現在の閲覧者数:

【アメリカ通信】トランプマン記者会見のリアル分析

.
ロシア、トランプ氏も標的か=大統領選狙ったサイバー攻撃―CNN
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000035-jij-n_ame

newsロシア、トランプ氏も標的か=大統領選狙ったサイバー攻撃―CNN


 【ワシントン時事】米CNNテレビは10日、米大統領選を狙ったロシアのサイバー攻撃に関連し、ロシア工作員がトランプ次期米大統領の個人・金融情報を取得したと主張していると報じた。

 この情報はトランプ氏本人にも伝えられたという。

 CNNによれば、トランプ氏の個人情報が漏れたという情報は、元英情報機関員がまとめたメモなどに基づいている。この元情報機関員の仕事について、米情報機関当局者は「信用できる」と判断しているが、連邦捜査局(FBI)が確認作業をしている。

 トランプ氏は6日、クラッパー国家情報長官ら情報機関幹部からサイバー攻撃に関して説明を受けた。その際、報告書に添付したメモとして、本人も標的となった可能性が提示された。 




トランプ氏、ロシアの選挙妨害認める 当選後初の会見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000000-jij_afp-int

newsトランプ氏、ロシアの選挙妨害認める 当選後初の会見


【AFP=時事】(更新)ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領は11日、当選後初となる記者会見をニューヨーク(New York)で開き、ロシア政府が昨年の米大統領選を妨害したとみられることを初めて認めた。一方で、ロシアが同氏の評価をおとしめるような情報を入手していたとする文書について、反対勢力による「捏造(ねつぞう)」だと一蹴した。
 トランプ氏は、同文書について「全て虚偽ニュースで、捏造だ。事実ではない」と断言。怒りをあらわに、CNNテレビの報道を「虚偽ニュース」と非難し、事実確認をしないまま文書の内容を公開したニュースサイト「バズフィード(BuzzFeed)」を「できそこないのごみの山」だとこき下ろした

 一方で、ロシアがトランプ氏を当選させるために行ったと米情報機関が断定したハッキングについては、「ロシアだったと思う」と言明。一方で、「他の国々によるハッキングを受けていたとも考えている」と語り、ロシアの役割を軽視するような姿勢も示した。

 トランプ氏はまた、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領との良好な関係が築ければ「弱みではなく強み」になるとの見解を表明した上で、「プーチン氏とうまくやれるかは分からない。そう願うが、うまくいかない可能性が高いだろう」と述べた。

 経済面では、「われわれは雇用を創出する。私は神が創造した最大の雇用創出者になる」と宣言。自身が経営する巨大事業について、長男の長男ドナルド・ジュニア(Donald Trump Jr)氏と次男のエリック(Eric Trump)氏に経営権を「完全」移譲したと説明し、「息子らは私と(事業について)相談はしない」と述べた。




トランプ氏、ロシアのサイバー攻撃認める 当選後初会見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000006-asahi-int

newsトランプ氏、ロシアのサイバー攻撃認める 当選後初会見


 トランプ次期米大統領は11日(日本時間12日)、ニューヨークで、大統領選後初となる記者会見を開いた。ロシアが米大統領選にサイバー攻撃で介入したとされる問題について「ロシアがやったと思う」とロシアの関与を認めた。また、大手自動車メーカーが米国に工場を建設することを決めていることを評価し、多くの雇用を生み出すことを強調した。

 会見では、ロシアがプーチン大統領の指示で、米大統領選にサイバー攻撃を仕掛けたと米国家情報長官室が結論づけた問題について「他の国にも攻撃されたと思う」としながらもロシアの関与を認めた。

 米メディアによると、米情報機関は、ロシアがトランプ氏に関しても不名誉な情報を持っている可能性をトランプ氏に伝えているという。トランプ氏は「米情報機関が流したかもしれない」と批判した。「虚偽ニュース」と断じ、「(情報のような)事実は起きていない」と述べた。トランプ氏は11日、「ロシアが、私に対する影響力を行使しようとしたことは一度もない。私はロシアとは関係ない。取引もなく、融資もなく、何もない!」とツイートした。

 トランプ氏はまた、米大手自動車メーカーがメキシコへの工場移転を見直したことについて触れ、「この数週間でとてもすばらしいニュースがあった。多くの企業が米国に戻ってくる」と自賛した。

 一方、自身が世界各地で展開する不動産業やホテルなどのビジネスに関し、大統領の職務が「利益相反」にあたる可能性が指摘されている。このためトランプ氏は、事業の経営を息子2人に譲る意向を明かした。

 トランプ氏は昨年11月の大統領選当選後、ツイッターなどで一方的に情報を発信する一方、質問を受ける記者会見は開いておらず、米メディアなどから批判の声が出ていた。トランプ氏が最後に記者会見を開いたのは昨年7月だった。(ワシントン=五十嵐大介)




トランプ次期大統領 「私は最も多くの雇用を創出する大統領になる」大統領選後の初会見で自動車業界の回帰評価
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000503-san-n_ame

newsトランプ次期大統領 「私は最も多くの雇用を創出する大統領になる」大統領選後の初会見で自動車業界の回帰評価


 【ニューヨーク=上塚真由】トランプ次期米大統領は11日午前(日本時間12日未明)、米ニューヨークのトランプタワーで記者会見を行い、米国の自動車企業などが相次いで米国内で生産を強化する方針を打ち出していることを受け、「素晴らしいニュース」だと述べた上で、「私は最も多くの雇用を創出する大統領になる」と述べた。

 トランプ氏が会見を開いたのは昨年11月の大統領選で勝利して以来、初めて。

 会見ではまず、ロシアがトランプ氏の打撃になり得る私生活などに関する情報をつかんでいる-と米国内で報道された問題に触れ、「恐らく情報機関が流した」と、不快感を示した。

 また、米大統領選期間中、ロシアが民主党陣営などに対するサイバー攻撃を行ったとされる問題について、「ロシアが背後にいると思う」と述べ、米情報機関の分析を認めた。ただ、自らについては「ロシアとは一切、取引していない」と主張。さらに、大統領職と自らのビジネスをめぐり、「利益相反はない」との考えを示した。

 トランプ氏は20日に行われる就任式について、「素晴らしいものになる」と強調した。

 トランプタワーの記者会見場は200人以上の記者やカメラマンが詰めかけ、各国メディアの関心の高さを示した。

 トランプ氏は昨年12月、大統領就任後の事業の扱いについて記者会見を開くとしていたが、直前になって延期していた。




<トランプ氏>選挙後初の会見 「最多の雇用生む大統領に」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000004-mai-int

news<トランプ氏>選挙後初の会見 「最多の雇用生む大統領に」


 【ニューヨーク西田進一郎】トランプ次期米大統領は11日午前(日本時間12日未明)、ニューヨークの「トランプタワー」で記者会見を開いた。会見を開くのは昨年11月の大統領選で勝利した後は初めて。トランプ氏は、米自動車大手フォード・モーターなどがメキシコ工場建設計画の撤回や米国内工場増強を発表したことに「感謝する」と述べ、「私は最も多くの雇用を生み出す大統領になる」と強調した。

 トランプ氏はまた、「米ゼネラル・モーター(GM)も続くことを期待する」として新たに圧力をかけた。「多くの人々がこれに続き、多くの産業も戻ってくる」と述べ、製薬など他の産業にも米国回帰を求める考えを表明した。

 トランプ氏は、昨年の大統領選へのサイバー攻撃にロシア政府が関与したとされる問題について、「ロシアがやった」と述べる一方で、「私自身はロシアと一切、取引をしていない」と強調した。また、ロシアとは過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いで協力する必要があることも指摘。「プーチン露大統領と仲良くできるか分からないが、そうしたいと思っている。そうできるチャンスはある」と述べた。

 また、自身は事業から手を引き、息子2人に引き継ぐことも明らかにした。

 トランプ氏は大統領選中から、主要メディアを「最も不誠実な人たち」などと酷評し、自身に批判的な記事についてはツイッターなどで「口撃」してきた。一方、トランプ氏がツイッターで一方的な発信を続ける手法には批判も出ていた。トランプ氏が最後に公式な記者会見をしたのは、ほぼ半年前の昨年7月27日。最近の歴代大統領は、大統領選が終わって就任するまでに数回の記者会見をしている。トランプ氏は今月20日の大統領就任の10日前まで記者会見を開かなかったことになる。




トランプ氏大統領選後初の会見、最大の雇用創出約束
http://www.nikkansports.com/general/news/1763988.html

newsトランプ氏大統領選後初の会見、最大の雇用創出約束


 トランプ次期米大統領は11日、ニューヨークのトランプタワーで記者会見した。「私は最大の雇用創出者となる」と約束し、「多くの企業が米国に戻ってくる」と強調。海外に生産拠点を移す企業には重い関税を課す考えを示した。過激派組織「イスラム国」(IS)打倒などでロシアと協力できると述べた。ツイッターで一方的な情報発信を繰り返してきたトランプ氏の記者会見は、昨年11月の大統領選勝利後初めて。

 次期米大統領がこれほど長期間会見しなかったのは極めて異例で、今月20日の就任を前に、国民に説明責任を果たす狙いがある。トランプ氏単独の記者会見は昨年7月27日以来、約半年ぶり。

 大統領選を狙ったサイバー攻撃について「ロシアが背後にいると思う」と述べ、米情報機関の分析を認めた。一方で、トランプ氏がロシアに私生活に関する不利な情報を握られているとの報道は否定し「おそらく情報機関が流した」と不快感を示した。

 トランプ氏は、世界で展開する不動産などの事業を子どもが継承すると表明。大統領職との「利益相反はない」と主張した。

 メキシコ国境に建設を計画する壁について「1年も1年半も待っていられない」と述べ、早期に建設する考えを強調。中国や日本などと交渉するために優秀な人材が必要だとして、次期政権チームを「史上最高」と称賛した。ロシア、中国、日本、メキシコはオバマ現政権よりも次期政権を「はるかに尊重するだろう」と述べた。

 オバマ大統領の看板政策である医療保険制度改革(オバマケア)を「大失敗だ」として、撤廃する考えを強調した。

 記者会見場となったトランプタワー1階のエレベーターホールは、200人を超える記者やカメラマンで身動きできない状態となり、各国メディアの関心の高さをうかがわせた。(共同)




米CNN記者の質問拒否=メディア選別あらわ―トランプ氏初会見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000026-jij-n_ame


news米CNN記者の質問拒否=メディア選別あらわ―トランプ氏初会見




 【ニューヨーク時事】「(質問するのは)おまえじゃない。おまえの組織はひどい。偽のニュースだ」。

 11日にニューヨークで開かれた当選後初の記者会見で、トランプ次期米大統領は米CNNテレビのリポーターからの質問をかたくなに拒否した。自身に不都合な情報を伝えたメディアを忌避する一方で、報道を控えた他社には謝意を示すなど、メディアを選別する姿勢をあらわにした。

 CNNは10日、米大統領選を標的としたロシアのサイバー攻撃に関連し、ロシア工作員がトランプ氏の評判をおとしめるような個人・金融情報を取得したと主張していると報道。トランプ氏はこれに反発し、ツイッターに「偽ニュース。完全に政治的な魔女狩りだ!」と書き込んだ。

 トランプ氏は選挙期間中からCNNの報道姿勢に不満を持っており、同社を傘下に抱える米メディア大手タイム・ワーナーと米通信大手AT&Tの合併案について「少数の人々に権力が集中する」として反対を表明していた。

 トランプ氏は冒頭、会見に出席した報道陣に感謝を伝えつつも、「かつてはほぼ毎日会見を開いていたが、不正確なニュースがかなり増えたのでやめた」とけん制。前日に自身のロシア絡みのニュースを報じたCNNの記者の質問を受け付けなかったほか、同様の理由で米ニュースサイトのバズフィードもやり玉に挙げた。


荒ら屋 さん、情報ありがとうございます。

「サイバー攻撃の下手人をロシアと認める」
「ロシアとうまくいかない可能性が高い」

リアルドピンポーン♪

リアルドピンポーン♪


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


まあロシアがトランプマンの秘密を握ってたと

するなら、メールBBA陣営はなぜその情報を


ゲットできなかったのか?

あれだけセクハラだなんだと騒ぎ立てたのに


もっと都合の悪い事実があるなら出してたはず

でつね。



「トランプマンの秘密を入手」と喚いてるのは

「エ下劣」(縛w


それを騒ぎ立ててるのが「CNN」(縛w

乗っかったのは反日バズフィード(縛w


お茶屋の下僕のAT&Tとタイム・ワーナーの

合併拒否は既出


要するに会見直前に混乱を起こすためのお茶屋に

よるプロパガンダ(縛w



ついにエ下劣が盗聴不正を駆使してアメリカ

大統領を脅迫してきた実態が明るみになった


わけでつね。

どうやらエ下劣は土下座する気ないようでつね。




あともう一つ出てないのが、「イヴァンカは

引っ越して子育てに専念するためにビジネスから


手を引く」と言ってたところでつね。



そしてそもそも会見で出なかった話題があるんだ


が、皆さんお気づきでせうか?

支那地区為替操作国認定をするのかしないのか、


という、対ロシア政策以上に重要な話題でつね。


ロシアのサイバー攻撃にかき消された格好に


なったわけだが、これはおそらくアメリカ中枢の

誘導でせうな。


お茶屋のCNNにロシアネタをリークして騒がせ

ることで支那地区の話題を消し飛ばしたという


ことでつね。

要するにCNNは利用されたんですな(縛w



じゃあなぜ支那地区ネタを消し飛ばす必要が

あったのか?



トランプマンは当選後早々にTPP離脱表明だけ

公約通りにするといっておきながら、同じく


選挙期間中に宣言してた支那地区為替操作国認定

は明言してないわけでつね。



しかし政権幹部には対支那地区強硬派をそろえ

たり、台湾と電話したりする。


もちろんこれは前に書いた通り、支那地区の態度

を見ながら政策や人事を決めるためだが、


それ以上に重要な目的があるわけでつね。


一連の騒ぎの中、皆さんの頭から消えているかも


しれないが、いま世界でいろいろ起きているのは

エ下劣を叩き潰すための「戦争」だからでつね。


そしてその中でも重要なイベント、

エ下劣EU離脱。



3月までに離脱宣言することになってるわけだが

ここのところ離脱を撤回したそうな動きを見せて


るわけでつね。


我々にとっては撤回されたら困るわけで、早々に


離脱宣言してもらいたいんだが、エ下劣もハシゴ

を外されてはたまらんと、様子を見ながらヤバく


なったら撤回しようと画策してるわけでつね。


ヤバくなったら、とはどういうことか?


それがトランプマンの支那地区為替操作国認定

でつね。



エ下劣のEU離脱はアメリカを捨て支那地区との

合体を見込んでのこと、というのは前に書いた


通り。


しかしアメリカが為替操作国認定して本気で


支那地区を叩き潰すなら、支那地区とセットで

叩き潰されてしまう道を選ぶわけにはいかない


わけでつね。


だから期限を引き延ばしてトランプマンが


支那地区為替操作国認定できないように工作して

から離脱表明しようとしてるわけでつね。


その工作というのがまさにスターリンサマナの

ロシアによる盗聴不正で弱点を握り脅迫する事


なんでつね。


逆にトランプマンはエ下劣がEU離脱表明した


後に為替操作国認定して、エ下劣と支那地区を

セットで叩き潰したい。


だから会見では支那地区の話題は出したくない。

今までの親露的ポーズもそろそろやめたい(縛w


だから盗聴不正をダシにして「就任当日に”公約

通り”支那地区為替操作国認定するのか?」


という質問を潰した、ということでつね。


もう就任まで10日もないので、今日言わなかっ


たことは就任式でも言わないでせう。

そしてエ下劣のEU離脱表明を待つ。


今日以降、エ下劣に対する離脱要求圧力は

増々強まるでせう。



どうせ3月末までトランプマンの出方を窺っても

しょうがない、となれば早々に離脱宣言するかも


しれないでつね。


トランプマンの会見のドタバタはエ下劣を確実に


仕留めるための芝居だということなんでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


Comments

Secret

なるほど
これから偶然起こる事故や病気による暗札が増えそうですね

少数派のバックはグローバリストトランプ大統領のブレーンはオルトライト反グローバリストばかりですね

実はロックもロスチャも割れている

グローバリストはバイキングと成り済ましのニセ日本人

スパイの暗札はお咎めなし

某ビューロー日本支局で確認済みです
ロス茶イルドで日本人とのクォーターだったかな?

下記記事は補足にちょうど良いかな

↓BBC視点から書かれた記事
ロシアがトランプ氏の問題情報を握っている? 今の事態にどう至ったのか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-38593177-bbc-int
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR