現在の閲覧者数:

負けイヌたちが火病祭り

.
北朝鮮がミサイル発射=日本海に落下、ノドンか―トランプ政権発足後初
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00000017-jij-kr

news北朝鮮がミサイル発射=日本海に落下、ノドンか―トランプ政権発足後初


 【ソウル時事】韓国軍合同参謀本部などによると、北朝鮮は12日午前7時55分(日本時間同)ごろ、北西部の平安北道・亀城から弾道ミサイル1発を発射した。

 ミサイルは約500キロ飛行し、日本海に落下。日本の防衛省関係者は、射程約1300キロの「ノドン」との見方を示し、高い高度に打ち上げて迎撃を難しくする「ロフテッド軌道」がとられた可能性もあると指摘した。

 トランプ米政権の発足後、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したのは初めて。日米首脳会談に合わせ、弾道ミサイルの能力を誇示し、日米をけん制する狙いがあるとみられる。

 韓国メディアによると、ミサイルが発射されたのは亀城の方※(※山ヘンに見)飛行場とみられる。韓国軍は中距離弾道ミサイル「ムスダン」(同2500~4000キロ)の改良型の可能性もあるとみて分析している。

 ロイター通信によると、米軍当局者も北朝鮮によるミサイル発射を確認した。ただ、ミサイルの種類など詳細は分析中という。トランプ大統領にも発射の事実は伝えられた。

 菅義偉官房長官は12日午前、臨時に記者会見を行い、「日米首脳会談直後だったことを考えてみても、わが国や地域への明らかな挑発行為だ」と非難。北朝鮮に厳重に抗議したことを明らかにした。船舶や航空機への被害は確認されていない。

 訪米中の安倍晋三首相は関係省庁に対し、情報収集・分析に全力を挙げ、不測の事態に備えて万全の態勢を取るよう指示した。

 韓国の黄教安大統領代行(首相)は「国際社会とともに、相応な対応を取るよう最善を尽くす」と強調した。 




北朝鮮ミサイル発射 菅官房長官「断じて容認できず」 日本海に落下 被害情報なし
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00000512-san-pol

news北朝鮮ミサイル発射 菅官房長官「断じて容認できず」 日本海に落下 被害情報なし


 菅義偉官房長官は12日午前の記者会見で、北朝鮮西岸から同日午前7時55分ごろ、弾道ミサイルが発射されたと発表した。弾道ミサイルは約500キロ飛行し、日本海の排他的経済水域(EEZ)の外に落下した。航空機や船舶への被害は確認されていない。政府は北京の大使館ルートで北朝鮮に抗議するとともに、国連安全保障理事会の非常任理事国として、断固たる措置を取るよう関係国への働きかけに着手した。

 北朝鮮が弾道ミサイルを発射したのは昨年10月以来。菅氏は会見で「極めて問題のある行為であり、安全保障理事会決議などへの明白な違反だ。北朝鮮による度重なる挑発行為を断じて容認できない」と厳しく非難した。

 また、ミサイル発射が日米首脳会談の直後だったことに言及し「わが国や地域への挑発行為だ」と指摘。「首脳会談でも確認された通り、北朝鮮に対し核および弾道ミサイル計画を放棄し、さらなる挑発行動を行わないよう強く求めていく」と強調した。

 訪米中の安倍晋三首相は、▽情報収集・分析と国民への迅速・的確な情報提供▽航空機、船舶の安全確認の徹底▽不測の事態に備えた万全の態勢-の3点を指示した。政府は国家安全保障会議(NSC)の関係閣僚会合を官邸で開き、情報収集と分析に当たった。

 岸田文雄外相は外務省で記者団に「累次の安保理決議や日朝平壌宣言に違反するものだ」と指摘し、日米韓3カ国での情報共有や安全保障面での協力強化などを指示したと明かした。稲田朋美防衛相は自衛隊に対し、情報収集・分析と警戒監視に全力を挙げるよう指示した。




<日米首脳>北朝鮮を非難 大統領「日本を100%支持」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00000029-mai-int

news<日米首脳>北朝鮮を非難 大統領「日本を100%支持」


 【パームビーチ(米南部フロリダ州)会川晴之】訪米中の安倍晋三首相とトランプ米大統領は11日夜(日本時間12日昼)、米南部フロリダ州のパームビーチで共同会見し、北朝鮮が12日朝に弾道ミサイルを発射したことを強く非難した。
 安倍首相は「北朝鮮のミサイル発射は断じて容認できない。北朝鮮は国連決議を完全に順守すべきだ」と北朝鮮を強く非難。トランプ氏との首脳会談の席で、この問題を話し合い、米国も日本の主張を強く支援すると明言したことを明らかにした。さらに首相は「日米同盟をさらに緊密化し、強化することで完全に一致した」と述べた。

 一方、終始厳しい表情で首相の発言を聞いていたトランプ氏は、「米国は100%、同盟国の日本とともにある」と述べた。質問は受け付けなかった。

 会見は、北朝鮮のミサイル発射を受けて緊急に設定され、両首脳が滞在するトランプ氏の別荘で開かれた。



日本やアメリカに対する挑発なら日米首脳会談の

前にやるはずだろ(縛w


日米を狙うと言いながらゴルフが終わったぐらい

のときに撃つとしたらヘタレでしかない(縛w


つまり狙いは日米じゃない。


北チョンが騒動を起こせば起こすほど支那地区の


クビが締まるのはいつも通りのお約束。

やればやるほど日米関係を強化。


そして北チョンには国連決議違反の追加制裁。

安保理では支那地区に集中砲火。


追加制裁に抵抗すれば去年の北チョン関連企業の

摘発要求のようにアメリカから圧力を受ける。



共同声明に北チョンに対する連携強化の明記、

共同声明で尖閣明言、ならば北チョンは支那地区


に対して大義名分を主張できる(縛w


世界は日米の反応に注目し、


日米は世界に結束をアピールできる(縛w

つまり日米朝合同演習(縛w


支那地区はいつも通りババを引かされる。


そして発射の兆候すら掴めなかった


役立たずのバカチョン(縛w


日本は被害者ヅラしながら、実は支那地区と


バカチョンが赤っ恥掻くのが日米朝合同演習、

ということでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





米、北朝鮮の水害に1億円提供 制裁強化巡る米中取引で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00000002-asahi-int

news米、北朝鮮の水害に1億円提供 制裁強化巡る米中取引で


 北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、「米国政府が朝鮮北部地域での昨年の水害で、人道支援を提供することにした」と報じた。米韓関係筋によれば、米国のオバマ前政権が、対北朝鮮制裁をめぐる国連での米中間の取引の結果、国連児童基金(ユニセフ)を通じて100万ドル(約1億1千万円)の人道支援を行うことにしたという。

 同筋によれば、昨年11月末に国連安全保障理事会が新たな対北朝鮮制裁決議を採択した際、米国が中国に制裁強化への同調を要請。中国は応じる代わりに、制裁の対象は金正恩(キムジョンウン)政権に限るべきだと改めて主張したという。

 オバマ政権も、北朝鮮による人権侵害を批判したが、北朝鮮当局と市民を区別するため、国際機関が要請した水害に対する人道支援に応じる必要があると判断した。

 米政府側はこうした趣旨を韓国側に伝え、理解を求めたという。韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の職務執行権限が昨年12月、国会の弾劾(だんがい)決議で停止されたことも影響したとみられる。韓国は昨年、北朝鮮による核実験などに反発し、人道支援にも応じない政策に転じた。世界中の在外韓国公館を通じ、日米を含む各国に対して北朝鮮への人道支援について「金正恩政権や軍に流用される可能性がある」と主張。慎重な検討を要請していた。

 国連人道問題調整事務所によると、北朝鮮の咸鏡北道(ハムギョンブクト)などを昨年8月末から9月初めに襲った台風による洪水被害の死者・不明者は500人を超え、約6万9千人が住まいを失った。(ソウル=牧野愛博)



「北チョン制裁ザマァニダ!」とか喚いてた

クズ野郎、号泣脱糞悶絶卒倒憤タヒ火病
wwww

1億円お支払いしてんじゃねーか!!!!

しかも支那地区の要求で!!!!


なにぬかホルホルしてんだ!!!!

また負けたのか!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





日米首脳、ゴルフで蜜月アピール
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170211-00000071-jnn-pol

news日米首脳、ゴルフで蜜月アピール


 アメリカのトランプ大統領の招待でフロリダ州を訪れている安倍総理大臣は11日、トランプ氏所有のゴルフコースをくつろいだ雰囲気で一緒にプレーしました。現地から記者の報告です。

 安倍総理とトランプ大統領は昼食と数ホールのゴルフを楽しんだこちらのコースを後にしたのですが、その前にも1ラウンドを楽しみました。

 現地時間の午前9時すぎに、ウエアを着込んだ両首脳は大統領専用の車両に乗り込み、トランプ氏所有のメンバー制コースに向かいました。最高気温24度、快晴のなか、トランプ氏の側近が投稿したツイッターの映像では多くのメンバーに囲まれながら練習場に赴く両首脳の姿が写されています。トランプ氏自身も安倍総理とハイタッチをする写真を投稿して「総理をアメリカで歓待できてグレートな時間を過ごしている」蜜月ぶりをアピールしました。

 政府関係者が「かなり盛り上がった」というゴルフは、予定を変更して昼食を挟まず18番まで続けた後、私がいるコースに移動してさらに数ホールまわって、このあとは2度目の夕食会に臨みます。一連の費用はトランプ氏が個人的に支払うということですが、極めて異例なゴルフのハシゴに食事にとトランプ流の大接待を受けた安倍総理、トランプ氏相手に毅然とした姿勢を示す必要に迫られた場合、内外からの厳しい視線が向けられそうです(12日06:46)




<日米共同記者会見>強硬姿勢を封印 巧妙「トランプ流」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00000004-mai-int

news<日米共同記者会見>強硬姿勢を封印 巧妙「トランプ流」


 安倍晋三首相との共同記者会見で、トランプ米大統領が選挙戦で示したような対日強硬姿勢は鳴りを潜めた。そこには、譲歩したようにみえて、実利を得ようとする巧妙な「トランプ流」が垣間見えた。

 「米国民は日本とその伝統に対し、深い尊敬の念を抱いている」。トランプ氏の安倍首相への配慮は、用意した紙を読み上げた会見の冒頭発言から目立った。

 「日本が経済面でも安全保障面でも米国に『ただ乗り』していると描く1980年代のレトリック」(笹川平和財団米国のジェフリー・ホーナン研究員)を多用してきたトランプ氏だが、この日は封印。象徴的なのが安保分野で、負担増要求に応じなければ在日米軍の撤退の可能性までちらつかせていたが、「首相そして日本の人々に対し、米軍を受け入れてくれていることについて感謝したい」とまで語った。また沖縄県・尖閣諸島に対する防衛義務を果たす立場に言及し、共同声明にも盛り込んだ。

 トランプ氏が最重要視するのは米国内の雇用創出であり、対日関係でも貿易不均衡の改善や2国間での自由貿易交渉を狙う。将来、通商問題での譲歩を迫るため、今回は安保分野で日本側に「満額回答」を示したとも言える。

 また、尖閣諸島に対する防衛義務は、実際にはオバマ前政権の政策を踏襲しただけだが、これまで強硬姿勢をとっていただけに、「譲歩した」と思わせる効果もあった

 中国の習近平国家主席との初の電話協議が9日夜、首相の到着後に行われ、「一つの中国」政策を認めたことも対日けん制との見方もある。米ライシャワー東アジア研究所のケント・カルダー所長は「トランプ氏が安倍首相に多くの(交渉)カードを持っていると示そうとした」とみる。その上で、日本との同盟関係を重視するばかりでなく、中国と対峙(たいじ)させ、米国自身はアジア地域から引いていく危険性があると指摘する。

 一方、トランプ氏の過激な外交姿勢がトーンダウンしているとの分析もある。トランプ政権にとって、日本に対する同盟関係の確認と、中国に対する「一つの中国」政策は重要な「交渉カード」のはずだった。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は、ティラーソン国務長官が中国との緊張を解くために「一つの中国」政策を認めるよう助言したと紹介。アジア訪問を終えたマティス国防長官も含め経験豊富な側近がトランプ氏の外交姿勢に影響を与えていると指摘した。【ワシントン西田進一郎】




<日米首脳会談>対日圧力、再来の恐れも 経済対話設置
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00000009-mai-bus_all

news<日米首脳会談>対日圧力、再来の恐れも 経済対話設置


 日米首脳会談では、日米間の経済問題を包括的に話し合う2国間の経済対話設置が決まった。日米間に貿易摩擦が起きた過去には、米国の圧力を受ける形で協議の場が設定されてきたが、今回は日本側から提案。ただ、これまで「対日圧力」の場となってきただけに、日本側の思惑通りに進むかは見通せない。

 「いろいろな可能性を探るため日米で協議するのが今回の枠組みだ。枠組みを作ったことに意味がある」。新たな日米の経済対話の設置について、首相同行筋はそう評価した。経済対話では、経済、財政政策や通商問題などを話し合う。

 過去の経済協議は、貿易不均衡を問題視する米側の圧力で設置されてきた。1983年に発足した「日米円ドル委員会」は為替相場や日本の金融・資本市場の自由化が議題となった。大口預金の金利自由化や国際的な円取引市場の整備、外銀の日本進出などにつながった。89年に始まった「日米構造問題協議」は、米側が内需拡大や規制緩和を要求。日本側は10年間で約430兆円の公共投資を打ち出したほか、大規模小売店の出店規制の緩和などを進めた。

 93年スタートの「日米包括経済協議」は、米の要望で、簡易保険の縮小や板ガラスの市場開放、米国製自動車部品購入の数値目標導入など個別分野が議題となった。米側はスーパー301条(不公正貿易慣行国への制裁条項)をちらつかせて改善を迫った。2001年に始まった「成長のための日米経済パートナーシップ」では、米側は毎回公表した「年次改革要望書」で規制緩和を求めた。

 2国間協議では、米国は圧倒的な経済力、軍事力を含めた国力差で相手国に対し交渉を有利に進めることができる。米国と日本が2国間の自由貿易協定(FTA)の交渉を始めた場合、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)で関税撤廃を免れたコメや牛肉などはTPP以上の市場開放を迫られかねない

 日本側には、かつてはTPPに賛同し、「もともと自由貿易主義者」(政府関係者)のペンス氏の下で、日本に不利になりかねない2国間のFTAを回避する狙いがあるが、トランプ氏が自動車分野などで強硬姿勢を続ければ、再び、対日圧力の場になる懸念もある。【井出晋平、宮川裕章】




<日米首脳会談>各国、思惑うごめく 親密ぶりに関心・警告
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170212-00000002-mai-int

news<日米首脳会談>各国、思惑うごめく 親密ぶりに関心・警告


 トランプ米大統領は10日の日米首脳会談で、日米同盟の重要性を再確認した。「米国第一主義」を掲げるトランプ氏は、同盟関係を軽視するような発言を繰り返したり、通商・貿易問題で強硬姿勢を見せたりしてきた。それぞれの思惑を抱える各国・地域は、トランプ氏がどのような姿勢で会談に臨んだのかに注目した。

 ◇英国

 【ロンドン矢野純一】英フィナンシャル・タイムズ紙(電子版)は、先月の米英首脳会談と比較して「安倍氏は4度も食事をして、ゴルフもする」と報じた。一方、「(トランプ氏の発言は)予測が付かず、安倍氏は関係を強めることに夢中になるべきではない」との識者の談話を掲載した。

 メイ氏は、トランプ氏の大統領就任後、最初に会談した首脳として、両国関係の緊密化を強調。しかし、会談後にトランプ氏が中東諸国などからの入国を一時禁止する大統領令に署名。英国内では大統領令への批判と同時にメイ氏も批判にさらされた。メイ氏は「この政策は間違っている」と述べ、米国との距離の取り方に苦心する姿勢をにじませた。

 英首相官邸の報道官は今月1日、日米首脳会談について「英国は、すでに築かれている、あらゆるチャンネルを確実にすることで意見が異なる問題でも議論できる」と話し、米国にも意見を言えることを強調した。

 ◇韓国

 【ソウル米村耕一】韓国は米国との同盟関係や対米貿易黒字など日本と類似する問題を抱えており、トランプ大統領の対日政策が韓国にとっても参考になるとして大きな関心が持たれている。

 聯合ニュースは11日、「トランプ氏が北朝鮮の核・ミサイル問題の優先順位は高いと明言」などと日米首脳による共同記者会見の内容を次々に速報。首脳会談後の共同声明で「日米韓の3カ国協力の重要性」を確認したことについて、「韓国にとっても肯定的なメッセージだ」との専門家の分析を伝えた。

 ◇ロシア

 【モスクワ真野森作】ロシアは安全保障の観点から注目している。日米同盟の動向はアジア太平洋地域の安保環境を左右し、ロシアが開発に力を入れる極東地域にも波及しうるからだ。

 10日付の露有力紙「コメルサント」は今回の会談に関して「日米は経済分野で意見の相違はあるが、中国抑止では一致している」と分析した。

 ロシアにとって中国との協力関係は重みを増しているほか、対中抑止を理由とした米国の軍備増強はパワーバランスの観点から容認しがたい。

 親露的と報じられるトランプ氏が実際にどんな対露外交を進めるかは「現状では予測困難」(カーネギー国際平和財団モスクワセンターのアジア太平洋専門家、ガブエフ氏)との見方があり、トランプ氏の対日外交は今後を占う材料ともなりそうだ。

 ◇中国

 【北京・石原聖】日米首脳会談の直前に習近平国家主席がトランプ大統領と初めて電話協議を行い、対米関係を始動させた中国では、国営新華社通信が「同盟と経済貿易の関係強化で一致」と報道。共同記者会見でトランプ氏が「米中がうまくやることは中国、日本、米国を含むアジア太平洋の各国に有益」と述べるなど中国への配慮もあったと伝えた。アジア太平洋地域の行方を探る場と位置づけて高い関心を示した。

 中国中央テレビ(CCTV)が尖閣諸島への日米安全保障条約の適用確認を伝えるなど、中国では日米同盟が「揺るぎない」点とともに「ゴルフ外交」を通じ、親密さの演出に腐心したことが報じられた。国際情報紙・環球時報は「日本は貿易の2国間交渉に応じて譲歩し、安保の約束に換えた。だが、効果は限定的」と批判的に伝えつつ、トランプ外交は取引重視と中国が受け止め、警戒感を強めたこともうかがわせた。

 ◇欧州

 【ベルリン中西啓介、パリ賀有勇、ブリュッセル八田浩輔】欧州諸国は安全保障や2国間貿易の拡大に関心を寄せた。ドイツのシュピーゲル誌(電子版)は、日本が為替操作や不公正な自動車輸出をしていると述べた過去のトランプ大統領の発言を取り上げ「意見の不一致はどうやら解消されたようだ」と指摘し、「安倍晋三首相はトランプ氏に顔をしかめない数少ない首脳の一人だ」と伝えた。

 フランスのルモンド紙(電子版)も「暗雲が垂れこめた日米の経済協力関係を明確にさせる意味がある」とし、日本側が米国の雇用創出や投資拡大に貢献する経済協力を引き合いに「ゴルフと贈り物で機嫌をとることができるかどうか」と皮肉交じりに報じた。

 一方、欧州連合(EU)のモゲリーニ外務・安全保障政策上級代表(外相)は11日、ティラーソン国務長官らとワシントンで初会談し、イラン核開発をめぐるイランと欧米など主要国の合意について「完全履行の意向を聞くことができ、安心した」と述べた。



この引用記事4本とも変態新聞系(縛w

「蜜月アピールのためにゴルフニダ!」
「今後厳しい目が向けられるニダ!」
「日米構造協議ニダ!」
「対日圧力ニダ!」

日米首脳会談大成功で火病を発症した変態新聞が

果てしない嗚咽と慟哭(縛w



蜜月だからゴルフをするだけ、

難癖付けるのはキサマら反日サマナだけ、


アメリカが再生するためには日本の協力が

必須なだけ、以上!!!!(縛w


一瞬で論破されるマスゴミブザマ杉(縛w


毛唐マスゴミ・シナチョンマスゴミも必死杉。


エ下劣との首脳会談を先にやって逆手に取ると

いう予言が的中したエ下劣は


「4回もごはん食べて悔しいニダ!」
「安倍はトランプマンと関係強化するなニダ!」

と露骨に妨害、わかりやす杉(縛w


支那地区は「効果は限定的アル!」といつも通り


全く根拠を示さず願望で喚く(縛w


バカチョンは「宣言にウリも入ってるニダ!」と


ホルってるが、それが慰安婦捏造で土下座しろ

という意味だと分かってんのか?(縛w


土下座できなければ北チョンに黒コゲにされて

おしまいだ!!!!(縛w



しかし、並び順がエ下劣、バカチョン、その他

とか、変態新聞も露骨でんなぁ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR