現在の閲覧者数:

【新年特集】ハーン3 ~対立の根源と神の天皇(復活編)~・2

.
KANA―BOON飯田、清水富美加との不倫告白…事務所が対応検討
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000123-spnannex-ent


newsKANA―BOON飯田、清水富美加との不倫告白…事務所が対応検討




 宗教法人「幸福の科学」に出家した女優清水富美加(22)の交際相手だった既婚者のバンドマンが過去に不倫関係にあったことを認め、所属事務所に報告したことが20日、分かった。

 スポニチ本紙が19日付で報じた元交際相手のバンドマンは、人気ロックバンド「KANA―BOON(カナブーン)」のベーシスト、飯田(めしだ)祐馬(26)。清水は千眼美子名義で17日に出版した著書「全部、言っちゃうね。」で、出家にあたり「悩みの種だった好きな人も忘れました」とつづっていた。

 この日、飯田の所属事務所は「本人は清水さんに対して本当に申し訳ないことをしたと深く反省している。どんな処分でも受けると言ってます。今回の件については奥さんとも十分に話し合い、2人の間でも解決したとは聞いています」と説明した。飯田は破局したとはいえ、清水が仕事や今までの友人関係を断ち切り、突然出家という行動に出たことの一つの要因になったかもしれないことに責任を感じ、事務所側に全てを明かした

 一方の教団側は「本に書いてあることが全てです」と不倫関係については否定も肯定もしなかった。

 飯田の所属事務所は「今後の活動などに関しては協議中」とし、近く対応を発表する見通し。別の音楽関係者は「本で清水さんが“好きだった人も忘れました”と書いているように、2人の中で気持ちの整理はついている。処分が出るにしても活動に大きな影響はないのでは」と話している。




清水とカナブーン飯田“不倫破局”のきっかけはベッキー騒動
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170221-00001490-bunshun-ent


news清水とカナブーン飯田“不倫破局”のきっかけはベッキー騒動




 幸福の科学へ出家した女優・清水富美加(22)とロックバンド「KANA-BOON」のメンバー・飯田祐馬(めしだゆうま・26)の不倫交際について、飯田の所属事務所は当初、「2015年6月から9月まで交際していたことは事実です」としていたが、2月21日になって飯田本人がファクスで「清水さんに対する自分の気持ちを断ち切ることができず、妻との離婚をほのめかしつつ、2016年1月まで交際関係を続けてしまいました」と述べ、事実関係を訂正した。

 飯田の事務所関係者は「週刊文春」の取材に対し、2月20日は「一昨年の9月に別れて以来、清水さんとは一度も会っていないし、連絡も取っていないんです。これは事実なんですよ」と強調していた。翌日になって訂正したことについて、「本人が嘘をつきとおせないと考え直し、真実を話したようです。2016年1月のベッキーさんの不倫休業騒動を見て、ちゃんと別れようということになったそうです」とコメントした。

 詳しくは2月23日(木)発売の「週刊文春」で報じる。



いきなり新年特集が復活した理由、それは

クズ共がどうしても続きを読みたいと喚いて


上記のような騒動を起こしてるようなので

しょうがないでつね。




KANA-BOON-Wikipedia


wikiKANA-BOON.jpg




3月1日、メジャー10枚目のシングル「Fighter」発売予定。表題曲は、MBS・TBS系列アニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期の新オープニングテーマに起用される。またカップリング曲「君を浮かべて」は羽生結弦出演CMはたちの献血に起用。



ten機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

tenギャラルホルン
オマエが言うな、パヨクのぱよペドキム!!!!⇒こちら



tenこれ見よがしに松の盆栽
【国内】選挙で勝っても自爆テロ自衛官は神ではない⇒こちら


幸福の科学騒動の玉突きで発生した不倫騒動は

松の盆栽でおなじみの


MBS・TBS系列アニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』

のオープニングテーマだそうで(縛w


どうやらこうなるように去年から仕込んでた

ようでつね。



さてこのアニメでは香ばしい名前が多々登場する

わけでつね。




seaアグニカ・カイエル カエサル




アグニカ・カイエル
カエサル
バエル



「アグニカ・カイエル」というのは

「アグニ」+「カエサル」がモチーフになってる


ようでつね。




アグニ-Wikipedia


wikiアグニ

wikiアグニ2




インド神話の火神

ディヤウスとプリティヴィーの息子とする説もあるが、ブラフマーの創造した蓮華から誕生したとする説や、太陽または石から生まれたとする説もある。また、誕生後すぐに両親を食い殺したとも言われる。妻はスヴァーハーで、一説によるとスカンダも彼の息子であるという。アーリア人の拝火信仰を起源とする古い神だと考えられ、イラン神話のアータルと起源を同じくする。火のあらゆる属性の神格化であるが、特に儀式に於ける祭火として重視される。供物は祭火たるアグニに投じられて煙となり天に届けられ、神々はアグニによって祭場へ召喚される。すなわち彼は地上の人間と天上の神との仲介者であり、『リグ・ヴェーダ』に於いては冒頭で讃歌が捧げられ、「アグニよ、あなたは存在する一切のものの牡牛。あなたは崇敬さるべき、闊歩するヴィシュヌ」「あなたはその掟の確固たる王、ヴァルナ」「燃え立つときにはミトラ」と説かれるなど、インドラに次いで多くの讃歌が捧げられるなど極めて重視される。



リグ・ヴェーダ(縛w

火神だから火星の象徴、とか。



で、カエサル(縛w

まあ説明する必要もないでせう。



登場人物の「三日月オーガス」は

カエサルの後継者アウグストゥスの英語読み、


オーガストから来てるとか。


「三日月」といえば例の三日月地帯(縛w


上記の検索結果には書いてないが、

そこまでは気付かなかったようでつね。



「バエル」というモビルスーツが出てくる

ようだが、




バエル-Wikipedia


wikiバエル




グリモワール悪魔学における悪魔(精霊)の一人。

『レメゲトン』の第一書『ゴエティア』に記載された72人の悪魔の一人であり、同書によると、東方を支配し、66の軍団を率いる序列1番の大いなる王である。

『大奥義書』でも、6人の上級精霊に仕える18人の下位精霊に名を挙げられており、ルキフゲ・ロフォカレの支配下にあるという。

さまざまな姿で現れ、ヒキガエル、猫、または人間に似た姿、もしくはこれら全てを併せ持った姿を取るという。コラン・ド・プランシー著『地獄の辞典』の挿絵では、ネコ、王冠を被った人間、ヒキガエルの頭をもった蜘蛛の姿で描かれている。しわがれた声で話し、人を不可視にしたり、知恵を与えたりする力を持つという。戦いに強いと言われることもある。

バエルはしばしば古代セム人の神バアル(バール)と結びつけられる。コラン・ド・プランシーの『地獄の辞典』では「バエル」は「バール」と別項目となっているが、両者の同一視についても触れられている。A. E. ウェイトはグリモワールの魔術を批判的に紹介した『儀式魔術の書』(初版『黒魔術と契約の書』)において、『ゴエティア』と『大奥義書』のバエルについて Baal という綴りを用いた。フレッド・ゲティングズは『悪魔の事典』において、バエルはバアルの別名であると述べている。



バアル-Wikipedia


wikiバアル

wikiバアル2

wikiバアル3




カナン地域を中心に各所で崇められた嵐と慈雨の神。その名はセム語で「主」、または「主人」「地主」を意味する。バールや、バビロニア式発音のベール、およびベルとも表記される。

バアルは本来、カナン人の高位の神だったが、その信仰は周辺に広まり、旧約聖書の「列王記」上などにもその名がある。また、ヒクソスによるエジプト第15王朝・エジプト第16王朝ではエジプト神話にも取り入れられ同じ嵐の神のセトと同一視された。フェニキアやその植民地カルタゴの最高神バアル・ハンモンをモレクと結びつける説もある。さらにギリシアでもバアル(古代ギリシア語: Β?αλ)の名で崇められた。足を前後に開き右手を挙げている独特のポーズで表されることが多い。

バアルは旧約聖書の著者達からたびたび批判されており、「列王記」上18章のほか、「民数記」25章、「士師記」6章、「ホセア書」2章などにバアルへの言及がある。

「列王記」上18章では、預言者エリヤがバアルの預言者と雨乞いの儀式をもって争い、勝利したことが書かれている。もともと「バアル・ゼブル」(崇高なるバアル)と呼ばれていたのを「バアル・ゼブブ」(蝿のバアル)と呼んで嘲笑した。 「士師記」にも記述が見られ、バアルの祭壇を破壊した士師ギデオンはエルバアル(バアルは自ら争う)と呼ばれた。新約聖書、マタイによる福音書の12章24節ではイエス・キリストが悪霊のかしらベルゼブルの力を借りて悪霊を追い払っているとの嫌疑をかけられている。

また、人身供犠を求める偶像神として否定的に描かれ、アブラハムの宗教に対する「異教の男神」一般を広く指す普通名詞としてバアルの名が使われる場合もある[要出典]。



カナン-Wikipedia


wikiカナン




カナンという名称の起源は不明であるが、文献への登場は紀元前3千年紀とたいへん古い。シュメール人の都市マリの紀元前18世紀の残骸で発見された文書では、政治的な共同体として明瞭に見いだされる。

紀元前2千年紀には古代エジプト王朝の州の名称として使われた。その領域は、地中海を西の境界とし、北は南レバノンのハマトを経由し、東はヨルダン渓谷を、そして南は死海からガザまでを含む。

カナンはイスラエル人到来前には民族的に多様な土地であり、「申命記」によれば、カナン人とはイスラエル人に追い払われる7つの民の1つであった。また「民数記」では、カナン人は地中海沿岸付近に居住していたに過ぎないともされる。この文脈における「カナン人」という用語は、まさに「フェニキア人」に符合する。

カナン人は実際にはイスラエル人と混住し通婚した。ヘブライ語はカナン人から学んだものである(イスラエル王国を参照)。

カナン人は近東の広範な地域において、商人としての評判を獲得していた。メソポタミアの都市ヌジで発見された銘板では、赤あるいは紫の染料の同義語として "Kinahnu" の用語が使われ、どうやら有名なカナン人の輸出商品を指すらしい。これもまた、「ツロの紫」で知られるフェニキア人と関連付けることが可能である。染料は大抵の場合、その出身地にちなんだ名を付けられた(シャンパンのように)。同様に、旧約聖書に時折例示されるように、「カナン人」は商人の同義語として用いられ、カナン人を熟知した者によってその容貌が示唆されたものと思われる。



バエル=バアルとは、もともと現イスラエル辺り

にいたところ、アノ民族に土地を追われた民族、


カナン人の最高神。

だからユダヤ教やその亜種であるキリスト教


からは悪魔として扱われている、ということ

でつね。



カナンにはペリシテ人=パレスチナ人が住んで

いたので、アノ民族からすれば


カナン人≒パレスチナ人=敵

ということでつね。



で、




機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ-Wikipedia


wiki機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

wiki機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ2

wiki機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ3

wiki機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ4




ギャラルホルン
地球の各国連合の総意によって設立された治安維持組織。厄祭戦を終結させるため、アグニカ・カイエルを筆頭にさまざまな組織や派閥の人間たちによって創設された組織を前身とする[ep 7]。

厄祭戦(やくさいせん)
本編の約300年前に勃発した惑星間規模の大戦。行き過ぎた機械文明の産物である無人兵器MAの暴走が発端とされ、人類側が投入したMSとの激しい戦いの末、文明が大きく後退するほどの壊滅的打撃をもたらした。英雄「アグニカ・カイエル」と、のちに「セブンスターズ」と呼ばれる同志たちの活躍によってMAは駆逐され、P.D.0001年に彼らが創設したギャラルホルンによる「ヴィーンゴールヴ宣言」をもって厄祭戦は終結、地球圏は4つの経済圏による分割統治に移行する。

マクギリスはクーデターを起こしてギャラルホルン地球本部ヴィーンゴールヴを占拠し、厄祭戦の英雄アグニカ・カイエルの魂が宿るとされるMSガンダム・バエルを手中に収める。一方、アリアンロッドでは、仮面の男ヴィダールとして活動していたガエリオが自身の素性を明かし、ラスタルとともにマクギリスの討伐を宣言する。鉄華団は、ほかのセブンスターズの協力を得られなかったマクギリスたちと、地球軌道上での全面対決に備える。



だそうで、

「アグニカ・カイエル」
   =リグ・ヴェーダ+カエサル


という英雄の伝説とそれを基にした

モビルスーツ・バエル=ユダヤ・キリスト教の敵


という構図のようでつね。


「43話」というのは先週放送分だったようで、


この後どういう風になるのかまだわからないが、

カエサルやその末裔を自称するハプニンブルクが


英雄とか喚いてる時点でAUTOだろ(縛w



ハプニンブルクが日本の味方だと思い込んでる


ヤツほどマヌケはいないでつね。




カール5世 (神聖ローマ皇帝)-Wikipedia


wikiカール5世 (神聖ローマ皇帝)




神聖ローマ皇帝として、カール5世は当時論議の的となっていたマルティン・ルターの扱いにも苦慮し、身の安全を保障してヴォルムス帝国議会に召喚している。結果的にルターの主張を認めず、同調者達と共に法の保護を剥奪(帝国追放)するが、プロテスタントの興隆を食い止めることにはならなかった。



宗教改革-Wikipedia


wiki宗教改革




ルターの主張は神聖ローマ帝国各地の領邦君主のあいだに急速に広まり、ローマ教会を奉ずる神聖ローマ皇帝および旧教派との間の対立は急速に激化していった。一方、東方においては急速に拡大を続けるオスマン帝国が1526年のモハーチの戦いにおいてハンガリー王国を事実上滅亡させ、さらに神聖ローマ皇帝家・ハプスブルク家の本領であるオーストリアに迫る勢いを見せていた。このためカール5世は改革派諸侯に譲歩する姿勢を見せ、1526年の第一回シュパイアー帝国議会において、1521年のヴォルムス帝国議会におけるルター派禁止を一時凍結する決定が下された。このため、改革派諸侯はこれを機に領内の教会をルター派に完全に統一するよう動き、この時期に各領邦のルター派化が急速に進んだ。しかしこうした状況を危惧した旧教派諸侯は1529年の第二回シュパイアー帝国議会において、ヴォルムス勅令を復活させルター派を再び禁止する決定を下した。この決定に対し新教派諸侯は抗議(プロテスト)を行い、これが新教を指すプロテスタントという語の語源となった。1530年にはカール5世はアウクスブルクで帝国議会を開き、再度事態の収拾を図った。プロテスタントはフィリップ・メランヒトンの起草したアウクスブルク信仰告白を提出し、旧教派と妥協を図ろうとしたが果たせず、新教禁止はそのままとなった。これに不満を持ったプロテスタント諸侯は、1531年にシュマルカルデン同盟を結び、皇帝派との対決姿勢を鮮明にした。これに対し皇帝は1532年にニュルンベルク休戦を結んで一時休戦としたが、1544年に皇帝がフランス王フランソワ1世を破り国内に目を向けられるようになると、カトリックを支持する神聖ローマ皇帝と、ルター派の諸侯の間の対立は深まり、1546年にはシュマルカルデン戦争が勃発した。1547年にミュールベルクの戦いでカール5世が勝利するとカトリック優位のアウクスブルク仮信条協定が締結されたが、1552年には両派の平和共存を謳ったパッサウ条約が成立し、最終的に1555年にアウクスブルクの和議が結ばれ、諸侯はカトリックと新教(ルター派)を選択する権利が認められたことでいったんこの戦争は終結を見た。しかしこの和議においてはカルヴァン派の信仰が認められず、またあくまで領邦や都市の選択権が認められただけで個人の信仰の自由は認められなかった。このことで両派間の対立は深い禍根を残し、1618年に三十年戦争が勃発することとなった。



「宗教改革」ってのは、歴史の授業で聞いたこと

ぐらいはあると思うが、ハプニンブルクはその


当事者。


ハプニンブルクの対応によってプロテスタントは


勢いづき、今に至るわけでつね。

ハプニンブルクはプロテスタントを弾圧し、


最終的に敗北したかのように見せて、

実は最終的にキリスト教がカトリックと


プロテスタントに分裂したのはハプニンブルクの

画策でせう。



対立は利権の種。

対立の構図を作り、その間に立つことで両方から


甘い汁を吸おうということでつね。




第一次世界大戦-Wikipedia


ten第一次世界大戦

wiki第一次世界大戦

wiki第一次世界大戦2




ヴェルサイユ体制

第一次世界大戦は、ヨーロッパの君主制の消滅をもたらし、旧世界秩序を決定的に破壊した。ドイツ帝国、オーストリア=ハンガリー帝国、オスマン帝国、そしてロシア帝国の4つの帝国が分解した。ホーエンツォレルン家、ハプスブルク家、オスマン家、そしてロマノフ家の4つの王家は中世以来の権力を持っていたが、この戦中あるいは戦後に没落した。そしてこの戦争は、ボリシェヴィキがロシア革命を起こす契機となり、20世紀に社会主義が世界を席巻する契機となった。

1919年にパリ講和会議が始まる。ドイツでは皇帝家であるホーエンツォレルン家を始めすべての王侯貴族が追放された。またヴェルサイユ条約により巨額の賠償金を課せられ、その支払いをめぐってフランスがルール地方を占領したため、戦時中から続いていたインフレーションが激化し、国民の不満が高まった。さらに、条約によりドイツ人が居住する領土を割譲させられたことで、ズデーテン問題や、ポーランド回廊問題が発生した。

オーストリアは、ハンガリーとの二重帝国が解消され、600年以上に渡って君臨してきたハプスブルク家が追放された。多民族国家だったオーストリアは、サン=ジェルマン条約により、民族自決の大義のもと旧帝国内の地域がこぞって独立、従来の4分の1にまで領土を減らされ小国に転落した。国民の間にはドイツへの帰属を求める諦めに似た風潮さえ生まれ、後のナチス・ドイツによるオーストリア併合(アンシュルス)へと繋がっていく。

中央ヨーロッパには新しい国家チェコスロバキアとユーゴスラビアが生まれ、ポーランドが復活した。

オスマン帝国はセーヴル条約により多くの領土を減らされた。戦時中、イギリスは対オスマン戦の協力のため、アラブ人とユダヤ人の双方にパレスチナでの国家建設を約束したことが後のパレスチナ問題につながってゆく。オスマン帝国は、その後ムスタファ・ケマル・アタテュルクの手によりスルタン制が廃止され、近代民主主義国家トルコが誕生した。ギリシャとトルコの希土戦争は1924年に終わるが、これが第一次世界大戦に直接起因する最後の戦争である。

中立を宣言したイランのガージャール朝も、トルコ・ロシア・イギリス両陣営の戦略の中に巻き込まれ、開戦前までに弱体化していたとは言えますます混迷を深め、終戦後間もなく、有力将校のレザー・パフラヴィーにクーデターを起こされ、数年後には帝位の座も彼に取って代わられた(パフレヴィー朝)。

戦勝国陣営(連合国側)に立って参戦し、かつ本土が戦場とならなかった日本とアメリカの地位が相対的に向上した。これは戦後結ばれたワシントン海軍軍縮条約でアメリカがイギリスと同等、日本がフランスやイタリアの倍近い戦艦(総トン数)の保有を認められたことに端的に表れている。このことは現代の感覚では理解しにくいが、当時、40センチ強の砲を有する超ド級戦艦の保有量は国力を示す代表的な指標の一つとされており、現代であれば核弾頭の保有数と置き換えて考えうる軍事力であったのである。

中東問題の発生

オスマン帝国が支配していたアラブ人地域はイギリスとハーシム家との間で交わされた「フサイン=マクマホン協定」によって、連合国が勝利すればアラブ人の独立国家が建設されることになっていた。しかしイギリスはフランス、ロシア帝国との間にアラブ人地域を3か国の支配下に置く内容の「サイクス・ピコ協定」を秘密裏に交わしていた。さらにイギリスはロスチャイルド家などユダヤ系資本からの資金援助を取り付けるためにパレスチナにユダヤ人国家の建設を認める「バルフォア宣言」も出していた。これが悪名高い、いわゆる「イギリスの三枚舌外交」である。

これらの結果、パレスチナ地域に多数のユダヤ人が移住するようになり、イスラエルが建国される。同時に、多数の同地域のアラブ人が難民となり、彼らを救うためにアラブ諸国がイスラエルと戦う中東戦争が繰り返される。また「サイクス・ピコ協定」に基づいて設定された国境線はイギリスの委任統治領としてイラク、ヨルダン、トランスヨルダン(パレスチナ)をフランスの委任統治領としてシリア、レバノンが設定された。これら委任統治領は独立をするが、国境線は維持されたためこれを打破し、アラブ地域の統一を目指す運動が展開されることになるが、21世紀のISILのようにイスラム過激派を産む原因となった。

国際平和への努力

第一次世界大戦による災厄の巨大さを目の当たりにしたことで、国際社会では厭戦感が広がることとなった。戦後の国際関係においては平和協調が図られ1919年にウィルソン大統領の提唱により人類史上初の国際平和機構である国際連盟が設立され、1925年にはロカルノ条約、1928年には主要国間で不戦条約(ケロッグ=ブリアン協定)が締結された。



第二次世界大戦-Wikipedia


wiki第二次世界大戦

wiki第二次世界大戦2




1938年3月12日、ドイツは軍事的恫喝を背景にしてオーストリアを併合



いつもいつも負ける側にいる嘔ストリア、

まるで「なんちゃらの法則」みたいじゃないです


かぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


特に第一次世界大戦ではハプニンブルクの巻き

添えで各国王族が壊滅、それと引き換えに

ウッドロー・ウィルソンやパレスチナ問題、


アノ民族、お茶屋、国際連盟・国際連合のような

国連システムなど、今につながる汚染の種が


まき散らされたわけでつね。


ロマノフ家なんか37564になったし、


大東亜戦争後、クズ共は昭和天皇を初慶しようと

したわけだが、負け続けてるハプニンブルクが


誰一人初慶されてないのはおかしな話でつね。


ハプニンブルクは常に負け組にいるように見せて


周りの同盟国・友好国を破滅に導くタヒ神

なんでつね。



じゃあハプニンブルクは一度たりとも勝ったこと

がないのか?


いやいや、ちゃんと勝ったこともありますよ?




ナポレオン戦争-Wikipedia


wikiナポレオン戦争

wikiナポレオン戦争2

wikiナポレオン戦争3




ナポレオンへ皇后マリー・ルイーズを嫁がせていたオーストリアは停戦を仲介するが、和平交渉は決裂。イギリス、オーストリア、ロシア、プロイセン、スウェーデンによる第六次対仏大同盟が成立し、8月11日、オーストリアもフランスへ宣戦した。10月16日-19日のライプツィヒの戦い(諸国民の戦い)はナポレオン戦争における最大の戦闘となった。19万のフランス軍に対して36万のロシア・オーストリア・プロイセン・スウェーデン連合軍が包囲攻撃をかけ、フランス軍は多くの死傷者を出して敗走した。

各国は第七次対仏大同盟を結成してナポレオンの打倒にかかった。ベルギー方面にウェリントン公率いるイギリス・オランダ連合軍とブリュッヒャー率いるプロイセン軍が展開した。ナポレオンはフランス軍主力を率いてベルギーへ向かい、6月15日、リニーの戦いでプロイセン軍に勝利。グルーシーに別働隊を与えてプロイセン軍を追撃させ、自身はワーテルローでイギリス・オランダ連合軍と対峙した。

6月18日、ワーテルローの戦いが開始された。フランス軍とイギリス・オランダ連合軍が激戦を繰り広げている最中、グルーシーの追撃を振り払ったプロイセン軍が続々と戦場へ到着し、フランス軍の側面に猛攻を掛けた。これが決定的な打撃となり、フランス軍は潰走した。プロイセン軍は夜通しの追撃を行い、フランス軍は完全に崩壊した。



出た、エラ相な公爵(縛w

嘔ストリア+エ下劣+オランダ(縛w


嘔ストリアが勝つのはこんな時だけ(縛w


ハプニンブルクがカトリックの中から


プロテスタントを発生させ、

嘔ストリアが負けるときはエ下劣が勝ち、


嘔ストリアが勝つときはエ下劣も一緒に勝つ、

わかりやす杉でんなぁ(縛w




ハプニンブルクをマンセーするヤツは

エ下劣をマンセーしてるのと同じ、


エ下劣をマンセーしてるヤツは

可汗一味をマンセーしてるのと同じ、


可汗一味をマンセーしてるヤツは

元寇サマナをマンセーしてるのと同じ、


元寇サマナをマンセーしてるヤツは

バカチョンをマンセーしてるのと同じ、


ということなんでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!




【新年特集】ハーン3 ~対立の根源と神の天皇(復活編)~ おわり

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

昔やった女神転生というゲームを思い出しましたね。バール神はユダヤ教の神に悪魔に追いやられた、という内容がありましたよ確か。ユダヤの選民思想は傲慢そのものに感じますよ。何で彼等は共存すら出来ないで自らが優れていると思えるのだろう?滑稽に思える。器が狭いってだけでしょ、選民思想なんてのは。

この記事を読んでてアノ民族の陰湿な歴史に反感を抱かざるを得なかったです。他者を貶めるだけの宗教なんかどうやって信じるよ(笑)?
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR