現在の閲覧者数:

【支那地区通信】日米露による支那地区包囲網で撃沈寸前

.
トランプ大統領を米議会支持の見通し、中国を為替操作国に認定なら
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-38576021-bloom_st-bus_all

newsトランプ大統領を米議会支持の見通し、中国を為替操作国に認定なら


トランプ米大統領が大統領選中の公約通り中国を為替操作国に認定した場合、議会は支持するだろうと、上院外交委員会メンバー2人が指摘した。

リンゼー・グラム議員(共和、サウスカロライナ州)は19日、ドイツ・ミュンヘンで開かれているミュンヘン安全保障会議のパネル討論会で、共和党が多数派の米議会には対中国の行動で団結する機会があると発言。「中国の為替操作国認定には超党派の支持がある。私が望んでいるのは中国との争いではなく、関係改善だ。しかし中国の行動には対抗する必要がある。為替操作は米議会を団結させる可能性のある問題になると思う」と説明した。

ジーン・シャヒーン議員(民主、ニューハンプシャー州)は「米政権の対中政策がどうなるか私にはまだ分からない」とした上で、「『1つの中国』政策は非常に重要だと思う。中国は為替操作国であるという見方に私は同意するし、この点で議会には超党派の合意が存在すると私はみている」と語った。

原題:Trump Seen Having Support If He Dubs China Yuan Manipulator (1)(抜粋)



和さん、情報ありがとうございます。

支那地区為替操作国認定キタwwwwwwwwww

民主党も「早くやれや!」って言ってたんだから

当然賛成だよな!!!!(縛w


あとはトランプマンが命令するだけ。


支那地区が為替操作をやめなければ制裁発動。

北チョンと支那地区の分断から空母派遣、


為替操作国認定へと流れるような展開(縛w


追い詰められた支那地区に逃げ場なし!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





中国車が排斥されそう・・・ロシアで中国車に「パクリ」と批判=中国報道
http://news.livedoor.com/article/detail/12696167/

news中国車が排斥されそう・・・ロシアで中国車に「パクリ」と批判=中国報道


 中国国内で日系車はしばしば排斥や不買のやり玉に挙げられるが、それでも品質や信頼性、燃費性能の高さを背景に好調な販売を続けている。不買の声を物ともせずに販売台数を伸ばすことができているのは、それだけ中国人消費者にとって確固たる魅力があるためだと言えるだろう。

 中国メディアの今日頭条は18日、中国人が日系車の排斥を叫ぶのとは別の理由で、ロシアでは中国車に対する批判の声があがり、結果として排斥につながりかねない状況と伝えている。

 中国人消費者が日系車の排斥を主張するのは、愛国心や歴史問題を背景とした反日感情が背景にあるためだが、ロシアで中国車に対する批判の声があがったのは一体なぜなのだろうか。

 記事は、ロシアで発売された一部の中国車が「日本車のデザインにそっくり」だとして、ロシアメディアから「パクリ」、「厚顔無恥」などと激しく批判されていることを紹介。また、ロシアメディアは、中国の自動車メーカーがこれまでに行ってきたパクリの事例まで引っ張り出したうえで、中国車に対する批判を展開したと紹介し、ロシアにおける中国車のイメージは著しく悪化したと報じた。

 中国のように「不買」や「排斥」を積極的に呼びかけるロシア人消費者はいないだろうが、ロシアメディアから「パクリ」だと批判された中国車を購入したいと考えるロシア人消費者もいないだろう。日本車のデザインをパクったことで、その中国車は結果としてロシア市場から排斥されてしまいかねない状況のようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)



ロシアがイスカラオチテキタwwwwwwwwww

トランプマン政権から親露勢力が排除された途端

ビビり上がって掌返すロシア!!!!(縛w

池に絵にされたのは支那地区!!!!(縛w



第2次日本海海戦もバルチック艦隊撃滅!!!!

第2次日露戦争も日本の勝利!!!!


未来永劫逆らわない姿勢を

とっとと見せろ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





海外不動産買いの中国人、資本流出規制強化で資金難深刻に
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-02-15/OLFPVZ6VDKHS01

news海外不動産買いの中国人、資本流出規制強化で資金難深刻に


中国政府の資本流出規制強化が世界の不動産市場を身震いさせている。

  ロンドン最高層のタワーマンションの一室を3カ月前に大騒ぎして買った中国人が今、頭金の送金に苦しんでいる。シリコンバレーでは中国からの物件問い合わせが今年に入り減ったと、不動産仲介業者ケラー・ウィリアムズ・リアルティーが指摘する。そして中国・オーストラリアの2国間に関するコンサルティングを手掛けるベーシス・ポイントによれば、シドニーでは中国人の住宅購入者が減ったことで開発業者が頭を抱えている。

  ケラー・ウィリアムズに勤める米カリフォルニア州クパティーノの不動産業者、ココ・タン氏は、中国からの海外送金がより困難になったことで「全てが様変わりした」と話す。

  中国が海外送金に新たな制限を加えてから1カ月もたたない時点で不動産業者や住宅保有者、開発業者から受けた事例報告をみると、新規制はすでに世界不動産市場での未曽有の購入ブームに重しとなっているようだ。中国からの需要がすぐ消えうせるとは誰も見込んでいないが、今回の取り締まり強化は、海外に資金を持たずに資本規制を回避する専門知識にも乏しい住宅一次取得者に購入を思いとどまらせている。

  上海に住む元公務員のチェン氏(66)は、「あまりにもややこしいなら引き下がる」と話す。規制当局の調査対象になるのを避けるため下の名前を伏せて取材に応じた同氏は、メルボルン西部にある240万元(約4000万円)の住宅の購入に向け昨年8月に30万元の頭金を支払ったが、購入をあきらめるかもしれない。今月中にまた、まとまった支払いが同氏を待ち構えている。

  チェン氏を含む多くの中国人を動揺させた規制強化は昨年12月31日、国家外為管理局(SAFE)からの声明で発表された。数時間後には中国人の年間外貨割当額がリセットされるというタイミングだった。SAFEが示した新たな要件の一つは、外貨を購入する国民は年間5万ドルという外貨割当額を海外不動産投資に使わないという誓約書に署名が必要というものだった。違反者は政府の監視対象者リストに載り、外貨入手を3年間禁じられ、資金洗浄捜査の対象になる。

  中国で最も人気が高い不動産ウェブサイトを運営するファン・ホールディングの海外事業部バイスプレジデント、ワン・ニン氏は「顧客の多くが懸念を抱いており、ちゅうちょし始めている」と話す。当局はこれまでも長いこと不動産購入への外貨の使用を禁じてきたが、証拠文書が要件に加えられたことは、政府が本気で取り締まりに乗り出してきたことを示唆している。

  テムズ川が眺望できるロンドンの67階建ての「ザ・スパイア(The Spire)」では分譲住宅が購入価格59万5000ポンド(約8500万円)から売り出されているが、ここでも購入予備軍がこの新規則に不意を突かれた。上海を本拠とするスパイアの開発業者、グリーンランド・ホールディングの広報担当者は1月12日、昨年末までに売買契約を結び頭金を支払ったのは購入者の7割未満で、残りの購入者もここにきて何らかの「問題」に直面していると明かした。この担当者は会社規則を理由に匿名で取材に応じた。

  ベーシス・ポイントのクリストファー・トッド・ジョンソン氏は、中国の政策微調整は象徴的なものにすぎない印象があるが、これは中国人によるオーストラリア不動産購入の「目立った減少」を引き起こす公算が大きいと話す。入手できる最新統計によれば、オーストラリア政府は2015年6月までの1年間に中国から総額240億豪ドル(約2兆1100億円)の不動産投資を承認した。同国では中国が海外からの不動産投資で最も大きな割合を占めていたことになる。

  中国は先月26日、国内企業による資本流出についてもさらなる抑制に動き、本土外での投資計画がある企業に対し、資金の調達先を明示し、支出計画のさらなる詳細情報を示すよう求めた。

  前出の上海に住むチェンさんには、メルボルンの住宅購入から手を引くか、それとも中国の外貨規制違反もやむなしとするかの決断が刻一刻と迫っている。チェンさんは頭金の残りの80万元を2月末に送金することになっている。

  「将来の住宅ローン支払いは賃貸料所得でおそらくカバーできるが、海外にいま送金すべきかどうかというのが差し当たりの問題だ。どうすべきかよくわからない。あえて危険を冒さない方が安全だろう」と話した。

原題:China’s Army of Global Homebuyers Is Suddenly Short on Cash (1)(抄訳)




コラム:楽観論を捏造する中国、不動産市場の過熱ぶり隠ぺい
http://jp.reuters.com/article/china-real-estate-hide-idJPKBN15V0XD?sp=true

newsコラム:楽観論を捏造する中国、不動産市場の過熱ぶり隠ぺい


[香港 16日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国では1日また1日と、信頼できる経済指標が姿を消している。過熱する中国不動産価格の動向を示す独立経済指標2つが最近、静かに公表を停止した。

スモッグが濃さを増し、データが不鮮明になっている同国は文字通り、そして比喩的にも一段と不透明になっている。エコノミストらはポジティブな見方を貫くよう命じられている。

政府は公的に命令を発したことはないものの、不動産市場の自主規制は自発的に行われているようだ。ただ今回公表が停止されたのは、製造業の活動や大気汚染などを示す民間指標のうち、ごく一部に過ぎない。

ただ、信用できる情報がない中では、投資家は統計より口コミに頼りがちになる。過去の経緯からみて、一般の中国人は公式声明に対する根深い不信感を持っており、うわさに対してはパニックになった家畜の群れのようになる。中国政府が風説の流布の疑いで多くの処罰を行ってきたのはこれが理由だ。過去、未確認のうわさが株価急落、銀行破綻を招き、人々をボトル入り飲料水やヨード塩や粉ミルクの買い占めに走らせてきた。

不動産データにブラインドを下ろすのは、特に危険だ。家計や資金の貸し手は、政府が一段の価格抑制策を打ち出すのではないかと戦々恐々としている。公表が停止された捜房網(ソーファン・ホールディングス)(SFUN.N)の調査がこの見方を裏付けており、100都市の不動産価格上昇は公式統計を上回る大幅上昇となっていた。

不動産規制の強化に対する懸念は住宅価格の急落だけでなく、より危険な状況を誘発する可能性がある。不動産に投資している流動性のより高い債券や富裕層向け商品も急落する事態だ。

独裁体制における最もよく知られた、最も危険な自己欺瞞(ぎまん)は、楽観論を捏造(ねつぞう)することで人為的に本物の自信を生み出すのは可能だということだ。

最近まで中国政府は、事態が正しい方向に進んでいると国民に納得させることに関して、かなり良い仕事をしていた。だがそれは、事態が本当に改善していたという要因が大きかった。中国経済は実際急速に成長していたし、制度改革や社会の自由化も進んでいたのだ。

いまやファンダメンタルズは不安定となり、制度改革は後退し、反対意見は沈黙させられ、政府幹部は国民など簡単にだませるとの嘆かわしい錯乱に陥っているようだ。

だが、中国資本は引き続き海外脱出を目指す。政府が明かりを暗くすればするほど、何かが隠されているとの疑念を抱く国民は増えていくだろう。

●背景となるニュース

・中国の不動産ウェブサイト運営会社ファン・ホールディングス傘下のチャイナ・インデックス・アカデミー(中国指数研究院)が、国内100都市の月次の住宅価格指数の公表を昨年11月以来中止。

・E―ハウス・チャイナ(易居)も288都市の月次の住宅価格指数の公表を無期限に中止。


・ファンの会長は米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)に対し、公表停止は自分が主導したと説明。「影響力のある調査会社として、より安定的な市場動向を調べるのが良いと考えた」と述べた。

・昨年9月には、金融情報プロバイダーのマークイットが製造業購買担当者景気指数(PMI)の速報値の発表を停止。製造業PMIは公式統計と矛盾することが多かった。




アングル:中国企業、株式の私募発行ブームは風前の灯
http://jp.reuters.com/article/china-private-placement-boom-idJPKBN15W0D3?sp=true

newsアングル:中国企業、株式の私募発行ブームは風前の灯


[上海 17日 ロイター] - 中国企業はここ3年、盛んに株式の私募発行を行ってきたが、当局が投機的な慣行や怪しげな資金使途に目を光らせ始めたため、ブームは風前の灯となっている。

当局は株価が暴落した2015年半ば以来、新規株式公開(IPO)が株式市場の資金を吸収しているとしてIPOを厳しく制限してきた。このため企業は規制の緩い私募市場に目を転じた。

株式の私募発行は、2013年から16年にかけて5倍に増えて1兆1800億元(1720億ドル)に達した。一方で16年のIPO総額は1476億元にとどまっている。

しかし中国証券監督管理委員会(CSRC)は昨年末以来、私募発行の承認手続きを厳格化している。委員会は1月20日、私募発行で調達した資金が裏口上場や、無関係な業種への投資、商業上の利点が定かでない組織再編に使われているとの不快感を示した。

CSRCの広報、シャン・シャオジュン氏は「最大の問題は、一部の上場企業が(私募発行で)過剰な資金調達を行っていることだ。資金調達の仕組みが不合理である上、調達した資金を好き勝手に、かつ非効率に使っている」と話す。

シャンシャン・ファイナンスの株式取引責任者、ウー・カン氏は、私募市場が投機的な企業買収や資金の不正使用、場合によっては犯罪行為の「ブラックボックス」と化したと語る。

先月にはヘッジファンドの運用担当者が上場企業13社と結託し、これらのうち数社が行った私募発行に関与した上で、13社の株価をつり上げ、非公開情報で利益を得たなどとして投獄された。

市場参加者によると、CSRCは間もなく私募の規則を変更する見通しで、今後は再びIPOその他の公募へと振り子が戻ってきそうだ。

ウー氏は「今年は規制強化によって私募を通じた資金調達が劇的に減るが、IPO件数は増えるだろう」と見ている。

<理財商品>

CSRCは、10年前に制定された私募の規則は改定の機が熟したと認め、代替的な資金調達方法を後押しする意向を示している。

シャン氏は「CSRCは転換社債や優先株の市場を発展させ、上場企業による過剰な資金調達を抑制する」と述べた。

CSRCの懸案事項の一つは、企業が調達した資金を高利回りの理財商品に振り向けていることだ。

中国証券報によると、昨年は上場企業767社が合計7268億元相当の理財商品を購入した。

私募形式の株式発行は既に減少し始めているようだ。バンカーらによると、昨年1─9月はCSRCから私募の承認を得るのに要する期間は1、2カ月だったが、10─12月期には4カ月を超えるようになった。

上場企業の中にはCSRCから私募発行申請を却下されたり、自主的に私募発行の規模を縮小するところも出てきている。
一方でCSRCはIPOの承認を加速しており、プライスウォーターハウスクーパースは今年のIPO総額が前年比50%増の2500億元に達すると予想している。



和さん、情報ありがとうございます。

支那地区の胡散臭い金融市場が大混乱を極めてる

ようでつね。



情報公開の妨害、

海外投資の引き上げ、

私募株式(縛w


支那地区が海外からの投資引き上げを妨害する

なら、


世界各国も支那地区による投資引き上げを

徹底的に妨害しろよ!!!!


支那地区がやったことには

同じ痛みを味わわせろ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





「蓮舫」家に犬の糞トラブル勃発 近所住民からの大ヒンシュク
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170220-00517803-shincho-soci

news「蓮舫」家に犬の糞トラブル勃発 近所住民からの大ヒンシュク


「マッド・ドッグ(狂犬)」と呼ばれるマティス国防長官の来日に当初、安倍政権は戦々恐々だったが、こちらは民進党代表の「飼い犬」のトラブルである。蓮舫氏の母君がリードも付けずに犬を走らせ、おまけに糞の始末もそっちのけと近所の住人は怒るのだ。

 ***

 東京・目黒にある蓮舫氏の家では3頭の犬が飼われている。白いスピッツが2頭、茶色のトイプードルが1頭だ。夕方になると、母親の桂子さんが犬たちを連れて散歩に出かける姿をよく見かけるという。娘夫婦が忙しいこともあって、自然と母親の役目になってしまうのだろう。犬を連れた老婦人が閑静な住宅街を散歩する姿は微笑ましくもある。

 ところが、ご近所からはこんな声が上がっているのだ。

「蓮舫さんのお母さんは、いつも犬を連れてうちの前を通ります。白い犬にはリードを付けているんだけど、小さい方は放し飼い状態であちこち走り回るんですよ」

“事件”が起きたのは昨年の秋のこと。ご近所の住人が続ける。

「蓮舫さんのお母さんが知り合いの方と立ち話をしていたんです。すると、小さい方の犬がうちの前に走って来て、ウンチしちゃった。しかも、お母さんは、そのまま立ち去ろうとするじゃないですか。びっくりして“すみません! (ウンチを)取って下さい”ってお願いしたら、やっと始末してくれた。でも、よく見たらまだ残ってる。仕方がないので、水で洗い流したのです」

 言うまでもないが、犬を散歩させるときはリードを付け、糞は飼い主が拾うのが当り前である。ペットボトルに水を入れて持ち歩き、糞のあとを綺麗に流すのも最近よくみるマナーである。

 だが、トラブルは再び起きた。
■ないないないない! 

「それからしばらくして、また蓮舫さんのお母さんが犬を連れてやって来て立ち話をしていたのです。すると、やっぱり小さい方の犬が走って来て玄関前のマットにちょこんと座った。まずい! と思って追い払おうとしたのですが、後にはコロコロとしたのが何個も転がっていました。しかも、お母さんは、この時も立ち去ろうとしたので、声を掛けて取ってもらったのです。でも、後にはやっぱりウンチが残ってしまって……」(同)

 さすがに2度も“フン害”に遭ったのではたまらない。この住人は町内会長を通じて、蓮舫家に申し入れたものの、返事はなし。ウヤムヤになっているのだという。

 そこで母親の桂子さんに聞いてみると、

「チビちゃん(トイプードル)はリードを付けないでも私の横にくっついてくるの。3頭分もリードを持って歩けないから。でも、放すのは路地の誰もいないところだけ。そりゃあ、植え込みぐらいには入ったりするけれどね。植え込みは人の家じゃありませんから」

 だが、本誌(「週刊新潮」)が撮った写真(1)には、リードを外された犬たちが縦横無尽に走り回っている姿がバッチリ。さらに、ウンチの話になると、とたんに激しく否定するのである。

(ウンチを取らないなんて)そんなことない! 私は他の(犬の糞)まで全部取っているんですよ。だって公道で取らないわけないですよ」

 さらに聞こうとすると、

「ないないないない! そんなのは皆ウソ!」

 と聞く耳持たず。


 国会で忙しい蓮舫氏はこの“フン害”事件をご存知ないのだろうか。



日本の常識を弁えない支那地区人、

それがR4一族!!!!


何がウソだ!!!!

ご近所さんの証言に難癖付けるのか!!!!


うんこの始末もできないゴ民進、それはつまり

つまりゴ民進はうんこミンジョクである


なりすましバカチョンの始末もできない

役立たずだということでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





民進、自衛隊日報もブーメラン 民主政権時に南スーダン「戦闘」報告
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000045-san-pol

news民進、自衛隊日報もブーメラン 民主政権時に南スーダン「戦闘」報告


 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊の派遣部隊が昨年7月に作成した日報をめぐり、衆院予算委員会で野党による追及が続いている。15日には民進、共産、自由、社民の4野党が稲田朋美防衛相の辞任を求める方針で一致した

 確かに、当初は「不存在」とされた日報が再調査で見つかった経緯自体は粗末だった。もっとも、再調査を指示したのは稲田氏であり、日報が見つかったのは当初は調査範囲外だった端末なので、隠蔽(いんぺい)との指摘はあたらないだろう。

 民進党は、日報に記載された「戦闘」という文言を問題視している。PKO参加の前提となる紛争当事者間の停戦合意は崩れているという主張だ。

 だが、ここで民進党が触れない事実がある。旧民主党の野田佳彦内閣時代の平成24年春、隣国のスーダン軍が国境を越えて南スーダンを空爆し、他国のPKO部隊に被害が出るなどした。そして当時の報告にも「戦闘」と記されていた。

 それでも野田内閣は自衛隊の派遣を継続した。このとき自民党の佐藤正久参院議員の質問主意書には「主として(PKOの)活動地域外で発生し、規模も限定されている」と答え、武力紛争を否定している。


 いつものブーメラン芸だが、本当に懲りないとしかいいようがない。彼らが安全保障関連法の廃止を要求したときも、同党幹部らがかつて集団的自衛権の必要性を主張していたことが次々と指摘されていた。

 民進党が稲田氏を追及している最中の12日には、北朝鮮が新型の弾道ミサイルを発射した。それでも2日後の国会では防衛相を相手に日報の話ばかり。国民の生命財産に関わる重大事を脇に置く民進党に政権を担う資格があるとはとても思えない。(小野晋史)



( ・´ー・`)プッ

南スーダン派兵を強行したのはゴミンス


だろが!!!!

しかも「空爆」という、銃撃戦なんぞよりはるか


に危険な状態を誤魔化し自衛隊員の声明を危険に

曝した事実を隠蔽!!!!


ゴ民進に稲田を叩く資格はない!!!!

エ下劣のシノギに加担した罪は腹を切って


償え!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





正男氏の息子ハンソル氏、暗殺警戒し留学断念=中国警告、厳戒のマカオへ戻る―英紙
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000009-jij-kr

news正男氏の息子ハンソル氏、暗殺警戒し留学断念=中国警告、厳戒のマカオへ戻る―英紙


北朝鮮の金正男氏暗殺に絡み、英紙メール・オン・サンデーは19日、正男氏の息子ハンソル氏(写真=12年撮影)が事件前、中国当局に北朝鮮工作員による暗殺の危険性を警告され、英国留学を諦めていたと伝えた。

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏暗殺に絡み、英紙メール・オン・サンデー(電子版)は19日、正男氏の息子ハンソル氏(21)が事件前、中国当局に北朝鮮工作員による暗殺の危険性を警告され、昨年9月からの英オックスフォード大学大学院への進学が一度は決まりながら、諦めていたと伝えた。

 中国筋は同紙に対し「中国が不機嫌になるのは困るから正恩はあえて中国で暗殺はしない。しかし、英国は危険だ」と述べた。

 ハンソル氏は2013年、ボスニア・ヘルツェゴビナのインターナショナルスクールを卒業。フランス屈指のエリート校、パリ政治学院に合格し、パリ郊外で3年間、政治学を学んだようだ。メール紙によると、恋人ソニアさんと共に、昨年9月からオックスフォードに進学するはずだった。

 しかし、ちょうど合格通知と同じころ、中国の治安当局から、正男氏とハンソル氏の暗殺を、正恩氏が企てている恐れがあると知らされた。中国やマカオを離れれば北朝鮮が暗殺団を送り込んでくると父子に警告したという。

 英国留学を断念したハンソル氏は18日時点で、母親や妹(18)と一緒にマカオの厳戒下の集合住宅で暮らしている。近隣住民は、正男氏暗殺の少なくとも3カ月前から、武装警官が警備を強化していたと証言した。 



エ下劣キタwwwwwwwwwwwwwwww

マサオのバックは支那地区、

そのマサオの息子はエ下劣に留学キボンヌ、


つまり「マサオ+支那地区+エ下劣」(縛w


マサオ安札で痛恨なのは支那地区だけじゃなく


エ下劣も(縛w


支那地区がマサオの現地妻宅を警備強化し始めた


のが3カ月前ってことは、テレビ局を装った

「謎の男」が行動を開始した時期でつね。



危険を察知してたのにマサオが「マカオ行きの」

飛行機の搭乗手続き中に安札されたのは


支那地区の失態以外の何物でもない(縛w


なぜ安札時に支那地区の護衛がいなかったのか、


支那地区は説明する責任があるんじゃないで

せうかねぇ!!!!(縛w



逆に、マサオはなぜ護衛もなしに外をうろついて

たのか?


それは「支那地区の護衛がついてると困る相手と

会うため」だったりして
wwwwwwwwwww

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


それにしても、タヒ因の特定がこんなに遅いのは

胡散臭いですなぁ(縛w


特定できないのは「化学的理由」じゃなくて

「政治的理由」だったりして
wwwwwwwww

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


遺体が返還されないと

「あんちゃあぁあぁあぁあぁあぁあぁん!」


が見られないんですが(縛w


「あんちゃんが愛した者たちをウリは愛すニダ!」


って言ったら、マサオを担ごうとしてた連中は

号泣して19号に従うでせうなぁ
wwwwwww


それが兵法ってもんなんでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





韓経:造船・スマートフォン不振で…韓国、輸出8位に落ちる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000010-cnippou-kr

news韓経:造船・スマートフォン不振で…韓国、輸出8位に落ちる


昨年の韓国の輸出額順位は前年より2つ低い世界8位だった。世界貿易が減少する中、韓国の主要産業である造船・スマートフォンなどの不振が重なり、韓国の輸出減少率が他国に比べて大きかったからだ。

世界貿易機関(WTO)によると、昨年の韓国の輸出額は4955億ドルと、前年(5268億ドル)比5.9%減少した。2015年(8%減)に続いて2年連続で後退した。1956年の統計作成以降、韓国の輸出が2年連続で減少したのは1957年(-9.7%)、58年(-25.9%)以来58年ぶりとなる。

韓国の輸出の世界順位も2015年の6位から昨年は8位に落ちた。韓国はグローバル金融危機が発生した2008年の12位から2009年には9位、2010年には7位に上昇し、2015年には6位に上がった。しかし昨年は8位に落ち、2009年以降最も低い順位となた。

韓国の輸出減少は保護貿易主義の浮上と重なっている。昨年、主要71カ国基準の世界貿易額(輸出額+輸入額)は29兆7410億ドルと、前年比2.7%減少した。2015年(11.8%減)に続いて2年連続で減少した。世界貿易額が2年連続で減少したのは「第2次オイルショック」の影響で1981-1983年に3年連続で減少して以来33年ぶり。

さらに造船業況の長期沈滞による「受注の崖」、化学など主力品目の単価下落、スマートフォン「ギャラクシーノート7」の生産中断、自動車ストライキによる生産への支障などが重なり、韓国の輸出減少率は世界貿易額減少率を上回った。英国の欧州連合(EU)離脱を決めた英国と中国に続き3番目に輸出減少率が大きかった。

ただ今年に入って半導体の好況と原油価格の上昇で月別輸出が2けた増加を継続し、年間輸出額も3年ぶりに増加で転じるという期待が強まっている。

昨年、世界10大輸出大国のうち6カ国は輸出が減少、4カ国は増加し、悲喜が分かれた。中国は昨年の輸出額が前年比7.7%減の2兆982億ドルだったが、輸出世界1位は守った。米国の輸出は1兆4546億ドルで2位だった。米国の輸出額は前年比3.2%減だった。



ここでもエ下劣キタwwwwwwwwwwwww

反日三羽烏がワンツースリーフィニッシュする

不思議
wwwwwwwwwwwwwwwwww

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


おととし8%減少したバカチョンの輸出が

去年は6%減少
wwwwwwwwwwwwww

立て続けに起きる大混乱がバカチョン経済を

直撃
wwwwwwwwwwwwwwwwwww

総攻撃を食らって沈み始めたバカチョン船、

「今年は増加するはずニダ!」とか喚いてるが、


キサマら今年はなんにも起きないとでも

思ってんのか?(縛w


経済・外交・内政が立て続けに崩壊、どう見ても

次は軍事的にヤバくなる流れだろが
wwwwww

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


現実を直視できない認知バイアスのかかった

バカチョンの運命は滅亡しかないということ


でつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR