現在の閲覧者数:

【支那地区通信】今こそ支那地区の頭上に鉄槌を下す時

.
アパホテル「南京書籍」増刷 「購入要望多数で在庫不足」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000006-jct-soci

newsアパホテル「南京書籍」増刷 「購入要望多数で在庫不足」


16年6月に発売された「本当の日本の歴史『理論近現代史学II』」。当初は5万部が発行され、2万部の増刷が決まった。

 アパホテルが「南京大虐殺」を「中国側のでっちあげ」などとする書籍を客室に設置し、中国政府が批判を強めている問題で、騒動の発端になった書籍の増刷が決まった。ホテルを運営するアパグループが2017年1月27日、明らかにした。

 購入希望が多数寄せられ、在庫が不足しているためだ。初版5万部で、2万部増刷する。一連の騒動で書籍の知名度が上がり、独自の主張を「読んでみたい」という声も増えているという。

■ホテルのフロントや通信販売でしか購入できない

 書籍は、16年6月に発売された「本当の日本の歴史『理論近現代史学II』」。アパグループ代表の元谷外志雄氏が「藤誠志」のペンネームで、グループの月刊広報誌「アップルタウン」に発表していた「社会時評エッセイ」の過去1年分をまとめた。当初は5万部が発行され、原則として国内アパホテル155ホテル、3万2673室に設置された。一般の書店では売っておらず、ホテルのフロントや通信販売でしか購入できない。800円だ。

 一連の問題は、1月15日、中国のSNS「微博(ウェイボー)」で書籍の内容を批判する動画が投稿され、拡散したのが発端だ。動画では書籍の表紙が大写しになり、知名度も上がった。J-CASTニュース記者も書籍を購入しようと千代田区内のホテルに出向いたが、フロントの担当者は

  「好評をいただいており、品切れになっております」

と申し訳なさそうに話していた。

 アパグループは、J-CASTニュースの取材に対し、騒動後の具体的な売り上げの変化については言及を避けたが、

  「現在多数の該当書籍購入のご要望をいただいており、在庫が不足しております。そのため増刷を決定いたしました」

とコメント。一般の書店で市販する可能性についても

  「ご提案をいただき良い条件であれば、検討する可能性もあるかもしれません」

とした。

「理論近現代史学」に基づく持論を展開

 書籍に書かれた内容は元谷氏の主張を色濃く反映しており、発行部数が増えた分、波紋も大きくなりそうだ。書籍冒頭には元谷代表一家の旅行先などでのスナップ写真が7ページにわたって掲載され、その次にある「概論」では、中国や韓国が歴史問題で「情報謀略戦」を仕掛けてくるとして、

  「誤った情報に対して、即座に24時間以内に反論できるような体制を作るとともに、ユダヤのマーケティング会社を利用して効果的に情報発信をしていくべき

と主張。過去のエッセイでは自らが提唱する「理論近現代史学」に基づいて持論を展開したとして、

  「張作霖爆殺事件がソ連の特務機関による謀略であったことや、南京30万人大虐殺が国府軍による捏造であること、従軍慰安婦20万人強制連行について、吉田清治の虚偽の証言を朝日新聞が大々的に取り上げたことなど、10のテーマについて具体的に論じた」

ことについて、

  「多くの方々から賛同の声を頂いた」

と振り返った。

北朝鮮の列車爆発事故は中国による「金正日爆殺計画」

 また、2004年に北朝鮮の龍川(ヨンチョン)駅で起きた列車爆発事故については、

  「中国軍事委主席の江沢民による、北朝鮮の核開発阻止の最後の賭けと言ってよい」

として、この「列車爆破」は、

  「忠告しても核を断念しない金正日を狙った爆殺計画であると見ている」

としている。こういった内容が、日本語と英語で、それぞれ100ページ近くにわたって掲載されている。

 アパグループは27日のJ-CASTニュースの取材に対して、一連の騒動以降「1万数千件を超える称賛、激励のコメントが寄せられており、批判的な内容はごくわずか」だと説明している。



バカガイジンが喚き散らしたせいで

不都合な真実が世界中に拡散
wwwwwwwww

アパメシウマwwwwwwwwwwwwwwww

支那地区大敗北wwwwwwwwwwwwwww


もちろん売国大会でも撤去しねぇよな?

すっとぼけてダンマリ貫いた挙句に実は撤去して


ましたなんてことになったら、支那地区が勝手に

騒いでたぐらいじゃ済まされねぇぞ?



5万とか2万とかちまちま印刷してねーで、

支那地区語版を出せば1億部売れるぞ(縛w


日本の中に反日サマナがいるように、

支那地区の中には反支那地区サマナがいるから


な!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





装甲車、シンガポールに返却=台湾と演習後、香港で差し押さえ―中国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000100-jij-cn

news装甲車、シンガポールに返却=台湾と演習後、香港で差し押さえ―中国


 【シンガポールAFP=時事】シンガポールのウン国防相は27日、香港の税関に差し押さえられていたシンガポール軍の装甲戦闘車9両が帰国の途上にあると発表した。

 装甲車は昨年11月、台湾での軍事演習の帰路、香港に立ち寄ったところ、中国当局の嫌がらせに遭う格好になった。

 国防相は「今朝午前4時すぎ、装甲車は香港の港を出た。次の陸地はわが国だ」とフェイスブックに書き込んだ。1週間程度で到着する見込み。 



ビビり上がったヘタレ支那地区が掌返して

土下座
wwwwwwwwwwwwwwwww

大日本共栄圏が誕生しようかというこの時に

シンガポールを敵に回すことは大日本共栄圏を


敵に回すのと同じことだからな!!!!(縛w


シンガポールと台湾が軍事演習、


つまり一つの支那地区は名実ともに崩壊ってこと

でつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





「毛沢東は悪魔」…批判でまた処分 中国、書き込み許さず
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170118/frn1701181700010-n1.htm

news「毛沢東は悪魔」…批判でまた処分 中国、書き込み許さず


 中国河北省石家荘市で昨年12月、メディアを統括する政府部門の男性職員が短文投稿サイト「微博」に毛沢東は「悪魔」などとの批判を書き込んだとして、解雇処分を受けた。複数の関係者が17日までに明らかにした。

 中国では今年に入って、山東省の大学教授と河南省のテレビ局職員が同様の批判を書き込んで解雇などの処分を受けたばかり。最高指導部メンバーが入れ替わる共産党大会を今年後半に控え、習近平指導部が言論統制を強めているとの見方が広がっている。

 関係者らによると、男性職員は昨年12月、毛沢東の123回目の誕生日に合わせ、「微博」に誕生日を祝うのは「カルト活動だ」などと書き込んだという。(共同)



反毛沢東サマナを地祭りに上げる

支那地区政府(縛w


「毛沢東は日本の工作員ニダ!」とか喚いてた

クズ野郎はどう説明するんだ!!!!


支那地区政府は日本の工作員か!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





中国漁船、北太平洋で急増…サンマなど「乱獲」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00050125-yom-bus_all&pos=3

news中国漁船、北太平洋で急増…サンマなど「乱獲」


 日本の排他的経済水域(EEZ)に隣接する北太平洋の公海上で、中国漁船が急増している。

 豊富な漁業資源を求めて、これまでは東シナ海で操業していた中国漁船が船を大型化させて進出してきているためとみられる。昨年のサンマの水揚げ量は過去最低を記録するなど不漁となる魚種もあり、公海上での「乱獲」が一因との指摘も出ている。

 ◆漁場を求め

 「東シナ海で見ていた船の2倍から3倍の大きさはある。集魚灯で真っ暗な夜の水平線が明るくなるほどだ」

 北海道東部や三陸沿岸から200カイリ(約370キロ・メートル)の北太平洋。日本のEEZに隣接するこの海域で、監視に当たっている水産庁の取締船船長(57)は、操業する中国漁船の数と巨大化に驚きを隠せない。



支那地区を野放しにするな!!!!

とっとと対抗措置を取れ!!!!


役立たずの水産庁はクビにしろ!!!!

護衛艦を総動員して支那地区より先に捕獲し


日本のEEZ内に放流しろ!!!!

それが食糧安全保障だ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





重量8tの中国宇宙ステーションが制御不能で頭上に落ちてくる
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170126-00000006-pseven-cn

news重量8tの中国宇宙ステーションが制御不能で頭上に落ちてくる


 いまや米露と並ぶ宇宙大国となった中国。人民解放軍主導で進められる宇宙開発への懸念は、軍事的脅威の拡大だけではない。拓殖大学客員教授の石平氏が解説する。

 * * *
 近年、中国の宇宙開発は目覚ましい進展を遂げている。昨年10月には6度目となる有人宇宙船の打ち上げに成功(神舟11号)。軌道上の宇宙ステーション実験機「天宮2号」にドッキングし、飛行士2名が33日間に及ぶ宇宙滞在を実施した。さらに2018年には「天宮」のコアモジュール(本体)を打ち上げ予定で、2022年には宇宙ステーションの完成を目指すという。

 中国の宇宙開発の主な狙いは2つ。一つは国威発揚だ。冷戦時代に米ソが宇宙開発で覇を競ったように、宇宙開発は国力の象徴となる。習近平には、国内外に技術力の高さを見せつけ、宇宙開発の分野でも中国が覇権を握りつつあることをアピールする意図もある。

 もう一つは、言うまでもなく軍事目的だ。1990年代から本格化した中国の宇宙開発は人民解放軍主導で進められ、有人飛行、月面探査、宇宙船のドッキングを次々と成功させてきた。

 さらに中国は、2007年1月に自国の気象衛星を弾道ミサイルで破壊した。この実証実験は米国をはじめとする国際社会を震撼させた。

 米国の軍事行動は人工衛星に大きく依存しており、中国が地球上からのミサイル発射で衛星を確実に破壊する技術を持てば、ハイテク化された米国軍は無力化されてしまう。これは重大な軍事的脅威である。

 そうしたなか、中国の宇宙開発に新たな懸念が広がっている。2011年に打ち上げられた宇宙ステーション実験機「天宮1号」が、今年後半に地球へ落下することが報じられているのだ。

 当初、中国当局は「天宮1号」が制御不能に陥っていることを否定していたが、最近になってこれを認めた。背景には、宇宙開発を急進するあまり、技術が追いついていない現実がある。

 8tもある「天宮1号」の本体のほとんどは大気圏で燃え尽きるとされているが、米国の宇宙物理学者でハーバード大教授のジョナサン・マクダウェル氏によれば、「燃え尽きなかった一部のパーツが地上に降り注ぐかもしれず、落下地点も予測できない」という。

 一方、「地球の表面の7割は海だから、陸地に落下する可能性は低い」との見方もある。だが、2015年11月にはスペインで、衛星の破片と見られる物体が一週間のうちに3つも落下し騒動となった。毎年、いくつもの宇宙ゴミが陸地に落ちていることを考えれば、「天宮1号」の破片が地表に降り注ぐ可能性は否定できない。

 当の中国は国際社会への 影響よりも自国の利益を優先する国だから、たとえ誰かの頭に金属の塊が落ちてきても習近平は何の関心も持たないだろう。私たちは中国がそういう国であることを自覚し、禍に巻き込まれぬよう祈るしかないのだ。


前にも書いたネタだが、これの落下で日本が被害

に遭うようなら、日本人逆札事件と同じでつね。


支那地区は支那地区に対して軌道計算と落下地点

の絞り込みをする義務があるはずで、国際社会が


それを要求しなければならないし、支那地区が

従わないなら支那地区に技術を供与しないなど


制裁を発動しなければならないでつね。


そもそも本当に全く制御できないのかも


信用できないでつね。

スラスターぐらいは制御できて、狙ったところに


近づけるぐらいはできるかもしれないし、

そもそも落下自体支那地区が制御してるかも


しれないでつね。


有人探査、衛星破壊できると喚くなら、テメェの


不始末はテメェで落とし前を付けろ。

落とし前を付けられないなら宇宙を利用する


資格はない。


今すぐにでもこれを乗っ取って支那地区の頭上に


落とさなければならないんでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

去年の夏にアパホテルで泊まったのですけど、確か部屋にケント・ギルバートさんをゲストに呼ぶ講演会のお知らせの書かれたチラシみたいなのがありましたよ。
アパホテルさんの意気込みは本物だと考えたいですね。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR