現在の閲覧者数:

【うんこ通信】 「日本のせいニダアル!」 【支那地区通信】

.
海外に続々進出の「韓流チキン」店が苦戦、日本では9カ月で閉店も=韓国ネット「個性がないから」「ヘル朝鮮でしかできない食べ物」
http://news.so-net.ne.jp/article/detail/1389624/


news海外に続々進出の「韓流チキン」店が苦戦、日本では9カ月で閉店も=韓国ネット「個性がないから」「ヘル朝鮮でしかできない食べ物」




2017年5月8日、韓国・ソウル経済新聞がこのほど報じたところによると、韓国で広く一般化しているフライドチキンとビール(韓国語:メクチュ)を一緒に楽しむ文化「チメク」の人気を信じ相次いで海外市場に進出した韓国のチキンチェーンが苦戦を強いられている。

韓国でトップシェアを誇る「Kyochon(キョチョン)チキンは」、米国1店舗、中国5店舗、タイ6店舗、インドネシア9店舗、マレーシア8店舗、フィリピン5店舗、カンボジア1店舗など7カ国で計35店舗を運営し、海外の29店舗を管理するKyochonアジアは2015年までの赤字経営を経て、昨年にはようやく2億7257万ウォン(約2713万円)の純利益を出すようになった。しかし15年末には東京・六本木に出店したが、高いテナント料などが原因でわずか9カ月で閉店した。同社の関係者は「日本市場の出店計画を改めて立てているところ」と話している。

Kyochonチキンだけではない。韓国で最も早い03年から海外事業をスタートさせ、子会社を通じて米国や中国、ベトナム、ブラジルなど約30カ国・500以上の海外店舗を運営する「BBQ」も、現在まで海外で赤字を出していることが分かっている。また、14年から香港、中国、マカオ、日本などに進出した「クムネチキン」や、オーストラリア、香港などに店舗を出した「ネネチキン」の場合、事業が初期段階で海外法人も持たずに営業しているが、こちらも現在のところ赤字経営とみられるという。

韓国のチキンチェーンが赤字覚悟で海外市場の開拓に打って出るのは、国内市場がすでに飽和状態となり、これ以上の成長活路がないからだと言われている。実際、昨年の韓国チキン加盟店の数はおよそ2万4453店舗と、15の外食業種の中で圧倒的な1位を占めている。

この実態を受け、業界の専門家らは「海外の場合、韓国のようにデリバリー文化がなかったり、新メニューの認可を受けにくかったりするため、店舗数を短期間に増やすには限界がある。より徹底した市場分析と戦略で近づいていかなければならない」と助言している。

これについて韓国のネットユーザーからは、「酸化した油を使って引っ掛かったら営業停止になってしまう外国では無理。これはヘル朝鮮(地獄のような韓国)だけでできる食べ物」と皮肉たっぷりのコメントや、「国内の鶏肉の高騰理由はこれか。国内で稼いだ金を海外でこんなふうに使っていたなんて、ひどいな」とチキンチェーンに対し怒りをあらわにするコメントなど、さまざまな声が上がっている。

一方で、「留学時代に東京のコリアンタウンでチキンを食べたけど、2000~3000円もするくせにチキンは空揚げ並みに小さかった」「チキンにはやっぱりビールだけど、外国人はジョッキを頼んでもちびりちびり飲むから1杯でごちそうさま。それに対し韓国人は飲み続ける。ビールをたくさん売ってこそ利益が出るものだから外国では難しいよ」「外国には元からいろいろな鶏肉料理がある。韓国のチキンには個性がない」と原因を推測するユーザーも多くみられた。(翻訳・編集/松村)



日本のコンビニ店舗数は5.4万件だが、

日本の半分以下の国土のバカチョンに何で


鶏肉屋ばっかりその半分に当たる2.5万

件もあるんだ?(縛w


チキン野郎なの?(縛w


バカチョンの分際でケンタッキーにケンカ


売って勝てると思ってんのか?(縛w

ケンタッキーは国内産鶏肉を使ってるが、


バカチョンチキンは鳥インフルエンザ塗れ

のバカチョン産だろが!!!!


テメェで食って感染しとけ!!!!(縛w


願望だけで出店する認知バイアスのバカチ


ョンは結局赤字を垂れ流してて対するのが

関の山、ということでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





輸出大国・韓国が狙われた?メード・イン・コリアに欧米が相次ぎ輸入規制措置=韓国ネット「これからどう暮らす?」「韓国が警戒対象になった証拠」
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170510/Recordchina_20170510006.html


news輸出大国・韓国が狙われた?メード・イン・コリアに欧米が相次ぎ輸入規制措置=韓国ネット「これからどう暮らす?」「韓国が警戒対象になった証拠」




2017年5月8日、韓国・聯合ニュースは、北米や欧州で韓国製品をターゲットとした輸入規制措置が相次いで取られていると報じた。

大韓貿易投資振興公社(KOTRA)によると、米国国際貿易委員会(ITC)が5日、韓国をはじめとする8カ国・地域で生産された炭素鋼製品に反ダンピング(不当廉売)関税を賦課するとの最終判定を下した。制裁の対象には、韓国のほか日本、ベルギー、フランス、ドイツ、オーストリア、イタリア、台湾の企業が含まれた。

ITCは、韓国政府の補助金支給による米国産業への被害が認められるとし、韓国製品には反ダンピング関税に加えて相殺関税も課した。韓国製品への反ダンピング関税率は7.39%、相殺関税率は4.31%となった。一方、日本企業への反ダンピング関税の税率は最大48.67%で、最も税率が高くなったのはフランスで148.02%だ。

また、欧州委員会(EC)は3日、2012~15年の韓国企業の域内販売量と市場シェアを調査した結果、韓国製品の輸入増加が域内の企業にマイナスの影響を及ぼしたとして、韓国製軽量感熱紙に対して10.3%の反ダンピング関税賦課を決めた。

さらに、カナダは先月25日、韓国、中国、スペインの産業用鉄鋼構造物に反ダンピング関税を課す最終判定結果を発表し、3カ国の企業ともに最大45.8%の関税率賦課が確定した。

KOTRAの関係者は「最近、(自国企業への)貿易救済となる自国の規定をより厳格に適用する傾向にあるため、企業は関連の動向を根気よく監視しながら、当局の調査に積極的に取り組む必要がある」と述べている。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「企業に補助金を与えて報復関税を課せられて…、政府はいったい何をしているのだ?」「輸出も難しくなるな」「資源のない国が輸出もできなくなったら、どうやって暮らしていく?」「韓国が警戒対象国になった証拠だ」など、自国企業の輸出への影響に不安の声が多く寄せられた。

一方、「韓国も外国製品に反ダンピング関税を課せ」「輸入農産物に関税を加えて、韓国も反撃できることを示せ」など対抗措置への積極的な意見や、「欧米は途上国が安価な製品を作ったらすぐに排他的になる」とする声もあった。(翻訳・編集/三田)



ただでさえ支那地区に制裁されてるバカチ

ョンが、北米と嘔臭でも制裁
wwwwww

日本はアメリカで多少やられたぐらいだが

バカチョンはボコられ杉
wwwwwwww

「ウリは警戒されてるニダ!誇らしいニダ!」

という認知バイアスがここでも(縛w



「ウリナラも反撃しろニダ!」とか喚いてる様

なので、やったらええんちゃう?


バカチョン製品より高いのに反ダンピング

税をかけられるなら、の話だが(縛w



北チョンとの統一圧力といい、世界中でバ

カチョンを滅亡させようとしてるわけなん


でつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





中国にミサイル情報漏洩か 台湾軍現役少将を聴取
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00000545-san-cn


news中国にミサイル情報漏洩か 台湾軍現役少将を聴取


 【台北=田中靖人】台湾の国防部(国防省に相当)は10日までに、陸軍の現役少将が中国の工作員と接触していた疑いがあり、司法当局に捜査を委ねたと発表した。検察当局は9日、「国家安全法」違反容疑でこの少将らから事情を聴いた。

 報道によると、この少将は昨年12月末まで防空ミサイル指揮部の指揮官を務めていた。タイやマレーシアなどに旅行して中国籍の人物の接待を受けており、国防部が内偵していた。

 ミサイル指揮部の部隊が保有する米国製の地対空誘導弾「パトリオット(PAC3)」や、台湾が自主開発した中国本土を攻撃できる巡航ミサイル「雄風2E」の情報が中国側に漏れた恐れがある。

 李大維外交部長(外相)は10日、立法院(国会)で米国からの武器売却への影響を問われ、捜査情報を米側に提供する意向を示した。




ten新幹線の技術が採用された台湾高速鉄道、基幹技術が中国側に流出か?=台湾報道
【支那地区通信】大朝鮮も当然認知バイアス(前)⇒こちら



ten最重要機密を、軍事同盟も結んでない連中においそれと渡すわけがない
誰に縋りつくのか、失策は許されない⇒こちら


と書いた途端にコレ。

まだほかにもいるんだろ?(縛w



台湾には軍事・民政に依らず日本製の最先

端製品を売却してもらう資格はないようだ


な(縛w


「二つの支那地区」を維持したいなら筋を


通してもらわんと、支援・救済してやるに

値しないんでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





中国受注のインドネシア高速鉄道 進捗5%で2019年開業は…
http://www.excite.co.jp/News/world_g/20170509/Postseven_530338.html


news中国受注のインドネシア高速鉄道 進捗5%で2019年開業は…




 2015年秋、インドネシア高速鉄道の受注を日中で競い合った。日本は、最終盤で逆転され、中国案に決定。手痛い敗北となった。それから1年半。受注決定直後にもインドネシアを訪ねたノンフィクションライター・水谷竹秀氏が再び現地入りすると、意外な光景が待ち受けていた。

 * * *
 新緑の茶畑が広がる砂利道を車でひた走ると、赤土がむき出しになった敷地が左手に見える。周囲に張り巡らされた立ち入り禁止のテープは、以前に比べて色褪せていた。近くにあったゴム林は伐採されて跡形もなく、整備された赤土には重機の轍が残っていた。

 1年前とほとんど変わっていない……。

 ここはインドネシアの首都ジャカルタから南東に約120kmの西ジャワ州ワリニ。ジャカルタと商業都市、バンドン(143km)を結ぶインドネシア高速鉄道事業の現場をおよそ1年ぶりに再訪した、4月11日のことだった。轍を頼りに車で1kmほど奥へ進むと、切り開かれた広大な山肌が前方に現れ、ショベルカー3台、大型トラック4台が稼働していた。現場監督のインドネシア人男性が状況を説明してくれた。

「ここに駅を作るため、3カ月ほど前から整地作業を行っています。作業員約30人で朝から夕方まで。毎月1回程度のペースで中国人数人が、進捗状況の確認に車でやって来ます」

 現場周辺にコンクリートや鉄鋼などの資材は見当たらない。ショベルカーがひたすら赤土を掘り起こし、トラックの荷台に運んでいるだけだ。…

現場監督は続ける。

「この整地作業を終えてから建設し始めるので、駅の完成がいつになるのかといった先のことまでは分かりません

 私がこの現場を再訪することになったのは、鉄道の工事が一向に進まないという報道に接したからだ。昨年2月半ばに私が現場を訪れた時からすでに、運輸省の建設許可が下りないなどの理由で事業はつまずいていた。

 そして1年後に定点観測して見えた現状からは、お世辞にも工事が進んでいるとは言えない。だから「整地作業を行っている」といくら説明を受けても、それが正直、どの程度の進捗状況なのかが判断できない。

 現場の区間は5kmだから、全区間(143km)の5%にも満たない。当初予定の2019年開業は困難に思える。




なぜだ! 中国高速鉄道の海外プロジェクトが順調に進まない理由=中国報道
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170510/Searchina_20170510029.html


newsなぜだ! 中国高速鉄道の海外プロジェクトが順調に進まない理由=中国報道




 中国鉄路総公司は中国国内の鉄道事業を行う立場にある国有企業だが、同社の2016年末時点の負債額は4兆7200億元(約77兆円)に達した。15年末時点での負債は4兆1000億元(約67兆円)だったため、負債は1年間で6200億元(約10兆円)も増えたことになる。14年末時点における負債は3兆6800億元(約60兆円)だったため、中国鉄路総公司の負債は年々増加していることがわかる。

 この負債の増加は高速鉄道などの膨大な建設コストが背後にあるが、中国メディアの快報は2日付で、中国高速鉄道の国外における建設プロジェクトが順調に進まない理由の1つは「高速鉄道の建設コストの高さ」にあることを指摘する記事を掲載した。

 記事は、タイ、メキシコの高速鉄道建設プロジェクト、インドネシアのバンドンージャカルタ間、ロシアのモスクワーカザン間の建設プロジェクトや米国エクスプレスウェストのプロジェクトなど、海外建設プロジェクトは「いつもでこぼこ道である」と表現、つまり順調でないと論じた。

 このようにプロジェクトが順調に進展しない要因は、高速鉄道プロジェクトが「政治化」されていること、海外の複雑な地理環境や労働環境の違い、文化の違いのほか、さらに新幹線がいつも邪魔をすることなどの要因が関係しているのは確かだと指摘した。

 さらに、中国高速鉄道の建設コストは世界平均の約半分だとする一方で、たとえ中国高速鉄道の建設コストが競合より安くても、一本の「道路」を建設する工事とは比較にならないほど高額であると指摘。さらに建設には多大な時間が要求されるうえに、高速鉄道を黒字運営するには人口が多く、国土面積が大きく、しかも経済的に発達しているという条件が必要であり、こうした条件を満たしている国は多くはないと説明した。

 中国は人口が多く、国土面積が大きく、経済面でそれなりに発達しているという条件を満たしているにもかかわらず、中国鉄路総公司の負債は年々増加している。これだけ巨額の負債を抱えることができるのは、同社が国有企業であり、中国にとって高速鉄道建設は国策だからという一面もあろう。中国のように国策として捉えていない国においては、高速鉄道建設が思うように進まないのはある意味で当然だと言える。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)



ベネズエラだけじゃなくインドネシアでも

高速鉄道建設放棄か?


「3年あればできるアル!」とか喚いてたが

もう2年ぐらいしかねーぞ(縛w


用地買収もできてねぇんだろ?(縛w

3月の段階で85%じゃねーか(縛w



あと1年でそれなりにできてなきゃ完全に

AUTOなんだが、1年以内に奇跡が起き


る可能性はなさそうだなぁ(縛w


そもそも、巨額の負債を抱えて事業継続で


きるのか?(縛w

コストだけが売りだったのにコストでも優


位性を失って、今後どうするんだ?(縛w


収支も考えずにバカみたいに作り捲って、


結局負債を償却できないという、頭ん中が

まっかっかの共産主義者のお約束(縛w



「新幹線が邪魔するアル!」と喚いてるが、

こっちが何かやったか?


キサマらがインドネシアの高速鉄道を邪魔

したことはあってもキサマらの邪魔なんざ


したことねぇだろが。

クスクス笑ってるだけで(縛w



何の邪魔もしてねぇんだから、とっととイ

ンドネシアの高速鉄道を作れよ。


日本は750kmの長距離鉄道の方をキサ

マらと関係ない所で建設するからよ。


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

ピタリとやんだ小池旋風 「都民ファースト」急失速の背景
https://news.infoseek.co.jp/topics/gendainet_390291?scid=cmsapp
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR