現在の閲覧者数:

盗まれたと喚き、あさっての方向に全力疾走するバカチョンに無慈悲な鉄槌

.
人気連載続々終了!『週刊少年ジャンプ』が抱えた苦境と打開策
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinodahiroyuki/20170429-00070440/


news人気連載続々終了!『週刊少年ジャンプ』が抱えた苦境と打開策




大手出版社の屋台骨を支えていると言われるコミックだが、デジタル化を含めて激変の波に襲われている。その全体像は発売中の月刊『創』5・6月号に総特集が掲載されているのでご覧いただきたいが、ここで名実ともにマンガ界のトップを走る『週刊少年ジャンプ』が直面した危機と、それを集英社がどう乗り切ろうとしているか報告しよう。

同誌が直面した危機とは、この1~2年、人気連載が次々と終了していったことだ。人気連載終了はもちろん本誌の部数にも影響し、『週刊少年ジャンプ』の部数は1年前の250万部から200万部に落ち込んだと言われる。しかし、それ以上に深刻なのは、連載終了した作品をまとめた単行本、いわゆるコミックスの新刊が出なくなることだ。初版360万部を誇る『ONE PIECE』のコミックスが年に何巻出るかで集英社の決算の数字が変わるというほど、大型作品の経営寄与率は高いのだが、『ONE PIECE』は安泰だといえ、それに続く初版数十万部の作品の連載が、この間、次々と終了した。

この1年間だけでも『暗殺教室』『BLEACH』『こちら葛飾区亀有前公園派出所』『トリコ』の4本、その前年には『NARUTO―ナルト―』『黒子のバスケ』が終了している。

つまり集英社の屋台骨を支えてきた人気作品のかなりのものがこの2年間でごっそりなくなってしまったのだ。集英社の次の決算が大きな打撃を受けていることは間違いないといえる。

ジャンプブランドを始め集英社のマンガ部門全体を統括している鈴木晴彦常務が『創』のマンガ特集の取材に対してこう語っていた。

「正直、かなりこたえました」

実は『週刊少年ジャンプ』は1995年に600万部超という驚異的な部数を誇っていたのだが、『ドラゴンボール』や『スラムダンク』『幽遊白書』という人気連載が次々と終了したのを機に部数が一気に落ち込んだ。それ以来、一貫して部数減が続いているのだが、この1~2年の人気連載終了は、その20余年前の悪夢を思い起こさせたというわけだ。

「ただ、もっとずるずると落ち続けるのではないかという不安もあったのですが、実際はそうでもなかった。あれだけ人気の連載が終了した割にはよく持ちこたえたと思います。よくふんばったなというのが率直な感想です」(鈴木常務)

一時期、集英社のマンガ部門関係者の顔は一様に暗かったといわれるが、この春、少し明るさが出てきたのは、危機を打開するための施策が少しずつ動き出し、明るい見通しが出てきたからだ。

「今年は『週刊少年ジャンプ』も新しい作品を育てないといけないし、正念場の年になると思います。『ジャンプスクエア』や、春に刊行予定の増刊『ジャンプGIGA』、それにマンガ誌アプリの『少年ジャンプ+』などを、どう連動させてコンテンツを作っていくか。新陳代謝が進むと思います」(同)
アニメ化などで期待の作品も次々と…

不動の地位を誇る『ONE PIECE』に続く作品といえば、不定期掲載の『HUNTER×HUNTER』を除けば、現在2位につけているのが『ハイキュー!!』だ。そしてこの1年、急速に人気を伸ばしたのが『僕のヒーローアカデミア』だ。2016年春から始まったアニメ化で弾みがつき、2017年も4月からアニメの第2シリーズが放送されている。

「『僕のヒーローアカデミア』のアニメは半年間放送予定で、おそらくコミックスが初版100万部を突破するでしょう。先ごろ発表された読売新聞社などが主催のSUGOI JAPAN AWARD 2017でも『僕のヒーローアカデミア』が、マンガ部門の1位に選ばれました」(同)

同じく4月からアニメが放送された作品としては『BORUTO―ボルト―NARUTO NEXT GENERATIONS』が挙げられる。『NARUTO』の主人公の子どもを描いた作品で、『週刊少年ジャンプ』に月1のペースで連載されている。

そのほか今人気上昇中なのが『ブラッククローバー』『約束のネバーランド』と『鬼滅の刃』。鈴木常務は、2017年中にその3作品を50万部タイトルにしたいという。

それ以外に期待がもたれているのは、『黒子のバスケ』を描いていた藤巻忠俊氏の新連載『ROBOT×LASERBEAM』だ。少年誌には異例のゴルフマンガだが、作品の評価が高く、連載第1回は『週刊少年ジャンプ』の表紙を飾っている(冒頭の写真)。

「今年に入って次々と新連載を立ち上げ、“春の6連弾”と呼んでいるのですが、その6本目がこの作品です。3月に『黒子のバスケ』が映画化されることなどいろいろなタイミングも考えました。

考えてみれば、『週刊少年ジャンプ』はアンケート主義による競争原理を取り入れたり新人発掘のためにいろいろな試みをしてきたのですが、このところ『ハイキュー!!』にしろ『僕のヒーローアカデミア』にしろ、その作家にとって2本目3本目の作品で大ヒットするケースが目立つ。藤巻さんもデビュー作の『黒子のバスケ』が大ヒットしたわけですが、今回の2作目も期待できる。1作目を終えた作家が次をめざしてコンペを行い、2作目3作目でさらにヒットを出すという成長スタイルはこれから増えていくような気がします」(同)
『ジャンプGIGA』や「ジャンプ+」の連載も

『週刊少年ジャンプ』の今後を支える作品をどう作っていくかという課題をめぐっても今後いろいろな施策を考えているという。そのひとつが春に4カ月続けて発行される増刊『ジャンプGIGA』だ。

「4回の連載で手応えを見ようということで4回分を仕込んでもらっています。昔は『少年ジャンプ』の連載会議で掲載作品を全て決めるという1回勝負だったのですが、今は新人の発表の場として増刊を生かしていこうということです。

また『ジャンプスクエア』からも『プラチナエンド』『憂国のモリアーティ』など好調タイトルが出ています。デジタルの『ジャンプ+』からも、コミックスにして10万部を超える作品が次々と出始めています。

それら4つの媒体から新しいコンテンツをどうやって生み出していくか、というのを今後は意識的に取り組んでいこうと思っています」(同)

特にこの間注目されるのは、『ジャンプ+』のデジタル発の作品から次々とヒットが出ていることだ。

「例えば『青のフラッグ』という作品はネットでは大きな評判になっています。もともと『週刊少年ジャンプ』で連載を描いていた作家によるもので、かつて担当していた編集者が今『ジャンプ+』にいるのでそこで連載が始まったのですね。

それから『終末のハーレム』もデジタルファーストの作品ですが、第2巻のコミックスが23万部くらい行っています。そのほかも『カラダ探し』などコミックスで10万部を超える作品がこのところ何本も出ています。

いま『週刊少年ジャンプ』で連載中の『約束のネバーランド』も原作の白井カイウさんと作画の出水ぽすかさんのお二人は最初『ジャンプ+』でコンビを組み、本誌で連載することになったわけです」

これまで集英社でデジタルファーストのヒットといえば青年誌系の「となりのヤングジャンプ」で連載された『ワンパンマン』が知られていたが、少年誌系の『ジャンプ+』からも続々とヒットが出始めているというわけだ。

集英社では、2017年は『ONE PIECE』20周年、『ジョジョ』30周年であるほか、来年が『週刊少年ジャンプ』50周年に当たるため、7月から「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展」など、周年企画が始まるという。

「いろいろな意味で今年は勝負の年になるでしょうね」と語るのは、取締役の隅野叙雄コミック販売部長だ。

「コミックスにしても既刊の重版比率が減少しています。アニメ化なども放送すれば必ずヒットするわけではありません。最近は書店さんからもどの作品を売ったらよいかわからないという声も聞きます。

そこでこの2月に主要書店法人のマンガ担当のバイヤーの方々に集まっていただいて、動画等も使って今後のいち押し作品についての説明を行いました。従来は人気作品を中心に売っていけばよかったのですが、これからは作品を皆が育てていくことも必要です。営業スタイルも大きく変わらないといけないと思っています」

人気連載が1~2年で次々と終了という危機に直面しながら、次の作品を育てるための手を次々と打っている『週刊少年ジャンプ』、これから1年が正念場と言われるが、果たしてその行方はどうなるのだろうか。

ちなみに2017年はライバルの講談社の『少年マガジン』でも、『別冊少年マガジン』連載の『進撃の巨人』がアニメ第2期の放送や舞台化などで大きな期待を持たれているが、それに続く新作の大ヒットをどうやって生み出すかが大きな課題になっている。

また小学館の『週刊少年サンデー』も、一昨年、編集長交代に伴って連載の6割を入れ替えるという大手術を行い、ようやくその後の新連載からヒットの芽が見え始めているとはいえ、『名探偵コナン』に続く作品が出ていない現状は深刻だ。

少年マンガ誌3誌とも、2017年は正念場の年といえよう。ここでは『週刊少年ジャンプ』の課題と現状について紹介したが、『マガジン』『サンデー』を含む3誌の現状や、最近健闘している講談社の『少年シリウス』の状況について、ヤフーニュース雑誌で公開した。関心ある方は下記からアクセスしてほしい。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170429-00010001-tsukuru-soci

その少年マンガのほかに、児童誌・少年誌・女性誌・青年誌、デジタル化やライツビジネス、さらにアニメまで、『創』5・6月号「マンガ・アニメ市場の変貌」は約50ページに及ぶ大特集だ。ぜひご覧いただきたい。



和さん、情報ありがとうございます。

せっかくのジーダブリュウなので、久しぶ

りのコーヒーブレイクカテゴリーとして、


ゆるい話題でも扱ってみませう。


内容がゆるいかどうかは保証せんが(縛w



こないだ書いたように、ジャンプが200

万部割れ目前で撃沈寸前だそうで(縛w


なんで日本を汚染してるクズ共が滅札され

ようとしてる「今」なんでせうか?(縛w



それはジャンプとクズ共がつながってるから

でせうな(縛w




u19 第8話 民族改良計画 0

u19 第8話 民族改良計画 1

u19 第8話 民族改良計画 2

u19 第8話 民族改良計画 3

u19 第8話 民族改良計画 4




木村(縛w
大人党 四季大和 敵
第二次大戦の復讐
グローバル化
日本人が弱体化
主人公が抵抗



つまりキムは、第二次世界大戦で汚染され弱

体化した四季豊かな大和の国の日本人が、


その汚染の根源を除去駆逐しようとしてる

のが許せないと、そう喚いてるって事なん


でつね。

バカチョンが考えそうなことでつな(縛w



こんなバカチョン漫画を掲載して売りつけ

てるのがジャンプ@集英社@可汗一味教な


んでつよ。



seaジャンプ 努力 友情 勝利

sea創価 平和 栄光  勝利




ほらな(縛w

ジャンプといえば黴菌愚のマーク(縛w


うちで取り上げたトリガー(縛w

アマトリチャーナ@大地震(縛w


可汗一味信濃一味と完全一致(縛w

うちらにバレてリアル分析されたら慌てて


休載させて隠蔽工作(縛w


こんなクズ雑誌、苦境どころか廃刊に追い


込まなければならないんでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





今クールのアニメは手書き、セルルックCGともに意欲作が目白押し!今から追いつく作品レビュー
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170506-00010000-otocoto-ent


news今クールのアニメは手書き、セルルックCGともに意欲作が目白押し!今から追いつく作品レビュー




2017年4月期のアニメも放送が5話ほどまで進んだ。

安定の面白さを見せている『進撃の巨人』『弱虫ペダル』『夏目友人帳』といった人気作品の続編はもちろんなのだが、今期のアニメを見ていて「おや?」と思わされたのが3DCGの使い方の安定化だ。

アメリカをはじめとした海外のアニメーションがCG全盛になってからかなりが経つ。むしろ、僕らが多く目に出来る海外の劇場アニメーションではいまや手描きの作品が珍しくなってしまった。
一方、日本のアニメの主流は今でもやはり手描きであり、アニメーターが生み出す“動き”の面白さこそが日本アニメの魅力そのものであるとも言える。
海外の日本アニメファンが日本のアニメに感じる魅力もそこだろう。

だが、デジタル化の波がアニメ表現の世界にも大きなうねりとなって訪れるようになってから10数年が経つ。
その10数年で、日本は独自の面白い表現を生み出した。「3DCGで手描き(2D)アニメ風の映像を再現する」という表現手法であり技術だ。従来のセルアニメ風であることから「セルルックCG」「セルルックアニメ」とも呼ばれる。この手描き風のCGというのは見渡した限り日本独特のもので、まさに手描きアニメにこだわり続け、その魅力がわかっている国だからこそ生まれた独自の手段だ。

ものすごく簡単に説明すると、従来の手描き(2D)は紙に描かれた画を、何枚も連続させることで動きを生み出す。
対してセルルックは、見た目こそ2Dの画に見えるが、その実態はコンピュータ上で作られた3DCGの“人形”のようなもので、この人形を操って“2Dの画のような動き”を表現した物になる。

セルルックCGによる作品は劇場作品・TVシリーズともに増加しており、深夜のTVシリーズでも最近は毎シーズン1作ほどはこのスタイルで制作した30分作品がある。5分などのショート作品を含めればもっと多い。昨年に話題となった作品でも『ブブキ・ブランキ』『亜人』などがあり、前シーズンに話題となった『けものフレンズ』もそうだ。
すでに何年も前から使われ始めている技術だが、本格的に注目されるようになったのはおそらく13年に放送されたTVアニメシリーズ『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』あたりからではないかと思われる。全編がCGでありながら、手描きアニメのような美少女キャラが動く映像はちょっとした衝撃であった。
というのも、日本のアニメを象徴する記号の1つに「アニメ画の美少女」があるが、かつてはこのアニメ美少女をCGで表現することは難しいと思われていた。CGではどうしても“アニメ美少女”という記号を表現している2Dのウソを再現することが難しかったからだ。
だが、その困難に挑んだクリエイターは多く、ゲーム分野では早くからこの課題に取り組まれていた。それが、アニメにおいては『蒼き鋼のアルペジオ』の登場あたりで2Dと比べても遜色のない美少女の表現が可能となったことが証明されたのだ。

これは「CGでアニメ画のカワイイ女の子が描けるようになった」ということだけではなく、「CGで手描き風アニメを再現することに近づけた」という技術の進歩をあらわしたことそのものでもある。

しかしそれはゴールではなく始まりだった。デジタル技術のほとんどがそうであるように、このセルルックCGも日進月歩で、絶えず進化し続けている。
これまで30分作品は毎シーズンに1作ほどの作品数であったが、話題作の中にこのセルルックCG作品が数作ひしめいている今期は、模索の時期が終わったのではないかと感じられる。

今期のいくつかの作品を紹介したい。

『正解するカド』

突如、羽田に現れた謎の巨大物体。そこから現れた謎の知性体と人間とのコンタクトから始まるSF作品だが、毎回なにかしら驚かされる展開があり目が離せない。毎週のシリーズ物を見る面白さに満ちている。人類以外とのコンタクト、政府や世界の反応。知性体はある提案を人類に出してきたが、今の現実世界の問題を上手く反映させたものとなっており、大人向けの作品だ。

制作している東映アニメーションは日本の手描きアニメを牽引してきた老舗スタジオでもある。だが決して守りに入ること無く、09年の劇場作品『きかんしゃやえもん』以降、フルCGの作品にも精力的に取り組んできた。2012年に公開された劇場作品『アシュラ』では、鉛筆で描いたような画を全編CGで表現した。14年の劇場アニメ『楽園追放 -Expelled from Paradise-』(アニメーション制作:グラフィニカ)ではセルルックCGで製作。これは「普段アニメを見ない人は手描きだと思うのでは?」とすら思わされる映像になっており驚かされた。上映後に僕の後ろにいた若い子はヒロインの可愛さの話ばかりしていたが、この反応は同作が3DCGによるアニメ画美少女の表現に成功した証だったといえる。
その東映アニメーションが挑んだのがこの『正解するカド』だ。同社にとって、セルルックCGを主としてTVシリーズに挑むのは初の試みとなる。
とはいっても『正解するカド』は、作品のキャラクター全てに3DCGを使っているわけでは無い。部分的には手描きによるキャラクターやカットも使っている。CGはまだコストがかかることもあり、3割ほどは手描き作画によるものだそうだが、作り手の使い分け・使い方が上手いこともありアニメファンでも気づきにくい。
見た感じでは2D調キャラクターの自然さに驚かされつつ、異物体「カド」のCGならではの不思議な表現などがマッチしており、ストーリーのみならず映像からも目が離せない作品となっている。

前述したような「手描きとセルルックの違い」を比べて見てみたい人にわかりやすく、最適な作品もある。『フレームアームズ・ガール』がそうだ。

壽屋が発売しているオリジナルの美少女型プラモデルを原作としたアニメだが、この作品では人間キャラクターは手描き。15cmほどの人型模型であるフレームアームズ・ガールはセルルックCGで表現されている。異なる表現手法のキャラクターが同時に存在しているため、手描きとセルルックというものの違いがわかりやすい。
この作品では大きさの違いや、そもそもの人間と模型の質感・動きの違いなどをこれによって効果的に描き分けている。

冒頭に書いたように、セルルックCGは日本ならではのアニメ技術であり、人によっては「日本のアニメの未来を担う技術」だとする人もいる。たぶんそれは間違っておらず、今後も進化し、日本のアニメの一端を担っていくだろう。
だが、これも冒頭に記したようにアニメーターが生み出す“動き”の面白さこそが日本アニメの魅力そのものでもあることは不変の物だ。今期のTVシリーズにはその魅力が存分に楽しめる作品もある。
例えば『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』だ。

ソーシャルゲームを原作とするファンタジー作品で、14年に放送された『神撃のバハムート GENESIS』の第2シリーズとなる。前シリーズはアニメファンならクレジットを見るだけで驚くようなアニメーターの名が並んでいた作品で、そのクオリティの高さが話題を呼んだ。当時ネットで、アニメ業界の人が「腕の良いアニメーターが全員『バハムート』にもっていかれた」という発言をしているのを見かけたが、冗談にしても納得がいくほどだった。

その第2シリーズの今作も総作画監督の恩田尚之をはじめそうそうたる名前が並び、アニメファンはキャラクターの動きを見ているだけでも満足してしまいそうになる。
加えて書くと、この作品では大河ドラマ『功名が辻』をはじめ、幾多の人気ドラマを手がけてきたベテラン大石静が初のアニメ脚本を手がけていることも見逃せない。ゲーム原作と言っても、アニメのストーリーはオリジナルだ。ドラマ界のベテランが、それまでのドラマ作品とは全く異なるファンタジーをどう描くのか。すでに序盤だけでも一筋縄ではいきそうにない雰囲気が物語に漂っている。こういう部分もドラマファンであれば注目してみるのもいいだろう。

手描きの良さと言えば、『月がきれい』も今期のアニメの中で僕が好きな作品だ。原作なし、オリジナルの作品で、思春期まっただ中の中学生たちを主人公とした、すごくゆっくりと距離が縮まっていく恋の話だ。
彼らのちょっとしたことが起こる日常の空気感や、世界観そのものが持つ柔らかさを、手描きで描かれたイラスト調のアニメーションが大きく引き立てている。
毎回、心にじわっと心地よいものが伝わってくる作品だが、その心地よさにこの手描きが生み出す温度があることは間違いない。埼玉県川越市の実際に存在している風景もあり、一見すれば「実写でできるのでは?」と思う人もいそうだが、このじわっと染みてくる感覚はアニメ、それも手描きの映像だからこそ描けているものだ。

フルCGやセルルックCGはもはや目新しい技術でも、表現手段として模索のものでもなくなってきた。しかしそれは、決してデジタルが占めてきてきたというわけでも、デジタルに取って代わられる時代が始まったわけでも無い。
ストレートなCG作品の面白さが楽しめる作品、人が生み出す手描きの気持ちよさが楽しめる作品、部分的に3Dを使う・手描きを使うといったハイブリッドな表現が生む可能性。これら全てが並んでいるのが今のTVアニメであり、日本のアニメが誇れる部分でもある。

世界アニメ界の巨人であるディズニーは、CG作品を主力とするべく、数年前に手描きのアニメーターを大量に解雇した。極端な方針に危機感を持ったジョン・ラセターがかつての2Dアニメ時代のスタッフを呼び戻し制作した劇場長編が『プリンセスと魔法のキス』(09)だが、2D長編は『くまのプーさん』(11)以後の新作がなかなか作られず、ほぼ毎年のように新作が製作される3DCG作品と比べると縮小傾向は否めない。一度失われてしまった技術を取り戻すことはとてつもなく難しい。

デジタルとアナログというのはとかく対立構造で語られることも多く、「デジタル技術に駆逐されるアナログ」という論調はあらゆる分野で見かける物だ。だが対立しているのでも、どちらが優れているのでも無く、あくまでもそれぞれの技術であり技法であり手段だ。課題はそれぞれの利点を上手く活かせるのかどうかになる。これは社会全体のあらゆる分野におけることだろう。
今、アニメを見ていて面白いのは、その模索や回答の導き方が、映像で見えることだ。日々変化し進歩していくこれらの技術が、これからどのようになっていくのか。注目し続けていきたい。もしかしたら、数年後にはいま世を席巻している3DCGですら古いものになっているのかもしれないのだ。

もちろん今回挙げた以外にも、話題作注目作は多い。「でも、もうシーズン中盤あたりまで来ちゃってるんでしょう?!」といっても、今では配信によって追いかけて見られるようになってきた。多くの作品は公式サイトで配信についてもアナウンスをしているので、評判をたよりにそれらに目を通してみるのも良いだろう。



日本のアニメは手書き風だから人気がある

とか。


まあ大ヒットした「アナと雪の女王」も、

確かになんか絵はキモいでつね。


多分「不気味の谷」に近づいてるからじゃ

ないかと思うんだが。



日本の漫画やアニメがああいう絵柄なのは

長い年月に渡る試行錯誤の結果なわけで、


視覚や知覚に訴える何かがあるからなんで

せう。



「数年前に手描きのアニメーターを大量に

解雇したディズニー」(縛w


これがアメリカの悪いところでつね。

いや、西洋世界というべきか。



キリスト教ベースの文化は「現実世界とそ

っくりなものを写し取る」ことに価値があ


ると考えてるので、絵画なんかでも写実的

なものを追求してきたわけでつね。


フランダースの犬で有名なルーベンスの絵

なんかいい例でつね。


seaルーベンス





3DCGは、一度人間と同じように作れば

どんなに動かしても現実の人間と同じよう


に見える。

手書きのアニメ絵はいろいろ端折ったり、


書きやすいように、もしくは強調するため

に変形させたりしてる。



ディズニーは西洋世界の習性通りキリスト

教的なものを選んでしまったわけでつね。




その対立はデジタル対アナログではないで

せう。


その対決でアナログが負けるのは目に見え

てる。


カメラがどうなったか考えれば一目瞭然。


デジカメの出始めの頃は「画素数が増えた


からっていい写真になるわけじゃない」と

か知った風な口きいてたヤツらがいたが、


超高解像度になった今じゃグゥの音も出な

い(縛w



結局はコストなんでつよ。

高けりゃ売れないわけでつね。



いずれアニメもCGだけで作る時代になる

んでせう。


しかしそこに日本ならではの味付けをする

事が求められていくんだと思うわけでつね。



アニミズムの国のアニメは、ただ写実的な

ものを追い求めてるだけの西洋世界とは違


う、先人たちはそれを示してきたからこそ

今がある、ということなんでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





鋼鉄ジーグ、ルパン三世、タイガーマスク…イタリアで日本アニメが大人気!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170506-00000009-flix-movi


news鋼鉄ジーグ、ルパン三世、タイガーマスク…イタリアで日本アニメが大人気!




 イタリア本国で大ヒットした『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』(5月20日公開)は、日本のロボットアニメ「鋼鉄ジーグ」にオマージュを捧げた異色のヒーロームービーだ。本作で長編デビューを果たしたのは現在40歳のガブリエーレ・マイネッティ。過去にも日本のアニメをモチーフにした短編を発表してきた気鋭監督が来日し、アニメに魅せられ続けている理由を語った。

 マイネッティ監督が幼少期を過ごした1970~80年代、イタリアでは毎日のように日本のアニメが放送されていたという。「思春期に至るまで、家に帰ると月曜から金曜まで毎日3時間日本のアニメを見続けていたんだから、影響を受けないわけにはいかないですよ。イタリアでは『鋼鉄ジーグ』『マジンガーZ』『UFOロボ グレンダイザー』が3大ロボットアニメ。今でもすごく強い奴がいたら『お前はジーグかよ!』とか『そんなのグレンダイザーでもできるわけがない!』みたいなジョークを言うんです」と笑う。

 マイネッティ監督と20年来の盟友という脚本家のニコラ・グアッリャノーネは、「本当に自分たちが感動してきたもの」を作品に反映させるべきだと意見が一致。「もちろんアニメ以外からの影響もたくさんありますし、大人になったらアニメなんて卒業という人も多い。でも今の自分たち自身や映像原語を形作ったものとして、日本のアニメは外せません」。

鋼鉄ジーグ、ルパン三世、タイガーマスク…イタリアで日本アニメが大人気!

 マイネッティ監督の存在が広く知られるきっかけになったのは2006年の短編『バセット(原題)/ Basette』。犯罪一家に育った男が逮捕され、警察から逃亡を図るストーリーで、主人公は自分が「ルパン三世」になった姿を夢想する。その夢想シーンに登場するルパン三世、次元大介、石川五ェ門、銭形警部、峰不二子の再現度の高さがネットで評判となり、日本でもオモシロ映像として評判を呼んだ。

 『バセット』のエンディングがツナギ姿の美女がバイクで走る映像であることも「当然『ルパン三世』へのオマージュです」と認める。「大野雄二さんのジャズ調のBGMをお手本にした曲も自分たちで書きました」と日本のアニメへの愛情は留まるところを知らない。



『お前はジーグかよ!』
『そんなのグレンダイザーでもできるわけがない!』

(縛w


日本で小鹿はバンビ、大きい耳はダンボ、

というのとおんなじでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





東武動物公園でコラボ企画 「けものフレンズ」キャラに会いに行くのだ! 埼玉
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170507-00000006-san-l11


news東武動物公園でコラボ企画 「けものフレンズ」キャラに会いに行くのだ! 埼玉




 人気アニメ「けものフレンズ」に登場する動物を模したキャラクターのパネルが、東武動物公園(宮代町須賀)に展示され、ファンや一般の来場者を楽しませている。用意したコラボ缶バッジ3600個が初日の午前中に完売するほどの盛り上がりだ。6月25日まで。

 「『けものフレンズ』コラボレーション企画!~とうぶフレンズに会いに行くのだ!~」と題された展示では、28種類30体のキャラクターのパネルが同じ動物のエリアなどに展示され、現実とアニメのコントラストを味わえるようになっている。1日数回、アライグマ役の声優、小野早稀さんの園内放送(約1分間)も行われる。

 同園の担当者は「皆さん、童心に帰って楽しんでいるように見えた。この機会に多くの方に動物園へ足を運んでほしい」と呼びかけている。



うちが一押ししてるから見てみた、という

読者も多いかもしれないが、お口に合わな


かったでせうかどうでせうか。


けものフレンズには謎解きや仕込みが多い


のが人気の一因だと言われてて、「このシ

ーンは~由来」とか「これが意味してるの


は~だ」ってのが飛び交ってるわけだが、

平和を害するセルリアン=ブルー=エ下劣


ってのだけが、うちらが一押しする理由だ

と、まさか思ってるんじゃないでせうか?




けものフレンズ (アニメ)-Wikipedia


wikiけものフレンズ (アニメ)




アライグマ(Common raccoon)
フェネックと共にかばんを追っている。フェネックからは「アライさん」と呼ばれる。自分が拾って持っていた「帽子」を盗んだ帽子泥棒を捕まえようと追っているが、フェネックからは多分勘違いと言われている。



アライグマ-Wikipedia


wikiアライグマ




日本ではアライグマによる問題が深刻になるにつれ、早急な対策を求める声が強くなってきた。そのなか、日本哺乳類学会では、アライグマ・ノヤギ・ジャワマングースの3種の外来種の駆除を求める緊急の大会決議を1998年に採択した。加えて日本生態学会は日本の侵略的外来種ワースト100のひとつに本種を選定した。そして、2005年に 外来生物法が施行されると同時に、特定外来生物に一次指定され、防除に向けた活動が本格化した。国内の現状ではアライグマは外来種であり、よって根絶が最終的な目標となるため、駆除が解決手法として選択されることが多い。




seaアライさん いったん返すのだ

seaアライさん あさっての方向に全力疾走ができるよ ヒグマ 大丈夫かそれ




~のだ!=~ニダ!
アライさんがとられたニダ!
あさっての方向に全力疾走



新井といえば在日朝鮮人の通名ですが、なぜ「朴
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10108378775


chie新井といえば在日朝鮮人の通名ですが、なぜ「朴




赫居世居西干(かくきょせい きょせいかん、紀元前69年 - 後4年 )は、新羅の初代の王(在位:紀元前57年 - 4年)であり、姓を、名を赫居世とする。

赫居世が「朴」姓の始祖で全ての朴氏は建前上は赫居世の子孫であるとされており、また赫居世が楊山の麓の蘿井という井戸に近い場所で生まれたという故事から新羅の新と蘿井の井を取って、「朴」姓の人は戦前の創始改名の時期から新井を通名として使用する事を好んだという。



要するにバカチョンを強烈にdisってる

んでつよ(縛w



バカチョンは特定外来生物、よって根絶が

最終的な目標だということなんでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

その内に見ようと思ってましたが、
わかり松。さん達が推すのでけもフレ見ましたよ〜。

アライさん普通に可愛い&良い子!
この子がニダーへの皮肉と気付くのはベリーハードモードですな( ´∀`;)
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR