現在の閲覧者数:

アメリカと北チョンがマッチポンプは支那地区に対する日本への土下座要求

.
北、核実験「いつでも実施」 「挑発を超強硬対応で粉砕」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00000065-san-kr


news北、核実験「いつでも実施」 「挑発を超強硬対応で粉砕」




 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の韓成烈(ハン・ソンリョル)外務次官は14日、AP通信のインタビューで、6回目の核実験は「最高指導部が適切と判断したとき、いつでも実施する」と述べた。朝鮮人民軍総参謀部は同日、トランプ米政権の「軍事的挑発」が危険な段階に至ったと非難する報道官声明を発表し、「挑発を超強硬対応で粉砕する」と在日米軍基地などへの報復を警告した。

 韓氏は「米の先制攻撃を前に手をこまねいていない」と強調。ツイッターで北朝鮮批判を繰り返すトランプ大統領に対し「攻撃的な書き込みが問題を引き起こしている」と批判した。

 朝鮮中央通信が伝えた軍の声明では、朝鮮半島周辺に向かっている米原子力空母について「接近するほど(北朝鮮側の)攻撃の効果が増す」と牽制(けんせい)。日本本土や沖縄、グアムの米軍基地に加え、米本土まで「われわれの戦略ロケット軍の照準内に入っていると心得るべきだ」と威嚇した。

 また、在韓米軍基地名や韓国大統領府を挙げ、「悪の本拠地は数分で焦土化される」とも強調。「米国は問題解決の正しい選択をすべきだ」と主張した。

 北朝鮮による核実験について、韓国軍合同参謀本部は14日の会見で「いつでもできる」との見方を示した。15日の金日成(キムイルソン)主席生誕105年や25日の朝鮮人民軍創建85年に合わせ、大規模な軍事パレードを行う可能性も指摘。韓国当局は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)など新型兵器が公開されるかを注視している。




在日米軍、有事備える=F35Bや特殊作戦機―政府、空母動向注視も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000102-jij-soci


news在日米軍、有事備える=F35Bや特殊作戦機―政府、空母動向注視も




 米軍が北朝鮮に軍事力を行使する場合に、出撃や後方支援の拠点になる在日米軍基地では、有事を想定したとみられる動きが出ている。

 岩国基地(山口県岩国市)では海兵隊のF35B最新鋭ステルス戦闘機が爆弾の搭載訓練を、嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)では戦闘機などが一斉に出撃態勢を取る訓練を14日までに行った。

 米海軍によると、太平洋では横須賀基地(神奈川県)を拠点にする米第7艦隊の管轄エリアで展開中の空母カール・ビンソンとは別に、空母ニミッツが航行中。政府関係者は「カール・ビンソンに加えて、複数の空母が日本近海に追加派遣される事態になれば、米国が軍事行動を取る可能性が高まる」と話した。

 海兵隊によると、岩国基地では6日、F35が精密誘導爆弾を搭載する訓練を行った。F35に詳しい航空評論家の青木謙知さんは、海兵隊が公開した画像から「『GBU32』と呼ばれる重さ約1000ポンド(約450キロ)の精密誘導爆弾の模擬弾を使った訓練だろう。誘導装置は実弾と同じものが装着されている」と話す。

 嘉手納基地では12日、航空戦力を一斉に出撃させる訓練が行われ、所属の戦闘機や早期警戒管制機などが滑走路にずらりと並び、発進態勢を取った。同基地の空軍特殊作戦群は昨年10月、敵地に部隊を運ぶ輸送機「MC130コンバット・タロン」を韓国に派遣し、訓練をしている。 




米、IS空爆 「最大の潜伏場所破壊」地元州政府が攻撃評価
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00000063-san-asia


news米、IS空爆 「最大の潜伏場所破壊」地元州政府が攻撃評価




 【ニューデリー=岩田智雄】アフガニスタンで米軍が大規模爆風爆弾(MOAB)の「GBU43」を投下したことを受け、アフガン国防省は14日、この空爆でイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の構成員36人が死亡したと発表した。空爆は、アフガン治安部隊の協力のもとで行われ、トンネルを備えた潜伏場所3カ所と、小型および大型の大量の武器が破壊された。一般市民の犠牲はないとしている。一方、ISの通信社アマークは14日、IS側に死傷者は出なかったと伝えた。

 投下現場となったナンガルハル州のコギャニ州政府報道官は、産経新聞の電話取材に対し「ISの非常に重要で最大の潜伏場所が破壊され、指導者が殺された」と空爆を評価した。また、「この潜伏場所は、何度も米無人機の攻撃を受けてきた。完全に破壊し、テロリスト全員を排除するためには、大規模な攻撃が要求されていた」と述べた。

 14日、首都カブールで記者会見したワジリ・アフガン国防省報道官は、トンネルが地下30~40メートルにあり、付近に地雷が埋設されていて潜伏場所に近づけなかったとして、空爆の必要性を強調した。

 地元部族長のハジ・サリーン・カーン氏は電話取材に「空爆時、巨大な爆発音が周辺地域に響き、山間部から大きな煙が上がった」と語った。ISはイスラム原理主義勢力タリバンと対立し、カブールなどで大規模テロを起こしている。



自民党、北朝鮮有事に即応確認 二階俊博幹事長「遠くへ出かけないように」と所属議員に伝達
http://www.sankei.com/politics/news/170414/plt1704140013-n1.html


news自民党、北朝鮮有事に即応確認 二階俊博幹事長「遠くへ出かけないように」と所属議員に伝達




 自民党は14日の役員連絡会で、朝鮮半島有事に備え、即応できる態勢をあらかじめ整える方針を確認した。

 二階俊博幹事長は同日の記者会見で、北朝鮮について「正直に言って、見通しは立てられない。慎重に見守りながら、後れを取らないようにしたい」と述べた。その上で「予定もあるだろうから急に縛りをかけているわけではないが、ただちに招集に応じられるよう、遠くへ出かけないように、という気持ちは(議員らに)伝えてある」と語った。




「米軍、先に手を出すことない」元海将・伊藤氏
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00050214-yom-int


news「米軍、先に手を出すことない」元海将・伊藤氏




 国際政治学者の李鍾元氏と元海将の伊藤俊幸氏、作家のなかにし礼氏が14日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、15日に金日成(キムイルソン)主席の生誕105周年を迎える北朝鮮について議論した。

 伊藤氏は「米軍は極めて冷静だ。先に手を出すことはない」と指摘。米軍の行動は核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射をやめさせることが目的だと解説した。

 6回目の核実験の可能性について、李氏は「米国が前のめりになっているから、(北朝鮮は時期を)ずらすかもしれない」と語った。なかにし氏は「対話で物事を解決してもらいたい」と話した。




朝鮮半島情勢、制御不能の状態からはほど遠い 「一触即発」と考えるのは時期尚早=中国メディア
https://news.goo.ne.jp/article/searchina/world/searchina-1633678.html


news朝鮮半島情勢、制御不能の状態からはほど遠い 「一触即発」と考えるのは時期尚早=中国メディア




 故・金日成(キム・イルソン)氏の誕生日である4月15日の太陽節を前に、北朝鮮や関係諸国の動きについて様々な憶測が飛び交っている。中国メディア・新京報は13日、「朝鮮半島は完全に制御不能な状況からは程遠い状況である」とする評論記事を掲載した。

 記事は、近ごろ米韓両国や北朝鮮が挑発的な行動を繰り返しており、朝鮮半島の危険度が高まっていると紹介。米国が空母カール・ヴィンソンを朝鮮半島に向けて北上させ、大規模上陸などピンポイントな合同軍事演習を実施、さらにティラーソン国務長官が過去20年間の対北朝鮮政策を失敗と評したことなどを挙げ「人びとに、米朝開戦はもはや待ったなし」との憂慮を抱かせる状況であるとした。

 その一方で、「米朝両国の『危機PR』行動は、ほぼ相手の行動や外部世論に影響を与えていない。そして、朝鮮半島情勢は緊張が極限に達するたびに、道を引き返し始めるのだ」と解説。11日に北朝鮮が19年ぶりに最高人民会議外交委員会を設置したことを「北朝鮮が国際社会との関係をうまく処理したいというポジティブな信号」としたほか、12日の米中首脳電話会談で朝鮮半島の平和と安定を望む意思が示されたと伝えた。

 記事によれば「もちろん、この緊張緩和情勢が続くかどうかについては、ポイントとなる15日や、米朝両国の今後の行動を見てみる必要がある。ただ、両国は『自分本位』の思考で外部世界を見て理解することに長けており、軍事行動に向けた第1歩を先に踏み出さないように極めて慎重に動いている。他地域の地政学的問題とは異なり、互いの軍事摩擦や軍事的威嚇が減らない代わりに、戦争という局面には至らないのだ」とのことだ。

 「それゆえ、米国による対北朝鮮軍事行動が待ったなしの状態であると軽々しく断言するには時期尚早である。朝鮮半島の局面変化には内在的な規律があり、最悪の局面や完全に制御不能な状態にはまだ陥っていないのである」と記事は論じている。

 記事の論理が現実のものとなるかどうかは、15日の太陽節、25日の建軍節に何が起きるのかを見てみなければ分からない。警戒が必要なのは言うまでもないが、憶測の積み重ねで必要以上に緊張を高めることは慎まなければならない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)



和さん、草莽クッキーさん、情報ありがとうございます。

某サイトの昨日の記事で「明日開戦確定」

とか喚いてたが、そんなに赤っ恥を掻きた


いんでせうか?(縛w


こないだ書いた通りアメリカと北チョンは


「もう戦争だ!」「先制攻撃だ!」「核攻

撃だ!」「巨大爆弾だ!」と威嚇し合い、


板挟みになった支那地区を追い込む為にマ

ッチポンプしてんだから、そうそうやるわ


けないんでつよ。(うちらもね)


支那地区は「平和的解決で圧力をかける」


と直前に言ったわけだが、その後ろに続く

言葉は「だから攻撃するな」ってことなん


でつね。



米中首脳電話会談 習主席“朝鮮半島情勢 平和的解決を”
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170412/k10010946081000.html


news北朝鮮に「最大限の圧力」=トランプ政権、体制転換求めず―米紙




中国外務省によりますと、習近平国家主席とアメリカのトランプ大統領が12日午前、電話で会談しました。



電話会談についてはこないだ書いたが、支

那地区が言う「12日午前」ってのはアメ


リカ時間だと11日の夜を意味してると思

われるわけでつね。


11日ってのは「ついにそのときがきた」

のリアル分析で示した日だったんでつね。



うちらとしてはこの日にヤバいことが起き

ると思ってたわけだが、後になって考える


に、この日には2つの意味があって、1つ

は支那地区に対する通告期限で、「11日


に北朝鮮が19年ぶり外交委員会設置」を

表明したのを受けて支那地区はとりあえず


今の時点では土下座したわけでつね。


4月11日は、ロシアも数字で示したよう


に、間違いなく世界の緊迫が最高潮に達し

た超重要な日だったが、「ヤバいこと」を


免れたという意味ではハズレ、なので半分

的中って感じでせうか?



そして2つ目は多分的中でせう。

証拠を示すのに1~2か月かかると思われ


るので、「4月11日と示した」という謎

解きはその時にしませう。



「都合のいい言い訳で適当に誤魔化してん

じゃねーのか?」と思われるかもしれない


が、2つ目の証拠を示せれば1つ目の説明

も納得していただけるでせう。




で、そうして支那地区が一旦土下座したわ

けなので、こないだ書いた通り、今後1~


3か月の執行猶予の間に開戦するってのは

もうあり得ないんでつね。



アメリカも北チョンも、その執行猶予の間

にギャーギャー喚き散らして支那地区に圧


力をかけてるわけでつね。



アメリカと北チョンがマッチポンプで支那


地区を追い込んで何をさせようとしてるの

か?


支那地区が北チョンにアメリカを怒らせな

いようにお願いを聞いてもらうわけだから


事実上の北チョンに対する土下座を迫って

るわけでつね。



で、北チョンは日本のミサイル基地(縛w

つまり北チョンに対する土下座は日本への


土下座を意味してるわけでつね。

じゃあ日本に土下座したらなんだっていう


のか?

「さあエ下劣を切れ!!!!」


ってことなんでつね。


支那地区が最終的にエ下劣を切らなければ


アメリカと北チョンがマッチポンプで開戦

し、米軍が支那地区国境に駐屯、支那地区


に軍事的圧力をかけて崩壊させるか暴発さ

せて叩く、という流れになるわけでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





北朝鮮に「最大限の圧力」=トランプ政権、体制転換求めず―米紙
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00000012-jij-n_ame


news北朝鮮に「最大限の圧力」=トランプ政権、体制転換求めず―米紙




 【ワシントン時事】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は14日、トランプ政権が北朝鮮政策について、体制転換を目指すのではなく、核・ミサイル開発を放棄させるために「最大限の圧力」をかける方針を決めたと報じた

 2カ月にわたる包括的な政策見直しを終え、国家安全保障会議(NSC)で今月承認されたという。

 新政策は、北朝鮮を核計画放棄の交渉に復帰させるために制裁や外交的手段を用いるという。核実験や違法な行動の停止だけでなく、朝鮮半島の「非核化」を目標にする。また、北朝鮮と取引のある中国企業を標的にした制裁も準備するが、「まず中国が自発的に北朝鮮に影響力を行使する機会を与える」という。 



これがマッチポンプと執行猶予の動かぬ証

拠(縛w


アメリカは北チョンを潰すためにやってる

わけじゃないんでつよ(縛w


支那地区が土下座してエ下劣を孤立させ、

エ下劣包囲網によってエ下劣を叩き潰せば


憲法改正なんか必要ないし核もICBMも

必要ないわけでつね。



トランプマンの言ってる「北チョンの核・

ミサイル開発を放棄」ってのは、実質的に


は北チョンではなくエ下劣を叩き潰すこと

を意味してるわけなんでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





総連、正男氏報道で日テレなどに圧力 北犯行否定を要請
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00000060-san-kr


news総連、正男氏報道で日テレなどに圧力 北犯行否定を要請




 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が日本テレビとテレビ朝日に対し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏殺害事件に関して、北朝鮮当局による犯行説を否定する報道を行うよう要請していたことが14日、分かった。朝鮮総連関係者が明らかにした。事件をめぐる朝鮮総連の諜報活動が明らかになるのは初めて。国際社会が北朝鮮による核・ミサイル実験を警戒しているため、朝鮮総連は北朝鮮に有利な報道を促そうとマスコミへの圧力を強めている。(比護義則)

 関係者によると、朝鮮総連幹部がマレーシアで発生した2月13日の事件後、日本テレビとテレビ朝日の報道局員らと接触。正男氏殺害事件について、北朝鮮当局による犯行説を払拭する報道を行うよう求めた

 事件をめぐっては、マレーシア警察が、在マレーシア北朝鮮大使館の2等書記官らを重要参考人に位置付けたことなどから、北朝鮮当局による組織的犯行をうかがわせる報道が国内外で行われていた。このため、事件関与を否定する北朝鮮の意を酌んだ朝鮮総連が諜報活動の一環として謀略や宣伝工作を行ったとみられる。

 ◆TBSには抗議

 一方、TBSは3月13日の番組「好きか嫌いか言う時間」放映時に、脱北者が北朝鮮の生活を語る韓国のテレビ番組「いま会いに行きます」の内容を紹介。番組では脱北者が正恩、正男両氏の不仲説など金一族の内実を解説していた。このため、朝鮮総連は偏向放送であるとして14~16日の3日間連続でTBSを訪問するなどして抗議した。

 北朝鮮は当初、TBSに対し、北朝鮮の金日成(イルソン)主席誕生記念日「太陽節」(4月15日)取材のため記者らの訪朝を許可する意向を示していた。ところが、突如方針を転換して訪朝を拒否していた。

 日本テレビとテレビ朝日は産経新聞の取材に対し、それぞれ「ニュース制作過程の個別質問には答えない。取材や報道において、あらゆる圧力、干渉を排除し多角的な報道に努めている」「指摘の事実はない」としている。

 TBSは「通常、番組にはさまざまな意見が寄せられるが、具体的な内容は明らかにしていない」としている。朝鮮総連は「取材に応じない」としている。



ダメリカの下僕の日テレには「要請」で、

エ下劣の下僕のTBSには「抗議」(縛w


「取材や報道においてあらゆる圧力、干渉

を排除し」とか、今まで散々圧力と干渉に


基づいて偏向報道してきたくせに、どの口

で喚いてんだ?(縛w



まあ散々同じ穴の貉のマレーシアとかバカ

チョンに都合のいいこと喚き散らしてたの


に、そのマレーシアが大敗北してうやむや

な決着を選んだ結果、マスゴミはハシゴを


外されたんだから、その責任は、どんなに

生き恥晒してもマスゴミがきっちり取るし


かねぇわなぁ!!!!(縛w


マスゴミ共はいつまで古臭いスキームの中


で生きていけると思ってんだ?

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

5.9前にはなさそうですねえ。まだ、4.27辺りが可能性はありますがw
南が赤化した後キンペーの信任投票が終わってから、まとめてやっちゃうってことですかね

No title

「トランプマンの言ってる「北チョンの核・ミサイル開発を放棄」ってのは、実質的には北チョンではなくエ下劣を叩き潰すことを意味してるわけなんでつね。
」...ここのブログを読んでいて良かったですよ。なのでわかってはいましたが、他のまとめブログの色んなところで「明日開戦!」だの書いてましたねぇ。あれ恥ずかしくないんですかね。そして責任を感じないのですかね?ああいうハズレまとめブログって、頂けないマスコミと同じですよ。煽っているだけ。そして広告収入が欲しいだけ(笑)。信念なんてありゃしない。ああいうのも森友と同じで保守ビジネスの類いなのかもしれませんね。News U.S.さんとかね(笑)。おーるじゃんるさんとかね(笑)。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR