現在の閲覧者数:

ブラジルの皆さん、聞こえますかぁぁぁぁああああ!!!!(縛w

.
ブラジル株=大統領の疑惑発覚でストップ安=8年半ぶりの取引一時停止も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00010003-nikkey-s_ame


newsブラジル株=大統領の疑惑発覚でストップ安=8年半ぶりの取引一時停止も




 食肉大手JBS社共同経営者のジョエズレイ・バチスタ氏が、ミシェル・テメル大統領がエドゥアルド・クーニャ被告に口止め料を払うことを容認していたと、会話の録音付きで明かしたことは、ブラジル経済にも甚大な影響を与えたと、18日付現地サイトが報じた。
 サンパウロ市平均株価指数(Ibovespa)は17日、前日より1・67%低い6万7540ポイントで取引を終えていた。
 だが17日夜、ブラジルを震撼させた「テメル大統領のクーニャ口止め工作疑惑」発覚で、市場関係者が現政権に期待していた労働法や社会保障改革による財政再建の先行きに一気に暗雲が立ち込め、18日の株式市場は大荒れの展開となった。
 ブラジル株式市場は、Ivobespa数値が対前日終値比で10%以上低下したら強制的に取引を停止する、サーキットブレーカー制度をとっている。
 18日は、取引開始から20分足らずでその下限に達してしまった。10時21分には対前日終値より10・47%低い6万470ポイントとなり、取引が一時ストップした。これは2008年10月以来のことだった。
 取引は35分後に再開され、その後はマイナス7・8~10・4%でもみ合いとなった。もし、Ibovespaがさらに下落し、前日の終値より15%以上低下したら1時間の取引停止となるが、午後5時半現在、それは起きていない。
 為替相場も17日のショックに敏感に反応した。17日は1ドル=3・13レアルで終了していたが、18日は取引開始早々に、6%ドル高となる1ドル=3・31レアルをつけた。取引開始1時間後の11時には9%近いドル高となる1ドル=3・41レアルとなった。
 ブラジル中銀も急ぎ、実質のドル売りとなるスワップ取引で市場介入を行った。「市場の機能性を保持するために行動する」との声明も発し、パニック状態を沈静化するために動いたが、午後3時の段階でも、1ドル=3・357レアルと、7%を超えるドル高のままだった。
 EUのユーロや英国のポンド、アルゼンチンのペソなどの通貨も、レアルに対して4・5~6・7%高で推移した。




ブラジル大統領、辞任を拒否 汚職関与疑惑否定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000038-reut-eurp


newsブラジル大統領、辞任を拒否 汚職関与疑惑否定




[ブラジリア 18日 ロイター] - ブラジルのテメル大統領は18日、汚職事件への関与を巡る新たな疑惑について最高裁が自身への捜査を許可したことに関し、疑惑を否定するとともに辞任はしないと断言した。

大統領は5分間の演説を行い、大手企業幹部が獄中の元下院議長に口止め料を支払うことを容認した疑惑に関し、不正は何もしていないと訴え、捜査は無実の証明につながるため歓迎すると述べた。また、現政権は停滞するブラジル経済の底上げに力を発揮していると強調した。

「わたしは金で口止めするようなことは誰に対しても行っていない」と主張したうえで、「辞任はしない」と言明した。

大統領の汚職事件関与疑惑を受けて、テメル氏が掲げる財政再建計画が頓挫するとの懸念からブラジル株式市場は急落。ボベスパ指数は9%安と、2008年金融危機以降で最大の下落率となった。通貨レアルも対ドルで急落した。

財務省と中銀は、市場の流動性維持に向けた用意はいつでもできていると表明し、必要ならば為替・債券市場のボラティリティー抑制に動く考えも示した。

事情に詳しい関係筋によると、最高裁は大統領を巡る疑惑について捜査を許可するとともに、大統領が汚職事件に絡みブラジル食肉加工大手JBS<JBSS3.SA>のジョエスレイ・バチスタ会長と司法妨害を共謀した際の会話を録音したとされるテープや司法取引による証言も承認した。これにより、裁判所は証言と録音テープを公表することが可能になった。

ブラジルのグロボ紙によると、バチスタ氏は3月に大統領と面会した際、汚職事件で逮捕されたクーニャ前下院議長を口止めするための賄賂について話し合った。バチスタ氏は会話を録音していたという。バチスタ氏は司法取引の一環として録音内容を司法当局に提出した。

JBSに対する捜査について詳しい3人の関係者は、グロボ紙の報道は正しいと述べた。

テメル大統領が辞任、あるいは弾劾された場合、憲法の規定で下院議長が大統領代行を務め、議会は30日以内に新たな大統領を選出することになる。

ただ、政治家の多くは国営石油会社ペトロブラスなどを巡る汚職事件に関与した疑いで当局の捜査を受けているため、憲法を改正し、直接選挙制を導入するよう求める声が広がっている。




ブラジルでテメル大統領辞任求めるデモ 政府庁舎に放火
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-40040346-bbc-int


newsブラジルでテメル大統領辞任求めるデモ 政府庁舎に放火




ブラジルの首都ブラジリアで24日、ミシェル・テメル大統領の辞任を求める抗議デモが行われ、暴徒化したデモ参加者が農務省の庁舎に放火するなどした。

ブラジル当局によると、推計3万5000人がデモに参加した。

デモ隊の攻撃から庁舎を守るため、政府は軍隊を出動させた。街中では多数の警察の姿が見られた。

デモ参加者らは、テメル大統領の辞任のほか、選挙の実施や経済改革策の撤回を求めている。

テメル大統領に対しては過去1週間で新たな汚職疑惑が浮上しており、辞任を求める声が高まっている。

複数の報道によると、農務省庁舎がデモ隊に襲撃されたのを受けて、いくつかの省では職員が退避した。

農務省広報官はAFP通信に対し、「彼らは省の通用口から侵入した。部屋に放火し、展示されていた歴代大臣の肖像写真を破損し、警察に立ち向かった」と語った。

地元メディアは、警察とデモ隊の衝突で1人が負傷し、数人が拘束されたと伝えた。

24日のデモは昼ごろに平和的に始まっていたが、その後、警察との衝突が起きた。

警察はデモ隊に対してゴム弾や催涙ガスを使った。現場で撮影された映像には、群衆が窓ガラスを割り、即席のバリケードに火をつける様子が映っている。

連邦最高裁判所は先週、テメル大統領が2010年以降、数百万ドルに及ぶ賄賂を受け取っていたという内容の証言記録を公表した。証言は司法取引に応じた複数の大手精肉業者からのもの。

これを受けてテメル大統領は、自らの潔白を証明すると約束し、大統領職に留まる考えを示した。

テメル大統領は今月20日に汚職をめぐる捜査の停止を求める申し立てを裁判所に行ったが、23日に撤回した。

テメル氏はジルマ・ルセフ前大統領が罷免されたことを受け、副大統領から大統領に昇格した。

(英語記事 Brazil protests: Ministerial building set on fire during clashes)




《ブラジル》日系下議も不正献金受けた?!=JBS疑惑の余波広がる=「党からの資金、届出済み」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00010000-nikkey-s_ame


news《ブラジル》日系下議も不正献金受けた?!=JBS疑惑の余波広がる=「党からの資金、届出済み」




 日系議員もJBS汚職疑惑の渦中か――世界的大手食肉会社JBS社の社主バチスタ兄弟の司法取引証言のなかで、テメル大統領がラヴァ・ジャット作戦の捜査妨害に関与し不正献金を受給していた疑惑が17日にグロボ紙に暴露され、政財界に激震が走った。同社は14年選挙で1829人の立候補者に不正献金をしていた疑惑が上がった。そのリストには日系議員3氏の名前があり、ジョルナル・ニッパク紙の取材に対し、「所属政党からの資金だ」と釈明した。

 不正献金を受取った候補のうち、下院議員に当選したのは19党167人。そこに西森ルイス下議(40万レアル、PR=共和党)、飯星ワルテル下議(25万レアル、PSD=民主社会党)、太田ケイコ下議(13万6千レアル、PSB=ブラジル社会党)が含まれている。
 西森議員は「JBSの人間は誰も知らないし、直接受取った事実もない」ときっぱりと否定。「受取った選挙資金は党執行部からのもので、地方選挙裁判所に届出をしてある。14年までは個人もしくは法人からの献金は法令上認められていた」との認識を示した。
 飯星議員や太田議員の2氏も「党からの資金で、JBS社からは直接受給していない」と説明。本件について、飯星議員の秘書は「広範かつしっかりした調査が行われることを支持する」と発表し、太田議員も「選挙資金の全ては届出されたもの。全てを明らかにする覚悟がある」と潔白を訴えた。

 太田議員は「冷や水を頭からかけられたよう」と形容し、回復基調にあった経済への打撃を嘆いた。所属するPSBは、満場一致で大統領辞任を支持し、「政府の統治能力に危機感を覚えている。汚職を洗浄するためにも、真相を追究されるべき」と語った。
 飯星議員は、「大統領の統治能力は危機に晒されている。政府が推す法案を可決させるには大困難が伴う」と政局を分析するが、所属政党の38下議は結束して政権運営に支持していくことを決定した。「国を機能させるのに重要な改革を支持していく」と語った。
 西森議員は「社会福祉や労働法改正法案が前進し、テメル大統領の経済政策も奏功しつつあった」と評価した上で、「不正があったら洗浄されるべきだ」とした。「来月6日から始まる選挙高等裁判所でジウマ/テメル正副大統領シャッパの判決を静観したい。理想は大統領弾劾ではなく、無効判決による『名誉ある撤退』だ」として、「国のことを最優先し、最良の選択肢を考えなければならない」と語った。



ブラジルでも何やらまた騒動が起きてる様

でつね。


当初から胡散臭いとにらんでたテメル、と

うとうやらかしたようでつね。



食肉不正からの賄賂と揉み消し工作(縛w

また録音テープか(縛w


日本やアメリカと違って動かぬ証拠が出ち

ゃってる以上どうしようもねだろが(縛w


何しがみついてんだとっとと辞めろ(縛w


日系議員っつっても、ブラジルには大量に


せんべいサマナがいるからなぁ(縛w

テメルと同じ業者からカネもらってるんだ


ったらせんべいサマナの可能性が高ぇよな

ぁ!!!!(縛w



名誉ある撤退とかテメルを評価とか国を最

優先とか、口から出まかせ並べたてる胡散


臭さ(縛w

「太田」とか「西」とか「星」とか、モロ


じゃねーか!!!!(縛w


まあブラジルを真っ当な国にしたければ、


まず真っ先にやらなければならないのはせ

んべいのカルト指定でつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

トランプ氏、NATO加盟国首相を押しのけ
http://www.bbc.com/japanese/video-40055102
日露戦争で、日本に宣戦布告した国に鉄槌?
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR