現在の閲覧者数:

【アメリカ通信】復活した王国で食うのは博多ラーメン

.
日米首脳会談、麻生氏同行で調整…米が要請
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00050015-yom-pol

news日米首脳会談、麻生氏同行で調整…米が要請


 日本政府は、米国のトランプ新大統領の就任演説や新政権が発表した基本政策の内容を「想定の範囲内」(政府関係者)と冷静に受け止めている。

 政府は2月上旬の日米首脳会談開催を目指し、安倍首相の訪米に麻生副総理兼財務相が同行する方向で調整を進めている。麻生氏の同行は米側からの要請によるもので、日本側も信頼関係の構築につながると歓迎している。

 トランプ氏は就任演説で、「米国第一」主義で自国の利益を最優先する考えを強調した。基本政策で環太平洋経済連携協定(TPP)離脱も打ち出したが、「いずれも選挙戦での訴えと変わらず、驚きはない」(外務省幹部)と受け止めている。




米英首脳が今週会談=メキシコ大統領とは31日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00000013-jij-n_ame

news米英首脳が今週会談=メキシコ大統領とは31日


 【ワシントン時事】トランプ米大統領は今週、メイ英首相と会談する。

 スパイサー米大統領報道官が21日、発表した。トランプ氏の大統領就任後、初めての外国首脳との会談となる。

 また、同報道官によると、トランプ大統領は31日、メキシコのペニャニエト大統領と会談する。北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しなどについて意見を交換するとみられる。 



和さん、情報ありがとうございます。

「27日」ってのはもともと日本が日程調整

してた日でつね。


「首脳会談はチョパーリより先ニダ!」
「毛唐ちゃんの名に懸けてニダ!」

と喚いて必死に割り込んでくる

見苦しいエ下劣(縛w



トランプマンの方から金融マフィアをご指名して

る時点で、先でも後でもキサマらの命運は尽きて


んぞ(縛w


むしろエ下劣を先にすれば、後から逆手に取られ


るような先走ったこともできなくなり、

「チョパーリは何を話してるニカ?許せないニダ!」


と火病を発症するのは必定(縛w


エ下劣はとっとと離脱して支那地区とよろしく


やり、アメリカに鉄槌喰らっとけ!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





チャーチル像「復活」…ホワイトハウス模様替え
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00050018-yom-int

newsチャーチル像「復活」…ホワイトハウス模様替え


 【ワシントン=横堀裕也】トランプ米新大統領は20日、ホワイトハウスに引っ越すなり、早速、模様替えに着手した。
 米メディアによると、トランプ氏はまず第2次大戦時の英首相ウィンストン・チャーチルの像を大統領執務室に戻したという。

 オバマ前大統領は黒人公民権運動を率いたキング牧師の胸像を好み、入れ替える形でチャーチル像を執務室から撤去した。共和党議員らから「米国と『特別な関係』にある英国に失礼」などと批判を受けた。



「オバマがチャーチルの像を撤去したニダ!」
「ローズラインガー!」
「世界連邦派ザマァニダ!」
「church+illガー!」

と喚き散らしてきたクズ野郎はまたもや

赤っ恥
wwwwwwwwwwwwwwwwww


だから言ってんだろが!!!!

AもBもないと!!!!


世界連邦もへったくれもないと!!!!

薔薇なんざ関係ねーと!!!!


church+illなんざただのツギハギ

だと!!!!



像を撤去した時には散々ホルっておきながら

「やっぱり黒人大統領はダメニダ!」


と喚くクズ野郎はトランプマンのこの行動に

どう言い訳するんだ!!!!(縛w



下等分析サイト大敗北!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





米新政権 IS撲滅を最優先しミサイル防衛開発も
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170121/k10010847591000.html

news米新政権 IS撲滅を最優先しミサイル防衛開発も


アメリカのトランプ新政権は発足に合わせて政策課題を発表し、過激派組織IS=イスラミックステートの壊滅を最優先に掲げるとともに、北朝鮮などに対する最先端のミサイル防衛システムを開発する方針を示しました。

アメリカでは20日、トランプ新政権が発足し、ホワイトハウスのホームページ上で、外交や貿易など6つの分野に分けた政策課題を発表しました。このうち外交については、冒頭で「トランプ政権はアメリカの国益や安全保障に集中する外交政策をとる。この方針がより平和で安定した世界をつくるだろう」と基本理念を説明しています。

そのうえで、ISなどイスラム過激派組織の壊滅を最優先課題に掲げ、必要な場合には各国と共同で軍事行動を起こすとしているほか、テロ組織の資金源を絶つため国際社会と協力するとしています。また、安全保障については、アメリカ軍を再建するとして、北朝鮮やイランなどのミサイル攻撃に備えて、最先端のミサイル防衛システムを開発する方針を示しました。

また、治安の分野については、「トランプ大統領は不法移民やギャング、それに麻薬が流入するのを止めるため国境に壁を築く」として、かねてから掲げてきたメキシコとの国境に壁を築く方針を改めて表明しました。

外交・安保政策の課題は

トランプ新大統領は就任前から、冷戦終結後では最悪と言われるアメリカとロシアとの関係を改善することに強い意欲を示し、過激派組織IS=イスラミックステートの壊滅に向けても、ロシアとの協力関係を築きたい考えです。アメリカは、ウクライナ情勢をめぐって3年前からロシアに制裁を科していますが、トランプ氏が制裁を解除するのかなどが大きな関心を集めています。

しかし、ロシアがアメリカの大統領選挙に干渉しようとサイバー攻撃を仕掛けたとされる問題で、アメリカ議会は強く反発し、マティス次期国防長官などもロシアへの警戒感を示していて、議会や新政権内で意見の違いが見られる中、対ロ政策の進め方が大きな課題となります。

一方、アジアでは、南シナ海で人工島の造成を進める中国の海洋進出への対応が課題です。トランプ新大統領は就任前から、中国による人工島の造成を批判していて、今月11日に行った選挙後初めての記者会見では、「中国は南シナ海に巨大な要塞を築くことで、アメリカに大いにつけ込んでいる」と述べています。

この問題をめぐっては、国務長官に指名されたティラーソン氏も11日に行われた議会上院の外交委員会の公聴会で、人工島の造成を違法だと非難し、「中国に造成をやめ、人工島に近づくことも許さないという明確なメッセージを送ることが必要だ」と述べ、これまでより厳しい姿勢で臨むべきだという考えを示しています。

さらに、「台湾は中国の一部」だとする中国政府の「1つの中国」の主張を認識するとしたこれまでのアメリカ政府の立場について、トランプ新大統領は中国の対応次第では見直す可能性を繰り返し示唆していて、新政権では、中国との対立が深まる可能性も指摘されています。

また、北朝鮮をめぐっては核やミサイルの開発をオバマ政権が食い止められず、脅威が高まっていると危機感が広がっていて、同盟国の日本や韓国と連携して、北朝鮮にどう臨むのかも課題です。



露助・支那地区が忌み嫌うミサイル防衛(縛w

最先端を開発だってお
wwwwwwwwwww

反日サマナ・可汗一味はトランプマンに

なに夢見てんの?(縛w



ロシアによさげなことを言ってんのは、ロシアと

支那地区を同時に敵に回せばめんどくさいから


分断しようとしてるだけでつね。


支那地区を叩き潰そうとしたときにロシアが


支那地区を支援しようとすれば当然よさげな発言

は消え失せ敵認定されるだけ(縛w



最新のミサイル防衛をバカチョンか日本に展開

すればパワーバランスは完全に崩れ、ロシアも


支那地区もドタマを地べたに押し付けられて

土下座することになるってことでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





首相のメディア操作疑惑が波紋=警察が事情聴取―イスラエル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000067-jij-m_est

news首相のメディア操作疑惑が波紋=警察が事情聴取―イスラエル


 【エルサレム時事】イスラエルのネタニヤフ首相のメディア操作疑惑が波紋を呼んでいる。

 警察は今月、汚職捜査の一環で首相の事情聴取を開始し、その過程で首相と地元紙経営者との「裏取引」に関する音声記録が流出。首相の政治生命の危機につながるかが注目されている。

 警察はこれまで2回、計8時間にわたって首相を事情聴取。地元メディアによれば、複数の実業家から高額な贈り物を受け取り、その見返りに便宜を図った疑いなどが持たれている。

 捜査情報がメディアに漏れる中、首相の天敵である地元紙「イディオト・アハロノト」の経営者と首相との会話とされる音声記録も流出。この会話では、首相が同紙の競合紙「イスラエル・ハヨム」の発行部数を制限する法案を進める見返りに、イディオト・アハロノト紙の首相に対する批判的なトーンを抑えるよう要請している。



こないだの贈収賄に続いてマスゴミ操作(縛w

アメリカはイスラエルを本気で潰しにかかってる


んですよ(縛w

中東のお荷物をとっとと処分して身軽になりたい


んですよ(縛w


tenユダヤ教
【国内】最後の土下座チャンス 他⇒こちら




メシア-Wikipedia

tenメシア


出エジプト記には祭司が、サムエル記下には王が、その就任の際に油を塗られたことが書かれている。後にそれは理想的な統治をする為政者を意味するようになり、さらに神的な救済者を指すようになった。ユダヤ教におけるメシア(w:Jewish Messiah)はダビデの子孫から生まれ、イスラエルを再建してダビデの王国を回復し、世界に平和をもたらす存在とされている。



前にも少し書いたが、ユダヤ教においてはメシア

がダビデの王国が復活し、これまでタヒんだ人間は


最後の審判で生き返る、という現実と虚構が

入り混じった教義を信じてるわけで、そんな


「イスラエル」なんてものは空想の中にしか

存在しないわけでつね。



今のイスラエルはお茶屋が作ったニセイスラエル

でしかなく、誰も生き返ってない(縛w


ニセイスラエルのせいでアメリカが牛耳られ、

戦争が起き平和を乱す。



お茶屋もニセイスラエルもブッ潰して入植地を

返還すれば、その時、アノ民族が求める


「世界の平和がもたらされる」ということ

なんでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





豚骨スープは禁断の味? イスラエルに日本のラーメン店
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00000041-asahi-int

news豚骨スープは禁断の味? イスラエルに日本のラーメン店


 中東のイスラエルに、豚骨スープを売りにする日本のラーメン店が初めて進出した。国民の8割近くを占めるユダヤ教の戒律で豚肉は禁止だが、宗教を気にしない世俗派の人々を狙った。日本の「本物の味」を知ったイスラエル人の出店も相次いでいる。

 地中海に面した商業都市テルアビブで19日、ラーメン専門店「MEN TENTEN」の開店祝いがあった。全20席を埋めた客が夢中で麺をすする。「うまい!」。歓声があがった。

 看板メニューは、豚骨と鶏ガラベースの「とんがらラーメン」(約1500円)だ。しょうゆが香り立つ濃厚でクリーミーな白濁スープに、硬めの細麺がよく絡む。トロトロのチャーシュー、半熟卵、味のしみたメンマも申し分ない。

 スープを飲み干した女性客のシマ・ハビブさん(64)は「豚はふだん食べないけど、口いっぱいにうまみが広がり、おいしい」と興奮気味に話した。

 共同経営者のヤリーブ・ブロンステインさん(40)は1997~98年、東京で暮らし、ラーメンにやみつきになった。「イスラエルで本物の日本のラーメン店を開きたい」と思った。

 2013年、日本企業の海外進出を支援する会社経営の清水陽佑さん(39)と知り合い、長年の夢を打ち明けた。意気投合した2人は北海道から沖縄まで100軒以上の店を食べ歩き、15年11月に東京・新宿の「●(○の中に宿)めん てんてん」と巡り合った。

 「味と香りに一瞬で恋に落ちた」とブロンステインさん。その場で店主の岡崎誠さん(43)を口説いた。その年、フィリピン・セブ島に海外1号店を出した岡崎さんも、「本物のラーメンを食べてもらいたい」と中東での挑戦を決めた。

 ユダヤ教の食事規定では豚肉は禁止で、人口の2割を占めるアラブ系に多いイスラム教でも厳禁だ。それでも「本物」にこだわり、豚や鶏を現地で探し出し、麺は地元工場に特注。麺のかんすいと秘伝のたれは日本から持ち込んだ。

 ユダヤ教やイスラム教などの聖地があるエルサレムに比べ、テルアビブは宗教的な規制を嫌う世俗派も多い開放的な街だ。豚の料理を出す店は少ないが、好きな人には人気があるという。



アノ民族が日本で本場の味を知っちゃ

ダメだろが!!!!(縛w



カシュルートを守ることによってメシアの作る

ダビデの王国で生き返れるってことになってる


のに、あろうことか食ってはいけないはずの

トンコツとチャーシューを


飯屋で食ってどうする!!!!(縛w


ダビデの王国なんか復活しないんですよ。


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





トランプ米大統領と「エホバの証人」知られざるユダヤ・コネクション
http://www.mag2.com/p/money/31621

newsトランプ米大統領と「エホバの証人」知られざるユダヤ・コネクション


トランプには、共和党の大統領としての一貫した政治的思想や理念がありません。ネット上で発信する数々のメッセージも一貫性に欠けています。ただ、1つだけ、このお天気屋のトランプがどんな男であるか言い表す言葉があります。それは「イスラエルへの献身的な愛!」です。(『カレイドスコープのメルマガ』)

ドナルド・トランプ「イスラエルへの献身的な愛」のルーツを辿る
ウィルバー・ロス次期商務長官とは何者か?

トランプの政権移行チームは、商務長官に投資家のウィルバー・ロス(Wilbur Ross)の起用を決めました。<中略>彼について米国メディアが取り上げるとき、「トランプを借金地獄から救った再建屋」として紹介することが多くあります。

いわば、トランプにとっては、「恩人」以上の存在として知られています。フロリダのパームビーチの大通りを挟んで互いに大豪邸を構え、ニューヨークのマンハッタン57丁目でも、二人はすぐそばに住んでいます。

また、ウィルバー・ロスのペントハウスは、トランプタワーからほんの2ブロック行った場所にあり、常にトランプのそばにはウィルバー・ロスが「付き添っている」のです。<中略>

エホバの証人の5つのビルを購入したイヴァンカ・トランプの夫

ロスチャイルド・ウォッチャーの中には、「ウィルバー・ロス」という名前の特異性に注目してる人々が少なからずいます。それは、「ロス」という姓についてです。<中略> 昔から、ロスチャイルド家には、ロックフェラー家より、さらに多くの非嫡出子(隠し子)がいると言われています。

「ウィルバー・ロス」の「ロス」は、ロスチャイルドが名残をとどめるためなのか、あるいは、あまりにも多くの婚外子をつくったため、一目で分かるように特殊な「しるし」をつけたのかはさだかではありませんが、彼は、その経歴からロスチャイルドの非嫡出子の一人ではないかと疑われています。

ウィルバー・ロスは、2000年に設立したプライベート・イクイティ企業「WL Ross & Co」の経営権を、2006年に投資会社インベスコ(Invesco)に約3億7,500万ドル(約430億円)で譲渡しています。

2013年に、インベスコはトランプの娘婿のジャレッド・クシュナー(ゴールドマン・サックスのファンド・マネージャーを経て後、ゴールドマン・サックスの支援を受けて独立)のグループとパートナーシップを結び、ブルックリンにあるエホバの証人の6つのビルのうち、5つのビルを総額3億7500万ドルで購入しています。

このフリーメーソンにルーツを持っている教団のビルが、ブルックリンの再開発に当たってどの程度の投資リターンを見込むことができるのかは不明ですが、これだけの大きな売買契約を実現するには、相当のコネクションを必要とします。

それを、どう捉えるかによって、トランプの国内の経済・財政政策の行方が想像できるのです。

トランプ親子「私たちはイスラエルのために100%、1000%を戦う」

トランプ政権の閣僚には、ユダヤ人が多く勤務しているゴールドマン・サックス出身者が何人かいます。

ビル・クリントン政権以降、財務関係には必ずと言っていいほど、ゴールドマン・サックス出身者が閣僚に名を連ねています。

だからといって、トランプ政権が、シオニスト・ユダヤで固められた政権であると言うことはできません。

それより、トランプがいかにして一代で不動産王にまで上り詰めることができたのか、その謎を解いていけば自ずと判明することです。

イスラエルの新聞「ハアレツ(Haaretz)」が、トランプ・ファミリーのユダヤ・コネクションについてストレートに書いています。

「共和党の大統領候補の中では、トランプがもっともユダヤ人社会と深い関係を持っている。彼の右腕となって働いている弁護士マイケル・コーエン(Michael Cohen)はユダヤ人であり、娘のイヴァンカは、結婚を機にユダヤ教に改宗した」

米国の不動産業界ではユダヤ人が多く活躍しています。トランプは、その中で働き、イスラエルの支持者として知られています。

彼の自慢の娘で、著名なファッション・デザイナーのイヴァンカ・トランプは、ニューヨークの大手不動産事業者のチャールズ・クシュナーの息子、ジャレッド・クシュナーと結婚するに際して、ユダヤ教に改宗しました。クシュナー家はユダヤ人です。

イヴァンカの3人の子供(トランプの孫)のうち少なくとも2人はユダヤ人です(1人はまだ赤ちゃん)。そして、トランプの会社の副社長もユダヤ人です。

しかし、トランプの選挙活動資金にユダヤ人は資金を提供していません。彼は、大富豪であるため必要ないからです。

トランプは、米国のユダヤ人社会では、特によく知られた存在です。彼は、年1回、ニューヨークで開かれるイスラエルの年次パレードで中心人物としての役目を果たしました。

ハリケーン・カトリーナが襲来した後、災害救援金を集めるためにオークションにかける品物を寄せるツェダーカー(Tzedakah:慈善・寄付)の箱を彩った(多くを寄付した)セレブの一人でした。

そして、2016年2月には、娘のイヴァンカとともに、右翼のユダヤ報道機関「アルゲマイネ」の年次ガラ賞を受賞しています。

この授賞式のスピーチで、トランプは、「私たちはイスラエルが大好きです。私たちはイスラエルのために100%、1000%を戦うつもりです。イスラエルは永遠にそこにあるのです!」と力強く語って会場を沸かせたのです。

「オバマこそイスラエルにとって最悪の敵だ」トランプが断言

2013年のイスラエル選挙の前に、トランプは、イスラエルのベニヤミン・ネタニヤフ首相を支持するビデオメッセージを収録しました。そこで、ユダヤ人に向けて、このようなメッセージを流しました。

「イスラエルの国民のみなさんには、ベニヤミン・ネタニヤフのような素晴らしい首相がいます。彼は優秀であり、非常に尊敬されており、彼はすべての人のことを高く評価しています。ベンヤミンにぜひ一票を!彼こそが、イスラエルの未来になくてはならいない素晴らしいリーダーだ!」

反対に、オバマに対しては辛辣な言葉を投げかけています。

「私には、オバマを支持している多くのユダヤ人の友人がいる。しかし、彼らに問いかけたい。『なぜ、あなた方はオバマを支持し、彼のキャンペーンに多額の寄付をするのか?』と。私のユダヤ人の友人たちは、その理由を答えられない。私は、はっきり言おう!オバマこそがイスラエルにとっての最悪の敵であると」

トランプは、今年の2月、ラジオのトーク番組に出演したとき、ラジオ・パーソナリティーのマイケル・サヴェージ(Michael Savage)に語気を強めて、そう言ったのです。
イスラエルへの献身的な愛!

時にトランプは、イスラエルの不動産にも手を出したことがあります。

約10年前、彼はテルアビブ大都市圏に、「トランプ・プラザ・タワー」と呼ばれるイスラエルで最も高いビルを建設する計画を立てて、そのための建設用地を購入しています。

結局、開発に入ることなく、その建設用地をイスラエルの会社に売却しました。


2012年、イスラエルのニュース・ウェブサイト「ワイネット」によると、トランプはイスラエルの観光大臣と会談し、不動産と観光に関して、どのような投資が可能なのか話し合ったということです。

断言できることは、トランプには、共和党の大統領としての一貫した政治的思想や理念がありません。それどころか、トランプがネット上で発信している数々のメッセージにおいても、一定の政策的立場を表明したことはないようです。

ただ、1つだけ、このお天気屋のトランプが、どんな男であるか言い表す言葉があります。それは、「イスラエルへの献身的な愛!」です。

トランプ家のルーツ、父親フレッド・トランプの特殊な人脈

いったい、イスラエルに対する彼の信念=「イスラエルへの献身的な愛!」は、どこからやってきたのでしょう?

もちろん、トランプのユダヤ人に対する異常な愛と人脈は、彼の代で築き上げられたものではありません。

それは、トランプ家のルーツと、父親のフレッド・トランプの特殊な人脈によって築き上げられたのです。

ドナルド・トランプは、2015年5月9日のサウスカロライナで開かれた自由サミットで行ったスピーチで、以下のように述べています。

「イスラエルが真の意味において支持を与えようとしている唯一の候補とは私ことである。
他の候補者は、口先だけで行動を伴わない。彼らは、どこまでいっても、所詮は政治屋である。私は、生まれた日からイスラエルに忠誠を尽くしている。しかし、私の父であるフレッド・トランプは、私が生まれる前からイスラエルに忠実だった」

このとき、トランプは、大統領選への出馬をほのめかしているのです。

ドナルドの父フレッドは、堕落したニューヨークの政治フィクサーとパワーブローカー(政治的黒幕)であるアブラハム・リンデンバウム( Abraham Bunny Lindenbaum)という弁護士のサークルに出入りするようになりました。

また、リンデンバウムのほうも、フレッド・トランプのサークルに入ってきたのです。

アブラハム・リンデンバウム…名前から一目瞭然であるように、ユダヤ人です。

弁護士アブラハム・リンデンバウムの上得意は、もちろん、フレッド・トランプでしたが、二人は、よほど息が合ったと見えて、彼らの関係は弁護士と、そのクライアントという関係以上のものだったようです。二人は、まさに一心同体だったのです。

フレッド・トランプとアブラハム・リンデンバウムは、ブルックリンのマディソン・クラブを通じて、ともに、フリーメーソンのタマニー・ホール(Tammany Hall)の政治的インサイダー(政界から極秘情報を入手して儲ける)として利害関係を持っていました。

タマニー・ホールとは、1790年代から1960年代にかけてに存在した米・民主党の派閥、関連機関。タマニー・ホールは、民主党の政治的マシーンの薄汚い利害がもつれあって、恐喝、汚職、収賄、利益供与などで、ニューヨーク市の中でもっとも汚れた場所の1つとして知られています。

タマニー・ホールのもう一つの顔は、慈善団体タマニー協会です。別名セント・タマニー派の協会、あるいは、セント・タマニー派の息子、あるいは、米国の秩序(Columbian Order)とも呼ばれていました。



ytさん、情報ありがとうございます。

二言目には

「陰謀論ガー!」
「フリーメイソンガー!」
「イルミナティーガー!」

と喚くのは胡散臭いことこの上ないでつね。


まあ、たとえイスラエルを叩き潰したいと思って


たとしても「イスラエルをブッ潰す!」と

表立って言うわけはないでつね。



エボバのビルを買ったからっつったって、

それがビジネスのすべてじゃねーだろ(縛w


宗教臭杉て誰も買わず、安くゲットできる物件

だったから買った、以上の理由が必要か?(縛w



「ロスチャイルドとロス、似てるニダ!」

ってのも下等分析サイトレベルの戯言(縛w



ウィルバー・ロスのロスは「Ross」、

お茶屋のロスは「Roths」、


「ロス」だけでツギハギするのはジャパニーズ

イングリッシュベースで喚くアホの妄想でしか


ないでつね。


イスラエルを作ったのはお茶屋。


トランプマンがアメリカから駆逐しようとしてる

「エスタブリッシュメント」はお茶屋。



トランプマンがやろうとしてるのはおそらく、

アメリカを牛耳ってるイスラエルをエ下劣から


もぎ取り、アノ民族をイスラエルに押し込めて

逆にアメリカの下僕として利用しようってこと


でせう。


そのためには今は1000%なんちゃらとか


言ってご機嫌を取っておく必要があるわけ

なんでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

既にご存知かもしれませんが、他サイトでこんな記事がありました。
兵庫県弁護士会、韓国籍の白承豪を無投票で会長に決定。
http://mainichi.jp/articles/20170124/k00/00m/040/058000c

兵庫の弁護士は日本人を奴隷にしたいようですね。

トランプ米大統領:「極めて大規模な」国境税と規制緩和へ、方針表明
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-01-23/OK7SHO6JTSE801

トランプ大統領、TPP離脱の大統領令に署名-米通商政策を転換
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-01-23/OK8KTQ6VDKHT01


中国がVPN禁止を通達、ネット規制さらに強化、党大会を今秋に控え言論統制か
http://www.sankei.com/world/news/170124/wor1701240003-n1.html

英、新産業を支援=金融偏重から転換―EU離脱で戦略
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00000167-jij-eurp

No title

あれですよ「ダビデの王国はとんこつチャーシュー麺を認めるべき」ですよ(笑)。やれとんこつチャーシュー麺を食べただけで復活出来ないなんて、随分心の狭い神様って事になりますよ。どんなに善行を重ねた良き人間でもとんこつチャーシュー麺食べただけで復活出来ない、なんてあんまりだ。この記事の写真のお姉ちゃんは確かユダヤ軍の兵士だったはず。ユダヤの神は国のため戦うお姉ちゃんがとんこつチャーシュー麺食べただけで復活させないというのか。それはないよ。とんこつチャーシュー麺がイスラエルで大流行するのを祈りましょう。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR