国に加入する、という「自治化」案を作成した。レーニンはこれを大ロシア排外主義として批判し、ロシア連邦共和国は他の共和国とともにソヴィエト同盟に加入する、という代案を出した。スターリンはレーニンの「民族自由主義」に不満を述べたが、修正案を受け入れ、同年10月のロシア共産党中央委員会総会ではレーニンの代案にそった決議を通過させた。

しかしこの決議ではグルジアはザカフカーズ連邦を通じてソヴィエト同盟に加入することになっていたため、グルジア共産党は拒否し、中央委員会のメンバーが総辞職した。11月にはロシア共産党のオルジョニキーゼが独立派のグルジア共産党員を殴るという事件が起こる。病床にあったレーニンはこれを重大なことと受け止め、オルジョニキーゼやその後ろだてとなっていたスターリンを非難した。12月31日に口述筆記された覚え書きで、彼は「抑圧民族、すなわち、いわゆる『強大』民族にとっての国際主義とは、諸民族の形式的平等をまもるだけでなく、生活のうちに現実に生じている不平等にたいする抑圧民族、大民族のつぐないとなるような、不平等をしのぶことでなければならない」と記した。

この問題をきっかけにレーニンとスターリンの関係は極度に悪化し、レーニンは翌1923年1月4日の「大会への手紙」(いわゆる『レーニンの遺書』)の覚え書きでスターリンの書記長職からの解任を提案するに至った。3月5日にはトロツキーにグルジア問題への取り組みを依頼し(トロツキーは病気を理由に拒否)、3月6日にグルジアの反対派に向けて「あなたがたのために覚え書きと演説を準備中です」という手紙を口述した。しかし3月10日、彼は発作に襲われて右半身が麻痺し、会話能力と共に筆記能力を永久に失った



スターリンマンセーだから、最後に関係が

悪化したレーニンを叩く(縛w


じゃあそのスターリンは。。。



ヨシフ・スターリン-Wikipedia

wikiヨシフ・スターリン


同年10月、ヨシフはバトゥミに逃れ、精油所を所有しているロスチャイルド家で働く。


tenディアジオ
お~い、お茶!!!!(縛wこちら


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!

お茶屋の下僕!!!!(縛w

お茶屋の下僕のスターリンをマンセーするプーチンもお茶屋の下僕(縛w

マッ黒ナルド営業停止命令は芝居だったか(縛w


で、ヨシフといえばしばき隊、しばき隊といえばSEALDs、SEALDsといえばアカい盾!!!!

全部お見通しの上で書いてるんですよ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


「おーい、お茶」といえば伊藤園(縛w

伊藤園といえば。。。

sea伊藤園 創価


TEN伊藤園/タリーズコーヒーと共同開発した炭酸飲料「ハニー スカッシュ」
イヌ共の新しい飼い主⇒こちら


seaタリーズコーヒー 松田公太

tok松田公太


tenアントニオ猪木氏が日本を元気にする会・代表に就任
黒コゲですかぁぁぁあああっ!!!!こちら


せんべい(縛w


お茶屋、スターリン、アカ、せんべい、信濃一味そして可汗一味、全てリアル分析通りでせう?

全部お見通しの上で書いてるんですよ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スターリンをマンセーしたプーチンにDflg!!!!

TLR、つまり最後の防壁を突破されればもう可汗一味もおしまい!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





おまけ


ラヴレンチー・ベリヤ-Wikipedia

seaカガノビッチ ベリヤ

wikiラヴレンチー・ベリヤ4


ヨシフ・スターリンの大粛清の主要な執行者(実際にベリヤが統轄したのは粛清の終結局面のみだったにせよ)とみなされている。

ロシア帝国時代のグルジア・クタイシのスフミ近郊のミヘウリにて、小作農パーヴェル・カフカハエヴィチ・ベリヤの息子として生まれる。ベリヤはグルジアの少数民族ミングレル人であり、グルジア正教会の一家で育ち、またその会員であった。



ベリヤといえば皆さん大好きな。。。


ラーザリ・カガノーヴィチ-Wikipedia

wikiラーザリ・カガノーヴィチ


カガノーヴィチは堅物のスターリン主義者であり、幹部会に残っていたが、1953年3月のスターリン死後にまもなく影響力を失くした。1957年、彼は強硬路線のスターリン主義者であるヴャチェスラフ・モロトフ、クリメント・ヴォロシーロフ、ゲオルギー・マレンコフ(いわゆる「反党グループ」)に従い、ここ2年でスターリン批判をますます激しくするかつての子分・フルシチョフに対する党内クーデターに参加したが、失敗に終わった。クーデター失敗の結果、カガノーヴィチは幹部会および中央委員会を解任され、そしてウラル地方の小さなカリウム工場の工場長の地位を与えられた。1961年、彼は党から完全に追放され、モスクワに住む年金受給者の1人となった。

1987年、『クレムリンの狼:ソビエト連邦恐怖の設計者、L.M.カガノーヴィチ最初の伝記』[4]と題した本が、米国人ジャーナリスト、スチュアート・カーンによって書かれた。本の中でカーンは、長らく行方不明であったカガノーヴィチの甥であると主張した。



seaカガノビッチ ベリヤ


国家保安省にはベリヤというきわめて危険な人物がいた。彼はユダヤ人(母親)との ハーフで、グルジアの北コーカサス出身のユダヤ人であった。ベリヤはカガノビッチの 従兄弟にあたる。カガノビッチはベリヤ、すなわち国家保安省を通して、ロシア= ハザール ...



ベリヤのいとこ、ハザールのカガノビッチ(縛w

「カガノ」=可汗(縛w


つまり可汗一味!!!!(縛w


そしてスチュアート(縛w


カーン=ハーン(縛w

全てリアル分析通り!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!



ゲオルギー・ジューコフ-Wikipedia

wikiゲオルギー・ジューコフ

wikiゲオルギー・ジューコフ2

wikiゲオルギー・ジューコフ3


1945年6月26日、27日の会議で、ソ連軍の北海道上陸作戦の実施の是非が諮られたが、モロトフと共にジューコフは反対した[3]。なお、1945年8月22日の時点まで、北海道上陸作戦の準備はなされていた[4]。

1953年には国家政治保安部(秘密警察)長官であったラヴレンチー・ベリヤを逮捕、処刑するなどして、スターリン死後のソ連共産党の指導体制を支えた。

ジューコフはミシガン大学のロジャー・ハケット教授との会談の中で、「貴方の軍人としての長い生涯の中で、どの戦いが最も苦しかったか」という質問に対し、即座に「ハルビン・ゴールの戦い(ソ連側におけるノモンハン事件の呼称)だ。」と答えている[5]。 またジューコフ元帥は日本の下級士官、下士官、兵の戦意、能力を高く評価した一方、高級士官たちの能力に対する疑問を回想録で書いている。



ジューコフ将軍万歳!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





さて、今日はクリスマスイブ。

皆さんが寝静まった後、サンタさんは来てくれるのでしょうか?

明日の朝、目覚めたら枕元にプレゼントはあるのでしょうか?

そんなことを考えながら、おやすみなさい。。。

Comments

Secret

米露関係修復を…プーチン氏がトランプ氏に手紙
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161224-00050069-yom-int
YAHOO!ニュースより 読売新聞 12/24(土) 12:40

No title

プーチンも信用できない人物だったのですか・・・
基本的な情報を深堀することの重要性を思い知らされる記事です。

歴史は重いですね。人間が中々変わらないのと同じで、特定の地域や民族の性質もそうそう変わらないのでしょうね。それにやはり独裁者は信用しちゃいけないですよね。旅館の食器をネコババしちゃうしw

No title

...何だって、プーチン大統領も可汗一味だって?!

はっきり言ってショック。強烈なショック。何だって?!...ってあのスターリンを賞賛するって(汗;。あららこれは残念だ。というか随分な芝居でしょこれ。

どうやってロシア信用するのですか?心底混乱しています。...ってこんなの一番信用ならないでしょ?

北方領土?いらねぇよ、信用ならない。ロシアは信用出来ない、というネットの意見が本当だとは。何か一気にロシアと関わりたく無くなった。なんかもう振り回されるの嫌ですよ。日米で十分に感じる。...本当にロシアはアメリカの下になるんでしょうね。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR