現在の閲覧者数:

【うんこ通信】元敵にまで配慮される日米、誰からも配慮されないバカチョン

.
米国で出てきた「もう韓国を助けるな」の声
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170419-00049768-jbpressz-int


news米国で出てきた「もう韓国を助けるな」の声




 「米国が朝鮮半島の危険な情勢に関与する必要はもうない。韓国との同盟を解消して、在韓米軍も撤退すべきだ」――こんな過激な主張の論文が米国の大手外交雑誌に掲載された。ソ連の巨大な脅威が存在した東西冷戦時代ならば米国の朝鮮半島関与は意味があったが、今は北朝鮮の脅威は韓国に任せればよい、とする孤立主義に近い主張である。

 論文の筆者は長年ワシントンの外交政策論壇で活動する研究者だ。その主張はきわめて少数派と言えるが、米国の一部にこうした意見が存在することは認識しておく必要があるだろう。

■ 中国の存在のほうが大きな問題

 米国の大手外交雑誌「フォーリン・ポリシー」4月号は「アメリカはもう韓国を解き放つ時だ」と題する論文を掲載した。筆者は異色の保守派論客であるダグ・バンドウ氏である。同氏は国際問題を専門とする研究者であり、レーガン政権で大統領補佐官を務めた経歴を持つ。現在はワシントンの老舗研究機関「ケイトー研究所」の上級研究員として活動している。

 バンドウ氏は論文で、まず北朝鮮が核兵器やICBM(大陸間弾道ミサイル)の開発を進めて緊迫する現在の情勢について「米国はなぜアジアの小さな貧しい北朝鮮という国だけに大きな関心を向け、米国人の血を流すことになる戦争を選択肢にしようとするのか」という疑問を提起する。「アジアには、もっと真剣に対処すべき中国のような大国が存在するではないか」とも述べる。

 バンドウ氏もケイトー研究所も基本的なスタンスは、個人の自由を最大限に求め、政府の役割を極端に小さくすることを主張する「リバタリアニズム」(自由至上主義)系の思想である。「小さな政府」を主唱するという点では、保守主流派と主張が重なっている。リバタリアニズムは、外国との同盟などを減らす孤立主義を説くことも多い。

■ 韓国に米国の助けはいらない

 バンドウ氏は同論文で以下の諸点を主張していた。

 ・米国が朝鮮半島に介入し、韓国と同盟を結んで、北朝鮮と対峙した最大の理由は、東西冷戦中にソ連側陣営の共産主義の拡大を防ぐためだった。朝鮮戦争で共産側と戦って3万7000人もの米国人の命を失ったのも、北朝鮮の背後にいるソ連の勢力圏の膨張を阻止するためだった。

 ・だが、今や世界はまったく変わってしまった。米国にとって朝鮮半島は東西冷戦中の地政学的な意味を失い、朝鮮半島での「代理戦争」はもはや過去の遺物となった。韓国を防衛することも北朝鮮の核武装を阻止することも、米国の基本的な国益とは関わりがなくなった。

 ・いまの朝鮮半島で起きうる最悪の事態は、北朝鮮と韓国との戦争だろう。しかしこの戦争も国際情勢全体、あるいは米国の基本的な国益という観点からみれば、それほど重大な出来事ではない。米国が介入しなければこの戦争は朝鮮半島だけに限定されるので、かえって国際的な被害が少ない。

 ・在韓米軍は長らく不可欠な聖域のようにみなされてきた。だが、かつてカーター政権はその撤退を提唱している。

 ・現在、韓国には約2万8000人から成る米軍が配備されているが、もしも朝鮮戦争が起きた場合、米軍の被害は甚大となる。だが、いまの韓国の国力は北朝鮮を圧倒的に上回っている。韓国軍は米軍の力を借りなくても勝利を得られるはずだ。

 ・韓国にはときどき金大中政権のような北朝鮮との融和を求める政権が登場し、「太陽政策」の名の下に北に100億ドルもの援助を与えるような異常な出来事が起きる。援助を受けた北朝鮮は、その間に核兵器や弾道ミサイルの開発に励んでいた。韓国は「米国の保護がある」という安心感から、そんな行動をとるのだ。だから、米国は保護をやめたほうがよい。

 ・在韓米軍の存在は中国の膨張を防ぐためだとする議論もある。だが、中国が朝鮮半島に進出して北朝鮮を自国の支配下におく意図がないことは、すでに明白だ。台湾や南シナ海、東シナ海など、北朝鮮以外の地域での中国の攻勢を抑えるための在韓米軍の効用はほとんどない。

 ・韓国が核武装して北朝鮮の核兵器に対抗しても、米国にとって大きな不利益はない。また、在韓米軍を撤退させた後も、米国が核の拡大抑止、つまり北朝鮮に対する「核のカサ」を韓国に提供し続けることは可能である。

 バンドウ氏は、国が朝鮮半島への関与を減らすことで、韓国も北朝鮮も自立や自主性の意識を高め、責任のある外交や戦略を展開するようになるのではないかと総括していた。

 現実的には、米国が韓国から、さらには朝鮮半島から離脱する可能性はきわめて低いとはいえ、いまの米国内にはこんな主張があることも知っておくべきだろう。



アメリカによるバカチョン最終完全切り捨

てキタ
wwwwwwwwwwwwwwwww

圧倒的な経済格差があるのにアメリカに縋

りつくバカチョン
wwwwwwwwwww


支那地区・ロシアが攻めてくる恐れもない

のにバカチョンに米軍を置ておく必要は全


くねぇ!!!!(縛w

勝手に戦って勝手にタヒね!!!!(縛w



韓国人「日本の産経新聞、米国による北朝鮮への4.27空襲説拡散で韓国社会が混乱と報じる」
http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/51100480.html


韓国人「日本の産経新聞、米国による北朝鮮への4.27空襲説拡散で韓国社会が混乱と報じる」1

韓国人「日本の産経新聞、米国による北朝鮮への4.27空襲説拡散で韓国社会が混乱と報じる」2




カイカイさんの記事だが、こないだ書いた

通り、同族だから攻めてこないとタカを括


ってるわけでつね。

しかも、米支がバカチョンに都合よく動い


てくれると未だに思い込んでる認知バイア

ス(縛w


北チョンを叩くことでバカチョンを消滅さ

せるのが日米支の作戦だとも知らずに。


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





空母を見れば明らか、米国の北朝鮮攻撃はまだ先だ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170419-00049758-jbpressz-int


news空母を見れば明らか、米国の北朝鮮攻撃はまだ先だ




 普段、安全保障とは縁遠いテレビのワイドショーまでもが北朝鮮情勢を取り上げ、米国政府による北朝鮮攻撃まで秒読みだと論じている。米国はすでに準備が完了していると述べるコメンテーターも少なくない。しかし、本当にそうだろうか。

 筆者は“現時点”では、その見解には反対である。米国の先制攻撃の蓋然性はなく、可能性も低いとみている(ツイッター等でも一貫して主張してきた)。以下ではその根拠と、今後どのような場合に蓋然性が高まるのかを述べてみたい。

■ 空母1隻では戦力不足

 第1の根拠は、空母打撃群の展開状況である。

 現状で西太平洋に展開する空母は、カール・ビンソンただ1隻だ。空母ロナルド・レーガンも横須賀にいるが、これは5月まで整備予定であり、その上、さらに訓練を行わなければ実戦投入は不可能だ。リビア空爆(1986)は空母3隻、湾岸戦争は空母6隻、ユーゴ空爆は空母1隻+同盟国軽空母2隻、アフガン攻撃は空母4隻程度、イラク戦争は空母6隻で攻撃を実行している。ブッシュ政権末期にイラン攻撃がささやかれた際は空母3隻がペルシャ湾に集結した。だが、現状はたかだか空母1隻でしかない。これではいかにも戦力不足である。

 というのは、北朝鮮の対空ミサイルを中心とする防衛網は相当強力だからである。航空戦力は無きに等しいが、イラン製の新型フェイズドアレイレーダーを装備しているほか、ロシア製S-300のコピーとされるKN-06対空ミサイルを複数装備している。また、低空攻撃であれば、携帯式対空ミサイルや対空砲が数千門を超える数を展開している。

 それに対して空母打撃群1個では、明らかに戦力が不足しているし、撃墜された時のパイロット救助もままならない。しかも、北朝鮮の軍事力は山岳地帯をくり抜いた防空壕やトンネルに守られており、トマホークミサイルでは打撃を与えられない。

 古い事例だが、1969年にニクソン大統領が北朝鮮への懲罰的攻撃を検討した際は、空母4隻が投入される予定だった。やはり最低でも3個の空母打撃群を展開しなければ、話にならないだろう。

■ ゆっくり移動している米空母部隊

 第2の根拠は、カール・ビンソン空母打撃群の動きである。その動き―特に速度―を見ると、先制攻撃の意図があるとは思えない。

 カール・ビンソン空母打撃群は4月8日にシンガポール沖で豪州行きを中止し、朝鮮半島近海(公式声明では北上)への移動を開始した。シンガポール沖から朝鮮半島近海までの距離は、ざっと計算して4800キロメートルである。この距離は巡航速度20ノットであれば5.4日、最大速度30ノットであれば3.5日、駆け足25ノットであれば4.3日で到着する。しかし16日に至るも、カール・ビンソン空母打撃群は到着した気配はない。しかも、17日の声明ではまだインドネシア沖に展開していたという。

 これこそが、米政府の意図を明瞭に語っている。つまり、意図的に空母打撃群の展開を遅らせているのである。


 歴史を振り返ってみると、1994年の中台危機の際も同様のことがあった。当時、台湾海峡を目指したニミッツ空母打撃群は、「第7艦隊司令部より、ゆっくり移動するように」という事実上の命令を受け、あえて巡航速度よりもかなりの低速で台湾海峡へと向かった。しかも、移動命令は命令の5日後に移動を開始せよというものだった(この経緯の詳細は秋元千明著『アジア震撼―中台危機・黄書記亡命の真実』を参照していただきたい)。

 なぜなら、空母打撃群の性能をフルに発揮してアッという間に到着してしまうと、中国政府を焦らせ、冷静な判断力を失わせることになってしまうからだ。米国としてはじわじわと中国を威圧して台湾への威嚇をやめさせることを狙っていたのだという。

 今回のカール・ビンソン空母打撃群も、やはり非常にゆっくりとした動きを見せている。また、ちょうど4月11日に錬成訓練が終了し、実戦投入が可能となったニミッツ空母打撃群もカリフォルニア沖から動く気配がない。

 これは現在の状況が、あくまでも軍事力による威嚇によって、相手の妥協を迫る「強制外交」(coercive diplomacy)のフェーズでしかないことを意味している。要するに、先制攻撃はまだ先であるということだ。

■ いまだ整わない報復攻撃への防衛態勢

 第3の根拠は、在韓米軍の防衛体制が整っていないことだ。

 北朝鮮への先制攻撃の形としては、B-2ステルス爆撃機で高高度から核施設等の一部を叩くという選択肢もあり得る。しかし、それでは北朝鮮の弾道ミサイル等による報復を招き、韓国に居住する多くの米兵とその家族が犠牲になるおそれがある。だが、在韓米軍は自国民保護の対策を取れていない。

 実は、迎撃に使用する在韓米軍のパトリオットミサイル2個大隊(96台)は、先月末から更新に入ったばかりである。在韓米軍の説明によれば、3月25日より、韓国に展開する米軍のパトリオットミサイルは、レーダーや指揮システムを含む全てのハードウエアとソフトウエアを最新式に交換する作業を実施しており、製造元のレイセオン等の技術者が長期間滞在して実施するという。報道によれば、在韓米軍の関係者は「海外の米軍の防空部隊を対象にこれだけ大々的な性能改良作業が行われるのは初」としている。今までにない規模のこの改良作業がすぐに完了することはないだろう。

 しかも、韓国への高高度ミサイル防衛システム(THAAD)配備もいまだ途上段階であり、使用可能な状況に至っていない。加えてトランプ政権はTHAAD配備の先送りすら示唆するありさまである。

 これでは北朝鮮からの反撃に対して、万全の体制とは言い難い。また、現在、北朝鮮からの報復として懸念されているのは、砲兵部隊によるソウル攻撃だけでなく、小型ドローンにサリンなどの化学兵器を積載してソウルに飛ばしてくることである。その対策として在韓米軍の増強がなされているかも疑わしい。

 ちなみに、米軍が北朝鮮に攻め入る際はどれくらいの兵力が必要だろうか。2013年に米陸軍は北朝鮮崩壊時の核兵器等の差し押さえを想定したウォーゲームを実施した。その際の結論は、最終的に2個師団の投入に56日間かかり、9万人の米軍の兵力が必要、というものであった。現在、米韓軍事合同演習が実施されている最中だが、とても数が足りない。

 また、この演習での結論としては、(1)オスプレイによる敵中深くへの戦力投射は、すぐに膨大な北朝鮮軍に包囲されてしまい失敗の連続となる、(2)人的情報がとても足りず、偵察衛星や盗聴による技術情報ではとても埋め合わせができず攻撃等に難儀した、というものであった。これも一部のメディアが「近いうちに行われる」とする特殊部隊やトマホーク等による斬首作戦の困難性を示唆している。

■ 北朝鮮攻撃の蓋然性が高まるのはいつか

 では、どのような状況になると北朝鮮攻撃の蓋然性が高まったと見なせるのか。

 それは、ニミッツ空母打撃群が西太平洋に展開し、ロナルド・レーガン空母打撃群も合わせて3個体制に移行し、パトリオットミサイル部隊の更新とTHAADの配備が終了し、在韓・在日米軍の増強が開始されたときだろう。

 無論、現時点でも限定的な攻撃は、米本土からB-2爆撃機を飛ばせば可能である。意外性を好むトランプ大統領の「ギャンブラー」としての性格を考えれば、あり得ない選択肢ではない。

 しかし、トランプ氏自身が繰り返し述べてきたように、現政権は首尾一貫して中東重視である。実際にシリアに地上兵力を投入しており、これを15万人に増やすべきという議論も政権内で行われている。

 そして、トランプ政権の安保政策の主導権を握っているとされるマティス国防長官やマクマスター国家安全保障担当補佐官は、イラク戦争で苦労した経験を持つ軍人である。後先を考えない楽観主義に基づく戦争の尻拭いを10年以上やってきた彼らが、そのような攻撃の計画をトランプに提案する可能性は低い。

 そう考えれば、やはり、米軍による先制攻撃は、少なくとも上記のような態勢への移行がほぼ完了した時点と考えるのが妥当だろう。




米中の取引説を否定 「THAAD予定通り配備」=韓国外交部
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000068-yonh-kr


news米中の取引説を否定 「THAAD予定通り配備」=韓国外交部




【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は18日、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に関して一部で取り沙汰されている米中による「取引」の可能性を否定した。一部では、米国がTHAADの韓国配備を巡り次期韓国大統領が判断すべきだとの意向を示したと伝えられ、北朝鮮に挑発の自制を働きかける中国側への米国の配慮でTHAAD配備が先送りされる可能性が指摘されていた

 外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は、この日の定例会見で「ペンス米副大統領も(先ごろ来韓した際の記者会見で)韓米が決めたTHAAD配備を引き続き推進するとの立場を明確にした」と指摘した上で、韓米両国は在韓米軍にTHAADが迅速に配備され、運営されるようにすることで北朝鮮の脅威に対応する体制をさらに強化するとの共通認識を持っていると強調した。

 米トランプ政権が定めたとされる「最大限の圧力と介入」という対北朝鮮政策に対しては「米国の政策検討結果を韓国政府が説明するのは適切ではない」とした上で「最も重要なのは(米国にとって)韓国との連携が最優先だということ」と述べた。




米軍、5月にミサイル迎撃実験 北朝鮮による発射を想定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-35099989-cnn-int


news米軍、5月にミサイル迎撃実験 北朝鮮による発射を想定




(CNN) 米国防総省は19日までに、北朝鮮のミサイル発射を想定した2度の迎撃実験を5月に実施すると発表した。

実験は米軍の弾道ミサイル防衛計画の一環として、太平洋で実施する。同計画は対北朝鮮または対イランを想定しているが、今回は特に、北朝鮮の脅威に対峙できる能力を確認する。

このうち改良型の標準ミサイル発射実験では、推進装置と弾頭を改良したミサイルを海軍艦から発射する。同ミサイルでは到達距離を伸ばし、北朝鮮沿岸から発射されるミサイルも撃墜できることを想定。迎撃の精度も高めている。

同ミサイルは北朝鮮のミサイルを迎撃する目的で、日本と共同で開発したもので、発射実験は今回が2度目となる。

5月下旬には、米本土を脅かす恐れのある北朝鮮の大陸間弾道ミサイルを撃墜する実験を行う。実験にはアラスカ州とカリフォルニア州に配備した地上型の長距離迎撃ミサイルを使用。カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地から発射するミサイルでは、太平洋上空を飛行してくるミサイルの迎撃をシミュレーションする。

国防総省によると、このシステムは10年以上前から存在していたが、実験の成功率は半分程度にとどまる。兵器実験に関する国防総省の直近の報告書では、長距離ミサイル迎撃システムについて「北朝鮮やイランが発射する少数の単純な中距離あるいは大陸間弾道ミサイルから米本土を防衛できる能力は限定的」と批判していた。

国防総省では米国家安全保障会議(NSC)による対北朝鮮政策の見直しの一環として、米政権が行動を決断をした場合に備え、1カ月以上前から軍事的な選択肢を検討していた。



図ったように絶妙なタイミングでパトリオ

ットミサイルが更新作業に入って数カ月使


えないのに「THAADは大丈夫ニダ!」

と願望で喚き散らすバカチョン!!!!



そもそもTHAADは移動式で、本国から

スッと持ってきてスッと配備すりゃ終わる


ものなのに、配備を開始して1か月以上経

ってもまだ配備完了の目処が立たねぇのは


やる気がないからだろが!!!!(縛w



うちが「危ないのは空母が到着してから」


と書いた途端乗っかってきてるヤツがいる

な(縛w


まあいいけど(縛w


しかし、アメリカは「先制攻撃しない」と


言ってるわけで、であれば開戦は北チョン

から撃ってくるしかないんだから、「まだ


まだ先」とか勝手な憶測で喚いても意味は

ない(縛w




っつーか、5月にアメリカが「北チョンミ

サイルの迎撃訓練」を表明(縛w


おらバカチョン!!!!

「まるで北チョンの攻撃が迫ってるかの様


な誤解を招く発言をするなニダ!」

って喚いてみろやクズが!!!!(縛w


アメリカは北チョンの攻撃を想定してんだ

ろが!!!!


とっとと盾突いてみろ!!!!

そしてアメリカの怒りを買い半島から米軍


を撤退されとけ!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





択捉の愛国集会、今年は見送り=日本に配慮か―ロシア
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000001-jij-int


news択捉の愛国集会、今年は見送り=日本に配慮か―ロシア




 【モスクワ時事】ロシア通信によると、ロシア青少年問題庁のブガエフ長官は、北方領土の択捉島で2015年から2年連続で開かれた政府主催の愛国集会「全ロシア青年教育フォーラム」について、今年は開催を見送ると述べた。

 同通信が18日、インタビューの内容を報じた。日ロ首脳の対話が進展していることから、ロシアが日本に配慮した可能性がある。 




米大統領長女の商標仮承認=首脳会談の最中に―中国
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000044-jij-n_ame


news米大統領長女の商標仮承認=首脳会談の最中に―中国




 【ワシントン時事】米メディアは18日、中国政府が、トランプ米大統領の長女イバンカさんが手掛けるファッションブランド「イバンカ・トランプ」の商標を仮承認したと伝えた。

 仮承認は米中首脳会談最中の6日に行われ、イバンカさんは同日、米フロリダ州で行われたトランプ大統領と中国の習近平国家主席らとの夕食会に同席していた。

 報道によると、仮承認されたのはバッグや宝石など3件。イバンカさんはブランドを扱う会社の経営からは退いたが、株式は保有している。 



ロシアも支那地区も日米に配慮(縛w

そして誰からも配慮されないのが。。。



中国主導の経済圏構想、初の首脳会議に28カ国出席へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000082-asahi-int


news中国主導の経済圏構想、初の首脳会議に28カ国出席へ




 中国の王毅(ワンイー)外相は18日に記者会見し、5月中旬に北京で開く「シルクロード経済圏構想」(一帯一路)の初の首脳会議に、ロシアのプーチン大統領やフィリピンのドゥテルテ大統領、ミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問ら28カ国の首脳が出席すると明らかにした。習近平(シーチンピン)国家主席が首脳会議を取り仕切るという。

 一帯一路は、アジア、中東、欧州など広い経済圏を陸と海の二つのシルクロードで結ぶ構想。習指導部は5月14~15日に主催する首脳会議を今年最大の外交イベントと位置づける。首脳による全体会議のほか、インフラ建設、経済貿易、金融など六つのテーマで会議を開く。

 各国から約200人の閣僚級高官が参加するほか、国連のグテーレス事務総長をはじめ、61の国際組織の高官も出席する。ただ、主要7カ国(G7)では、イタリアのジェンティローニ首相以外は出席を表明していない。中国側は日本政府に対して世耕弘成経産相の出席を要請しているが、日本側は検討中だ。

 王氏は記者会見で「今回のフォーラムを契機にさらに開放的で効率が高い国際協力のプラットホームを構築することを期待する」と発言。保護主義を強めるトランプ政権を意識しつつ、今回の首脳会議を通じて中国がグローバル化を主導する姿勢を強調した形だ。(北京=西村大輔)




中国、「韓国外し」作戦? 一帯一路首脳会議の招待状も結局送ってこず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000008-cnippou-kr


news中国、「韓国外し」作戦? 一帯一路首脳会議の招待状も結局送ってこず




中国政府は習近平国家主席の威信をかけて来月開催する一帯一路(陸上・海上シルクロード)国際協力首脳会議に、28カ国の首脳と主要20カ国・地域(G20)の副首相級9人、110カ国の閣僚級要人190人が参加すると明らかにした。だが、高高度ミサイル防衛(THAAD)体系配備問題で葛藤中の韓国に対しては招待状すら送らなかった。<中央日報3月4日付「中国、一帯一路会議に韓国首脳・閣僚を招請せず」記事>

王毅外交部長は18日、内外信向けの記者会見で、来月14~15日に北京で開かれる一帯一路首脳フォーラムの出席者名簿を公表した。

名簿にはロシアのウラジーミル・プーチン大統領やトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領、ミャンマーのアウンサン・スーチー国家顧問のほか、欧州(スイス・スペイン・イタリア・チェコ)、アジア(インドネシア・マレーシア・パキスタン・ベトナム・モンゴル・カンボジアなど)、南米(アルゼンチン・チリ)や中央アジア、アフリカなどの各首脳がもれなく含まれている。習主席は初日に開幕演説を行い、翌日には首脳28人が参加するフォーラムを主宰する予定だ。

中国は今回の会議の開催成功を2017年最大の外交目標に掲げて、年初から海外の首脳級要人の招待に心血を注いできたが、一帯一路プロジェクトの隣接国であり主要関連国の韓国は排除した。

韓国政府当局者は「THAAD問題で韓国政府代表を意図的に招待しなかったようだ」と見解を示した。これに関連して、中国の陸慷外交部報道官は、「来月、韓国の新しい大統領が決まったら招待する意志はあるか」という質問に対して「仮説的な状況については答えることはできない」と述べた。




日本・EU「韓国政府の大宇造船支援はWTO違反」 OECDに問題提起
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000002-cnippou-kr


news日本・EU「韓国政府の大宇造船支援はWTO違反」




日本と欧州連合(EU)が、経済協力開発機構(OECD)を通じて、大宇造船海洋の支援対策は国際通商規範に外れるものだとして公式に問題提起を行った。

18日、韓国産業通商資源部によると、同日から2日間の日程で仏パリで開かれるOECD造船作業班(WP)会議で、大宇造船の不公正支援問題が取り上げられる。

日本とEUは、韓国の国策銀行である産業銀行と輸出入銀行が大宇造船海洋に4兆2000億ウォン(約4000億円)の流動性を支援した点と、債務調整を前提に追加資金支援を行った点が、世界貿易機関(WTO)の政府補助金支給規定に抵触するとの立場だ。

これに対して、韓国政府は大宇造船海洋支援の決定が債権団の主導で行われた点を積極的に説明していく方針だ。



バカチョン(縛w


日本からもEUからも叩かれ、支那地区か


らはシカトされ、アメリカからは半島開戦

待ったなしと示唆されたバカチョン(縛w



しかし今の今になってもまだ世界中から斬

られてる事に気づかないバカチョン(縛w


まあみんなバカチョンに気付かれないよう

にやってるからなんだが、日本語でも英語


でもできるヤツがちょっと掲示板に書けば

わかってしまう話なのに気付かないのは、


やはりバカチョンが認知バイアスの精神異

常者だからなんでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





文候補、対日姿勢の軟化鮮明 韓国大統領選
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM18H7V_18042017FF1000/


news文候補、対日姿勢の軟化鮮明 韓国大統領選




 【ソウル=鈴木壮太郎】韓国大統領選で最大野党「共に民主党」の公認候補である文在寅(ムン・ジェイン)前代表の対日姿勢が変化している。選挙管理委員会が17日公開した文氏の十大公約で、対日関係を「成熟した協力関係に発展させる」としていることが明らかになった。13日に記者発表した公約では「歴史の過ちへの反省に基づく関係の再構築」としていたが軟化が鮮明だ。

 従軍慰安婦問題に関する2015年の日韓合意については「再交渉」から「原則的に対応」にかわった。竹島(韓国名・独島)の領有権問題や日本の閣僚による靖国神社参拝問題に「断固として対応」との記述はなくなった。

 代わって十大公約に加わったのが経済・安保協力だ。「第4次産業革命や新成長分野で戦略的な協力を強化」し、「北朝鮮の核問題の解決などで協力を強化」するとした。

 十大公約は多くの公約の中から強調したい事柄を選んだもので、公約の中身自体に変化はないという。対日強硬派と受け止められる文氏だが、「歴史問題だけを羅列するのは適切ではなく、未来志向的な立場も盛りこんだ」(共に民主党)。「当選後の政権運営をにらみ、現実的な公約を前面に出した」(関係筋)との見方もある。



かなCwwwwwwwwwwwwwwww

節を曲げてんじゃねぇバカチョン!!!!

喚いたことは貫き通して実行しろ!!!!


ヤバくなったらビビり上がって掌返しって

のは下等生物ホモぱよペドゾンビキムとおん


なじバカチョンの習性!!!!


擦り寄ってくんじゃねぇ!!!!


反日奇痴害戯言を連発してバカチョン共を

全匹巻き込んで滅亡しろ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

...あれれ、恥ずかしながら今気づきました。確かに北朝鮮に比べて経済的に相当恵まれているハズのかの国が何でアメリカの軍隊に支えられているんだろ?かの国にいる米軍が可哀想でならないですよ。やってられないだろうなぁ。撤退させればいいのに。

コラム:反ユダヤ主義が顕在化しているのはなぜか
http://jp.mobile.reuters.com/article/jp_column/idJPKBN17L02P
敵は防波堤の先に

クーレECB専務理事が孤立主義厳しく批判、金融規制緩和に警鐘
http://jp.mobile.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN17L22A
グローバリズムはお断り

【ケント・ギルバートのニッポンの新常識】
日弁連の左翼的政治活動を黙認するな 「日弁連意見書」の実態…「詐欺同然」と言いたくなる
http://www.sankei.com/affairs/news/170420/afr1704200002-n1.html

JTは「加熱式たばこ」で巻き返せるか
https://news.infoseek.co.jp/topics/president_21851?scid=cmsapp

朝鮮半島危機は日米のせい? 北朝鮮からの先制ミサイル攻撃の可能性は非常に低い
https://news.infoseek.co.jp/topics/globalnewsasia_4271?scid=cmsapp

昭恵氏と政府職員を告発=守秘義務違反容疑で=
https://news.infoseek.co.jp/topics/170419jijiX581?scid=cmsapp
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR