現在の閲覧者数:

【支那地区通信】暴走する支那地区に差し伸べる手はない


中国公船、初めて九州北部海域で領海内に侵入
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170715-00000092-asahi-pol


news中国公船、初めて九州北部海域で領海内に侵入




 第7管区海上保安本部は15日、中国海警局所属の公船「海警」が対馬(長崎県対馬市)と沖ノ島(福岡県宗像市)周辺で日本の領海に侵入したと発表した。九州北部海域で中国海警が領海内を航行したのは初めてという。

 7管によると、15日午前11時50分ごろ、「海警1304」が対馬の南西から東に向かって領海に入り、午後0時20分ごろに出た。また、同日午後3時50分ごろ、この船と「海警2506」の2隻が沖ノ島周辺で領海に入ったと確認された。2隻は午後5時すぎまでに領海から出た。

 7管は、領海に入るのを確認した防衛省からの連絡を受けて巡視船を出動させ、無線で「領海内での無害でない通航は認められない」と呼びかけ、警戒監視を続けた。領海にとどまらなかったことから、領海侵犯にはあたらないと説明している。日本側は、外交ルートを通じて中国側に航行の意図などを確認する「関心表明」をした。



ついに日本に対する侵略の野心を露呈した

支那地区!!!!


もはや支那地区の暴走は破滅するまで止ま

らねぇ!!!!



領土紛争に持ち込もうとしてる尖閣だけじ

ゃなく、支那地区には何の関係もない九州


北部に領海侵犯するってことは侵略行為以

外の何物でもねぇ!!!!


即刻「挑発行為」と認定しろ!!!!

国際法上「挑発行為」には反撃していいこ


とになってるからなぁ!!!!(縛w


もはや支那地区に差し伸べる手はねぇ、執

行猶予切れでアメリカに叩き潰されとけ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





サンマ漁獲制限、合意できず 中国など反対
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS15H1N_V10C17A7000000/


newsサンマ漁獲制限、合意できず 中国など反対




 日本、中国などが参加する北太平洋漁業委員会(NPFC)は15日閉幕した年次会合で、サンマの乱獲防止に向けて日本が提案した国別漁獲枠の創設で合意できなかった。中国などの支持を得られなかった。来年以降に再協議するが、国際管理の枠組みづくりが前進するかは見通せない。

 13日に始まった会合には日中のほか台湾、韓国、ロシア、米国など8カ国・地域が参加。日本は全体の漁獲上限を56万トンにするよう提案した。北太平洋におけるサンマの推定資源量が2004年より6割も落ち込んだ背景に、中国などの漁獲急増があるとみているためだ。

 日本政府筋によると、中国は国別の漁獲枠の創設自体を拒否台湾が日本案に同調したものの、韓国やロシアなども難色を示し合意に必要な4分の3の賛同を得られなかった。日本の提案では日本の漁獲枠が大きく増えているのに対し、水揚げを増やしている中国は小幅な増加にとどまっていた。

 日本は来年7月に日本で開催される年次会合で再び漁獲枠の創設を議論する方針だが、支持が広がるかは不透明だ。

 一方、今回の会合では各国が操業を許可するサンマ漁船の増加に歯止めをかける措置では合意した。水産庁資源管理部長の神谷崇氏は記者会見で「(中国の理解を得るのは)簡単でない。いろいろなパッケージで中国を攻めないといけない」と語った。

 14年の北太平洋のサンマ漁は62万トンと、漁獲国が日本とロシアのみだった1980年の2.7倍に増えた。日本は01年までサンマ漁の世界シェアのおよそ7割を占めていたが、15年には32%まで落ち込んだ。



日本にあこがれ日本人のようになりたいと

請い願い、今まで食いもしなかったサンマ


に群がる土人共!!!!


パリ協定がどうのと喚きながら、環境破壊


を止めるそぶりも見せず乱獲!!!!

テメェの領海内を小魚一匹泳がないタヒの海


に変えた現実を直視したら、とても拒否な

んかする資格ねぇだろが!!!!



そもそも支那地区が漁獲高を誤魔化してな

いという保証もねぇしな!!!!


支那地区の漁船に対してはシーチワワのよ

うに徹底的に妨害しろ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





中国大陸籍の漁船、澎湖沖で海賊行為 約70万円相当の金品奪う/台湾
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00000004-ftaiwan-cn


enws中国大陸籍の漁船、澎湖沖で海賊行為 約70万円相当の金品奪う/台湾




(澎湖 14日 中央社)離島・澎湖県七美の南西113海里の海上で13日正午ごろ、澎湖籍の漁船「進金和発2号」が中国大陸籍の漁船に襲われ、金品約20万台湾元(約74万5700円)を強奪された。乗員7人は全員無事で、現在も操業を続けている。行政院(内閣)海岸巡防署海洋巡防総局が14日、発表した。

第八(澎湖)海巡隊によれば、13日正午ごろ、進金和発2号の船長から助けを求める連絡があり、海岸巡防署は救援のため巡視艇3艘を出動。午後6時15分に同船と合流し、中国大陸船の追撃を行ったものの、船が中国大陸の領海に入ったため、追跡をやめた。同署は中国大陸との間で定めている犯罪取り締まりの仕組みに基いて中国大陸側に通報。海賊行為を行った船は14日朝、中国大陸・汕頭の沖合5海里で中国大陸海警局に発見された。

犯行が行われた時間は約30分間だったという。同署は被害にあった漁船が15日に戻るのを待ち、さらなる調査を進めるとしている。



エ下劣のイヌの支那地区が、飼い主の黴菌

愚を見習って海賊行為!!!!(縛w


これが可汗一味なんでつよ(縛w

支那地区の暴走は止まらねぇ!!!!


支那地区自身が叩きのめしてくれと懇願し

てんだから、望み通り叩きのめしてやるし


かねぇな!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





中国の偵察船、アラスカ沖に展開 THAAD実験を観測か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-35104274-cnn-int


news中国の偵察船、アラスカ沖に展開 THAAD実験を観測か




(CNN) 中国の偵察船がこの数日間にわたり米アラスカ沖の公海上を航行していることが14日までに分かった。複数の米当局者がCNNに明かした。中国船が同海域に最初に到着したのは、米軍による高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)の迎撃実験が行われる直前だったという。

北米航空宇宙防衛司令部(NARAD)のミラー報道官はこの中国船について、通信もしくは情報収集を担う艦船とみられると指摘。同船がこの数日間にわたりアラスカ沖に展開していることを確認した。

米軍当局者2人がCNNに明かしたところによれば、中国船は現在、アラスカ沖約100マイル(約160キロ)の公海上を航行している。運航方法は合法的で、米国は同船について安全保障上の懸念を持っていないという。

最近アラスカ沖で行われた高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)の迎撃実験を観測する目的で同海域に展開した可能性もあるが、米国としてこうした意図は確認しようがないとしている。

ただ当局者の1人はCNNに、中国が同海域でこの種の艦船を運航するのは異例だと指摘。THAADの迎撃実験を観測するためと想定するのが合理的だとの見方を示した。

中国は自国のミサイルを標的にしてTHAADが使用される可能性があるとして、かねてから米韓両国による朝鮮半島への配備決定に抗議してきた。一方、米韓当局者は同システムについて、北朝鮮から飛来するミサイルの迎撃に使用される見込みだとしている。



THAADが気になって気になってしょう

がないあまりに米軍へのストーカー行為、


それがバレて世界中に生き恥を晒したブザ

マでミジメな支那地区!!!!(縛w


いつまでたっても支那地区の姑息な根性は

治らねぇ!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





中国で太極拳名人が次々失態 「武道ではない」と批判も
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170716-00000005-pseven-cn


news中国で太極拳名人が次々失態 「武道ではない」と批判も




 今年4月下旬、中国四川省成都市で、中国の10大武道師範の1人である太極拳の名人、雷雷氏が同じ中国人で総合格闘技のコーチをしている徐暁冬氏と対戦し、わずか20秒でノックアウトされ、中国ではネット上で「太極拳は形だけで、健康のための運動だ」などと揶揄されていた。

 これに対して、上海の太極拳名人が徐氏に挑戦状を叩きつけ、6月下旬に試合を行うことで決まったが、試合当日、警察当局が路上に特設された会場に押し寄せ、「試合許可をとっていない」などとして、試合が中止になったことが分かった。実は、敗れるのを恐れた太極拳名人が試合前に警察に連絡を入れていたことが明らかになり、ネット上では「太極拳は武道ではない」などとの批判が渦巻いている。

 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じたところによると、成都市の試合では審判の「試合開始」の掛け声で、徐氏が両手をボクシングスタイルに構え、雷雷氏は両手の本の指を軽く開き、右手を下段、左手を上段に置くという伝統的な太極拳の優美でリラックスした構えをとった。

 両者はリング上で睨み合いながら、相手の動きをうかがい、リングを1周。徐氏が左ジャブを打ち込むという先制攻撃をしかけた。雷雷氏はこれを避けようと左側に体を移動した際、徐氏の右フックが雷雷氏の顔面にヒット。

 徐氏は雷雷氏の動きが止まったところを見逃さず、左右の連打を集中。雷雷氏はたまらず、ダウン。さらに、徐氏の攻撃は止まらず、倒れた雷雷氏の頭を連打したところで、雷雷氏が身動きできないことで、審判がTKOを宣告。

 この間、わずか20秒という、あっけない幕切れとなった。

 この試合はインターネットの“視頻(動画)”サイトでに配信され、ネット上では「太極拳を始めとする伝統武術はどれも詐欺だ」の書き込みがされ、日ごろから太極拳批判をしていた徐氏の説が同意された形となった。

 これに対して、上海市の無形文化遺産に指定されている太極拳団体「上海鑑泉太極拳社」の著名な太極拳家、馬保国氏が「太極拳の伝統を辱められた」などとして、徐氏と対戦することを宣言。6月下旬に、上海の特設会場で試合が行われることになった。

 ところが、当日、試合会場では警官隊が押し寄せて、「許可」が申請されておらず、試合は違法として中止になってしまった。同紙によると、これは馬氏が知り合いに対して、「警察に電話して、試合が認められているのかどうか確認せよ」と指示。これを受けて、警察が試合中止を決めたという。

 中国の伝統的な武術であり太極拳は、アリババ会長で、億万長者のジャック・マー氏らがスポンサーとしてついており、政府関係者も後援していることから、マー氏の要請もあって、試合に妨害が入るように仕向けられたようだ。最初から試合を行う気はなくて、太極拳側としては、「受けて立つ」というポーズを見せることが重要だったわけだ。

 これに対して、徐氏は「非合法でも、太極拳側と再び試合をして、その模様をネット上では流すようにしたい。今後は邪魔が入らないような、慎重に試合を行いたい」などと語っている。



強がっておきながら直前になってヘタレる

支那地区の「名人」(縛w


しかもそのバックはアリババ&政府(縛w

つまり支那地区は国家ぐるみでヘタレだと


いう動かぬ証拠!!!!(縛w


まあ名前が挙がってるヤツが「名人」だっ


てのも疑わしいけどな(縛w

支那地区武術家は文化大革命の時に弾圧さ


れたので、こんなところにノコノコ出てき

て派手に試合なんかするわけないんでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

マスゴミの暴走甚だしいですが支那の暴走もエスカレートしてますな。
忍耐力の無い支那畜に日本人の真似なんてできないんですよ。
だから表面的なものだけ似せたハリボテだらけなんですよ。
鉄槌が待ち遠しいです。

ウイグル、ミイラと検索したらこんなの出てきました。考察がハーンと似通ってます。
http://ameblo.jp/channeling-source/entry-11788390125.html

No title

何で反撃しないんだろ?こんなの抗議だけですまされるものじゃないはずですよ。
まぁまた言葉だけですまされるのだろうけど。本当に苛つくってもんじゃないですよ。
プロフィール

わかり松。

Author:わかり松。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR