現在の閲覧者数:

【新年特集】ハーン3 ~対立の根源と神の天皇(中編)~・2

.
ウェヌス-Wikipedia

wikiウェヌス

wikiウェヌス2


本来は囲まれた菜園を司る神であったが、後にギリシア神話におけるアプロディーテーと同一視され、愛と美の女神と考えられるようになった。一般には半裸或いは全裸の美女の姿で表される。ウェヌスは固有の神話が残っておらず、ローマ神話でウェヌスに帰せられる神話は本来アプロディーテーのものである。

性別記号で女性は「♀」と表記されるが、本来はウェヌスを意味する記号である。


ユーピテル-Wikipedia

wikiユーピテル

wikiユーピテル2

wikiユーピテル3


ローマ神話の主神である[1]。また最高位の女神であるユーノーの夫である。 時として女性化・女体化して女神となり、その姿がディアーナであるという言い伝えもある。

ユピテルまたはユッピテルとも表記され、英語読みのジュピターでも呼ばれている。

ラテン語のユーピテルは、古ラテン語の呼格 Jou と pater(父)の合成語として生じた呼称とされる。比較言語学の研究により、Jou-pater はインド=ヨーロッパ祖語の Dy?us-p?t?r の呼格 Dy?u-p?ter (ディェーウ=パテル、父なるディェーウス〔天空神〕よ)からの派生と推定される、と主張されている。ラテン名の属格は Jovis(ヨウィス)となり、斜格の語幹 Jov- に基づく英語の別名 Jove は詩語などに使用される。本来は天空の神、転じて気象現象(特に雷)を司る神とされた。

後にギリシア神話のゼウスと同一視される。実際、ともに古いインド・ヨーロッパ語系神話の天空神に起源を有する。『リグ・ヴェーダ』のディヤウスや北欧神話のテュールとも起源を同じくするとされている。

死を汚れとみなす考え方があったため、ユーピテルの祭司長は死体を見ることを禁止されていた。


アプロディーテー-Wikipedia

wikiアプロディーテー


ヘーシオドスの『神統記』によれば、クロノスによって切り落とされたウーラノスの男性器にまとわりついた泡(アプロス、aphros)から生まれ、生まれて間もない彼女に魅せられた西風が彼女を運び、キュテラ島に運んだ後、キュプロス島に行き着いたという[2]。彼女が島に上陸すると美と愛が生まれ、それを見つけた季節の女神ホーラたちが彼女を飾って服を着せ、オリュンポス山に連れて行った[2]。オリュンポスの神々は出自の分からない彼女に対し、美しさを称賛して仲間に加え、ゼウスが養女にした。これは、?φροδ?τη が「泡の女神」とも解釈可能なことより生じた通俗語源説ともされるが[1]、アプロディーテーが男性器から生まれるという猥雑な誕生の仕方をしているのはヘーシオドスが極度の女嫌いであったためといわれる[4]。ホメーロスはゼウスとディオーネーの娘だと述べている。美と優雅を司る三美神カリスたちは彼女の侍女として従っている。また、アプロディーテーのつけた魔法の宝帯には「愛」と「憧れ」、「欲望」とが秘められており[5]、自らの魅力を増し、神や人の心を征服することが出来る。

気が強く、ヘーラーやアテーナーと器量比べをしてトロイア戦争の発端となったり、アドーニスの養育権をペルセポネーと奪い合ったりするなど、他の女神達との折り合いは悪い方である。

キュプロスとアプロディーテー女神のあいだには本質的な連関があり、女神が最初にキュプロスに上陸したというのは、アプロディーテーの起源とも密接に関係する。なお、結婚相手・愛人を含め関係があったものは多々いるが主なものは、ヘーパイストス、アレース、アドーニスである。

聖獣はイルカで、聖鳥は白鳥、鳩、雀、燕。聖樹は薔薇、芥子、花梨、銀梅花。真珠、帆立貝、林檎もその象徴とされる。また、牡山羊や鵞鳥に乗った姿でも描かれる。


ゼウス-Wikipedia

wikiゼウス

wikiゼウス2


ゼウスはローマ神話ではユーピテル(ジュピター)にあたる。オリュムポスの神々の家族および人類の両方の守護神・支配神であり、神々と人間たちの父と考えられた。

ティーターン神族のクロノスとレアーの末の子(長男の説もある)で、ハーデースとポセイドーンの弟。正妻は姉妹であるヘーラーであるが、レートーや姉のデーメーテール等の女神をはじめ、多くの人間の女性とも交わり、子をもうけたといわれる。



ギリシャ神話よりローマ神話の方が現実感がある

というか、実在性があるというか。


「ギリシア語への翻訳」と書いてあるように、

古代ローマの現実にギリシャ神話を当てはめた


ような印象そのままでつね。


「死を汚れとみなす考え方」、


どこかで聞いたような話でつね。



何度も「どこかで聞いたような」ともったい


ぶって書いてきたが、まあ別にうちが発見した

わけでもなくずっと前から言われてることでは


あるが、日本神話とそっくりでつね。


天照大御神や神武天皇はユーピテルやウェヌス、


伊弉諾や天照大御神はウーラヌス・クロノス・

ゼウスに比定されるわけでつね。



話中に性的な部分が出てくるのもおんなじ。


「インド・ヨーロッパ語族」やそれに接点がある


文化圏では似たような話が世界中にあるわけ

でつね。



しかし、神話の世界と現実の国家や勢力が今でも

繋がってるところはいくらもないでつね。


繋がってるのは、例えば日本とか。


他には?


ここまでの引用の中であえてスルーしてきた部分

にお気づきでせうか?




ユリウス氏族-Wikipedia

wikiユリウス氏族


古代ローマの氏族の一つ。ユリウス氏族はパトリキ系の氏族の一つで自らの祖先がアエネイアスの息子ユルスであるとし、アエネイアスを通して女神ウェヌスにも連なると主張していた。 王政ローマにおける第3代の王、トゥッルス・ホスティリウスによって滅ぼされ、ローマに移住させられたローマの隣国アルバ・ロンガの有力者の一族。ユリウス氏族の女性はユリアと呼ばれた。ユリウス氏族に属する著名な家族としてカエサル家がある。


tenカエサル家
反日サマナの嗚咽と慟哭⇒こちら


そう、ハプスブルクがカエサルの末裔を自称

してるってことは、女神・ウェヌスの子、つまり


神の子を自称してるのと同じことなんでつね。


何の歴史的・考古学的証拠もなく、


何ら神の子らしき実態もなく、

ローマ神話を捨てキリスト教に乗っ取られ、


巨大帝国を崩壊させた没落貴族が、

神の子とはちゃんちゃらおかしいわ(縛w



日本には天皇を神と崇める国民が1億人以上いる

が、ハプスブルクを神と崇めるのはせいぜい


5~6人、誰がクズ共になぞひれ伏すのか(縛w




ロスチャイルド家-Wikipedia

wikiロスチャイルド家


ついで1818年10月の同盟軍のフランス撤兵と賠償金分配を話し合うアーヘン会議でもロスチャイルド家は弾き出されそうだったが、この時にジェームスがフランス公債を大量に買って一気に売り払うという圧力をかけたことが功を奏し、オーストリア帝国宰相クレメンス・フォン・メッテルニヒから会議に招かれ、ザーロモンとカルマンが名声を高めた。以降メッテルニヒとの関係が強まり、1822年にはロスチャイルド一族全員がハプスブルク家より男爵位を与えられ、また五兄弟の団結を象徴する五本の矢を握るデザインの紋章も与えられた。以降ロスチャイルド家はその名前に貴族を示す「von(フォン)」や「de(ド)」を入れることになった。権威は実を伴った。1825年の恐慌でイングランド銀行の救済に貢献し、後に公認の鋳造所を持つほどに同行との関わりを深める。


神聖ローマ帝国-Wikipedia

wiki神聖ローマ帝国

wiki神聖ローマ帝国2


現在のドイツ、オーストリア、チェコ、イタリア北部を中心に存在していた国家。1512年以降の正式名称は「ドイツ国民の神聖ローマ帝国」(ドイツ語: Heiliges Romisches Reich Deutscher Nation)である。

大空位時代に諸侯の台頭を許し、ヴェストファーレン条約でフランスに領土を割譲した。以後、その体制は諸領域の連合体に近いものになっているとはいえ、その版図に限られない国際的影響力を誇った。カール5世のときにイングランド王家と閨閥をつくったほか、ヴァチカン公認の中世大学を版図の外にも複数抱えた。版図消滅後は、財政基盤をロスチャイルドに残すかたわら、多民族を統治した勢力均衡の要領をウィーン体制に継承した。

諸侯でも特にハプスブルク君主国は事実上の帝国とみなされた。宗教改革から続く帝国郵便をルドルフ2世は1597年に公認して領邦郵便を禁じた。しかし、君主国の郵便は堂々と営業した。ゲラルド・ファン・スウィーテンはイエズス会の検閲制度を段階をふみ、やがて完全に帝国のものへ転化した。その過程ではモンテスキューによる『法の精神』が発禁解除となった。帝国郵便は新聞の流通を掌握し、検閲網となった。このような体制はドイツ統一まで続き、万国郵便連合の基礎となった。


スイスの国旗-Wikipedia

wikiスイスの国旗

wikiスイスの国旗2




「ハーン」の血を引くお茶屋が何度も日本に戦争

を仕掛け、GHQ@ダメリカの闇が国家神道を


廃止させたのは、

2700年近い歴史を持ち


宮中祭祀を守り続けてきた

真の神である天皇を抹殺するためだったわけ


でつね。


「『リグ・ヴェーダ』のディヤウスや北欧神話の


テュールとも起源を同じくする」とあったが、

インドも大概、ハプスブルクの捏造にムカついて


るからこそ日本と緊密な関係を築いてるわけ

でつね。



黴菌愚共が土下座しかかってるが、北欧神話に

おいても捏造を認め真の神の前に膝を付きかけて


いるということでつね。


アメリカがダメリカを駆除して日本と歴史的な


関係を築くのも、ロックフェラーが戦前から

天皇の真正性を理解してたから、そしてアメリカ


からダメリカを駆除するには神の力が必要だった

から、ということでつね。





キリスト教の歴史-Wikipedia

wikiキリスト教の歴史

wikiキリスト教の歴史2

wikiキリスト教の歴史3

wikiキリスト教の歴史4

wikiキリスト教の歴史5

wikiキリスト教の歴史6

wikiキリスト教の歴史7


当時はイエス自身の活動も含めて、ユダヤ教の一派とみなされていたと推定され、この見地から、当時の教会を「ユダヤ教ナザレ派」と呼ぶこともある。この最初期にすでに複数のキリスト教集団が存在していたことが、パウロ書簡などから確認できる。そこで指導的立場にあったのは、イエスの直接の弟子と親族を指導者として形成されたエルサレム教会であった。

エルサレム教会とアンティオキア教会

批評的な学者は、エルサレム教会とアンティオキア教会が「対立」していたと主張する。エルサレム教会は、禁欲主義の下に財産を共有して生活をする一種の修道的な教団で、布教活動、ましてエルサレムを離れての活動には積極的でなかったと推測される。しかし、ユダヤ教主流派による迫害を契機に各地に離散したヘレニスト(ヘレニスタイ:ギリシア語使用者)が精力的な伝道を展開し、ユダヤ人のみならず異邦人の改宗者が多数加わり、アンティオキア教会が設立されて、一定の力を持ち始めるようになると、エルサレム教会側も黙っては見過ごせず、対外的な活動を余儀なくされたと思われる。

紀元60年代のヤコブの処刑、続くペトロやパウロの刑死、さらに第一次ユダヤ戦争(66-70年)の結果としてエルサレム神殿が崩壊した後で、(現在のユダヤ教主流派に近い)ファリサイ派がヤムニア会議で、ヘブライ語にルーツを持つもののみを聖典とすることが決定され、ギリシア語の七十人訳聖書はキリスト教徒にとってはこれも(旧約)聖書正典の1つ、ユダヤ教では「外典」となり[4]、完全に袂をわかつことになった。ここにおいてユダヤ教とキリスト教の信条の相違は決定的となる。これ以降「キリスト教」としての歴史が始まったといえる。

ユダヤ戦争以後は、キリスト教内のユダヤ教徒は多くが離脱し、またエルサレム教会の権威が失墜する中で、ギリシア語圏のユダヤ人や非ユダヤ人が新たな担い手となった。それがどのような過程を経て、4世紀頃に見られる古代教会組織に至るかの詳細は史料不足のため不明である。現在の教会組織と役職および称号が固定するのは6世紀である。

さらにキリスト教がディアスポラを通じてローマ帝国内に広まっていくと、ローマ帝国政府当局により迫害を受け、多くの殉教者を出した。

311年ガレリウス帝が大迫害の後に寛容令を出し、313年コンスタンティヌス1世とリキニウス帝によるミラノ勅令によって、他の全ての宗教と共に公認された。その後もユリアヌス帝などの抑圧を受けたが、テオドシウス帝は380年にキリスト教をローマ帝国の国教と宣言した。さらに392年には帝国内でのキリスト教以外の宗教の信仰が禁止された。しかしローマ帝国の上流階層の古典信仰はその後も生き残った。

2世紀以後、マニ教の流入や、モンタノス派やアリウス派が起こり、教会内での意見の統一が難しくなった。とくに4世紀以降、キリストの位置付けをめぐる一連の神学論争が教会の分裂を招くまでになった。キリストの位置付けをめぐるアリウス派とアタナシウス派の論争は、暴力を伴う争いを招くまでに過激化していった。

皇帝の介入と正統信仰の誕生

キリスト教の教派間の暴力抗争を解決するため、ローマ皇帝コンスタンティヌスはニカイア公会議(325年)を開いた。なお、ローマ皇帝がキリスト教に介入したのはこのときが最初である。コンスタンティヌスは公会議の時点はキリスト教徒ではなかった(洗礼を受けたのは死の直前)。あくまでもローマ帝国の求心力低下の課題解決に図るためキリスト教の勢力を利用することがコンスタンティヌスの意図であった。

このニカイア公会議の結果、アリウス派は異端とされ追放された。さらに皇帝テオドシウス2世により開かれたエフェソス公会議(431年)では、ネストリウス派も異端とされ追放された。

また、単性論と両性論の争いでは、一時は単性論が有利な様相を呈したが、最終的に皇帝マルキアヌスが開いたカルケドン公会議(451年)にて単性論が異端とされた。しかし、シリアやエジプトを中心に単性論を支持する教会が多くあったため、各教会で対立司教が立つほどの分裂が生じた。

このように異端説を切り捨てることにより、正統派のキリスト教は自らの教義を洗練させ確立していった。言い換えると排除するべき異端の対比として、この時代に「正統」信仰が誕生したといえよう。

使徒パウロの活動拠点のアンティオキア教会では異邦人への柔軟な文化適合を重視していた。その影響で、その後のローマ帝国と辺境各地への布教でも、現地の異教の風習や祭礼がキリスト教的再解釈されて積極的に利用された。有名な例では、ローマ教会ではじめられたミトラ教由来の冬至の祭礼クリスマスがある。

異教の多神教的世界観に慣れた古代人にはキリスト教の一神教的世界観を理解することが困難であるが、これらの一種多神教的な事物を内部に取り込むことは彼らへの布教を推進させる力となった

また東ローマ帝国において、キリスト教の布教は帝国に親和的な環境を作ることにつながるため、東ローマ帝国皇帝は積極的に他民族への布教を後援した。


テオドシウス1世-Wikipedia

wikiテオドシウス1世


4世紀、ローマ帝国の使徒教会はイエス・キリストの三位一体性をめぐって分裂していた。325年に開かれたニケーア公会議では、三位一体性を認めるアタナシウス派が正統と認められ、三位一体性を認めないアリウス派を異端とした、ニカイア信条が採択された。

だが、異端とされてもアリウス派の布教の勢いは収まらず、東ローマ帝国域で三位一体派よりもアリウス派のほうが普及していた。また、帝国各地には三位一体派と一線を画す様々なキリスト教の宗派が生まれていた。また、皇帝側の動きも定まったものではなく、アリウス派の影響力が強かった主因として挙げられるのが、当地を統治した皇帝にアリウス派の信徒がいたからである。コンスタンティヌス大帝の息子であるコンスタンティウス2世や、テオドシウスの前の東ローマ皇帝ヴァレンスはアリウス派の信者であった。熱狂的なアリウス派の信徒であるヴァレンスがハドリアノポリスの戦いで不名誉な死を遂げたとき、三位一体派は歓喜でこれを迎えたほどであった。



ローマ帝国時代、アノ民族は属州となってたわけ

だが、旧約聖書=ユダヤ教をベースにして


処女懐妊などローマ神話からパクった話を

付け加えて流布したのは、ローマ帝国から排除


されてたユダヤ教を内包させて布教させるための

工作だったんじゃないでせうかね?



キリストがローマで布教してた頃は処女懐妊とか

当然言わなかったと思われるわけで(自分のかー


ちゃんが処女なのに妊娠したとか、どう考えても

言わないよな?)、もっとユダヤ教臭い宗教だっ


たと考えられるわけでつね。


ローマ帝国で弾圧を受けながら、国教とされる


までの400年近くの間に、ローマ市民に耳障り

のいい形に変化させて布教したわけでつね。



キリスト教をクッションにすることによって、

アノ民族はテメェらの教義を変えることなく、


テメェらに都合のいい屁理屈を世に広めることが

できたわけでつね。



アノ民族共は、ローマ帝国にユダヤ教の亜種が

広まっていくのをニヤニヤしながら生暖かく


見守ってたんじゃないでせうかね?


「隠れユダヤ」なる言い方があるが、それは真逆


の大間違いで「仮面キリスト教徒」という方が

実態に即してるわけでつね。



結果として2千年近くかけてようやくキリスト

教徒に「イスラエル」を作らせることができた


わけでつね。


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

世界はこのブログを読むべきだ。
ここには真実が書かれている。読むべきだ。
『「隠れユダヤ」なる言い方があるが、それは真逆の大間違いで「仮面キリスト教徒」という方が実態に即してるわけでつね。』...これこそが真実だと思う。
自分はこのブログを読めて光栄に感じる。誇りを感じる。続きが待ち遠しい!
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR