現在の閲覧者数:

為替の話はなし(縛w

.
トランプ氏「貿易関係を自由で公平に」 日米首脳会談
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000014-asahi-pol

newsトランプ氏「貿易関係を自由で公平に」 日米首脳会談


 安倍晋三首相とトランプ米大統領による首脳会談が10日正午過ぎ(日本時間11日未明)、ホワイトハウスで行われた。

 両首脳は会談の冒頭で握手。トランプ氏は首相の右手を左手で軽くたたき、「とても強い手をしていますね」と述べ、ゴルフのスイングをするまねをした。トランプ氏はまた、「今回の首脳会談をとても楽しみにしていました」と語った。

     ◇

 トランプ大統領は日米首脳会談後の会見で「日本の安全保障に関与する」と発言した。

     ◇

 首相は日米首脳会談で尖閣諸島が安保条約5条の適用範囲だと確認したと述べた。

     ◇

 トランプ大統領は首脳会談後の会見で「貿易関係を自由で公平にしたい」と発言した。




<日米首脳会談>「同盟と経済関係を強化」 共同声明を発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000004-mai-int

news<日米首脳会談>「同盟と経済関係を強化」 共同声明を発表


 【ワシントン影山哲也】安倍晋三首相は10日午後(日本時間11日未明)、トランプ米大統領とワシントンのホワイトハウスで会談した。首相は、両国の経済関係を一層深化させるため、麻生太郎副総理兼財務相とペンス副大統領のもとで分野横断的に協議することを提案し、トランプ氏も同意した。両首脳は、沖縄県・尖閣諸島が米国による対日防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象だと確認した。

 首相は昨年11月、大統領就任前のトランプ氏とニューヨークで会談したが、首脳会談は初めて。

 会談後の共同記者会見で、首相は「アジア太平洋地域の平和と安定の礎は強固な日米同盟だ。その絆は揺るぎないものであり、私と大統領の手でさらなる強化を進めていく」と強調した。

 安全保障分野では、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の全面返還には同県名護市辺野古への移設が「唯一の解決策」だとして、日米両政府で協力して取り組むことで一致した。トランプ氏は会見で日本の米軍駐留受け入れに「感謝している」と述べた。

 両首脳は、北朝鮮が核・ミサイル開発を放棄し、さらなる挑発を行わないよう強く求めた。

 通商政策に関して、両首脳は「アジア太平洋地域に自由でルールに基づいた公正なマーケットを日米両国のリーダーシップのもとで作り上げていく」ことを確認。トランプ氏は会見で「貿易を自由で公平なものにし、日米両国が恩恵を受けるようにしたい」と表明した。

 両首脳は会談後、日米同盟と経済関係をさらに強化する決意を確認した共同声明を発表した。首相はトランプ氏の年内訪日を招請し、トランプ氏は受け入れた。

 両首脳は10日、昼食をともにしながらさらに意見交換する。その後、大統領専用機「エアフォースワン」でそろってフロリダ州に移動し、トランプ氏が別荘にしている会員制リゾートに滞在。11日にはゴルフをする予定だ。




日米首脳会談、安保・貿易での関係強化で一致
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000000-jij_afp-int

news日米首脳会談、安保・貿易での関係強化で一致

news日米首脳会談、安保・貿易での関係強化で一致2


【AFP=時事】(更新)訪米中の安倍晋三(Shinzo Abe)首相は10日、米首都ワシントン(Washington D.C.)のホワイトハウス(White House)でドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領と会談した。会談後の共同記者会見で両首脳は、安全保障と貿易の両面での関係を強化していく意向を表明した。

 両国関係をめぐっては、トランプ氏の対日防衛義務に対する疑念や環太平洋連携協定(TPP)からの離脱決定が影を落としており、安倍首相は今回の訪米で関係修復を目指していた。

 一方のトランプ氏も共同会見で、「われわれは日本の安全保障に関与する」と表明。「両国間の絆、そして両国民間の友情は、とても、とても深いものだ」とした上で、「現政権はより緊密な関係を目指していく」と語った

 貿易面では、日米双方の利益となる関係を構築すべきだという点で一致。トランプ氏は「経済については、われわれは自由かつ公平、互恵的な通商関係を目指していく」と語り、一方の安倍首相は、日米両国がルールに基づいた公平な市場の構築に向けた主導的役割を担うべきとの見解を示した。

 両首脳は翌11日、トランプ氏が南部フロリダ(Florida)州に所有するリゾート施設マーアーラゴ(Mar-a-Lago)でゴルフに興じる予定だ。【翻訳編集】 AFPBB News




トランプ氏「米軍を受け入れてくださり感謝」 首脳会談
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000021-asahi-pol

newsトランプ氏「米軍を受け入れてくださり感謝」 首脳会談


 安倍晋三首相とトランプ大統領は10日昼(日本時間11日未明)、米国のホワイトハウスで会談し、その後、共同記者会見に臨んだ。

 両氏は日米同盟が重要で、アジア太平洋地域の安定の礎になるという認識で一致したと発表。トランプ氏は在日米軍について、「米軍を受け入れてくださり、(日本に)感謝している」と述べるとともに、「日本の安全保障に関与する」とした。

 また、首相は会談で、沖縄県の尖閣諸島が米国の日本防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用範囲であると確認したことを明かした。北朝鮮による核・ミサイル開発や中国の南シナ海、東シナ海への海洋進出などに連携して取り組むことでも一致した。

 会談では、経済関係強化の具体策を検討するため、麻生太郎副総理とペンス副大統領をトップとする対話の枠組みを作ることで合意したという。自由な貿易や投資の拡大をめざす。

 トランプ氏が「不公平」と批判してきた自動車貿易について、首相は日本の自動車メーカーが米国内での生産を増やし、雇用創出に貢献してきたと強調した。

 トランプ氏は、10日午後に大統領専用機のエアフォースワンで首相と一緒にフロリダ州のパームビーチに移動し、11日にゴルフをすることに触れ、「非常に実りある週末を過ごしたい」と笑顔で語った。(ワシントン=高橋福子)




尖閣に安保、声明で明記=経済協議枠組み創設―貿易、2国間で議論へ・日米首脳会談
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000008-jij-pol

news尖閣に安保、声明で明記=経済協議枠組み創設―貿易、2国間で議論へ・日米首脳会談


 【ワシントン時事】安倍晋三首相は10日午後(日本時間11日未明)、トランプ米大統領とホワイトハウスで初の首脳会談を行った。

 両首脳は日米同盟と経済関係を一層強化することで一致。沖縄県・尖閣諸島について、米国の対日防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象だと確認した。また、投資・雇用の拡大策などを話し合うため、麻生太郎副総理とペンス副大統領らによる経済協議枠組みの創設で合意した。

 両首脳は会談で、安全保障と経済の両面での協力強化をうたった共同声明を取りまとめた。日本防衛で核戦力を含む米国の抑止力提供を確認するとともに、尖閣諸島への安保条約適用も明記した。

 大統領は会談後の共同記者会見で、「日本の安全保障にコミットメントを持つ。アジア太平洋地域の平和と安定が日米にとって重要だ」と強調。米軍の日本駐留に「感謝する」と述べた。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設推進でも一致した。

 両首脳は共同声明で、南シナ海情勢に関し「拠点の軍事化を含め緊張を高め得る行動を避け、国際法に従って行動することを求める」と表明し、中国をけん制した。

 トランプ政権が環太平洋連携協定(TPP)離脱を決めたことを受け、両首脳は2国間の通商枠組みについて議論を行うことで一致。今後、日米間で自由貿易協定(FTA)交渉に入るかどうかが焦点となる。 




日米首脳会談「共同声明」の要旨
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000018-asahi-pol

news日米首脳会談「共同声明」の要旨


■日米首脳会談「共同声明」の要旨(2017年2月10日)

【日米同盟】

・日米同盟はアジア太平洋地域における平和、反映及び自由の礎

・日米安全保障条約第5条は尖閣諸島に適用される


・関係国に対し、南シナ海における緊張を高め得る行動を避け、国際法に従って行動することを求める

・北朝鮮に対し、核や弾道ミサイル計画を放棄し、さらなる挑発行動を行わないよう強く求める

・外務・防衛担当閣僚に対し、日米安全保障協議委員会を開催するよう指示

【日米経済関係】

・総理及び大統領は、相互補完的な財政、金融、構造政策という3本の矢のアプローチを用いていくとのコミットメントを再確認

・自由で公正な貿易のルールに基づき、日米間や地域の経済関係を強化する

・日米間の貿易・投資関係の深化と、アジア太平洋地域における貿易、経済成長、高い基準の促進に向けた両国の継続的努力の重要性を確認

・米国が環太平洋経済連携協定(TPP)から離脱した点に留意し、最善の方法を探求。日米で二国間の枠組みに関する議論を行うことや、日本が既存のイニシアチブを基礎として地域レベルの進展を引き続き推進することを含む


【訪日の招待】

・安倍首相はトランプ大統領を本年中に日本を公式訪問するよう招待し、ペンス副大統領の早期の東京訪問を歓迎した。トランプ大統領はこれらの招待を受け入れた



日米首脳会談、共同声明はまあこの1週間ぐらい

で想定された内容そのまんま、波乱なしでつね。


そして為替の話はなし(縛w

一切失点のない首脳会談(縛w



「日米の利益に沿うように市場を作る」

つまり支那地区は排除され、世界は日米の


二重帝国が支配するということでつね。


むしろ「米軍を受け入れてくださり感謝」とか


何でそんなに下手に出るのか?

まさかほんとに当選するまで日本の駐留経費負担


が世界最高だってことを知らなかったんじゃねー

だろうな?(縛w



まあこれで特にアメリカと敵対関係にならない

限りは防衛で余計な神経使うことはないでせう。


沖縄でわざとらしくレイプ事件が起きたり

墜落事故を起こしたりさせないことでつね。


こないだ副知事を地祭りに上げたので、そうそう

ナメたマネはできなくなったはずでつね。




しかし重要なのはこれから、

ごはんとゴルフですよ(縛w


表の話は会談をやる前に調整がついて共同声明の

文面も出来上がってるんだからどうでもいい。


しかし裏の話は声明なんか出ないし出せるはずも

ない密約。


雇用創出なんちゃらの話もまだ出てない。

何をやるのか、カネはどこから持ってくるのか、


それによってアメリカはどうなるのか、

その結果日本はどれだけ儲かるのか、


肝心なのはそこなんでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





安倍首相:「雇用を米国に取られた」という声、日本で聞いたことない
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-67480046-bloom_st-bus_all

news安倍首相:「雇用を米国に取られた」という声、日本で聞いたことない


安倍晋三首相は、ワシントンの米商業会議所で10日開かれた朝食会の冒頭であいさつし、ハッキングや独占禁止法などが世界の貿易を妨げているとの認識を示した。

首相はまた、米国で走るトヨタやホンダ車の7割以上は米国内で生産されていると説明。「雇用を米国に取られた」という声は日本では聞いたことがなく、日本側もビジネスができているとも述べた。

原題:Abe Frets About Trade in Chamber Speech Before Trump Meeting(抜粋)



「日本は文句言ってないんだからアメリカも文句

言うな」って言いたいんだろうが、


強欲なアメリカンには馬の耳に念仏でせう。


アホな記者が意味不明な戯言書いてるが、


× 独占禁止法などが世界の貿易を妨げている
○ 独禁法違反の不当廉売が世界の貿易を妨げている

だろが(縛w

独禁法を悪者にすんなよ。


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!




<トランプ大統領>「一つの中国尊重」…習氏と電話協議
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00000046-mai-int

news<トランプ大統領>「一つの中国尊重」…習氏と電話協議


 【ワシントン大前仁】米ホワイトハウスは9日、トランプ米大統領が中国の習近平国家主席と電話協議を行い、歴代米政権が堅持してきた台湾を中国の一部とみなす「一つの中国」政策を「尊重する」意向を伝えたと発表した。両首脳は相互に招待していく方針も確認し、今後の協力関係を築いていくことで一致した。

 トランプ氏は8日、1月の就任時に受け取った祝電への返礼として、習氏に対する親書を送ったばかりだった。

 トランプ氏は大統領選後、慣例を破って台湾の蔡英文総統と電話協議したり、「なぜ一つの中国に縛られなければいけないのか」などと発言したりし、両国の関係が緊張していたが、今回の電話協議で、関係の立て直しを図った格好だ。




トランプ氏顧問、娘ブランド「買って」とホワイトハウスから 倫理違反と
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-38927370-bbc-int

newsトランプ氏顧問、娘ブランド「買って」とホワイトハウスから 倫理違反と


ドナルド・トランプ米大統領の上級顧問、ケリーアン・コンウェイ氏は9日、ホワイトハウス記者室から米フォックス・テレビに出演し、トランプ氏の娘イバンカさんのファッションブランドを「買って」と発言を繰り返した。ホワイトハウス職員が民間企業や製品を推奨することを禁じる、連邦倫理規定違反だと批判されている。

コンウェイ氏は「お店に行ってイバンカのものを買って」、「自分もきょう、買いにくつもり。ここで無料コマーシャルをしますね。みんな、きょう買いに行って」と視聴者に呼びかけた。

これに対して、下院監査政府改革委員会のジェイソン・チェイフェッツ委員長(共和党)は、コンウェイ氏の発言は「一線を超えている、容認できないものだ」と批判。委員会の民主党筆頭理事と連名でトランプ大統領に書簡を送り、事実関係の正式な調査を促すつもりだと表明した。

チェイフェッツ氏はAP通信に対して、「対応が必要だ。議論の余地はない」と話した。

連邦政府の倫理規定は、ホワイトハウス職員が「いかなる商品、サービス、事業活動の推奨」もしてはならないと定めている。トランプ政権において、ホワイトハウス関係者が営利活動と関与し利益相反状態に陥る可能性について、様々な懸念が指摘されている。

ホワイトハウスのショーン・スパイサー大統領報道官は、コンウェイ氏は発言を受けて「指導を受けた」と説明。その上で、トランプ大統領のコンウェイ氏に対する評価はまったく変わらないとコメントした。

しかし複数の政治家がコンウェイ氏の発言を批判し、政府倫理局(OGE)の調査を要求。2つのリベラル系ロビー団体はすでに、OGEに苦情を申し立てている。そのひとつのロビー団体「パブリック・シチズン(公共の市民)」のクレイグ・ホルマン氏はAP通信に、「トランプ一族とトランプ政権の一部の関係者は、利益相反を禁止する法律や規則を、ないがしろにし続けている。コンウェイ氏の行動は、その態度を反映するものだ」と批判した。

オバマ政権の元主任倫理顧問弁護士で前駐チェコ大使のノーマン・アイゼン氏(ブルッキングス研究所客員研究員)も米MSNBCに対して、「規則違反」で「重大な問題だ」と述べた。



荒ら屋さん、さとしゅんさん、情報ありがとうございます。


一つの中国-Wikipedia

wiki一つの中国


日中共同声明を踏襲し「中華人民共和国を中国の唯一の合法的政府」と承認 (recognize) し、「台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一部である」と表明する「中華人民共和国政府の立場を十分理解し尊重する (understand and respect)」 として、現状では中華人民共和国の主張も支持はしていないが、中華民国の主張は支持しないという立場を取っている。



何度も言う通り、尊重はしてますよ、

尊重はね(縛w


尊重しかしてませんけど(縛w


前から胡散臭ぇと言ってるコンウェイが、


わざとらしく公私混同したりCNNに出て

土下座したりして露骨にトランプマンの足を


引っ張ってるわけでつね。


おそらく選挙中にエ下劣や支那地区によさげな


ことを言わせてたのがトリニティなコンウェイで

選挙後トランプマンが思惑通りに動かなくなった


のでわざとらしく足を引っ張り始めたんでせう。


そこでトランプマンは一旦引いて政権内部の


沈静化を図るってことでせう。

そう遠くないうちにコンウェイは斬られる


でせうな。


トランプマンはツイッターで「販売打ち切りは


許せない」とはいったが「買え」とは言ってない

わけで、一線を越えたコンウェイは処分しなけれ


ば火種を残すだけ。


麻生とペンスのコンビが結成されればそこで経済


の話は動き出すのでBBAはもうお払い箱(縛w

日米首脳会談が終わって落ち着けば消えてもらわ


なければならないでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

このケリーアン・コンウェイという方、注意した方が良いと感じますね、パンピーの自分からみても。なんか面倒臭い&胡散臭い感じがする。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR