現在の閲覧者数:

大日本共栄圏の胎動

.
日本フィリピン首脳 中国念頭に法の支配の重要性確認
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170112/k10010837371000.html

news日本フィリピン首脳 中国念頭に法の支配の重要性確認


フィリピンを訪れている安倍総理大臣は、12日夕方、ドゥテルテ大統領と会談し、フィリピンのインフラ整備を支援するため、今後5年間で1兆円規模の支援を行うことを表明するとともに、海洋における法の支配や紛争の平和的解決の重要性を確認しました。

安倍総理大臣は、今月20日にアメリカのトランプ新政権が発足するのを前に、アジア太平洋地域の主要国との緊密な連携を確認するため、12日からオーストラリアと東南アジア3か国を歴訪していて、12日午後、最初の訪問国であるフィリピンの首都・マニラに到着しました。

安倍総理大臣は、大統領府のあるマラカニアン宮殿で行われた歓迎式典に出席したあと、ドゥテルテ大統領と日本時間の午後5時前からおよそ40分間、会談しました。

この中で、安倍総理大臣はフィリピンのインフラ整備を支援するため、ODA=政府開発援助と民間投資を含め、今後5年間で1兆円規模の支援を行うことを表明するとともに、効率的な支援に向けて両国政府による「経済協力インフラ合同委員会」を発足させることを伝えました

また、ドゥテルテ大統領が重要視している麻薬対策で、治療施設の整備や更生プログラムの作成など日本のノウハウを提供する方針を伝えたほか、ことし、フィリピンがASEAN=東南アジア諸国連合の議長国を務めることから、東アジアサミットなどの関連会合の成功に向けて最大限の支援を行う考えを示しました。

一方、両首脳は、南シナ海をめぐる問題で海洋進出の動きを強める中国を念頭に、海洋における法の支配や紛争の平和的解決の重要性を確認しました。

この後、両首脳は共同記者発表に臨み、安倍総理大臣は「会談では、基本的価値や戦略的利益を共有するパートナーである両国が、この地域の平和と安定にともに手を携えて協力していくことを確認した」と述べました。

これに対し、ドゥテルテ大統領は「安倍総理大臣は、私が大統領に就任してから初めてフィリピンを訪問する首脳だ。今回の訪問は、戦略的なパートナーシップをさらに強化するものになる」と述べました。

深刻な薬物問題 対策にも遅れ

フィリピンでは、麻薬や覚醒剤など違法な薬物を常習する人がおよそ200万人に上り、多発する犯罪や治安悪化の原因とされ、長年、深刻な社会問題となってきました。

こうした中、ドゥテルテ大統領は、違法な薬物の撲滅を最優先の政策課題に掲げ、取締りの過程で警察官が密売人や常習者など捜査対象者を殺害することも容認する、強硬な姿勢を示しています。

就任から半年余りがたち、これまでにおよそ4万5000人が逮捕され、自首した人は100万人を超え、治安も改善傾向にあることから薬物対策は国民から高い支持を集めています。

一方、警察官に殺害された人は、2200人余りに上り、アメリカ政府や人権団体などから人権を尊重するべきだと厳しい批判が上がっています。これについて、ドゥテルテ大統領は、強く反発し、中でもアメリカのオバマ大統領に対しては侮辱的な発言を繰り返し、アメリカ側も不快感を示すなど両国の関係はぎくしゃくした状況が続いています。

一方、薬物依存症から立ち直ろうという人たちを支援するリハビリ施設は全国に40か所余りで、定員もすべて合わせてもおよそ3000人にとどまり、新たな施設の建設や専門の医師や臨床心理士の育成などが急務となっていますが、予算不足などから対策は遅れています。

こうした中、中国政府は、去年10月にドゥテルテ大統領が中国を訪問した際に、フィリピンの薬物対策に日本円でおよそ17億円の資金協力を表明しました。

また、去年11月には、中国人実業家が日本円でおよそ30億円を寄付し、1万人を受け入れられるリハビリ施設が建設されています。

一方、日本もフィリピンへの支援を表明していて、先月には調査チームを現地に派遣し、今後、薬物依存症の人たちに対するプログラムの提供など具体的な支援を行っていくことにしています。

南シナ海問題めぐるフィリピンの対応は

南シナ海の問題をめぐっては、去年、国際的な仲裁裁判で中国が南シナ海のほぼ全域の管轄権を主張しているのは国際法に違反するという判断が示され、フィリピンのドゥテルテ大統領は、判断を尊重する考えを強調しています。
また、南シナ海の領有権について譲歩しない考えも繰り返し表明しています。

しかし、大統領は、経済支援を得るためにまずは中国との関係の強化を優先し、仲裁裁判の判断の受け入れを中国側に強く求めるような姿勢はこれまでのところ示していません。
さらに、去年10月、中国で習近平国家主席と会談した際には、南シナ海の問題について突っ込んだ議論を避け、事実上棚上げしました。


南シナ海の問題では、フィリピンの前の政権はアメリカや日本、ASEAN=東南アジア諸国連合の国々など多国間の枠組みで対応してきましたが、ドゥテルテ大統領は中国との直接の話し合いで解決を目指す考えを示しています。
このため、フィリピンは、ことしASEANの議長国を務めますが、仲裁裁判の判断について一連の会議で議題に取り上げない見通しを示しています。




寝室にも招待…ダバオで際立った安倍晋三首相とドゥテルテ大統領との緊密さ 首相、米比関係の“橋渡し”へ独自外交 http://www.sankei.com/world/news/170113/wor1701130051-n1.html

news寝室にも招待…ダバオで際立った安倍晋三首相とドゥテルテ大統領との緊密さ 首相、米比関係の“橋渡し”へ独自外交 


 安倍晋三首相が今年最初の外遊先に選んだのがフィリピンだった。ドゥテルテ比大統領との首脳会談はこの半年で既に3度目。特に今回は外国首脳として初めてドゥテルテ氏の地元・南部ミンダナオ島ダバオを訪問し、ドゥテルテ氏も温かく迎えるなど両首脳の緊密さが際だった。

 首相は13日朝、昭恵夫人を伴ってダバオ市内のドゥテルテ氏の私邸を訪問し、ドゥテルテ氏らともち米を使ったフィリピンの菓子などに舌鼓を打ちながら歓談した。

 ドゥテルテ氏は前日の12日、マニラで開いた晩餐会で「日本は兄弟よりも近い友人。日本は他には類を見ない友人ということだ」と挨拶した。この発言通り、ドゥテルテ氏は13日、首相を自身の寝室にも案内したほどだった。

 個人的な関係を強化したいとの首相の思いに呼応するように、フィリピン側も生存が約800羽とされる国鳥「フィリピンワシ」への命名式を用意。首相は両国の交流の象徴として「Sakura(桜)」と名付けた。

 わずか3回の会談で両首脳の関係構築が進んだのには伏線があった。

 昨年10月に首相官邸で開かれた首相とドゥテルテ氏との少人数会談。首相はドゥテルテ氏が欧米の「上から目線」を忌み嫌っていることを念頭に「教師みたいな言い方はしない。あくまで対等な友人として話す」と話を切り出した。

 「私の祖父(岸信介元首相)はGHQ(連合国軍総司令部)に戦犯として逮捕され3年間拘置された」

 これを聞いたドゥテルテ氏は「わが意を得たり」とばかりに米国批判をまくし立てたが、一段落したところで首相はこう言った。

 「だが、日米安保条約を改定したのは私の祖父だ。私心ではなく国民と国益を考えたからだ」。ドゥテルテ氏は神妙な面持ちで聞き入っていたという。

 ドゥテルテ氏は会談後、「暴言はやめる」と宣言した。だが、米国批判はその後も絶えず、一方で中国重視の発言が相次いだ。
南シナ海問題では中国と対立するが、経済協力を念頭に接近も図るしたたかさだ。

 首相が今回、ドゥテルテ氏の地元を訪問したのは、南シナ海問題は東シナ海問題に通底し、日本をめぐる安全保障環境が悪化すれば、日本の対フィリピン支援にも影響することを伝える狙いがあったとされる。

 個性的な首脳との信頼関係構築は首相の得意とするところ。20日にはトランプ次期米大統領が就任する。昨年11月の米大統領選当選直後、世界に先駆けて会談した強みもある。首相には悪化した米比関係の「橋渡し役」になることも期待される。



5年で1兆円(縛w

4年で0.3千億円のロシア涙目(縛w


フィリピン>ミャンマー>>>>>ロシア(縛w

これがロシアの値段(縛w



そして薬物対策に「17」億円(縛w

1ペソ2.3円ぐらいだから10億ペソなら


23億円なのに、「なぜか」中途半端な

金額(縛w



国鳥に命名しようが寝室に招待されようが

そんなもんに何ら実質的な意味はない。



安倍は日本での会談で岸野武助の話をしたそう

だが、その後ドテドテが何を喚いたか?


「暴言はやめるとかいうのを信じたヤツはバカ」

でつね。



親支那地区姿勢を取ってる限り信用なんか

1ヨクトたりともしちゃいけないわけでつね。




フィリピン-Wikipedia

wikiフィリピン


国名のフィリピンは16世紀のスペイン皇太子フェリペからちなんでいる。



フェリペ2世 (スペイン王)-Wikipedia

wikiフェリペ2世 (スペイン王)

wikiフェリペ2世 (スペイン王)2


ハプスブルク家のカスティーリャ王国・アラゴン王国(=スペイン)の国王(在位:1556年 - 1598年)。イングランド女王メアリー1世と結婚期間中共同統治者としてイングランド王フィリップ1世(Philip I)の称号を有していた。また1580年からはフィリペ1世(Filipe I)としてポルトガル国王も兼ねた。

1527年神聖ローマ皇帝カール5世(スペイン王としてはカルロス1世)とポルトガル王マヌエル1世の娘イザベルとの間に生まれた。



カール5世 (神聖ローマ皇帝)-Wikipedia

wikiカール5世 (神聖ローマ皇帝)


ハプスブルク家出身の神聖ローマ皇帝(在位:1519年 - 1556年)であり、スペイン国王(在位:1516年 - 1556年)としてはカルロス1世(Carlos I)と呼ばれる。

ハプスブルク帝国の絶頂期に君臨し、その治世は、ヨーロッパ統合を果たしたカール大帝以来の歴史的ヨーロッパ概念の体現者とも言われる。さらに当時は大航海時代の真っ只中にあったため、「太陽の沈まない国」と称されたようにヨーロッパから新大陸、アジア(フィリピン)に至る世界帝国を築き上げた



端っから信用ならないんですよ(縛w


ハプニンブルクとエ下劣と支那地区がつながって


ドテドテが親支那地区、そのドテドテがオバマと

対立してるなら「オバマはハプニンブルクの


大統領ニダ!」とか喚いてたクズ野郎は見当違いの

赤っ恥もいいとこ(縛w



米支戦争に巻き込まれたくないならなおの事

アメリカとよく話し寝室にでも招待したらいいし


ワシの名前を付けるなら日本よりアメリカの方が

うってつけだろ(縛w



フィリピンが安寧を保ちたければとっとと

支那地区と手を切り大日本共栄圏入りを表明して


域外の干渉を拒絶することでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





ドゥテルテ比大統領、麻薬撲滅に戒厳令も辞さず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00000031-jij_afp-int

newsドゥテルテ比大統領、麻薬撲滅に戒厳令も辞さず


【AFP=時事】フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領(71)は14日、自信が掲げる「麻薬撲滅戦争」を遂行するためならば戒厳令を敷くことも辞さないとの考えを明らかにした。

 ドゥテルテ大統領は14日夜の演説で、違法薬物問題の悪化が最悪な状態にまで進んだならば「必要とあらば私は戒厳令を敷くだろう。誰も私を止めることはできない」と述べ、その目的は「フィリピン国民とこの国の若者を守ることだ」と語った。

 ドゥテルテ大統領はこれまでにも戒厳令を示唆したことはあったが、明確に意志を示したのは14日の演説が初めて。戒厳令が敷かれれば、ドゥテルテ大統領は軍を通じて司法権を掌握し、逮捕状なしで市民の身柄を拘束し長期にわたって勾留することなどが可能となる。

 フィリピンでは1972~81年、フェルディナンド・マルコス(Ferdinand Marcos)大統領(当時)によって戒厳令が敷かれていた。マルコス大統領の独裁政権は1986年の「人民革命(People Power Revolution)」で打倒された。【翻訳編集】 AFPBB News



さらなる人権侵害宣言(縛w

安倍が去った後にこの態度(縛w


この前の暴言終了撤回とおんなじ(縛w

マルコスとおんなじことやってフラグ立ててんの


か?(縛w

まあひとしきりヤクを叩いてから消えてくれれば


上出来でつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





まずはくつろいで散策 日豪首脳、連携強化の会談へ
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170114-00000014-ann-pol

newsまずはくつろいで散策 日豪首脳、連携強化の会談へ


 4カ国を歴訪中の安倍総理大臣は、日本時間の13日夜にオーストラリアに到着し、日本時間の14日午後には首脳会談に臨みます。南シナ海やTPP(環太平洋経済連携協定)などの問題について話し合います。

 安倍総理は、ターンブル首相と早朝からシドニー湾のほとりを2人きりで30分ほど散策しました。ターンブル首相就任後、初めてとなる訪問で、前の政権との間で築き上げた信頼関係を再構築するのが狙いです。さらに、経済関係のイベントでは、積極的に訪日キャンペーンを展開し、北海道ニセコ観光をアピールして回りました。この後の首脳会談では、ターンブル首相と今度はひざを突き合わせ、まず、安全保障面での連携を強化します。南シナ海問題を念頭にASEAN(東南アジア諸国連合)と足並みをそろえて対応することを確認して、中国を牽制(けんせい)する狙いがあります。その成果として、会談後には2国間で弾薬の受け渡しが可能になる新たな協定に署名し、連携強化を名実ともにアピールします。一方、TPPの問題では、アメリカのトランプ新政権発足前にオーストラリアの国内手続きを後押しして、脱退を表明しているトランプ氏の心変わりを促したい考えです。




豪もトランプ氏注視、TPP実現へ日本と連携
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170115-00050031-yom-int

news豪もトランプ氏注視、TPP実現へ日本と連携


 【シドニー=池田慶太】オーストラリアが、20日に発足するトランプ次期米政権のアジア政策の行方に気をもんでいる。

 14日にシドニーで開かれた日豪首脳会談でも話題が及び、最優先に掲げる環太平洋経済連携協定(TPP)の実現に向けて日本との連携重視を改めて打ち出した

 「米国と日豪両国との同盟関係はいままで以上に重要になっている」。首脳会談後の共同記者発表で、ターンブル豪首相はこう強調した。自身のツイッターには安倍首相とシドニー近郊を散歩した写真を投稿し、親密ぶりをアピールした。

 「資源ブーム」の終息で経済の減速に苦しむ豪州は、TPPを景気回復の起爆剤としたい思いが一段と強い。ターンブル氏はトランプ次期米大統領に近い豪州プロゴルフ選手から携帯電話番号を教えてもらい、電話で説得を試みたこともある。今度は、安倍首相との関係強化をテコにTPP「離脱」を掲げるトランプ氏に翻意を促す狙いだ。




米新政権と強固に連携=日豪首脳
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000058-jij-pol

news米新政権と強固に連携=日豪首脳


 【シドニー時事】安倍晋三首相は14日午後(日本時間同)、オーストラリアのターンブル首相とシドニー市内で会談し、トランプ次期米政権と強固に連携していくことを確認した。

 南シナ海問題などで協力を一層強化することでも一致。環太平洋連携協定(TPP)の早期発効に向け連携することも確認した。

 また、両政府は自衛隊と豪軍の間で融通し合う物資の対象として、弾薬を新たに含める物品役務相互提供協定(ACSA)の改定に署名した。 




日豪、物品協定改定に署名 有事の後方支援可能に
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO11701810U7A110C1PE8000/

news日豪、物品協定改定に署名 有事の後方支援可能に


 【シドニー=高橋香織】日豪両政府は14日の首脳会談に合わせ、自衛隊とオーストラリア軍との物品役務相互提供協定(ACSA)の改定に署名した。安全保障関連法を踏まえたもので、物品などの提供は共同訓練や災害対処以外に広がり、日本に重要な影響を与える有事に弾薬提供などの後方支援が可能になる。

 今回の改定で日豪の安保協力は日米間とほぼ同じ水準になり、日豪は「準同盟国」(日本政府関係者)に高まったとの見方もある。首脳会談では共同訓練などを円滑に進めるための新協定を年内に結ぶことで一致した。

 ともに米国の同盟国として気がかりなのがトランプ新政権のアジア太平洋への関与だ。首脳会談では地域の平和と安定に米国のリーダーシップと関与が不可欠で米新政権と緊密に連携すると確認。共同記者発表では安倍晋三首相が「新政権と強固に連携」、ターンブル首相は「次期政権と緊密に協力」と強調した。

 両首脳は中国が軍事拠点化を進める南シナ海問題で名指しは避けつつ、関係国に拠点の軍事化など緊張を高める行動を避けるよう強く求めた。東シナ海でも尖閣諸島周辺での中国の挑発行動を念頭に、緊張を高めるあらゆる一方的、強制的な行動への反対を表明した。

 ターンブル氏は親日派で知られたアボット前首相と異なり、実利を重視して中国ともうまく付き合うバランス外交を展開してきた。政界入り前の起業家時代には、中国の鉱山に投資した経験があり、スピーチで中国語を披露するなど豪州の政治家の中では中国通とみられている。一方、豪州と同様に米国の同盟国である日本との関係は、安全保障上の観点から重視するとの立場だ。



嘔自慰はテメェの置かれた立場がだんだん

わかってきたようでつね。


アメリカ並みの安保協力って言うなら、

尖閣防衛もきっちりやってもらおうか(縛w



嘔自慰はアメリカ抜きでもTPPをやりたい

だろうから、せいぜい大日本共栄圏の発動に


貢献したまえ。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





日・インドネシア首脳会談 中国を念頭に連携強化を確認
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170115-00000068-fnn-pol

news日・インドネシア首脳会談 中国を念頭に連携強化を確認


東南アジアなどを歴訪中の安倍首相は15日、インドネシアでジョコ大統領と首脳会談を行い、両首脳は、中国を念頭に、南シナ海問題での連携を強化する方針を確認した。
安倍首相は「日本とインドネシアの戦略的パートナーシップが、いっそう強固なものになったと確信しました」と述べた。
会談で両首脳は、強引な海洋進出を続ける中国を念頭に、南シナ海での法の支配や、紛争の平和的な解決の重要性などを確認した。
インドネシアが、南シナ海での漁船の操業などをめぐり、中国との緊張が高まっていることをふまえたもので、安倍首相は、インドネシアの離島の開発や、海上警備での協力を表明した。
さらに両国は、日本がインドネシアに対して、インフラ整備や、安全保障面での支援を強化することで合意した。
一方で両首脳は、20日にアメリカのトランプ政権が発足することなどを受け、両国が協力して対応していくことも確認したとみられている。




日インドネシア、海洋安保強化で合意 ジャワ島鉄道高速化で協力へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000016-reut-bus_all

news日インドネシア、海洋安保強化で合意 ジャワ島鉄道高速化で協力へ


[ボゴール(インドネシア) 15日 ロイター] - 安倍晋三首相は15日、インドネシアのジョコ大統領とジャカルタ南方のボゴールで会談し、中国の南シナ海進出をめぐり海洋安全保障での連携強化で一致した。また、ジャカルタとジャワ島東部スラバヤを結ぶ鉄道の高速化計画に向けた協力について協議を開始することで合意した。

ジョコ大統領はまた、マルク州のマセラ鉱区でのガス田開発や西ジャワ州のパティンバン港の整備で日本と協力する方針であることを明らかにした。

鉄道高速化計画はジャカルタ─スラバヤ間を結ぶ約600キロの路線の所要時間を約5時間に半減する狙いがあり、インドネシア政府はこれまで日本に対し支援を呼びかけていた。日本は15年にジャカルタ―バンドン間の高速鉄道計画の受注競争で中国に敗れた経緯がある。



ついにインドネシア鉄道始動(縛w

600kmといえば東京から姫路ぐらい、


新幹線なら3時間半で着くだろ(縛w


そしてガス田開発と港湾整備。


インドネシアは忠良なる大日本共栄圏域内国に

なりつつあるわけでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

世界の富裕層上位8人の資産、下位50%と同額
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASGM16H1E_W7A110C1000000/
ダボス関連として貼ります

No title

フィリピンの今後は如何に中国と手を切るか、にかかっていると感じますね。
ただ、ドテドテみたいなナメきった輩じゃあ話にならない気がします。真剣な人物に一切感じない。というか「約束をすぐ破る人間に信用がおけるはず無い」。なんか一兆円って勿体無い...的外れな事書いちゃいますが、その分日本の少子化問題対策にでもまわせば、とか思ってしまいました。フィリピンねぇ...。う〜ん。
そんな信用の無いフィリピンより信用されないロシア、あらら、ですね(笑)。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR