現在の閲覧者数:

.
国連を利用した「日本たたき」のウラ 日韓合意、組織犯罪処罰法改正案などにケチ 左翼勢力の「マッチポンプ構図」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-00000010-ykf-soci


news国連を利用した「日本たたき」のウラ 日韓合意、組織犯罪処罰法改正案などにケチ 左翼勢力の「マッチポンプ構図」




 国連側による、日本を貶める攻勢が続いている。衆院を通過した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案についても、国連特別報告者が「プライバシーや表現の自由を制約する恐れがある」などとケチをつけ、一部野党や左翼メディアが大騒ぎした。国連事務総長は「国連の総意を反映するものではない」と明言したが、背景に何があるのか。自民党の国際情報検討委員会でも激論が交わされた。

 「いずれの問題も根っこは通じている。日本の立場を明らかにし、国際的な理解を求めたい」

 同委員会の原田義昭委員長は5月24日の会合で、語気を強めてこう語った。

 国連側のイチャモンとしては、まず拷問禁止委員会が同月12日、慰安婦問題の日韓合意について、韓国への見直しを勧告。同月18日には、国連特別報告者のジョセフ・ケナタッチ氏が、組織犯罪処罰法改正案を冒頭のように批判した。さらに、特別報告者のデビッド・ケイ氏は6月中に、日本の「表現の自由」の現状を問題視した報告書を国連人権理事会に提出するという。

 自民党の国際情報検討委員会では、出席者から「政府の中に専門部署をつくるべきだ」「国連などに、もっと日本人スタッフを入れて、情報を小まめに収集できる態勢を構築しよう」といった意見が相次いだ。

 そもそも、前出の「勧告」や「報告書」は、国連が公的権限を付与したものではなく、あくまで私的な存在にすぎない。だが、これらが及ぼす国際的影響力は大きい。

 原田氏は「今までは問題が起こる都度、モグラたたきのように対処してきたが、もう追いつかない。根本的に対策を考え直さなければならない時がきた」と訴えた。

 同委員会委員長代行を務める片山さつき自民党政調会長代理も「こうした報告書の発端は、慰安婦問題に関する1996年の『クマラスワミ報告書』だ。根拠となった吉田清治氏の証言が虚偽と判明した後も、特別報告者のラディカ・クマラスワミ氏は『修正の必要はない』と突っぱねて、報告書は事実上生き続けている」と指摘した。

 理不尽な「勧告」や「報告書」の背景として、日本の左翼勢力が、国連の委員会に働きかけて日本を批判させ、それを日本国内での政治的活動に利用する「マッチポンプの構図」がある。

 安倍晋三首相も5月27日、G7サミットが開かれたイタリア南部シチリア島・タオルミナで、国連のグテレス事務総長と会談した。グテレス氏は国連特別報告者について『国連とは別の個人の資格で活動しており、その主張は必ずしも国連の総意を反映するものではない』と述べた。

 子孫にいわれなき禍根を残さないよう、今こそ明確で総合的な対策を取るべきだ。 (ジャーナリスト・安積明子)






改憲案否決なら自衛隊違憲に=民進・枝野氏が首相批判
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-00000084-jij-pol


news改憲案否決なら自衛隊違憲に=民進・枝野氏が首相批判




 民進党の枝野幸男憲法調査会長は3日、さいたま市内で講演し、安倍晋三首相が打ち出した憲法9条を改正し自衛隊の根拠規定を置く案について、「(国民投票で)否決されたら(自衛隊は)憲法違反になる。自衛隊の正当性を危うくするかもしれないギャンブルをするのは、自衛隊に対して失礼だ」と批判した。

 枝野氏は、首相が9条1、2項を維持すると提案していることに関し、「新しい条文が書き込まれることによって新しい解釈が生まれる」と述べ、戦争放棄や戦力不保持の理念が揺らぎかねないとの懸念を示した。 







<加計問題>圧力文書「文科省内で共有」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-00000070-mai-soci


news<加計問題>圧力文書「文科省内で共有」




 ◇民進、メール写し公開へ

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画で、特区を担当する内閣府が文部科学省に対し「官邸の最高レベルが言っていること」などと早期開学を促していたことを記録したとされる文書を巡り、民進党が、同様の内容で日時も記載された文書を同省の職員がメールで共有していたことを示すとされる文書を入手したことが分かった。2日午後にも同党が公表する。

 民進党関係者によると、同党議員に送付されてきたという。同党側が入手したメールの写しとされる文書は昨年9月27日、文科省専門教育課の企画係長が、同省で国家戦略特区の窓口を務める大臣官房総務課行政改革推進室管理係長に宛てたものとされる。「Cc」の宛先から専門教育課の課長補佐ら十数人にも送られていたとみられる。

 メールには、前日の同26日に特区を担当する内閣府の藤原豊審議官と文科省専門教育課の浅野敦行課長らが出席した会議の議事概要(「藤原内閣府審議官との打合せ概要」)との文書も添付されていたとされ、内閣府から文科省に対し「平成30(2018)年4月開学を大前提にスケジュールを作成し、共有いただきたい。これは官邸の最高レベルが言っていること(むしろもっと厳しいことを言っている)」などと要求する内容が記されている。専門教育課の企画係長が行革室の係長に宛てて「昨日の概要を共有します。こなし方については、現在(高等教育)局内で検討中です」との記載もみられる。【杉本修作】







主犯格ら通話傍受も把握か 博多金塊窃盗、連絡方法をLINEに変更
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170604-00010001-nishinpc-soci


news主犯格ら通話傍受も把握か 博多金塊窃盗、連絡方法をLINEに変更




 福岡市のJR博多駅近くで昨年7月、警察官を装った複数の男に約7億6千万円相当の金塊が盗まれた事件で、主犯格とみられる野口和樹容疑者(42)らが福岡県警に携帯電話を傍受されていることを把握していた疑いがあることが3日、捜査関係者への取材で分かった。同県警による傍受期間中に、連絡方法を変えた可能性があるという。事件を巡っては愛知県警の複数の警察官が逮捕前の容疑者側に捜査情報を漏らした疑いが浮上しており、愛知県警は地方公務員法(守秘義務)違反の疑いがあるとして調査を進めている。

 捜査関係者によると、福岡県警が通信傍受を始めたのは今年3月ごろ。和樹容疑者は3台の携帯が傍受され、期間は3月2~15日の計14日間。容疑者ら9人と氏名不詳者を含む計47回の通話を傍受した。同10日までは他の容疑者らとの会話が確認できたが、11日以降は不自然に通話の記録がなくなり、途中で傍受に気づいた可能性があるという。

 関係者によると、和樹容疑者は傍受情報を入手して以降、傍受が困難とされる無料通信アプリLINE(ライン)を使用し、通話する際は重要な内容を伏せていたと話しているという。

 また「共犯者も含めて、3人の警察官と連絡を取り合っていた」と供述していることも判明。喫茶店で接触したり電話で話したりして情報を得ていた。和樹容疑者の兄の野口直樹容疑者(43)も「傍受されることは事前に知っていた」と話しており、何らかの方法で家宅捜索の時期などの情報を入手していたとみられる。

 事件は昨年7月に発生。被害男性らがJR博多駅近くのビル内で警察官を名乗る6人の男から約160キロの金塊などが入ったアタッシェケースを盗まれた。福岡、愛知両県警はこれまでに窃盗と盗品等処分あっせん容疑で10人を逮捕している。









名古屋に国内最大店舗=高級EVの普及拠点―米テスラ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-00000053-jij-bus_all


news名古屋に国内最大店舗=高級EVの普及拠点―米テスラ




 米電気自動車(EV)大手テスラの日本法人は3日、国内6店目となる直営店を名古屋市内にオープンした。売り場面積は643平方メートルで国内最大。トヨタ自動車のお膝元である中部地区への出店は初めてだが、「名古屋を拠点にEVの良さを広く伝えていく」(担当者)考えだ。

 新店舗は整備工場を併設し、店内には主力セダンの「モデルS」やEV初となる市販のスポーツ用多目的車(SUV)「モデルX」などを展示。EVの仕組みや搭載する自動運転機能などの説明が受けられるほか、試乗もできる。

 大容量のバッテリーを積むテスラのEVは、1回の充電で最大600キロ以上走行でき、スポーツカー並みの加速力を持つ。モデルSが900万円から、モデルXが1078万円からといずれも高額だが、初日から多くの人が来店した。名古屋市に住む60代の男性客は「もう少し安くなってほしいが、また試乗に来たい」と話していた。









日本人操縦の零戦、東京湾で里帰り飛行 エアレースで
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-00000044-asahi-soc


news日本人操縦の零戦、東京湾で里帰り飛行 エアレースで

news日本人操縦の零戦、東京湾で里帰り飛行 エアレースで2




 日本人が操縦する「零戦」が3日、東京湾の上空を飛んだ――。千葉市美浜区で開かれている「レッドブル・エアレース千葉2017」で、零戦が会場上空を3周し、観客を魅了した。4日も飛行する予定。

 パイロットを務めたのは米国在住で、操縦士歴40年の柳田一昭さん(66)。操縦を終え、飛行場に戻ってきた柳田さんは「感無量。東京湾の上はとても気持ち良かった」と話した。

 機体は、1942年に三菱重工が製造した「零式艦上戦闘機22型」。約10年かけて「零戦里帰りプロジェクト」を進めてきた実業家の石塚政秀さん(56)が所有している。石塚さんによると現在、飛行可能な零戦は世界に4機という。

 石塚さんは「日本の技術遺産として飛行できる状態で保存し、日本各地で飛ばすことで平和を考える機会になれば」と話している。(竹谷俊之)











駅前ツバメの巣駆除、ヒナ落下死…利用者の前で
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170602-OYT1T50164.html


news駅前ツバメの巣駆除、ヒナ落下死…利用者の前で




 相模原市緑区のJR相模湖駅前で先月27日、バス・タクシー乗り場の屋根にあったツバメの巣を、駅職員が利用者の目の前で棒を使って壊し、落ちたヒナ1羽が死んでいたことが2日、わかった。

 鳥獣保護管理法違反の可能性もあり、JR東日本は「配慮が足りなかった」と認めている。

 同社などによると、巣は高さ約3メートルの屋根の下にあり、「フンが汚い」という苦情を受け、職員2人が周辺の蛍光灯や壁の汚れを清掃した際、ツバメを追い払うために巣を壊した。巣は半分ほど残り、今もツバメがやって来るという。

 同社が利用者の批判を受けて調べたところ、ヒナ1羽が死んだことを確認。30日、神奈川県に事情を報告し、注意を受けたという。県自然環境保全課によると、ツバメは鳥獣保護管理法で、傷つけたり卵を壊したりすることが禁止されており、同課は「大変に残念な行為」と指摘する。

 読売新聞の取材に、JR東日本八王子支社広報課は「職員の認識が薄く、利用者に不快な思いをさせて申し訳ない」と陳謝した。









フィリピンで不明の邦人2人、射殺体で見つかる
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-00050084-yom-soci


newsフィリピンで不明の邦人2人、射殺体で見つかる




 【バンコク=大重真弓】フィリピン英字紙インクワイアラー(電子版)によると、同国西部のブスアンガ島に滞在し、5月30日から行方が分からなくなっていた日本人のイタニ・マサルさん(59)、アライ・ヨシヒロさん(24)が遺体で見つかった。

 遺体は銃で撃たれていたという。

 地元警察が3日、同紙に明らかにしたところでは、警察は事情を知るフィリピン人3人から話を聞き、2日午後、同島の西に位置する小島で遺体を発見した。警察は、日本人らが2人の殺害を指示したとみており、行方を探している。











スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR