現在の閲覧者数:

【トランプマン通信】世界大戦後に神に選ばれたと我が物顔を画策するクズ共

.
北ミサイル マティス国防長官が、北朝鮮を「無謀だ」と猛批判 ロシアの脅威にも言及
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-00000551-san-n_ame


news北ミサイル マティス国防長官が、北朝鮮を「無謀だ」と猛批判 ロシアの脅威にも言及




 【ロンドン=岡部伸】英国を訪問した米国のマティス国防長官は3月31日、ロンドンでファロン国防相と会談した後の記者会見で、北朝鮮が核実験やミサイル発射を強行していることを厳しく批判した。

 マティス氏は北朝鮮の強硬姿勢について「無謀だ」と非難、「(核実験などは)阻止される必要がある」と強調した。

 一方、ロシアの脅威についても言及し「クリミア侵攻、選挙妨害などロシアの違反行為については記録がある。NATOは団結してロシアの脅威に立ち向かう必要がある」と述べた

 両氏は、防衛費を2024年までに国内総生産(GDP)2%以上にする目標に達していない北大西洋条約機構(NATO)加盟国の防衛費が前年比より増額されるべきとの認識を示した。マティス氏の訪英は国防長官就任後、初めて。




朝鮮半島有事の危機はすぐそこに来ている! トランプ政権内外で「予防攻撃」論相次ぐ理由とは…
http://www.sankei.com/world/news/170401/wor1704010019-n1.html


news朝鮮半島有事の危機はすぐそこに来ている! トランプ政権内外で「予防攻撃」論相次ぐ理由とは…




 米国のトランプ政権にとって北朝鮮の脅威は当面、安全保障上の最大の危機として迫ってきたようだ。北朝鮮が核兵器と各種ミサイルの開発へとひた走り、無法な実験を重ねてきた歴史は長い。この数カ月、その好戦的な言動はとくにエスカレートしてきた。

 ではトランプ政権はどう対応するのか。政権内外で「予防攻撃」という名の下での軍事手段が頻繁に語られるようになった。

 ティラーソン国務長官は軍事行動を含む「あらゆる選択肢の考慮」を明言した。上院外交委員長のボブ・コーカー議員(共和党)が「米国は北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を予防的に攻撃する準備をすべきだ」と述べた。

 上院軍事委員会の有力メンバー、リンゼイ・グラハム議員(共和党)は北朝鮮のICBM開発阻止のため大統領に予防的軍事攻撃の権限を与える法案を出すと言明。ウォルター・シャープ元在韓米軍司令官は、北朝鮮がICBMを発射台に載せる動きをみせれば攻撃をかけることを提唱した。

 1990年代から米側の対応策では軍事手段は断続して語られてきた。だがいまほど現実味を帯びたことはない。トランプ政権は歴代政権よりも確実に強固な姿勢を固めたようなのだ。

 政権内ではマクファーランド大統領副補佐官(国家安全保障担当)が中心となり、軍や政府の関連機関から具体的な対策案を3月上旬までに集めた。軍事手段も含めての多様な提案がいま国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長、マット・ポッティンジャー氏を実務調整役として検討されているという。

 トランプ政権内部の動きについて、これまで30年も米国政府内外で朝鮮情勢研究を専門にしてきたジョージ・ワシントン大学のラリー・ニクシュ教授に尋ねてみた。教授は現政権のアジア部門に近いとはいえ、あくまで外部からの考察の結果だと前置きして、以下の要点を明らかにした。

 ▽トランプ政権は北朝鮮の核武装とICBMの開発阻止のため、優先政策として中国に北朝鮮への石油輸出の全面停止など決定的な経済制裁を実施するよう最大の圧力をかけることを目指している。

 ▽そのためトランプ政権は当面の対中関係では北朝鮮問題が最優先課題だとみなし、中国が決定的な対北制裁を実行すれば他領域である程度の対中譲歩をしてもよいという構えがある。

 ▽ただトランプ政権は軍事攻撃案もかつてない真剣さで詰めており、最も現実的な方法は北朝鮮の北西部の弾道ミサイル発射基地などへのミサイルあるいは有人無人の航空機による限定的な爆撃案とみている。

 ▽核施設への直接攻撃は、核弾頭や核燃料の再処理・濃縮施設の位置が確認できず、山岳部の深い地下にあるとみられるため効果が期待できず優先されていない。

 ニクシュ氏がさらに強調したのは、トランプ政権が米側の軍事攻撃が必ずしも全面戦争にはつながらないという認識を強め始めたようだという点だった。

 これまでの軍事案はすべて北朝鮮の全面反撃で韓国側に甚大な被害が出るとの見通しで排除されてきた。だがトランプ政権下では拠点攻撃への北朝鮮側の全面反撃を抑止できるという見方が広まったというのだ。

 いずれにせよ、朝鮮半島有事の危機はすぐそこまで迫ってきた。日本の反応の鈍さが改めて心配になる。(ワシントン駐在客員特派員)



うちが北チョン情勢からのエ下劣斬りを書

いた途端「北チョンに迫る危機!」と書き


たてる(縛w


北チョンの反撃は完封できるってことにな


ってるのか?

弾道ミサイル基地への限定的な爆撃で?


北チョンはソウルに届くロケット弾とかも

持ってるわけだが、それは?


移動式発射台は?


まあ明日にでも空爆が始まる様に喧伝すれ


ばする程支那地区の喉元に刃が光る(縛w

アメリカはやるぞってことにしておきませ


う(縛w


支那地区に対北チョンで絶対やりたくない


圧力を飲ませれば北支関係は超悪化(縛w

後は昨日書いた通りでつね。



アメリカは北チョンが近々にやると言われ

てる核実験を阻止する姿勢だが、米支首脳


会談前にやったら当然アメリカは支那地区

に対して強硬に圧力を迫るでせうな(縛w


そしていつも通り支那地区の立場が悪くな

る(縛w



当然支那地区も北チョンに対してやらせな

いように圧力をかけてるんだろうが、日本


とかアメリカが北チョンに核実験をやらせ

るような挑発をすればそれを口実に核実験


をやるでせう(縛w


例えば総連の家宅捜索とか(縛w


バカチョンが何かやるかもしれないし、T

HAAD配備完了と発表するとか、米バカ


チョン軍事演習で何かやるかもしれない。

支那地区はもう祈るしかない(縛w



支那地区がエ下劣を切ったらどうなるんで

せうかねぇ(縛w


EU離脱も宣言したしねぇ(縛w

「ハプニンブルクの下僕のメイが離脱交渉


担当ニダ!」とか喚いてる場合じゃねーん

だよなぁ(縛w



まあ共同宣言でエ下劣を切ると明言したり

はしないだろうが、実際の行動には現れる


ことになるわけで、エ下劣ももう祈るしか

ない、っつーか祈ってもムダなんでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


強肩マティスが対露対決姿勢も強めてるが

これも北チョン親露サマナへの攻撃かつ支


那地区への圧力(縛w

親露サマナが弱体化・壊滅すれば、あとは


親日米勢力の天下。

ロシアの巻き添えになりたくなければ支那


地区はロシア・エ下劣と完全に手を切るし

かない(縛w


包囲網は相当狭まっているということなん

でつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





黄昏の「パクス・アメリカーナ」 ロックフェラー氏逝く ニューヨーク駐在編集委員 松浦肇
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-00000535-san-n_ame


news黄昏の「パクス・アメリカーナ」 ロックフェラー氏逝く ニューヨーク駐在編集委員 松浦肇




 忌み名を贈るなら、“ミスター・米国型資本主義”だろうか。先週、米国を代表する銀行家が逝った。富豪ロックフェラー家の三代目当主、デービッド・ロックフェラー氏。篤志家としても有名だった。

 デービッド氏の祖父ジョン・シニアは石油メジャー、スタンダード・オイルの創始者だ。一族の資産は最盛期で米国の国内総生産(GDP)の1割を占めたという。

 ロックフェラー家の資産を運用していた知り合いの紹介で、デービッド氏を取材したことがある。

 摩天楼を見下ろすロックフェラー・センターの事務所には、印象派の絵画が1メートルおきに飾ってあり、美術館に迷い込んだ気分になった。

 芸術を愛で、趣味はヨット。典型的な「大金持ちの子孫」だったが、確固たる信念の持ち主だった。

 1915年、ニューヨーク生まれ。取材当時のデービッド氏はかくしゃくたる老人で、真っ先に自由主義経済の効用を説き始めた。

 経済に行き詰まった国々で共産主義や全体主義が台頭した激動の時代に青春期を過ごした。その反動で、「『個人の自由』が前提になっている市場型経済の信奉者」になったそうだ。

 ハーバード大学で師事した経済学者シュンペーターに「最も影響を受けた」。シュンペーターが説く、「企業家のイノベーション(技術革新)」に資本主義の未来を託した。

 第二次世界大戦への従軍後、本格的に銀行家の道を歩む。米国最大の銀行である米JPモルガン・チェースの前身、チェース・マンハッタン銀行の経営トップに上り詰めた。

 「人材を有効に使う」ため、民間と政治の間を行き来する「回転ドア」や「民間外交」を支持した。デービッド氏にとって、政府と企業は「国力」という名のコインの裏表だ。

 世界各地で事業展開したチェース銀は「ドル本位制」、一族が所有した石油メジャーは米国の「エネルギー権益」を代弁した。ロックフェラー家は米政府と二人三脚で、米国を覇権国家に導いた。

 「昔ながらの米国の強みは?」。こんな質問に対して、デービッド氏が「エネルギーへのアクセス権」と答えたのが印象に残っている。

 金持ちは寄付、大国なら国際貢献。「競争に勝った強者の責任」として「社会還元」を挙げていた。ロックフェラー家は政治家を輩出し、デービッド氏は大学や美術館に寄付した。

 ニューヨークのシンクタンク、外交問題評議会(CFR)の壁には、鼻筋の通ったハンサムな男性の肖像画が掛けられている。デービッド氏だ。米外交の青写真を描くCFRはロックフェラー家の支援を受けて立ち上がり、同氏は最古参の会員だった。

 「グローバリゼーション(国際化)」と高貴な身分の義務である「ノブレス・オブリージュ」。デービッド氏は、米国の力と美徳を体現する人物だった。

 折しも、トランプ政権では米大手銀、ゴールドマン・サックス出身者が経済、スタンダード・オイルの後継企業、米エクソンモービルの前トップが外交の手綱をとっている。民間と政府の二人三脚は相変わらずだ。

 だが、政策の中身はデービッド氏の信念とは正反対である。今の米国は保護主義が台頭し、金持ちは格差拡大に目をつぶったままだ。デービッド氏の死去は「パクス・アメリカーナ」(米国による平和)の黄昏を象徴している。



実権は持ってたかもしれないが、嫡男じゃ

ないダビデは3代目当主じゃねーだろ。


勝手なこと言うな(縛w

アメリカが覇権国だったとかも大間違い。



お茶屋・エ下劣に押さえつけられ、当主に

代わって汚れ仕事を担当したのがダビデ。


そのダビデのタヒはお茶屋・エ下劣との関係

の断絶を意味するわけでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





ユダヤ教超正統派の男22人を性的暴行で身柄拘束 イスラエル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-00000035-jij_afp-int


newsユダヤ教超正統派の男22人を性的暴行で身柄拘束 イスラエル




【AFP=時事】イスラエルの警察当局は27日、女性などへの性的暴行の容疑でユダヤ教の超正統派の男20人以上の身柄を拘束した。閉鎖的な超正統派の地域社会の中では、男らに疑いがかかっていることは知られていたが、当局に見つからないように隠蔽(いんぺい)工作をしており、警察によるおとり捜査が行われていた。

 警察によると身柄を拘束されたのは、エルサレム(Jerusalem)やパレスチナ自治区ヨルダン川西岸(West Bank)の超正統派入植地ベイタル・イリット(Beitar Illit)などの居住区に住む20~60歳までの男22人で、過去2年間にわたり地元の女性や若者、子どもに対して性的暴行を働いたとされる。容疑者らは警察で事情聴取を受けた後、訴追される可能性がある。

 エルサレムでは、容疑者たちの居住区の住民らが逮捕を妨害するために、警察官らに怒鳴りつけたり、投石したりする姿もみられ、警察車両2台の窓が割られたという。

 超正統派のそれぞれの地域社会の中ではラビ(ユダヤ教指導者)の指導の下、内部でこれらの犯罪とその容疑者を調査し、犯行が警察に知られないために容疑者がするべきことを定めていた。警察はこの超党派コミュニティ内部の調査プロセスをあばき、容疑者の身柄を拘束することで、今後の性的暴行事件の発生を防ぎ、これまでの被害者を助けることにもつながると説明している。

 ユダヤ教の超正統派はイスラエルの人口の約10%を占め、ユダヤ教の厳格な解釈の基に生活している。さらに原理主義的なグループは、世俗的な政府機関の権限を認めることを拒否し、警察や司法制度をできるだけ避け、宗教的な教義やラビの教えに従っている。【翻訳編集】 AFPBB News



超正統派は強姦魔(縛w

何が正統なんだよ(縛w



tenヘブライ文字
【国内】史上初の積雪 他⇒こちら


アノ民族で「22」といえばヘブライ。



ユダヤ教-Wikipedia


wikiユダヤ教

wikiユダヤ教2




古代の中近東で始まった唯一神ヤハウェ(????)を神とし、選民思想やメシア(救世主)信仰などを特色とするユダヤ人の民族宗教である。ただしメシア思想は、現在ではハバド・ルバヴィッチ派などを除いて中心的なものとなっていない。 『タナハ』(キリスト教の『旧約聖書』と同じ書物)が重要な聖典とされる。

ユダヤ教におけるメシア(w:Jewish Messiah)はダビデの子孫から生まれ、イスラエルを再建してダビデの王国を回復し、世界に平和をもたらす存在とされている。



超正統派 (ユダヤ教)-Wikipedia


wiki超正統派 (ユダヤ教)




特にナートーレー=カルターの一派はイスラエルの建国を認めていない。これは、イスラエルの再建はメシアの到来によってなされるべきであり、人為的に行うものではないという信念から来ている。



最後の審判-Wikipedia


koto最後の審判




神もしくは神的存在が,その義に照らして人間の思い,ことば,行ないを裁くことを,裁き,審判という。これが世界の終末に全人類に対してなされるとき最後の審判と呼び,カトリックなどでは各自の臨終に行なわれるいわゆる私審判に対して公審判と呼ぶ。ゾロアスター教では,死後霊魂は報復者の橋を渡り,もし悪業が善業を上回ると橋がせばまって地獄に落ちるという。しかし終末には,アフラ・マズダが魔王アーリマンに勝って全人類を復活させ,最後の審判を主宰して世界を善に建て直すとされる。ユダヤ教では,前8世紀頃から「主の日」(アモス書5・18ほか),すなわちイスラエルの神「ヤハウェの日」が強調され,この日には裁き主なる神が直接人間の歴史に介入し,その義を顕してイスラエルとすべての民族を裁き,神の国を始めると信じられた。この終末史観と密接に関連した最後の審判の思想は,キリスト教でも継承され,救い主イエス・キリストおよびその復活と再臨への信仰と結合して,神はみずからその子イエス・キリストに「裁きを行なう権威」(ヨハネ福音書5・27)を与え,イエスを通して「義をもってこの世界を裁くためその日(主イエス・キリストの日)」(使徒行伝17・31)を定めたと説く。審判を通しての救いの完成がいっそう明確に強調され,死者は朽ちざる者として復活すること,すなわち永遠の生命にあずかることによって死を克服し,神の国を継ぐという秘義も告げられている(マタイ福音書25・31~46ほか)。この場合の審判は,単に善業,悪業の比較考量ではなく,神意に対する人間の内的根本的態度への批判としてとらえられている。



【悲報】2月に発見された「死海文書」の予言通り! 世界はすでに“終末”に向かっていた!
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170401-49156072-tocana


news【悲報】2月に発見された「死海文書」の予言通り! 世界はすでに“終末”に向かっていた!




 今年に入って早々、考古学界に衝撃的なニュースが全世界を駆け巡った。イスラエルのクムラン洞窟から新たな「死海文書」が発見されたというのだ。

「死海文書」とは、その名のとおり、死海のほとりにある洞窟から出土した『旧約聖書』の写本及び、ユダヤ教の宗教的規範や預言を記した文書で、1947年に発見されて以来、現場は徹底的に発掘調査され、もはや遺物は何もないといわれてきただけに、聖書学者はもちろん、歴史学者たちは驚きを禁じえなかった。

 何より、発見されたのが、ほかでもなく、2017年だったことに注目するユダヤ教徒も少なくなかった。そう、最初に「死海文書」が発見されてから、今年は、ちょうど70周年の節目に当たるのだ。

 ゲマトリア数秘術の聖数7×10=70はもちろんのこと、「死海文書」に含まれる預言書「ダニエル書」のなかに、この70年という文言が記されているのである。預言者ダニエルは同じく預言者エレミヤの言葉を引き合いに出しながら、再建された聖都エルサレムの荒廃が70年続くと述べている。

 これに関して、別の部分でエルサレムの復興と再建の御言葉が出された後、7週と62週、すなわち69週後に広場と堀が再建されると記されている。この「御言葉」こそ、発見された「死海文書」だった可能性がある。というのも、1947年から69週後、すなわち1948年に、約2000年ぶりに流浪の民、ユダヤ人たちが約束の地シオンに帰還し、イスラエルの建国を宣言した。『旧約聖書』の預言通り、彼らはイスラエルの再建を果たしたのだ。

■「死海文書」が告げる世界の終末…

 ダニエルの預言が正しければ、この年を起点として、70年を経た2018年、ついに荒廃のクライマックスを迎える。人類破滅の大戦争が勃発することになる。今年、2017年2月に、新たな「死海文書」が発見されたということは、両義預言として、ここから同じく69週をもって、聖都エルサレムが再建される可能性があると、示している。

 現在、ユダヤ教のソロモン神殿があったシオンの丘は占領地区で、そこにはイスラム教の寺院、岩のドームが建っている。ユダヤ人にとって聖都が回復されるとは、ソロモン神殿が再建されることを意味する。シオンの丘にソロモン神殿が再建されれば、当然ながら岩のドームは移設、もしくは破壊されることになるだろう。

 そうなれば、ユダヤ人は全世界のイスラム教徒を敵に回すことになる。第5次中東戦争が勃発することは、国際政治学者でなくとも、容易に想像できるだろう。

 さらに、注目はアメリカだ。

 アメリカはイスラエル寄りの発言を繰り返してきたが、トランプ大統領は、もっと積極的だ。彼は現在、テルアビブにあるアメリカ大使館をエルサレムに移すと公言しているのだ。イスラエルは、あくまでも首都はエルサレムだと主張するも、先述したように、エルサレムは占領地ゆえ、正式な領土として国際社会は認めていないが、もしアメリカが大使館を聖都に移すとなれば、それを追認したことになる。

 ただでさえ、反米意識が高い中東のイスラム教徒たちは猛反発。下手をすれば、過激派として批判している人々も、IS側につくこともあり得る。トランプ大統領はアメリカの世界戦略の第一に中東問題を掲げ、IS掃討に全力を傾けると発表しているのだ。まさに今、世界は「死海文書」が告げる終末に突入しているといっていい。

 ただ、希望もある。「死海文書」は2人のメシアの出現も預言している。



死海文書(縛w

メシアの出現が希望とか(縛w


わかってねぇで書いてるだろ絶対(縛w


イスラエルは人為的に作られた国であり、


メシアもへったくれもない、というのはま

あもっともな考えだが、人為的を否定して


る連中をタイーホし、ニセモノで何年目とか何

週目とかツギハギし、て「メシアの誕生=


最後の審判」を「人為的に」起こそうとし

てるヤツがいるわけでつね。



最後の審判ってのはまあ世界大戦・核戦争

を指してるんでせうな。


人為的に最後の審判を起こしてテメェらだ

け生き延び、「神に選ばれた」として世界


大戦のあと我が物顔で世界を牛耳ろうとし

てるわけでつね。


それがお茶屋らでせう。


しかしダビデはタヒんだ。


クズ共の思うようにできると思ったら大間

違いだ、ということでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

「人為的に最後の審判を起こしてテメェらだけ生き延び、「神に選ばれた」として世界大戦のあと我が物顔で世界を牛耳ろうとしてるわけでつね。それがお茶屋らでせう。」...イングランドだけは赦されるべきではない。もうここまで連中の悪しき計画がわかっているわけで...イングランドがこの地球から無くなればいかに世界が平和になるかって大抵の人間ならわかるはず。これからいかにイングランドが害悪国家か、という事を世間一般に広く知らせる事が重要だと思います。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR