現在の閲覧者数:

【国内】労働環境改革政策は日本人のための政策

.
ヤマト、最大180円値上げ=基本運賃、27年ぶり―宅配便の総量抑制
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000124-jij-bus_all


newsヤマト、最大180円値上げ=基本運賃、27年ぶり―宅配便の総量抑制




 宅配便最大手のヤマト運輸は28日、インターネット通販の拡大を背景に取扱量が急増し、負担が増したドライバーの労働環境の改善などを目的とした構造改革策を発表した。個人向け基本運賃は9月に税抜きで140~180円値上げする。定価に当たる基本運賃の値上げは消費税増税時を除くと27年ぶり。また「宅配便の総量をコントロールし、集配体制の立て直しを図る」として、総量の抑制にも取り組むことを明記した。

 基本運賃は発着地ごとに定めているが、今回は一律で実施。小型は140円、中型は160円、大型は180円を現行料金に上乗せする。値上げ率は距離が近く、荷物が小さいほど高くなる。関東から関西に荷物を送る場合、小型は現行の800円から940円となる。

 一方で、発送時に直営店に持ち込んだ場合の割引制度などを拡充する。値上げ幅は平均15%程度だが、割引を適用すると平均10%程度という。

 法人向けでは、ネット通販など割引率の高い大口顧客ほど採算が悪化しているのを踏まえ、これまで荷物量に応じ、事業所ごとに定めていた運賃を一律化し、値上げを要請。年末など繁忙期の出荷調整なども要請する。アマゾンジャパン(東京)など大口顧客約1000社と優先的に交渉を進め、9月末までの合意を目指す。

 宅配便の総量は2016年度の18億7000万個から、17年度は8000万個減らす見通しだ。

 親会社のヤマトホールディングス(HD)の山内雅喜社長は28日の記者会見で、値上げに理解を求めるとともに、サービス残業が広範に行われていたことについて「長年、労働時間管理が万全でなかったことを大いに反省している」と陳謝。同社長が報酬の3分の1を6カ月間減額するなど幹部6人の処分も公表した。

 28日発表したヤマトHDの17年3月期連結決算は、純利益が180億円と前期に比べ半減した。ドライバーの過去2年間の未払い残業代、総額190億円を一時金として支払うのが主因だ。 




ヤマト契約打ち切り「とりつく島がない」 通販業者悲鳴
http://digital.asahi.com/articles/ASK4V5R6FK4VULFA029.html?rm=305


newsヤマト契約打ち切り「とりつく島がない」 通販業者悲鳴




 宅配便最大手のヤマト運輸が一部の法人客との配送契約を打ち切る方針を打ち出したことで、通信販売業界に波紋が広がっている。

 「交渉しようにも、とりつく島がない」。ヤマトから契約の打ち切りを打診されたある大手通販会社の社員は嘆く。打ち切りをほのめかされたのは3月末。3年ほど前に値上げを持ちかけられたが、当時は「荷物量を増やす」と持ちかけて値上げ幅を抑えるなど交渉の余地があったという。

 だが、今回の交渉は違った。ヤマトの担当者は「会社として決めたことですから」の一点張り。荷物量の削減や値上げ幅などで交渉の余地を探ったが、今月に入って正式に打ち切りを通告された。打ち切りの対象になった理由も示されないままだ。

 この業者は年間に少なくとも数百万個以上の荷物を扱っていて、その大部分をヤマトが運んできた。今秋までにヤマトに代わる宅配業者と契約しなければならないが、全国的な配送網を持たず、荷物の追跡サービスに対応していない中小の運送業者には頼めない。佐川急便や日本郵便と協議中だが、運賃をめぐって交渉は難航しそうだ。「見通しが立たない。ヤマトも苦しいのは分かるが、せめて交渉のテーブルにだけでもつかせてもらえないか」。業者は悲鳴を上げている。

 中小零細の通販業者も厳しい立場に置かれている。業界関係者は「4月に入って、ヤマトから値上げや取引の打ち切りを通告された業者が全国で急増している」と明かす。長年取引を続けてきた中小零細の業者にとって、ヤマトは圧倒的に強い立場だ。新たな配送業者を探すのも難しく、「佐川や日本郵便に声をかけても、受けてくれる保証はない」(関係者)のが実情という。

 通販大手のニッセンホールディングスは2月ごろにヤマトから値上げを打診され、交渉中だ。昨年、日本郵便から切り替え、今はヤマトがすべての商品を配送している。広報担当者は「物流がないと通販は成り立たない。ある程度の値上げは受け入れる」と話す。値上げ分は配送料に転嫁するつもりだ。コンビニで荷物を受け取れば、配送料がかからないようにするなどの工夫も検討している。

 「ベルメゾン」を展開する千趣会は商品の配送は主に佐川が担い、季節ごとに送るカタログはヤマトが配送している。「他社もヤマトに追随して、値上げをするのではないか」(広報)とみているが、佐川の配送料が値上げされても、「一方的にお客に負担はお願いできない」(広報)。値上げ分を会社側がかぶるか、配送料が無料になる購入額のラインを上げるなどの対応を検討する方針だ。

 一方、都内の通販大手の幹部は今月、ヤマトから「値上げをお願いすることは当面ない」と言われ、胸をなで下ろした。この業者はアマゾンなどと異なり、荷物の大きさに応じて配送料が決まる。「うちの料金体系なら、ヤマトに利益があるのだろう」とみている。(贄川俊、土屋亮、牛尾梓)

■ネット通販、初めて8兆円超える

 インターネット通販の2016年の市場規模が初めて8兆円を超えたことが、経済産業省の調査で分かった。市場規模は年々拡大しているが、同省は商品を運ぶ宅配業者の事業の見直しが今後の成長に影を落とす可能性を指摘している。

 調査は、個人がネットでモノやサービスを購入する電子商取引について1998年から毎年実施している。衣類や食品などの「物販」は前年比10・6%増の8兆43億円。物販全体に占めるネット経由の購入の比率は5・4%で、初めて5%を超えた。商品を早く届けるサービスの普及が成長を後押ししているようだ。ネット通販大手のアマゾンが注文から1時間以内に商品を届けるサービスを15年11月に始めるなど、配達までの時間が短くなったことで、注文をキャンセルする人が減っている影響もあるという。

 ただ、宅配便最大手のヤマト運輸は、宅配ドライバーの長時間労働を是正するため、「当日配送」の縮小を検討中だ。経産省の担当者は「大きな見直しがあれば、市場の成長が鈍る可能性がある」と見る。

 物販以外の市場規模は、旅行予約などの「サービス」が5兆3532億円(前年比9・2%増)、オンラインゲームや電子書籍などの「デジタル」が1兆7782億円(同8・9%増)。電子商取引全体は15兆1358億円(同9・9%増)だった。

 調査では、米国と中国の消費者がネット経由で日本の事業者から購入した金額も調べた。中国からの購入額は前年から3割増え、初めて1兆円を超えた。日本を旅行中に買った化粧品などをネットでリピート買いするケースが増えているという。米国からの購入額は約6千億円だった。(伊藤舞虹)




中国の宅配業者も日本と同様の危機に直面?
https://news.goo.ne.jp/article/recordchina/business/recordchina-RC_176535.html


news中国の宅配業者も日本と同様の危機に直面?




2017年4月27日、中国紙・参考消息は日本メディアの報道を引用し、中国の宅配業者も日本同様に荷物が激増し人手不足に陥っていると伝えた。

中国ではインターネット通販の急拡大で宅配荷物が急増。しかも深刻な人手不足で、各地で荷物の遅配や紛失が頻発している。

中国ではアリババ集団のサービスを中心にネット通販が急成長。16年に宅配された荷物は313億個、前年比で5割増となり、これは日本の8倍の量だという。これを支える配達員の確保が難しくなっているという。

これまでは、宅配荷物の配達員は大学新卒者の初任給と同程度の収入が得られため、地方からの出稼ぎに来ている多くの若者を引きつけたが、最近では、より待遇の良いフードデリバリーへ配達員が流れていて、宅配業界では深刻な人手不足となっている。このため、宅配業者は配達員の取り分を倍増するなどの対策を取っているという。

これに対し、中国のネットユーザーから「日本は心配するな。中国は何でも不足しているけど、人だけは不足していない」とのコメントが寄せられた。

実際、労働者の数は不足していないはずだが、配達員確保が難しい現状であるため、「待遇改善こそ王道だ。1日十数時間働いて社会保障がなく、週一日の休みもないのだから」「荷物1つ当たり1元(約16元)増やせば、配達員はいくらでも集まる」などの意見もあった。(翻訳・編集/山中)




外国人純流入、最大13.6万人 人手不足で増す存在感
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO15358730V10C17A4EA3000/


news外国人純流入、最大13.6万人 人手不足で増す存在感




 総務省が14日に公表した2016年10月時点の人口推計で、外国人の入国者数から出国者数を差し引いた「純流入」が13万6千人となった。15年の実績を4割強上回り、比較可能な統計がある1950年以降で最大だった。15~64歳の生産年齢人口が急ピッチで減る中、貴重な働き手として外国人の存在感がじわりと増している。医療・教育面のインフラ整備といった外国人材の呼び込み策強化も政策の優先度が上がりそうだ。

 15年10月~16年9月に日本に3カ月を超えて滞在した外国人は約240万人に達し、この5年で50万人増えた。外国人の純流入は4年連続。日本人の海外流出をしのぐ規模で外国人の安定した流入が続き、その増加幅も拡大が続いている。

 厚生労働省によると、事業者から届け出があった外国人労働者数は16年10月末時点で108万人で、初めて100万人の大台を突破した。前の年より2割増えるなどペースが早まっており、中国を筆頭にベトナムやネパールからの渡航が増えるなど出身地域の幅も広がる。労働者のみならずその配偶者らの来日も増えつつあり、潜在的な消費の担い手としての期待も高まっている。

 外国人が流入している背景には、緩やかな景気回復とともに、安倍晋三政権の経済政策への期待感がある。深刻な労働力人口の減少が続くなか、企業側は外国人登用を積極化。食品スーパーのライフコーポレーションでは1月、タイから技能実習生15人を受け入れた。首都圏に展開するサミットでは17年度の受け入れ人数を16年度の4倍超の30人に増やす計画だ。

 政府では働き手確保のため、優れた経営手腕や技術を備えた高度外国人材の定着を後押しするための施策に動いている。永住権を取得できるまでに必要な滞在期間を短縮化。医療通訳者が常駐し、周辺病院に派遣もできる病院への補助金の枠を広げるなど、生活面もサポートする。

 外国人の呼び込みとともに、日本人の減少を食い止めるために労働市場や雇用制度、子育て支援に至る腰を据えた有効な策が欠かせない。15歳未満の年少の人口は12.4%と過去最低を更新する一方、75歳以上の後期高齢者が13.3%を占めて年少者を逆転。現役世代は年金や医療の負担が家計に一段と重くのしかかる。高齢者の窓口負担増などによる医療の効率化も避けて通れない。

 労働力となる15~64歳の生産年齢人口の低下も避けられない情勢で、対応を打たないと0%台で低迷する日本の潜在成長力をさらに押し下げる可能性が出てくる。

 女性は男性よりも340万2千人多く、子育て支援を軸に女性の活躍を促す仕組みづくりも欠かせない。厚生労働省は共働き世帯の子育てを支援するため、13年に「待機児童解消加速化プラン」をはじめた。17年度末までの5年間で50万人分の受け皿を確保し、保育所に申し込んでも入れない待機児童を解消するのが狙いだ。




まだはもう……「人手不足バブル」の崩壊は近い? 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170426-00169259-shikiho-bus_all


newsまだはもう……「人手不足バブル」の崩壊は近い?




 経済産業省は4月18日、2025年までにセブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ニューデイズの扱うすべての商品(推計1000億個/年)に電子タグを利用することで各社と合意し、共同で「コンビニ電子タグ1000億枚宣言」を策定すると発表した。背景には少子化の影響を受け、小売業が人手不足と労務コストの上昇に直面していることがある。

 人手不足は小売業にとどまらず、建設、外食、運送、介護の現場など、あらゆる業種において叫ばれ、人材逼迫に関するニュースは連日のように報じられている。一方で、株式市場では人材関連銘柄の株価が上昇しており、一部では「人材バブル」を警戒する声も出始めている。

 そこで今回のコラムでは「人手不足」をテーマに、足元の人材に関する現状と人手不足から派生するさまざまな企業の動きを考えていきたい。まずは人手不足が足元どのような状況なのか、そして景気とどのような関係にあるのかを、一目で理解できるように、有効求人倍率の推移と景気サイクルをあわせたチャートを作ってみた。以下がそのチャートである。


seaまだはもう……「人手不足バブル」の崩壊は近い?2





 上のブルーのチャートが有効求人倍率(新卒除きパートタイム含む、季節調整済み)である。有効求人倍率は計算式では「有効求人数÷有効求職者数」で表され、仕事を探している人の数(=有効求職者数)に対する、企業などが探している人の数(=有効求人数)の割合ということになる。この倍率が1を上回れば「人手不足」となり、下回れば「人余り」であることを意味する。

 下のオレンジのチャートは景気サイクルである。そもそも「景気って何?」と疑問に思う人もいるだろう。これに答えるのは簡単そうで意外に難しく、私が証券会社に在籍している時でも正確に答えられる人は多くなかった。

 景気とは、チャートにあるように山と谷が交互に現れる、連続する山のようなサイクルであり、谷から山にいたる期間が「景気拡張期=景気がよい」、山から谷にいたる期間が「景気後退期=景気が悪い」である。これらの山と谷を「景気基準日付」といい、内閣府経済社会総合研究所が、景気動向指数などを参考に決めている。また谷→山→谷、つまり一つの山の形を1循環(サイクル)としているが、戦後の日本では第15循環まで確認されていて、現在は第16循環に入った景気拡張期の途中にいるという感じである。

 さて、あらためて有効求人倍率のチャートを確認すると、直近2月の倍率は「1.43」で、1位の1973年「1.93」、2位の70年「1.49」、3位の90年「1.46」に次いで歴代4位の人手不足の状況である。

 一方で、このチャートはここ数年、一本調子で上昇し続けていることがわかる。もしこれが株価チャートだとするならば、チャートに詳しくない方でも、そろそろピークをつけるのではと感じる水準だろう。これが「人材バブル」と言われるゆえんである。

 ただし有効求人倍率の山・谷と、景気サイクルの山・谷はほぼ一致していることに気づくと思う。つまりこのまま人手不足が続いて、有効求人倍率が上昇(もしくは高止まり)するのか、はたまたピークアウトするのかは、景気次第ということでもある。

 そこで有効求人倍率歴代3位までの景気を振り返り、今後の景気について占ってみたい。なお有効求人倍率は、景気とほぼ一致して動くので景気動向指数の一致指数に採用されている。

 有効求人倍率歴代1位の1973(昭和48)年は、景気循環では第7循環にあたり、その景気は「列島改造ブーム」と呼ばれた。これは当時の総理大臣である田中角栄氏が、自由民主党総裁選挙の前月に発表した政策綱領の「日本列島改造論」を基にしている。列島改造によって、関越自動車や上越新幹線はじめ、全国の高速道路や高速鉄道、港湾や空港などのインフラ整備がすすめられた。

 歴代2位の1970(昭和45)年は、景気循環の第6循環にあたり、「いざなぎ景気」と呼ばれた。いざなぎ景気が始まる前は1964(昭和39)年東京オリンピックの建設ラッシュの反動もあり、景気は低迷していた。特に証券業界は「証券不況」という構造不況に陥り苦境にあえいでいた。1965(昭和40)年、戦後の日本で初となる「日銀特融」が山一証券に対して行われた。日銀特融とは、日本銀行が信用維持を目的として、政府からの要請により無担保・無制限で金融機関に行う特別融資のことである。

 この時期に、政策金利が引き下げられるなどの金融緩和による金融政策が打たれたが、さらに建設国債を発行するなど、景気対策が出されたことをきっかけにいざなぎ景気がはじまっている。

 いざなぎ景気の景気拡張期は57カ月におよび、トヨタ・カローラや日産・サニーといった低価格の大衆車の発売によりマイカーブームが起こった。また東京オリンピックを機に、カラー放送が本格化したことから、カラーテレビの普及率が急速に高まった。車(Car)やカラーテレビ(Color TV)に加え、エアコン (Cooler)も普及したことから、これら三つの製品は「3C(新・三種の神器)」と呼ばれ、国民の生活水準は向上していった。

 歴代3位の1990(平成2)年は、景気循環の第11循環にあたり、「(平成)バブル景気」と呼ばれた。この景気は、1985(昭和60)年のプラザ合意後に始まった円高がきっかけである。直後は円高不況となったがその対策として、また円高を抑制する目的で金利が引き下げられた。また当時原油価格は今よりはるかに安かったが、円高が原油の輸入価格の引き下げに拍車をかけるなどプラスに働いた。「円高・金利安・原油安」の状況は「トリプルメリット」といわれ、その恩恵を受ける内需にマネーが流れ込み、不動産価格は上昇していったのだ。

 株式市場では臨海部の豊洲に広大な土地を保有する東京ガスや石川島播磨重工業(現IHI)がトリプルメリットを享受する企業としてハヤされ、「ウォーターフロント」のテーマのもと本命株として大相場を形成。そして1989(平成元)年の年末に、日経平均は史上最高値の3万8915円をつけるのである。

 そして今回の景気拡張期はアベノミクスがきっかけであるが、特に大きな問題がなければ、4月で53カ月目になる。過去のサイクルで考えればそこそこよいところまで来ている気もするが、最新の『会社四季報』春号を読破した印象では、もうしばらく構造的に人手不足は続きそうである。
四季報コメントによると、2020年東京オリンピックに向けた会場や周辺施設の建設はこれからだし、東日本大震災や熊本地震の復興や、防災減災のインフラ整備は引き続き旺盛だ。リニア新幹線など長期のプロジェクトも動き始めたばかりである。

 ではここからどうなるかについては、また次回以降とさせていただくが、最後に人材関連の銘柄をいくつか選んでみたので参考にしてほしい。



ウジテレビのみんなのニュースで「人手不

足ニダ!支那地区を引き込めニダ!」と喚き


散らしてたが、売国テレビの喚くことは毎

度毎度、エ下劣の下僕の支那地区にカネを


流そうとすることばかり。


逆に、たけしキャスターでは支那地区の宅


配便仕分け場での乱雑な仕事を放送。

ウジテレビって変態テレビ以下か?(縛w



ヤマトは労働環境改革政策に追随して値上

げや出荷調整。


アカヒが必死に「中小斬り捨てニダ!」と

喚いてるので大成功でつね。



人手不足だから値上げして個数制限しよう

としてんのに、個数を増やして単価維持の


交渉をしようとするとか、脳ミソ腐ってん

の?(縛w



1日8時間、月に20日働いて、ちゃんと

暮らしていける給料を払う、という当たり


前の日本社会を取り戻すためにやってるわ

けで、害虫にカネをくれてやるためにやっ


てるんじゃないわけでつね。


世界中で移民政策が大失敗してる中、害虫


を引き込むようなことを喚いて、社会に深

刻な悪影響を及ぼしたときどう責任を取る


のか。


日本人が支那地区やバカチョンに進出すれ


ばありとあらゆる妨害工作をするクズ共に

対して日本が利益を供与してやる筋合いな


んか何一つないわけでつね。


人手不足なのに仕事ばかり大量にあるって


のはオーバーワークなんでつよ。


ずっと昔から大抵敬遠されがちなゴミ収集


とか下水汲み取りの仕事が人手不足で回ら

ないなんて話は聞かないわけで、それは需


要と供給の均衡がとれてるからでつね。

均衡がとれるような待遇にすれば安定する


んでつよ。


信濃一味共がデフレビジネスで日本を総ブ


ラック化したから人手不足なんでつよ。

信濃一味を地祭りに上げてその不均衡を打


破すれば、支那地区なんか引き込まなくて

もちゃんと社会は回るんでつよ。



マスゴミの仕事は害虫を引き込むことじゃ

なくて、均衡のとれた社会にする為の報道


をすることなんでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!



メーデーにふさわしいお話でせう?(縛w





「返礼3割」に戸惑い…日立市「家電は特産品」
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170428-OYT1T50114.html


news「返礼3割」に戸惑い…日立市「家電は特産品」




 ふるさと納税の返礼品を巡る総務省の通知に、茨城県内でも戸惑いが広がっている。

 〈1〉仕入れ価格は寄付額の3割以下〈2〉家電など資産性の高い商品は取り扱わない――との内容で、強制力はないものの、「違反」する返礼品を特産としてPRする自治体は対応に追われている。

 ◆家電は「地場産品」

 日立市は2015年度から、日立製作所グループ会社の市内の工場で製造された家電製品を返礼品としている。市民税課によると、掃除機や電子レンジなどが人気で、15年度は約8億1400万円、16年度は約13億円の寄付を集めた。

 「家電は市の特産品。炊飯器や掃除機などは日常生活で使われており、資産性が高いとは考えていない。一律的に返礼はいけないというのはどうなのか」

 総務省通達に対し、小川春樹市長は27日の定例記者会見でそう述べ、家電を返礼品として継続したいとの意向を示した。一方で、返礼割合が3割を超えている返礼品については、早ければ7月をめどに見直す方向で検討する考えだ。

 ◆寄付減少への不安

 ブランド肉の常陸牛や自転車を高額返礼品としてPRしていた境町も、対応に動き出した。16年度は約5億円の予算で約17億円を集めたが、返礼割合が5割の商品もあったからだ。

 今月21日に協力企業を集めた会議を開き、7月から返礼割合を3割程度にするよう依頼。資産性が高いとして名指しされた自転車の扱いも検討する。ただ、まちづくり推進課の橋本健一課長は「自転車道を整備して街づくりの中心としている。ふるさと納税の返礼品は、地域のPRにもなるのに」と複雑な思いを抱く。

 税収減への危機感もある。守谷市は「本来の税収約5000万円が他の自治体に流れた」と危機感を強め、16年度に本格的に返礼品のPRに乗り出して6億円以上を集めた。財政課の江口和也さんは「還元率が高い返礼品に人気が集まる。他の市町村の対応も注視してきたい」と語った。

 ◆歓迎の声も

 特徴が際立った返礼品を提供する自治体からは歓迎の声も上がる。

 アニメ「ガールズ&パンツァー(ガルパン)」の舞台となった大洗町。登場キャラクターのグッズや、企業と協力した体験型のスマートフォン専用アプリの返礼品が人気を集め、16年度は1億7000万円の寄付金を集めた。

 つくば市も今年2月、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の関連グッズや、宇宙食、セグウェイの体験チケットなど、学園都市ならではの返礼品を発表した。

 両市町の担当者は「元々返礼割合は3割程度。他にはない特産品や体験型がメインで、返礼割合に差がなくなれば、選んでもらえるチャンスが広がるのではないか」としている。

 ◆ふるさと納税=2008年に創設された。故郷や応援したい自治体に寄付をすると、寄付額の2000円を超える分について所得税や住民税が控除(減額)される制度。15年度から確定申告を省いた簡素な手続きも利用可能になった。寄付に対する返礼品は、自治体独自の取り組み。



いい年こいた大人が、制度の本質もわきま

えず分別もなくモノで気を引く安直で姑息


な手法しか思いつかねぇのか?


ふるさと納税制度は住民税の2割までを他


の自治体に納税できるんだが、その2割は

本来入るはずだったところに入らず指定し


たところに入るわけでつね。


取られたところは当然2割分税収が減って


その分行政行為ができなくなる。

逆にカネが入って来た方は、本来入ってく


ることのなかったカネなので、たとえ返礼

割合が10割だったとしても痛くも痒くも


ないアブク銭なわけでつね。


税金として行政に使うはずだったカネを、


特産品だからといって家電や自転車メーカ

ーにバラまけば、税金を企業に流してる事


に他ならないわけでつね。


住民税として払ったカネの2割で自治体が


家電を買って納税者に配ることが許される

のか?


あまつさえ、返礼割合が7割の金券を売る

など、許されるはずもないでつね。



しかも上記の場合、カネを流す先はエ下劣

の下僕、日立。


言語道断でつね。


返礼割合を異常に高くして地元産業にバラ


撒けば票になるわけで、立派な腐敗行為な

んでつね。



いい年こいてそんなこともわきまえない馬

鹿共は鉄槌を下されて当然、ということな


んでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

【フランス大統領選】一部の有権者に決選投票「棄権」の動き広まる メランション氏支持者らの間で

http://m.huffpost.com/jp/entry/16353618?utm_hp_ref=japan&ir=Japan

世にも奇妙な物語

記事とは関係ないですが、二日前のフジテレビで放映された「世にも奇妙な物語」の内容が、夢と比喩したフェイクニュースへの警鐘とトランプ氏を支持する者がトランプによって殺されること・戦争・混沌を暗示するかのような演出までしていて、悪質極まりないプロパカンダ放送でした。視聴者に印象操作のサブリミカル効果を狙ってやってるとしか思えない…人殺しならトランプよりドゥテルテだろうに。

トランプ氏の服装(黒スーツJK&赤ネクタイ)でポーズまで演説の時のしぐさまで再現しており、不快だった。あまりにえげつなくてゾッとしました…

以前、松氏の記事にもあったようにメディアがフェイクニュースの審査する機関を作ったり、FBの新技術…連中は神にでもなった気か。改めて危険な連中と認識しました。

バランスが肝心

人材不足となる要因は、わかり松。さんのご指摘の
通りオーバーワークですが、そのワークの内容の中に
過剰サービス(対価に見合わないサービス)があります。
宅配業界だと再配達がその一例になりますが、コスト
がかかるモノに対して、有償化するか何か仕組みを
変える必要がありますよね。


No title

年末年始だって昔は店なんて殆ど開いてなかったといいます。それでも問題なく社会が回ってたのです。
信濃一味はダンピングもやりますから、これをやりますと沢山売り上げを伸ばさないと元が取れないので、営業時間を延ばしたり、サービスを向上させる等の策をやらざるを得なくなります。その結果、激しい鎬の削り合いとなり、大変な割に手取りが少ないなんて事になったのでしょう。

後は、仕事に没頭させておけば疲れて他の事に目を向けなくなりますから、多少制度を改悪したところで、それに気づくものは少なくて都合が良くもあるのかと。

トランプマンもダンピングを是正したいと言っておりましたし、それに続いたら良いかと思います。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR